中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

イノシシ対策?。

2017-07-27 07:52:17 | Weblog

(今日の朝刊の記事です)
今朝の徳島新聞に県南でイノシシの被害が多く出ていると大きな記事が出ています。
電気柵で防護しているそうだがあくまで防御で有って攻撃?ではない。
檻や罠も県が推奨しているが被害は増えるばかりだそうです。
わしに言わせれば地元にある程度の技術が有り熱心な括り罠猟師が何人かいればイノシシの退治は出来るのだが・・・・・・。
それが証拠にわが家の近辺はわしがイノシシの括り罠を始めるまでは沢山居たのだが、今はイノシシが少なく成り犬猟での猟師も来ません。
各谷に設置してある箱檻もそのうちの幾つかは昨猟期休んでいました。
わしの知り合いに2人ほど罠の名人がいるが一人は阿波市でもう一人は県外です、その二人ほどの腕は無くてもわし位熱心に猟に取り組む人が居れば確実にイノシシは減るのだが猟期120日間一日も休まず猟に行くような変わった猟師は少ないと言おうか殆ど居ないのが現実です。
誰か居ないのか?、真面目で情熱的に取り組む人にはいくらでもアドバイス出来るのに、わしももうあと少ししか時間が無いので近くで良い後継者を育てたいのだが眼鏡にかなう様な猟師を探すのは難しそうだ。
新聞を見た後で犬達と散歩に行く。
今朝はイノシシに会わず、トラ子だけが少しだけ山に入ったが間もなく出てくる。
帰宅後犬達を小屋に入れると裏で何か音がする、回って見ると大変です、湯ノックスの縦のパイプから勢いよく水が噴き出して川が出来ています、プロパンガスを取り換えたときにでも偶然に折れたにかも知れないとテープと防護ウレタンを外すと、パイプの接続部から物凄い勢いで出ていたので水を止めてテープでぐるぐる巻きにするが水を出してみると何の効果もなく噴き出してきます。
何度も両面テープ等で修復するも素人ではダメでした、パイプの接続部の接着剤が老化して隙間が出来ているのが原因でした。
改めて電気店に修理を頼みます。あああ・・・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗濯物を。 | トップ | 不調の様だ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL