京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『アルゴ』

2013-03-07 00:03:07 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「アルゴ
□監督 ベン・アフレック 
□脚本 クリス・テリオ 
□キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、
       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル


■鑑賞日 3月3日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 昨年、観逃してしまったこの映画。 アカデミー賞作品賞の受賞を受けて、
 TOHOシネマズで上映されていたので、観ることができた。
 オスカー獲得で混んでいるかと思っていたが、余韻さめやらぬなかではあったが、
 ここではあまり盛り上がりはみられなかった。

 実際、こんな可笑しな理由で脱出作戦が行われたなんて、この事実が公表される
 までは
誰も知らなかったことは当然で、こうして当時実際に起きた事実を映像で
 観せてくれて、
その過去あった現実の出来事を受け止めることは、比較的容易だった。
 しかしながら、この映画のロケハンという名目で、タイムリミットもありながら救出実行を
 企て、そして実行に移すそのプロセスは、この映画から受ける緊迫感よりも、
 それはヘタを
すれば、死と隣り合わせの一大逃亡劇だったことだろう。
 そのあたりの詳細を、余すことなく
この映画は伝えてくれている。 だからこそ、
 まだ記憶に新しいアカデミー賞の作品賞を獲得してしかりだったのだろう。

 
 映画のロケハンと言うことで、相手を欺くアメリカのやり方は、滑稽ながら、
 非常にアメリカ
らしい救出劇だと思える。 相手にとっても状況はともかく、
 受入てもらい易いシナリオと
そのための用意周到な準備は、しつこいほどに
 打ち合わせを重ねることで、嘘の発見を
逃れる手段としていった。
 この成功は、ベン・アフレック演じるトニー・メンデスが、最後の最後で自分に
 与えられた
任務遂行のために、一度は帰還命令が出されたにも係らず、脱出
 当日の朝に、一度は
のんだ上からの指示を、再び゙無視した行動に出ることで
 成功したのだろう。

 エンドロールで、実際に脱出した人たちの写真と、それを演じる俳優たちとの
 写真比較を観せていたが、
なるほど、実物により似ている俳優を使ったんだなぁ(笑)

 命を預けるも者と命を預かる者、そこには目には見えないただならぬ信頼関係が
 なくては
為しえなかった脱出劇だったのだろう。
 ベンがアカデミー授賞式で異常に興奮して話していた様子は、映画に打ち込んで
 いたことは
もちろん、映画を通して、人の命の重さを改めて感じたからだろう。
 それは、あまりにも簡単に人を殺めてしまう、そんなアメリカの銃社会の背景が
 あってこそ
だったのだろう。 それにしても、アメリカ人じゃなくカナダ人だと主張
 しても、果たして
そんな見分けが通用するとは思えなかったが、そこはカナダ
 駐在大使の計らいもあり、
両国間の信頼も厚かったからこそ出来たものだし、
 当時の大統領カーターの決断も
早かったのが功を奏した所以だったのだろう。
 にしてもあの空港でのチェックで一度は
リザーブされていなかったが、もう一度
 確認してくれと言い、その僅かのタイミングでリザーブが
 出来ていたこのシーンは
 実際にあった出来事なのだろうか?

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼きちょこ+アイス | トップ | 「自家製燻製」/キッチン香房 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちはー♪ (kira)
2013-03-07 11:44:39
面白かったですよねー

特に中盤からの見せ方が、緊張感があって、
ヘタなサスペンスものよりスリリングでした〜
アノ、空港カウンターでのやりとり、煽る為の演出なんだと決め付けてましたが、
果たしてどうだったのでしょうね
スリリング〜 (cyaz)
2013-03-07 12:48:00
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>特に中盤からの見せ方が、緊張感があって、
ヘタなサスペンスものよりスリリングでした〜
そうでしたねぇ^^ 死と背中合わせの手に汗握るシーンの連続で^^

>アノ、空港カウンターでのやりとり、煽る為の演出なんだと決め付けてましたが、果たしてどうだったのでしょうね
ん? それはどういうことが他に考えられたのでしょうか?
再上映中♪ (mayumi)
2013-03-07 13:05:42
ホント、実話だから 助かると分かっているのに、手に汗握る!!
DVDでと仰ってたけど、受賞後 再度劇場に掛かっていたので、
お薦めしようと思っていたところです。

『レ・ミゼラブル』の方は、ミュージカルはもうひとつというのあれば、
無理にご覧にならなくても いいかなと思います。
台詞の殆どが歌だし、やはりライブ感が大切かなと。
アカデミー賞の受賞式でのパフォーマンスは 本当に素敵で、
あの感覚は 映画ではちょっと難しい...。
個人的な見解ですが。
手に汗握る〜 (cyaz)
2013-03-07 17:19:42
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ホント、実話だから 助かると分かっているのに、手に汗握る!!
そうでしたねぇ(笑)

>受賞後 再度劇場に掛かっていたので、お薦めしようと思っていたところです。
そうですか^^ ありがとうございます。
しっかり利用して観て来ました!

>『レ・ミゼラブル』の方は、無理にご覧にならなくても いいかなと思います。
かみさんも観たいと言わないですしね(笑)

>台詞の殆どが歌だし、やはりライブ感が大切かなと。
アカデミー賞の受賞式でのパフォーマンスは 本当に素敵で、あの感覚は 映画ではちょっと難しい...。個人的な見解ですが。
なるほど^^ しばらくは上映していると思うので、
他に観るものがなくなったら、ポイントで観てみようかと思っています。
フィクションでもええねん (ふじき78)
2013-03-08 00:28:55
空港でのやり取りをあんなに緊迫した物に仕上げたのは演出らしいですが、「ちゃんと見せるものに仕上げる」というなみなみならぬ気迫を感じました。偉いよ、ベン。
実話の力〜 (cyaz)
2013-03-08 08:53:31
ふじき78さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>空港でのやり取りをあんなに緊迫した物に仕上げたのは演出らしいですが、「ちゃんと見せるものに仕上げる」というなみなみならぬ気迫を感じました。偉いよ、ベン。
本当にそうでしたね^^
あれだけの緊迫感はなかなか作り事の世界では出来ないものですから、
実話の及ぼす力って凄いです!
どうしても (sakurai)
2013-03-13 10:57:37
見たかったんで、11月の公開当時、はるばる隣県まで行って来たのですよ。
そこまでして見たんで、無用なプラスアルファがあるかもです。
やっぱ面白かった!純粋に。
緊迫感の表現が見事でしたわ。
昨日、DVD届きました。
まだ封は切れないです!
DVDでも〜 (cyaz)
2013-03-13 12:30:38
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>公開当時、はるばる隣県まで行って来たのですよ。
なるほど^^ 僕はアカデミー受賞記念で(笑)

>やっぱ面白かった!純粋に。 緊迫感の表現が見事でしたわ。
そうですね^^ 実話ならではの臨場感でした!

>昨日、DVD届きました。 まだ封は切れないです!
いいですねぇ〜♪
チェックしたいところは一杯あったので、
DVDで復習したいところです(笑)
ラッキー (iina)
2013-03-16 10:46:36
11月に観たのに、早くもDVDが出ているのですね。それにしても大スクリーンの映画館で観れてラッキーでした。

イランの領空を脱して、アルコーが解禁されウィスキーをあおる解放感は格別であったろうと思います。
手に汗にぎる旅客機での脱出劇でしたが、事実を下敷きにして脚色されているそうです。つまり、この箇所は拍子抜けするほどスムーズに進んだようです。
効果〜 (cyaz)
2013-03-16 22:29:10
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>11月に観たのに、早くもDVDが出ているのですね。それにしても大スクリーンの映画館で観れてラッキーでした。
オスカー効果でラッキーでした^^

>手に汗にぎる旅客機での脱出劇でしたが、事実を下敷きにして脚色されているそうです。つまり、この箇所は拍子抜けするほどスムーズに進んだようです。
そうだったんですか?
実際には、色んな曲面で様々な事件とその回避があるようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アルゴ (映画的・絵画的・音楽的)
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、....
アルゴ (Akira's VOICE)
地味でも、しっかり面白い。  
アルゴ (to Heart)
この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン・アーキン/ジョン・グッドマン/ヴィクター・ガーバー/テイト・ドノヴァン/クレア...
アルゴ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 イランからアメリカの外交官を救出す
アルゴ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー...
アルゴ (とりあえず、コメントです)
ベン・アフレック監督&主演の実話を基にしたサスペンスです。 面白そうな作品だなあと公開前から楽しみにしていました。 激動のイランを舞台にした物語は期待通りの手に汗握るような展開でした〜
劇場鑑賞「アルゴ」 (日々“是”精進! ver.F)
6人を、脱出させろ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/ アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
『アルゴ』 2012年10月16日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アルゴ』 を試写会で鑑賞しました。 あれ、なぜか、入場時に荷物検査が・・・ この映画はどこまで秘密を隠し通そうとしているのか 【ストーリー】  1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人...
アルゴ (あーうぃ だにぇっと)
アルゴ@よみうりホール
ベン・アフレックの『アルゴ』: アメリカ外交政策の受容 (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org ダン・ブレナン 2012年10月24日 監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間連続、第二位だ。映画は、1979-1980年のイラン人質事件の際のほとんど知られていな...
「アルゴ」胃が痛くなるほどの緊張感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。 それだけでも恐怖なのに〜〜〜と思いながら観ているうちに、この緊迫感で...
アルゴ (Kathura West)
アルゴ 監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、他 2012/アメリカ オフシャルサイト はらはらドキドキ。あん時(30年ほど前のあん時の混乱をかすかに覚えてい...
アルゴ (こんな映画見ました〜)
『アルゴ』---ARGO---2012年(アメリカ )監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、実際にCIAが行った架空のSF映画の製作を口....
アルゴ (佐藤秀の徒然幻視録)
偽映画と言っても期待したほど劇的でない 公式サイト。原題:Argo。ベン・アフレック監督・主演。アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、スクート・マク ...
アルゴ/ベン・アフレック (カノンな日々)
1979年11月にイランで発生した「イランアメリカ大使館人質事件」。長らく機密扱いとされてきたこの事件は劇場予告編でも大々的に謳われているようにまるでハリウッド映画さながらの ...
実話を誠実に描いた作品。『アルゴ』 (水曜日のシネマ日記)
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。
『アルゴ』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: ARGO 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック 、アラン・アーキン 、ジョン・グッドマン 、ブライアン・クランストン 、スクート・マクネイリー 、クレア・デュヴァル 、クリストファー・デナム 、テイト・ドノヴァン 、タイタス・ウェリバー....
『アルゴ』 (こねたみっくす)
映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。 1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...
アルゴ (花ごよみ)
監督、主演はベン・アフレック、 ジョージ・クルーニーがプロデューサー。 1979年イランで起こったアメリカ大使館占拠、 人質事件救出作戦を描いています。 6人がアメリカ大使館から脱出、 カナダ大使の自宅に身を潜める。 ベン・アフレック演じる CIAの人質....
りある諜報部員!! (たまごのなかみ)
『アルゴ』(11/10 劇場にて) 制作国:アメリカ(2012年) 原題:ARGO 監督:ベン・アフレック 脚本:クリス・テリオ 出演:ベン・アフレック(トニー・メンデス)、ブライアン・クランストン(ジャック・オドネル)、    アラン・アーキン(レスター・シーゲル)、....
人質救出大作戦〜『アルゴ』 (真紅のthinkingdays)
 ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...
アルゴ  監督/ベン・アフレック (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン 【ストーリー】 1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館が過激派に占拠され、密かに脱出しカナダ大使私邸に逃げ込んだ6人を除く52人の大使館員が人質にとられる。イラン側の要求は、癌治療の...
映画:アルゴ Argo 長く極秘にされていたイランからの「奇抜」な救出大作戦。重さ軽さの対比が売り! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出した6人のアメリカ人外交官を救出する秘密作戦。 その方法が奇抜! 「アルゴ」とい....
【アルゴ】映画屋は映画のためなら命も捨てる (映画@見取り八段)
アルゴ〜 ARGO 〜     監督: ベン・アフレック    出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレーン、クリストファー・デナム、テイト・ドノヴァン、クレア...
アルゴ (I am invincible !)
贅沢な浪費と秘密警察サヴァクで国民を苦しめたパーレビ国王を追放した。 同じ頃、亡命していた最高指導者ホメイニ師が帰国。 そんなイランで米国大使館占拠事件が起きた。
『アルゴ』('12初鑑賞88・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 10月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:20の回を鑑賞。
ドッキリカメラ (MESCALINE DRIVE)
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと...
『アルゴ』 (beatitude)
1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ大使館を占拠する。混乱の中6人が脱出しカナダ大使の私邸に逃げ込むが、残った52人の大使館員は人質となる。イラン側は、癌の治療のために渡米した前国王パーレビの引き渡しを要求する。大使館員の写真つき名簿は襲撃前にシュレッ...
アルゴ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ: 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートと....
「アルゴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Argo」 2012 USA 架空の映画を演出して人質奪還するアイデアは素晴らしい!としか言いようがない。そしてそれを本物の映画にしてしまった。エンディングで実際の人物が紹介される。皆とても似ているのだ。監督ベン・アフレックのこだわりが感じられナイスだった。 ...
『アルゴ』 (ラムの大通り)
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、 その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を描いているんだ」 ----...
アルゴ / ARGO (勝手に映画評)
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カバーとして使った身分が、映画撮影スタッフと言う事で、荒唐無稽で、コミカルな印象を...
アルゴ (Memoirs_of_dai)
18年歴史に隠れた英雄 【Story】 1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生する。その際、裏口から6人の職員が秘かに脱出し、カ...
アルゴ (心のままに映画の風景)
1979年11月。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。 秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。 ...
「アルゴ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・米/配給:ワーナー・ブラザース原題:Argo監督:ベン・アフレック製作:グラント・ヘスロフ、ベン・アフレック、ジョージ・クルーニー原作:アントニオ・J・メンデス、ジョシュア・ベアーマン脚本
映画レビュー「アルゴ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]◆プチレビュー◆ウソの映画製作で人質を助け出す驚きの実話「アルゴ」。監督ベン・アフレックの緩急をつけた演出が見事だ。 【8 ...
アルゴ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(F) 前代未聞の救出劇は映画ファンにはたまらない?(笑)
「アルゴ」 (或る日の出来事)
6名のアメリカ人をイランから脱出させよ! 1980年。その作戦は奇想天外だった。
映画「アルゴ」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客席はほぼ満席。試写会場入場前にカメラチェック&身体検査、上映中には1階席と2階席両端に警備員が観客を監視する厳重な試写会となった。        
[映画『アルゴ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子と映画を見に行くときは、必ず相手の分も払うので、いつでも、あなた、「やったあ!」じゃ...
『アルゴ』をHTC渋谷2で観て、うへへへへへへふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★面白い。それが特徴】    凄い。 面白いんだもの。 基本、成功するに分かってる作戦なのに(失敗したら映画にならんからね)、 ハラハラドキドキの連 ...
『アルゴ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室 cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪ *ネタバレありです! 長文です(o´ェ...
アルゴ/ARGO (いい加減社長の映画日記)
パスしようかとも思ったんだけど、予告編を観ているうちに、面白そうな気がして・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1979年11月4日、イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派がアメリカ大使館を占拠し、52人の人質を取った。 しかし、この混沌の中6人のア...
アルゴ (rambling rose)
79年のイラン。革命により米大使館の職員52人が人質にとられた中、秘かにカナダ大使の私邸に逃げる事に成功した6人。しかし見つかるのは時間の問題だった。
アルゴ (試写会) (風に吹かれて)
前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫
アルゴ / argo (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
「アルゴ」 (prisoner's BLOG)
単純に娯楽映画として見るつもりだったのだが、意外とひっかかるところが多かった。 娯楽映画とすると、救出される六人の人質が怖がって計画に乗ってこないあたりがワガママに見えたりして助かって欲しいと肩入れするのになかなか至らないのと(協力すると「決断」する本...
アルゴ 前宣伝の印象としてはコメディかと思っていたが・・・ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww  1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
アルゴ (2012) ARGO 120分 (極私的映画論+α)
 アカデミー最優秀作品賞獲得凱旋上映見て来ました。←漢字だらけ(笑)
「アルゴ」 (セレンディピティ ダイアリー)
ベン・アフレック監督・主演の実話に基づくサスペンス、「アルゴ」(Argo)を見ま
アルゴ (悠雅的生活)
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。
★アルゴ(2012)★ (Cinema Collection 2)
ARGO この《実話》は、フィクションよりも大胆 上映時間 120分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2012/10/26 ジャンル サスペンス 映倫 G 【解説】 79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件で、 実際にCIAが行った架空のSF映...
「アルゴ」 国のため、正義のためというより (はらやんの映画徒然草)
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
アルゴ(2012)☆★ARGO (銅版画制作の日々)
 この《実話》は、フィクションよりも大胆 好き度:+5点=75点 MOVIX京都にて鑑賞。 ベン・アフレック監督・主演の作品です。 何とこれ実話らしく、びっくり!!舞台はあの中東イラン。そのイランにあるアメリカ大使館で起きた人質事件らしく。CIAが実際....
アルゴ (そーれりぽーと)
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせず観てきて良かった。 鬚と前髪で顔の大半が隠れてるベン・アフレックが別人のように見え...
アルゴ (ルナのシネマ缶)
事実にもとづくストーリーなので、 結果はわかっているのですが、 ハラハラ感は、半端なかったです。 冒頭にイラスト入りで、 当時の状況を説明してくれるので とてもわかりやすかったです。 そして、とても考えさせられる部分でも ありました。 1979年テヘラン...
アルゴ (映画情報良いとこ撮り!)
アルゴ イラン革命により、アメリカ大使館で、過激派侵入してきた。 そう、52人もの人質取られると言う事件が起きたのだ。 アメリカ人6名が大使館から逃げ、カナダ大使の自宅に逃げ込んだ。 そんな彼らを救出するべく、アメリカが動き出した。 前代未聞の計...
『アルゴ』(2012 米) (映画の心理プロファイル)
前評判も良く、 ベン・アフレックの『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』に続く 監督作だというので、さっそく観てまいりました。 原題:『ARGO』(120分) 監督:ベン・アフレック 脚本:クリス・テリオ 音楽:アレクサンドル・デスプラ 出演:ベ...
『アルゴ』 (Argo) (Mooovingな日々)
ベンアフレック監督、ベンアフレック、アランアーキン、ブライアンクライストン、ジョングッドマン 1979年11月4日、イランで過激派がアメリカ大使館を襲撃し6人の大使館員を人質にとった。彼らの要求は悪政の限りを尽くしアメリカに脱出した前国王バーレビの...
「アルゴ」〜細部にまで気配りされたエンターテインメント (酔生夢死浪人日記)
 昨日(5日)は紀伊國屋寄席で匠の話芸を満喫する。6月上旬の末広亭から紀伊國屋、鈴本演芸場、そして今回と、落語に少しずつ馴染んできた。噺家5人はそれぞれ個性に溢れていたが、瀧川鯉昇の飄々とした「味噌蔵」、五街道雲助のオーソドックスな「夢金」に聞き惚れた...
アルゴ (ダイターンクラッシュ!!)
2012年11月10日(土) 21:05〜 109シネマズ川崎5 料金:1000円(109シネマズの日) 『アルゴ』公式サイト 人質救出のためにインチキ映画プロデュースという話。 アホ面の大根役者ベン・アフレックの監督主演であるので、「黄金の七人」とか「ミニミニ大作戦」とか...
アルゴ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
事実は映画よりも奇なり。 イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。 全...
「アルゴ」 (Con Gas, Sin Hielo)
胆力、そして使命感。 冒頭のワーナーのマーク。あれ?間違った場所に入ったかなと一瞬思う。 時代は70年代から80年代へ移ろうという頃。記憶がフラッシュバックする。 そう、あの時代のアンチヒーローは、国家ではソ連であり、個人では間違いなくホメイニ師だった。 ...
アルゴ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第284回「事実は小説より奇なり。」 さて、今月は以前から観たい映画がないと嘆いてきましたが、月末に来てやっと観たい映画に巡り合いました。その映画とは「アルゴ」です。初めてこのタイトルを聞いた時はなんのことだろう?と思ったのですが、あらすじを聞いて期待....
『アルゴ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室 cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪ *ネタバレありです! 長文です(o´ェ...
No.078 「アルゴ」(2012年 120分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?〜Last Man Standing)
監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック    アラン・アーキン    ジョン・グッドマン 久しぶりの地元アポロシネマ8での鑑賞です ここは会員システムが変わり会員は平日は1000円で見れるというありがたいサービスが・・・ でも無料鑑賞ポイントが...
タイトルデザイン 31・PROLOGUE(Kyle Cooper)『アルゴ』ベン・アフレック主演・監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
本年度アカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック主演・監督作『アルゴ』物語・1979年、テヘランでアメリカ大使館人質事件が起きる。混乱の中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏
【アルゴ(2012)】 (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
ジェリー・ブラッカイマーとマイケル・ベイに気に入られてしまったがために一度奈落の底を見てきたベン・アフレックの監督・脚本・主演最新作です。前作『ザ・タウン』でもその手腕を高く評価されていた彼ですが、こちらは大変サスペンスフルで面白いと感じながらも私....
アルゴ (Argo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語...
アルゴ (夫婦でシネマ)
アルゴ救助隊の大冒険。
アルゴ  ARGO (映画の話でコーヒーブレイク)
私、ベン・アフレックって苦手でした。 演技も今一つやなぁ()、な〜んて思ってました。 しか〜し、本作を見て、監督として俳優として「ベン!なかなかやるやないのー!」っと見直しました。                   (偉そうにすみません)。 おそらく、いや....
「アルゴ」の波紋 (映画の話でコーヒーブレイク)
2012年のベスト10に選んだ「アルゴ」。 2013年ゴールデングローブ賞ドラマ部門で、    最優秀作品賞とベン・アフレックが最優秀監督賞受賞です! アカデミー賞でも7部門にノミネートされているようです。 しか〜し、この映画、娯楽映画にもかかわらず国際問題になっ...
アルゴ (迷宮映画館)
手に汗握った!!!
アルゴ (晴れたらいいね〜)
この映画は、見逃したくなかったんです。今年は、映画館見逃し作品が、めちゃ多いです。その中でも、特にコレはしんどくても行かんとあかんと念じてました。絶対的信頼を2作でもっ ...
アルゴ (538ねん。)
ようやっと見に行くことができたけども シネコンでしか公開されてないので 隣に陣取られた一年中1000円で映画を見られるオッサンが 持ち込み禁じられてる袋菓子 ま、持ち込まれるのは百歩譲ってあげますが 映画見ながら喰うから、袋の音がパリパリ 咀嚼の音もバリバリと....
アルゴ (銀幕大帝α)
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス ブライアン・クランストン『ジョン・カー....
「アルゴ」 (てんびんthe LIFE)
「アルゴ」ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞 Argo 2013-025 面白かったです! さすがオスカー受賞作品。 ゴールデングローブ賞に引っかかるあたりから日本で小さく公開されてましたけど、パスポートで見られる劇場ではやってなくて、パスポート持っている間はで...
アルゴ (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター2 鑑賞日時:3月7日 評価:A 原題:Argo 製作:2012年 アメリカ 監督:ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック ブライアン・クランストン アラン・アーキン ジョン・グッドマン ヴィクター・ガーバー テイト・ドノヴァ...
アルゴ (キノ2)
★ネタバレ注意★  ベン・アフレック監督作第三弾。  概要を聞いた瞬間、あ! 面白そう! っていう予感がする映画ってありますが、これがまさにそうで、そして実際にとっても面白かったです。アフレック監督、ありがとう☆ 思えば、監督第一作の『ゴーン・ベイ...
アルゴ (映画と本の『たんぽぽ館』)
ドキドキ、ハラハラ、早く・・・!早く・・・!                   * * * * * * * * *  イランで実際に起ったアメリカ大使館人質事件に関係した救出作戦を描いた作品です。 監督・主演がベン・アフレックということで、期待が高....
アルゴ (マイシネマ日記)
原題: Argo 2012年 アメリカ 監督: ベン・アフレック 製作: ジョージ・クルーニー 出演:  ベン・アフレック(Tony Mendez) アラン・アーキン(Lester Siegel) ジョン・グッドマン(John Chambers) ブライアン・クランストン(Jack O’Donnell) スクート・...
「 アルゴ 」 ARGO (俺の明日はどっちだ)
いやはや、前評判通りというか、それにも増して映画を観る喜びを堪能させてくれた、1979年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件のさなか、大使館から逃亡をはかった6人のアメリカ人官僚の身柄を確保するためCIAが架空の映画制作をでっちあげて実際に行なった嘘の....
アルゴ (いやいやえん)
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるト...
アルゴ 【映画】 (Balkan's Memorandum)
argo 2012年アメリカ ベン・アフレック(監督) ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、クレア・デュバル、ジョン・グッドマン、マイケル・パークス、テイラー・シリング、カイル・チャンドラーほか
映画 『アルゴ』 (向う岸)
アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]ベン・アフレック,ジョージ・クルーニー,グラント・ヘスロヴ,クリス・テリオワーナー・ホーム・ビデオ allcinema 『アルゴ』 1979年に起きたイランでの米大使館襲撃からカナダ大使私邸に 逃れたアメリカの職....
映画評「アルゴ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ベン・アフレック ネタバレあり
『アルゴ』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
 エアロスミスの曲(「Dream on」)が使われていた予告が気になり、劇場公開時から面白そうだなと思っていたのですが、DVDでの鑑賞となりました。アカデミー賞作品賞も受賞しましたね。 【あらすじ (Movie walkerより引用) 1979年11月4日、イランの過激派がアメリカ....
「世界名作映画」ベスト10 サスペンス篇 (シネマ・ワンダーランド)
「世界名作映画」サスペンス篇ベスト10は下記の通り。一口にサスペンスといっても、多岐にわたる。ミステリ系や、SF系、ポリティカル系、社会派系など。もともと、サスペンスの語源は、ズボンのサスペンダーでも分かるように、人の心を宙吊りにすることだという。...
【映画】アルゴ…アカデミー賞作品だけどやっつけた(2013年観賞) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2015年8月15日(土曜日)は、娘がホークスの試合を観にヤフードームまで行くと言うので、送りがてらついでにマリノアシティというのに初めて行きました。 ここでの収穫は特に無し。試合が終わるのを待つ間、ほぼ駐車場で昼寝していた一日でした 以下は映画観賞記録...