中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

最後というのに。

2016-12-31 11:44:03 | Weblog

(泥を付けた上に牙傷が見えます)
12月31日、今年最後の日です。
一般に人は正月を迎える準備も終わり、くつろいでいることでしょう。
猟師でもメリハリをつけて正月は休む人が殆どです、所が中途半端なわしは今日も薄暗がりから巡回に出ました、霜が降りて冷こい朝です。
近所にこれ位イノシシが居なく成れば哀れなもので罠に掛かりそうもない。
北へ走り追加した罠を見るとやはりタヌキがいじってイノシシは来ておらず。
一応島は見終わったので釣りの先生の別荘によると28日に開腹手術をしたばかりなのに昨日退院させられたそうです。
傷口が痛くて動けないと炬燵に足を入れて横になっていました、思いたくはないが病院の先生の都合?で出されたみたいな感じです。
まだ退院は早い様に思うので安静にして居るようにと話をして帰宅。
途中、昨日設置した場所を見ると1個はそのまま残っていたがもう1個はワイヤーを出されていました、修正をして近くを歩いてみるとイノシシが通った跡が有ります、追加設置しました、今日まだ罠の追加をする様な猟師も少ないでしょうね、この期に及んでもがいています。
年明け早々から西部方面にも罠を5,6個設置するつもりなので毎日80kmの走行に成ります、イノシシを獲るためには労力を要します、簡単に獲れることも再々有るのだが・・・・・・・・・・。

(今日見付けたヌタ場)

(舗装の道路を横断しています)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 居る場所が有った。 | トップ | 有難う。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL