しろとくまの動物病院ブログ

獣医となって四半世紀。
動物診療を通して見えてきた世相を語る。

発達障害

2017-05-17 00:08:11 | 日記
小学高学年の子ども達に異変が起きて
いることにお気づきですか。

向精神薬を常用している子ども達が
増えています。

なぜ、そんなことになっているのでしょう。

25年後、あなたはまだ日本で生活をして
いますか。

その頃には、今の小学生たちが日本の
大きな支えになっているはずです。

今の小学生たちって何人いるか知って
いますか。

約640万人です。

25年前、つまり現在30代後半の人たちが
小学生だった時は、約1200万人いました。

現代の日本を支えている人たちです。

日本の小学生の人口は過去最低を毎年更新
しています。

そして、向精神薬を服用している小学生
の数は過去最高を毎年更新しています。

でも大丈夫です。

今の大人たちが、子ども達の環境を少し
変えてあげることで、25年後は
「奇跡の大人」が大勢いますから
少数でも精鋭なので、明るい日本になって
いるはずです。

未来と希望は子ども達が創っていきます。

子ども達をアシストできる大人にみんなでなりましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=9JMMMaGbUT8
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神経発生・ニューロン新生 | トップ | 量子栄養学 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。