京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「寒桜」/新宿御苑2018

2018-02-20 00:02:20 | 公園(庭園・テーマパーク)

「寒桜」/新宿御苑2018

【2018/2/12撮影】


ぼとぼち日本庭園の寒桜が見頃を迎える頃かなと、
今年になって初めての新宿御苑へ
お目当ての寒桜は写真のようにまだ4・5分咲き程度。
それでも艶やかな姿を披露していました~

  

この日本庭園にある大きな寒桜には
たくさんのメジロたちが集まっていました
それを狙うバズーカ砲のような望遠カメラを構える人たちも(笑)

  

   

梅林はまだまだこれからが本番。
河津桜もまだチラホラの開花でした。

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「三井家のおひなさま」/三井記念美術館

2018-02-18 00:02:18 | 美術・芸術・写真

 「三井家のおひなさま」/三井記念美術館

【2018/2/11撮影】

 
バレンタインデーを過ぎれば、おひなさまシーズン到来ですね
毎年、「三井家のおひなさま」と目黒雅叙園の「百段雛まつり」は我が家の定番
いつも様々な、豪華なおひなさまに感嘆しきり
後世に“愛”を伝える温かさがありますよね~

 詳細はこちらで   「三井家のおひなさま

 

マンダリンホテル東京にある千疋屋のショ―ウインドウ

  

この日はバレンタインデー前だったのでこのディスプレイ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『今夜、ロマンス劇場で』

2018-02-17 00:02:17 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「今夜、ロマンス劇場で
□監督 武内英樹
□脚本 宇山佳佑
□キャスト 綾瀬はるか、坂口健太郎、本田翼、北村一輝、中尾明慶

■鑑賞日 2月17日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

予告編ではラブコメディかなと思っていたけど、
なんのなんの、しっかり泣かされてしまいましたが(笑)

愛する人に触れることができない・・・。
そんなことが我慢できるかというと、とても出来ない。
愛した人が、違う世界に住む人で、触れると消えてしまうとしたら、
触れずにプラトニックを貫くのは辛いけど、
会えなくなってしまうより我慢できるだろう。

未完成の映画の脚本が、愛する人のために、
やっと完成させることができたとき、それは永遠の別れが近いとき。
最後の最後に触れることで、二人は別の世界で晴れて
本当の幸せをつかむことができるのだろう。

特にヒネりもない物語だけど、最後のオチは涙なしでは観られない。
そんなちょっとハートウォーミングなラブロマンスだった。

綾瀬はるかのとぼけた感と、坂口健太郎の誠実感が、
さわやかな仕上がりになっていた。

ちなみに現在の加藤 剛さんが観られて良かった。
後にも先にも、僕の中では加藤 剛さんが一番の「二枚目」だと思ってるから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「菜の花と梅」/浜離宮

2018-02-16 00:02:16 | 公園(庭園・テーマパーク)

「菜の花と梅」/浜離宮

【2018/2/11撮影】

 
ぼちぼち菜の花が咲き始めるころかなぁと、
いつもより暖かくなりそうなのでお散歩に~

  

菜の花の背丈はまだまだこれから伸びるようですが、
鮮やかな黄色は健在ですね

  

梅もまだ咲いていませんでしたが、
こんなふうに菜の花とのプチ・コラボを撮ることが出来ました

  

記念写真を撮っている新婚さんたち。
準備中の花嫁さんと梅の花~

  

梅が満開の頃にまた訪ねてみようかな~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『マンハント』

2018-02-15 00:02:15 | 洋画



□作品オフィシャルサイト 「マンハント
□監督 ジョン・ウー
□原作 西村寿行
□キャスト チャン・ハンユー、福山雅治、國村 隼、桜庭ななみ、
       チー・ウェイ、ハ・ジウォン

■鑑賞日 2月10日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

かつて、高倉健さん主演で映画化された西村寿行原作の
『君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化。

ジョン・ウーというからにはアクション満載かと思いきや、
たしかにアクション映画でありながら、何だか全盛の力量は無く、
こじんまりとした作品に仕上がっていた。
福山ファンはどう感じるのだろうか・・・。
せっかく『SCOOP!』ですべり、『三度目の殺人』で持り返したものの、
なんだか置きにいくセリフまわしにちょっと違和感。
さらに日本人俳優の吹替えの不自然さに違和感は倍増。

本編後の監督と福山との対談で、監督の娘さんが出演していたことを
初めて知ったけど、ちょっと太めだけどなかなかアクションだった。
全体的になんだか物足りなさを感じたし、
大阪の街もあまりにスタイリッシュ過ぎたかな(笑)

ちなみに、なんで桜庭ななみだったの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加