京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「仮面同窓会」」/雫井脩介

2014-09-11 00:09:11 | Book

「仮面同窓会」/雫井脩介(幻冬舎)


 
高校の同窓会で再会した幼馴染みの4人組。
同窓会の壇上で、“したり顔”でスピーチしていた
ある生徒を囚人扱いしていた体育教師。
4人は教師に仕返しを計画。 生きたまま廃工場に置き去りにしたはずが、
なぜか教師は翌日、そこから2キロ離れた溜めで溺死体となって発見された。
4人のうちの誰かが教師を殺害したのか? または他に真犯人がいるのか?

悪意ある“お礼参り”ではないが、やはり「教師」という特別な“印籠”を
振り翳し、納得いかないお説教や、中には体罰(支障の出ない程度)を与えられる
場合もあった。 ここでの教師は、理不尽な理由で生徒をある意味イジめていた
節がある。 いや恒常的に行われている自分のハケ口のようなものでもあった。
だからこの4人が、いわゆる“お礼参り”ならぬ仕返しを計画したのだった。

4人の中に犯人がいる。 教師を置き去りにしたところまでは生きていた。
なのに、翌朝死体で上る。 そこから互いが心理戦を仕掛ける中、新たな
2人組とまるでトランプのジョーカーのような輩が、さらに4人を困惑させる。
4人の心理戦だけでなく、どんどん泥沼化する中、よじれてもつれ合った糸が
少しずつほどけていく。 最初に敷かれた導線は、このジョーカー(ジョージ)に
よって究極の展開と衝撃を与えられることになった。

淡々としていて、でもしっかりと人間の感情の浮き沈みを描きながら、
真犯人の実像を炙りだしていく過程が非常に面白かった。
途中、自分なりに真犯人を予想していたのだが、その予想は外れたものの、
キーになる人間は的を外していなかったし、真犯人に繋がったといえる。
これは実に面白い小説だった。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「片岡鶴太郎展 還暦紅」/松... | トップ | 『フライト・ゲーム』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読みたい~ (NAO)
2014-09-12 14:35:33
いやぁ~これ、面白うそうですね。

人生の中で、今でも大嫌いな先生3人いるので
ちょっとその先生方を想像して読んでみたいわ~(笑)
ぜひ~ (cyaz)
2014-09-12 17:17:20
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いやぁ~これ、面白うそうですね。
ぜひぜひ^^

>人生の中で、今でも大嫌いな先生3人いるので
ちょっとその先生方を想像して読んでみたいわ~(笑)
色んな先生と出会ったけれど、
やっぱり人として尊敬できない先生はいますよね(笑)
10周年おめでとう(*´▽`*) (latifa)
2014-09-13 13:48:56
cyazさん、ちょっと遅くなってしまったけれど、おめでとうございます
10年って長いですよー!
そういう私も10月くらいで10年目なんです。
でも、さぼってばっかりだから(^^ゞ
cyazさんは、しっかりコンスタントに更新されていて、本当に凄いです。

この10年の間に、色々なブロガーさんと出会ったり、また、残念ながら、だんだんブログを停止されてしまった方も沢山いらっしゃって・・。
そんな中、古くからこうやって続けていらっしゃるcyazさん、凄く貴重な存在です。
これからも楽しみにしています★

あ、この小説。
タイトルが、とてもインパクトありますよね。
誰しも~ (cyaz)
2014-09-13 21:28:53
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさん、ちょっと遅くなってしまったけれど、おめでとうございます

ありがとうございます^^

>10年って長いですよー!そういう私も10月くらいで10年目なんです。
お~、ひと月違いなんですね^^

>しっかりコンスタントに更新されていて、本当に凄いです。
たまたまです(笑)

>残念ながら、だんだんブログを停止されてしまった方も沢山いらっしゃって・・。
それは僕も感じていました><

>凄く貴重な存在です。これからも楽しみにしています★
こちらこそ、これからもすえ長く^^

>あ、この小説。タイトルが、とてもインパクトありますよね。
こういう嫌いな先生、誰しもいますよね(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
仮面同窓会/雫井脩一 (本と映画、ときどき日常)
同窓会でかつて体罰を受けていた教師と再会。 同窓生4人でちょっとした復讐をしたつもりが…。 翌日その教師が全然違う場所で死体で発見される。 とりあえず怪しい人ばかり。 それでいて誰が犯人でも”そんなもん”? ドラえもんじゃなかったら興ざめの一冊だった...
(書評)仮面同窓会 (新・たこの感想文)
著者:雫井脩介 仮面同窓会(2014/03/20)雫井 脩介商品詳細を見る 平凡な営業マンとしてうだつの挙がらない日々を送る洋輔。彼の胸中にあるのは、高校時代、つるんでいた悪友たちと共に、権威主義的な体罰教師に絞られた思い出ばかり。そんな中、高校の同窓会でかつ...
「仮面同窓会」雫井脩介 (読書感想文 と ブツブツバナシ)
「仮面同窓会」雫井脩介 10年経った今でも忘れられない記憶。。 高校時代の嫌な思い出に囚われる洋輔は、 同窓会で仲間たちと再開。 当時の思いを晴らすべく、 復讐を計画することになるのだが。。。 雫井さん新刊! 進んでいく復讐計画。 実行に移すが、、思...
仮面同窓会 (風竜胆の書評)
 仮面舞踏会ならぬ、「仮面同窓会」(雫井脩介:幻冬舎)。主人公の新谷洋輔は,システムキッチンの営業マン。彼が通っていた狐狸山高校の同窓会で出会った級友たちに、かっ ...
「仮面同窓会」ネタバレ感想 雫井 脩介 (ポコアポコヤ)
雫井さんの小説は、自分とは合わないかもしれない・・・
「仮面同窓会」を読んで。 (読書感想文。)
雫井脩介さんの「仮面同窓会」を読了しました。 ラストは全然予想がつかない形でしたが、ただただ読了感はあまり良くありません・・・。 どうせならもっととことん後味の悪い感じの方が良かったかも。 満足度は70%です。 ・・・病院に血圧の1ヶ月分の記録を見ても...