京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『あん』

2015-07-10 00:07:10 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「あん
□監督・脚本 河瀬直美
□原作 ドリアン助川
□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子

■鑑賞日 6月20日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を
 過ごしていた千太郎(永瀬正敏)。 ある日、店で働くことを懇願する老女、
 徳江(樹木希林)が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。
 しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が
 遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。 おとなしく店を
 去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた
 近所の
中学生・ワカナ(内田伽羅)とともに、徳江の足跡をたどる。

 淡々として描かれるこの映画の背景に、痛烈な社会風刺が描かれる。
 それはもしかしたら、戦争体験者の話にも近いぐらいのものなのかも。
 時代背景が現代なら、ネットで拡散・炎上という事態を引き起こすことは間違いない。
 病気(病気だけではないが)のことも良く理解しないで、まるで自分が見た来たように
 言葉が独り歩きしてしまう現代に、このハンセン病のことを知る人がそのくらい
 存在するのだろう。

 “生きる”「ということに前向きな老人はたくさんいるのだから、今後老人ばかりになる
 その社会生活の背景には、きっとこの映画のような、理解しないで物を言う人が、
 生きる気力を削いでしまうような言動で、孤独な死を遂げてしまうことも出てくるだろう。
 何かそういう社会に対して、問題提起をしているような映画だったと思う。

  他人の生きる道を誰が塞いでしまっていいのだ・・・と。

  当然のように樹木希林、ここのところの『駆込み女と駆出し男』といい、
  『海街diary』といい、その力量を発揮し続けている。
  孫の内田伽羅はご愛嬌だったのか、素人っぽい素人狙いだったのか(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『愛を積むひと』  | トップ | 「ハナショウブ/横須賀しょう... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
身につまされる (メビウス)
2015-07-13 13:12:29
cyazさんこんにちは♪TB有難うございました♪

ハンセン病について良く知らず、ただ周囲の噂を鵜呑みにして遠ざかってしまう世間の風評の怖さ。ツイッターをやっていますが、自分もその情報の真偽を良く知らず取り敢えずツイートって感じで取り上げる情報が無きにしも非ずなので、どこか身につまされるとこもありました。

でも樹木希林さんは本当に素晴らしかったですね。久しぶりに主演作を見ましたから、その自然体な演技などに改めて凄いとも思ってしまいました。
攻めに~ (cyaz)
2015-07-13 13:52:34
メビウスさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ただ周囲の噂を鵜呑みにして遠ざかってしまう世間の風評の怖さ。
ですよねぇ・・・。

>情報の真偽を良く知らず取り敢えずツイートって感じで取り上げる情報が無きにしも非ずなので、どこか身につまされるとこもありました。
僕はツイッターはやってないですが、
それでもリアルタイムの情報に踊らされることがありますよ(汗)

>でも樹木希林さんは本当に素晴らしかったですね。久しぶりに主演作を見ましたから、その自然体な演技などに改めて凄いとも思ってしまいました。
最近の彼女は“攻め”に入っていますね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
あん~“異物混入”の風評被害 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ...
あん/樹木希林、永瀬正敏 (カノンな日々)
河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...
『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希...
月とカナリヤ~『あん』 (真紅のthinkingdays)
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連...
あん (映画好きパパの鑑賞日記)
 河瀬直美監督がこれまでの作風を若干かえ、有名キャストで東京を舞台にした作品。これまで、彼女の作品は数本みており、すべて途中で寝てしまいましたが、初めて、最後まで見た作品になりました。  作品情報 2015年日本映画 監督:河瀬直美 出演:樹木希林、永瀬正...
劇場鑑賞「あん」 (日々“是”精進! ver.F)
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)
あん (映画的・絵画的・音楽的)
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...
あん  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...
『あん』 (こねたみっくす)
陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ...
映画感想『あん』-2015年 (見取り八段・実0段)
自然の映像と樹木希林さんの可愛さに惹きこまれるものの、ホンワカした癒し映画では無く、むしろその逆。厳しい。ハンセン病という病と闘い偏見という理不尽と闘い自分と闘ってきた...
鳥籠から解放されたカナリア。『あん』 (水曜日のシネマ日記)
どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。
あん (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ドリアン助川の同名小説を「殯(もがり)の森」「2つ目の窓」の河瀬直美監督が映画化した人生ドラマ。小さなどら焼き屋の雇われ店長と、粒あん作りの腕を買われて働くことになった老婦人の心の交流と、次第に明らかとなる老婦人が辿った過酷な人生を優...
「あん」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
あん (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連で...
『あん』(日仏独、2015) (はなこのアンテナ@無知の知)
[画像]  このブログで繰り返し述べているが、この世に完璧な人間なんて、おそらくいない。ごく最近のお気に入りのフレーズで表現するなら、人間は皆、「尊ばれるべき霊性」と「愛すべき無様さ」の両面を持った存在だ。表面上は様々な属性によって差異が見られても、外側...
『あん』 (soraの日常生活)
『あん』、観ました。 上映館が少なくていつも行くシネコンではやってなくて、 ネットで調べてあまり行ったことのないシネコンで観ました。 主人千太郎は小さなどら焼き屋を営んでいます。 そのどら焼き屋さんに一人の老女がやってきます。 「あんこはどうしている...
ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
残したい、最後の声。 餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。 明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。 彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だけで端的に感じさせる秀逸なオープニング。 長瀬正敏演じる千太...
「あん」みた。 (たいむのひとりごと)
樹木希林さんを見に行った。さすがは希林さんというものだった。そして市原悦子さんが見事にとどめを刺してくれた。優しくて厳しい、厳しくて温かい、奥深い映画だった。
日のあたる場所、月との約束。~「あん」~ (ペパーミントの魔術師)
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね~。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...
「あん」☆行間の美 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。
映画『あん』 (健康への長い道)
 『萌の朱雀』『殯の森』の河瀬直美監督の初の商業映画(という言い方は語弊がありますが、あえて)であり、初の原作あり映画を、シネスイッチ銀座で。  私の観たのは14:00の回でしたが、16:35の回の後には、監督と著名なカメラマンであるレスリー・キーさんのトーク・...
[映画『あん』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老...
あん (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長とし...
あん (にきログ)
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江...
あん  監督/河瀬 直美 (西京極 紫の館)
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は....
映画評「あん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・河瀬直美 ネタバレあり
あん (2015) (のほほん便り)
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間......
TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本 (読書と映画とガーデニング)
「あん」2015年 日本、フランス、ドイツ 刑務所暮らしを経験し、今はドラ焼屋の雇われ店長をしている男性(永瀬正敏)そこへやってきたのは高齢で少しだけ手が不自由な女性(......