中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

助けてもらう。

2016-10-11 16:17:14 | Weblog

(86歳の猟友)

(アイを釣った所だがおぼつかない事この上なし)
午前3時半に猟友86歳を迎えに行き由岐へ出発。
温くして行く様に言ったのに、「ようけ着とるわ」と言いそのまま走る。
今日はうねりが高くて船が出ないかもと心配したがどうにか磯へ渡してもらう。
行きも磯の高さを考えて大きな船で送ってくれる。(小ネムリ)
86歳は足元がおぼつかないので一番安全な磯へ上げてもらったのだが上でヒョロヒョロして危なっかしい事この上なし。
猟友に一番釣れる場所へ行かせていたのだが風が強くて竿を操れないので南側へ来る、そこで昼前まで釣るもベラだけである。
その間わしは3度の針はずれをしたが35cmから40cmまでのアイを7匹と丸ハゲの27cmの良いのを3匹釣る。
猟友に「撒き餌をして沖目を釣れ」と何度言っても聞かないので最後にわしが釣るのを止めて猟友だけで釣らすと、やっと30cmのアイを釣ったが竿を操るのも出来ないし足腰も定かでないし掛け合わせも下手なのでアイ1・サンタ1・丸ハゲ2匹を掛けていながら針はずれで逃がしていた。
磯釣りは無理なので今年で終わりにします、皆に迷惑を掛けるし船頭さんにも悪いので今日で終わりです?。
猟師(漁師)で下手なのにプライドばかり高いものは救いようが無い、プライドは大事だがそれを持つには人並み以上に努力をして腕を上げてからの事である?。(異論も反論も受け付けません)
で、先生にも船の乗り降りで助けてもらう。
先生今日はテグス西でグレにアイにシマアジにチヌとクーラーを一杯にして12時半に竿仕舞いするほどでした。
まあ、わしもお守りをしながら結構楽しめたので良しとします、ほなけんど色んな意味で疲れました、猟友を送ってから2時半に帰宅。
今から犬達と裏山へ散歩に行きます。

(料理前です)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 準備完了?。 | トップ | 運転が下手になる。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何とか?、 (尚です、)
2016-10-11 18:29:43
いや〜なんと、おぼつかない。何とか?、でも、よかったよかった何事も無く、お疲れ様です。成果わ、バリにハゲに色々と、大魚、良しとしましょう。今夜も魚づくしいいなー。又、先輩をたてる気持ちやはり、すごいですね〜。子分達待ってます早よ〜連れていけーと、お疲れです、それでわ失礼します。
どうにか無事に。 (鳥山)
2016-10-11 21:06:33
九州ではメジナをクロと呼びアイをバリと呼ぶようですね。
徳島でもグレとかクロベとも呼ぶしアイはバリゴと呼ぶことも有ります。
所により呼び名も違うようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL