京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『アウトレイジ ビヨンド』

2012-10-21 00:10:21 | 邦画

  

□作品オフィシャルサイト 「アウトレイジ  ビヨンド
□監督・脚本 北野 武
□キャスト ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬 亮、中野英雄、松重 豊、
       小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾 彬、
       神山 繁、田中哲司、名高達男、光石 研

■鑑賞日 10月14日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  前作『アウトレイジ』から約2年。 東日本大震災の影響で公開を遅らせたという作品。
  んんん、前作で死んだのではと思った大友が生きていたんだ
  タケちゃんマンはやはり不死身だったのだろうか(笑)

 
『その男、凶暴につき』までのハードさはないけれど、結構、韓国風「痛い」映画に仕上がって
 いたことは間違いない。
 きっと北野監督は『仁義なき戦い』が大好きだったのだろうし、深作監督へのオマージュ的
 作品として、また自らの『その男、凶暴につき』に近い作品を自らの刺激として加えていた
 のだろう。 それは見た目の暴力的表現と、あくまで同じ言葉の羅列を意識して重ねた
 「言葉の暴力」としての表現で。

 
 前作で死んだはずの大友(ビートたけし)が実は生きていて、死んだと嘘の情報を流してい た
 悪徳マル暴刑事の片岡(小日向文世)が、関東最大の組織「山王会」と、関西を仕切る新登場の
 「花菱会」との間を今度は大友が生きているという話で両組の潰し合いを企てる。
 全ては警察での自分の地位確保のためと、ヤクザからの見返りを得るため。
 この映画では、この片岡がスト-リー・テラー的な役目を演じている。
 狙われるものと狙うもの、取り締まるものと取り締まられるものの間を自由に泳いでいる感じで。
 
 そして、実は山王会会長についた加藤(三浦友和)の策略も後半見事にあぶりだされる。
 加藤の裏切りや、元は大友組の金庫番だった小悪党の石原(加瀬 亮)の台頭。 その石原のことを、
 古株の富田(中尾彬)、白山(名高達男)、五味(光石研)らは目の上のたんこぶになっている。
 しかしながら、加瀬 亮演じる石原もホント鼻に付く感じだったが、やはり勢いだけというところは
 最後のオチに近いところで使われたときに、ああこの役加瀬 亮で良かったんだとナットク(笑)
 
 途中から、以前村瀬組の若頭だった木村(中野英雄)の登場で、そこにいるチンピラの二人、
 桐谷健太と新井浩文の勢いだけのチンピラの絡みも面白い。

 今回、関西を仕切る新登場の「花菱会」花菱会の会長布施(神山繁)、若頭の西野(西田敏行)、
 幹部中田(塩見三省)らもなかなかいい味を出していた。
 ここのところ「いい人」役が多いに西田敏行はいい意味で笑えたし、旧態然事前とした
 昔のヤクザ風味タップリの塩見三省演じる中田もなかなか面白い存在感だった。
 一番、ヤクザとしてはぴったしカンカンだったように思えた(笑)
 また、今回一言もしゃべらない冷徹なヒットマンの高橋克典も珍しくて良かったかなぁ。
 
 まあそれにしても、言葉のキャッチボールがエグい言葉の連投で、なかなか聞き応えがあったけど、
 これもある意味『仁義なき戦い』を彷彿とさせるものだった。 広島弁ではなかったけれど
 個人的には前作より、今作の方が面白かったかったなぁ

  そうそう先日、北野監督と主演の三浦友和、加瀬 亮がスマスマに出ていましたが、
  やはりバラエティ畑のタケちゃんの独壇場でしたね(笑)
  あの毒舌中尾 彬をしても、タケちゃんの圧倒的パワーに言葉少なでしたから

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京駅丸の内駅舎 | トップ | 「キリン模様&とらねこ模様... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
下劣な男たちの カッコ悪くも カッコいい生き方 (zebra)
2013-03-17 21:47:51
裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。

加藤のやり方で 昔からの古参幹部たちは 新参の石原に冷遇されても なんとも思わず ないがしろにし過ぎたのが かえって 組の結束が弱くなったことが 三王会が衰退のきっかけだったようにもおもえました。


 花菱会(関西)で 神山繁さん演じた会長 重鎮ならではの 心理掌握話術が 巧みでした。 敵の組の古参幹部が協力してきたってコトは 三王会は "結束力が弱くなっとるわ"と 見抜いて あざ笑ってたに違いない。 
 
加藤にも 
「一度人を裏切ったやつは 何回でも裏切りよる」
こう言って 加藤は疑心暗鬼にさせ・・・むろん 石原や他の幹部組員は おそらく今後やってただろうし、言うとおりなのでしょうが・・・
 自分も前会長の関内を射殺した経緯があるため とうぜん組員を信用ができなくなる・・・
 この一言で 完全に バラバラになった三王会の結束は元通りに戻らなくなったと見ていいでしょうし。

組がつぶれた者同士で結束した大友と木村。
奇妙な結束でしたが おたがいわだかまりが なくなってたので ほんのちょっぴりの"美しさ"を感じました。

最も下劣な男は なんといっても 小日向文世さん演じたマル暴の片岡でしたね・・・こいつには 下劣すぎて ムカムカです。 

お膝元~ (cyaz)
2013-03-18 08:28:54
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>裏切り 陰謀 罵声 前作もよかったが 今回の続編もよかったです。
そうですよね^^
まさにアウトレイジ=極悪非道でした!

>かえって 組の結束が弱くなったことが 三王会が衰退のきっかけだったようにもおもえました。
新旧入れ替わりという過渡期にあったんでしょうね~
あの業界も日々変わっていくようで(笑)

>花菱会(関西)で 神山繁さん演じた会長 重鎮ならではの 心理掌握話術が 巧みでした。
ザ・ガードマンが役に立ちましたかねぇ(笑)
 
>加藤にも「一度人を裏切ったやつは 何回でも裏切りよる」
この世知辛い世の中に、同様なことって多々ありますよね~

>組がつぶれた者同士で結束した大友と木村。
奇妙な結束でしたが おたがいわだかまりが なくなってたので ほんのちょっぴりの"美しさ"を感じました。
そうでしたねぇ~
どこの飯を食ってたって折が合わない者はいつまでも平行線(笑)

>最も下劣な男は なんといっても 小日向文世さん演じたマル暴の片岡でしたね・・・こいつには 下劣すぎてムカムカです。
ああいうことって実際にもあるようで、
怖いのは兵庫県警と神奈川県警だとか(笑)
兵庫県警ってお膝元じゃないですか(笑) 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アウトレイジ ビヨンド (Akira's VOICE)
ハリウッドよ、これが日本のヤクザだ。  
映画『アウトレイジ ビヨンド』★マイルドな娯楽でもラストは辛味がドバドバ効く~雑感です。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158465/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。      (結末ぼかしながら雑感です)     実は、楽しみにしていました☆ 「バカヤロウ」「コ...
アウトレイジ ビヨンド (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆」  模範囚が刺されるかよ。  そういえば刺されてましたね。  北野映画初の続編映画ついに公開!言うまでもなくこの映画は何ヶ月も前からすっ
アウトレイジ ビヨンド (佐藤秀の徒然幻視録)
一生ヒラでいいですよ! 公式サイト。北野武監督、ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、松重豊、小日向文世、中野英雄、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、 ...
アウトレイジ ビヨンド  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  ビートたけし  三浦 友和  小日向 文世  加瀬 亮  中野 英雄 【ストーリー】 5年前の抗争を経て、暴力団・山王会は若頭だった加藤が会長の座につき、政界をも恐れさせる巨大組織になっていた。今では大友組の金庫番だった石原が若頭として山王会を牛耳っ...
アウトレイジ ビヨンド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラッククチコミを見るヤクザ社会の壮絶な下剋上のその先を描く「アウトレイジ ビヨンド」。ヤクザ社会と政治の世界は実に良く似 ...
アウトレイジ ビヨンド/ビートたけし (カノンな日々)
北野武監督によるバイオレンス・ムービー『アウトレイジ』のまさかの続編です。続編の製作は最初から構想にあったのか、それとも前作のヒットを受けてこれなら確実にヒットが見込 ...
『アウトレイジ ビヨンド』 2012年9月25日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『アウトレイジ ビヨンド』 を試写会で鑑賞しました。 いや~面白かった でも、やっぱり体調悪いからか長かった 少し間延びしているね 【ストーリー】  5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴力団「山王会」は関東の頂点を...
『アウトレイジ ビヨンド』 やさしい漫才映画 (映画のブログ)
 「日本人は想像力を使えなくなっている。映画では前より倍しゃべって説明しないとダメになった」  かつて、極めてセリフの少ない映画を撮っていた北野武監督が、こう語っている。  「テレビでさえ吹き...
アウトレイジ ビヨンド (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 皆悪人。がキャッチコピーだから、悪
「アウトレイジ ビヨンド」:たまにはヤクザ映画を (大江戸時夫の東京温度)
映画『アウトレイジ ビヨンド』(英語的には“Beyond Outrage”=激怒
『アウトレイジ ビヨンド』 (ラムの大通り)
----この映画、 前作で死んだはずの大友(ビートたけし)が また出ていることで話題になったよね。 どうやって生き返らせたんだろう? 「ほんと、そう思うよね。 何ヶ月か前、 どこかで 『男たちの挽歌II』方式と書かれたものを読んだこともあり、 てっきり双子の弟が出て...
「アウトレイジ ビヨンド」復讐を手助けした先にみた本当に復讐すべき相手への復讐劇 (オールマイティにコメンテート)
「アウトレイジ ビヨンド」(R15+指定)は2010年6月に公開された「アウトレイジ」の続編で、刑務所を出所した元やくざが復讐のために一肌脱ぎ抗争を起こして復讐していくストー ...
アウトレイジ ビヨンド (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月7日(日) 19:20~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト フリーパスポート26本目。 相変わらず、「この野郎!」「バカ野郎!」と、一部のプロレスラーのように語彙が貧困なので、頭が悪くなってくるが...
アウトレイジ・ビヨンド (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/outrage2/ 前作は鑑賞済み。 北野作品はあまり観ないんだけど、おいらにしては珍しく観てしまった前作が予想外に面白かったので本作の鑑賞も当然の結果。 5年前、ヤクザ界での生き残りを懸け壮絶な権力闘争に明け暮れた暴...
日本映画「アウトレイジビヨンド」、所詮ヤクザ映画です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆      やくざ映画好き ☆☆☆☆ ベネチア映画祭では無冠だった。その時のタケシのせりふ、「所詮やくざ映画だから」 前作「アウトレイジ」の続編となる本作、やはり前作を見ておくか予備知識を持ってみた方がいい。 今回は、新しい組長の「山...
アウトレイジ ビヨンド (だらだら無気力ブログ!)
今回も「コノ野郎!」の嵐
アウトレイジ・ビヨンド (うりぼうのシネ煉獄)
 「ビヨンド beyond」は「…の向こう」という意味ですね。前作「アウトレイジ」から5年経ったという設定の続編です。  それにしても混んでいた!   地元旭川のシネコンというのは話題作でも平日の朝イチの回とかは割りとすいていて快適に観られるもんなんですが、今...
もっと 「悪いやつら」 ~『アウトレイジ ビヨンド』 (真紅のthinkingdays)
 服役中の大友組元組長・大友(ビートたけし)は、マル暴刑事片岡(小日向 文世)の企みで仮出所する。片岡は、関西を牛耳る花菱会と、関東の山王会 に抗争を仕掛けようと画策していた。出所した大友は、...
「アウトレイジビヨンド」ラスボスは誰 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヤクザ映画全盛期のような「義理と人情」はどこへ行ったのか? そのかけらもみられない現代のヤクザの姿が妙に生々しい。
【アウトレイジ ビヨンド】完全続編で最終回だぜコノヤロウ! (映画@見取り八段)
アウトレイジ ビヨンド 監督: 北野武 出演: ビートたけし、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁 公開: 2012年10月6日   2012年10月10日。劇場観賞。 テレビで高橋克典を見る...
『アウトレイジ ビヨンド』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラックサントラドリーミュージック 今回書かせてもらったのは『アウトレイジ ビヨンド』―恍惚のラスト、北野映画の到達点。 あのラストシーンに様々な思いを巡らせた人も多いはず。 ラストショットに込められた北野...
アウトレイジ ビヨンド (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞アウトレイジ ビヨンド 2012年/日本/112分 監督: 北野武 出演: ビートたけし/西田敏行/三浦友和/小日向文世/加瀬亮 公開: 2012年10月06日 公式サイ...
[映画『アウトレイジ ビヨンド』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なんか、見たくてたまらなくて、レイトショーに駆けつけた。  もう、初っ端から、ひたすらに繰り返される相手を威嚇する声の応酬がが非常に心地良い。  出てくる悪党どもの、表情の一つ一つが面白い(人間の顔って、不思議な陰影を浮かばせるよね、特に西田敏行^^...
『アウトレイジ ビヨンド』('12初鑑賞86・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:45の回を鑑賞。
「アウトレイジ ビヨンド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/オフィス北野配給:ワーナー・ブラザース、オフィス北野 プロデューサー:森 昌行、吉田多喜男監督:北野 武脚本:北野 武撮影:柳島克己衣装:黒澤和子編集:北野 武、太田義則音楽:鈴木慶
アウトレイジ ビヨンド (映画的・絵画的・音楽的)
 『アウトレイジ ビヨンド』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)ビートたけし監督の作品はこれまでも随分と見ていることもあり、特に前作の『アウトレイジ』が面白かったので、遅まきながら映画館に出かけてみました。  物語は、警察官の死体の入った乗用車を海から引き....
「アウトレイジビヨンド」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 全世界待望の北野武監督×ビートたけし主演最新作は、2010年公開の極道映画「アウトレイジ」の続編。  前作から5年、仮釈放した元大友組組長・大友の、今や政界にまで影響を与えるほど勢力を拡大させた山王会への復讐劇を描く。
再び、全員悪人 (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「アウトレイジ ビヨンド」を鑑賞しました。 「アウトレイジ」の続編! 今回も前作と同じく 全員悪人 暴力エンターテイメントを見せてくれましたね 今回は前作よりはストーリーがある感じだったかな とにかく言葉、台詞の言い合いというか その....
『アウトレイジ ビヨンド』 (映画大陸)
 久々に映画を観終わった後にカラオケへ行きたくなった。  カラオケに行くと言っても別に歌いたいわけではない(まぁ、気が向けば『津軽海峡冬景色』や『喝采』『二十二才の別 ...
『アウトレイジ ビヨンド』 (Rabiovsky計画)
『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト 監督・脚本:北野武 出演 北野武、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、小日向文世 2012年/日本/112分 おはなし Yahoo!映画 5年前、ヤクザ ...
アウトレイジ ビヨンド (まてぃの徒然映画+雑記)
北野武監督のバイオレンス映画『アウトレイジ』の続編。前作で会長を謀殺した加藤(三浦友和)と、大友組で裏カジノを仕切っていた石原(加瀬亮)が、山王会の会長と若頭となり、山王会は政治や官僚の世界にまで影響力を及ぼすほど強大になっていた。 マル暴で担当して....
アウトレイジ ビヨンド (538ねん。)
昨晩に前作「アウトレイジ」を見直したので 満をじして「アウトレイジ ビヨンド」を見てきた 確かにビートたけしの大友が 刑務所で脇腹をドライバーみたいなもので刺されるシーンは ありますが、刺すのも一回?だし、 死んだってのは刑事の小日向さんが台詞として言うだ....
『アウトレイジ ビヨンド』、エントロピーの減少と新たな「距離」 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
Biglobeの調子が悪いなあ。 ブログが読めない、管理画面が開かない、更新できない。 最近そんなことが度々ありましたが、ついに五日間の機能停止。 久々に更新しようとしたら足止めを喰らっちまいました。 大丈夫かね、Biglobe? いや、あまり更新しない僕にそんなこ...
No.327 アウトレイジ ビヨンド (気ままな映画生活)
北野武監督・主演で悪人同士の壮絶な権力争いを描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」の続編。関東最大の暴力団組織・山王会の抗争から5年。関東の頂点を極め、政治の世界に進出 ...
アウトレイジ ビヨンド (銀幕大帝α)
2012年 日本 112分 犯罪/ドラマ/アクション R15+ 劇場公開(2012/10/06) 監督:北野武『アウトレイジ』 脚本:北野武 編集:北野武 出演: ビートたけし『アウトレイジ』・・・元大友組組長 大友 西田敏行『黄金を抱いて翔べ』・・・花菱会若頭 西野 三浦友....
アウトレイジ ビヨンド (映画感想メモ)
歯って意外と丈夫なんですね。 ……でも、そこは刃物使ってー!(lll゜Д゜) い
アウトレイジ ビヨンド (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2012年 日本 上映時間:112分 監督:北野武  2年前に上映された『アウトレイジ』の続編だというのだが、私自身はいきなり本作を観て、それほど違和感がなかった。したがって一作目は飛ばしてもさほど影響はないだろう。 それにしても男・男・男
映画評「アウトレイジ ビヨンド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・北野武 ネタバレあり
アウトレイジ ビヨンド (のほほん便り)
前作に続き、バンバン、容赦なく人が死んでいく、ハード・バイオレンスでした。 「全員悪人」って言えてますよね。乾いたタッチでテンポよく、ここまで徹すると、エンタメです。 でも、殺しのバリエーションは前作の方がバラエティ豊かだったかな? ほぼ全編、撃つ...