半谷範一の「オレは大したことない奴」日記

三流自動車ライターのカオスな日常

外気温40℃!。ポルシェ911 (930) 、改良型エアコンの効果はいかに?。

2017-07-15 17:11:26 | ポルシェ911
連日凄い猛暑が続いていますが、930系のポルシェ911にお乗りの皆さんはいかがお過ごしでしょうか?。毎年この時期になると、我が家の930の改良型エアコン (というより、実質的には単なるクーラー) に関するお問い合わせが増えてくるので、今日はその話題に関して書かせて頂くことにしましょう。

皆さんご存じの通り、我が家の930には、 グリフィス・テクニカル (ブランド名は “Kuehl”) のエアコン改良キット をベースに、シミズテクニカルファクトリーの清水直樹さんが改良を重ねたスペシャル・バージョンのエアコンが組み込まれています。その効果に関しては口で説明しても無意味なので、今回は一番暑い時間帯を狙って、テストをしてみることにしました。


テスト日の外気温度は約40℃。さすがにノーマルの930では乗る気がしませんね。




最近になってサンシェードを使うようになったこともあり、室内の温度は以前に比べると低く抑えられているような気がしたのですが、実際に計ってみたら48℃もありました。




高校生の息子が休みで家にいたので、ハンバーガーで釣って?、テストに付き合わせることにしました。走行パターンや場所による温度計の数字の違いを読み上げてもらうためです。



で、結果はというと・・・・・・







・・・・・・市街地走行時、ダクトの部分で17℃。さすがに装着から9年が経過し、ここ数年は冷媒ガスを補充した記憶すらないので、以前に較べると性能の低下が感じられますね。でもそうはいっても、ノーマルと較べたらまだまだかなり効いているんじゃないかな?。




ご覧のようにフェイスレベルでは20℃台の後半になってしまうものの、 ダクトを3カ所増設 している上にファンの風量がノーマルよりも格段に強いこともあって、今でも大の男が二人乗っても汗をかかない程度の性能は維持しています。 オイルクーラーを改良 しているので、油温もずっとノーマルのままでした。



しかし、ある程度の回転を維持して走れる高速度道路とは異なり、ストップ&ゴーが多い一般道ではこの辺りが限界かな。残念ながら現状では完調な964には及びませんね。


何度も書いている通り、私の基本的な考え方としては、やはり夏場は930は休ませて別のクルマに乗るのが正解だと思います。でも何かの事情で、どうしてもこれ一台で過ごさなくてはいけない状況になったとしたら、やはり実用に足るエアコンが付いていると心強いだろうなぁというのも本音です。

我が家の場合、このクルマの役目はカミさんの普段の足ですし、雨が降ったときにも窓が曇らないとか、ほとんど冷媒ガスの補充が必要ないとか・・・・・・色々な利点もあり、やはり元のノーマル・エアコンには戻れそうにありません。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DIC川村記念美術館で、 ... | トップ | サントリー美術館で、 『神... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
964でもカブリオレじゃ (熊本のくまモン)
2017-07-17 06:46:18
いつも930ネタ楽しみに拝見しております。
改良されている930のエアコン、完調な964には敵わないとのことですが、964カブリオレだとスポット冷風のような感じでしか冷風は届かず、室内全体はモワッとしている感じですね。
所詮布屋根ですから、こんんなもんだと思う諦めています。
そうなんですか~ (半谷)
2017-07-18 12:43:42
熊本のくまモン様

さすがの964でも、クーペ並みの快適性は難しいんですね。我が家の930の場合、完全にスポットクーラーなので、夏のリアシートはかなり厳しいです。子供達はよく我慢していたなぁ・・・

半谷

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。