京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『星になった少年』

2005-07-18 23:54:01 | 邦画


彼は、逝きました。夢に向かって急ぐように。




■監督 河毛俊作
■脚本 大森寿美男
■原作 坂本小百合
■音楽 坂本龍一
■キャスト 柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子、武田鉄也

 小川哲夢(柳楽優弥)は、家族思いの優しい少年だったが、両親の不和や小学校でのいじめが原因で、
 内にこもりがちだった。 しかし、ある時両親が経営する動物プロが購入した仔象・ランディと出会い、
 その神秘的な力に触れ次第に心を開いていく。 環境と天賦の才能により、象の言葉を理解できるほどの
 資質に恵まれた哲夢は、日本人初の象使いを目指し、タイの象訓練センターへ留学する。

おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5)
cyazの満足度⇒★★★★

 実話に基づくこの映画には、人間と象とのコミュニケーションと、人間と象が、
 そしてそのほかの動物が共存して生きていく術を一人の少年の夢を通して描かれていく。 
 柳楽優弥クンについては特に改めてここで書く必要もないと思うが、少なからずその同世代には
 持ち合わせない大人びた一面と、少年の域から脱し得ない等身大の一面の両面を、
 映画というキャンバスに描きこんでくれている。 彼については決して演技が上手だとは思わない。
 前作もそうだったが、どちらかというと暗い過去、あるいは非現実的な日常に直面した翳のある
 少年という役柄が適役かもしれない。 彼が今後、自分の成長とともに役者としてどう成長していくのか楽しみだ。  

 “一芸に秀でる” これは素晴らしいことだと思う。 象の言葉が理解できる。
 そんな話は馬鹿げた話で済ませられてしまうかもしれない。 ただ親が動物プロダクションを経営するという、
 そういう環境と理解が、彼の特殊な才能を大きく開花させた要因でもあった。 遅れて象使いになる過程で、
 彼は言葉も十分通じない世界で孤立しながら、それでも象と会話できる特殊な才能で、いつかは回りも彼に
 一目置くようになる。 そんな彼が日本に戻り仔象・ランディと二人三脚で成長していく姿はとても素晴らしいし、
 人間と動物の関係・距離をよく表していたように思う。  

 途中、戦時中にやむなく殺すしかなかった象・花子の物語を映画の撮影にしつらえランディを使わせていた様には
 武田鉄也のひょうきんな演技とは別に悲しい想いが去来した。

 映画を観た後、TVで本物の小川哲夢クンの当時の様子を映像で観ることが出来た。
 そして、

 
本当にランディが哲夢クンの棺に鼻を巻きつけ別れを惜しむ様子と、調教のための杖を哲夢クンの弟に渡すシーンが
 映し出されていて、涙が止まらなかった。 映画のために脚色したわけでなく、本当に事実としてその場面があったことに
 感動し、胸が痛くなった。きっと彼は星になったわけでなく、生まれ変わった新しい命として象に生まれ変わって生きているのだと思う。
 そう信じたい。 そして、弟さんは象使いになっているという。 何て素晴らしいことなんだろう。

   日本にいるゾウたちは、
   人間の勝手で連れてこられたのに、
   それでも一生をかけて、
   人間を慰めていてくれるんだよ。
   それなのにゾウたちは結局、
   コンクリートの狭いゾウ舎で
   孤独に死んでいくんだ。
   いつか僕はそんなゾウたちに、
   幸せな余生を送ってもらえる楽園を作りたいんだ。

   哲夢は生前、口癖のようにこう語った。
    (原作:「チビ象ランディと星になった少年」まえがきより)

≪追記≫
 俳優、柳楽優弥(15)が8日、東京・渋谷区のシネフロントで主演映画「星になった少年」(河毛俊作監督)の
 特別舞台あいさつを行い、スマトラ沖地震被災者のために同映画で集めた「ちび象ランディ募金」の一部を
 日本ユニセフ協会に贈呈した。 同映画では、チケット料から1人あたり20円を同被災者のための寄付金と
 して集めてきた。この日、観客動員数100万人突破を記念して、主演の柳楽が代表して2000万円を
 日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャン(49)に贈呈。 アグネスは「感謝の気持ちでいっぱい。
 被災地の子供たちのために使いたい」と感激していた。 (8月9日付サンケイスポーツより引用)

 こういうことって本当に嬉しいことですね~ 本当に使途が明確な形で利用されるのなら、
 多少映画料金が高くても、僕はいいと思います。 映画を観たときに気がつかなかったのですが、
 「ちび象ランディ募金」の募金箱があったら、そのときポケットに入っていた小銭は全て入れたと思ったので残念です。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (75)   トラックバック (116)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高橋真梨子コンサート/2005 | トップ | 『恋する神父』 »
最近の画像もっと見る

75 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参りました(ノ_・、)グスン (fire1000)
2005-07-19 00:52:25
cayzさん、ども!(@^^@)

そうでしたか~!あの、”ランディ”と棺のシーン....。

参りましたm(_ _*)m ....。感動とか、どうとか....。

もうそんな次元じゃないッ!。。。。。





もう。。。。目が霞んでしまい。。。。







書けません<(_ _)>。。。。。。。。。。。
もうちょっと・・・ (はっち)
2005-07-19 07:38:09
葬式のシーンから後は、涙タラッ!って状態

でしたが、号泣するところまでいかなかった。

号泣すると思って、ちゃんとハンカチ用意

したんだけどねぇ・・・



真実は~ (cyaz)
2005-07-19 08:31:47
fire1000さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



映画を観たその日に実際のランディの映像を観せられ、

これはもうなんとも言えない胸の締め付けを感じました><

人間同士の信頼関係が失われていく現在社会に、この映画が警鐘を鳴らしてくれればと信じたいです。
微妙~ (cyaz)
2005-07-19 08:57:22
はっちさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



しっとり泣かせていただきました><

実際の映像を観た時には抑えられず号泣しました。

ストーリーを把握した上での実際の映像には、久しぶりに溜まった涙が全て出た感じでした・・・。
Unknown (EN)
2005-07-19 14:12:33
はじめまして。



葬式のシーン・・・

それ以外にも原付で出掛ける哲夢を見送るワンチャンの顔・・・

そして、事故の瞬間全ての象達が叫ぶ・・・



人間世界で忘れられている何か、を考えさせられました。
こんにちは! (aki)
2005-07-19 17:23:28
TBありがとうございました。



涙の止まらないとてもいい映画だったと思います。

役者さんたちも動物達にも、泣かされました。



私もテレビで当時の葬儀の様子をみました。

ビックリでした。

胸が熱くなりました。
私もあのシーンには ()
2005-07-19 19:33:17
反転部分のあのシーン。。。

本当にあったなんてとても劇的ですよね。読み返して感動が甦りました。役者といい音楽といいとても良い映画を見せてもらったと思います。体に熱いモノが走りました。。。
おはつです~ (cyaz)
2005-07-19 23:30:39
ENさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>人間世界で忘れられている何か、を考えさせられました

本当にそうですね!

言葉というコミュニケーションツールを持ってしても・・・。

人間同士って不器用なんですかねぇ(笑) ?!
TBありがとうございました (AISYA)
2005-07-19 23:37:14
アノ シーンは本当に涙を誘いますね…

動物って 信頼している相手には 無条件に愛情をくれますから あのシーンは頷けます。

私の恋人だったニャンコも 沢山 愛情をくれたよな…なんて 思い出しちゃいました。
ほんとうに~ (cyaz)
2005-07-19 23:47:26
akiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>役者さんたちも動物達にも、泣かされました

ほんとですね^^

役者に負けず、彼(彼女)らの演技も見事でした!



>私もテレビで当時の葬儀の様子をみました。胸が熱くなりました

あの映像で本当のテツ君とランディの実像を見せられ、涙なしではいられませんでした・・・。
Unknown (The Sea Monkey)
2005-07-19 23:50:38
TBありがとうございます!

すごくいい映画ですよね!象を通して親子の絆が

深まっていくところもすごくよくて感動しました!

ですよね~ (cyaz)
2005-07-19 23:53:05
海さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>体に熱いモノが走りました

この映画を観て、あの映像を見せられたら、涙が溢れないわけないですよね!

夢の途中でテツ君は無念だったと思いますが、象になって幸せな人生を送り直していると信じたいですね^^
どういたしまして~ (cyaz)
2005-07-20 00:21:54
AISYAさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>動物って 信頼している相手には 無条件に愛情をくれますから

そうですね!

動物を飼わなくなってから随分経ちます・・・。

自分より先に逝かれるのは嫌だから>< 
そのとおり~ (cyaz)
2005-07-20 00:44:19
The Sea Monkeyさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>象を通して親子の絆が深まっていくところもすごくよくて感動しました

仰るとおりだと僕も思いました!

素晴らしい映画だと思います^^

Unknown (めぐ。)
2005-07-20 04:25:47
TBありがとうございます!初カキコです(^^ゞ

早速ですが、そのTV番組って、スカパーですか?

ものすんごく見たくてたまらないのですが~(>.<)

「星になった少年」もう一度、観に行く予定です♪

多分~ (cyaz)
2005-07-20 12:33:19
めぐさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



バンバンカキコ待ってま~す^^

えっと、TV番組は日曜日の夜の番組でしたから、EZTVだったと思うのですが・・・。
反転部分 (mayu)
2005-07-20 23:01:11
TBありがとうございました。

日本中が感動ー!と言ってるわりに泣けなかったなぁと

思っていたら!!!!!

ぎゃー!!という感じでポロポロ泣けました。

嗚咽&号泣という感じではなかったですが感動でしたね。



ゾウってなんて賢いんだろう・・と改めて

思い知らされました。



おはつです~ (cyaz)
2005-07-20 23:40:56
mayuさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



しっとりと泣けた作品でしたね^^

テツ君への感情移入も容易でしたし、何より実際の映像を観た事は感動でした!
こんばんは~ (らずみかん)
2005-07-21 22:06:21
こんばんは、らずみかんです。

トラバ感謝です^^



こういう素晴らしい邦画を沢山みたいですね^^
どうも~ (cyaz)
2005-07-21 23:52:24
らずみかんさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



上質の邦画は増えてきましたね!

いい作品にめぐり合いたいですね^^
TBありがとうございます (kiosk)
2005-07-22 07:05:22
家族で観るのにとてもいい映画だと思いました。

どの世代の人にも、共感できる場面があるからです。

こんな映画もたくさん作ってほしいですね。

淡々とした描き方でしたが、実話がもとになっているので、これでいいのかと思いました。
いえいえ~ (cyaz)
2005-07-22 08:44:28
kioskさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>家族で観るのにとてもいい映画

そうですね、テツ君と同世代の子供たちとその父母にも観て欲しい作品ですね!

TBありがとうございます (moon)
2005-07-22 08:44:39
メイキングのテレビ放映を見ました。

「象を調教する」のではなく、象と共に成長しなくては、通じ合えないものなのだな、と思いました。
TBありがとうございます (ミチ)
2005-07-23 00:42:57
こんにちは。

夏休みに親子で見るに相応しい映画でしたよね~。

私はあまり泣く方ではありませんが、さすがにちょっとウルッときました。

だから動物ものはイヤなんですよ~~~~、感動するのに決まってるんだもの~~~(笑)

柳楽くんにはいい役者になってもらいたいです。
TBありがとうございます (おおば翔)
2005-07-23 08:42:14
はじめまして。

他のブログも拝見しましたが、とてもたくさんの映画やコンサートを観ておられるのですね。

「夢を追う」と言葉で言うのは容易いですが、哲夢さんの思いと、それが周りの人に受け継がれて行くパワーがのツヨさがすごいと思います。
 (haru)
2005-07-23 09:54:24
はじめまして。

TBありがとうございます。

私も同感です。

反転部分に感動して、思わず涙。

本当にあったシーンだと知ってさらに涙。

心に残る映画作品になりました。

世代を越えて見られる作品ですよねv
おはつです~ (cyaz)
2005-07-23 10:34:43
おおば翔さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>周りの人に受け継がれて行くパワー

本当ですね!

静かにオーラの出ている彼は素晴らしかったと思います^^
おはつです~ (cyaz)
2005-07-23 10:39:31
haruさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



実際の映像は本当に涙なしには観ることが出来ませんでした。

まるで、この映像のために映画を観たような気がしてなりませんでした。

偶然に実際の映像が観れたこと、とても貴重でした!
TBありがとうございます (水谷木苺)
2005-07-23 15:23:16
こちらも相互させていただきました(^-^)



情感たっぷりの、泣ける映画でした。

映像と、キャストの演技と、音楽が調和されていて心に染みます。

弟さんが象使いになっているということ、哲夢くんの想いが受け継がれているようで感動しています。
不思議なオーラを感じた! (fire1000)
2005-07-23 18:07:55
cyazさんTBありがとうございます♪

2回観賞して更に”哲夢”くんの意思をしっかりと

受け止める事が出来ますた!

今後、本作は世界の多くの方々に観賞して戴ける事が決まってるようです!

”哲夢”くんの意思が更に広がって行く事を切に望みます。
Unknown (オニおにこ)
2005-07-23 21:36:33
トラックバックありがとうございます。



最初にアジアゾウの能力に気づいて調教をはじめた人というのもすごいなと思うのですが、たぶんそれはゾウと心を通わせることができた人なんじゃないかという気がします。タイから離れた日本でそれを初めてしたのが哲夢さんだったのですね。そして、ゾウの気持ちがわかるからこそ、ゾウをねぎらうことのできる楽園をつくりたいという考えも浮かんできたのでしょう。真のゾウ使いだと思います。その考えを引き継いだお母さんもすばらしいですね。
そうですね~ (cyaz)
2005-07-24 01:11:05
moonさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>象と共に成長しなくては、通じ合えないもの

仰るとおりだと思います。信頼関係のうえに成り立つもの、それは動物も人間も同じだと思います。
ですねぇ~ (cyaz)
2005-07-24 01:13:56
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>夏休みに親子で見るに相応しい映画

ホントそうですね^^

たくさんの子供たちにも観て欲しい作品です。



動物と人間の愛情を描いた作品は、他にもたくさんありますが、

ホント、涙を誘うものが多いですよね!

年のせいか、涙腺ゆるくなりました(笑) ?!
ですね~ (cyaz)
2005-07-24 01:28:35
水谷木苺さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>映像と、キャストの演技と、音楽が調和されていて心に染みます

ホント仰るとおりだと思います。

サントラ思わず買っちゃいました~!

色んなシーンが回想できて良かったですよ^^
2度目~ (cyaz)
2005-07-24 01:32:11
fire1000さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



2度御覧になられたんですね^^

細かいディテールまで確認できたことでしょう!

僕は・・・

『フライダディフライ』2度目を鑑賞してきました(笑) ?!



世界中のたくさんの人たちに観ていただけるといいですね!

通じ合う心~ (cyaz)
2005-07-24 01:41:57
オニおにこさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>真のゾウ使いだと思います。その考えを引き継いだお母さんもすばらしいですね

本当に仰るとおりだと思います。

TVで実際の映像を観た時、本当に象との愛情と絆の深さに再び涙しました。
trackbackありがとうございました (yuki)
2005-07-24 20:59:18
はじめまして。トラックバックありがとうございます。

やっぱり映画は映画館で観るのに尽きますね。そんなことを再確認しながら観た星になった少年です。
おはつです~ (cyaz)
2005-07-24 23:23:54
yukiさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>やっぱり映画は映画館で観るのに尽きますね

ホントそうですね^^

いい映画を観た後はyukiさん、やっぱりビールですよね(笑) ?!
はじめまして (YOSHIYU機)
2005-07-25 23:24:26
TB有難うございます。

柳楽優弥君は、笑っていいともに出演していた時

すごくシャイな雰囲気で、近頃の子役っぽくないと

感じました。タイトルを象になった少年と

言い間違えていた。

内容的には、そっちの方が合ってるけど。
おはつです~ (cyaz)
2005-07-25 23:29:02
YOSHIYU機さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



確かに映画に関してのインタビューを見ているとシャイですねぇ(笑)

彼がどんな風な役者に育っていくのか、楽しみではありますが^^
Unknown (teruaco)
2005-07-26 21:22:54
TBありがとうございます。

泣く映画とは知らずに観てしまって……

……泣きました



ランディ……いい子だなぁ~
いい子~ (cyaz)
2005-07-26 23:59:36
teruacoさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



感動の映画ですね^^

坂本龍一の音楽も最高ですね!
映画も良かったけど (chishi)
2005-08-01 22:14:44
ほんまもんの哲夢さんを悼む象の叫びが心に残っちゃって。映画にはちょっと満足できなかったです(汗)
実像は~ (cyaz)
2005-08-01 22:48:26
chishiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



やはり僕も映画を観た後、実際のテツ君・ランディの映像を観て、実像には勝てないと思いました。

でも映画は良かったです^^
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-08-04 03:35:52
泣くのがわかっていたので、敬遠しようと思っていたんですけど、観てしまいました。そしてやっぱり、ぼろぼろになってしまいました。
やっぱ~ (cyaz)
2005-08-04 12:47:59
あかん隊さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



涙腺のもと、閉まりませんでしたか(笑)?!

象と友達になれそうな気がしますね^^
謝謝でございます (RIN)
2005-08-08 13:34:48
はじめまして、TBどうもありがとう

ございました。

あ、でも、柳楽くんも映画の中で言ってましたが

アフリカ象はキケンです。

「野生のエルザ」の著者が「アフリカで私が一番

怖い動物だ」と書いてましたから・・・。
トラバありがとうございます。 (chihana)
2005-08-08 18:04:51
はじめまして。

cyazさんのおっしゃるとおり、「一芸をもっている」ってすごい。

象と話せる、ってめっちゃファンタジーですが、

それをあの(☆Д☆)キラリーン♪とした瞳の

柳楽くんがさらりとこなしている。(・ω・)bグッ
おはつです~ (cyaz)
2005-08-08 23:15:07
RINさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>アフリカ象はキケンです

なるほど、勉強になりました^^
おはつです~ (cyaz)
2005-08-08 23:35:30
chihanaさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>象と話せる、ってめっちゃファンタジーですが

そうですね、そんな世界に入れると素敵でしょうねぇ~♪

柳楽クンはこれからが楽しみな役者さんですね^^
初めまして。 (ayuto)
2005-08-13 10:28:20
TBありがとうございました。

息子と一緒に見たけど、映画の母親にはあまり共感できませんでした。祖母のほうに癒しを感じました。

それでも泣かせるところに、映画の真髄が見られます。

アラビアのロレンスと似たような最期だったのが印象的でした。
おはつです~ (cyaz)
2005-08-13 10:56:24
ayutoさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>祖母のほうに癒しを感じました

自分がしてあげられなかった娘の分、

テツ君にかけた“想い”を感じることが出来ましたね!

倍賞さんはさりげない演技ですが、上手な女優さんだと思います^^
ありがとう てつむ君 (ゆうピー)
2005-08-26 13:05:04
とても悲しいお話でした・・・。てつむ君は、かわいそうでした。

おはつです~ (cyaz)
2005-08-26 22:25:03
ゆうピーさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



でもいい映画でしたね^^

おはつです~ (cyaz)
2005-08-26 22:25:05
ゆうピーさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



でもいい映画でしたね^^

寄付されたのかー (おはようございます)
2005-08-30 06:50:55
TBどうも有難うございました

こちらでチケットの一部が寄付に使われていることを知りました。ロンドロールを最後まで見ていましたが、書いてなかったかなあ?
ですね~ (cyaz)
2005-08-30 08:55:05
存在する音楽さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



自分たちの観るもの・参加するものが(それは映画だけに限らず)、間接的に役に立ってくれるとしたら、こんなにいいことはないと思います^^
TBどうもありがとうございました!! (takuchappy)
2005-09-02 11:42:14
常盤貴子のお母さんも若いけど違和感なかったです。彼女の叫び泣きには、彼女の女優としての力量を感じました。

TBこちらからも貼らせてくださいね。

力量~ (cyaz)
2005-09-02 12:52:29
takuchappyさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>彼女の叫び泣きには、彼女の女優としての力量を感じました

彼女はやはり作品ごとに、自分のなかにテーマを持って挑んでいるような気がします!

この役はただの母親像ではないだけに、これからの彼女の女優人生にプラスになることでしょう^^
TBありがとうございます。 (jamsession123go)
2005-09-07 06:32:22
TBありがとうございます。

柳楽優弥くんのファンを一層増やした映画ですね。
ですね~ (cyaz)
2005-09-07 08:41:08
jamsession123goさん、tb&コメントありがとうございますm(_ _)m



彼のどこか憂いのある表情は、この映画にとても合っていたような気がします。
TBありがとうございます (めいぐると)
2005-09-14 18:58:11
この映画は僕的にはちょっとコなかったです・・・。



柳楽クン自体は悪くなかったんですがね~。

音楽もなんか主張し過ぎって感じで

教授を使ったのが逆にマイナスになってるような気がしました。



折角TB頂いたのにネガティブなコメントで申し訳ないですが

これが僕の正直な意見です。
いえいえ~ (cyaz)
2005-09-14 23:28:38
めいぐるとさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>折角TB頂いたのにネガティブなコメントで申し訳ないですがこれが僕の正直な意見です

いろんな意見があっていいと思います!

めいぐるとさんの評価が低かったのは承知の上でTBさせて戴きましたので^^

僕のレビューも結構偏ったところがあるので、気になさらないで下さいね(笑) ?!
実話だからこそ良い映画でした (PGM21)
2005-09-30 21:26:54
こちらは90位前の記事だったのですが・・・

星になった少年本当に良かったです。実話だったからこそこの話に共感できる部分があるし、何より本当に今少年が生きていたらどんな感じになっていたのかな?と映画を見終わった時に思いました。
未来でも~ (cyaz)
2005-09-30 23:43:41
PGM21さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>何より本当に今少年が生きていたら

実際の映像を見たときのランディの姿は、もし彼が生きていたら、本当に素晴らしい調教師になっていたことを物語っていました!
実話という現実。 (tuki-to-kyabetu)
2005-10-26 00:18:47
TBありがとうございます。

このお話が実話であるという事が、

とても嬉しくとても悲しくもありました。

哲夢くんと出逢ったランディが幸せな気持ちで

あったのだろうと、思うシーンはとても感動したし、

それでも、哲夢くんがこの世に存在していない今が

とても悲しかったです。

常盤さんの屋根の上のシーンは、

涙が止まりませんでした。

こちらもTBさせて頂きます。
その後~ (cyaz)
2005-10-26 00:38:02
tuki-to-kyabetuさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



常盤さんが演じたお母さんは、哲夢くんの夢を形にし、今も象と共に活きているそうです!

先日TVで取り上げられていました。
また・・・ (こでまり)
2006-01-30 17:45:36
TB&コメントありがとうございました!

cyazさんのブログを読ませていただいて、また泣けてしまいました

花子の話も子供の頃、大泣きして読んだ記憶があります。

哲夢くんの短い人生、ほんとに残念です。

もっとランディ達と過ごして欲しかった・・・
いまでも~ (cyaz)
2006-01-30 18:01:44
こでまりさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>哲夢くんの短い人生、ほんとに残念です。もっとランディ達と過ごして欲しかった

そうですね! でもこれも彼の人生だったのですから。

お母さんはまだ千葉で象と一緒みたいですね^^

時々ニュースで出ておられたり、サントラを聴くと思い出してウルウルします><
TBありがとう。 (kimion20002000)
2006-02-23 00:46:09
そうですか。杖を受け渡された弟さんが、実際にゾウ使いになっているんですか。とても、いい話ですね。
ですね~ (cyaz)
2006-02-23 08:50:10
kimion20002000さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>そうですか。杖を受け渡された弟さんが、実際にゾウ使いになっているんですか。とても、いい話ですね

そうですね!一度ゾウに会いに行かなくっちゃと思っています^^

こんばんは♪ (miyukichi)
2007-07-18 01:06:03
 柳楽クンのまっすぐさが
 ゾウにも届いているように見えた映画でした。
 タイの自然も美しくてよかった。

 実話ってのがすごいですね。
ランディ~ (cyaz)
2007-07-18 12:33:30
miyukichiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>柳楽クンのまっすぐさがゾウにも届いているように見えた映画でした。 タイの自然も美しくてよかった。実話ってのがすごいですね。
そうですね^^
実際の映像(葬式の時の)を見せられると本当に信頼関係が深かったことを知らされました。
今も元気で市川にいるんですよね?ランディは!
Unknown (なな)
2008-02-13 21:23:28
こんばんは。
実話だと聞いて、また涙が出ました。
実際のランディーの映像見てみたかったです。
お母さんが書いた本を読んでみようと思ってます。
ランディに~ (cyaz)
2008-02-14 08:29:38
ななさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>実話だと聞いて、また涙が出ました。実際のランディーの映像見てみたかったです。
先日も何かのニュースで取上げていましたね!

>お母さんが書いた本を読んでみようと思ってます。
実際のランディに会いに行きたいです^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

116 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
星になった少年 (ネタバレ映画館)
 予告編の常盤貴子の号泣シーンでウルウルしてしまったけど、本編でもやはりやられてしまった・・・何だか騙されてる?  「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」は好きです。彼は犬や馬の心が読めるのですよ!すごいじゃありませんか。今までも、“子犬に餌を与えるときに手に
『星になった少年』を観て来ました! (★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...)
?2005年7月18日?年末まで166日? #6 (2005.7月から起算) 星になった少年 ~Shining Boy & Little Randy~ 彼は、生きました。夢に向かって急ぐように。 ☆キャスト☆ 小川哲夢:柳楽優弥(やぎらゆうや)
星になった少年/柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井 優、倍賞美津子 (カノンな日々)
早速、観てきちゃいました「星になった少年」。さすがは文部科学省「選定」作品、とっても品行方正で正統派、ダークサイドは影も形もありません。これは象と少年の物語ですが、親子の物語でもあるんですね。 実話に基づいているということは知ってましたが、あの武田鉄也
『星になった少年』 (ラムの大通り)
------柳楽優弥って、確か昨年のカンヌ国際映画祭で 史上最年少の主演男優賞を獲得した人だよね。 『誰も知らない』は大の問題作だったけど、 これってヒューマン・ドラマって感じがするなあ。 「確かに。主人公は日本初のゾウ使いの少年、哲夢。 ここで描かれるのは20歳で夭
星になった少年 Shining Boy and Little Randy (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日は邦画を4作品観てきました。   1本目は「星になった少年」です。   実話を基に、日本人で初のゾウ使いとなった少年、小川哲夢の物語を映画化した話です。   今日観た4作では一番よかったです。 中盤までの象使いを夢見てタイへ留学するシーンまで
残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう
映画 vol.11 『星になった少年』*試写会 (Cold in Summer)
 『星になった少年』  出演:柳楽優弥 常盤貴子 星になった少年 公式サイト ◇ストーリー (05.06.28)『星になった少年』の試写会へ行ってきました。 実は主演の柳楽くんがカンヌの主演男優賞を受賞した作品 誰も知らない はまだ観ていませんが、どちら
「星になった少年 ShiningBoy&Littlerandy」 (MoonDreamWorks)
監督 : 皮毛俊作主演 : 柳楽優弥 / 常盤貴子 /      / 高橋克実 / 村上絵美 / 公式HP:http://www.randy-movie.com/index.html  「 星になった少年 ShiningBoy&Littlerandy」  実の母、坂本小百合原作、「チビ象ランディーと星になった少年...
星になった少年(試写会) (Movies!!)
柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子出演。河毛俊作監督作品。 公式サイト 原作本「ちび象ランディと星になった少年」 脚本が、大森寿美男さん、制作はあの亀山千広氏(笑)。 シナリオ・センターで今週の金曜日にこの映画についての公開講座があります。監
『星になった少年』 (Such One Day)
『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』 試写会に行って来ますた。 『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭 最優秀男優賞をかっさらってしまった柳楽優弥くんの受賞後初主演の本作。 日本初の象使いとなり「象たちの楽園」を作る事を夢に走り続け、21歳の若さ
映画「星になった少年」   (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
舞台がタイ、動物が出演と聞いただけで観たくなりました。前売り券を購入していたのでレイト・シヨーでなく珍しく昼間に観ました。
『星になった少年』 (Cubic BLOG)
星になった少年みてきました。 実話をもとにしてつくった物語らしく話はほ~って感じでした。 のどかな自然と動物と人間とのふれあい。 また、それらとうまくマッチした音楽。 話は感動の話と聞かされて言った割にはちょっと物足りなかったかな。 でも親子の関係や
星になった少年 (映画バカ一代)
序盤では哲夢(柳楽優弥)をはじめとして小川家のやや複雑な家族背景を説明するためか、ホームドラマ風に描かれている。登場人物同士の掛け合いが楽しいし、経営している動物プロダクションで育てられている動物たちが可愛い。この動物たちの演技が素晴らしく、微笑ましいも
星になった少年 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「星になった少年」の感想です
『星になった少年』 (Diary of Peace☆)
試写会で『星になった少年』をみてきた。 哲夢は、動物プロを経営する両親の不和や動物くさいと小学校でのいじめにあい、こもりがちな少年だった。 しかし、ある時ゾウと出会いその神秘的な力に触れ次第に心を開いてゆく。 環境と天賦の才から、ゾウの言葉を理解できるほ
#32:星になった少年(試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
「僕は、夢に生きる。」 壮大なスケールで描かれたタイと日本、そして象。 冒頭で哲夢の両親が経営する、動物プロダクションで、様々な動物が笑わせてくれます。でも私は笑えませんでした。この芸を覚えるのにどれだけ大変だったのか。と思うと、なんとなくね。。。 とは
星になった少年 (何でも書き書きエッセイ)
いらいらする日本政府の各種対応について論じる元気もなく、今日も一週間ぶりのタイネタ。 タイといえば象、巨体につぶらな瞳が愛くるしい。信仰の象徴としてタイ国内のワット(寺院)には必ず彫刻物や絵として見つけることができる。そんな象使いになった日本人少年(坂
星になった少年 世界が注目する柳楽優弥主演作 (話題のナレッジベース)
星になった少年は、実話から生まれた物語、原作:坂本小百合「ちび象ランディと星になった少年」(文藝春秋刊)、今夏2005年7月公開。第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞柳楽優弥が受賞後初の主演作。...
星になった少年 (私を月まで連れてって~)
柳樂君…いいですねーーーっ!「誰も知らない」 より ちょっとだけ大きくなりました。お話は 実話モノです。何か胸にジワジワと滲んでくる様な映画でした。というのも 母の愛が欲しい一心で 母の夢を自分の夢に置き換えて一生懸命な姿が 何とも切なかったりします。家
星になった少年 (The Sea Monkey)
今日、『星になった少年』の試写会に行ってきました♪試写会の場所が遠くて行くか迷ったのですが行ってよかった(≧▽≦)何故かと言うと…監督と原作者と柳楽優弥さんが来てたからですε=(/*~▽)/残念な事に眼鏡を持って行ってなくて一番後ろの席だったので顔がいまい
星になった少年 Shining Boy and Little Randy (2005) 113分 (極私的映画論+α)
 片田舎で動物プロダクションを営む小川家。息子の哲夢も毎日動物たちと楽しく触れ合っていた。そんなある日、母・佐緒里がタイからゾウの“ミッキー”を購入。哲夢はその天性の才能から、すぐにミッキーと心を通わせていくのだった。そしてまた一頭、CM出演のための子ゾ
「星になった少年」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
「早めに会場に行って並ぼうね☆」と言っていたにもかかわらず朝寝坊したあーちゃんと秀君はドタバタと会場へ向かいました。土曜日の試写会にしてはあまり並んでいなくていいポジションで見る事が出来ました。 {/kaeru_cry/}今年のカンヌ国際映画祭で史上最年少の男優賞を受
星になった少年 (私を月まで連れてって~)
柳樂君…いいですねーーーっ!「誰も知らない」 より ちょっとだけ大きくなりました。お話は 実話モノです。何か胸にジワジワと滲んでくる様な映画でした。というのも 母の愛が欲しい一心で 母の夢を自分の夢に置き換えて一生懸命な姿が 何とも切なかったりします。家
星になった少年 (大脱走)
「星になった少年」の試写会に行ってきました。 象使いに憧れる少年がタイに渡って、象の調教や文化の違いや人間関係に悪戦苦闘しながら修行するっていうお話。 ・柳楽優弥の顔が恐い。目とか口とか、顔のパーツが大きいからかな。 ・タイでの仲間とのふれあいを、もう
星になった少年 (ごしょっち@押入れ生活)
今日、「星になった少年」を見に行った。 主演はあの柳楽優弥くん。 実在した象使いの少年のお話。公式サイト  全然予備知識もなく、すっごく見たいって思って映画館に向かった訳じゃなかった。 でも、これが!! もうっ すごくいいっ!! ※以下、少~~し...
「星になった少年」 (Meg\'s Life)
2005年 日本 公式サイト 公開日7/16 (〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ 試写会の「補欠」が当選したので、いちかばちか 行ってみたら無事観れました。ワ─。.゜+:ヾ((≧∇≦))シ.:゜+。──ィ 上映前に、映画の説明があったんだけど「CGは一切使っていません」 の一言に『よっしゃー.
Film6 星になった少年 (Lapis diary)
7月6日に見てきました☆余裕がなかったのでね、更新が今になってしまいました。 泣きました。激しく、著しく。 (以下、ネタバレあり)
#27:星になった少年(試写) ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価   昨日、試写で見た”星になった少年”、最高でした泣けます 泣きまくりましたエンドロールが、霞んで出演者の名前が見えませんでした エンドロールが流れ終わって明かりがつくと、拍手の嵐 泣いていた人がとても多かったです 昔から...
「星になった少年」☆感動です☆ ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
題名からもわかるように、主人公はもうこの世にはいない。 子供が死ぬ映画を見るというのは、ものすごく親にとっては辛いこと。 だから、見たいけれど、見たくない。 すごーく迷った末、やっぱり見に行くことに。 見に行ってよかった・・・ この主人公の生き様を、一人で
星になった少年 (イキテルッテスバラシイ)
7月16日(土)全国東宝洋画系ロードショー ひとあしお先に試写で観る機会ができたので観た。 日本発のゾウ使いの少年「哲夢」と、ゾウの「ランディ」の物語。 実話である。 出演の哲夢役は柳楽優弥くん。「誰も知らない」で一躍有名になった俳優。 て...
星になった少年(新映画日記転用) (新×3 もろもろ日記)
夏休みの話題作、招待券も当たったことだし、見てまいりました。 柳楽くんは「いいとも」で見たら髪型のせいもあってか、 作品のときよりさらに大人っぽくなったように思えました。 この年齢ってどんどん変わっていくんでしょうね。 実際に外国人ではじめてタイの象訓
星になった少年 -Shining Boy & Little Randy- (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年7月17日 監督:河毛俊作 製作:亀山千広 出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子、武田鉄也 他 7月に公開される邦画では一番期待してた作品。八王子シネマで鑑賞。 ストーリーはこんな感じ。 家族思いの優しい少年・
星になった少年 (エンタメ!ブレイク?)
河毛監督のベタなTV流演出で フジテレビ映画の王道を進むと思われたが 柳楽くんの
「星になった少年」 (てんびんthe LIFE)
「星になった少年」 ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 4時からと言う中途半端な開始時間。そして隣の入り口ではレセプションやっててこれプレミア?と連れがいいました。確かに劇場内にカメラが3台入っているしプレスくれたし、雰囲気は違う。でもプレミ
2005/07/21 (m\'s box)
随分ご無沙汰してしまった・・・。 パソコンを開けない日がこんなに長かったのは、いつ以来だろう。。。 映画『星になった少年』を観た。 柳楽優弥を観たいがために。 『誰も知らない』はまだ観ていないが、彼の目には惹かれていたから。 ちょっと織田裕二に似て...
星になった少年 (☆気分屋さん日記☆)
今日[http://www.randy-movie.com/index.html 『星になった少年』]を見てきました!! この前「交渉人~」を見に行った時予告でこの映画やってたんですよ、それで絶対見に行こうと・・・。 最初の方は動物とか色々出てきて・・・。 柳楽優弥君の演技は初めてみました
「星になった少年」チェンマイに行きたい (soramove)
「星になった少年」★★★ 柳楽優弥、常盤貴子主演 南国タイの奥地 チェンマイの山奥の風景が 目にまぶしい。 子供に見せたい映画。 夏休みの課題図書のような映画。 ただ中学生以上には この映画はちょっとキビしい。 誰でも自分の求めるものを 実現でき...
星になった少年 (Diarydiary!)
《星になった少年》 2005年 日本映画 - 英題 - Shining Boy
星になった少年 (らずみかんの張り切って行ってみよう~!)
この物語は実話を元に描かれています。 原作は主人公の実のお母さん、坂本小百合さんです。 もうね、凄いですよ。 何が凄いってゾウさんの目が凄いです(笑)訴えかけてきます。 昔ドラえもんで『ゾウさんの~目は~♪』って歌があったのですが それを思い出しました
星になった少年 (Tea Time Lover)
加賀(仮)さんと見てきました。星になった少年。 両親の経営する動物プロダクション...
星になった少年 (青空侍のシネマ徒然日記)
 カンヌ主演男優賞受賞後はじめて柳楽優弥が主演した話題作。 実話がもとになっているということで、とても心に残る作品に仕上がっていました。これは、やはり実話であるということがとても大切な要素になっている作品だと思います。こんな人生があったんだ・・・という思
星になった少年 (月夜を詠む、風を観る)
「フライ、ダディ、フライ」にするかどうしようか迷うが、初志貫徹で「星になった少年」。 よく調教されているなぁと、ひたすら感心。タイでは神の使いとして象が祀られている。人々と共に働く象は、信仰の対象であると同時に、仲間でもあるのだろう。 柳楽優弥、「...
星になった少年 (トココマの美術鑑賞と日々の楽しみ)
昨日ですが、試写会で【星になった少年】を観てきました。この映画、「ちび象ランディと星になった少年」という本が原作で、主演の柳楽優弥が演じる「哲夢」の母親が書いた本。笑える場面もあるから、原作と映画は少し違うんだろうな。両親が経営する動物プロダクションが購
映画「星になった少年」 (ミチの雑記帳)
映画「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」★★★☆☆ 子役と動物で涙を絞らせるような映画は苦手なので見ません。 でもこの作品は「誰も知らない」で素晴らしい演技をした柳楽優弥くんの主演作だからチョイス。 ストーリー:学校でいじめにあっていた哲夢(柳楽
星になった少年 (空。jetblue)
今日から公開された 星になった少年 を見てきました。 動物プロダクションで育った少年が、母の夢である 象を育てることに夢中になり、タイに 象使いを学びに行きます。 ストーリー的なものは別にしまして、音楽が 坂本龍一氏でして、やはりすばらしかったです。
『星になった少年ShiningBoy&LittleRandy』を観ました。 (ケ・セラ・セラ♪ZYOの日記)
先日公開された映画『星になった少年』を観てきました。自らの意志でタイに渡り“ゾウ使い”の道を志しながらも20歳にて逝去した少年、哲夢の半生を描いたノンフィクションです。柳楽優弥さんの作品は初めて観ました。正直私的には、演技が上手いとは思えなかったのですが...
「星になった少年」の舞台となったタイのゾウ訓練センターなどを... (Bird\'s-Eye)
この夏の映画はいろいろ話題作が豊富ですが、柳楽優弥くんとランディの「星になった少年」はタイへの旅情も感じられて面白いと思います。映画を通じてタイに行った気分が味わえると思いました。 日本旅行では、柳楽優弥くん主演の映画「星になった少年」の公開を記念し...
象になった少年 (mini)
星になった少年の感想。
坂本小百合著「ちび象ランディと星になった少年」 文春ネスコ (にゃにゃなべし)
映画でどれだけ面白いものに化けられるか。
星になった少年 (寂しがり屋の夜の星)
昨日は午後、買い物がてら母と「星になった少年」を観に出かけました。   いや、チケット売り場の列がものすごかった。さすが連休初日の土曜日。 スターウォーズも始まっていますし。   結構ギリギリに着いたので、並んでいるうちに開始時間を大きく過ぎてし
★★★ (NO MUSIC NO LIFE)
ほんと今日は良い日やった! ?BEAMSのりゅっくを取りに行ったのと、?『星になった少年』の試写会に行ってたし、 ?楽しみにしてたTRIBAL CHAIRのアルバム買ったし! りゅっく可愛い!がんがん使おー★ 映画、良かった!ゾウは仲間同士、気持ちを常に伝え...
星になった少年 (M\'s Bar)
今日から公開の映画 「星になった少年」を見た。 カンヌ映画祭で最年少で最優秀賞を獲得した 柳楽優弥くんが主演。 彼の演技は別にどうってことはなかったけど 後半はかなり泣けました。 やはり動物と子役には勝てない、ということでしょうか。
星になった少年 (優みゃの辛口映画感想)
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥     常盤貴子     蒼井優、他 あらすじ{/book/} 小川哲夢は、家族思いの優しい少年だったが、両親の不和や小学校でのいじめが原因で、内にこもりがちだった。しかし、ある時両親が経営する動物プロが購入した仔ゾウ・ランディと出会
星になった少年 (虎の尾を踏む男たち)
見てきましたよぉぉぉぉ!星になった少年。手放しで良い映画とは言えなかったけど、泣きましたよ(笑)もう、嗚咽してましたよ(T^T)どこら辺が手放しで良いと言えなかったかと言えば、人物像の描き方がさらりとしすぎていた。時間的都合もあったんだろうけど、一人一...
星になった少年 (じぶちゅう)
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~ 坂本龍一 旦那様に粗食をご馳走した後、自分 だけバーガーを喰らい、観てきました。 あたしには、とっても不似合いな 映画ですわよ、『星になった少年』。 象遣いの話、これって実話だったんですね。
世界の珍獣・ヤギラユウヤ (極楽三十路生活賛歌)
 有楽座で「星になった少年」を鑑賞。 主演は、デビュー作「誰も知らない」で、いき
星になった少年 (Shining Boy & Little Randy) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
坂本哲夢くんの生涯を彼の母小百合さんが書いた著書の映像化。 実話をもとに作られた、日本初の象使いの少年の物語。 感動の物語です。 でも、涙は出なかった。 約2時間の映画ですが、たぶんこの物語、2時間では短すぎるような気がします。 なんとなく淡々と物語
「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」について駄文 (ピーナツ缶の底)
ゾウだゾウだゾウがいっぱいだ!子供向けかと思っていたら、映画館に来ていた人はほとんど大人でやや年齢層高い方たちでした。そういえば自分もともとゾウ好きだったのを思い出しました。タイの森林風景が美しかったです。できればタイでのシーンをもっと長く入れてほしかっ
『星になった少年 Shining Boy&Little Randy』感想(※ネタバレを含みます) (リベラリズム。)
試写会のチケットが当選し、無料で鑑賞してきました(^-^) ポストカードもいただけて、大満足でした! さてさて、感想を。 ネタバレは好かない! という方は、すぐさまこんなブログの窓は閉じましょう(笑) はじめに語りたいのは、やっぱり柳楽優弥くんが演じる哲夢くん
星になった少年 (こころそぞろ)
ストリーは、どこかで、見てね(^^ゞおいらが面白いと思ったとこだけ書いときます。
試写会「星になった少年」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「星になった少年」開映18:30@イイノホール 「星になった少年」 2005年 日本 配給:東宝 監督:河毛俊作 製作:亀山千広 エグゼクティヴプロデューサー:関一由・島谷能成・細野義朗 プロデューサー:小岩井宏悦・和田倉和利 アソシエイトプロデューサー
オードリーが好き[37] 星になった少年 前編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} トップ画像は、以前に前売券購入特典でもらった仔ゾウ・ランディのぬいぐるみクリップにパンフレットを挟んで撮ったものです。{/kirakira/} 『星になった少年 Shining Boy & Little Randy』は、昨日7月16日公開されました。 早速足を運んだのですが、初日と
オードリーが好き[37] 星になった少年 後編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} 僕は、夢に生きる。・・・その夢は母の夢でもあった。 ゾウと仲間になりたい! 彼は、生きました。夢に向かって急ぐように。 この映画のラストシーンを観て、 「これはハッピーエンドの物語なんだ」という感想をもちました。 たった20年という短い人生であ
星になった少年 (hatchblog)
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~ 坂本龍一 星になった少年(公式サイト) 昨夜は「星になった少年」の試写会(名古屋)行ってきました。 動物プロダクションの家の息子さんが、ゾウ使いになりたくて、タイのゾウ学校へひとりで修行に行きます。
星になった少年を見てきました! (食めぐり)
今日は、久々に映画を見に行ってきました!! 今日から公開の「星になった少年」です。すごく泣けると聞いていたので楽しみに行ってきました。なんと言っても主演の男の子が、第57回カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞を受賞したというので話題を呼んでいますね。 実話を元に
星になった少年(映画館)  (ひるめし。)
彼は、生きました。 夢に向かって急ぐように。 「誰も知らない」からくらべると柳楽くんは大きくなっていたけど演技力は???な感じ。スマイルくんやゾウさんたちの方がいい演技してたような・・・。 武田鉄矢が「子供」と「動物」には勝てないって言ってた。私もそう思う
映画「星になった少年」 (おやつは300円までよ。)
僕は、夢に生きる。 監督:河毛俊作 原作:坂本小百合 出演:柳楽優弥、常磐貴子etc... Official Site 7/16、公開 象のランディと一緒に生きた、日本初の象使いの少年、哲夢。 実話から生まれた、感動の大作です。 実在の主人公・哲夢を演じるのは昨年、
星になった少年 (CINEMA正直れびゅ)
観ようかどうか迷ってた。あんまり興味なかったのよね。でも今週は他に何もないし、柳楽優弥くんも出てるしなんで、レイトで観てきました。
星になった少年 (future world)
「子供と動物にはかなわんよ。」~~まさしくその通り。 動物園では必ず観るぞうさん、殆どが柵の内側に溝を掘られて距離も遠く間近で観れなくて親近感無かったけど、アジアゾウがこんなに可愛くて賢いとは知らなかった。 これも‘タイのゾウ使い’さんたちの訓練の賜物
星になった少年★★★★象と触れ合ってみたくなる映画でした。 (kaoritalyたる所以)
映画館に行くたびに予告で見ていた映画、星になった少年 をレイトショーで観てきました。遅いので感想はサクッと。予告で見ていて泣き所のありそうな映画だと思っていたけど、物語の後半までは結構、淡々としている気がした。主人公、テツの母親は子連れ再婚、色々あるだ...
星になった少年 (毎週水曜日にMOVIE!)
再びポイントが6つたまったので(!)無料鑑賞に娘と出かけました。 「星になった少年~Shining Boy and Little Randy」です。 2年ほど前、ズームインSuperで、この原作者のお母さんが勝浦に象のための終の棲家を作ったという特集をやっていました。息子の遺志をつ
星になった少年 (a story)
主演柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、倍賞美津子、蒼井優 監督河毛俊作 脚本大森寿美男 製作2005年、日本 エレファントボーイ 実在した象使いの少年の短い人生を描いた作品。 動物プロダクションの長男小川哲夢(柳楽優弥)は、母佐緒里(常盤貴子)が象を購入したこ
星になった少年 (映画のページ)
http://www.randy-movie.com/index.html 実話に基づいた作品のようですね。 どんな内容か全くわからぬまま行ったので、 ………泣きました。動物ものには弱いのです。 ”テツ”(主人公)の人生って普通じゃ味わえない経験ばかりだな… 平凡に毎日過ごしている私には希望を与
星になった少年~Shinning Boy&Little Randy~ (にわうたぶろぐ)
星になった少年 ~Shinning Boy&Little Randy~ 坂本龍一 ワーナーミュージック・ジャパン 2005-07-13 by G-Tools  昔から動物もの、ノンフィクションは弱いのであります。実際予告を見ただけで泣けてきたこの作品。公開されるのをずっと楽しみにしてました!
星になった少年 Shining Boy & Little Randy (まつさんの映画伝道師)
第162回 ★★★☆(劇場) 【A面】  阪神大震災。  連日、空は曇り、厳しい寒さは一段と増しつつあった。  そして、非情にも小雪が舞い始めた。  悲しみよりも、自分たちが生き続けることに必死となる毎日。  そんなある夜、空は晴れ渡り、崩
星になった少年 Shining Boy & Little Randy (まつさんの映画伝道師)
第162回 ★★★☆(劇場) 【A面】  阪神大震災。  連日、空は曇り、厳しい寒さは一段と増しつつあった。  そして、非情にも小雪が舞い始めた。  悲しみよりも、自分たちが生き続けることに必死となる毎日。  そんなある夜、空は晴れ渡り、崩
星になった少年 Shining Boy & Little Randy 【概論】 (まつさんの映画伝道師)
第163回 ★★★☆(劇場) 【B面】 (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「偶然なんですが、僕は哲夢さんの弟さんと一緒に仕事をしたことがあったみたいなんですよ」  継父・耕介役の高橋克実はインタビューでそう答えていた。  主人公・
星になった少年 (王様の耳はロバの耳)
気を取り直して!『星になった少年』です♪「泣かせてやるぜ~~ウヒヒ」魂胆丸見え映画なのかな~っと思いきや登場人物もムダに泣いたり叫んだりする事なく、すごいヤマ場があるわけでもなく、坂本教授の音楽も、あざとくなくて淡々と進んでいく、ホントにドキュメントタッ
映画『星になった少年』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
『星になった少年』 (TOY BOX)
またまたレディースディ、朝イチで映画館に行きました。駅から近い方の映画館では、朝イチの分が既に完売だったため、そこから10分ほど歩いた映画館へ。1件目より35分遅れの上映だったため、座席確保できました。 TVCMを見て、多分ここで泣くんだろうな~と思っていた場面で
星になった少年 (cococo)
坂本龍一の曲のせいで(?)、最初からぼろぼろ泣き通しの映画でした。ゾウも、ゾウ使
星になった少年 Shining Boy and Little Randy (利用価値のない日々の雑学)
すごい作品だった。予告編を何度も観ているから、「泣き」のポイントが何処だか分かっていて、しかもその場所の直前でも「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」と分かっていたにも係わらず、涙だけでなく鼻水まで止まらなくなった。すごい、常盤貴子って一体何者なんだろう。
43-星になった少年 (徒然日誌)
「星になった少年」という映画を見てきた。東宝のただ券を使い損ねないように、時間が空いたらこの映画に行くと決めていた(というのも、もう一つ東宝でやっている「宇宙戦争」は見に行かないことを決めているから!(笑))。少し空きができたので、ちょいと行ってみた。
ドツボにはまってしまった・・・星になった少年 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
あー、予め申し上げておきますが、今回の映画紹介はかなり個人的思い入れ が強いので、「これから観に行こうかなー」と思っていらっしゃる方の 参考にはならないかと・・・。 もうさあー、ドツボにはまっちゃって、ほとんどずっと号泣よ。 「恋する惑星」で、金城くんが「女
やっぱり柳楽優弥でしょ!!!…「星になった少年」 (chihana\'s room-BOOK,MOVIE and MORE)
柳楽優弥はほんとドキュメントがいい。「星になった少年」です。 柳楽くんはその与えられた人物を等身大で描いているからだ。それも自然に。 もうひとつ。 眼にチカラがある。 強い、つよい、意志を持った、眼。 こどもと動物ものはずるい、といわれる。数字がとれ
星になった少年 (まきまきにっき)
今年44本目の映画「星になった少年」を友人と見に行く。 小川哲夢(柳楽優弥)の両親は動物プロダクションを経営している。母・佐緒里(常盤貴子)、継父・耕介(高橋克実)、祖母・朝子(倍賞美津子)、そして姉、妹、弟との生活は決して楽ではなかったが、生来の動物...
「星になった少年」 (Lee-ji SPsp)
久しぶりの試写会!@パヴェリア そぅ、この日は前期山場のゼミ前日。 すっごく悩んだあげく、「誰も知らない」で柳楽くんのさすがはカンヌ男優の抜群の演技力に惚れこんだ私としてはどうしても行くしかなかった。 勿論、行き帰りのバスや待ち時間の間はずっと論文
星になった少年☆独り言 (黒猫のうたた寝)
柳楽くん主演だし、予告ですでに涙ぐんでしまったし(自爆) 『星になった少年』観に行ってきました タイトルから、もう主役の少年は短い生涯を閉じてしまってることは^^;;;わかっちゃってるし うーーん、、、 とは思いつつ・・・いい映画でした(笑) 哲夢が...
星になった少年 Shining Boy & Little Randy (phungky [ファンキィ])
これはビデオじゃダメですよ。映画館で見てください。 こんなに感動したのは北京ヴァイオリン以来です ストーリーですが、動物プロダクションの家で育った哲夢は、ゾウのコトバを感じることができ、もっと意思を通...
星になった少年 (シネクリシェ)
 実話を映画化したものというふれこみの作品には、構えてかかることにしています。事実であることに甘えている作品が多いからです。残念ながら、日本
映画「星になった少年」 見ました (存在する音楽)
映画自体を久しぶりに映画館で観てきました。 ここで述べていますが、hideさんと同様に僕も坂本龍一のサントラアルバムを買ったんですが、映画は観に行かないままだったんですけど、遂に観ました。 何人もの方が「泣いた」と言われていましたが賛否両論がありまし...
星になった少年 (ゆみんこ日記)
今晩も映画鑑賞にいってきました。今回は『星になった少年』。日本初の象使いの少年・哲夢(てつむ)くんと、子象・ランディの実話からうまれた映画です。主演は柳楽優弥(やぎらゆうや)。「誰も知らない」に続き、実話からうまれた映画、第2弾に出演です。今から20年...
星になった少年 [感動したパオーン] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
私の好きな動物ランキング。 1位 ペンギン(皇帝ペンギンとかアデリーペンギンとかヒゲペンギンとか色々いるけど、まとめて1位) 2位 シロクマ で3位はこないだまではアザラシだったけど、今はゾウになりました。 なお、「象だゾウ」と言ってはいけません。そう言うのは世の
星になった少年 (aRt de ECO [アール・デ・エコ])
 「星になった少年」  といえば、「スター★にしきの」を思い出す人は、    おしいっ。  いや、おしくない。  むしろ、おいしい。     でも実は、ここだけの話、  誰もが「心」癒され、胸がいっぱいになる、象と少年の話。    でも実は、ぼくだけの話
星になった少年 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
言わずと知れた、柳楽優弥が主演して話題になっている作品で、やっと、観に行くことができました。 最近、私の人生の中では、結構なペースで映画を観ているのですが、頻繁に映画を観始めるきっかけになったのがデビュー作の「誰も知らない」でした。公開されて、かなりた
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ
映画のご紹介(32) 星になった少年 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(31) 星になった少年 星になった少年を観た。 『誰も知らない』でカンヌをうならせた期待の新人柳楽優弥君の新作。 ストーリー(公式ホームページより)  猫、ポニー、牛、ロバ、羊、
『星になった少年』 (PEACH PEACH DIARY)
ようやく見て来ました。 『誰も知らない』で柳楽優弥くんにとらわれてしまい、 もちろんDVDも買ってしまっているわけですが…。 『誰も知らない』がすごく良かったのは、 ドキュメンタリーのように撮った映画の作り方だったんだろうなぁと思ってたので、 彼が他の.
これもフジTVガラミだよ・・・ (宇宙のめいぐると)
本日は「星になった少年」デス。 若くして世を去った日本人ゾウ使いの生涯を描いた感動作。 もしあなたが「誰も知らない」を観てなくて カンヌ主演男優賞を取った柳楽クンの演技を見に来るのなら、 この映画は肩透かしです。 柳楽クン自体は悪くないんだけどね。 アッサリ
星になった少年~Shining Boy and Little Randy~ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
ゾウさんのつぶらな瞳と豊かな自然の映像、 またそれにぴったりな坂本龍一教授の雄大な音楽…。 これだけの予告でも惹かれましたが、 さらに主演は「誰も知らないNobody Knows.」で 第57回カンヌ映画祭にて、 最年少で主演男優賞を受賞した柳楽優弥くん。 受賞後初...
『星になった少年』観てきました (Cafe De Bangkok)
最近は日本の映画づいていますが、 サイアムのLIDOにて『星になった少年』を観てきました。 最年少でカンヌ最優秀男優賞受賞を受賞した柳楽優弥さんが主演のこの映画、 タイでのロケもあったということでどんな映画だろう~。 と仕事の後にAちゃんとYさんと観てきまし
もし今生きていたらどんな像使いになっていただろう? (オールマイティにコメンテート)
この話は実話という事で13年前に像使いになろうとしていた少年がいた事に驚かされた。その少年を演じているのが誰も知らないで一躍有名になった柳楽優弥、少年の母親を演じたのが常盤貴子と常盤さんが大きな少年の母親役を演じるような歳になったのがちょっとショックだっ.
星になった少年 (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
      星になった少年(2005年、東宝)   http://www.randy-movie.com/index.html 監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克美、蒼井優、倍賞美津子、他          千葉県東金市にある小川動物プロダクション。 そこはテレビやショーに
映画「星になった少年」 (DIARY不思議島より)
「星になった少年」を観てきました。 夏休み&レディースディということで、映画館は今までで一番混んでいました。 この映画は実際にあったお話がベースになっているので、 淡々とお話が進みます。 最後はタイトルの通り、柳楽優弥扮する少年が星になってしまうお話。 製作
星になった少年 (LOVES☆MOVIE)
柳楽優弥 河毛俊作 常盤貴子 Amazonで詳しく見るby G-Tools ●本日も最新DVD、星になった少年を見ました☆
「星になった少年」 (映画とワンピースのこでまり日記)
両親が動物プロダクションを営む哲夢は、子ゾウ・ランディとの出会いを機にゾウ使いになる夢を抱き、タイのゾウ訓練センターへ留学するが…。いやぁ、泣かせられました話自体は、ある男の子が小象のランディと出会って、タイに行って象使いになり、その短い人生を綴ったもの
星になった少年 (Extremelife)
実話を基に、日本人初のゾウ使いとなり、二十歳で夭逝した少年・坂本哲夢をめぐる感動の物語を映画化。ゾウ使いを志す少年と動物たちとの触れ合いや家族との絆、年上の女性との淡い恋の行方を温かなタッチで綴る。原作は哲夢の母・坂本小百合が著した『ちび象ランディと星...
星になった少年 (my life of my life)
星になった少年監督:河毛俊作出演:柳楽優弥 , 常盤貴子 , 高橋克実 , 蒼井優Story日本人初のゾウ使いの道を歩きながらも20歳で夭逝した少年の物語を、柳楽優弥主演で映画化した感動ドラマ。両親が動物プロダクションを営む哲夢は、子ゾウ・.
NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) (サーカスな日々)
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であった
NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) (サーカスな日々)
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であった
星になった少年 (kae-ruのBlog)
前から観たかった「星になった少年」のDVDを観ました 小川哲夢(柳楽優弥くん)は、家族思いの優しい少年だったが、両親の不和や小学校でのいじめが原因で、内にこもりがちだった。しかし、ある時両親が経営する動物プロが購入した仔ゾウ・ランディと出会い、その神秘的.
星になった少年 (□■Honey March■□)
{/star/}{/star/} 2005年 監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥、常盤貴子、倍賞美津子他 1989年、千葉県東金市。家族経営の小さな動物プロダクション“小川動物プロダクション"に、母・佐緒里の長年の夢であった2頭の象、ミッキーと子象のランディがやって来た。象たちと仲...
星になった少年 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「星になった少年」(河毛俊作:監督)  星になった少年 スタンダード・エディション東宝このアイテムの詳細を見る  「誰も知らない」でカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞し  一躍注目を集めた柳楽優弥クンの主演第2作。  両親が動物プロダクシ...
「星になった少年」 (日々のつぶやき)
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥、常盤貴子、蒼井優、高橋克実 先月ケーブルテレビで放映してたのでそれを録画して見たのですが・・ 途中がすっぽりとないような・・多分・・いや絶対。 「1989年、動物プロダクションを営む小川家。ある日ゾウのランディがやってき
星になった少年 (ナナメモ)
星になった少年 スタンダード・エディション JUGEMテーマ:映画 製作年度: 2005年 監督: 河毛俊作 上映時間: 113分 出演: 柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優 学校でいじめにあっていた哲夢(柳楽優弥)だったが、両親が経営する動物プロダクシ...
星になった少年 Shining Boy & Little Randy (タケヤと愉快な仲間達)
監督:河毛俊作 出演:柳楽優弥、常盤貴子、高橋克実、蒼井優、倍賞美津子 【解説】 カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた柳楽優弥の最新作。自らの意志でタイに渡り“ゾウ使い......