京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『世界の果ての通学路』

2014-05-24 00:05:24 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「世界の果ての通学路

□監督 パスカル・プリッソン
□脚本 マリ=クレール・ジャボイ、パスカル・プリッソン

■鑑賞日 5月11日(日)

■劇場 シネスイッチ銀座
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  この映画は絶対に観たい映画でした。 でも川崎のシネコンでは上映されないので、
  銀座まで出かけて観ました。 シネスイッチはホント久しぶりです。

 学校に行くのに数10キロ???
 狭い島国我がニッポンでは考えられないこと。
 それでもそこに住む子供たちは、それが当然の如く、歩いて、或いは馬に乗って
 通学する。 時に、ライオンやゾウに対峙しながらも、危険を侵しつつも、
 学校が好きだから、学校が楽しいから、ひたすら歩き続ける。

 たとえばケニアのサバンナを、命懸けで駆け抜けるジャクソンとサロメ兄妹。
 見渡す限り、誰一人いないパタゴニア平原を、妹と共に馬に乗って通学するカルロス。
 モロッコの険しいアトラス山脈を越えて、女友達3人と寄宿舎を目指すザヒラ。

 なかでも、幼い弟たちに車椅子を押されならが、舗装されていない道を学校に
 向かうインドのサミュエル。 誰一人文句も言わず、学校に着いたら友達たちが
 彼らを温かく迎えてくれる。
 おそらく、彼らの学校生活には「イジメ」という言葉は皆無だろう。
 確かに学校とは勉学に勤しむ場所だ。 だけど、それ以前に楽しい所でなければ
 意味がない。
 学習風景を見ていても、まず日本のように整った環境でないことは一目瞭然。
 それでも子供たちの表情は活き活きとして、楽しそうだ。
 学校とは楽しい場所だ。 だからこそ、毎日毎日危険と背中合わせの通学路を
 彼らは進んでいくのだ。

 13歳のジャクソンの将来の夢は飛行機のパイロットになることだという。
 また、10歳のサロメちゃんじゃ将来、博士になりたいそうだ。
 彼らのインタビューの中の言葉に、「私の両親は飛行機に乗ったこともない
 けれど、頑張って私を学校に行かせてくれた。 一生懸命勉強して、私が
 彼らを助けたいし、国にも貢献していきたい。」と。
 こんなことを言える日本人の子供がいったい何人居るのだろうか?

  何度か、こういった映画を観たときに書いたのだが、こういう映画こそ、
  義務教育を受けている全生徒に観せてもらいたい映画だ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東芝未来科学館」/川崎 | トップ | 「コリラックマどんぶり」/ローソン »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバック (かちゃまた)
2014-05-24 19:54:17
トラックバックありがとうございました。
当方、ブログに関して、まだまだ初心者で、
リンクとトラックバックの違いもよく認識出来ていない、体たらくの管理人です。

これをご縁に、時々、拝見させていただきます。
cyazさまはキャリア10年!! 素晴らしいですね。
こちらこそ〜 (cyaz)
2014-05-25 00:53:18
かちゃまたさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>リンクとトラックバックの違いもよく認識出来ていない
いえいえ、ノープロブレムですよ(笑)

>これをご縁に、時々、拝見させていただきます。
ありがとうございます^^
こちらからも、またお邪魔しますm(__)m
初めまして。 (しげもり)
2014-06-22 04:50:54
cyazさん、トラックバックありがとうございました。

この映画、驚くとともに、感心しました。
子どもたちが”夢”へ向けて、険しい道のりを学校へ通う姿。
世界は、広いのだと考えさせてくれます。

ブログ、映画と関東圏のことなど、参考になります。
よろしくお願いします!
こちらこそ〜 (cyaz)
2014-06-22 07:29:45
しげもりさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>子どもたちが”夢”へ向けて、険しい道のりを学校へ通う姿。
世界は、広いのだと考えさせてくれます。
本当に仰る通りだと思います。
何かこの映画が懸け橋となって欲しいものだと思います。

>ブログ、映画と関東圏のことなど、参考になります。
よろしくお願いします!
ありがとうございますm(__)m
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
コレコレ待ってました (sigrag)
2014-06-22 22:59:51
どうもチャズさん
ふむふむ 今月6月いろいろ上映ありまして
今月の一本なんにしよーかなぁ〜といったところ…

>この映画は絶対に観たい映画

ナ〜イス^^『世界の果ての通学路』即断即決!
確かにたまに教育にいい映画ありますよねっ 最近少ない…
銀座ですね これちょいと足ぃー運びますっ

ワールドカップブラジル7月14日あたりが決勝?
なんとなく大穴「チリ」応援しております
サッカー好きが言うところ日本は決勝届カズっぽい残念TT
ぜひ〜 (cyaz)
2014-06-23 08:16:25
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ナ〜イス^^『世界の果ての通学路』即断即決!
確かにたまに教育にいい映画ありますよねっ 最近少ない…
そうですね^^
でも、こんな事実を世界の人々が知るべきです。
特に先進国だと自負している国の人たちは!

>なんとなく大穴「チリ」応援しております
今回は強いですよね(笑)
この映画素晴らしい (sigrag)
2014-06-27 21:29:17
いやぁ〜コレ最高 やっぱチャズさん ほんと映画好き
今月さー 毎度いろいろ上映で迷ってたけど39感謝!

>事実を世界の人々が知るべき

チャスさんの視点 親子連れとか学校の授業にナイス
私は今ちょっとしみったれちゃってる同年代の辺り大人たちへ
これ時間あったらちょいと足ぃー運んでほしいそんな思い

まず映像が自然 日本語訳 コトバなくても多分ほとんど理解できる
ストーリー
 ケニア2人兄弟 マジ毎日が真剣勝負 学校たどり着けばラッキー(笑)
 たどりつくために視力もちろん注意力 象の群れを避けてコース取り(笑)
 蓋が無い水筒に責任観 にーちゃんは弟にサボテンの実をご馳走 それがお菓子(笑)

 モロッコ 女子学生3人 断崖大粒の砂利道 しかも片道4時間
 なぜか一人 出掛けバックに鶏(笑) 途中バザールでお菓子と交換 ナツメやし山盛り(笑)
 しかし道のり あんな悪路じゃ足挫くのは当然 ところが女性はヒッチハイクすらスルーされちゃう

 アルゼンチン 幼い兄妹 馬に乗って通学 広いほんとだっだっぴろい草原
 妹がニーちゃんへ馬の背中 前の方に乗せてせがむ ダメダメ母の言いつけ
 でもちょっとだけ内緒だぞ 妹おお喜び(笑) 途中で馬で通学する仲間と合流ナイス(笑)

 インド 3兄弟 長兄んちゃんは足が不自由でもいい笑顔 通学は弟2人が車椅子を手押し
 川に嵌るは ぼろぼろの車輪タイヤはパンク 思い出しますガキんころの失敗あれこれ(笑)
 何とかめげずに学校到着 それだけで学校の仲間は大騒ぎ「おおお大変だったねぇー」(笑)

>特に先進国だと自負している国の人たちへwww

参りましたm(__)m この映画の子供たちこそ未来 いい未来 安心できますねー

ということで先進国っぽいところにある私ですがワールドカップ がんばれアルゼンチン(援)
自助努力〜 (cyaz)
2014-06-28 08:49:42
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>毎度いろいろ上映で迷ってたけど39感謝!
ユー・アー・ウェルカムです^^

>大人たちへ これ時間あったらちょいと足ぃー運んでほしいそんな思い
アイ・シンク・ソーです!

>ケニア2人兄弟 マジ毎日が真剣勝負
交通地獄はないですがねえ。


>なぜか一人 出掛けバックに鶏(笑) 途中バザールでお菓子と交換 ナツメやし山盛り(笑)
これ、物々交換、原点ですね(笑)

>でもちょっとだけ内緒だぞ 妹おお喜び(笑) 途中で馬で通学する仲間と合流ナイス(笑)
やっぱ兄貴は兄貴です(笑)

>3兄弟 長兄んちゃんは足が不自由でもいい笑顔 通学は弟2人が車椅子を手押し
ある意味、学校は共通の憩いの場なのでしょうね!

>ということで先進国っぽいところにある私ですがワールドカップ がんばれアルゼンチン(援)
先進国だと思っているひんそな島国ですね(苦笑)
毎日ひとつひとつ (sigrag)
2014-06-29 21:00:20
いやーチャズさんブログ更新ごくろう様です(楽笑)
>ある意味、学校は共通の憩いの場なのでしょうね!
そうそう そこんとこありましたね あの活気ある教室ワイワイ雰囲気
学校って本来は楽しい所だから子供たちがウキウキワクワクそれが自然
先ずそういった和があって教師はそこに学問を置くそんな先生のお点前

>先進国だと思っているひんそな島国ですね(苦笑)
はいそうですねーこの映画にヒントがあったんですが豊さっていろいろ
ひんそな島国がずーっと追っかけてる豊さじゃない豊さってホント百千
あいさつ譲りあい世間話おもいやり一礼とか通学路にあるハズですよね
歪み〜 (cyaz)
2014-06-30 08:42:44
sigragさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>学校って本来は楽しい所だから子供たちがウキウキワクワクそれが自然
競争社会が生んだ歪みが大きなクレバスとなって、
またそれを埋めようと“ゆとり教育”なる、
ちゃんちゃらおかしいものを(笑)

>ひんそな島国がずーっと追っかけてる豊さじゃない豊さってホント百千
あいさつ譲りあい世間話おもいやり一礼とか通学路にあるハズですよね
あいさつのできる子、日本にいるんですかねぇ(笑)
育てる親ができないのに、
教える先生もできないのに(笑)
Unknown (Nakaji)
2014-09-23 21:32:19
こんにちは。

本当に義務教育の人たちに見せてほしいって思いました。
なんかキラキラと将来をかたり、勉強できることにとっても感謝してる子供ってこの日本にどれだけいるんだろうって思います。
日本は恵まれすぎですね。
必須〜 (cyaz)
2014-09-23 22:38:50
Nakajiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>本当に義務教育の人たちに見せてほしいって思いました。
ですよねぇ^^

>なんかキラキラと将来をかたり、勉強できることにとっても感謝してる子供ってこの日本にどれだけいるんだろうって思います。
ホント、そうですね^^
学ぶ側だけでなく、教える側にも
必須アイテムの映画だと思いますよ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「世界の果ての通学路」  学べるありがたさ (はらやんの映画徒然草)
予告で観た時から気になっていた作品です。 このドキュメンタリーでは、世界の各地で
世界の果ての通学路 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「世界の果ての通学路」 シネスイッチ銀座 過酷で危険な道のりを通学している子どもたちのドキュメンタリー。 ケニア、サバンナを命がけで駆け抜けるジャクソンと妹。 アルゼン
「世界の果ての通学路」に見る子供たちの志の高さ (酔生夢死浪人日記)
 「化け猫」、「泥棒猫」、「猫ばば」……。善行や美徳に縁のない猫が、飼い主一家の男児を助けてヒロインになった。カリフォルニアでの出来事である。男児の足を噛んだ犬に体当たりをかましたのが牝猫タラで、引き離した後も総毛立ちで威嚇するなど、あっぱれな?忠猫?ぶ...
映画『世界の果ての通学路』 (健康への長い道)
 雨の降る中、久しぶりの映画。最近、本当に観たいと思う映画が少ない。原作や実話に寄り掛かった作品(もう飽きてきた)ではなく、映画オリジナルのフィクションの力を感じさせてくれる作品が観たいと思う今日この頃なのです。  と言いつつ、フランスのドキュメンタリ...
「世界の果ての通学路」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Sur le chemin de l'ecole)興味深い題材で、出来も良い。登校すること自体が“一大アドベンチャー”になっている子供達を取り上げたフランス製のドキュメンタリーだが、子供にとっての教育の重要さを再確認すると同時に、本作が優れたロードムービーであ...
世界の果ての通学路★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『MASAI マサイ』のパスカル・プリッソンが監督を担当し、四つの異なる地域で長時間かけて通学する子どもたちの姿を追ったドキュメンタリー。学校で勉強するため、それぞれ何十キロもの困難な道のりをひたすら進む児童たちの日常を追い掛ける。登場するのは、ケニアをはじ...
世界の果ての通学路 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
世界各国の学校に長時間かけて通学する子供達の姿を 捉えたドキュメンタリー映画「世界の果ての通学路」 が公開、期間限定ながら近くのシネコンで上映して いましたので観に行ってきました。 世界の果ての通学路 原題:SUR LE CHEMIN DE L'ECOLE ON THE WAY TO SCHOOL ...
映画「世界の果ての通学路」 (しづのをだまき)
2012 仏 77分 
世界の果ての通学路 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
世界の果ての通学路 '12:フランス ◆原題:SUR LE CHEMIN DE L'ECOLE ◆監督:パスカル・プリッソン ◆STORY◆ジャクソンと妹は野生の象やキリンを避けながらサバンナを駆け抜け、カルロスと妹は雄大なパタゴニア平原を愛馬でひた走る。ザヒラはモロッコのアト...
世界の果ての通学路 (rambling rose)
ケニアの少年ジャクソンは妹を連れ象のいるサバンナを抜け・・モロッコの少女ザヒラは友達と共に22?の道のりを・・
世界の果ての通学路 (愛猫レオンとシネマな毎日)
フランス発のドキュメンタリー作品になります。 日本では、子供たちが学校に通うことは、当り前の事ですが、世界の片隅では 命がけで、学校に通う子供たちがいることを、この作品は教えてくれます。 ケニアでは、片道15キロのサバンナを、命がけで走り、 アルゼンチ...
『世界の果ての通学路』 (キュートなバアサンになるために)
      公式サイト   ケニアとアルゼンチンとモロッコ、インドの子どもたちの過酷な通学路を追うドキュメンタリー映画です。 ケニアのジャクソンは妹のサロメを連れ、象に襲われる危険のある道を小走りで片道15キロを2時間かけて毎日進む。 モロッコのザヒラ....
世界の果ての通学路 (to Heart)
Sur le chemin de l'ecole(原題)On the Way to School(英題) 上映時間 77分 製作国 フランス 監督 パスカル・プリッソン あなたは信じられますか。毎日往復30kmの通学路を、たった4時間で駈け抜ける兄妹がいることを。 見渡す限り人のいないパタゴニア平原を....
世界の果ての通学路 (映画の話でコーヒーブレイク)
道なき道を何時間もかけて通学する世界の子どもたちを追ったフランスのドキュメンタリーです。 思い起こせば、わたし小学校に行くのに徒歩+バスで小一時間でした。 大阪市内に住んでいましたが、バス停まで15〜20分位だったでしょうか? そこから朝の混雑したバスで停留...