シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

Le café oursblanc 234 ロゼワインとtelline貝(フジノハナガイ)

2017年07月22日 | ☆ Le Cafe Oursblanc ☆

    

 HP, blog等でお知らせ済みですが、明日7/23(日)は恐縮ながら中~上級向 大弛峠走行会のため臨時休業とさせて頂きます。

      関係記事upも店主帰着以降となります事ご了承下さいませ。

   いよいよ2017Le tour de Franceも、本日Marseilleでの個人タイムトライアルと明日のMontgeron ⇒ Paris Champs-Élysées

ゴールを残すのみとなりました!今年のコース(写真1)を改めて拝見してみると、北西部が抜け落ちている感が強いですね。

自分は明日早朝に録画を拝見すると思いますが、Marseilleからの地中海空撮風景を楽しみにしています。

 

Tour開始前に関係したモグモグ記事を書かないのかと店主に打診されましたが、

過去に何度も掲載の上2010渡仏が最後で古い写真しかないのが致命的とお断りを。

今回ご紹介するFranceでは殆ど南仏でしか流通していない貝tellineも現物の写真がないので、

カバーにも写真で紹介されている本(写真2)を載せさせて頂きました。

「おいしいフランス 極上の素材を訪ねる」 相原由美子氏著  ISBN 4-00-700092-1

この本も、同じ日に渡仏し大変お世話になったYさんより教えて頂いたもの。Merci ! !

 

本日の空撮でもCamargueカマルグの塩田やフラミンゴ等も見せて頂ける事を期待しているのですが、

Rhôneローヌ川の河口周辺の砂地に生息しているのがロゼワインのお供に最適で南仏出身の方郷愁の味の

二枚貝「telline」。学名「Donax trunculus」 別名は「haricot de mer(海のいんげん豆)」。

夕食に頂く場合午前中に買い、ざっと洗った後海水程度の濃さの粗塩を入れた冷水にワインヴィネガーも

少々加えた中に入れて砂抜きを十分にした後、加熱してにんにくとパセリのみじん切りをたっぶりと入れた

sauce  vinaigrette(白ワインヴィネガー1 : olive oil 3に、白胡椒と塩少々を加えた酸味の少ないソース)

で頂くのが絶品だそう!

 

Camargueを訪ねた時駆け足で、現地レストランに入らなかったのが本当に悔やまれる.....。

前記事でも少し触れましたが、その貝が何と7/16放送「相葉マナブ」の冒頭で登場して来ました!

千葉県立中央博物館学芸員の黒住氏だけが塩ゆでで試食され微妙な感じになっていらっしゃいましたが、

頼まれれば(そんな事は有り得ませんけど)調理させて頂いたのに~!!!

ロゼワインとtellineが夢に出て来そうです。

 

ちなみに日本では藤の花弁に譬えて「フジノハナガイ」。別名「波遊び」も美しい名前ですね!

Franceでも「サーファーみたいな貝」と言われているそうで、この夏一度位は大洗に行って

相葉さん達が拝見された波遊びしている可愛らしい貝を愛でたいなと思っています。

3枚目の写真は、最近超お気に入りとなっている近くの「ななかまキッチン」さん7/17夕定食。(日替わり)

小じんまりとしたお店ながら、お野菜たっぷりで本当に丁寧に作られています!!!!!

いつも美味しいお食事を頂ける事に感謝して。

連日暑い日が続いていますので、お身体に気をつけて良い週末を お過ごし下さい。Bon week-end ! !

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ    Merci  pour  votre adhesion!   文&写真  白クマ 
にほんブログ村     ( ご笑覧有難うございます)
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2018 KUOTAクレヨンの画像が... | トップ | 大弛峠&焼山峠(山梨県)へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。