シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

バイク以外にまず必要なものは?

2012年09月25日 | 12. Q&A

ホームページにQ&Aコーナーを立ち上げてやっと2問目となりますが、これから本格的にスポーツバイクを始められたいという方は是非ご一読ください!

 

 Q  バイク以外にどのような用品が必要になりますか。また予算はどれくらい必要ですか?

 A

 ①機材編

Dsc01824ロードバイクやクロスバイクに装着されている細いタイヤの場合は、高い空気圧に耐えられるフレンチバルブが一般的となっているので、まず、フレンチバルブに対応した高圧用の圧力ゲージ付のフロアポンプが必要になります。一般車用のポンプでもバルブアダプターを用いればある程度空気は入れられますが、十分に空気を充填させるには相当な労力が必要になるのと、ポンプの寿命が非常に短くなるなど困難な面が多々あります。

 次に、パンクに対する備えが必要です。特にロードバイクに乗られる方には自分でパンク対応できるようになっていただきたく、当店では新車お渡し時にご自分の自転車でチューブ交換の練習をしていただいていますが、パンク処理の際に必要となるのが、予備チューブ、タイヤレバー、携帯用ポンプです(これらを収納するサドルバッグ又はツールボックスも必要)。

 あとは、夜間走行時に備えて前後にライトを装着していただきたく、簡易なものから視認性の高いものまでいろんなタイプがありますので、用途に応じてお決めいただけたらと思います。

 この他、ロングライドにはボトル&ボトルケージが必須アイテムとなりますし、バイクを一時留める時がある場合には大事な愛車を守るが必要となります。また、ご自宅などで保管する際にメンテスタンドがあると、安定してバイクを置くことができます。

 ②用品編

 スポーツバイクは知らず知らずのうちにスピードが出ることがあり、また自動車と並走するなど、ひとたび事故を起こすと大けがにつながることがあります。大切なご自分の身を守るためには、ヘルメットとグローブの装着を是非ともお願いしたいと考えています。

 また、目に関するトラブルも多く、紫外線や虫なども含めた異物が入ってくるのを防ぐためにもアイウエア(サングラス)を是非ご用意ください。スポーツ一般のタイプでも使用できると思いますが、サイクリング用は、風の巻き込みが少なく、かつ、レンズが曇らない工夫が施されています。

服装については、最初は自転車専用のジャージでなくても大丈夫ですが、お尻が痛くなったり肌擦れしてヒリヒリしてくると思うので、なるべく早めに機能的に優れた専用ジャージの着用をお薦めいたします。

 

 ★予算

 一から揃えられる場合は、全てベーシックグレードのものでも最低35,000円程度は必要となりますので、こちらのご予算も勘案してバイク本体のご予算をお決めいただけたらと思います。

 なお、当店では、特別な店頭販売価格(メーカーにより異なります)からさらに会員割引制度(現金5%、カード3%OFF)によるお値引き分がございますので、その分をどうぞこうした必要な用品などのご購入に充てて頂けたら幸いです。

 

<機材合計 約18,500円~>

 フロアポンプ約3,500円~、チューブ約800円~、タイヤレバー約400円~、携帯用ポンプ約2,800円~、サドルバッグ約2,500円~、ライト(前後)約3,500円、ボトル&ケージ約1,500円~、鍵約1,200円~、メンテスタンド約2,200円~

 <用品合計 約15,000円~>

 ヘルメット約7,000円~、グローブ約3,000円~、アイウエア約5,000円~

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Le cafe oursblanc54 ツール... | トップ | 今週の展示会からのお薦め商... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。