Cycle Log

ロードバイクの機材、トレーニングその他いろいろ

越後湯沢、スキー温泉旅行

2017-03-19 | 自転車以外


 番外編。職場の繁忙期がひと段落したので、妻と越後湯沢へスキー温泉旅行。行き来はマックスたにがわ、宿泊は湯沢ニューオータニ、スキー場はガーラ湯沢。スキー板もウェアもレンタル。

 さすがに3月中旬となると雪も溶けかけてき、スキー・スノボ客も落ち着いた頃。しかしながら、おかげで滑りやすく、かっ飛ばすことが出来る。ロードバイク以上のスピード感があり(体感)、当たり前だけどロードバイクでは見ることのできない雪原の絶景を見ることが出来る。妻はボーゲン専門だけど、それでもそれなりに一緒に滑ることが出来るのも魅力だろう(妻はロードバイクには乗らない)。レストランででっかいカツ丼を食べたり、クレープを食べたり、まさにリゾートという欲望の充足振りである。
 ところで、スキーのスポーツ性とは何かと考えもする。たぶん、いわゆる有酸素運動ではない(少なくとも、リゾートスキーに限れば)。一方で、滑っているとそれなりに汗はかくし筋肉痛にはなるから、筋トレのような運動にはなっているのだろう。基本的には、技術でスキーをコントロールしつつ、体勢を維持する運動といったところか。ロードバイクと共通するのは、ダウンヒルのスピードコントロールと体幹くらいなのだろうか。
 スキーゴーグルの代わりに、ロードバイクで使っているレーシングジャケットのプリズムロードレンズを使用。使い始めて、絶対リフトから落としそうだ……と思ったが、ちゃんと落とさずにもって帰ってきた。日の当たるところは、雪面の様子が見やすい一方、さすがに日陰だと雪面が見づらく怖い。レーシングジャケットはもう廃盤だが、在庫があるうちにプリズムスノーのレンズが欲しいかも。
 ホテルに帰るとBCAAを飲み、温泉に浸かり、イナーメ・リラックスオイルでマッサージ。夕食も、結構豪華。妻が食べ切れない分をちょっともらった。年代は感じるもののニューオータニだけあって、食事や温泉、部屋の居ごこちや、ベッドの寝心地は高水準。駅からのアクセスも良いし、良いホテルだと思う。
 2日目は、生憎の雨。2日目の分のレンタル代やリフト券は無駄になってしまったが、朝から温泉でゆっくりし、ちょっと買い物をして、予定の新幹線より早い新幹線の自由席で帰宅。そうでなくても、全身がだるく、あんまり2日目も滑る気分ではなかったから、ちょうど良いくらい。やはり日頃使ってない筋肉を使ったのと、温泉の入り過ぎで身体がついてこなかったかな。
 14時頃帰宅し、昼寝。よく寝た日だった。夜はちょっとだけローラー台。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある日のローラー台トレーニング | トップ | 東京ヒルクライムNARIKI、の... »

あわせて読む