京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『バクマン。』

2015-10-15 08:08:08 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「バクマン。

□監督・脚本 大根 仁
□原作 大場つぐみ、小畑 健
□キャスト 佐藤 健、神木隆之介、桐谷健太、新井浩文、山田孝之、
       リリー・フランキー、宮藤官九郎、小松菜奈

■鑑賞日 10月4日(日)
■劇場  チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 普通の高校生・真城最高(佐藤 健)はクラスメイトの高木秋人(神木隆之介)から
 漫画家になろうと誘われる。
 漫画家だった叔父(宮藤官九郎)を過労で亡くし、
 最初は
拒否。 しかし、好きだったクラスメイトの亜豆美保(小松菜奈)と交わした
 約束を
きっかけに漫画家を目指すことに。 少年ジャンプでの連載を目標に
 漫画づくりに励む
最高と秋人は、敏腕編集者・服部(山田孝之)に才能を認められ
 漫画家としての第一歩を踏み出す。 そこに
天才漫画家・新妻エイジが現われた。

 原作は未読ながら、この主人公の二人、高校生の真城最高と高木秋人を
 佐藤 健と神木隆之介というキャスティングにしたのがまず勝利だったかな(笑)
 なにせこの二人、本作では親友に発展していくが、あの『るろうに剣心』では、
 「京都大火編」、特に「伝説の最期編」の戦いは記憶に新しい。
 劇中でも、それを彷彿とさせるシーンもギャグながらあった。

 原作を知らないけど、周りの布陣も良かったのではないか
 桐谷健太のノリはまさにあのCM張り(笑) 山田孝之は妙に抑え気味の演技ながら
 今までにないサポート業務に徹していた。 適材適所といえばクドカンもそうかな(笑)
 そしてリリー・フランキーも。 新井クンは逆に例のCMの印象がツヨかったかも。
 最初から最後まで稚拙ながら、決して笑いの“間”を崩さず進行して行ったのは、
 監督の裁量かもしれないけど、若い世代だけでなくオジサンにも十分に楽しめる
 テンポのある映画だった。

  この手の映画に★★★★を付けたのは、正直ユル過ぎたかなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「しながわ花街道」/立会川 | トップ | 「秋バラ・旧古河庭園」/2015秋 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2015-10-15 08:30:19
私も原作は知りませんでしたが、ガキの頃読んでいた少年ジャンプの、懐かしいところがいっぱい出てきて、ノスタルジーも感じました。
漫画の世界も想像を超えた厳しい世界ですからね。
これ二人のその後も見たくなる作品でした。
TBお願いします。
こんにちは。 (みぃみ)
2015-10-15 09:51:30
適材適所で存分に出演者さん達の魅力を
見せてくれていたと思います。

映像と人間が楽しくたまーにシュールに融合する大根監督の作品、好きです~。

桐谷君、熱々ですね(^^)。
こないだウタフクヤマで即興でラップもやってました。
彼も多才!。
ふたたび~ (cyaz)
2015-10-15 10:32:49
atts1964さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ガキの頃読んでいた少年ジャンプの、懐かしいところがいっぱい出てきて、ノスタルジーも感じました。
確かにそうですね(笑)

>漫画の世界も想像を超えた厳しい世界ですからね。
これ二人のその後も見たくなる作品でした。
仰る通りかもしれません。 その後、二人は別れて
また戦う羽目に・・・なんて(汗)
テンポある~ (cyaz)
2015-10-15 10:34:29
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>適材適所で存分に出演者さん達の魅力を見せてくれていたと思います。
そうですよね^^

>映像と人間が楽しくたまーにシュールに融合する大根監督の作品、好きです~。
『モテキ』のノリも感じた映画でした!
テンポがあって楽しい映画に仕上がっていました^^

>桐谷君、熱々ですね(^^)。
こないだウタフクヤマで即興でラップもやってました。
そうなんですか^^
Unknown (Ageha)
2015-10-21 13:15:02
レビューでも書いたんですが、神木くんが
「佐藤健の写真集だしたい」ってまあ
舞台挨拶のシネコン巡りでも自分がとった写真を
劇場で流してるくらいなぜか「パーツ撮り」ばっかしててすっかりそっちに気を取られちゃいました。
ふ~ん、健くんてこんな顔もするんだ~ってそこばっか意識がいっちゃって。

・・・のわりにはね~。高校生役の二人は
良くも悪くも高校生らしさがばっちりでていたんで
どうにも軽くって、
脇を固めるひとらのバイプレーヤーぶりが
ものすごひかっていた気がしました。(わわわわわ)
弾けて~ (cyaz)
2015-10-21 13:51:00
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「佐藤健の写真集だしたい」って
「パーツ撮り」ばっかしててすっかりそっちに気を取られちゃいました。
なるほど^^
神木くん、写真が好きなようですね~♪

>ふ~ん、健くんてこんな顔もするんだ~ってそこばっか意識がいっちゃって。
ん、オバチャン、好きなんだ(笑)?

>脇を固めるひとらのバイプレーヤーぶりが
ものすごひかっていた気がしました。(わわわわわ)
それがあったからこそ、弾けていられたのでは(笑)
面白かった~ (NAO)
2015-10-24 00:31:38
キャスティング、主人公2人はもちろんですが
周りも良かったですよね♪♪

テンポ感あって観ていて楽しかったです。

その前に「進撃の巨人」を見たので、より一層
際立ってたかも(笑)
元気が~ (cyaz)
2015-10-24 08:27:40
NAOさん、、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>キャスティング、主人公2人はもちろんですが
周りも良かったですよね♪♪
そうでしたね^^

>テンポ感あって観ていて楽しかったです。
彼ら二人の元気が伝わって来ました!

>その前に「進撃の巨人」を見たので、より一層
際立ってたかも(笑)
おぉ、あれは前編だけで・・・。
楽しい~☆ (rubicone)
2015-12-03 23:10:03
cyazさん、こんばんは!!
原作は私も未読なのですが、作品のキャストはみんなはまっていたし、リズムよく勢いがあって楽しめました!!
セットも凝っていましたよね~。リアリティがあるので、自然に作品の世界に浸れました。エンドロールも、これまた凝っていて、最後の最後、劇場に灯りが入るまで身を乗り出して見てしまってました。
ノリノリ~ (cyaz)
2015-12-04 19:06:48
rubiconeさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>キャストはみんなはまっていたし、リズムよく勢いがあって楽しめました!!
そうでしたよね~♪

>リアリティがあるので、自然に作品の世界に浸れました。
やはり、あの二人のノリも手伝って(笑)

>エンドロールも、これまた凝っていて、最後の最後、劇場に灯りが入るまで身を乗り出して見てしまってました。
ノリノリでしたね^^



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バクマン。 (atts1964の映像雑記)
2015年作品、大根仁監督、佐藤健、神木隆之介出演。 雑然としている集英社のジャンプ編集部。 今の時間ほとんど人がいない。編集者・服部(山田孝之)のところに電話がかかってきた。 また原稿の持込みのようだ。 今度こそは良い作品を期待したいところだが、...
現実は厳しい。『バクマン。』 (水曜日のシネマ日記)
大場つぐみと小畑健による大ヒット漫画を実写化した作品。高校生2人がタッグを組み漫画家への道を目指す物語です。
バクマン。~るろうに剣心vs.寄生獣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。大場つぐみ、小畑健原作、大根仁監督。佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太。週刊少 ...
『バクマン。』 2015年9月26日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『バクマン。』 を試写会で鑑賞しました。 大根監督らしいテンポの良さとエンドロールの演出だったんだけど 映画としては長く感じた。 【ストーリー】  優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木...
『バクマン。』実写映画の3つの魅力 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  週刊少年ジャンプの王道ともいえる新妻エイジのマンガに対抗するため、原作担当の高木秋人(たかぎ あきと)と作画担当の真城最高(ましろ もりたか)が編み出した戦法、それが「邪道」だ。彼らは邪道なマンガを引っ提げて、少年ジャンプの激烈な人気...
映画:「バクマン。」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年10月7日(水)。 監  督・脚本:大根仁 原  作:大場つぐみ・小畑健 キャスト: 真城最高:佐藤健・高木秋人:神木隆之介 亜豆美保:小松菜奈・福田真太:桐谷健太 平丸一也:新井浩文・中井巧朗:皆川猿時 新妻エイジ:染谷将太・川口たろう:...
バクマン。 (Akira's VOICE)
ワクワクしっぱなしで面白かった!!  
バクマン。/佐藤健、神木隆之介 (カノンな日々)
原作コミックは面白く人気が高い作品ということで名前を知ってたくらいでTVアニメは見たことありませんでしたが、予告編が面白そうだったしキャストも好みなこともあって期待して ...
バクマン。:映画  (昼寝の時間)
2015年 日本 120分  公式サイト 原作:大場つぐみ、小畑健「バクマン。」
劇場鑑賞「バクマン。」 (日々“是”精進! ver.F)
夢は、日本一の漫画家になること… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】新宝島 (豪華初回限定盤[映画「バクマン。」BOX]) [ サカ...価格:2,656円(税込、送料込) ...
バクマン。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/10/03公開 日本 119分監督:大根仁出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー Story:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫...
バクマン。★★★★ (パピとママ映画のblog)
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して....
バクマン。 (映画と本の『たんぽぽ館』)
友情・努力・勝利!! * * * * * * * * * * 大場つぐみ&小畑健原作コミックの映画化。 正直、私のようなオバサン向けの作品ではないのでしょうけれど(多分)、 元来漫画好きの私は、ものすごく楽しめました! 何しろ主人公二人が佐藤健さんと神木...
『バクマン。』 (beatitude)
“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サイコー”こと真城最高(佐藤健)と、巧みな物語を書く“シュージン”こと高木秋人(神木隆之介)。クラスメイトの亜豆美保(....
映画『バクマン。』★最高☆バク走する彼らの夢は終わらない (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/165247/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作未読ですが オモシロ満載の予告編から、超☆楽しみにしていまし...
『バクマン。』 (時間の無駄と言わないで)
普通の邦画として観ればつまらなくはない。 でも原作コミックがあってそれの実写化として観るとモヤモヤする。 原作のアレもやりたいコレもやりたいと盛り込んで、結果的に全てが ...
『バクマン。』をトーホーシネマズ日本橋8で観て、興奮ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画である事】 原作マンガ未読。 なので、誰が似てて誰が似てないというのは分からない。 マンガを一回でも描いた事がある人は分かると思うが、 マンガ ...
バクマン。  (Break Time)
明日から、3連休です・・・
バクマン。 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 高校生コンビが漫画家になって少年ジャン
ショートレビュー「バクマン。・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「バクマン。」ってなに? 日本一の漫画家を目指す、二人の高校生を描く熱血青春映画。 これも原作はほぼ未読。正確には連載開始された頃に、2巻まで読んだだけ。 内容もほとんど覚えていなかったのだけど、映画は疾走感のあるポップなエンターテインメントで実に面...
『バクマン。』('15初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 10月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。
バクマン  映画感想 (にきログ)
映画を見てきたので感想です。 原作漫画アニメともに途中まで知っている人間です。 原作はジャンプで所々読んでたんですがコミックスは買っていなかったためうろ覚え なおかつ終盤はほぼ読んでない状態ですね ちなみに漫画は最近ドラマをやったデスノートと同じ原作と...
バクマン。 (だらだら無気力ブログ!)
コレは実写化成功だな。
バクマン (映画好きパパの鑑賞日記)
 少年ジャンプ連載の人気漫画を大根仁が映画化。遊び心たっぷりの映像と漫画への愛があふれるエンディングロールなど楽しかったけれど、終盤が駆け足すぎちゃったのは難点でした。  作品情報 2015年日本映画 監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈 上映...
「バクマン。」漫画家を目指した先に知った漫画家の過酷な現実と読者の支持なしには続けられないという漫画誌の現実 (オールマイティにコメンテート)
「バクマン。」は原作・大場つぐみ、作画・小畑健によるバクマン。を実写化した作品で、集英社の週刊少年ジャンプに持ち込みした2人の高校生コンビが連載を勝ち取り、ジャンプで ...
「バクマン。」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本 配給:東宝 監督:大根 仁原作:大場つぐみ、小畑 健脚本:大根 仁製作:市川 南エグゼクティブプロデューサー:山内章弘企画:川村元気プロデュース:川村元気 「DEATH NOTE」の
映画「バクマン。」 (FREE TIME)
映画「バクマン。」を鑑賞しました。
バクマン。 (miaのmovie★DIARY)
【bakuman】 制作国:日本 制作年:2015年 秀才で漫画原作作家を志望する秋人から「俺と組んで漫画家にならないか」 と誘われた最高だが、当初は拒絶。しかし、声優を目指す片思いのクラス メイト・亜豆(あずき)美保と「漫画家として、声優として、お互いの夢が...
ベタな話も勢いで乗り切っちゃったね~。(;´∀`)~「バクマン。」~ (ペパーミントの魔術師)
神木くんが、この映画のPRでテレビにでるたんびに 佐藤健の写真集作りたいってそればっかいうもんだから 健くんの顔ばっか見ておわってしまった。・・・・以上。 いや、さすがにそれだけじゃモノが飛んできそうなんでもう少し。 ふたり揃って初めて意味のあるものだ...
「バクマン。」 (NAOのピアノレッスン日記)
~目指せ、ジャンプの頂点~ 2014年  日本映画  (2015.10.03公開)配給:東宝        上映時間:120分監督:大根仁原作:大場つぐみ/小畑健脚本:大根仁美術:都築雄二音楽:サカナクション主題歌:サカナクション 『新宝島』出演:佐藤健/神木隆....
バクマン。  監督/大根 仁 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 健  神木 隆之介  染谷 将太  小松 菜奈  山田 孝之 【ストーリー】 優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(サイコー)は、漫画原作家を志す高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初....
映画『バクマン。』 (健康への長い道)
 TVの予告・宣伝で、その映像表現に興味を持って『バクマン。』を観に行きました。原作漫画は知ってはいるけれど、読んだことはありません。 Story “俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そうぜ!”2人の高校生が抱いた壮大な夢。優れた絵の才能を持つ“サ...
映画「バクマン」 (monta’s diary)
先月「テッド2」を観に行った時に予告編の中で凄く面白そうで、1人でも絶対に観に行きたいと思った映画「バクマン」 レビューの評価もかなり良いし、芸能関係の人達がかなり面白いと言っていて益々気になる作品になっていました。 ジャンプは読まないから原作も知らなか...
「バクマン。」 友情、努力、勝利 (はらやんの映画徒然草)
大場つぐみさん、小畑健さんの「DETH NOTE」コンビのコミック「バクマン。」
「バクマン。」 (prisoner's BLOG)
両親とか進路指導の教師といった高校生を描くのに必ず絡んできそうな人物を勇敢にばっさり切り落としてマンガにかけた高校生活ひとつで押し切った思い切りのよさが成功、いまどきマンガ描くのにPC使わないのかとも思ったが、CGで思い切りマンガそのものをショーアップする...
「バクマン。」 (ゆっくり歩こ。)
進撃の巨人の続編が評価低いのでレビューの良かった「バクマン。」を観に行くことにしました 何年か前に息子達がアニメで観ていたのを → 台所でついでにチラっと観ていた程度、の知識で アニメで観てたとき・・・ “夢が叶ったら結婚する、会えなくてもガマン...
「バクマン。」 (2015 東宝) (事務職員へのこの1冊)
リズム、リズム、リズム。大根仁の演出はこれにつきる。間(ま)の曲芸というか。近作「湯けむりスナイパー」「モテキ」「まほろ駅前番外地」「リバースエッジ」に端的だったのは、登場人物たちの語りと語りの呼吸が絶妙だということだ。ロックのPVを数多く撮っているこ...
『BAKUMAN』バクマン。 (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
少年時代(?!)を週刊ジャンプと過ごした身としてはたまらない世界観! どこぞの研究によると http://news.yahoo.co.jp/pickup/6178822 漫画を読む子供は本も読むという結果でたみたいですけど ...
バクマン。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『バクマン。』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『モテキ』の大根仁監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、『週刊少年ジャンプ』の編集部の部屋。様々なものが机の上などにめちゃくちゃに積み上げられていて酷い有様。  そこへ....
漫画家になろう! (笑う社会人の生活)
9日のことですが、映画「バクマン。」を鑑賞しました。 高い画力を持ちながら普通の生活を送ってきた高校生 真城最高は、同じクラスの高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。 週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む2人は編集者・服部に才能を認めら...
ジャンプよ永遠なれ~『バクマン。』 (真紅のthinkingdays)
 作画担当の真城最高(佐藤健)とネーム担当の高木秋人(神木隆之介)の二人 は、高校二年生の夏休み最後の日、初めて描いた漫画を集英社に持ち込む。 そこには、憧れの漫画週刊誌 「少年ジャンプ」 の編集部があるのだ。編集者・ 服部(山田孝之)に見込まれた二...
「バクマン。」 (ここなつ映画レビュー)
思えばマンガというものには幼少時から大変お世話になってきた。小学生の頃の「りぼん」を皮切りに、月に一回の「別マ」の発売日は楽しみだったなぁ~。ちょうどその月一の日が誕生日と同じ日なので、一年に一回誕生日プレゼントみたいだな、と思う「別マ」の発売日があっ...
バクマン。 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大根仁 出演:佐藤健、神木隆之介、染谷将太、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、小松菜奈、よーかいくん、今井隆文、五頭岳夫、小野敦子、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔、...
バクマン。 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
           2015年/日本/120分 監督:大根仁 原作:大場つぐみ、小畑健 出演:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文 あらすじ:優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋....
バクマン。 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
バクマン。 '15:日本 ◆監督:大根仁「まほろ駅前番外地」「モテキ」 ◆主演: 佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太 ◆STORY◆“俺たち2人で漫画家になって、ジャンプで一番目指そう...
バクマン。 (2015) (のほほん便り)
とにかく、キャスティングが抜群で、テンポよく、青春・成長物語として、とても面白く見ることが出来ました。さすが、大根仁監督作品。ディテールの遊び心が心憎いです。個人的に......
映画評「バクマン。」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・大根仁 ネタバレあり