中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

西の西にも1頭?。

2016-10-13 08:05:19 | Weblog

(怪犬、クマゴンが青い光線を放つ)
今朝は一昨日の磯釣りの記事を新聞で確認する、先生の釣果はチヌが抜けていたがわしのしっかり載っていました、気分よく外へ出る、曇り空だが雨は心配なさそうなので西へ走る。
大池の奥を覗いてみる。
池にはカモの姿は見えず、ただ飛び立ったような波が見えた。
横の林道を奥へ歩く、道が悪く車で入るのは危険である、柔らかい土の上にイノシシの足跡は見受けられないが昨日誰かが歩いた靴の跡が付いていた。
猟師で無くてマツタケか?。
下を見乍ら歩いていると水際からバタバタと2羽のカモが飛び立つ、一瞬だがドキッとする、コガモより大きい様に見えたが笹竹で視界が悪く定かでない。
池を過ぎた所で姫が谷を渡り東の山へ入る。
トラ子とクマ子も右に左に動いていたが最後は谷沿いに奥へ行く。
ムカゴを見乍らデブ子と歩いて奥の広場へ来た時に、右側で羽音がして奥へ鳥が飛ぶ。
ヤマドリのように思うが姿を確認出来ず、トラ子とクマ子が出したもので鳥を追って奥へ走る。
が、その後は羽音も聞こえず静かだった。
イノシシの足跡や泥は見えなかったが鼻で上土を剥がした跡が有ったので大きさは不明だがイノシシが1頭居る様です。
ただ、罠は諸般の事情で奥には出来ないので様子をみよう。
トラ子とクマ子が戻って来たので引き返す、途中で居なくなっていた姫も追いついて来て後ろから手を舐めて来た。
8時前に帰宅。

(行こうかどうしようかと迷っているトラ子)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼ね。 | トップ | カンパチの刺身を。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL