京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ロング・エンゲージメント』

2005-03-15 00:02:06 | 洋画
 “直感”を信じる。
  それは、“奇跡”に耳をすますこと。

■監督 ジャン=ピエール・ジュネ
■脚本 ギョーム・ローラン
■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」)
■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・コルニヤック、ドニ・ラヴァン、ティッキー・オルガド、マリオン・コティヤール、アンドレ・デュソリエ、ジャン=ピエール・ダルッサン、ドミニク・べテンフェルド

第一次世界大戦下のフランス・ブルターニュ地方。 マネク(ギャスパー・ウリエル)とマチルド(オドレイ・トトゥ)は互いに純粋に惹かれあっていた恋人同士だった。 だが過酷な運命は幸せな二人を引き裂いてしまう。 戦場に旅立ったマネクの安否を心配していたマチルドの元に悲報が届いた。 マネクは軍法会議にかけられ死罪を宣告されたと。 ただ彼の最後を見届けたものはいなかった。 戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。 終戦後、5人の中の1人、マネクの婚約者だったマチルドは、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。 マネクは生きている…そんな直感を頼りに、私立探偵のピールを雇い捜索を続けるマチルドだが、様々な人の証言をたどり続けても、依然マネクの行方はつかめない。 そんな頃、マチルドの元に決定的な証言が飛び込んできた。

おススメ度 ⇒★★☆(5★満点、☆は0.5)
cyazの満足度⇒★★☆

 あの『アメリ』のコンビ(ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥ)が、再び組んだ作品だと言うことで、予告編で観てから、ずっと公開を楽しみにしていました。
 ひとつはオドレイ・トトゥウという女優さんの魅力で、前作と違った役柄をどういう風に演じてくれるかが楽しみの一つでした。
 正直に言うと残念ながら思っていたような作品にはなっておらず、やや残念だったかなという感じです。 最後までマネクが生きていることを信じ、手がかりを探す、彼女の可憐で、気丈な女性を演じているのだが、その自体は問題ない。 ただあまりにも前置きが長く、謎解きも途中で何となく結論めいたものがわかってしまう。 ましてやラストシーンはあんな感じでいいのかって思うほど、シンプルで、それまで引っ張るだけ引っ張っておきながら、それはないんじゃないのといささか拍子抜けで、泣けるものではありませんでした。
 クレジットにはしっかり出ていましたが、今作ではハリウッドの大物女優が出演しています。 彼女が何故この映画に出演したのかはよくわかりませんが、最近大きな出演作もなく、こういった類の映画を選んだのは、彼女のインテリによるものなのだろうか? 彼女でなくてもいいような気もしたが、もし使うならもう少し重要なところで起用してほしかったと思った。 
 重いテーマながらひたむきに婚約者の生存を信じ、どんな些細な情報にも耳を傾ける。 愛するがゆえに。 でも結構面白いシーンもある。 それは郵便配達人とマチルド、マチルドを育てる叔父叔母のやり取りである。 重くなりそうなストーリー展開の中に、やや笑える部分も用意してあるところは、流石『アメリ』のジュネ監督だなぁと感心できた。
 マネクを演じたギャスパー・ウリエルは、男性の目から見ても、その端整な顔立ちで、女性ファンを増やし、これから注目の俳優さんとなるだろう。 そのせいかもしれないが、特に女性に受けた『アメリ』ファンと、イケメン俳優を先取りした女性客が客席には多かったような気がしました^^
これから観る方は『アメリ』の印象を払拭して観て下さいね~♪

観終わって少し経ち↓
 
むしろこの映画は原作とは別に前中盤戦を必要最小限にし、二人がラストに出会うシーンから後に、マネクがマチルドの愛で少しずつ記憶を取り戻していく様を描いたほうが、もっと中身の濃い映画になったのではないだろうか・・・ マチルドというより、オドレイ・トトゥの持ち味を出すにはむしろその方が彼女の魅力が前面に出たような気がしてならない。 今日書店で原作である「長い日曜日」を少し走り読みしてみた。 でもあんまり僕の中には入って来なかった。 純粋な二人のその後を観たくありませんか?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (86)   トラックバック (99)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・戦利品~♪ | トップ | 「ダイアリー・オブ・アリシ... »
最近の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (aki)
2005-03-15 00:37:30
TB有難うございました。劇場で年間100本以上映画を見られるのですね。すごい☆akiはDVDも含めて月10本以上を目指してます。
ハリウッドの大物女優 (えい)
2005-03-15 00:39:14
こんばんは。

cyazさん。

先ほどはお越しいただきありがとうございます。

ハンドル書き損じて申しわけありませんでした。m(_ _)m



私も、この映画では

あのハリウッドの大物女優に驚いた口です。

まったくそれをウリにしてないんですものね。
今晩は。 (ブライス)
2005-03-15 00:55:25
TBありがとうございます。

こちらもTBさせて頂きました。

大女優の名前私語ってますが、宜しかったかしら??
TBサンクス (distan)
2005-03-15 01:11:11
好きなシーンも、たくさんありましたが、もう一度、観たいという感じではないですね。

謎解きを一緒に楽しめればよかったのだけれど。

でも、観てよかったと思える映画ではありました。
TBありがとう (maricobabylon)
2005-03-15 01:48:02
TBありがとうございます。私もTBしてみました。

cyazさんのマメさとTBとコメントの多さにびっくりしました。私も少しずつマメなblogにしていこうと思いました。

おはつです~ (cyaz)
2005-03-15 08:32:44
akiさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



同じ映画を観るのですから、頑張って下さい!

その昔、ビデオも含めて333本年間観たことがあります!

“一日一善”ならぬ「一日一本」でしたね(笑)?!
そうなんですよね~ (cyaz)
2005-03-15 08:35:35
えいさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



僕も最初彼女を観たとき、予備知識を入れてなかったので、よく似た人だなぁと思っていました(笑)?!

でも声を聞いて彼女だと確信しました^^

どうしてこの映画に、しかもそう重要な役回りでもないような気がしたのですが、

出演に踏み切ったのか知りたいですね^^
おはつです~ (cyaz)
2005-03-15 08:37:52
ブライスさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



既に知っている方も多いので構わないのではないですか?

これから観る方には“サプライズ”は取っておいてあげたいですが、

彼女が出ていることを知って観るのもいいかもしれませんね^^
なるほど~ (cyaz)
2005-03-15 08:40:23
distanさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



途中で何となく答えがわかってしまいました(笑)?!

この謎解きの解答は、良く使われるパターンだったので^^

名前と本人とがなかなか合致せず、ちょっと観るのに大変でしたが(笑)
おそれいります~ (cyaz)
2005-03-15 08:42:30
maricobabylonさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



“マメ”ですかねぇ(笑)?!

恐縮してしまいます^^

同じ映画を観て、色んなみなさんの意見や感想が楽しくてなりません。



また時々覗いてみて下さいね!



コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

99 トラックバック

ロング・エンゲージメント (akiのときどきつけるblog)
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演で、ストーリーは全然違うけど、やっぱり「アメリ」に似た展開でした。オドレイ・トトゥ演じるマチルドが恋人の戦死の知らせを信じられず、様々な手が
『ロング・エンゲージメント』 (ラムの大通り)
-------この映画知らないにゃあ。 「だけど今に話題になるだろうね。 監督がジャン=ピエール・ジュネで主演がオドレイ・トトゥ。 つまりは『アメリ』の黄金コンビ」 ------ということは、またまたこだわりの映像が観られるわけだ。 「そう。しかも今回は思いっきりレトロ。
ロング・エンゲージメント (impression)
フランスのジャン=ピエール・ジュネ監督作品。全体がセピア色のカラーと言う感じだ! マチルダが生活している空間の映像が素晴らしい分、戦争の場面では只管汚い現実をさらけ出して悲惨さを問い、このギャップでより訴えを強くしている気がする。相手は対ドイツだし、この
『ロング・エンゲージメント』 (chaos(カオス))
『ロング・エンゲージメント』 第一次世界大戦下のフランス、戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人の兵士に、死刑が宣告された。彼らはドイツ軍との前線に置き去りにされる。 叔父夫婦と一緒に暮らすマチルド、彼女は戦場で死刑を宣告された5人のうちの一人マネク...
ロングエンゲージメント (distan日誌)
予告編では、わりと「純愛モノ」っぽく描かれていますが、実際は、ロマンスと戦争とミステリーをミックスしたような作品でした。 ロマンスの部分は、マチルドとマネクの子供時代の描写など、とてもほほえましかったし、セピア色の映像美を十分に堪能することができました。
ロング・エンゲージメント (ネタバレ映画館)
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。  戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現し
ロング・エンゲージメント (Buchaiku Diary)
良いお天気からスタートした日曜日が、午後には、雪が吹雪いていた。 で、映画「ロング・エンゲージメント」へ、いざ!! 監督は、アメリのジャン=ピエール・ジュネ監督。主演は、アメリ役のオドレイ・トトゥ。 戦死と知らされた彼は、まだ、生きている。と、自分の直
ロング・エンゲージメント★★ (maricobabylon日記)
ギャスパー・ウリエルかっこいい!(ジョシュ・ハートネットを繊細にしたかんじ)でも、出演シーンが少ない!『アメリ』監督主演コンビだから、ファンタジックなこじゃれたかんじかと思いきや、ミステリー?多分けっこう面白い話なんだけど、誰が誰だったか頭の中で整理で...
「ロング・エンゲージメント」(試写会) (なつきの日記風(ぽいもの))
リアルな戦場に描かれるおとぎ話。「アメリ」の監督・ヒロイン、キャストによって描かれるフランス製、ハリウッド映画。 原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES 英題:A VERY LONG ENGAGEMENT 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャプリゾ 脚本:
★★★「ロング・エンゲージメント」オドレイ・トトゥ、ギャスパ... (こぶたのベイブウ映画日記)
「歩くとき、痛くない?」恋の始まりを予感させる最後が良かった。ジョディ・フォスターは素敵だし、美しい映像、セリフも面白かったです。「君の微笑は、幸せの幕開け」「希望がないなんて、死んだほうがまし」「犬がオナラをするのは幸運の印よ!」でも、登場人物がやや...
ロング・エンゲージメント (CINEMA正直れびゅ)
「アメリ」のキャスト・スタッフが再結集したこの作品、予告編の出来が、これまた素晴らしい。ジュネ節満載のラブ・ミステリーとくれば、初日に観に行かないわけには行かない。20世紀初頭のフランスが舞台で、全編セピアカラー。「アメリ」とはちょっと違ったトーンで、マ
ロング・エンゲージメント (chat gourmand)
こ、これは・・・ デリカテッセンのジュネでもないし、アメリのジュネでもない。 どちらかというと、エイリアン4のジュネに近いのかなあ。資金の大半をアメリカが出資したからというわけではないだろうが、それにしても冗長な映画になったものだ。それとも、わたしがこの世
ロング・エンゲージメント (maminka)
ロング・エンゲージメント観てきました。 たしかにストーリーはとてもファンタジックでした。 でも、でも……。 戦場シーン多過ぎ!舞台は第一次大戦下のフランスだったのだけど、上映時間の半分以上が戦場シーンだったのでは?こんなにたっぷり戦争映画を劇場で観たの
ロング・エンゲージメント (maminka)
ロング・エンゲージメント観てきました。 たしかにストーリーはとてもファンタジックでした。 でも、でも……。 戦場シーン多過ぎ!舞台は第一次大戦下のフランスだったのだけど、上映時間の半分以上が戦場シーンだったのでは?こんなにたっぷり戦争映画を劇場で観たの
ロング・エンゲージメント (It\'s a Wonderful Life)
予想以上の力作で満足しました。とにかくどの場面をとってもムダな画面が 無いと思った位、全編の画面の美しさは特筆もの。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督が10年も前から暖めていた 企画だとか。 「アメリ」が大好きな人には、オドレイ・トトウが主...
「 ロング・エンゲージメント 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジャン=ピエール・ジュネ主演 : オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル /      / ドニ・ラヴァン/ティッキー・オルガド /  公式HPhttp://long-eng.warnerbros.jp/ 舞台は第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。あの、 「アメリ」 ...
ロング・エンゲージメント(1/1 新宿) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『フランスからフランス映画じゃないと認定されたフランス映画(?)』 カウントダウン3本立ての最後が、この作品。 『アメリ』の監督&主演女優が再び組んだ恋愛映画です。しかも2時間を超える長丁場。なんだか、観る前から寝てしまいそうな予感がいっぱいでした{/face_z
ロングエンゲージメント (No Cinema,No Life)
あのアメリのスタッフが再集結、という事で期待して見ました。この映画に関しては予告編を見てしまうのと大体の展開が予想できてしまうというか、あまりに予告編が良く出来過ぎていたので本編での驚きが読めてしまった感じです(汗) そんななか意外だったのは、結構グロ
ロング・エンゲージメント (amapola)
マニクが生存しているかどうかよりも、隠蔽された事実よりも、オドレイ・トトゥ演じるマチルドの頭の中のほうが私の理解を超えていてある意味ミステリーだった。
ロング・エンゲージメント (ブラックジャックによろしく哀愁)
★ロング・エンゲージメント (3月12日公開) タイトル: アメリ【期間限定スペシャル版】 『アメリ』で世界に旋風を巻き起こしたジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥが、再び、ファンタジックな物語を運んできた。 第一次世界大戦。戦場を
「ロング・エンゲージメント」 (merci館**)
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥが再び組んだ話題の映画です。「アメリ」にも通じる独特の映像美とミステリーの要素が組み合わさっててなかなか良いのではないでしょうか?あらすじなどは公式サイトでどうぞ。えーと、ちょっと一言いいですか?登
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (わかりやすさとストーリー)
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー●セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?
ロング・エンゲージメント (ともやの映画万歳!)
(原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES) 【2004年・フランス】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの「アメリ」コンビが、セバスチャン・ジャプリゾの全仏ベストセラー小説『長い日曜日』を壮大なスケール映画化
二回観ないと分からない。でも二回観るのはキツい◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月7日(月)試写会にて 今日は『ロング・エンゲージメント』の試写会。 自力で当選した試写会に来るのは2ヶ月ぶりだ。 最近は試写会当選率がめっきり悪くなったというのに、これは今日のと明日のと2通も当選していた。 『アメリ』が大ヒットしたジャン=ピエール・ジ
ロングエンゲージメント(ネタバレなし) (ボクシングと映画の日々)
日曜のレイトショーでした すいていました 女性一人 男性一人の人が 多かったです 観たほうがいい人 ○ 戦争シーンに抵抗感がない人    (「コールドマウンテン」なみにあります) ○ 変わったフランス映画が見たい人    (とはいっても ベッソン監督
ロング・エンゲージメント (ダラックマ日記)
本日公開(日付変わっちゃいました)の 【ロング・エンゲージメント】を観てまいりました。 【アメリ】でおなじみのオドレイ・トトゥと ジャン=ピエール・ジュネ監督のコンビの本作品。 予告編がすばらしかったので、惹かれて映画館へ足を運びました。 私が観にいっ
ロング・エンゲージメント (Cinema de l’apercu)
2004年/フランス「アメリ」でお馴染み、オドレイ・トトゥとジャン=ピエール・ジュネの最強タッグが贈る戦争映画。他にも神父役にウルバン・カンセリエ(「アメリ」では食料品店の店主コリニョン役)が登場したりと、アメリファンには嬉しい作品。R指定がかかっているのも頷ける
ロング・エンゲージメント (NAM1978.cocolog)
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督による、オドレイ・トトゥ主演作品。セピア
「ロング・エンゲージメント」 (千の天使がバスケットボールする)
「彼になにかあれば、私にはわかるはず」という不思議な“直感”を信じ、戦死したと伝えられた婚約者マネクを探す20歳のマチルド。私立探偵を雇い、顧問弁護士の協力をえて、少しずつ真相に近づくそのたびに彼の生存は絶望的になるのに、不自由な脚をひきずりながらマネク
『ロング・エンゲージメント』・・・人を殺すのはイヤ (★shoegirl★)
誰だって愛する人の死は受け入れられないでしょう。 どこかで生きていると信じていたいです。 いつか必ず生きて帰ってきてくれると思い続けたいです。 そんな普通の思い、 でも、たいていは時が経てばあきらめざる得ないだろう・・・と あきらめてしまう所を主人公のマチル
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました★ (とかげの、のんびり懸賞。)
今日の当選はありません。 昨日は、映画「ロング・エンゲージメント」の試写会に行きました。 それに関するとかげのブログは、こちら。 友人に急な誘いをかけ、ふたりで見に行ってきましたが・・・ さっすが、R-15!! 途中、戦争シーンが激しすぎて、胸焼けがし
ロング・エンゲージメント ((ほとんど)シネマ日記)
アメリの女優(オドレイ・トトゥ)は、やはり独特の存在感がありますね。戦争のシーンばかりなのですが、不思議なぐらい純粋な恋愛映画でした。 第一次世界大戦末期、フランス軍のドイツ戦線に「ビンゴ・クレピュスキュル」という奇妙な名を付けられた塹壕があった。 そこに
映画 ロング・エンゲージメント (surry fine diary♪)
映画 ロング・エンゲージメントを観てきました。 今回も、オドレィ・トトゥは可愛かった!アメリの時も可愛かったけど、今回も可愛い! のだけど、お話は、アメリとは全く異なる、第一次大戦期、前線で戦死との知らせを受けた 婚約者を探すという、どことなく「赤毛のアン.
ロング・エンゲージメント (こて通信)
ロング・エンゲージメント 『アメリ』の主役オドレイ・トトゥとジャン=ピエール・ジュネの作品が今日から公開されたようです。 ネット、TVでの宣伝しか見てませんが、すごくきれいな映像に引き付けられます。 動物病院的には「ストライプス」の方がそれらしいのです
ロング・エンゲージメント (Casa de lapiz:鉛筆庵)
第一次世界大戦中1917年、フランス。「ビンゴ・クレピュスキュル」と呼ばれる前線の塹壕を軍法会議にかけられ死刑を宣告された5人の兵士が連行されてゆく。その中の一人の兵士マネク(ギャスパー・ウリエル)がマチルド(オドレイ・トトゥ)の婚約者だった。 戦争が終わ
「ロング・エンゲージメント」  (三食昼寝つき)
{/fuki_oshirase/} ネタ バレバレ <簡単なあらすじ> マチルド(オドレイ・トト)は、マネク(ギャスパー・ウリエル)と9歳の頃に出会い、 互いに惹かれていき、やがて婚約をした。 だが、第一次大戦が始まり、マネクは戦場へ。 マネクの身を案じながらも帰りを待つ2
ロング・エンゲージメント (おうちカフェ。)
てなわけで見てきましたよ「ロング・エンゲージメント」。雰囲気としては、「アメリ」+「ブラザーフッド」?(なんだそれ)ノスタルジックな色彩の美しい映像と、戦場の暗く冷たい映像の両方。戦場で死んだとされている婚約者を、生きていると信じて探し続けるお話です。...
ロングエンゲージメント 2004 134分 (極私的映画論+α)
 第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。幼い頃の病気の後遺症で脚が不自由なマチルド。戦場に旅立った恋人マネクの帰りを待ちわびていた彼女のもとに、ある日、マネク戦死の悲報がもたらされる。彼を含めた5人の兵士が軍法会議で死罪を宣告され、武器も持たずにドイ
ロング・エンゲージメント (ルナのシネマ缶)
試写会で一足早く観てきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネと オドレイ・トトゥのコンビによる 作品だから、ファンタスティックな ミステリーを想像していましたが、 結構生々しい戦場シーンがあり、 以外ときついかもしれません!! 舞台は第一次大戦
ロング・エンゲージメント (映画を観たよ)
眼鏡学校に忘れて大変だった。 いつもよりちょこっと前で座って気合で見ました気合で・・・ ちなみにアメリ大好きです。 予告見て妄想ちっくな女の人が勘信じて突っ走っていく ちょっぴり可愛い純愛もの(アメリみたいなの)想像してましたら 全然違ってだいぶびっくりしま
二度観てもやっぱり同じ◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月16日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 「二度観ないと分からない。でも二度観るのはキツイ」と言っていた 『ロング・エンゲージメント』を、もう一度観ることにした。 ジュネの作品は好きなので、登場人物が把握出来ずに置いていかれたことが悔しくて仕方なかったのだ。
ロング・エンゲージメント (ゴネの独り言・・・ブログ版)
出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン他 監督:ジャン・ピエール・ジュネ ねたばれ気味ですので、注意が必要。 この終わり方、すごく好き。 長ったらしく再会を引っ張らなかったところが、とってもいいです。感動が薄れる事無く、エンディン
ロング・エンゲージメント (カタログ)
ロング・エンゲージメントを劇場にて鑑賞。「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督&オドレイ・トトゥ主演の最新作。戦争の話なので、作り手のセンスによってはどこまでもシリアスに暗く描けそうな内容なのですが、ジュネ監督ならではのユーモアが溢れていて、全体的には楽
3月のシネマ・ヨーロッパ編『ロング・エンゲージメント』 (Brilliant Days )
『アメリ』の監督と女優のコンビが送るラブ・ミステリー アカデミー賞の美術賞と撮影賞にノミネートされていただけあって、セピア色の映像がとても美しい作品でした。 2004年 フランス 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャブリゾ「長い日曜日」
ロング・エンゲージメント (cino)
オーシャンズ12を見に行ったつもりが、たどり着いたのがロング・エンゲージメントの映画館でした。 とんでもない勘違いです。 ジャン=ピエール・ジュネ×オドレイ・トトゥという売れ線作品。 もちろんストーリーは謎解き状態でした。 人の見分けがえらくつかないわたし
ロング・エンゲージメント (KINOKANAL)
監督 :ジャン=ピエール・ジュネ 出演 :オドレイ・トトゥ,ギャスパー・ウリエル,ドミニク・ピノン,クロヴィス・コルニヤック,ドニ・ラヴァン,ティッキー・オルガド,マリオン・コティヤール 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、
ロング・エンゲージメント 2003/03/16 (KOKODOKO? by KERO)
原題:A Very Long Engagement 邦題:ロング・エンゲージメント 時間:134分 公開:2005 製作年度:2004 製作国:フランス 配給:WB 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 脚本:ジャン=ピエール・ジュネ 、ギョーム・ローラン 原作:セバスチャン・ジャプリゾ 音楽
『ロング・エンゲージメント』 (はちべえ in シアター)
○である。 ただし、僕がオドレイ・トトゥ、ジャン=ピエール・ジュネ(監督)、ともに好きだからである。 “第一次大戦に出兵した恋人の戦死報告を受けたものの生存を信じ、彼の生死を確かめる一途な女性”と、『アメリ』とは毛色が違うが、同じ監督なので結構『アメリ』風
ロング・エンゲージメント (spoon::blog)
解説: 『アメリ』のオドレイ・トトゥ&ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。フラ...
ロング・エンゲージメント 直感じゃなくて思い込みだって (妊娠、育児、映画人生)
アメリから4年・・・ってアメリ見てませ~ん。 ということで真っ白な状態で見た「ロング・エンゲージメント」は 思ったより普通~の映画という印象でした。 手がかりを追って謎解きのような形で進めているのですが 何か謎解きというよりは行き当たりばったり、 そしてあな
ロング・エンゲージメント (CINEMA CHECK!)
'''ロング・エンゲージメント'''       <内容>第一次大戦下のフランス。ブルターニュに住むマチルド(オドレイ・トトゥ)は、幼なじみのマネク(ギャスパー・ウリエル)と、結婚を約束した仲だった。しかし、マネクは、戦地に旅立ち、そ
ロング・エンゲージメント (オール マイ …)
『アメリ』の監督と主演女優・オドレイ・トゥトゥのコンビが復活。 初日に勇んで観に行っってきました。 さすが、というか期待通りの内容。 個性豊かなキャラクター描写、研ぎ澄まされた映像美。 全体的なストーリーは微妙に分からない点が多かったけど、 思わず「アハハ」
(戦争映画)ロング・エンゲージメント(2004/仏=米)コテコテのジュ... (エンタメ系のススメ)
(戦争映画)ロング・エンゲージメント(2004/仏=米)コテコテのジュネ様ワールドを堪能しましたセピア調の映像世界と懲りまくった構図、爆音溢れる戦闘シーン、アメリちゃんのお尻。そのすべてを映画館の大スクリーン2時間以上体感しただけでも私は大満足なのです・・・・・...
ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
良かったよ~。 個人的には、この監督・主演コンビの前作『アメリ』よりも 『ロング・エンゲージメント』のほうが好き。 (他人事だと、すぐ感動しちゃうタチ?) もちろん、『アメリ』も評判通りのいい出来だったけど、 主人公の気持ちがCGで表現されるシーンばか
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (中高年のための映画案内)
☆一途な女の子が白馬に乗った王子さまを迎えにいくミステリ調の物語☆海辺の村。灯台。マチルドのお家。こういった絵葉書のようにかわいい映像を楽しむというのもいいですね。でも戦場のシーンなど残酷なシーンもあります。このふたつのギャップの幅がかなり広くなっていま
ロング・エンゲージメント (利用価値のない日々の雑学)
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント (面白い映画とつまらない映画はどこが違うのだろう?)
昨日、男に生まれてよかったと書いたが、忘れていた、男は戦争になると死にに行かされてしまうのだ。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトウの新作なのに、あまり話題になっていないのは、戦争ものだからか。 第一次世界大戦を背景にした、ミステ
『ロング・エンゲージメント』 (TOY COZY MUSEUM 別館)
久々に映画館へ足を運ばねば・・・と思わせる予告編をテレビで見て、本当に数ヶ月ぶりに映画館へ行ったはいいけれど、マズイです...
ロング・エンゲージメント (m_review)
第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネクの婚約者だったマチルドは、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そんな直感を頼りに、私立探偵のピールを雇い捜索を
『ロング・エンゲージメント』 (傍流点景)
 ジャン・ピーエル・ジュネの映画の魅力は、その「画」による世界観構築が総てである。と思っていた。  捩れてダークな悪夢ファンタジー系の「画」で確固たる個性を築いた人で、個人的には相当タイプのはずなんだけど(苦笑)実はツボの斜め下あたりを横切っている(画の下
「 ロング・エンゲージメント 」(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (俺の明日はどっちだ)
ご存知「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ、オドレイ・トトゥコンビの新作である「ロング・エンゲージメント」はいろんな意味でとても贅沢な映画だった。 基本的には一人の女性が戦場で死んだという恋人の死を受け入れることが出来ず、必死に彼の行方を探すというのが大
ロング・エンゲージメント (こけこんか)
そういえば、つい先日ロング・エンゲージメント観てきました。 あの、アメリの女優さんと監督さんが組んだってやつです。 と言っても、アメリは見たことないんですが… 思ってたより、戦争の描写がかっちりされてて、 予告編見て、「素敵なラブストーリーかしら」みた
ロング・エンゲージメント (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
見事な謎解き戦争ドラマ。 深く心に響きました!
ロング・エンゲージメント (Cinema-Absolutism)
ロング・エンゲージメント  2005/フランス  ★★★ 監督 ジャン・ピエール・ジュネ 出演 オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル / ドミニク・ピノン ■あらすじ■  第一次大戦、ドイツとの交戦中に軍法会議で死刑判決を受けた5人のフランス兵。その中
ロング・エンゲージメント (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「直感? うーん、何だか共感できなくて、世界に入れず。こんなに凄い戦争のシーンまで描かれていただけに、この不完全燃焼は悔やまれる。」 今日4本目は「ロング・エンゲージメント」です。オドレイ・トトゥ主演。そこそこ期待はしています。これが今年45本目の鑑賞です。
ロングエンゲージメント ★★★★☆4つ (韓国ドラマ、その波乗った!)
近頃、韓国映画以外もおおくてミアネ~。 なかなかよかった☆→HP ◎cast◎ オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル ◎story◎ 時代は第一次大戦下、戦争にいった恋人マネクを待つマチルドに訃報が届く。軍法会議で死罪を宣告された彼が、ドイツ軍との前線である“ビン
「ロング・エンゲージメント」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
この映画、巷の評価はけっこう低いようですが、自分的にはかなりツボでした-☆観終えた時にはもうお腹いっぱいに-☆しかしながら、皆さんおっしゃるように、物語のミステリー部分のキーマンになる登場人物たちは、ちょっとゴチャゴチャしてよくわからなかった。皆フランス...
ロング・エンゲージメント (徒然なるままに・・・)
【映画】 ロング・エンゲージメント ★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、 マネクの婚約者だったマチルドは、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。 マネクは生きている…そんな直感を頼りに、私立探偵のピールを
続ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
前々回の続き…(続編があるって話じゃないので誤解のないように)! 『ロング・エンゲージメント』を見ていて、 子供の頃に読みまくった「怪盗ルパン」シリーズの小説の世界の 郷愁を感じてしまったのは、何も不思議なことではなかった。 「アルセーヌ・ルパン」というと
続ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
前々回の続き…(続編があるって話じゃないので誤解のないように)! 『ロング・エンゲージメント』を見ていて、 子供の頃に読みまくった「怪盗ルパン」シリーズの小説の世界の 郷愁を感じてしまったのは、何も不思議なことではなかった。 「アルセーヌ・ルパン」というと
ロング・エンゲージメント (映画短歌・せんかいへき blog)
 手のひらの痛みが胸に届くから 占ってでも探し出します ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2004 フランス・ハンガリー 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 戦争も謎解きも、あくまでファンタジ
ロング・エンゲージメント ・・・ ニートなアメリ (samcoi cinema)
 マチルダが運命に腹を立てるのはわかるけど、周囲の人には感謝の気持ちをもってもらいたいです。家来がいっぱいいるお姫様みたいでした。愛の奇跡じゃなくてお金の力で解決しておりました。オドレイ・トトゥは胴がほっそりして綺麗だけど、もう20歳には見えません。20歳だ
ロング・エンゲージメント (Movie Lovers)
公式サイト☆☆☆☆\"彼に何かあれば・・私にはわかるはず・\"という直感を信じて、マチルドは途方もなく遠い旅に出る・・この映画全体に・・象徴が溢れてたような気がします。冒頭の荒涼とした不毛なシーンに登場するキリストの像・・墓標が果てなく続く・・風景。対比とし.
★★「ロング・エンゲージメント」観ました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(オトク情報有です!!)★★)
先日観た「ロング・エンゲージメント」の感想です♪ 予告のイメージと合ってるような違ってるような映画でした。 すごく分りにくい表現(爆) 観ていませんが「アメリ」の女優さんと監督さんの最新作です。 「アメリ」は予告や特集でしか少し映像を観ただけです。 その
ロングエンゲージメント (nemoのリセット・ライフing)
「ロングエンゲージメント」を見ました。 アメリのオドレイ・トトゥが忘れられなかったので、 本当は戦争映画なんて、あんまり見にいく方では ないのですが、私は主演・男優とか、女優で映画に行っちゃうミーハー なんですよ。(^_^;)
ロング・エンゲージメント (ついてる日記)
 結婚の約束をした恋人マネクが戦死したという知らせを受けたマチルダ(オドレイ・トトゥ)は、それを信じられず、様々な手を尽くして彼を捜します。周りの人達がどんなに「彼は死んだのだから」と言っても、彼女の信念は変わらないのです。  あのアメリのジャン・ピエー
ロング・エンゲージメント (日々徒然ゆ~だけ)
 配給会社の半詐欺的ミスリードコピーまたも炸裂である。  これからご覧になる人は戦争映画やら恋愛映画やらミステリーやら,そうした概念は捨て去り,暗黒童話を観る感覚で観ると,騙された感や裏切られた感は少ないと思うが,どうか。
【ロング・エンゲージメント】 (ココアのお部屋)
オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、 ジョディ・フォスター 出演のミステリー。 公開日:3月12日 ☆ストーリー☆ 第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。 まるで子供のように純粋に惹かれあうマチルドとマネクは、 誰が見てもお似合いの恋人同士だ
「ロング・エンゲージメント」 (sean\'s room)
ウムム…仕事帰りに観る作品ではなかったか…(爆) 正直な感想、そんな感じだったです^^; 何しろもう~私にとってはですね、 「ロング・エンゲージメント」ならぬ、「ロング・ エンターテインメント」になっちゃいました…。長くって…(汗) あの決して、つまらないとか、下ら
ロング・エンゲージメント (まきまきにっき)
今日の午後は外出で、都内の訪問先を2軒回る。 ちょっと疲れたが、今日は映画の日なので、こりもせず帰りがけに映画を見に行くことにする。 今年18本目の映画は「ロング・エンゲージメント」。 マチルド(オドレイ・トトゥ)は戦地に赴いた恋人の死がいまだに信じら...
ロング・エンゲージメント (シネマの実)
【好感度】 70% \"直感\"を信じる.それは,\"奇跡\"に耳をすますこと.
ロング・エンゲージメント (ももママの心のblog)
\"アメリ\"の不思議少女が今度は、恋人の生存を信じて探す不思議娘に。セピア色でミステリアスなラブファンタジー{/apples/} 2004年 フランス ラブロマンス 戦争ドラマ ファンタジー 2005年4月6日 川崎チネチッタ 監督 ジャン=ピエール・ジュネ(アメリ) 出演 オド
「ロング・エンゲージメント」 (こだわりの館blog版)
4/9 丸の内ピカデリーにて凝った映像でつづられた戦争大河メロドラマ。日本の昼メロTVだったら半年ぐらいは引っ張ってしまう内容でしょうね。監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、ジャン=ピエール・ベッケル、
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
■ロング・エンゲージメント (ルーピーQの活動日記)
 第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネク(ギャスパー・ウリエル)の婚約者だったマチルド(オドレイ・トトゥ)は、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そん.
ロング・エンゲージメント (いつか深夜特急に乗って)
「ロング・エンゲージメント」★★★★★(名劇1) 2004年
ロング・エンゲージメント (生きてるだけで儲けもの☆)
『アメリ』のジャン・ピエール・ジュネ監督と オドレイ・トトゥが再び組んだ、重厚で純粋な愛の物語。 第一次世界大戦で兵士となり、行方不明となった 恋人マネクを、自らの直感を頼りに探し求める女性 マチルドの姿が描かれる。 原作はフランスの著名なミステ...
DVD: ロング・エンゲージメント (Pocket Warmer)
邦題:ロング・エンゲージメント 原題:Un Long Dimanche de F
Jean Pierre Jeunet (a canary bird)
昔は、給食の時間とか遠足のお弁当の時間に、おいしいもの最後にとっておく タイプのお友達とかいて、わたしは最後まで全部食べきれるかわからなかったので 好きなものから食べていくタイプだったけど、最近は映画でも、絵画でも、 観たいときが観ごろ、描きたいときが描
ロング・エンゲージメント (cinema note+)
  A Very Long Engag
オドレイ・トトゥ Audrey Tautou 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 August 1978,Beaumont, Puy-de-Dome, Franceダ・ヴィンチ・コード The Da Vinci Code (2006) Poupées russes, Les (2005) ロング・エンゲージメント Un long dimanche de fiancailles(2004) Nowhere to Go But Up (2003) 巴里の恋愛
ギャスパー・ウリエル Gaspard Ulliel 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),25 November 1984,Boulogne Billancourt, FranceFourmis rouges, Les (2006) Behind the Mask (2006) Paris, je t\'aime (2006) Jacquou le croquant (2006) Maison de Nina, La (2005) Dernier jour, Le (2004) ロング・エンゲージメン
ジョディ・フォスター Jodie Foster 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),19 November 1962,Los Angeles, California, USAThe Brave One (2007) Inside Man (2006) フライトプラン Flightplan (2005) ロング・エンゲージメント Un long dimanche de fiançailles(2004) パニック・ルーム Panic Room(2002)
ロング・エンゲージメント (とりあえずな日々(仮))
ロング・エンゲージメント 第一次大戦下のフランス。 軍法会議により死刑を宣告された5人の兵士は標的かのように敵陣との中間地点に置き去りにされた。 その5人の中で最も若い兵士であるマネクにはマチルドという婚約者がいた。 終戦後、マチルドの元にマネクの訃報が.
映画『ロング・エンゲージメント』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:A Very Long Engagement その婚約者の長い別れと愛の直感、執念の捜索が結実する。深くて暗いミステリーの闇を愛の力が解きほぐす。初めての言葉・・歩くと痛いの・・・? 第一次大戦下のフランス・ブルターニュ、婚約者マネク(ガスパール・ウリエ ...
ロング・エンゲージメント (悠雅的生活)
彼は生きている。彼女の鼓動が聞こえる。
ロング・エンゲージメント (39☆SMASH)
『ロング・エンゲージメント』 あらすじ 『第一次大戦下のフランス。軍法会議により死刑を宣告された5人の兵士は、標的かのように敵陣との中間地点に置き去りにされた。その5人の中で最も若い兵士であるマネクにはマチルドという婚約者がいた。終戦後 ...
『ロング・エンゲージメント』 (Sweet*Days**)
ロング・エンゲージメント(2006/08/04)オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル 他商品詳細を見る 監督:ジャン=ピエール・ジュネ CAST:...