中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

久しぶりの海。

2017-05-18 12:08:15 | Weblog

(海がなご過ぎて食いも悪し)
猟が終わり釣りを考えていた時に猟友の入院が有り釣りに行けなかったのだが昨日転院して完全看護?でリハビリも任せられる様なので昨日夕方半年以上海へ行っていないのでアカアミと添加剤を買ってきた。
今朝犬達と山へ行かずに海へコグレを見に行く。
相生漁港に着いて道具を降ろして波止先へ出かけようとすると会社時代の知人が漁師仲間と話していたので声を掛けると傍まで来たが何と喉に拡声器?を当てて話をする、喉頭がんの手術で声帯もダメのようです、おまけに片肺にも転移していて除けたと話してくれる。
驚きですもう何年も会っていなかったのだがこんな大変な目に遭っていたとは・・・・・・・・・・。
元気だけは人に負けない体で自分の船で漁もしていたのに・・・・、少しやつれていたが今は元気そうに見えた、今度ゆっくり来るのでと言って分かれる。
わしより一つか二つ年下だったと思うが頑張って欲しいものだ。
誰も居ない波止先で釣りはじめるがオセンばかりが集まりコグレは見えない。
それでも撒き餌をしながら大投を投げる。
5秒で浮が勢いよく舞い込む、「ヨシ」と掛け合わせると良く引く、「これはこれは」とほくそ笑むが何のことは無い26cmと23cmの2丁掛けです。
それから4連続釣れたのだがだんだん小さく成り2回はリリースサイズだった。
その後、魚も見えず釣れもせず2時間が過ぎた頃ぽつぽつ釣れ出したのたが殆どリリースする。
昔みたいに30cm前後のグレが思い切り引っ張り込むようなことが怒らないまま10時半に仕舞う。
今晩の煮付け用に7匹だけ料理して持ち帰る。
今度はもう少し東の港を探してみよう。

(幸先良い滑り出しだったのだがコグレが居ない)

(わしに手を振って沖へ走る〇越さんの船)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 洗濯はどうするのか?。 | トップ | 今度のリハビリは?。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL