京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『世界にひとつのプレイブック』

2013-03-01 00:03:01 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「世界にひとつのプレイブック
□監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル 
□原作 マシュー・クイック「世界にひとつのプレイブック」
□キャスト ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、
       ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー、アヌパム・カー、ジョン・オーティス


■鑑賞日 2月23日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
妻の浮気が原因で怒りをコントロールできなくなり、精神病院入を余儀なくされた
 パット(ブラッドリー・クーパー)。 
退院したものの、妻ばかりか仕事も家も失って
 しまい、実家に戻って社会復帰を図ることに。 
そんなある日、友人に誘われた
 ディナーで近所に住む若い女性ティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う。

 彼女もまた、夫を事故で亡くして以来、心に問題を抱えており、パットはそんな
 彼女の
その型破りな行動と発言に戸惑う。 ところがティファニーはパットの妻とも
 知り合いで、
パットがよりを戻せるよう手助けしてあげると提案。 その交換条件と
 して、ダンス・コンテストに
出ることを決めたティファニーは、半ば強制的にパットを
 パートナーに指名する。
 人生の希望の光を取り戻すための二人の挑戦が始まった。

 ハンディを背負って生きていくのは、周りの家族や友人の支えが何より必要だ。
 互いに最愛の人を失って、不安定なパットとステファニーの出会いが、それぞれに
 心に深く
仕舞いこんだの傷を、時に互いを罵倒しながら、時に癒しあいながら、
 徐々に心を開き合っていく。 
それは二人にしかわからない独特の世界であったり、
 周りの冷ややかな視線をまともに受け、
それでも“人は一人では生きられない”ことを
 体得していく。 
何よりもパットには、常にぶつかり合いながらもそばにいてくれる
 ティファニーの存在は大切だ。 
妻に裏切られたかことを受け入れられないパッドの
 大きなどこにも持っていきようの“想い”を
表面上には出さなくても、ティファニーには
 その気持ちが痛いほどわかっている。 それは
いつのまにか限りなく彼を愛している
 からだ。 ただ口先で力になるというのではなく、

 傷が深ければ深いほど、その傷の深さを知り、対峙していないと分かり合うことは難しい。
 何かに一途に打ち込むこと。 それがティファニーがパッドに与えた新たな人生の
 一歩であり、
彼女が彼に与えたチャンスであり、自身への“賭け”だったのかもしれない。
 ティファニーが交換条件に出したダンス・コンテストへの出場は、実はティファニーが
 パッドの妻と付き合いがあり、よりを戻す手伝いをするというもの。
 その妻からだとティファニーが渡したは手紙にはラストのオチに繋がる仕掛けがある。
 ダンス・コンテストが終わり、パッドが妻に何か耳打ちする姿をティファニーは見て、
 その会場をあとにすると、パッドはティファニーを追いかけて、手紙を渡すシーンがある。
 その手紙を読んだティファニーが思いのほか、重い鎧を縫いでパッドに素直に
 飛び込む姿に
 涙がこぼれた 

 脇を支えるデ・ニーロや、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーヴァーなどがしっかりと
 脇を固めて上質の映画に仕上げていた。  アカデミー賞8部門にノミネートされた
 実力も確か。
 しかも主演男優女優賞、助演男優女優賞に4人がノミネネ−トされたのも凄い

 でもちょっと字幕の多さで、なかなか出演者の演技をしっかり観ることが出来な
 かったから、
言葉が理解できればもっと楽しめた作品かもしれない。
 できればもう一度、パッドやティファニーに会ってみたい気持ちで一杯だ 

  ジェニファー・ローレンス、キュートな女優さんですね〜
  若い頃のレニー・ゼルウィガーをスリムにした感じで(笑)
  そして、アカデミー賞主演女優賞、本当におめでとう〜
  貴女の次の作品が楽しみです

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ショコラリング」/ココフラン | トップ | 『横道世之介』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジェニファー・ローレンス (mayumi)
2013-03-01 09:45:09
ジェニファー・ローレンスは、16歳だかの頃に オーディションで
スタッフがボロ泣きしたとか。
これからが楽しみな女優ですね。
今回も、22歳の若さで 未亡人役...
感情の激しい役で、かなりの難役だったと思うけど(地味な役の方が難しいか?)、
堂々とした演じっぷりでした。
ハスキーな声も魅力的
Unknown (AKIRA)
2013-03-01 10:26:52
いつの間にか応援してしまう二人でしたね。

良いラストだったなぁ。

レニー・ゼルウィガーをスリムにした感じww
ジェニファー・ローレンス (佐藤秀)
2013-03-01 10:47:58
若いのに懐が深いというか。ただ若くして主演女優賞取ってしまうと後が大変なような。
クレバーな〜 (cyaz)
2013-03-01 12:35:52
mayumiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ジェニファー・ローレンスは、16歳だかの頃に オーディションで
スタッフがボロ泣きしたとか。
へぇ〜、それは凄い過去をお持ちで(笑)

>これからが楽しみな女優ですね。
ホントそうですね^^
女性ですが骨太な演技が期待できる女優さんです!

>今回も、22歳の若さで 未亡人役...
感情の激しい役で、かなりの難役だったと思うけど(地味な役の方が難しいか?)、堂々とした演じっぷりでした。
度胸がいいのか、逆に極度の小心者なのか・・・。
でも、きっとクレバーな女性だと思いますよ^^
応援〜 (cyaz)
2013-03-01 12:37:45
AKIRAさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつの間にか応援してしまう二人でしたね。
ほんと、そうでしたね^^

>良いラストだったなぁ。
あの手紙のやり取りは泣かされました。

>レニー・ゼルウィガーをスリムにした感じww
確かに(笑)
大きな女優さんになってほしいものですね^^ 
懐深い〜 (cyaz)
2013-03-01 12:39:21
佐藤秀さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>若いのに懐が深いというか。ただ若くして主演女優賞取ってしまうと後が大変なような。
そこは現代っ子ですから、ヘタなプレッシャーはないと思いますよ。
子役で出てきて消えていくパターンじゃないので(笑)
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-03-01 14:39:29
実にいい映画でした。というか、この映画はめっちゃ好きですわ。
ジェニファー・ローレンスの受賞は他の3人分もまとめてという意味合いもあるのでしょうね。
この映画の中では彼女は凄く象徴的な存在でしたし、何と言ってもあの背中の美しさ。揺れるおムネ以上にステキでした。
代表で〜 (cyaz)
2013-03-01 17:38:32
にゃむばななさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>実にいい映画でした。というか、この映画はめっちゃ好きですわ。
ですよね〜、納得^^

>ジェニファー・ローレンスの受賞は他の3人分もまとめてという意味合いもあるのでしょうね。
なにせ主演助演男優女優ノミネートという珍しいパターンでしたからね(笑)?
で、彼女が代表していただいたと^^

>この映画の中では彼女は凄く象徴的な存在でしたし、何と言ってもあの背中の美しさ。揺れるおムネ以上にステキでした。
うーん、確かに。
でも男性諸氏にはやはりたわわな胸でしょうが(笑)
ブラッドリー・クーパー (悠雅)
2013-03-02 00:33:21
こんばんは。
男性たちの目がジェニファー・ローレンスに集まるのは当たり前だと思いつつ、
(いや、同性から観ても彼女は健康的で好感の持てる人ですけど)
いい男好きのオバサンの目は、ブラッドリー・クーパーに留まるわけです(笑)
これまで、ルックス優先で演技派とは思ってなかったことが申し訳ないくらい、
彼の演技をすっかり見直しました。

病気を扱いながらも深刻にしすぎず、こういう形でテーマを描いてみせる、こんな作品が大好きです。
いい男好き〜 (cyaz)
2013-03-02 08:56:20
悠雅さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いい男好きのオバサンの目は、ブラッドリー・クーパーに留まるわけです(笑)
なるほど^^ そこは男性でも理解できるところです(笑)

>これまで、ルックス優先で演技派とは思ってなかったことが申し訳ないくらい、彼の演技をすっかり見直しました。
当然、主演男優賞にノミネートされたくらいですから、
その実力は確かですね!
他の女性のブロガーさんたちのコメントでは、
なんでジェニファーが獲れて、ブラッドリーが獲れないの、
という意見も多かったようで(笑)

>病気を扱いながらも深刻にしすぎず、こういう形でテーマを描いてみせる、こんな作品が大好きです。
再生のストーリーってやっぱ、実話でなくても感動を呼ぶものですね^^
なるほど!! (miyu)
2013-03-02 16:42:15
字幕にしちゃうには少しセリフが多かったんですね!
だからかぁ、なんだか観ていて少しついていけずに
中だるみさえ感じていまいちハマれなかった原因が
分かりました(・・。)ゞ テヘ

あ、ずいぶんとごぶさたしておりました。
この度、復活することとなりましたので、
どうぞまたお付き合いください('-'*)エヘ
今晩は〜 (小米花)
2013-03-02 23:39:14
コメントをありがとうございました。
キャストで魅せてくれた作品でしたね。
これからのジェニファーを応援したい一人なので、
オスカーは嬉しかったです。

オスカー後の彼女を楽しみにしています。
大きく飛躍してくれることを期待しつつ、
つぶれないで欲しいと心配もしています(笑)。
こちらこそ〜 (cyaz)
2013-03-03 09:24:18
miyuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>字幕にしちゃうには少しセリフが多かったんですね!
かなりな速さの会話がキャッチボールでしたからねぇ(笑)

>観ていて少しついていけずに中だるみさえ感じていまいちハマれなかった原因が分かりました(・・。)ゞ テヘ
中だるみのシーンも確かにありましたね(笑)

>この度、復活することとなりましたので、
どうぞまたお付き合いください('-'*)エヘ
了解しました^^
こちらこそ、よろしくお願いしますネ!
飛躍〜 (cyaz)
2013-03-03 09:27:48
小米花さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>キャストで魅せてくれた作品でしたね。
これからのジェニファーを応援したい一人なので、
オスカーは嬉しかったです。
そうですね^^
そしてジェニファーの演技もピカイチでした!

>オスカー後の彼女を楽しみにしています。
大きく飛躍してくれることを期待しつつ、
つぶれないで欲しいと心配もしています(笑)
子役からではないので、きっと大きな女優さんに
育ってくれると信じています^^
Unknown (寝湖世)
2013-04-26 19:45:19
トラックバック、有難うございました。

この映画に関しての拙記事は、どうやら
gooブログさんの禁止用語に引っかかるようで
こちらからのトラバはできません(T_T)。

すみません。
こちらこそ〜 (cyaz)
2013-04-27 08:05:20
寝湖世さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この映画に関しての拙記事は、どうやら
gooブログさんの禁止用語に引っかかるようで
こちらからのトラバはできません(T_T)。 すみません。

いえいえ、わざわざコメントを残していただきありがとうございますm(__)m
懲りずに、これからもよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
家族を描いた映画を二本 (たまごのなかみ)
日曜日、なんとか米アカデミー賞発表前に観ておきたいと出掛けました。 『世界でひとつのプレイブック』(2/24 劇場にて) 制作国:アメリカ(2012年) 原題:SILVER LININGS PLAYBOOK 監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:ブラッドリー・クーパー(パット)、ジェニフ....
世界にひとつのプレイブック (Akira's VOICE)
人は人のサポーターなのだ。  
映画レビュー「世界にひとつのプレイブック」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)◆プチレビュー◆心を病んだ男女の出会いと再生の物語「世界にひとつのプレイブック」。シリアスな題材を、笑いでくるんだ演出に魅せられ ...
世界にひとつのプレイブック (佐藤秀の徒然幻視録)
人生再生を文字通り賭けてしまう 公式サイト。Silver Linings Playbook。マシュー・クイック原作、デヴィッド・O・ラッセル監督、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロ ...
【世界にひとつのプレイブック】より高く! (映画@見取り八段)
世界にひとつのプレイブック〜 SILVER LININGS PLAYBOOK 〜    監督: デヴィッド・O・ラッセル    出演: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーバー、クリス・タッカー、アヌパム・カー、シェー・ウィガ...
世界にひとつのプレイブック (心のままに映画の風景)
妻の浮気が原因で、心のバランスを壊したパット(ブラッドリー・クーパー)は、ようやく精神病院から退院する。 心身の健康を取り戻せば、接近禁止令の出ている妻とやり直せると思い込み、実家で社会復帰...
世界にひとつのプレイブック (あーうぃ だにぇっと)
世界にひとつのプレイブック@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
劇場鑑賞「世界にひとつのプレイブック」 (日々“是”精進! ver.F)
歩むべき本当の道への第一歩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302250000/ 世界にひとつのプレイブック (集英社文庫)マシュー・クイック 佐宗 鈴夫 集英...
『世界にひとつのプレイブック』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: SILVER LININGS PLAYBOOK 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: ブラッドリー・クーパー 、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ 、クリス・タッカー 、ジャッキー・ウィーヴァー 、ジュリア・スタイルズ 思わず日本語訳に困りそうな複雑...
『世界にひとつのプレイブック』 (こねたみっくす)
世界にひとつのメンタルヘルスラブストーリー。 31年ぶりにアカデミー賞俳優全4部門にノミネートされたこの映画は、久しぶりに見たクリス・タッカーに懐かしさを覚えるどころか、 ...
『世界にひとつのプレイブック』 2013年1月24日 TOHOシネマズ六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『世界にひとつのプレイブック』 を試写会で鑑賞しました。 ブラッドリー・クーパー来日して挨拶がありましたが、 上映前に劇場内でファンサービス(レッカなかったから)していました。 熱心にファンサービスに応じてて男から見ても格好良いし、高感度アップですね 【...
世界にひとつのプレイブック/ブラッドリー・クーパー (カノンな日々)
『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が亡くなった二人の名匠シドニー・ポラックとアンソニー・ミンゲラの意志を引き継ぎ映画化されたという作品です。それぞれ愛する ...
映画:世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook 8部門ノミネート中でおおいに期待したが... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞発表2日前に公開の今作は、なんと8部門ノミネート中。 それらは、 作品賞 監督賞 主演男優賞 ブラッドレー・クーパー 主演女優賞 ジェニファー・ローレンス 助演男優賞 ロバート・デ・ニーロ 助演女優賞 ジャッキー・ウィーヴァー 脚色賞 編集賞 こ...
『世界にひとつのプレイブック』('13初鑑賞20・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月23日(土) ミント神戸 スクリーン1 にて 16:40の回を鑑賞。
世界にひとつのプレイブック (悠雅的生活)
幸運の女神。約束。より高く。
世界にひとつのプレイブック (そーれりぽーと)
アカデミー賞ノミネート数が多いというところだけを頼りに『世界にひとつのプレイブック』を観てきました。 ★★★★ 精神疾患を抱えた人物に焦点を当てるは、分からない世界なだけに興味深くてじっくり観てしまう魔法が有る反面、引き込まれてしまう人も居るので宣伝に...
「世界にひとつのプレイブック」翼の折れたエンジェル (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
GAGAのオンライン試写会で鑑賞。 出向いていかなくても観られるなんて、便利だわ〜 アカデミー賞8部門ノミネート、ゴールデングローブ賞も取ってしまったこの作品。 翼の折れた繊細な人たちへの応援歌は、思わず胸が熱くなる。
世界にひとつのプレイブック/SILVER LININGS PLAYBOOK (いい加減社長の映画日記)
パスしようかとも思っていたんだけど、アカデミー賞の候補にもなったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 妻の浮気が原因で心のバランスを崩したパットは、すべてを失くして現在リハビリ中。 そんな時出会ったのが、近所に住むティファニー。 彼女も心に....
世界にひとつのプレイブック /Silver Linings Playbook (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click   去年のトロント映画祭で観客賞(最高賞)受賞 それにブラッドリー・クーパーなので楽しみにしてた♡ 公開前ギリギリで行われた試写にて鑑賞。22日から公開。 2013年アカデミー賞で、主演男優...
君のサインを見逃さない〜『世界にひとつのプレイブック』 (真紅のthinkingdays)
 SILVER LININGS PLAYBOOK  妻の浮気相手を殴り、精神病院送りになった挙句、妻への接近禁止令を言い 渡されたパット(ブラッドリー・クーパー)。彼は友人の義妹ティファニー(ジェ...
世界にひとつのプレイブック (Memoirs_of_dai)
メンヘラたちのプレイブック 【Story】 妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー(ジェニフ...
世界にひとつのプレイブック (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 クレイジーな人同士がダンス頑張っちゃう
世界にひとつのプレイブック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 めっちゃめちゃ久し振りに1人映画してきちゃいましたぁ〜(^ー^* )フフ♪ 多分なんですけど、「ハチミツとクローバー」以来?だった気がします。6年半ぶりかぁ〜(。´ސު` ...
世界にひとつのプレイブック (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Silver Linings Playbook監督:デビッド・O・ラッセル出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・カッタージャッキー・ウィーバーみんな、イカれてる。。。
世界にひとつのプレイブック (映画と本の『たんぽぽ館』)
祝! ジェニファー・ローレンス アカデミー賞主演女優賞受賞             * * * * * * * * * アカデミー賞の主演女優賞に 今作のジェニファー・ローレンスが決まりましたね。 確かに、今一番旬の女優かもしれません。 今作でもさすが....
世界にひとつのプレイブック (風に吹かれて)
ただ今 心のリハビリ中EXCELSIOR より高く公式サイト http://playbook.gaga.ne.jp原作: 世界にひとつのプレイブック (マシュー・クイック著/集英社文庫)監督・脚本: 
世界にひとつのプレイブック (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(15) アカデミー賞8部門ノミネートってことだけど。。。
『世界にひとつのプレイブック』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  妻に浮気をされ、心を病んでしまい 仕事も家も失ってしまったパットと 夫を事故で亡くし 心のバランスを崩してしまったティファニーが出会う。 お互いあまりよい印象の出会いではなかったが 会うことを禁止されている妻とティファニーが知り合いだったこ...
「世界にひとつのプレイブック」 (Con Gas, Sin Hielo)
ひとすじの光を頼りに。 美男美女って、それだけでいわゆる勝ち組に1歩近いところにいるように感じてしまいがちだけど、本作のB.クーパーとJ.ローレンスから、そんな要素は微塵も伝わってこない。 ご近所にとっては、ただ迷惑であり危険ですらある存在。それがパット....
「世界にひとつのプレイブック」 (ゆっくり歩こ。)
ジェニファー・ローレンスが主演女優賞、 評価もけっこう良いし、観てみたくなりました ネットで予告を観た感じでは内容がよくわからない・・・ そして「世界にひとつのプレイブック」 このタイトルの意味は?? 映画は精神病院でのシーンから始まります 病....
「世界にひとつのプレイブック」 (セレンディピティ ダイアリー)
ブラッドリー・クーパー&ジェニファー・ローレンス主演のロマンティック・コメディ、
『世界にひとつのプレイブック』必死で生きてる! (Healing )
世界にひとつのプレイブック (Silver Linings Playbook) ★★★★☆ みんな、病んでる。 必死で、生きてる。 タイトルの「プレイブック」とは、 本作でもkeyとなるアメリカンフットボールの作戦図のこと。 しかし、人生というものは必ずしも あらかじめ作戦を立てたように...
世界にひとつのプレイブック (とりあえず、コメントです)
アカデミー賞でも話題になったコミカルなヒューマンドラマです。 ブラッドリー・クーパー&ジェニファー・ローレンスと好きな二人が主演なので、 どんな物語を紡いでいるのか楽しみにしていました。 悩めるキャラクターを飾らない演技でリアルに伝えてくれる、心温まる作...
映画「世界にひとつのプレイブック」 (FREE TIME)
映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。
世界にひとつのプレイブック (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    『世界にひとつのプレイブック』  (2012) 妻が浮気したことで心のバランスを保てなくなり、仕事も家庭も全て失ってしまったパット(ブラッドリー・クーパー)は、近くに住んでいるティファニー(ジェニファー・ローレンス)と出会う。 その型破...
世界にひとつのプレイブック (映画にする?)
オスカー前哨戦の中でも、もっとも重要視されるトロント国際映画祭で観客賞を受賞したデヴィッド・O・ラッセル監督最新作です。世界にひとつのプレイブック2012年(アメリカ)原題 ...
世界にひとつのプレイブック (こんな映画見ました〜)
『世界にひとつのプレイブック』---SILVER LININGS PLAYBOOK---2012年(アメリカ)監督: デヴィッド・O・ラッセル出演: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス 、ロバート・デ・ニーロ 、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー それぞ....
世界にひとつのプレイブック(2012)○●SILVER LININGS PLAYBOOK (銅版画制作の日々)
 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 好き度:=70点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。その前日にトムの「アウトロー」を鑑賞しました。2日続けての鑑賞となり少々疲れ気味もあったのか、それと選んだ座席が前過ぎたのもあったのか(なんて言いわけか) 実は主演の2...
★世界にひとつのプレイブック(2012)★ (Cinema Collection 2)
SILVER LININGS PLAYBOOK 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。 上映時間 122分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2013/02/22 ジャンル コメディ/ドラマ/ロマンス 映倫 G 【解説】 それぞれに最愛の人を失って心のバランスを崩した ...
世界にひとつのプレイブック 病むぞ〜この映画。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=16 うち今年の試写会2】 そう言えば鑑賞した映画のレヴューって追いついていたのだ。 第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ティファニーを演じたジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞ってことで押さえておくかと鑑賞した。  妻の浮気...
世界にひとつのプレイブック (シネマ日記)
試写会が当たったので行ってきました。今シーズンの賞レースに色々とノミネート&受賞している作品なので見に行くつもりでした。なので、ラッキーと思ったのですが。結論としてはワタクシが期待しすぎたのかなぁ。そこまで良いかなぁ???って感じでした。おすぎが良い点...
世界にひとつのプレイブック (rambling rose)
浮気した妻に暴力をふるい精神病院に入れられていたパット。ようやく退院出来たものの感情のコントロールは難しく、早々にトラブル続き。そんな折、友人に誘われた食事会で若い未亡人ティファニーと出会う。
『世界でひとつのプレイブック』 捨てられたダークサイド (Days of Books, Films )
Silver Linings Playbook(film review) この映
「世界にひとつのプレイブック」 (或る日の出来事)
くすくす笑えるところが多くて面白かったけど、すぐキレる人はイヤだな。
「世界にひとつのプレイブック」 (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
疲れているときだったので 大音量で流れる曲と 登場人物達の怒鳴り合いが うるさすぎて辛かった。 人生につまずいた男女が ダンスコンテストに出場することに・・・ という、よくあるスポ根絡みのラブコメ、 と思ったら微妙に違うかな。 ダンス大会は、ソシアルとか、 ....
「世界にひとつのプレイブック」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Silver Linings Playbook」2012 USA 最愛の人を失った男と女が再び愛に目覚める、少々シニカルなラヴ・ストーリー。 パットに「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」のブラッドリー・クーパー。 ティ ファニーに「あの日、欲...
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・台詞、ラスト、使用楽曲に触れています。マシュー・クイックの原作をデヴィッド・O・ラッセル監督(脚本も)が映画化した『世界にひとつのプレイブック』(Silver Linings Playbook)。
おかしいからこそ (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「世界にひとつのプレイブック」を鑑賞しました。 妻が浮気したことで心のバランスを崩したパットは近くに住んでいる 事故によって夫を亡くしたティファニーと出会う 人生の希望を取り戻すためダンスコンテストに出ることを決めたティファニーは、...
「世界に一つのプレイブック」 (てんびんthe LIFE)
「世界にひとつのプレイブック」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 Silver Linings Playbook 2013-026 オスカーの賞レースの中でこの作品が一番沢山のノミネートにかかったそうです。 重たい作品や重厚な作品が多い中これが一番軽いらしい。 ラブコメ仕立てで万...
世界にひとつのプレイブック  Silver Linings Playbook (映画の話でコーヒーブレイク)
意外なことに、本年度のアカデミー賞の主要6部門(作品賞、監督賞、主演男女優賞、助演男女優賞) すべてでノミネートされた唯一の作品で、主演女優賞を弱冠22歳のジェニファー・ローレンスが 受賞です 原題の「Silver Linings」。 「Every cloud has a silver lining. す...
世界にひとつのプレイブック (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2012年米国 上映時間:122分 監督:デヴィッド・O・ラッセル  原題は『SILVER LININGS PLAYBOOK』で、邦題同様意味不明のタイトルである。要約すると、シルバーライニングは太陽の光を受けて白く輝いている雲の縁の部分、
『世界にひとつのプレイブック』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『世界にひとつのプレイブック』を観てきた!? 水曜日(だいたい安くなってる日)ということもあって混んでましたね。 公開から数週間経過しているのですが・・ 年齢層もカップル・シングル問わずな感じ。アカデミー効果もあるんすかね(^^) ストーリーはコチラ(^^)/ ...
映画「世界にひとつのプレイブック」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その...
世界にひとつのプレイブック 病むぞ〜この映画。 (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=16 うち今年の試写会2】 そう言えば鑑賞した映画のレヴューって追いついていたのだ。 第85回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、ティファニーを演じたジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞ってことで押さえておくかと鑑賞した。  妻の浮気...
世界にひとつのプレイブック ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
それぞれに愛する人を失い心に傷を負った男女が再生していく姿を、涙と笑いでつづるヒューマン・コメディー。オスカーで6部門にノミネートされた『ザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、人生の再起に懸ける男女をハートフルに描く。 主演は、『ハングオーバ...
■世界にひとつのプレイブック (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第304回「大女優への片鱗を見せつけた彼女とそれを認めたアカデミー」 おそらく彼女が先日のアカデミー賞で主演女優賞を獲得していなければ、私はこの作品を観ることはなかったことでしょう。そして、彼女が主演女優賞を獲得していなければ、いつも私が通う映画館でこ....
世界にひとつのプレイブック (愛猫レオンとシネマな毎日)
本年度アカデミー賞の8部門にノミネートされ、ジェニファー・ローレンスが 主演女優賞を受賞しました。 でも、本作のストーリーからいくと、ブラッドリー・クーパーが主演。 ジェニファーは、その相手役でした。 演技は、もちろん素晴らしかったけど、正直「コレで1番...
世界にひとつのプレイブック (Diarydiary! )
《世界にひとつのプレイブック》 2012年 アメリカ映画 − 原題 − SILV
世界にひとつのプレイブック ((仮)impression)
【原題】  Silver Linings Playbook アカデミー賞に8部門ノミネート ジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞した『世界にひとつのプレイブック』です。
「世界にひとつのプレイブック」 感想♪ (★ Shaberiba )
父(デニーロ)の涙にほろり。
映画『世界にひとつのプレイブック』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-22.世界にひとつのプレイブック■原題:Silver Linings Playbook■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:123分■観賞日:3月1日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,000円 □監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル◆ブラッドリー・クーパー(パット)◆ジ...
世界にひとつのプレイブック (いやいやえん)
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス共演。 妻の浮気現場で暴力をふるい家庭も仕事も失ったパット。事故で夫を失ったあと自暴自虐のビッチ的行動をとっていたティファニー。人生のどん底にいた男女の出会いと再起を描いた作品。 シリアスドラマの中に...
世界にひとつのプレイブック (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SILVER LININGS PLAYBOOK】 2013/02/22公開 アメリカ 122分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー ダニー 少しイカれたきみが、なぜか希望の光。...
「世界にひとつのプレイブック」 (ここなつ映画レビュー)
イチ押しのジェニファー・ローレンスの出演、他の出演者もアカデミー賞ノミネート総なめ、という事もあり、期待して観ました。心に傷を負った者同士の出会いと再生、というテーマも良かったし。 …でも…。私にはあまり面白くなかった。すみません。と謝ってしまう位に...
世界にひとつのプレイブック(P) (secret boots)
評価点:72点/2012年/アメリカ/122分 監督:デヴィッド・O・ラッセル 親父、あんたが一番悪い。 パット(ブラッドリー・クーパー)はある事件を起こし、精神科病棟で治療を受けていたが、ようやく退院が認められ、保護観察の身になった。 精神的に不安定....
世界にひとつのプレイバック (映画好きパパの鑑賞日記)
 「アメリカン・ハッスル」のデビッド・O・ラッセル監督の前作。ジェニファー・ローレンスにオスカーを取らせ、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロも出ています。しかし、「アメリカン・ハッスル」同様、今ひとつ。特筆すべきものはないのに、精神障害者を主...
映画評「世界にひとつのプレイブック」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督デーヴィッド・O・ラッセル ネタバレあり
世界にひとつのプレイブック (映画大好きだった^^まとめ)
1 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2012/12/28(金) 23:22:37.20 ID:3tMUibT3少しイカれたきみが、なぜか希望の光。心が壊れたふたりの出会いと再起に、全世界が応援!爆笑がいつしか大粒の涙に変わる ...