Fireball revenge

A bird with a beautiful smile

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陸龜蒙智鬥太監

2016-12-20 14:47:41 | 日記

陸龜蒙智鬥太監

晚唐大詩人陸龜蒙(?—約881 年),隱居在吳淤江畔一座古鎮,靠養鴨、砍柴為生。他家住在白蓮寺旁,那裡有一座「清風亭」,亭旁有一處池塘。一天,朝中來了一個太監,見池裡鴨群嬉水爭鬥追逐激光脫毛,尤其是那只五彩頭毛的雄鴨,羽毛閃閃發光,漂亮得像只雄鴛鴦,大監聽說這是陸龜蒙最心愛的一只鴨子,就故意用彈子打死了它。   陸龜蒙不動聲色地對太監說:「你闖大禍啦!——這不是平平常常的鴨子,而是我準備進貢給皇帝的『貢鴨』。」   太監問:「你的鴨有甚麼記號?」   陸龜蒙說:「叫起來哈哈哈,跟人笑差不多。不但會笑,還和八哥一樣會講話,大家叫它『能言鴨』,這可是稀世珍寶。如今我只好上書皇帝,說鴨子是你打死的!」   太監大驚,苦苦哀求:「大人,我有眼不識泰山,請多多包涵,你給皇上上書,只說鴨子生病死了,切莫提我,我..賠,我願賠。」   陸龜蒙趁勢教訓道:「今後退事要謹慎,RF射頻切不可胡作非為!」 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沙特阿拉伯:猴王子 | トップ | 大力士   »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事