京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ペネロピ』

2008-03-24 00:18:52 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ
□監督 マーク・パランスキー
□脚本 レスリー・ケイヴニー
□キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース・ウィザースプーン

■鑑賞日 3月20日(木)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 なんだかシンデレラのようなストーリーなんだけど、今ハリウッドの女優で一番豚鼻の似合うのはクリスティーナ・リッチ以外いないだろう(笑)

 だって、実際に永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性が現れて、豚鼻が元に戻ったとき、逆に不自然な感じを受けたのは僕だけだろうか(笑)

 この手のストーリーって違うシチュエーションでもよくあるけど、クリスティーナ・リッチがこのオファーをよく引き受けたと感心する。 一応二の線ではない女優だけど、でもポッチャリ系のまあまあかわいいところに位置するんだと思うんだけど、これがドリュー・バリモアだったら反感かってしまうのかなぁ(笑)

 お相手役のマックス(ジェームズ・マカヴォイ)も最初はきたない男だったが、段々といい男に変わっていくところが面白いし、実際誰に似ているのだろうか最後は結構イケメンに思えてきた。 そっか、彼、『ナルニア国物語』であのタムナスさんを演じていたんだ。 今回のアカデミー賞作品賞にノミネートされた『つぐない』でもキーナ・ナイトレイと共演しているんですね~。 

 彼女の母親役のキャサリン・オハラ。 こういうコメディタッチの役がお得意だけど、この人が登場するとどうもホーム・アローンを思い出してしまって(笑) 

 今や超一流の稼ぐ女優となったース・ウィザースプーン。 この映画ではチョイ役ながらもしっかり
ペネロピをフォローする役回りで出演しているが、彼女、この映画の製作者としての立場からも、映画を盛り上げるため一役買っていたのだろう。
 
 この映画でポイントとなったのは、最初はどこの新聞社よりも先にペネロピの写真を撮って特ダネをゲットしようとあの手この手で策略を組んでいた新聞記者のレモン(ピーター・ディンクレイジ)だ。 彼女を追っていくうちに、最初はまわりのガセネタに翻弄されていたが、途中から彼女に対する見る目や捉え方が変わってくる。 最後のボートのシーンはなかなか笑わせてしみじみさせてくれる。
 そして、マックス(彼は挫折)以上に、レモンは小さい頃からその身体的部分で、ペネロピ同様にコンプレックスと社会的イジメに合って来たんだと思う。 だからこそ取材を進めるうちに彼女の辛さがまるで自分のことのように、身に沁み心に沁み込んできたのだろう。

 この映画のあとに実は『魔法にかけられて』を観たんだけど、ある意味この映画もシンデレラ・ストーリー的展開という点では似ていたんだと思います。 ハートウォーミングな映画でした。

 しつこいようだけど、あの豚鼻、不自然でないのはやはりクリスティーナ・リッチ以外には考えられない(笑)


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤坂サカス | トップ | 山王日枝神社/赤坂 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (あすか)
2008-03-24 13:59:54
こんにちは。
私もちょうど観ました。
可愛かったですよね。
私も、クリスティーナほどこの役があってた女優はいないんじゃないかと思います!
豚鼻可愛かったし(笑)

ですよね~ (cyaz)
2008-03-24 17:32:46
あすかさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>可愛かったですよね。 私も、クリスティーナほどこの役があってた女優はいないんじゃないかと思います!豚鼻可愛かったし(笑)
ですよね~ 悪い意味ではなく彼女しか出来ない役でした! なんだか前作より少し痩せたような気がしたんですが、どう感じました(笑)?
Unknown (ぷくちゃん)
2008-03-24 18:21:03
こんにちは。トラックバックありがとうございました。

本当に楽しく観ることができました。ロンドンの風景が幻想的で素敵でした。
人は~ (cyaz)
2008-03-24 21:59:00
ぷくちゃんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>本当に楽しく観ることができました。ロンドンの風景が幻想的で素敵でした。
そうですね^^ 人は見た目じゃない・・・ですよね~
TBありがとうございます (tacca884)
2008-03-25 01:04:06
TBいただき、ありがとうございます。

なるほど、確かにシンデレラストーリーですね。しかし、いろいろこの映画のコメントやブログを見ますがほとんどがブタ鼻のペネロピちゃんの方がいい!という感想が多い(同感)。

僕もレモンがいい味を出していると思います。あの人の存在が映画をひきしめて面白いものにしてくれる。
たしかに~ (cyaz)
2008-03-25 08:32:26
tacca884さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>なるほど、確かにシンデレラストーリーですね。しかし、いろいろこの映画のコメントやブログを見ますがほとんどがブタ鼻のペネロピちゃんの方がいい!という感想が多い(同感)。
確かにそうですね(笑) そもそもクリスティーナ・リッチ、その素質がありましたから(笑)

>僕もレモンがいい味を出していると思います。あの人の存在が映画をひきしめて面白いものにしてくれる。
彼も背の低いところがコンプレックスである意味同じ辛さが理解できたんでしょうね!
Unknown (moriyuh)
2008-03-27 11:35:32
こんにちは。
いつもありがとうございます。

>途中から彼女に対する見る目や捉え方が変わってくる。 最後のボートのシーンはなかなか笑わせてしみじみさせてくれる

とてもほのぼのでしたね。
優しい気分にさせてくれた作品でした。



かわいらしく~ (cyaz)
2008-03-28 08:17:44
moriyuhさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>とてもほのぼのでしたね。優しい気分にさせてくれた作品でした。
後味の悪くない映画でしたね^^
クリスティーナ・リッチが可愛らしく見えました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
映画レビュー「ペネロピ」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆風変わりなおとぎ話でキュートなラブロマンスは、豚の鼻を持った女の子が主人公。ポップな映像が楽しい。 【65点】  裕福な名家に生まれながら、先祖がかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ。何とか結婚させて呪いを解こうと...
『ペネロピ』('08初鑑賞36・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 3月15日(土) 109シネマズHAT神戸シアター5にて 17:05の回を鑑賞。{%リボンwebry%}
Penelope (2006)/ペネロペ (epiphany)
【邦題】ペネロペ 【あらすじ】イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ。彼女の鼻と耳はなんと豚のそれだった。ウ...
ペネロピ/PeneLope (描きたいアレコレ・やや甘口)
可・愛・い・お話。恋とそれだけでなく自分のためのおとぎ話。 これを観た女の子(心だけ女の子でも大丈夫w)は、心の宝石箱にしまいまし...
ペネロピ (eclipse的な独り言)
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ
ペネロピ (to Heart)
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
「ペネロピ」ロマンティック・フェアリーテイル (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 曾々々々お爺さんが犯した過ちによる呪いで 豚の鼻をもって生まれてしまったペネロピが 真実の愛を見つけ、呪いを解くまでのロマンティックなお伽噺。 主人公ペネロピを演じるのは クリスティーナ・リッチ。 豚鼻でさえキュートに見えてし...
ペネロピ (2006・イギリス) (白ブタさん)
かわいい{%びっくり1webry%}{%ハート2webry%}
ペネロピ (たかお=うどイズム)
あるがままの自分の素晴らしさに気づいたら幸せはやってくるというおとぎ話。 マーク
ペネロピ/クリスティナ・リッチ (カノンな日々)
予告編からして面白そうな予感アリアリだったけど、ヒロインの豚鼻は呪いの魔法によるというファンタジーだと知ってさらに期待値さらにアップしちゃって優先順位も繰り上げちゃいました。 出演はその他に、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディ...
「ペネロピ」~呪いはホントにあるぜ、しかも効く!~ (foxbase alpha)
現実世界の舞台で呪いにより豚顔になっている主人公というのは、どうしても宮崎監督「
ペネロピ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ありのままの私じゃダメなの?・・・豚の鼻を持って生れたペネロピは、街へと飛び出した。新しい自分と出会うために、そして恋をするために・・・。 社交界でも注目を浴びる裕福な名家、ウィルハーン家の一人娘として生れたペネロピ。ウィルハーン家には古くから言い...
ペネロピ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ありのままの私じゃダメなの?・・・豚の鼻を持って生れたペネロピは、街へと飛び出した。新しい自分と出会うために、そして恋をするために・・・。 社交界でも注目を浴びる裕福な名家、ウィルハーン家の一人娘として生れたペネロピ。ウィルハーン家には古くから言い...
『ペネロピ』:ありのままの自分を受け容れるということ:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
いま、ここにいる自分は本当の自分ではなく、本当の自分は素晴らしい力(か何か)を持っているに違いない、というようなファンタジーが苦手なわたしには、この作品はとても好ましく思えました。
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
「ぺネロピ」 (或る日の出来事)
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい...
★ペネロピ(2006)★ (CinemaCollection)
PENELOPE上映時間101分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(東京テアトル=デスペラード)初公開年月2008/03/01ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見ていた──恋することを。【解説】先祖を巡る因縁が元で....
映画 『ペネロピ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、...
「ペネロピ」 (てんびんthe LIFE)
「ペネロピ」試写会 テアトルタイムズスクエアで鑑賞。 全然知らなかったんですが、リーズ・ウィザースプーンが、いきなり画面に個性の強い脇役で登場したので、一体これは何事か…と思ったら、彼女プロデューサーだったんですね。 エンドロールにもシッカリ、プロデ...
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました~。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
★「ペネロピ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クルスのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
[映画] ペネロピ (Wheat and Chaff)
ペネロピ 遠く昔の先祖の犯した罪から魔女に呪いをかけられ、豚の鼻を持って産まれた女の子の、ずっと部屋に閉じこもっていたところからの開放による心境の変化と、恋についての物語。 いやあ、なかなか面白かったですよ。映像も綺麗だし、女の子が好きそうなストー...
「ペネロピ」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/イギリス  監督/マーク・パランスキー  出演/クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      リース・ウィザースプーン  昨年のGTFで予告を観て以来半年間、ずーっと観たかった作品。ようやく観ることができたのですが、想像...
ペネロピ (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ペネロピ/PENELOPE 2006年/イギリス、アメリカ/101分 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティナ...
ペネロピ (5125年映画の旅)
貴族の家系に生まれた少女・ペネロピ。彼女は先祖が受けた魔女の呪いによって豚の鼻を付けた姿で生まれてきた。彼女の呪いを解く方法はひとつ。高貴な身分の者が彼女を愛する事だった。世間から隠れながらも、ペネロピは運命の男性を見つけるべく数々の縁談を試みるの...
ペネロピ(映画館) (ひるめし。)
豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見てた――― 恋することを。
映画:ペネロピ (駒吉の日記)
ペネロピ(テアトルタイムズスクエア) 「本当の私じゃない」 現代版カエルの王子様、そのとーりなのですが、腹の据わり方がハンパない。先祖の不誠実のせいなのにグレたりせず、冷静に自分をみつめて、逞しくて。まあ呪いをかけられた王子様よりお姫さまがしっかり...
『ペネロピ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
自分にとっては珍しく、昨日の夜も仕事帰りに映画鑑賞。2夜連続で映画鑑賞するなんて奇跡だ(笑)。ということで、新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。公開1週目だけレイトショーをやっていたので、それ狙いで。それにしても、水曜レデ...
『ペネロピ』 2008-No20 (映画館で観ましょ♪)
ナルニアのタムナスさんが人間になってブタさんに恋をした。 タムナスさんたらステキになってる♪ 魔女に呪いをかけら...
ペネロピ シネマート 2008.2.28 (◆JOY◆ ~映画鑑賞日記?~)
あらすじ:裕福な名家に生まれながら、先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻を持って生れてきたペネロピ。両親は何とか結婚させて呪いを解こうとするが、やってくるのは財産目当ての男たちばかり。しかし、そんな彼らもペネロピの姿を見ると、窓から飛び出して逃げ...
38●ペネロピ (レザボアCATs)
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。
「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、...
ペネロピ (なんちゃかんちゃ)
『モンスター』のクリスティーナ・リッチ主演の移植ロマンス。ブタの鼻と耳を持つ女性が逆境を跳ね除けて前向きに生き、恋をつかむ姿をポップな映像のなかで映し出す。
ペネロピ を観ました。 (My Favorite Things)
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって…
『ペネロピ』を試写会で観賞 (エミー・ファン!ブログ)
ペネロピ/Penelope 2008/3/1公開 公式http://www.penelope-movie.com/ Penelopeといえばペネロペ・クルスですがこの『ペネロピ』はクリスティーナ・リッチ ...
ペネロピ (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 予想通りの展開だけど、それが大満足[:るんるん:] コンプレックスは誰にでもあって、ありのままを受け入れることが大事っていう、これまたよくあるテーマ。 でも、なんだかとにかくほわ~っとした気持ちになれる映画。 最初から最後までか...
「ペネロピ」 (小さな街から)
裕福な家庭に生まれながら、先祖の悪行のために呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)。 呪いを解くためには、彼女と同じように家柄の良い男性に愛されなくてはならないので、母親が中心となり、お見合いを繰り返します
ペネロピ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ブタ鼻姫直伝!コンプレックス打開法♪  
『ペネロピ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 小学生くらいの頃に観ていたら、「うわぁ! 素敵な映画だった!!」と、瞳をきらきらさせて感動していたかも。 『ペネロピ』 "PENELOPE" 2006...
ペネロピ (迷宮映画館)
惚れてしまいました・・・。ポっ。あーーー、またひとりコレクションに加えなくっちゃ。
ペネロピ (knockin' on heaven's door)
Penelope 先祖にかけられた呪いのため、豚の鼻を持って生まれた名家の娘・ペネロピ。呪いを解き、幸せを得るための鍵はどこに隠されている? お姫様はいつでも王子様を待っている・・・でもハッピーエンドは自分自身の手で掴むもの。カラフルな映像世界に彩られた、...
ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ) (美味!な日々)
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね~。数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。
ペネロピ (Diarydiary!)
《ペネロピ》 2006年 イギリス映画 - 原題 - PENELOPE 5代前の
呪いは自分の心にある (CINECHANの映画感想)
86「ペネロピ」(イギリス)  イギリスの名家ウィルハーン家の一人娘として生まれてきたペネロピ。ウィルハーン家に古くから言い伝えられてきた恐ろしい呪い、それが現実としてペネロピに降りかかり、彼女の耳と鼻は豚のようだった。娘を守りたい一心で、両親はペネロ...
『ペネロピ』 (Gingham Notes)
『ペネロピ』を観ました。 ウィルハーン家の令嬢、ペネロピ。ブタの鼻と耳を持って生まれました。それは先祖が魔女にかけられた呪いのせい。両親は大衆の好奇の目から娘を守るため、彼女が死んだことにして嘘の葬儀を行います。こうしてペネロピは世間からは隔離され、...
【劇場映画】 ペネロピ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 社交界でも注目を浴びる名家・ウィルハーン家に、ブタの鼻と耳を持ったペネロピが生まれる。娘をマスコミや世間から守るため、両親はペネロピを死んだ事に。こうして彼女は、屋敷の中だけで生きてきた。先祖の悪行によって一族にかけられた呪いを解く方法...
「ペネロピ」感想 可愛らしいミニシアター系映画 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
なかなか可愛らしくて、面白い映画でした。 クリスティーナ・リッチは、こういう役に、すごくハマる。
『ペネロピ』 (2006) / イギリス (NiceOne!!)
原題:PENELOPE監督:マーク・パランスキー脚本:レスリー・ケイヴニー出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、リチャード・E・グラント、リース・ウィザースプーン鑑賞劇場 : シネカノン有楽町2丁目公式サイトはこちら。<St...
東京で「ペネロピ」 (粒太の背中)
東京駅で3時間ツブそうと思ったら・・新大久保!でも、、、ひとりでは、つまんないので東京に詳しい(爆)粒太は映画を観ました「覆面ダルホ」を観たかったけど六本木までは 往復一時間はみておかなくては(東京にくわしい、、ネ) ので有楽町へ出て シネカノンで「い...
ペネロピ ( Art- Mill  あーとみる)
ペネロピHP http://www.penelope-movie.com/ 圧倒的に若い女性が多かった。気軽に楽しむ「自分探しの映画」。 現代風おとぎ話といってもいい。例によって「魔女の呪い」があるが、それは
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
ペネロピ (Matthewの映画日記?)
『ペネロピ』観てきました。 あらすじは、 名門ウィルハーン家の先祖が小間使いに手を出し妊娠させたため、責任を取って「彼女と結婚する」と宣言するも、周囲の人間に笑われたことにより、結婚の話を反故にして、別の貴族の女性と結婚してしまった。絶望した小間使いは...
ペネロピ (心のままに映画の風景)
イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、 先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの...
ペネロピ (シャーロットの涙)
ありのままに・・・
ペネロピ (Blossom Blog)
ペネロピ PENELOPE 監督 マーク・パランスキー 出演 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ     キャサリン・オハラ ピータ...
ペネロピ (映画鑑賞★日記・・・)
【PENELOPE】2008/03/01公開製作国:イギリス/アメリカ監督:マーク・パランスキー出演:クリスティナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リース・ウィザースプーン 好きになりたい。 豚の鼻を持って生まれてきた私は...
『ペネロピ』(DVD) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【PENELOPE】 2006年/英・米/東京テアトル=デスペラード/ 101分/'08年9月17日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
ペネロピ (小部屋日記)
Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ありのままの私じゃダメなの? コメディタッチの現代のファ...
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
『ペネロピ』 (Sweet*Days**)
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・...
自分らしく、ありのままで~『ペネロピ』 (真紅のthinkingdays)
 PENELOPE  名家の一人娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)は、先祖に掛けられた呪いの為に、 豚の鼻をして生まれてきた。まさに「深窓...
ペネロピ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな...
『ペネロピ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:103分  原題:PENELOPE  配給:ブエナビスタ  監督:マーク・パランスキー  主演:クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      キャサ...
ペネロピ (りらの感想日記♪)
【ペネロピ】 ★★★★☆ DVD(1)ストーリー イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女
「ペネロピ」 Penelope (俺の明日はどっちだ)
昨年の公開時に見逃して以来ずっと縁がなかったキュートなファンタジームービー。 どこかティム・バートン作品を思い起こさせるオープニングのウィルハーン家の歴史を簡潔に紹介するシーン、これが素晴らしい出来。 とにかくこういう独特の世界観は大大大好きで、全体的...
ペネロピ (悠雅的生活)
彼女を救えるのは誰?
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
【DVD】ペネロピ (映画かぶれでいきまっしょい!)
Amazon.co.jp ウィジェット 「自分を好きになる事の大切さ」 数代前の先祖のおかした罪により 呪いにかけられ「豚の鼻」を持って生まれて しまった良家のお嬢様ペネロピ。 呪いをとくためには同じく良家の人に 愛されなければならない。 お見合いを繰り返すペネロ...
『ペネロピ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ペネロピ 先祖の呪いで生まれつきブタ鼻を持った 女性の物語。 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 両親の庇護のもと、家の中に幽閉され...
ペネロピ (★maemixing★)
『グレイズ・アナトミー』を見てたらクリスティーナ・リッチが出てきたので、彼女が出てる作品のレビューを前のblogから ということでまずは可愛い作品のペネロピ 名家・ウィルハーン家には、先祖の悪行によって魔女にかけられた呪いがあった。それは次に生ま...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...