京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「神様からひと言」/荻原 浩

2006-06-20 23:05:07 | Book


「神様からひと言」(荻原 浩著)【光文社文庫】







 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。
 入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや……。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説!



 暫く重松ワールドにドップリ浸っていた僕としては、荻原浩のこの本を読んで異世界に飛び込んだ感じでした
 異世界という表現は的確ではないですが、そうですねぇ、通勤電車で何度も何度も乗り越しそうな(実際は寸前で気づきセーフ)、それほどのめり込んだ作品でした

 荻原浩と言えば、現在『明日の記憶』が上映中でその原作者でもあるのですが、この『神様からひと言』もの映画化できる作品ですね いや絶対にして欲しい作品です まずストーリー展開が早いこと、読者をいい意味で裏切ること、何よりも起承転結が明確、人物描写がわかりやすく、しかもウィットに富んだ作品になっているところだ 
 たとえば、映画化されるとしたら登場人物にどの役者をキャスティングするかって楽しんで考えられるそんな作品だ~

 『12人の優しい日本人』を観た方なら、あの第一印象と話が進むにつれて全く違った方向に話が流れ、観た方もしっかり先入観だけで物事を見てはいけないことに気づく。 そんな匂いがこの物語にもある。 

 この物語にもいくつかの伏線を引きながら、その展開の面白さについつい吹き出してしまう(笑) 読み手が最後には主人公たちの私設応援団になっている感じでした そして最後は僕もすっかり荻原旗を力いっぱい振っていました

 今、サッカー・ワールドカップの真っ只中だが、シュートが相手のゴールに決まったときのような痛快なラストに思わず電車の中で、小さなガッツポーズをした

 多くを語らず、この記事を読んだ方、是非この「神様からひと言」を読んでみて欲しい


 ちなみに今、重松清の次に荻原浩にハマッてしまった僕は同じ荻原浩著の「なかよし小鳩組」を読んでいる。 電車の中で何度も吹き出してしまい、ちょっと顰蹙で恥ずかしい思いもしたが、その分楽しませてもらっている
 TVの「弁護士のくず」のトヨエツ演じる九頭(くず)とその娘の会話のような面白さがこの「なかよし小鳩組」にはある。
 ちなみにこの小鳩組、幼稚園の名前ではない。 ヤクザの組名である(笑)





≪追記≫
  いつもお世話になっているgajumaruさんからの情報で、この原作がWOWOWで
 ドラマ化されるということです。
  キャストを見る限りは原作のイメージとはかなり違うような感じを受けますね(笑)
 見るかどうかはわかりません(汗) しかもうちはWOWOW未加入なので、
 誰かにエアチェックしてもらわないと見れない(爆)?!

  詳しくはこちら  「神様からひと言」12月ドラマ化決定!




『本』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉(06.6)/成就院 | トップ | クレヨンしんちゃんの13年後~ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
久々に会った名作 (しまりす)
2006-06-21 01:15:45
cyazさん、はまってくれましたか、嬉しい(笑

最近本当に何を読んでも全然当たらなかったので

これに出会ったときには嬉しくて困っちゃいましたね。

全然期待していなかったし、読みはじめがちょっと軽かったので

いつもの調子でぱらぱら読んでたんですよ。



・・・・たまりませんね(笑



こんなに軽く描いているのに恐ろしいほど現実をちゃんと映していて

そしてとにもかくにも一生懸命生きる人々がとっても美しく描かれているじゃないですか。



主人公の視点ばかりだからわかりにくかった彼女との恋愛も、

最後にわかったときには涙出ました。

じんわりじわじわせまるものがあって。

そして私は脇キャラでなんとなく神保さんが好きだったので

あんなことになって胸をつかれて

とてもとても哀しかったです。



ハードカバーで買えばよかったかな、って思うくらい、大好きな一冊になりました。
ですね~ (cyaz)
2006-06-21 08:50:03
しまりすさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>こんなに軽く描いているのに恐ろしいほど現実をちゃんと映していてそしてとにもかくにも一生懸命生きる人々がとっても美しく描かれているじゃないですか。

そうですね、作家作家していない“運び”にとても魅力があり、本当に随所に山椒が効いているという感じでした!

もう明石町にはどんでん返しがあると途中から想像しながら、それでも最後は「やったぁ~!」とガッツポーズでした^^



>主人公の視点ばかりだからわかりにくかった彼女との恋愛も、最後にわかったときには涙出ました。

この辺は心憎い演出ですよね^^



>そして私は脇キャラでなんとなく神保さんが好きだったのであんなことになって胸をつかれてとてもとても哀しかったです。

そうですね・・・。できれば避けて通って欲しかったですが。

こんばんは (カヌ)
2006-06-21 22:40:25
ご無沙汰です。

昨日から読み始めて、今日静岡出張で新幹線乗ってる間、往復3時間半読み続けました。Wカップで寝不足気味だったんだけど、止まらないんですよね!あと30ページまできてます。ラスト楽しみだぁ(^^)
こんばんは☆ (お嬢)
2006-06-21 23:44:43
「お客様相談室」に異動した当たりからはページを繰るのももどかしくなりました

あの対応…「お客様」だなんて思ってませんねアレは(笑)

個性の強い面々、是非ともドラマ化なり映画化なりして欲しいものです



ブログにUPしてませんが、同じく荻原浩にはまっているお嬢。

最近は「噂」「コールドゲーム」「あの日にドライブ」を読了。

「なかよし小鳩組」も面白そうなので読んでみま~す
おひさです~ (cyaz)
2006-06-22 12:29:27
カヌさん、コメントありがとうございますm( )m



>昨日から読み始めて、今日静岡出張で新幹線乗ってる間、往復3時間半読み続けました。Wカップで寝不足気味だったんだけど、止まらないんですよね!

ワールドカップより気持ちいい展開でしょ(笑)?



>あと30ページまできてます。ラスト楽しみだぁ(^^)

じゃあ今ごろはガッツポーズしている頃でしょうか(笑)? 感想聞かせて下さいね!

個性のぶつかり~ (cyaz)
2006-06-22 12:32:49
お嬢さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>個性の強い面々、是非ともドラマ化なり映画化なりして欲しいものです

この人物配置とストーリー展開だと必ず面白いものが出来上がると思います。 『明日の記憶』のあと、映画化の予定はないんでしょうかねぇ? 

情報お持ちの方がいらっしゃいましたら是非コメントを!



>最近は「噂」「コールドゲーム」「あの日にドライブ」を読了。

なるほど^^ 参考にします。



>「なかよし小鳩組」も面白そうなので読んでみま~す

ほんと、面白いですよ^^
明日への活力 (.しゃお)
2006-06-23 11:43:24
荻原浩、自分も結構ハマってます。

『ハードボイルド・エッグ』という作品から入ったんですが、どの作品も優しさが溢れていて読んでて心地よいですね(^^
いいですね~ (cyaz)
2006-06-23 12:29:39
しゃおさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>荻原浩、自分も結構ハマってます。

そうですか^^ 僕はまだ3作品目なんですよ。



>『ハードボイルド・エッグ』という作品から入ったんですが、どの作品も優しさが溢れていて読んでて心地よいですね(^^

そうですね。笑い有り涙有りで楽しませてもらっています^^



こんにちは (しましま)
2006-06-25 14:20:03
私も最近、荻原浩にハマリつつあります!

まだ『神様からひと言』と『明日の記憶』しか読んでいないのですが

今は、『コールドゲーム』を読み始めたところです。

これを読み終わったら『なかよし小鳩組』も読んでみようと思います!

是非~ (cyaz)
2006-06-25 14:41:35
しましまさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>私も最近、荻原浩にハマリつつあります!

お~一緒ですね^^



>まだ『神様からひと言』と『明日の記憶』しか読んでいないのですが今は、『コールドゲーム』を読み始めたところです。

そうですか^^ 僕も3作品目なんです!似てますね(笑)?



>これを読み終わったら『なかよし小鳩組』も読んでみようと思います!

面白いですのでぜひぜひ~♪



見つけました! (ゆん)
2006-06-28 18:36:23
今日、図書館で二冊とも借りてキマシタよw

読んでみますねw
良かった~ (cyaz)
2006-06-29 08:26:41
ゆんさん、コメントありがとうございましたm( )m



>今日、図書館で二冊とも借りてキマシタよw 読んでみますねw

良かったですね!

是非、ゆんさんの感想を聞かせて下さいね^^

おまちしてま~す!

有り難うございました(^-^)ニコ (すぅ☆)
2006-07-07 07:12:34
cyazさん おはようございます。

TB&コメント有り難う御座いました!

荻原作品の面白さ、読んだ人じゃないと

分からないですよねぇ~

私も、本を読みながら、笑ったのは、

久しぶりだったので、新たな感動でした(笑)



また、遊びに来ます(^-^)/
ですねぇ~ (cyaz)
2006-07-07 08:51:37
すぅ☆さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>荻原作品の面白さ、読んだ人じゃないと分からないですよねぇ~

そうですね! でも読みやすいですよね^^ 



>私も、本を読みながら、笑ったのは、久しぶりだったので、新たな感動でした(笑)

色んな意味でニヤニヤ、ハラハラ、ウルウルしますね^^

ドラマ化 (gajumaru)
2006-10-09 01:12:10
cyazさん、こんばんわ

ワタシもこの小説読んで映画化されたらキャストはっと考えてましたが、WOWOWでドラマ化されるというのを見つけました。

TBさせていただきます。

「電車男」伊藤はチョットワタシのイメージとは違ってました。
へぇ~ (cyaz)
2006-10-09 16:57:38
gajumaruさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ワタシもこの小説読んで映画化されたらキャストはっと考えてましたが、WOWOWでドラマ化されるというのを見つけました。

情報ありがとうございます^^

うちはWOWOW未加入なので誰かにエアチェックしてもらいます(笑)
Unknown (touch3442)
2006-10-09 20:49:31
cyazさん(今度は間違えなかったぞ)、こんばんは。

『フラガール』に続いてのTB、ありがとうございました。



>読み手が最後には主人公たちの私設応援団になっている感じ

 本当にその通りで、ラスト近くの会議の場面では溜飲が下がりました。
興味津々~ (cyaz)
2006-10-10 08:54:22
touch3442さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m



>本当にその通りで、ラスト近くの会議の場面では溜飲が下がりました

gajumaruさんが情報を寄せてくれましたが、ドラマになったときどうなるのか興味津々です^^
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-08 01:32:52
 入り込んで読んじゃいますよね。
 私も電車では読んでませんが、
 ほぼ一気読みでした^^

 最後は溜飲が下がる思いですよね。
 篠崎がなにげにかっちょよかったです。
 だらしないけど(笑)
篠崎~ (cyaz)
2007-09-08 08:52:45
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>入り込んで読んじゃいますよね。 私も電車では読んでませんが、ほぼ一気読みでした^^
ほんと一気飲み・・・、もとい、一気読みできますよね(笑)

>最後は溜飲が下がる思いですよね。 篠崎がなにげにかっちょよかったです。 だらしないけど(笑)
ですね(笑)
明石町も捨てがたいキャラでした!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「神様からひと言」萩原浩(90ヨンダラー) (しまりすのひとりごと)
やっと、やっと、読み応えのある、面白い本に出逢いました。 何せ最近暇だけはあるものだから、 うまく時間を作ってたくさん読んだんだけれども、 あらゆる本屋で山積みになっている本の中でも 少しも私の心に触れてくれるものはなく、 「うー、お金の無駄だった ...
図書室 (夢見る小悪魔)
『神様からひと言』 作:荻原 浩オススメ指数作者は、13日ロードショーの『明日の記憶』原作者・荻原浩。食品会社のクレーム担当に配属された佐倉涼平。癖のあるのはクレーマーだけではない。最悪な上司にやる気があるのかないのかよく解らない同僚達-クレー ...
『神様からひと言』 荻原浩 (固ゆで卵で行こう!)
著者:荻原 浩 『神様からひと言』 (光文社文庫) 佐倉涼平は大手広告代理店を、ある理由で辞めて「珠川食品」に再就職。 しかし入社早々に会議の場でトラブルを起こし「お客様相談室」へ左遷される。 また仕事を辞めようかとも思うがマンションの家賃 ...
『神様からひと言』・本 (しましまシネマライフ!)
神様からひと言 荻原浩             光文社文庫 (2005年3月)449ページ 大手広告
神様からひと言 (Enjoy Life♪)
・・・・・荻原浩著 光文社文庫 広告代理店を辞め、「球川食品」に再就職した佐倉涼平。 販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と 恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。 クレーム処理に奔走する涼平。 実はプライベートでも半年前に ...
「荻原浩」の感想 (読書感想トラックバックセンター)
「荻原浩(おぎわらひろし)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:明日の記憶、噂、誘拐ラプソディー、オロロ畑でつかまえて、神様からひと言、なかよし小鳩組、母恋旅烏、ハードボイルド・エッグ、コールドゲーム、あの日にド ...
荻原浩「神様からひと言」がドラマ化 (物欲エントロピー)
がんばる人の神様は、きっと、すぐそばにいる。日々、まじめに、一生懸命に生きている
『神様からひと言』荻原浩著(光文社文庫) (生きることにも心急き、感ずることも急がるる…)
神様からひと言  佐倉凉平は、勤務していた大手広告代理店で上司を殴り、退職を余儀なくされた。「広告宣伝のスペシャリスト求む」という就職情報誌の募集記事を見て、応募したのがインスタントラーメンや漬け物を扱う「珠川食品」。凉平は、販売促進部に配属さ ...
小説 「神様からひと言」 荻原浩 (空の「一期一会」)
■タイトルに惹かれて買ってしまいました。内容も「お客様相談室」に配属された主人公
神様からひと言 (乱読日記)
荻原 浩 神様からひと言 読み終わって第一声は…。 サラリーマンは大変だ…。 言いたいことを飲み込むって言うのは大変なことだしさ…。 つくづく働きたくないよ(笑) 「お客様のひと言は神様のひと言」 こんな社訓があるのに、お客様相 ...
「神様からひと言」荻原浩 (AOCHAN-Blog)
タイトル:神様からひと言 著者  :荻原浩 出版社 :光文社文庫 読書期間:2005/11/24 - 2005/11/26 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを ...
神様からひと言 (荻原浩) (ぶっき Library...)
食品会社を舞台に、笑いあり、スリルあり、しんみりありの、ちょっといい話風コメディです。きちんとドラマ化ないしは映画化されたらさぞや上質のエンターテイメントに仕上がりそう。見方を変えればこの手のストーリー
神様からひと言 [荻原浩] (+ ChiekoaLibrary +)
神様からひと言荻原 浩 光文社 2002-10 騒ぎを起こして大手広告代理店を首になった佐倉。再就職先のラーメンメーカーでも問題を起こした彼が飛ばされた先は「お客様相談室」。そこで彼が出会った人々、そして明らかになったこの会社の実態とは…。 痛快なサラ ...
神様からひと言/荻原 浩 [Book] (miyukichin’mu*me*mo*)
 荻原 浩:著 『神様からひと言』  神様からひと言 (光文社文庫)荻原 浩光文社このアイテムの詳細を見る  堅苦しい雰囲気と、  意味のわからない記号のような会話に、  はじめの5ページほどはしんどかったんですが、  そんな雰囲気もしんどさもそこまで。  その...
(書評)神様からひと言 (たこの感想文)
著者:荻原浩 大手広告代理店でトラブルを起こして辞め、「珠川食品」に再就職した佐
「神様からひと言」 荻原浩 (31ct.読書部屋)
神様からひと言 著者:荻原 浩販売元:光文社Amazon.co.jpで詳細を確認する 随分前に読んだのですが、再読しました。やっぱりねぇ「コールドゲーム」よりも全然いい!!荻原さんの書くサラリーマン
荻原浩『神様からひと言』 (itchy1976の日記)
神様からひと言 (光文社文庫)荻原 浩光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『神様からひと言』を紹介します。広告代理店をやめ、食品会社に再就職する主人公の佐倉の奮闘する様を描いたものである。食品会社の入社直後の会議で上司の末松とやりあって、お客様相...
荻原浩「神様からひと言」 (ご本といえばblog)
荻原浩著 「神様からひと言」を読む。 このフレーズにシビれた。  全身からハムスターの巣箱みたいな臭いがし、髪からはしばらく洗髪をしていないのがわかる臭いがしたが、まったく気にならなかった。ジョンが耳もとで囁く。涼平は大きくうなずいた。「そうか、そう言え...
荻原浩「神様からひと言」 (お花と読書と散歩、映画も好き)
主人公の凉平は 「押入れのちよ」 の恵太より大人 「メリーゴーランド」の啓一より子供 でしょうか サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説 素敵なひと言見つけました 夜の公園に現れるジョンの
荻原浩『神様からひと言』 (itchy1976の日記)
神様からひと言 (光文社文庫)荻原 浩光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、荻原浩『神様からひと言』を紹介します。広告代理店をやめ、食品会社に再就職する主人公の佐倉の奮闘する様を描いたものである。食品会社の入社直後の会議で上司の末松とやりあって、お客様相...