京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『おと・な・り』

2009-05-27 01:35:40 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「おと・な・り
□監督 熊澤尚人
□脚本 まなべゆきこ
□キャスト 岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、
       市川実日子、とよた真帆、森本レオ、平田満

■鑑賞日 5月23日(土)
■劇場 恵比寿ガーデンシネマ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 人の縁は不思議な赤い糸で結び付けられている。 その糸を手繰り寄せて早く出会うこともあれば、
 ゆっくりと時間をかけて出会うこともある。 だから人生って面白いのかもしれない。

 それぞれに夢を持つ二人。 風景写真家になりたいカメラマンの聡(岡田准一)。 
 そしてフラワーデザイナーになりたい七緒(麻生久美子)。 生まれ育った町を離れ、
 都会のしかも同じアパートのお隣り同士として暮らす二人。 でも互いがそこに住んでいるとは全く知らない。 

 殺伐とした都会の片隅の、壁を隔てた隣室に生活しながら、お互いに顔を見たことはない。 
 それぞれが何となく気にしながら生活をしていく中で、互い互いの生活音に癒しを感じるようになっていく。

 決して派手さや羨ましくなるような恋愛模様ではない。 恋愛ベタのの二人なのかもしれない。
 淡々と静かに描かれていく物語は、主人公である岡田准一と麻生久美子の等身大の30代の生き方を
 追いつつ、都会に住む醒めた人間の表裏を焙り出したり、その反面、久しぶりの高校時代の恩師の
 退職祝いに集まり、昔の仲間と親交を温めたり、忘れていたことに気づかされたりして、そこに僅かな
 心の動きや襞を優しく描き出していく。

 これは「映画だから」と言ってしまえば、最後のオチに感動も薄れてしまうかもしれないが、
 ある意味こんな時間のかかる遠回りの赤い糸もあっていいのでは。 忘れかけたほのかな
 ときめきを思い出す瞬間でもあった。

 かみさんはもちろん岡田クン狙いだったが、僕は麻生久美子チャン狙い(笑) 
 ここのところの彼女の自然体の演技が最近お気に入り。 決して美形ではないけど、
 それでも絵になる女優さんの一人だということは間違いない。 もう1本、彼女の作品の上映が始まった。 
 それは三木聡監督の『
インスタント沼』です。 こちらも楽しみです。

 そうそう岡田クンは大阪出身なのだが、映画の中でシンゴ(池内博之)の彼女役で出ていた茜役の
 谷村美月ちゃんとの会話のやり取りで、つられて関西弁が出るかと期待していたのだが、
 彼女の怒涛の関西弁攻撃にもめげず、見事交わしていたところが面白かった(笑)

     初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。

  少しだけ遅れてきた淡い恋の味を思い出しました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ジュース | トップ | 『天使と悪魔(吹替版)』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして! (フェイ)
2009-05-27 17:33:25
拙宅の記事にTB下さったので、覗きに参りましたが、yahooからのTBの仕方が判りません^^;
なので、コメントを残します。。
いい雰囲気で、好きなラブストーリーですが、記事にも書きましたように、お花の扱いが気になりました!
お邪魔いたしました~(_ _)
おはつです~ (cyaz)
2009-05-27 17:48:55
フェイさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いい雰囲気で、好きなラブストーリーですが、記事にも書きましたように、お花の扱いが気になりました!
なるほど、そうでしたか^^
彼女の葛藤も含まれていたんだと思います。
こんにちは! (ちか)
2009-05-27 19:38:41
早速観てきました、この映画。

たしかに谷村美月嬢、怒涛の関西弁でしたねー。
関西弁はなかなか抜けにくいもののようだけど、素だとどうなんでしょうね。
以前、「フライ・ダディ・フライ」の挨拶つき試写会を観たときには、堤真一氏の言葉には関西弁のイントネーションがまざったけど、岡田くんは標準語だったように記憶してます。
関西弁~ (cyaz)
2009-05-27 22:19:51
ちかさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>たしかに谷村美月嬢、怒涛の関西弁でしたねー。
ですよね(笑)

>関西弁はなかなか抜けにくいもののようだけど、素だとどうなんでしょうね。
最近の人は無理に治さないですからね~
僕の時代は大変でしたけど(笑)

>堤真一氏の言葉には関西弁のイントネーションがまざったけど、岡田くんは標準語だったように記憶してます。
僕も大阪人ですが、一度も大阪人に見られたことはないですよ(笑) もっとも東京の方が長くなりましたが^^
未見で来るひと(笑) (Ageha)
2009-05-28 07:57:38
まだ恋は始まらない
…わけですね(笑)
それもまたせつない余韻が残るかも。

枚方Walkerによると
岡田クンの実家って
京阪で1つおとなりの駅なんでうちから徒歩圏内。(笑)

あんまし関西人て気はしないね。てっきり東京出身だと思ってた。

他の方言と違って
関西弁はメディアでフツーに使われて認知度が高いし、吉本もあるし
住むとこが変わっても
あえて言葉を直そうとしないとこがありますね。キンキキッズや関ジャニ∞みたくそれすら持ち味にしてるアイドルもおるし。

逆に役柄上付け焼き刃でしゃべってるえせ関西弁はものすごいわかるんでどうしても気になると
作品の感想で絶対ツッコミ入れてしまうのが悲しい。(笑)


それもあり~ (cyaz)
2009-05-28 08:23:18
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>まだ恋は始まらない…わけですね(笑) それもまたせつない余韻が残るかも。
って言うかエンディング観れば、この恋の行方はわかりまんねん(笑)

>岡田クンの実家って京阪で1つおとなりの駅なんでうちから徒歩圏内。(笑)
へぇ~、写メで送ってくなはれ~

>あんまし関西人て気はしないね。てっきり東京出身だと思ってた。
やっぱ、美形だからね^^
僕と一緒!

>あえて言葉を直そうとしないとこがありますね。キンキキッズや関ジャニ∞みたくそれすら持ち味にしてるアイドルもおるし。
せやねぇ~
今でこそ出来るけど、漫才ブーム前はとても出来なかったこと。

>作品の感想で絶対ツッコミ入れてしまうのが悲しい。(笑)
そりゃ、大阪のオバハン特有の“性”ですわ(笑)
生活が漫才やし(汗)
こんにちは (まりっぺ)
2009-05-31 09:07:33
ラストは、ロマンがあってよかったと思いました。
想像~ (cyaz)
2009-06-01 08:16:58
まりっぺさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ラストは、ロマンがあってよかったと思いました。
映像をわざと出さずに二人の会話だけで、観てる側に想像させたかったのかも^^
プライバシーなさすぎ(笑) (Ageha)
2009-06-05 21:25:20
コーヒーミルの音
フランス語会話の練習、
いや、つぶやき程度の歌声が聞こえてしまうようじゃ
ワタシあそこには
住めません。(笑)

…っていう設定はこっちへ置いといて
きゃ~胸キュンな
作品でした。

谷村美月ちゃんの役って決して悪気はないんだけど、どうもあの流れのなかではやたらうるさくて幾分不快でした。

B型でしゃべくりまくる大阪のおばちゃんて
アレよりすごい?


…我が身振り返って
ドキドキしつつ
そやな~言われたら
グーで殴りますが(笑)
やっぱ~ (cyaz)
2009-06-05 23:16:13
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>コーヒーミルの音 フランス語会話の練習、いや、つぶやき程度の歌声が聞こえてしまうようじゃワタシあそこには住めません。(笑)
ん、声がデカい?
怒号の大阪オバチャンパワー~

>きゃ~胸キュンな作品でした。
その昔はありましたなぁ(笑)

>谷村美月ちゃんの役って決して悪気はないんだけど、どうもあの流れのなかではやたらうるさくて幾分不快でした。
そうですねぇ(笑)
あそこまでズケズケと来られるとチト引きますなぁ(笑)

>B型でしゃべくりまくる大阪のおばちゃんてアレよりすごい?
モチっ!

>…我が身振り返ってドキドキしつつそやな~言われたらグーで殴りますが(笑)
やっぱ(笑)
TBさせていただきます☆ (ameixa)
2009-10-11 10:44:45
こんにちは~。遅ればせながら観て来たので
TBさせていただきます。

自分も七緒ちゃんや聡のようにやりたいことに迷ったり、チャレンジしたりしてるので
とても親近感のわいた映画でした。

見終わったあとに、一緒にいった人と長いこといろいろ話せた映画は初めてで
それだけ、自分たちの日常に近かったのかなと思います。
親近感~ (cyaz)
2009-10-11 13:38:54
ameixaさん、TB&コメントありがとうございましたm(__)m
2009-10-11 10:44:45

>自分も七緒ちゃんや聡のようにやりたいことに迷ったり、チャレンジしたりしてるのでとても親近感のわいた映画でした。
こういうことが人生で大なり小なりあるような気がします。 淡い想い出も含めて^^

>見終わったあとに、一緒にいった人と長いこといろいろ話せた映画は初めてでそれだけ、自分たちの日常に近かったのかなと思います。
そうでしたか^^
我が夫婦はいつも映画を観た後、飲みながら話をしていますよ!
こんばんは~! (latifa)
2009-12-17 17:13:37
cyazさん、こんにちは!寒いですね~

岡田君が大阪出身とは知りませんでした、全く関西弁のなごりが無いなあ・・・。
今度大阪弁をしゃべってる役を見てみたい気がします(そういう役をやったことがあったかもしれませんが、印象に残ってない・・)
麻生さんは私も好きです。
時効警察での、三日月さんみたいなコメディっぽいのも、可愛いくて好きだな~。
大阪弁~ (cyaz)
2009-12-17 17:37:46
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさん、こんにちは!寒いですね~
ほんとお寒いですねぇ><

>岡田君が大阪出身とは知りませんでした、全く関西弁のなごりが無いなあ・・・。今度大阪弁をしゃべってる役を見てみたい気がします
結構、映画以外のバラエティではしゃべってますよ(笑)

>麻生さんは私も好きです。時効警察での、三日月さんみたいなコメディっぽいのも、可愛いくて好きだな~。
そうですね^^
しっかりしているようでどこか洩れているようなそんな彼女がカワユっす!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おと な  り (BUNPITUノHIBI)
熊澤尚人監督 カメラマンの聡は風景写真を撮りたいと願っているが、モデルである高校時代の友人シンゴの写真でブレイクしたこともあってモデル撮影の仕事ばかりだ。一方、花屋で働く七緒はフラワーデザイナーの勉強のためにフランスへの留学を控えている。2人はアパー...
おと・な・ り (すたむの独り言)
友人の紹介でシネ・リーブル神戸で先行上映されていた「おと・な・り」を見てきました。 タイトルからして掛詞になっていてとても良さそうな雰囲気。 隣の部屋に住んでいる人の音が聞こえてくるというお話。 鼻歌が聞こえるほどの薄い壁ってあるのかと一瞬思ったけれど、...
おと・な・り☆独り言 (黒猫のうたた寝)
大好きな作品『虹の女神』の熊澤監督で出演が岡田准一と麻生久美子・・・チェックしないわけにはいかないなぁ~っと『おと・な・り』観に行ってきました。”お隣”の”音”毎日聞こえる音が、いつの間にか当たり前になりそれが聞こえないほうが、なんか落ち着かないそんな...
おと・な・り (2009) (白ブタさん)
『重力ピエロ』 より前に見たんですけども・・・
おと・な・り (LOVE Cinemas 調布)
「木更津キャッツアイ」シリーズ、『陰日向に咲く』の岡田准一が主演。ヒロインに麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子と若手実力俳優が揃います。ベテラン勢に平田満、森本レオ、とよた真帆といったこれまた個性派を配したキャスティングは中々魅力的。...
おと・な・り/岡田准一、麻生久美子 (カノンな日々)
麻生久美子さんの主演作といえばもうすぐ公開される三木聡監督の『インスタント沼』が楽しみだったりするんですけど、その前にこの映画デス。近くのシネコンでも2週間くらい待っていれば上映されるんですけど待ちきれなくて先行上映中の恵比寿ガーデンシネマに観に行って...
映画 「おと・な・り」 (ようこそMr.G)
映画 「おと・な・り」
おと  な り       試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
はじめて好きなったのは、あなたが生きている音でした。 耳をすませば、恋がはじまる。 2009年 日本 公開日2009/05/16 監督 熊澤尚人 脚本 まなべゆきこ 出演 岡田准一/麻生久美子/谷村美月/岡田義徳/池内博之/市川実日子/郭智博/清水優/とよた真帆/平...
おと・な・り (あーうぃ だにぇっと)
監督: 熊澤尚人 キャスト 聡☆岡田准一 七緒☆麻生久美子 谷村美月 シンゴ☆岡田義徳 池内博之 市川実日子 とよた真帆 森本レオ 他
*おと・な・り* (Cartouche)
{{{   ***STORY***               2009年  日本 人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思いを抱えるカメラマンの聡(岡田准一)。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス...
おと・な・り (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:熊澤尚人 防音設備
レビュー:おと・な・り (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][叶えたい夢][偶然][ロマン][実写][邦画][ビスタ] インナー度:★★★★☆ 偶然度:★★★☆☆ 出演: 岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、郭智博、清水優、とよた真帆、平田満、森本レオ 人気モデルの撮影の仕...
『おと・な・り』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
人気モデルの撮影に忙しい毎日を送りながらも、進むべき道を模索しているカメラマンの聡。フラワーデザイナーを目指しながら、花屋でアルバイトに励む七緒。夢を追いかけながら人生の分かれ道に立つ30歳のふたりを結びつけたものは、アパートの壁越しに聞こえてくる何気な...
「おと・な・り」 (みんなシネマいいのに!)
 都会の古いアパートで隣り同士のカメラマンとフラワーデザイナーを目指して花屋のバ
おと・な・り~のストーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。熊澤尚人監督、岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、平田満、森本レオ。 タイトルは「音鳴り」と「お隣」をかけているが、原作の脚本「A/PART」もapart(離れ離れ)とapartment(アパート)をかけているようだ。非現実...
君のいる場所?『おと・な・り』 (水曜日のシネマ日記)
東京にある1軒のアパートで隣の部屋に住みながら顔を合わせた事のない男女の物語です。
おと・な・り (とりあえず、コメントです)
熊澤尚人監督が岡田准一さん&麻生久美子さんを主演に描いた音から始まるドラマです。 印象的な音が、役者たちに寄り添うように撮られている映像と共に優しく心に響いてきて、 観終わった時に思わずニッコリするような映画でした(^^)
おと・な・り (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
人生に迷う大人が主人公だが、展開は少女漫画のようで、偶然に頼るラブストーリーだ。古びたアパートの隣同士に暮らす聡と七緒は、壁越しに聞こえる生活音を通して互いが気になり始める。熊澤監督らしい清潔感あふれる演出の中、思わぬ悪意に傷つく様子などビターな一面も...
はっぴいえんど~『おと・な・り』 (真紅のthinkingdays)
 カメラマンの野島聡(岡田准一)は、風景写真を撮りたいと願いつつ、高校時代か らの親友でトップモデルのシンゴ(池内博之)の専属カメ...
おと・な・り (タル★タル ソース♪♪)
「おと・な・り」を観てきました。期待以上に、とっても良い映画でした。フランス映画を思わせるようなたたずまいの中、とても優しい、そして題名どおり、音がとっても印象的でした。そして、岡田くんのかっこいいこと!映画としても十分楽しめた上に、あんなにかっこいい...
「おと・な・り」 音からにじみ出るその人らしさ (はらやんの映画徒然草)
「インスタント沼」を先日観賞したので、本日はまたまた麻生久美子さん主演の「おと・
『おと・な・り』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日は新宿ピカデリーでたまっていたポイントを使って、『おと・な・り』を観てきました。 ゆったり穏やかな映画でリラックスして観られた作品でした。 ******************** 人生の分岐点に立つ30歳の男女を主人公に、都会の古いアパートでお隣り同士となった2人...
「おと・な・り」初夏の麻生久美子祭・第1弾(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[おとなり] ブログ村キーワード  隣の家(部屋)から聞こえてくる音って、気になりますよね?そりゃ騒音はイヤですけど…。「おと・な・り」(ジェイ・ストーム)。この映画では、その気になる“音”が、何と恋愛にまで発展しちゃうんですよ!う~ん、何ともメルヘンチック...
音がもたらす運命の恋。~「おと・な・り」~ (ペパーミントの魔術師)
むっちゃ切なくて胸キュンな気分になったんですが たったひとつ。 先にツッコミいれていいですか~~。 あんなにプライバシーのないとこ うちはよう住めません。(笑) 聞こえすぎやろ。 しかも ココは聞こえるのにココは聞こえてない ないやろ。(笑) はい、では本編...
「おと・な・り」 (古今東西座)
『おと・な・り』は古いアパートの隣同士に住んでいる男(岡田准一)と女(麻生久美子)、夫々の物語が並行して語られる。壁が薄く、お互いの生活音はまる聞こえで、極めて近い存在ながらお互いの人生はなかなか交わらない。それどころか顔さえも知らない間柄。
「おと・な・り」ストーリーには無理があるが (ももたろうサブライ)
監督 熊澤尚人少しあらすじカメラマンの聡(岡田准一)は友人でもあるモデルのシンゴの写真集で名が売れたが、風景写真を撮りたいという夢を抱き、モデル撮影の仕事を捨ててカナダへ行くことを考えている。シンゴに映画出演の話があり、聡は社長からスチール写真の仕事を...
おと・な・り (メルブロ)
おと・な・り 265本目 2009-26 上映時間 1時間59分 監督 熊澤尚人 出演 麻生久美子 岡田准一 谷村美月  岡田義徳  池内博之  市川実日子  郭智博  清水優  とよた真帆  平田満  森本レオ 会場 新宿ピカデリー 評価 8点(10点満点)  麻生...
おと な り (しぇんて的風来坊ブログ)
この映画は「お隣」で「音鳴り」なのだろう。 隣人を主題にした映画というのはなかなか面白い作品があるジャンル(「真木栗ノ穴」、「聴かれた女」)ですが、この作品はちょっとした転機とちょっとした勇気とほんわかと不思議な運命が良くブレンドされた、特にラストがあ...
【おと・な・り】 (日々のつぶやき)
監督:熊澤尚人 出演:岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、市川実日子、池内博之、とよた真帆、平田満、森本レオ    初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。 「聡はトップモデルシンゴの専属カメラマン、でも本当に撮りたいのは風景
おと・な・り (ダイターンクラッシュ!!)
6月17日(水) 13:50~ 恵比寿ガーデンシネマ1 料金:1000円(水曜日割引) パンフレット:800円(買っていない) 『おと・な・り』公式サイト 「おと な  り」とも表記されている。 麻生久美子強化月間の3作品。いよいよ最後。 他の二作が浮世離れしている人た...
『おと・な・り』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:熊澤尚人出演:岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、とよた真帆、平田満、森本レオ鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思い...
映画 【おと・な・り】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「おと・な・り」 『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人監督によるラブストーリー。 おはなし: カメラマンの聡(岡田准一)と花屋に勤める七緒(麻生久美子)は、古びたアパートの面識の無い隣人だった・・・。 これってジェイ・ストームっていうジャニー...
おと・な・り (C'est joli~ここちいい毎日を~)
おと・な・り ’09:日本 ◆監督:熊澤尚人「DIVE!!」「ニライカナイからの手紙」 ◆出演:岡田准一 、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳...
【おと・な・り】基調音で繋がるお隣との日常風景 (映画@見取り八段)
おと・な・り 監督:  熊澤尚人 出演:  岡田准一、麻生久美子、谷村美月、池内博之       公開: 2009年7月 風の音、水辺の音、...
おと・な・り (単館系)
地元のMOVIXさいたまでは今週金曜日までだったので初めて新宿ピカデリーへ。 今回麻生久美子さんの2009年6月3部作という異名がある意味有名な...
映画「おと・な・り」 (Serendipity !)
 7月24日夜、「名古屋シネマ・フェスティバル2009」のオープニングイベントの
おと・な・り (愛猫レオンとシネマな毎日)
「虹の女神」の熊澤尚人監督の最新作という事で見るのを楽しみにしてました。 なんせ、熊澤監督の感性がワタシの好みにドンピシャ!ストライクなのです。 今回もステキな映画でした。 もう一度見て、心地よい二時間を過ごしたい。 DVDが出たら、手元に置きたい...
『おと・な・り』のあざやかさ (映画のブログ)
 最近、あざやかな幕切れの映画を見ないのが気になっていた。  たまたま私のめぐり合わせが悪かったのかも知れない。  しかし、クライ...
岡田准一くん主演『おと な り』を観ました。 (cena emocional)
おと・な・り [DVD](2009/11/04)岡田准一麻生久美子商品詳細を見る V6の岡田准一と麻生久美子の共演によるファンタスティックなラブストーリ...
「おと・な・り」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
“おと・な・り”と妙なところで切ってある題名には、そういう意味があったのか~!
「おと・な・り」惜しい! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
途中まで良かったんだけどなぁ~!!
mini review 10446「おと・な・り」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
都会のアパートの隣同士に暮らし、一度も顔を合わせたことはないが、音によって惹(ひ)かれ合っていく男女の恋の行方を描くラブストーリー。監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人。進むべき道を模索するカメラマンを岡田准一、30代の女性として揺れ動きながら夢の...
おと・な・り (映画的・絵画的・音楽的)
 昨日の記事で触れたように、麻生久美子が出演する作品は、最近のものについてはかなり見ているつもりにもかかわらず、『おと・な・り』(熊澤尚人監督、2009年)については見逃したままでしたので、そのDVDを借りてきて見てみました。 (1)この作品は、偶然アパートの隣...
おと・な・り  映画 (眠れない夜のことば遊び)
30日土曜日、娘二人と恵比寿ガーデンシネマで観てきました。 V6がらみだと、付き合ってくれる友達がいないらしく、ママ、一緒に行かない?と長女が言えば、「私も」・・と次女も、行くことに。 土曜だと平常料金なわけで、ちょっとためらいましたが、一人で行くの...
[映画]おと・な・り (日々の書付)
フラワーデザイナーを目指す七緒とカメラマンの聡。 直接顔を合わせたことはないけれど、おとなり同士のふたりの、古いアパートの壁の向こうから聞こえてくるお互いの生活の音は、気づかないうちに互いの生活の一部となっていた。 「おと・な・り」は顔も知らないお隣ど...
おと・な・り (インドアですが?)
おと・な・り [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサルメディア: DVDあらすじ『虹の女神 Rainbow Song』の熊澤尚人監督が、V6の岡田准一と『時効警察』の麻生久美子主演で描いたラブストーリー。古いアパートで暮らす聡と七緒は、互いの部屋から聞こえる生活音に...
TV(BS・CS)観た映画(日本)を5本 (読書と映画とガーデニング)
「サマータイムマシン・ブルース」2005年 こんな映画があったとは知りませんでした瑛太さん映画初主演作とある大学の「SF研究会」の男子学生(瑛太、ムロツヨシ他)と「写真部」の女......