中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

自分で。

2017-09-04 19:14:44 | Weblog
猟友が少し進歩?した、トイレ介助で自分で拭くことが出来出した、夕方もぎこちないがどうにか出来た。
また杖を付いて療法士さんと病院の外を一周したそうで足が痛いとも言うが慣れるためにはそれくらい我慢が必要だ。
夕食の介助後帰宅暗い裏山を散歩して帰ると丁度Y君が訪ねてくれる。
Y君も山で芋を拾っていた。
犬のおやつには上等である。
さあ、明日は天気次第だが本渓の奥を見て見よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い情報を。

2017-09-04 12:46:16 | Weblog

(昨日のヌタ場)
昼前にコーナンまで走り長靴3足と使い捨ての軍手60双を買ってきた。
それから病院へ行くと猟友宅の東のOさんがどら焼きを持って見舞いに来てくれていました。
猟友は話が出来て嬉しそうに良くしゃべっている。
Oさんは過去にイノシシの運搬も手伝ってくれたし、一昨年は谷を越えている猪道を教えてくれて10日後に良い雌を獲りました。
そんなわけでイノシシの大きいのも見て言うので嘘などつかないが先日谷の底で200kgは有ろうかと言うメスイノシシを真昼に見たと話をしてくれる。
上から何度も石を投げるとブウブウ言いながら逃げたがイノブタだろうと言う。
多分去年、山で豚の養殖をしているSさんの檻に入っていたメスでSさんもわしに話をしてくれたのだが一晩檻で飼っていたところ檻を壊して脱走した奴らしい。
余り大きく成りすぎて遠くへは移動できずにだいたい同じ場所にいるとの事です。
場所は知っています過去に100kgクラスのオスを2匹獲った近くなので来る猟期には楽しみにします。
ただSさん曰くワイヤーを切られるだろうとの事です、ま、その時はその時として狙う価値は有ります。
昼の介助の後帰宅、夕方までごろ寝です。

(ムカゴはまだ小さい)

(長靴と手袋を買い猟の準備)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商品価値のない芋だった。

2017-09-04 08:39:49 | Weblog

(デブとクマ子・姫とトラ子は山の中)
今朝も西の西へ走る。
Y君は日和佐へモズクカニの籠をあげに行きサーフィンをして来るそうなので棄て芋を岳君用に拾いに行く。
姫とトラ子は何かを追い消えてしまう。
クマ子とデブ子で芋の選別をしていると山の持ち主で芋を棄てた農家の夫婦が軽トラに蔓をいっぱい捨てに来た。
話しをすると棄てた芋は蔓が立ち枯れしたり芋から芽が出たもので商品価値が無くて農協へ出荷できないもので毒なんかでは無いと言ってくれたので今朝も2袋持って帰る。
ついでに猟期にイノシシを獲る罠の許可も貰ったので安心できます、小さいが1頭居るのでそれを狙います。
車へ帰り姫とトラ子を待つ事30分余り、どうにか戻り帰宅。
隣の奥さんがまた京都のお土産をポストに入れてくれてあったので後で頂こう。


(小さいが罠を設置する場所を大体決めた、猟期前に再確認する)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加