京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ラッシュ プライドと友情』

2014-02-16 00:02:16 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情
□監督 ロン・ハワード
□脚本 ピーター・モーガン
□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、
       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェスコ・ファビーノ


■鑑賞日 2月8日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
1976年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレースを
 続けていたニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)は、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催
 された第11戦ドイツGPで大事故に見舞われる。 奇跡的に6週間で復帰を果たした
 ニキ・ラウダだったが、ライバルでもあるマクラーレンのジェームズ・ハント(クリス・
 ヘムズワース) にポイント差をつめられてしまう。 チャンピオンシップを競う2人の
 決戦は、鈴鹿サーキットで行われる日本での最終戦に持ち越される。

 若い人にはこの戦いは知りえないかもしれないが、僕等の年代では有名な話で、
 ただ、ニキ・ラウダの奇跡の生還よりは、1994年、サンマリノGPであのアイルトン・
 セナが壮絶な死を遂げたことの方が鮮明に印象に残っている。

 ともかくこの映画の醍醐味は、F1ナンバーワン・チャンピオンを競う二人のあくなき
 チャレンジだ。 それはレース外での二人の行動も加味して。 酒を浴びるように飲み、
 その容姿から女を取っかえ引っかえする自由奔放気儘なハントと、コース研究に
 余念がなく、資金集めや契約交渉などのビジネス面でも手腕を発揮するラウダ。
 そう、二人はまるで 水と油の性格と生活。 結果は、レース上で答えを出すのだ。

 この映画の凄さは、時速300kmという怪物マシンに、まさに自分が乗り込み、
 猛スピードでサーキットを駆け抜ける疑似体験ができること。 それは男性も女性も
 同じ体験ができる。 もう、体中からアドレナリンが全開、手に汗握り大興奮。
 そのレースシーンは、1シーンで30台以上のカメラを使い、車の上と下、屋根の上と
 下など、様々な角度から撮影したと撮影監督は言っているほど。 何せドライバーの
 ヘルメットにまでもカメラを取り付けて撮影したらしい。 オンボードカメラの映像は
 TVでよく見たものだが、レーサーと同じ目線で体感できるのは素晴らしい。

 日本での最終戦でチャンピオンが決まるその鈴鹿サーキット。 激しい雨が降り続く中、
 ニキ・ラウダは1周目でピットインしてリタイアしてしまう。 それは、安全にレースが
 できないという“レースをおりる”という勇気ある選択だ。 もし、事故があったレースで
 その勇気を出せていたら、チャンピオンになれたかもしれない・・・。
 
 セナがサンマリノGPで恋人の「走りたくない」と電話をしていたとか。
 “走らない”という選択肢が彼にあれば、どんなにその後の活躍が期待できたことことか。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンタインデーのチョコならぬ... | トップ | 『7番房の奇跡』 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナイス・ポールポジション (sigrag)
2014-02-16 19:43:00
はいどうも チャズさん
これ「ラッシュ プライドと友情」
予告見て封切たのしみにしてました

実は私の兄がこの映画を先行ぉーして見に行き
そりゃもうこの映画で興奮しまくってました(笑)
ちょいとその様子から・・・

ニキ・ラウダがパーティー後ご婦人と車
でもその車がエン故そんでヒッチハイク
そこ流してた後続の車が沿道の2人発見

沿道でニキを見た運転手さんはそりゃビックリ!
ニニッ ニキッ ニキ・ラウダー まじかよっ!
すすっ すげーニキが ニキが俺の車ぁー運転!

そんでもニキは落ち着き安全運転
ところがニキを知らないご婦人が
あなたそんな凄いなら本気見せて…

ガチャン!ブーーーン!キキー!グーーーン!!

そんで私の兄が私に
「なっなっすげーだろ絶対見に行け俺もまた行く」
だそうです

それでは近日ちょいラッシュ足は運びます
またその折はひとレス届けさせてください
楽しんで〜 (cyaz)
2014-02-16 22:30:06
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そりゃもうこの映画で興奮しまくってました(笑)
わかります、その気持ち^^

>すすっ すげーニキが ニキが俺の車ぁー運転!
そりゃ、そうですよね(笑)

>そんでもニキは落ち着き安全運転
レーサーはレース後は安全運転ですよ^^

>「なっなっすげーだろ絶対見に行け俺もまた行く」
だそうです
それぐらい迫力ありますよ!

>それでは近日ちょいラッシュ足は運びます
はい、楽しんで来て下さい!
TBありがとうございます (【仮】impression アンソニーです)
2014-02-16 23:11:37
今まで「F1」とか、まったく興味なかったのですが、みんなが夢中になる気持ち、わかるような気がします。

>レーサーと同じ目線で体感
そうだったのですね。
レースシーンもとても迫力あり、思わず手に汗を握ってしまいました。

疑似体験〜 (cyaz)
2014-02-17 08:38:03
アンソニーさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今まで「F1」とか、まったく興味なかったのですが、みんなが夢中になる気持ち、わかるような気がします。
そうですか^^ 
実際にレース場で見るとまた違うものですよ!

>レースシーンもとても迫力あり、思わず手に汗を握ってしまいました。
思わず自分もレーサーになったような疑似体験ができましたね^^
アドレナリン (iina)
2014-02-17 18:32:50
1976,年のハントとラウダが、年間のチャンピオン争いしたのは知りませんが、富士スピードウェイには富士五湖に行くときに寄ったことがあります。

レースシーンは、1シーンで30台以上のカメラを使い、様々な角度から撮影したのでしたか、臨場感たっぷりの凄いシーンが撮れました。
 
体感〜 (cyaz)
2014-02-17 21:19:40
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>富士スピードウェイには富士五湖に行くときに寄ったことがあります。
そうでしたか^^ 僕は鈴鹿しか経験がありません。

>臨場感たっぷりの凄いシーンが撮れました。
ホント、レースの醍醐味がたっぷりと体感できました!
やっぱ (sakurai)
2014-02-18 07:44:16
セナですよねえ。
なんつか、華やかさと儚さを兼ね備えた唯一無二の人だった。
この二人のことは、知りませんでした、てか、セナしか興味なかったからな〜。

この二人は、ちょうどいい時期に存在した運命みたいなもんだったんでしょうね。こういうことってあるんですね。映画みたいだ!って、映画だった。

戦友〜  (cyaz)
2014-02-18 08:17:22
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっぱセナですよねえ。
なんつか、華やかさと儚さを兼ね備えた唯一無二の人だった。
レーサーには珍しく優しさと“品”を感じる人でした^^

>この二人のことは、知りませんでした、てか、セナしか興味なかったからな〜。
ま、女性にはレースはどうなんでしょう(笑)?

>映画みたいだ!って、映画だった。
なるほど!
敵ながら良き戦友だったんでしょうね^^
Unknown (映画好きパパ)
2014-02-24 14:14:18
僕はセナは覚えていますが、ラウダの奇跡の復帰は
知らなかったので、最後の富士スピードウェイでの決断はびっくりしました。車載カメラの迫力もあって、たっぷり楽しめた作品でしたね。
迫力〜 (cyaz)
2014-02-24 17:18:06
映画好きパパさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ラウダの奇跡の復帰は知らなかったので、最後の富士スピードウェイでの決断はびっくりしました。
奇しくもラウダは二度と同じ繰り返しをしないで、
その後も堅実に生きたようですね!

>車載カメラの迫力もあって、たっぷり楽しめた作品でしたね。
ホント、迫力ありました。
TBどうもありがとう (wangchai)
2014-02-24 19:59:53
何度もTBいただきありがとうございます。

ブログ10年もやっていらっしゃるんですね。自分はもうすぐ6年です。たまたま最近見た映画が一致しているようで、何度もいただいたのに、コメントが遅れすみませんでした。

以前星野博美さんの「コンニャク漂流記」を読んだときに、ネットでこちらに「漂流」したことがありました。彼女の著作にはビックリするぐらい共感することがあり、あの本や一連の星野博美作品を宝のように保管してたまに見ています。
そんな方からTBいただけるとは名誉なことです。ここのところ、忙しくてブログたまにしか書いていないですが、今後ともよろしくお願いします。
デッド・ヒートの歴史 (sigrag)
2014-02-24 21:02:52
2014/02/23(日)
東京マラソンの流れん乗ってウォームアップ〜増上寺で一休み…
そんで東京タワー水族館〜 六本木TOHO スクリーン4 19:25
「ラッシュ プライドと友情」箱は小さめ お客さん76名 80%くらいの入り

なんかレトロでも斬新でもないポスターにキャッチ・コピー
そんでもガキん頃 ニキの大ファンだったから ウダウダせず今月コレ1択っ
1976年ドイツGPの回想シーンからそーっと色が冷めた立ち上がりスタート…

──この映画 キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

いやー参りました シビレました 映画のなかの映画 エンターテイメント
70年その時代歴史のひとコマ ディテール 車はもちろん電話機ステレオ レコードの音色
モータサイクルで「F1」は最高峰アート その映像シナリオがリアル その臨場感 世界観…

やっぱ男ってーやつは 世界観を持っちゃうと 互いがぶつかる
「なんだよテメーこらっアスっホール#」
「テメーこそふざけんなこらぁーアス・ホール##」
「ふざけてんのはオメぇーだろっアス・ホーーールっ###」
「泣きべそかくんじゃねーぞっアス・ホーーーールっ####」
「そりゃおまえさんだろぉーアス・ホーーーーールっ#####」

いやーこれ熾烈な戦いの歴史 懐かしくもありしんみり
それとF1レーサー皆レースに前ビビッてるとこも真実味
でも まあ女性の方から理解は得られそうにない世界観
こちらこそ〜 (cyaz)
2014-02-24 21:17:10
wangchaiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>自分はもうすぐ6年です。たまたま最近見た映画が一致しているようで、何度もいただいたのに、コメントが遅れすみませんでした。
とんでもありません。 共通項があって嬉しいです^^

>以前星野博美さんの「コンニャク漂流記」を読んだときに、ネットでこちらに「漂流」したことがありました。
ほうほう、そうだったんですね^^

>彼女の著作にはビックリするぐらい共感することがあり、あの本や一連の星野博美作品を宝のように保管してたまに見ています。
いいですよね〜、彼女の作品!

>ここのところ、忙しくてブログたまにしか書いていないですが、今後ともよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いいたしますm(__)m
吹替版も〜 (cyaz)
2014-02-24 21:22:14
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>東京タワー水族館〜
水族館には入ったことがないですよ(汗)

>そんでもガキん頃 ニキの大ファンだったから ウダウダせず今月コレ1択っ
なるほど^^

>いやー参りました シビレました 映画のなかの映画 エンターテイメント
ですね! ロン・ハワード、やりましたね(笑)

>ディテール 車はもちろん電話機ステレオ レコードの音色
モータサイクルで「F1」は最高峰アート その映像シナリオがリアル その臨場感 世界観…
よくできてましたね^^
僕は吹替えも観て来ました!
字幕に関係なく、レースのリアル感を満喫して来ましたよ^^

>でも まあ女性の方から理解は得られそうにない世界観
そうかもしれませんが、回りの女性はかみさんを含め
楽しんでいましたよ^^
もう一回みたいな (sigrag)
2014-02-26 15:22:15
>水族館には入ったことがないですよ(汗)
わおっ散歩プレーヤーのチャズさんが未体験ゾーン(驚)
実は私もここ初めて入口が土産物屋に隠れてるんですよ

>僕は吹替えも観て来ました!
字幕だとスラング「アス・ホール」は「阿呆野郎」(笑)
うんじゃ渋谷あたりで吹替え版を遊び行こうかな
シートがガッツーンと揺れるシアターならいいな

>回りの女性はかみさんを含め 楽しんでいましたよ^^
うらやましい^^

実はガキんころ小学校卒業んときタイムカプセルを埋めましてね
今もそこ埋まってるんですよ でも内容はハッキリ覚えてます
絵柄はフェラーリ312T2「将来F1レーサーになりたい」(笑)

この映画みてホント感動したんは忘れてた引出からひとつ夢がかなった楽しさ(喜)
乗ってみたい〜 (cyaz)
2014-02-26 18:58:09
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>わおっ散歩プレーヤーのチャズさんが未体験ゾーン(驚)
なんとなくね(笑)
以前、水族館で館長していた人は知っていますが(謎)

>実は私もここ初めて入口が土産物屋に隠れてるんですよ
レトロですよね、あそこは(笑)?
ペナントなんてあそこだけでしょ!

>字幕だとスラング「アス・ホール」は「阿呆野郎」(笑)
「阿呆が」程度でした(笑)

>シートがガッツーンと揺れるシアターならいいな
TDLじゃあるまいし(笑)

>絵柄はフェラーリ312T2「将来F1レーサーになりたい」(笑)
なるほど^^

>この映画みてホント感動したんは忘れてた引出からひとつ夢がかなった楽しさ(喜)
乗ってみたいですよね〜 ゴーカートではなく(笑)
充分ノリノリですw (sigrag)
2014-02-26 23:27:59
>「阿呆が」程度でした(笑)
そうそう罵りあって喧嘩して
でもお互いベストを尽くせば
認め逢えるソコがいいところ

私は映画をみても滅多にパンフは買わないですが
今回はデザインがいい感じのパンフをひとつ購入
そのうちで芝山幹夫さんの記事が秀逸だなと関心
ちょいとその記事から…

ハント英国航空のスチュワーデスと33人関係
70年代 長髪 パンタロン アンクルブーツ
F1の危うさと狂気 ネズミと呼ばれるラウダ
たがいの存在を意識 深い場所で響き合う気質

なんだろー私がこの映画で楽しんだ視点と相似

>乗ってみたいですよね〜 ゴーカートではなく(笑)
そこはぐっと堪えて田宮のプラモデルで我慢します
おっと折角だから満足度ひとつ足しちゃおう「★」^^

えー毎度予告みて来月の一本あれこれ
スティーブ・マックイーン監督の映画
「それでも夜は明ける」がなんとなく…

そうそうTOHO日本橋オープンも楽しみですよねぇー
毎度チャズさんお付き合いありがとうございますm(__)m
的をえた〜 (cyaz)
2014-02-27 08:31:24
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>今回はデザインがいい感じのパンフをひとつ購入
僕も昔は集めていましたが、膨大な量になるので止めました(笑)
その分、他の映画にかけたほうが^^ 

>たがいの存在を意識 深い場所で響き合う気質
そうですねね、的をえた的確な表現ですね!

>「それでも夜は明ける」がなんとなく…
僕も観る予定です^^

>そうそうTOHO日本橋オープンも楽しみですよねぇーここのデカいスクリーンで観たい作品もありますよ^^
トラバありがとうございます。 (トミー。)
2014-03-12 12:02:02
気がつくのが遅くなって、申し訳ありません。
この映画は自分の青春時代と重なって、封切り前から楽しみにしていた映画でした。
見て、やっぱり良い映画だと思いました。
時代の雰囲気がしっかり表されていたように思います。

当時のボーイフレンドなど思い出してしまいましたよ。(笑)
当時の〜 (cyaz)
2014-03-12 12:30:40
トミー。さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>気がつくのが遅くなって、申し訳ありません。
いえいえ、ノープロブレムですよ^^

>見て、やっぱり良い映画だと思いました。
時代の雰囲気がしっかり表されていたように思います。
そうでしたね^^
特に僕は2回観たので、吹替版ではレースの
醍醐味がしっかり味わえました!

>当時のボーイフレンドなど思い出してしまいましたよ。(笑)
なるほど^^
僕も鈴鹿に一緒にレースを見に行った
彼女のことを思い出していました^^
マシンに乗って 調子に乗って (zebra)
2015-11-01 11:51:09
うわ〜 クリボー(→クリス・ヘムズワース)Vsダニ二郎(→ダニエル・ブリュール)の対決やわな〜(いったい どういうあだ名の付け方じゃい

正反対で反発しまくりやん(ライバル同士ならよくあるパターンやな)

お前がケーキなら 俺は饅頭じゃい みたいな(どんなたとえじゃい)

態度でッけえクリボー、 雨の状況を見て慎重なダニ二郎に 「フン、臆病者が」と挑発(男なら度胸だせよな、オイといわんばかりやわな)

 だった やったるわとレースに出たダニ二郎

・・が クラァ〜ッシュ クラッシュ クラッシュ

 今まで 調子に乗って図に乗りまくってたクリボーが 自責の念だよ ジ・セ・キ(こーゆーヤツって他人の痛みは他人の痛みと オレには知ったこっちゃないぜえと言いそうなのにな)

しっかし ここからダニ二郎の見せどころ すっげえ〜

 事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力

 これじゃあダニじゃなくて ゴキブリみてえな生命力だわな〜(→失礼)

富士スピードウェイでの決勝も またしても豪雨だったので 今度はリタイヤ(同じ失敗は繰り返さんのじゃな)

でも・・・王座を手放したのはもったいない
で、クリボーの優勝か・・・心境は複雑だよな〜(ライバル同士って そうなのかもね
リスペクト〜 (cyaz)
2015-11-02 08:19:31
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>「フン、臆病者が」と挑発(男なら度胸だせよな、オイといわんばかりやわな)
ま、ありがちな売り文句ですな(笑)

>自責の念だよ ジ・セ・キ(こーゆーヤツって他人の痛みは他人の痛みと オレには知ったこっちゃないぜえと言いそうなのにな)
それも彼のスタイルで(笑)

>事故からたった42日でレースに復帰って・・・すっげえ生命力
レーサーとしての意地でしょうか?

>でも・・・王座を手放したのはもったいない
で、クリボーの優勝か・・・心境は複雑だよな〜(ライバル同士って そうなのかもね)
競い合い、ある意味リスペクト。
勝負の世界の共通項かも!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラッシュ/プライドと友情/クリス・ヘムズワース (カノンな日々)
F1レーサーのニキ・ラウダがレース中の事故で大火傷を負いながらも見事復活を果たしたという出来事はなんとなく子供の頃の記憶にあるんですよね。何で知ったのだろう?テレビや新 ...
ラッシュ プライドと友情 (花ごよみ)
監督はロン・ハワード。 1976年のF1世界選手権が舞台。 ライバル同士の天才ドライバー、 ジェームス・ハントとニキ・ラウダ。 二人の命を懸けてのタイトル争奪戦。 何もかもが正反対な二人の 熱い戦いと友情を描いています。 ハントをクリス・ヘムズワース、 ラウ...
「ラッシュ/プライドと 友情」 極限での生き方 (はらやんの映画徒然草)
小学生の頃、スーパーカーブームが起こりました。 ご多分に漏れずスーパーカーに夢中
ラッシュ/プライドと友情 (Akira's VOICE)
やる気スイッチ入りましたー!  
RUSH ラッシュ/プライドと友情 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Rush 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ
本当の勇気。『ラッシュ/プライドと友情』 (水曜日のシネマ日記)
1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントの物語です。
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 2014年1月15日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ラッシュ/RUSH -プライドと友情-』 を試写会で鑑賞しました。 この時代のF1はあんまり知りません(というよりは見てなかった)でしたが、 面白い映画でした。男は好きだね。そこにKinKiKidsに吹き替えやらせて 女性を取り込もうとした狙いは分からなくはない。 【...
ラッシュ/プライドと友情 (日本語吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【RUSH】 2014/02/07公開 アメリカ PG12 124分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クリスチャン・マッケイ お前がいたから、強くなれた....
「ラッシュ プライドと友情」みた。 (たいむのひとりごと)
実在の天才ドライバー:ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いから、1976年のF1世界選手権にスポットを当てて描かれた作品。クリス・ヘムズワース目当てでの鑑賞というだけで、F1はほとんど興味がないので
RUSH / プライドと友情 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 F1レーサーのカリスマ2人がライバル同
クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール主演、ロン・ハワード監督『ラッシュ/プライドと友情 (Rush)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマをロン・ハワード監督が映画化した『ラッシュ/プライドと友情(Rush)』脚本は「クィーン」「フロスト×ニクソン」のピ
映画『ラッシュ/プライドと友情』★雨とニキと、ハントの拳 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163063/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューです。(ネタバレ表示ですが、結末はボカしてます) http://info.movies.yahoo.co.jp/userr...
『RUSH/ラッシュ プライドと友情』('14初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。
ラッシュ/プライドと友情 (to Heart)
お前がいたから、強くなれた。 原題 RUSH 製作年度 2013年 上映時間 124分 脚本 ピーター・モーガン 監督 ロン・ハワード 出演 クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド/アレクサンドラ・マリア・ララ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/クリ....
劇場鑑賞「ラッシュ/プライドと友情」 (日々“是”精進! ver.F)
互いの存在があったから、高みを目指せた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402020001/ 【送料無料】「ラッシュ」オリジナル・サウンドトラック [ ハンス・ジマー ]価格:2,520円(税込、送料込) CAR MODELING...
ラッシュ/プライドと友情  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ダニエル・ブリュール  オリヴィア・ワイルド  アレクサンドラ・マリア・ララ 【ストーリー】 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが激しい首位争いを繰り広げていた1976年。ランキング...
『ラッシュ/プライドと友情』 (こねたみっくす)
好敵手は呪うべき敵ではない、感謝すべき神の恵みである。 毎年25人中2人が命を落とすと言われるなか、伝説のレースとまで呼ばれた1976年のF1グランプリ。異次元の戦いを繰り広げた ...
ラッシュ/プライドと友情 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシーンと共に描く。...
ラッシュ/プライドと友情 / RUSH (勝手に映画評)
1976年のF1を舞台に描く、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの友情。 良いですねぇ。単なるレーシング映画ではありません。確かに、ヒューマンドラマです。「事実は、小説より奇なり」と言う言葉がありますが、この映画の場合は「事実は、映画よりドラマティック」と言え...
ラッシュ/プライドと友情 (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは良かったな〜〜 性格も考え方も違った二人、でもお互い チャンピオンになりたい、負けたくないとレースに参戦していく姿 F1の事は全くと言っていいほど、知りません。 ただ、あのスピードで走るのですから 絶えず死を意識するだろうし、怖いな〜と・・・ 1....
ラッシュ/プライドと友情 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) これはF1に精通してなくても十分面白くみられる。
RUSH / プライドと友情 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。八光さん主催の試写会で、御堂会館にマクラーレンが置かれてましたよ〜。1976年のF1グランプリシリーズで壮絶なチャンピオン争いを繰り広げたジェームス・ハントとニッキー・ラウダのお話です。性格もライフスタイルもレース展開も、すべてが真逆な...
ラッシュ/プライドと友情 ((仮)impression)
【RUSH】 F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントが壮絶なタイトル争いを繰り広げたドラマを映画化。事故で大けがを負いながらもシーズン中に復帰したラウダと、性格もドライビングスタイルも正反対なハントの死闘とライバル関係を、臨場感あふれるレースシー....
『ラッシュ/プライドと友情』 (2013) (相木悟の映画評)
宿命のライバル、その熱き勝負を体感せよ! 思わず胸がヒートアップする、痛快な疾走型ヒューマン・ドラマであった。 自動車レースの最高峰F1(フォーミラー1)における名レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダが火花を散らした1976年。本作はそんな伝説の....
ラッシュ/プライドと友情  RUSH (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年末から映画館の予告編で、TVで盛んにCMしているロン・ハワード監督作品。 飛行機の中で鑑賞。 旅行の帰路、小さなモニターで見たので、レースの迫力は感じられず、旅の疲れで時々ウトウトしてしまって…何度か巻き戻してみたので、しっかりと内容を理解できたのか?ち...
ラッシュ/プライドと友情 (だらだら無気力ブログ!)
F1に興味ない自分でも十二分に楽しめる内容だった。
「ラッシュ/プライドと友情」 (セレンディピティ ダイアリー)
1976年のF1グランプリで壮絶なタイトル争いを繰り広げた2人のレーサー、ニキ・
映画:ラッシュ/プライドと友情 Rush あまりにドキュメンタリー的な、ド迫力で一本勝負ムービー! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
F1レーサー史上最高のライバル対決。 マクラーレン(写真:左)=ジェームス・ハントと、フェラーリ(写真:右)=ニキ・ラウダ。 1976年のことだから、フジテレビが常時中継していたわけでもない時代(と予想する) 内容はよくわからないが、凄い闘いだったことは、う...
ラッシュ/プライドと友情 (佐藤秀の徒然幻視録)
色男とネズミ男の違った栄光 公式サイト。ロン・ハワード監督、クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリヴィア・ワイルド、アレクサンドラ・マリア・ララ、ピエルフラ ...
『RUSH プライドと友情』 (時間の無駄と言わないで)
ダサい副題がギャガ配給を感じさせるF1映画。 セナとプロスト辺りからしか知らないから、実話だけど最後まで新鮮に観られた。 それにしても、性格の合わないライバルがいて、片 ...
ラッシュ プライドと友情 (迷宮映画館)
生涯の一本を塗り替える・・・って言うのは、気恥しくないかなあ〜。
[映画『RUSH/プライドと友情』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・面白かったです!  F1レースの世界を舞台にした、定番のともいえる、天才(ジェームス・ハント)と秀才(ニキ・ラウダ)のライバル関係の物語。  舞台は、1976年、グランプリは熾烈を極め、二人は「デッドヒート」を繰り広げていた。  ロン・ハワード...
ラッシュ/プライドと友情・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
地上で最速、ただそれだけのために。 60年を超える歴史を持つオープンホイールレースの最高峰、F1グランプリを舞台にしたHOT&COOLな人間ドラマ。 通算三度の世界タイトルに輝いた冷静沈着なドライビング・マシン、ニキ・ラウダと、“壊し屋”の異名をとりながらも、火...
映画『ラッシュ/プライドと友情』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-13.ラッシュ/プライドと友情■原題:Rush■製作年、国:2013年、アメリカ・ドイツ・イギリス■上映時間:123分■料金:1,800円■観賞日:2月9日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督・製作:ロン・ハワード◆クリス・ヘムズワース◆ダニエル・ブリュール...
ラッシュ/プライドと友情 (心のままに映画の風景)
1976年。 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)は、年間チャンピオンを巡って激しい首位争いを繰り広げていた。 ランキング1位だったラウダは、ドイツ大会で事故に遭遇し、...
ラッシュ/プライドと友情 (サムソン・マンゴスの映画道半ば)
    『ラッシュ/プライドと友情』  (2013) 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)が激しい首位争いを繰り広げていた1976年。 ランキング1位だったラウダは...
ラッシュ/プライドと友情 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年2月11日(火) 20:20〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 「あなたの、生涯の1本を塗り替える。」なんて煽るもんだから。 『ラッシュ/プライドと友情?』公式サイト 期待度MAXだったのが残念。 レース・シーンも迫力あ...
「ラッシュ プライドと友情」:“生涯の1本”は大げさだなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ラッシュ プライドと友情』は、しばらく低調だった(と小生は思うのですが)ロ
ラッシュ プライドと友情 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://rush.gaga.ne.jp/ 1976年のF1レース界を描いた作品。 レース再現の出来が作品の評価を左右するのかな? 性格もレーススタイルも相反するF1レーサー、ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)とジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース....
『ラッシュ/プライドと友情』 (ラムの大通り)
(原題:Rush) ----あけましておめでとうなのニャ。 「おめでとう、フォーン。 と言っても三が日は過ぎちゃったけどね。 そろそろ、お仕事モードに移行… ということで、 軽く映画のお話から。 2014年の一本目は、 昨年末に観て大のお気に入り『ラッシュ/プライドと友...
ラッシュ/プライドと友情 (映画好きパパの鑑賞日記)
 F1史に残るラウダVSハントを、巨匠ロン・ハワード監督が映画化に成功。F1に興味がなかったのですが、とにかく迫力のあるレースシーンの連続に、ただただスクリーンに釘付けになりました。  作品情報 2013年アメリカ映画 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・...
映画「ラッシュ/プライドと友情」 (FREE TIME)
映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。
ポールポジション〜『ラッシュ/プライドと友情』 (真紅のthinkingdays)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハン...
ラッシュ プライドと友情(Rush) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督が、1976年のF1世界選手権を舞台に、2人の天才ドライバー、ニキ・ラウダとジェームズ・ハントの戦いと絆を描いた。76年のF1チャンピオンシップで、フェラーリのドライバーとして快調なレー....
ラッシュ/プライドと友情 (Break Time)
今朝は、気温も5度もあり・・・
ラッシュ プライドと友情 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
実話を元にした二人のF1レーサーの闘いを 描く映画「ラッシュ プライドと友情」が公開 されましたので観に行ってきました。 この日は東京で記録的な大雪、しかし映画館には それなりに人が入っていました、もっと空いている かと思っていたので意外、サービスデーだった...
2014年の006「RUSH プライドと友情」 (Doing-on-the-fly)
 F1マシンが好きで写真を模写していたことがある以外は取り立ててモータースポーツ
ラッシュ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ラッシュ/プライドと友情』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)随分と評判が良さそうなので、遅ればせながら映画館を覗いてみました。  本作は、「プライドと友情」という副題からもわかるように、専ら1976年の出来事に焦点を当てながら、二人の天才的なF1レーサー(...
ラッシュ/プライドと友情 (愛猫レオンとシネマな毎日)
名匠ロン・ハワード監督の最新作は、70年代、F1黄金時代に良きライバルとして争った ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダを追った人間ドラマ。 冷静沈着、頭脳派のニキ・ラウダ、そして、自由奔放、天才肌のジェームズ・ハント。 生き方も、走り方も正反対の2人が...
ラッシュ/プライドと友情 (rambling rose)
性格も戦い方も対照的な2人のレーサー、ハントとラウダ。76年、彼らはF1の年間チャンピオンの座をかけ熾烈な戦いを繰り広げる。
「RUSHープライドと友情ー」 (ここなつ映画レビュー)
この作品を観に行ったのは、東京に大雪が降った日の事でした。どうしても済ませなければならない用事があり、こんな天気にわざわざ出掛けるのだからついでに観て来よう、と。暇を持て余している次男が一緒に行きたいと言うので、「観るのはこの作品。それでもいい?」と念...
ラッシュ/プライドと友情 (気ままにブログ)
 3月15日(土)TOHOシネマズにて映画「ラッシュ/プライドと友情」をレイトショー鑑賞。                  だいぶ前に前売り券を買っていたのに、来週火曜日に終了するのを知って慌てて劇場に向かった。  ロビーや通路は「プリキュア・・」...
スピードを追い求める2人の (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「ラッシュ/プライドと友情」を鑑賞しました。 壮絶なタイトル争いを繰り広げた F1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント 性格もドライビングスタイルも正反対の2人の死闘とライバル関係を描く F1を描いた作品ながら、ラウダとハント 2人...
「ラッシュ/プライドと友情」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
全く期待していなかったのですが、面白かった!4つ★半
ラッシュ/プライドと友情 (こんな映画見ました〜)
『ラッシュ/プライドと友情 』---RUSH---2013年(アメリカ/ドイツ/イギリス)監督:ロン・ハワード 出演: クリス・ヘムズワース 、 ダニエル・ブリュール 、 オリヴィア・ワイルド 、 アレクサンドラ・マリア・ララ  「ビューティフル・マインド」「ダ...
ラッシュ/プライドと友情 (いやいやえん)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウ...
映画「ラッシュ/プライドと友情」レビュー(伝説のFIレーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハント) (翼のインサイト競馬予想)
映画「ラッシュ プライドと友情」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと
「ラッシュ/プライドと友情」 (或る日の出来事)
ふたりのライバルの生き方の対照が、よく出ている。
映画評「ラッシュ/プライドと友情」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年イギリス=ドイツ合作映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
ラッシュ/プライドと友情 (Rush) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく...