Fireball revenge

A bird with a beautiful smile

工之僑獻琴

2016-10-11 14:49:59 | 日記

工之僑獻琴

工之僑得到一塊上好的桐木,用它做了一張琴,彈了彈,金聲玉振,別提多好聽了。他非常高興,認為天下再沒有比這更好的琴了。一天,他拿去獻給主管禮樂的官府,述 工之僑得到一塊上好的桐木,用它做了一張琴,彈了彈,金聲玉振,別提多好聽了。他非常高興,認為天下再沒有比這更好的琴了。 一天,他拿去獻給主管禮樂的官府,述說這張琴音質如何好。官府召集全國著名的琴師來鑒定。琴師們並不彈撥,只看了看外表便說這張琴年頭淺,不值錢。官府便把琴還給工之僑。 回家的路上,工之僑心裡好不是滋味:琴是彈的,而不是擺著看的,不從琴的質地上判別,而單從年頭深淺來評定優劣,這豈不是舍本逐末?回到家裡,他便找漆工商量,請漆工在琴上偽造出斷紋來;又請彫工在琴上刻上古代文字;然後把它裝在匣子裡,埋在土中。 一年之後,工之僑把琴挖出來,見上面沾了一層土,甚至琴尾都有些朽欄了。他不加修飾,原封不動地抱到市場去賣。有個貴人看到這張琴,象發現了甚麼寶物一樣,立刻出100金買了去。貴人用黃絞把琴包裹裹起來,拿去獻給朝廷。Medilase Collagen 水光槍 賣盤推介朝廷賜給樂官和國中一流琴師傳觀。大家用黃絞包皮托著。嘖嘖稱贊: 「我活了六七十年,過眼的琴少說也有幾千張了,但從沒見過這樣古色古香的琴,真是稀世之珍呢!」樂官搖頭晃腦地說。 「看這漆紋,瞧這款式,少說也有幾百年了!」一個琴師將著胡須說。 「不止,不止,」另一個琴師說:「說不定是當年春秋時,伯牙使的那張琴呢!」 大家你一言,我一語,越說越離奇。 樂官和琴師的評價,很快傳到工之僑的耳朵裡。他長嘆一聲說:「可悲啊,這個世道!難道只是琴這樣嗎?其它的事情,又何嘗不是如此呢!」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極度奢侈淫亂是太平天國失敗... | トップ | 處處留心皆學問   »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。