しろとくまの動物病院ブログ

獣医となって四半世紀。
動物診療を通して見えてきた世相を語る。

食害の犠牲になる子どもたち

2017-06-15 23:25:48 | 日記
遺伝子組み換え作物について
あなたは、どう思われますか。
僕たちは、遺伝子組み換え作物
に対してほとんど何も知らされて
いません。

待っていても情報が流れてきません。

体に何となく悪いことは感じては
いても、何がどうなのか本当の
ところは、何も知らされていない
というのが現状です。

ヨーロッパでは、トランス脂肪酸同様
完全に排除されています。

絶対に口に入れてはいけないものと
して扱われています。

では日本ではどうかと言いますと
僕らが何も知らないことをいいことに
やりたい放題やられています。

つまり、かなりの量の遺伝子組み換え
食品を日常的に食べさせられています。

例えば、豆腐や納豆のパッケージに
遺伝子組み換えでない大豆を使用と
表示されているものには、30%ほど
の遺伝子組み換え大豆が使用されて
います。

「え~っ! 嘘でしょ~っ!」

残念ですが、嘘ではありません。

事実です。

なぜ、このような「嘘」がまかり通る
のかというと、そう表示しても大丈夫
であると、法律で保護されているから
です。

「そんな法律、誰が決めたんですかっ!」

米国です。

そうです。

遺伝子組み換え作物を大量に生産して
いる米国の作物の最大輸入国は我が国
日本なのです。

日本の政治を動かしているのは官僚ですが
この官僚さんたちは、米国で完全に教育
(洗脳)され、米国のために働いています。

これは、戦争に負けてしまったがために
致し方ないことです。

日本の憲法である日本国憲法も米国人に
よって作られました。

日本人は、ほとんど関与していません。

日本銀行の株の半数以上を米国の個人が
所有しています。

日本の近現代史は、完全に米国の
フィクションであるのですが、日本の
社会の教科書には、そのフィクションが
記載されています。

このテーマでお話をすると、大変な時間を
要しますので、ひとまずここまでにします。

とにかく、現在の日本の食事情がしばらく
変わることはありません。

となると、僕たちは僕たち自身で正しい
情報を入手して、健康を守らなければ
ならないということになります。

羽がない素っ裸の鶏
(鶏肉を製造する工程を
合理的にするために)

手羽が6本ある鶏

足が4本ある鶏

これらの遺伝子を組み換えられた
鶏は、実際に存在します。

もちろん鶏だけではありません。

穀物、牛、豚、サーモンなど
人が食べ物として消費される米国産の
モノは、ほとんどすべてにおいて遺伝子
が操作されています。

マウスの実験では、遺伝子組み換え作物
を食べると寿命が半分くらいになります。

ほとんどの体に癌ができてしまいます。

様々な病気が発症します。

健康で本当の寿命を過ごせることは
できません。

大きな権力に逆らったとしても
到底勝ち目はありません。

貧困や伝染病や戦争で死んでしまう
子どもや大人は未だ世界で数多く
いますが、過去の歴史から言うと
かなり減少しているのは事実です。

それは、現代社会を創り出した
大きな権力の功績でもあります。

決して悪いことだけではないのです。

でも、これからの時代を創っていく
子どもたちの健康は、現在の大人
たちの手に委ねられています。

大きな権力の誘導に身を任せていたら
大人たちはもちろんのこと、子どもたち
までも一緒に不健康に導かれてしまいます。

今回出版しました電子書籍は、子どもたちの
健康をどうやって守っていくかを、かなり
わかりやすく表現いたしました。

今すぐにでも実践できることも書きました。

もちろん、これらのメソッドは大人の健康の
のためにも、十分活用できます。

1冊目は、0歳~12歳までの成長時期に、
脳がどのように発達していくか、そしてその
発達ステージに合わせた大人の接し方を
書きました。

2冊目は、子どもが成長する環境を造る
大人の役割は非常に大きいので、大人たちの
肉体、感情、精神、経済のコンディションを
良くするための方法を書きました。

そして3冊目は、子どもたちの健康に
フォーカスしています。

未来と希望は子どもたちが創っていきます。

子どもたちをアシストできる大人に
みんなでなりましょう。


https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Ddigital-text&field-keywords=%E5%90%89%E6%9D%91%E6%AD%A3%E5%89%9B




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 剣道 | トップ | 猛毒アスパルテーム »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。