京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『しゃべれども しゃべれども』

2007-05-28 22:35:24 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども
□監督 平山秀幸
□脚本 奥寺佐渡子
□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)
□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊

■鑑賞日 5月26日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5)

<感想>
 この映画を観る前の日に原作を読み終えた。
原作は1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説で、映画化されると聞いて読み始めた作品でした。

 原作よりも明確に季節感と主人公たちの色合いをより濃く映画は表現されていた。 それはさすがに平山監督だと納得のゆく結果だった。

 ここに登場する人物たち。 今昔亭三つ葉(国分太一)、十河五月(香里奈)、村林優(森永悠希)、湯河原太一(松重豊)。 そして三つ葉の師匠今昔亭小三文(伊東四朗)、三つ葉の祖母外山春子(八千草薫)。 それぞれが原作に持っている性格をいい意味でデフォルメされ、より立体的に作られているところは、原作を読んでいない方でもすぐには入れ込めるところだろう。

 なによりも驚いたことに、この映画での主役は国分太一でも香里奈でも松重豊でもない。 原作と年も同じ村林優役を演じる森永悠希クンだ 原作の持つ村林優よりもコミカルで、大人びた嫌味もなく、まだまだ子役としてのキャリアは少ないのに、しっかりと的を得た演技をしているのには驚いた。 この年でこういうコミカルな、そして大切な“間”が出せることは、監督をはじめ共演者も驚いたことだろう。 関西弁はややイントネーションがあやしい気もしたのだが(笑)、あとで彼のプロフィールを見てみると、なんと彼は大阪出身(10年のうちどれだけ在阪だったかはわからないが)とのこと。 

 なかでも凄いのは、友人を集めて発表会をやるシーンで「まんじゅうこわい」を話すくだり。 それも彼は桂枝雀(映画の中でもビデオでも見ておけと三つ葉から言われるカットがあったが)の「まんじゅうこわい」をやってのけるのだ。 これは枝雀の落語を聞いた人しかわからないだろうが、森永悠希クンはまさに子供という幼さを除けば、まさしくそこには桂枝雀の「まんじゅうこわい」があったのだ。 実はこの映画のオーディションで、唯一彼だけが「まんじゅうこわい」を話してみせたそうだ。 平山監督はこの村林優は彼しかいないと言わしめたそうである。 彼の映画の中でのこの「まんじゅうこわい」に本気で笑ってしまった。

 三つ葉演じる国分太一の落語もなかなか上手いとあのざこば師匠も言っていたそうな。 原作の三つ葉とは若干イメージは違うものの、そこはジャニーズでもお笑い系、無難にこの役をこなしていたようだ。

 十河を演じる香里奈は、今までのイメージを払拭し、どちらかと言えば彼女が一番原作のイメージに近かったの知れない。 笑うと本当に可愛いしキレイなのに、このダークな十河に果敢にチャレンジしたことは、彼女にとっても大きな収穫になるだろう。 ラスト近くの笑顔は本当にキレイだった

 湯河原を演じる松重豊も元プロ野球選手としては見てくれが貧相だったが、笑いのツボはしっかり押さえていた。

 そしてやはり脇がしっかり締まっていた。 伊東四朗はもともとお笑いだから、この映画には向いていただろう。 落語家なのにどこかで「ニン」って言って欲しかったなぁ(笑) そして思ったよりおかしかったのは随所に三つ葉の所作や言動に茶々を入れる八千草薫だった。 彼女が原作ではそんなに前に出てこない三つ葉の祖母を、映画ではかなりスパイスを効かせて演じている。 それは作ったものでなくナチュラルに備わっているものなのだろうか。

 久しぶりにニヤニヤしながら見終えた映画だった。 原作を読んでいなくても、落語に親しんでいなくても、十分楽しめる映画ですのでです

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (98)   トラックバック (107)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『パイレーツ・オブ・カリビ... | トップ | なめらか杏仁&マンゴー »
最近の画像もっと見る

98 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
粋! (ha-to-ko)
2007-05-29 17:06:01
こんにちは♪TBありがとうございます!
たしか以前も何かの映画でTBして頂いた
ような・・うろ覚えですみません!
自分のブログにも散々書きましたが「粋」な
作品でしたよね~。
村林君は私も素晴らしかったと思います。
上方落語もちょっと聴きたくなりました♪
将来~ (cyaz)
2007-05-29 17:25:14
ha-to-koさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>自分のブログにも散々書きましたが「粋」な作品でしたよね~。
原作よりも確かに“粋”でしたね^^

>村林君は私も素晴らしかったと思います。上方落語もちょっと聴きたくなりました♪
彼は最近の若手落語家より落語家らしかったですね(笑) 将来が楽しみです^^
Unknown (R☆C)
2007-05-29 19:55:13
TBありがとうございます。
超大作でなくても満足できる邦画って観た後のお得感がありますね。
TBありがとうございました (スノーウィ)
2007-05-29 21:32:59
スクリーンを見つめる間中、笑顔が絶えませんでした。落語のシーンでは、観客と一緒になってスクリーンに向ってくすくす笑ったりなんかして。登場人物すべてが愛おしい、楽しい映画でした。
国分君の三つ葉が大好きです。
なんだか見終わった後、元気が出てくる気がします。
こんばんは。 (ジョー)
2007-05-29 22:07:11
TBありがとうございます。
制作費を膨大にかけた大作よりも、こういう映画を観たときのほうが、なんか得した気分になりますね。心地いい映画でした。
Unknown (がるぼ)
2007-05-29 22:19:45
TBありがとうございました。こちらからも送らせて戴きました。ペコリ(o_ _)o))
私も悠希クンが一番印象に残りました。落語も自分のものにしてやってたように思います。見事な俳優さん。
原作は読んでいないので参考になりました。早速読んで見ます!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-05-29 22:44:37
 TBどうもありがとうございました。
 映画ではなく原作ですが、
 こちらからもTBさせていただきました。

 私は落語はあまり詳しくないのですが、
 枝雀師匠の「まんじゅうこわい」は
 それほど他の方と違ってたんですね。
 森永くんとやら、すごいなぁ。

 映画も観に行けたら行きたいと思ってます^^
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪ (あんぱんち)
2007-05-29 23:26:54
悠希くん凄すぎです!!!
舞台挨拶でも大人の世界をわかってました(笑)
キャリアは0に等しいけどこれからが楽しみですね。
香里奈の演技はほとんど見たことないですけど、これはハマり役でしたねぇ。
観てる本数が少ないですけど、個人的には今年No.1です(爆)
上~ (cyaz)
2007-05-29 23:39:33
R☆Cさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>超大作でなくても満足できる邦画って観た後のお得感がありますね。
仰るとおりですね^^
同じ日にパイカリ観ましたが、映画としての面白さはコチラの方が上でした!
共感~ (cyaz)
2007-05-29 23:42:40
スノーウィさん、コメントありがとうございますm(__)m

>落語のシーンでは、観客と一緒になってスクリーンに向ってくすくす笑ったりなんかして。登場人物すべてが愛おしい、楽しい映画でした。
自然に引き込まれてしまいましたね^^

>国分君の三つ葉が大好きです。なんだか見終わった後、元気が出てくる気がします
そうですね^^
誰しもこの映画の主人公たちのようなところがあるはずです。それを克服したときに新しい何かが見つかることでしょう^^ そこに共感を覚えたのではないでしょうか!
そのとおり~ (cyaz)
2007-05-29 23:44:02
ジョーさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>制作費を膨大にかけた大作よりも、こういう映画を観たときのほうが、なんか得した気分になりますね。心地いい映画でした。
そのとおりですね^^
同日にぱいかりを観ましたが、まさに仰るとおりだと思います(笑)
ぜひ~ (cyaz)
2007-05-29 23:45:35
がるぼさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私も悠希クンが一番印象に残りました。落語も自分のものにしてやってたように思います。見事な俳優さん。
あんなに自然に演技できる彼は凄いですね^^
しかも落語までしっかりとやれて!

>原作は読んでいないので参考になりました。早速読んで見ます!
ぜひ、原作の味わいも楽しんでみて下さいね^^
ぜひぜひ~ (cyaz)
2007-05-29 23:48:07
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は落語はあまり詳しくないのですが、 枝雀師匠の「まんじゅうこわい」は それほど他の方と違ってたんですね。
枝雀の落語は他の落語家さんと基本的に見せ方が違います!話術もさることながら見せる落語でしたね^^

>森永くんとやら、すごいなぁ。
あの若さで凄いです^^

>映画も観に行けたら行きたいと思ってます^^
いや、是非観てください!
素晴らしい~ (cyaz)
2007-05-29 23:49:53
あんぱんちさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>悠希くん凄すぎです!!!舞台挨拶でも大人の世界をわかってました(笑)キャリアは0に等しいけどこれからが楽しみですね。
ほんとナチュラルなのびのびとした演技でしたんね^^

>香里奈の演技はほとんど見たことないですけど、これはハマり役でしたねぇ。
彼女にとっては新境地でしょうか^^

>観てる本数が少ないですけど、個人的には今年No.1です(爆)
素晴らしいですね^^
どうもです♪ (sakurai)
2007-05-30 18:06:41
落語大好き!一番のごひいきは人間国宝桂米朝なのですが、その弟子に枝雀も好きでした。
あの独創的に見えて、実は計算され尽くしたしゃべり。あまりに追求したために、プレッシャーと自分自身に押しつぶされてしまった彼の姿を思い出しました。
しっかし、少年!!凄かったですね。間のとりかたといい、とぼけた味が最高。
きっと引く手あまたになりそうですが、あの味は消えないで欲しい。消さないで欲しい、痛感します。
本も読みたくなりました。
ぜひ~ (cyaz)
2007-05-30 23:31:26
sakuraiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>一番のごひいきは人間国宝桂米朝なのですが、その弟子に枝雀も好きでした。
米朝は直球、枝雀は変化球でしたね(笑)?

>あの独創的に見えて、実は計算され尽くしたしゃべり。あまりに追求したために、プレッシャーと自分自身に押しつぶされてしまった彼の姿を思い出しました。
確かにそうですね! 時に、何か乗り移ったって感じの落語でした。

>しっかし、少年!!凄かったですね。間のとりかたといい、とぼけた味が最高。
自然にあの演技はまさに新人賞決定かな(笑)

>きっと引く手あまたになりそうですが、あの味は消えないで欲しい。消さないで欲しい、痛感します。
そうですね^^ 絶対失って欲しくないですよね!
いい監督やスタッフに出会うことを願うばかりです^^

>本も読みたくなりました。
ぜひぜひ~
TBありがとうございました! (ココナッツ)
2007-06-01 01:38:08
子役の子、関西弁がカワイカッタ~。
豪華キャストだと、設定が不自然なことあるのですが、この作品はそれがありませんでした。
作品中に知っている噺家さんが出ていたのに、気がつかなかったのが1人います。
作品も好きなので、もう一度観にいくつもりです。
再度~ (cyaz)
2007-06-01 08:41:00
ココナッツさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>子役の子、関西弁がカワイカッタ~。
ホント、彼がこの映画の一番の功績者ですね^^

>豪華キャストだと、設定が不自然なことあるのですが、この作品はそれがありませんでした。
そうかもしれませんね。

>作品も好きなので、もう一度観にいくつもりです。
2度観るとまた違うところに気が付くかもしれませんね^^
はじめまして! (ワギー)
2007-06-01 21:46:48
TBありがとうございます
本当にラストの笑顔がとても印象的ですよね
TBありがとうございます (LOVEビア)
2007-06-01 21:51:02
はじめまして!
TBありがとうございます。
私も・・・と思うのですが、よくやり方がわからず、一応URLにアドレス入れたのですがこれでいいのかな?
違ってたらごめんなさい!!

さてさて、枝雀さんをほうふつとさせる森永くんの演技はすごかったですね。
本当に私も枝雀師匠の姿を自然に思い浮かべていました。
おっしゃるように、間とか、見せ方とか、これは絶対枝雀師匠!!と涙が出そうでした。
エンドクレジットにも 桂米朝事務所がちゃんと出てましたね。

私は時々見に行く程度ですが、映画好きです。
これからもよろしくお願いいたします。
おはつです~ (cyaz)
2007-06-01 22:35:31
ワギーさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>本当にラストの笑顔がとても印象的ですよね
原作の十河とはイメージこそ違いましたが、香里奈、頑張ってましたね!
おはつです~ (cyaz)
2007-06-01 22:38:15
LOVEビアさん、コメントありがとうございますm(__)m

>さてさて、枝雀さんをほうふつとさせる森永くんの演技はすごかったですね。本当に私も枝雀師匠の姿を自然に思い浮かべていました。
子供ながら本当に彼は素晴らしい落語を聞かせてくれました^^

>おっしゃるように、間とか、見せ方とか、これは絶対枝雀師匠!!と涙が出そうでした。エンドクレジットにも 桂米朝事務所がちゃんと出てましたね。
そうでしたね^^ あそこまでやれるなんて本当に彼は素晴らしい!

>私は時々見に行く程度ですが、映画好きです。これからもよろしくお願いいたします。
こちらこそ、よろしくお願い致しますm(__)m
TB感謝です。 (景牙)
2007-06-02 10:07:45
TBありがとうございました。
私の場合、『落語FAN』なもんで、かなり贔屓目にこの映画を観ました。
しかも、とっても楽しい映画に仕上がっていて、私の中では上半期ナンバーワン映画です。
なるほど~ (cyaz)
2007-06-02 12:30:46
景牙さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私の場合、『落語FAN』なもんで、かなり贔屓目にこの映画を観ました。しかも、とっても楽しい映画に仕上がっていて、私の中では上半期ナンバーワン映画です。
落語ファンの方が観ても楽しめる映画で、しかも上半期ナンバーワン! 素晴らしい映画ですね^^
TBありがとうございます。 (BCwall)
2007-06-02 20:47:46
森永クンの「まんじゅうこわい」は、桂枝雀版の再現なのでした。これは見事!と感服し、また笑いもこみ上げてくるのでありました。
八千草薫さんが、実にいい雰囲気を漂わせていました。
TBありがとうございます^^ (Chihaya)
2007-06-02 20:55:16
予告編から気になっていて早く観たかった作品です。
期待通り面白くて…(><)
ゆずの唄の好きなのでそれもうれしかったです♪
TB有難うございます。 (おばさんは元気)
2007-06-02 21:46:15
フラガール以来、中々、いい映画に出会えなくて、久し振りにほっとして、爽やかに笑える映画でした。それにしても、森永悠希君は天才ですね。彼がセリフを言うところでは、どこも、館内爆笑でした。
こんばんは (ふゆ)
2007-06-02 22:43:46
TBありがとうございます。
森永君の演技はとっても良かったですね。
『まんじゅうこわい』は笑ってしまいました。
お見事~ (cyaz)
2007-06-03 00:50:12
BCwallさん、コメントありがとうございますm(__)m

>森永クンの「まんじゅうこわい」は、桂枝雀版の再現なのでした。これは見事!と感服し、また笑いもこみ上げてくるのでありました。
ほんと、見事でしたね^^

>八千草薫さんが、実にいい雰囲気を漂わせていました。
やはり脇がしっかりしていると、映画が締まりますね!
マッチ~ (cyaz)
2007-06-03 00:53:21
Chihayaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>期待通り面白くて…(><)ゆずの唄の好きなのでそれもうれしかったです♪
面白かったですね^^
ゆずの歌はシンプルでこの映画の情景とマッチしていましたね!
最高~ (cyaz)
2007-06-03 00:58:16
おばさんは元気さん、コメントありがとうございますm(__)m

>フラガール以来、中々、いい映画に出会えなくて、久し振りにほっとして、爽やかに笑える映画でした。
いい映画でしたね^^ 観終わったときは爽快感がありました!

>それにしても、森永悠希君は天才ですね。彼がセリフを言うところでは、どこも、館内爆笑でした。
小さいのによく“間”とうものを把握していましたね^^ 最高でした!
こわいほど~ (cyaz)
2007-06-03 01:01:05
ふゆさん、コメントありがとうございますm(__)m

>森永君の演技はとっても良かったですね。『まんじゅうこわい』は笑ってしまいました。
恐ろしいほどの落語でした! 生で聞いてみたいですね、森永クンの落語を(笑)
はじめまして (bobby101)
2007-06-03 11:09:06
TBどうもありがとうございました。微笑ましくて、懐かしい良い映画と私も気に入っています。また見に行きたいし、いっそのこと続編もとも・・・。(これは止めた方がいいかな?)
ブログの香里奈の写真、さすが良い場面を選んでいますね。では。ありがとうございました。
おはつです~ (cyaz)
2007-06-03 15:33:35
bobby101さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>微笑ましくて、懐かしい良い映画と私も気に入っています。また見に行きたいし、いっそのこと続編もとも・・・。(これは止めた方がいいかな?)
続編ですか^^ それは面白いかもしれませんね^^
太一が真打になり、村林が落研、何か楽しいかも(笑)
森永クン (未来)
2007-06-03 21:27:35
ほんとにスゴイ子役さんですね。
劇中の関西弁は少し‘わざとらしさ’を感じたのですが、
大阪出身なんですね、上手いはずです。
「まんじゅうこわい」はまんま枝雀でしたよ。
生で~ (cyaz)
2007-06-03 21:54:14
未来さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ほんとにスゴイ子役さんですね。劇中の関西弁は少し‘わざとらしさ’を感じたのですが、大阪出身なんですね、上手いはずです。
大阪はあまり長くなかったんでしょうね(笑)

>「まんじゅうこわい」はまんま枝雀でしたよ。
あの年齢で枝雀を彷彿させる落語でした^^ 生で聞いてみたくなりましたよ(笑)
はじめまして (ゆるり)
2007-06-03 22:56:40
いつも楽しく読ませていただいてます。
TB返していただいて、ありがとうございました!
久しぶりに観た邦画がおもしろくて、なんかホッとしました。
国分太一さんのビックリした時の目が、何故か頭に焼き付いてはいるけれど。。。

TBありがとうございました。 (GOGH)
2007-06-03 23:35:10
TBありがとうございました。

皆さん、書いていますが、森永悠希君は凄いですね。
あとは、映画じゃありませんが、マネではなく自分が
森永が、出せる俳優になっていくかが楽しみですね。
天才子役で終わらないことを...
背中押されて (にゃんこ)
2007-06-04 01:06:50
最近生で落語を観たこともあって
ついでに出かける前にcyazさんの★4つ観ちゃったので
がんばって出かけてみました(笑)
その甲斐あってか…めっけものでした。
ありがとーございました~♪
素質~ (cyaz)
2007-06-04 08:25:54
ゆるりさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>久しぶりに観た邦画がおもしろくて、なんかホッとしました。国分太一さんのビックリした時の目が、何故か頭に焼き付いてはいるけれど。。。
それは良かったですね!
太一クンはそもそもお笑いの方の素質がありましたからね(笑)
ですね~ (cyaz)
2007-06-04 08:28:15
GOGHさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>マネではなく自分が 森永が、出せる俳優になっていくかが楽しみですね。天才子役で終わらないことを...
そうですね^^ 色んなものを見聞きし、また体験して、広い視野をもった大人の俳優に成長して欲しいですね! この役柄がむしろピッタシしぎたかもしれませんが、今後を温かく見守りたいと思います。
お役に立てば~ (cyaz)
2007-06-04 08:30:11
にゃんこさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>出かける前にcyazさんの★4つ観ちゃったのでがんばって出かけてみました(笑)
参考にしてもらえたんですね(笑)?

>その甲斐あってか…めっけものでした。ありがとーございました~♪
お役に立てば何よりでございます^^
ご無沙汰です~ (シャーロット)
2007-06-05 17:57:31
こんにちはー。
まだ見られてないんですよ~。
斜め読みしましたけど、ちょっと楽しみになったかな。
ありがとうございます~♪
おひさです~ (cyaz)
2007-06-05 17:59:53
シャーロットさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>斜め読みしましたけど、ちょっと楽しみになったかな。ありがとうございます~♪
あとでコメントしようと思っていたんですが、観て欲しいなぁと思ってTBしたんですよ^^
三つ葉 (ささみ)
2007-06-06 15:43:35
TBありがとうございました。
国分氏の落語が、物語の進行と共に上達してゆくのが目に見えて、映画ならではの表現だなぁ、と思いました。
ほんと、下手な噺家よりウマイかも(笑)
ウマイ~ (cyaz)
2007-06-06 17:25:36
ささみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>国分氏の落語が、物語の進行と共に上達してゆくのが目に見えて、映画ならではの表現だなぁ、と思いました。
不器用なようで器用なんですね^^
TOKIOの中では食べる方前門かと(笑)

>ほんと、下手な噺家よりウマイかも(笑)
きっとウマイです!
TBありがとうございました(^.^) (kuemama。)
2007-06-07 13:25:13
原作を読まれてから、見に行かれたんですね。
うーん、やっぱり私も、来週映画見に行かなくちゃ!
おはつです~ (cyaz)
2007-06-07 17:26:29
kuemama。さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作を読まれてから、見に行かれたんですね。 うーん、やっぱり私も、来週映画見に行かなくちゃ!
ぜひぜひ^^
原作よりも明るいイメージなのでいいと思いますよ~^^
こんばんは~! (rubicone)
2007-06-08 00:09:04
久しぶりに邦画を観た気がします。でもそれがとってもよかった~のが嬉しい!つい、2回観てしまいました!!
下町のしっとりした情緒が随所に見られ、それでいて妙な感傷がないのがとても好感が持てました。
私も八千草薫さんは印象に残りました。「大人になればそれが間違いだってことに気付くよ」なんて、ちょこっと挟まれる彼女の言葉に、思わずころころ笑ってしまいました
はじめまして (ようこ)
2007-06-08 00:20:18
こんにちは。
TBをありがとうございました。
村林役の森永君、ホントに桂枝雀師匠に似てましたね。
顔じゃなくて全体の雰囲気が。
『まんじゅうこわい』を演じてる姿、まじで師匠と重なりました。「枝雀や!」ってつぶやきそうになりましたもん。(笑)
TBありがとうございました! (mie)
2007-06-08 01:03:05
こういうホッとできる映画っていいですよね!
私も村林少年の『まんじゅうこわい』素直に笑わしてもらいました。
何といっても彼の表情が最高ですよね!
きゃ~ばたばたきゃ~ばたばた (ぽんぽこ山)
2007-06-08 01:05:58
TBどうもありがとうございました~。
枝雀さんファンにとってはなんとも嬉しい映画でしたわ。
香里奈さんもよかったし、満足でした。
おひさです~ (cyaz)
2007-06-08 08:18:56
rubiconeさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>つい、2回観てしまいました!!
お気に入りだったんですね^^

>下町のしっとりした情緒が随所に見られ、それでいて妙な感傷がないのがとても好感が持てました。
最近下町散策をすることが多いので、この風情好きでした!

>私も八千草薫さんは印象に残りました。「大人になればそれが間違いだってことに気付くよ」なんて、ちょこっと挟まれる彼女の言葉に、思わずころころ笑ってしまいました
あれはセリフというより彼女の経験則からくる自然な言葉のようにも感じました^^
おはつです~ (cyaz)
2007-06-08 08:22:15
ようこさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ホントに桂枝雀師匠に似てましたね。顔じゃなくて全体の雰囲気が。
10歳で枝雀の雰囲気を掴むなんて凄いですよね(笑)?

>『まんじゅうこわい』を演じてる姿、まじで師匠と重なりました。「枝雀や!」ってつぶやきそうになりましたもん。(笑)
枝雀の独特の落語観を知っている人なら、ほんと「枝雀や!」って言ってしまいますよね^^
風情~ (cyaz)
2007-06-08 08:32:13
mieさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>こういうホッとできる映画っていいですよね!
下町風情がいいですしね^^

>私も村林少年の『まんじゅうこわい』素直に笑わしてもらいました。 何といっても彼の表情が最高ですよね!
原作では出ない味が出ていましたね^^
枝雀~ (cyaz)
2007-06-08 08:34:00
ぽんぽこ山さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>枝雀さんファンにとってはなんとも嬉しい映画でしたわ。
彼の落語を知っていると、あの森永クン演じる村林は最高でした!

>香里奈さんもよかったし、満足でした。
最後の方の笑みが良かったです^^
あの子が主役に賛成! (saheizi-inokori)
2007-06-08 17:15:38
彼がいなかったら失敗作でしょうね。
一概に~ (cyaz)
2007-06-08 17:31:35
saheizi-inokoriさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>彼がいなかったら失敗作でしょうね。
ま、一概にそうとも限らないでしょうが、とにかく彼は際立ってましたので^^
まんじゅう (NAO)
2007-06-08 20:58:25
cyazさん、こんばんは~。

落語があまり詳しくない私にもわかる、丁寧なつくりになってましたね。
関西出身の私は、ビデオにうつった桂枝雀に反応してしまいました。
子役の森永くんは、まさに適役。
影の主役?といってもおかしくない演技でした☆

派手さはないですが、日本映画らしい作品だったのではないかと思います。
主役~ (cyaz)
2007-06-08 21:15:11
NAOさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>落語があまり詳しくない私にもわかる、丁寧なつくりになってましたね。
そうでしたね^^

>関西出身の私は、ビデオにうつった桂枝雀に反応してしまいました。
ボクも大阪出身なのでしっかりと反応しましたよ^^

>子役の森永くんは、まさに適役。影の主役?といってもおかしくない演技でした☆
というよりは主役でしたね!

>派手さはないですが、日本映画らしい作品だったのではないかと思います。
下町情緒もしっかりと落語の世界とマッチしていましたね^^
TBありがとうございました (tibitora)
2007-06-09 22:20:39
はじめまして。
TBしていただき、ありがとうございました。
私も、この映画は、すごいオススメ映画だと思います。
国分くん、ホントすばらしかった!!
オススメ~ (cyaz)
2007-06-10 17:48:20
tibitoraさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私も、この映画は、すごいオススメ映画だと思います。国分くん、ホントすばらしかった!!
ホント、そうですね^^
森永クンもなかなかの演技でしたね!
見てきました♪ (kuemama。)
2007-06-11 19:46:17
お勧めに従って、見てきましたぁ\(^O^)/
原作を大事にしていて、とってもよかったです!
今日、観に行ってきました! (ぺん)
2007-06-11 21:18:49
 TB、どうもありがとうございました!あれでますます映画を観たくなり、今日ガマン出来ずに行ってきました。
 国分と森永クンの落語は思った以上の出来で驚きました。全体的に原作のイメージを損ねない作りで、さすが平山監督だと思います。
 もともと落語好きなので、久しぶりに枝雀の落語を聞いてみる気になってます!
キャラ~ (cyaz)
2007-06-11 23:23:32
kuemama。さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>お勧めに従って、見てきましたぁ\(^O^)/
お~それは良かったです!

>原作を大事にしていて、とってもよかったです!
仰るとおりですね^^ 森永クンのキャラ、楽しめましたか^^
おはつです~ (cyaz)
2007-06-11 23:26:57
ぺんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>あれでますます映画を観たくなり、今日ガマン出来ずに行ってきました。
あらら、刺激しましたね(笑)?

>国分と森永クンの落語は思った以上の出来で驚きました。全体的に原作のイメージを損ねない作りで、さすが平山監督だと思います。
仰るとおりだと思います。平山監督らしさも出ていましたね!

>もともと落語好きなので、久しぶりに枝雀の落語を聞いてみる気になってます!
いいですね~♪ DVDで動きがあるほうがいいかも^^
初めまして (イクヤ)
2007-06-13 00:12:08
初めまして。
TBどうもありがとございました^^

私の場合、最初は国分君の一ファンとしてこの映画を楽しみにしてたので^^;映画好きの方や落語好きの方ってどう思ったんだろうと気になってました。
見て何日も経ちましたが、一番に思い出すのは森永君の演技です。ホントある意味彼が主役だと思います(笑)
おはつです~ (cyaz)
2007-06-13 08:12:07
イクヤさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画好きの方や落語好きの方ってどう思ったんだろうと気になってました。
そうだったんですか^^

>見て何日も経ちましたが、一番に思い出すのは森永君の演技です。ホントある意味彼が主役だと思います(笑)
そうですね^^ 村林の位置が微妙に映画を左右する位置づけだったので、森永クンは本当に素晴らしい演技だったし、印象にも残りましたね^^
たしかに桂枝雀! (やく)
2007-06-13 19:48:32
TBどうもです。
桂枝雀のくちゃくちゃに変化する顔が確かに見えました。胸がきゅんとしてしまいました。
これはみたことのある人でなければわからない感動でしょうね。
見せる~ (cyaz)
2007-06-13 22:06:05
やくさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>桂枝雀のくちゃくちゃに変化する顔が確かに見えました。胸がきゅんとしてしまいました。
森永クン、本当に上手でしたよね^^

>これはみたことのある人でなければわからない感動でしょうね。
見せる噺家でしたからね、枝雀は^^
憑依 (aq99)
2007-06-15 22:49:32
枝雀師匠が降りてきてましたね~。
見終わってから彼の顔見ると、師匠の顔とだぶってしゃあないです。
宮田は、「オチ聞かんでええのか!」と思いました。
恐ろしい~ (cyaz)
2007-06-15 23:29:30
aq99さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>枝雀師匠が降りてきてましたね~。 見終わってから彼の顔見ると、師匠の顔とだぶってしゃあないです。
ホント、降りてきてましたね~
しかし、恐ろしい小学生がいたものです(笑)
ゆずのファンです・・ (ムッター)
2007-06-21 08:41:26
・・という訳で封切後、すぐに見に行きました。
もちろんCDで聴いて、すでに完璧に持ち歌となりつつあった「明日天気になぁれ」をひたすら待ちながら。
でも、映画が予想以上によかった!
国分太一さんのスキっと美しい佇まいも素適でしたし、古典芸術として「しゃべる」技術をしっかりと意識して訓練してきた印象を受けました。
落語になっている という言い方をするならば、伊藤四郎さんより玄人に近かったと思います。
・・で、映画に酔いしれて忘れちゃってた主題歌!

実は、私その後都合四回この映画を見たのですが(何しろハマッてしまって)
映画に入り込むほど、最後に流れるこの唄が沁みてくるのが新発見でした。ゆずっこは必見です。
それにしても・・森永君は圧巻でした・・
すごい~ (cyaz)
2007-06-21 08:57:48
ムッターさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>国分太一さんのスキっと美しい佇まいも素適でしたし、古典芸術として「しゃべる」技術をしっかりと意識して訓練してきた印象を受けました。
ホント、そうでしたね^^ もともとお笑いのセンスはあったですよね!

>落語になっている という言い方をするならば、伊藤四郎さんより玄人に近かったと思います。
伊東さんは笑いと言う意味ではやはり玄人ですよ(笑) てんぷくトリオでは地味でしたが、その後の活躍はご存知の通りで(笑) 適役かな!

>実は、私その後都合四回この映画を見たのですが(何しろハマッてしまって)
映画に入り込むほど、最後に流れるこの唄が沁みてくるのが新発見でした。ゆずっこは必見です。
それにしても・・森永君は圧巻でした・・
4回も!!
それは凄いですね~
確かに下町風味のテイストとゆずの楽曲はマッチしていました^^
昔、横浜で歌っていたうずを見たことがありますよ(笑)もちろんアマチュアでしたが^^
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-21 21:19:32
 ご訪問、どうもありがとうございました◎

 私は枝雀師匠の「まんじゅうこわい」は
 実際に聞いたことはないんですが、
 森永クンの落語はたしかに絶賛ものでしたね。
 頑張って稽古したんだろうなぁー。

 そうそう、八千草さんもよかったですね。
 憎まれ口をたたいてもあのかわいさ、
 もうあれは天性のものなんでしょうね^^

 ところで、堂島ロールの人気、
 ますます上がる一方ですね。
 こないだは「食わず嫌い」ゲストのYOUの
 おみやげで出てきて、タカさんも絶賛だったとか。
 本店前、今日の夕方偶然通りましたが、
 行列ができていました(>_<)

 
上手(旨)い~ (cyaz)
2007-06-22 08:15:17
miyukichiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私は枝雀師匠の「まんじゅうこわい」は実際に聞いたことはないんですが、森永クンの落語はたしかに絶賛ものでしたね。頑張って稽古したんだろうなぁー。
オーディションのときにすでにマスターしてみたいですから、凄いですよね~彼!

>そうそう、八千草さんもよかったですね。憎まれ口をたたいてもあのかわいさ、もうあれは天性のものなんでしょうね^^
あの“間”は長年の女優人生のたまものでしょうね!

>ところで、堂島ロールの人気、ますます上がる一方ですね。こないだは「食わず嫌い」ゲストのYOUの おみやげで出てきて、タカさんも絶賛だったとか。 
見ました! 美味しいものはやはり誰が食べても美味しいですね^^ 特に堂島ロールには懐かしい味も含まれているような気がするので^^
後味が良い映画ですね♪ (Hanako)
2007-06-25 11:52:02
こんにちは。TBありがとうございました。

下町情緒溢れる、人の心に寄り添うような優しい映画でしたね。

落語の素晴らしさを再認識させてくれる作品でもありました。亡き枝雀の落語が再び見られて、とても嬉しかったです。彼へのオマージュとも受け取られる作品ですね。

こちらからもTBさせていただきます。
クリーニング店~ (cyaz)
2007-06-25 12:24:35
Hanakoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>下町情緒溢れる、人の心に寄り添うような優しい映画でしたね。
ホントそうでしたね!

>落語の素晴らしさを再認識させてくれる作品でもありました。亡き枝雀の落語が再び見られて、とても嬉しかったです。彼へのオマージュとも受け取られる作品ですね。
落語を通じての人間模様は原作よりも艶っぽくてよかったように思いました。
余談ですが、先日十河(香里奈)の実家の設定だったクリーニング店(ロケ地)を都電から見て来ました(笑)
まあすてきな映画評 (麦風)
2007-06-27 18:52:45
わたしは「ほのぼのしてた」くらいしか書かなかったのに
京の昼寝さんの評はすごいなあ。言葉が的確で。

やはり八千草香よかったですね。
無愛想な香里奈が浴衣縫っててにこっと笑うところ、
三つ葉祖母の人柄のお陰ですよね。あの場面良かった。
おはつです~ (cyaz)
2007-06-27 22:17:20
麦風さん、コメントありがとうございますm(__)m

>やはり八千草香よかったですね。無愛想な香里奈が浴衣縫っててにこっと笑うところ、三つ葉祖母の人柄のお陰ですよね。あの場面良かった。
原作にもあったシーンですが、やはり年季の入った“間”の良さでしょうかね^^
お邪魔しまーす (みのりや)
2007-06-27 23:31:27
早速のTB有り難うございました。

映画館の上映切り替え間際に慌てて駆け込みました
。そんな訳で原作があるとも知らなかった訳です(笑)

ホッコリしました。話もなんもかんも。
役者はもちろん風景から何から全体の醸し出す雰囲気が『いい!』んですよ。
こういう映画は大切に別の引き出しにとっておきたいですね。
たまに~ (cyaz)
2007-06-28 12:25:52
みのりやさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ホッコリしました。話もなんもかんも。役者はもちろん風景から何から全体の醸し出す雰囲気が『いい!』んですよ。
下町情緒と落語、そこに生きる不器用な人間たちと人間模様。夏の夕暮れの打ち水のような作品でした!

>こういう映画は大切に別の引き出しにとっておきたいですね。
そうですね^^ たまにその引き出しから出して見る(笑)
「しゃべれどもしゃべれども」 (giants-55)
2007-07-02 19:09:53
書き込み有難う御座いました。そして、トラックバックが上手く行かなかったとの事、本当に申し訳在りませんでした。

この作品、ネット上での評判がなかなか良かった為かなり期待して観に行ったのですが、残念乍ら自分にはイマイチの感じでした。国分君の噺は下手ではないものの、何かプラスαが無い感じがして。まあ二ツ目という設定ですから上手過ぎてしまうのも何なのですが(笑)。

森永君の演技は確かに良かったですね。こまっしゃくれた感じを実に良く演じていたと思います。でも、個人的に一番良かったのは”ベンジャミン伊東”氏の噺家ぶり。元々芸達者な方ですが、上手いなあと思いました。(「ニン!」は自分も言わないかなあと期待して観ていました(笑)。)
いえいえ~ (cyaz)
2007-07-03 08:28:24
giants-55さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>国分君の噺は下手ではないものの、何かプラスαが無い感じがして。まあ二ツ目という設定ですから上手過ぎてしまうのも何なのですが(笑)。
そうですね(笑) ま、原作の三つ葉とはちょっと違う感じになっていましたが、彼は彼の味があってよかったように思います。

>森永君の演技は確かに良かったですね。こまっしゃくれた感じを実に良く演じていたと思います。でも、個人的に一番良かったのは”ベンジャミン伊東”氏の噺家ぶり。元々芸達者な方ですが、上手いなあと思いました。(「ニン!」は自分も言わないかなあと期待して観ていました(笑)。)
“遊び”というのも必要だと思います。ほんの一瞬でもコメディアン伊東が見たかった気がします(笑)
こんにちは^^ (latifa)
2007-07-19 13:40:45
こんにちは♪
まだ映画は見てないのですが、原作が凄く面白かったので、映画版の方も、とても楽しみにしています。
小学生役の子が凄く上手な様ですね。その少年の良しあしが、この映画でかなり重要な気がするので、その子が良かったというのは成功に繋がったんだろうな~って思います。
ぜひ~ (cyaz)
2007-07-19 17:25:14
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>まだ映画は見てないのですが、原作が凄く面白かったので、映画版の方も、とても楽しみにしています。
ぜひ観て下さい! 原作より僕は良かったですけどね^^

>小学生役の子が凄く上手な様ですね。その少年の良しあしが、この映画でかなり重要な気がするので、その子が良かったというのは成功に繋がったんだろうな~って思います。
その通りです!
ご覧になったらまた感想聞かせて下さいね~
落語の世界 (サラ)
2007-07-21 05:23:10
おはようございます!
TB&コメントありがとうございました。
今まで、落語の世界を知らなかったので、興味深い事が多かったです。
原作は読んでいないので、cyazさんの記事は参考になりました。
森永クン~ (cyaz)
2007-07-21 09:10:07
サラさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>今まで、落語の世界を知らなかったので、興味深い事が多かったです。
太一クンも上手でしたが、やはり森永クンにはビックリでした^^

>原作は読んでいないので、cyazさんの記事は参考になりました。
恐れ入りますm(__)m
こんばんは~! (latifa)
2007-11-20 18:30:33
cyazさん、こんばんは
森永悠希クンは、すごかったですね。この映画以外では見たことがないのですが、その後、どうしているのかな?

cyazさんの本の方のレビューは無いのかな~って探してみたのですが、見つからなかったです^^

PS 塩ホワイトチョコレートっていうのは、お初に聞きました^^ ちょっと一つ味見してみたい気分です
すごかった~ (cyaz)
2007-11-20 23:24:45
latifaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>森永悠希クンは、すごかったですね。この映画以外では見たことがないのですが、その後、どうしているのかな?
きっとどこかに出ていると思うのですが(笑)

>PS 塩ホワイトチョコレートっていうのは、お初に聞きました^^ ちょっと一つ味見してみたい気分です
これは結構安い割には美味しいですよ^^
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-12-16 18:03:33
 TBどうもありがとうございました。
 遅まきながらお返し送らせていただきました。
 (以前に原作でTBしていたみたいです)

 森永クン、大活躍でしたね。
 私的には、国分クンもすごくよかったです^^
ふたたび~ (cyaz)
2007-12-16 20:59:19
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>遅まきながらお返し送らせていただきました。 (以前に原作でTBしていたみたいです)
いえいえ、再びありがとうございます(笑)

>森永クン、大活躍でしたね。  私的には、国分クンもすごくよかったです^^
なるほど^^
彼のちょっととぼけたキャラがこの映画には活きていましたね!
今晩は (ゴブリン)
2008-01-15 21:52:52
cyazさん コメントありがとうございました。
僕はこの映画がちゃらちゃらした作りになっていないことに何よりも感心しました。ストーリーに芯があり、俳優にもしっかり演技をさせている。下手なお笑いに逃げていない。そこがいいと思うのです。
昨年の日本映画は一昨年よりも傑作は減った気がするのですが、しっかりとした作りの映画は増えてきたように思います。特にドキュメンタリーは力作が多いですね。これからが楽しみです。
切り口~ (cyaz)
2008-01-15 21:55:47
ゴブリンさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>僕はこの映画がちゃらちゃらした作りになっていないことに何よりも感心しました。ストーリーに芯があり、俳優にもしっかり演技をさせている。下手なお笑いに逃げていない。そこがいいと思うのです。
仰るとおりだと僕も思います!

>昨年の日本映画は一昨年よりも傑作は減った気がするのですが、しっかりとした作りの映画は増えてきたように思います。特にドキュメンタリーは力作が多いですね。これからが楽しみです。
切磋琢磨というか、切り口或いは視点の面白さが際立った作品も多かったですね^^
こんばんは (YOSHIYU機)
2008-01-29 23:44:34
コメント有難うございます。

八千草さん効いてましたね~。
出演者も良いのですが、監督が巧く
撮ってるな~と感じました。
バランス~ (cyaz)
2008-01-30 08:40:55
YOSHIYU機さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>八千草さん効いてましたね~。
やはり熟練の技ですね!

>出演者も良いのですが、監督が巧く撮ってるな~と感じました。
バランスよく撮れていましたね^^

TB有り難うございました (ほんやら堂)
2008-04-06 15:51:26
cyaz様

TB有り難うございました.

小生落語は好きですが,実は枝雀が一番好きだったのです.
森永悠希君の枝雀版「まんじゅう怖い」,気に入りました.
ちいさな~ (cyaz)
2008-04-06 23:10:05
ほんやら堂さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>小生落語は好きですが,実は枝雀が一番好きだったのです.
お~、それは僕も同じです^^

>森永悠希君の枝雀版「まんじゅう怖い」,気に入りました.
似てましたねぇ、小さな枝雀みたいで(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

107 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「 しゃべれども しゃべれども(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 平山秀幸 出演 : 国分太一  / 香里奈
「しゃべれども しゃべれども」話し方を見つけた先に言えた本当の気持ち (オールマイティにコメンテート)
「しゃべれども しゃべれども」は落語家の2つ目の若手落語家がひょんな事から話し方教室を始める事になり、話し方を教えるストーリーである。話し方の上手い人と下手な人は何処でもいると思うけれど、何を持って上手いととり何をとって下手と取るのかは個人差があり難し...
『しゃべれども しゃべれども』 (試写会帰りに)
人情、可笑しさ、温かさがある。落語そのもののような映画『しゃべれどもしゃべれども』 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球...
映画三昧の日々 ~しゃべれども しゃべれども~ (徒然日誌)
今までこちらのブログに書き込んでいる内容から察していただいているかとは思いますが、自分はかなりの邦画好きです。というか、洋画が苦手です。 なぜそのようになってしまったのか?というのを考えると、やはり字幕を読みながら映画を観るというのはかなり困難な作業で...
[Review] しゃべれども しゃべれども (Diary of Cyber)
観終わった後で、「あー、とってもいい映画を観た!」って思える作品です。 壮大さもなく、巧みに練られた脚本であるわけでもなく、特別目を見張るような俳優がいるわけでもない。けれど、素朴で、人情味あふれていて。うまく言葉に表せないけれど、ただ単に「この映画を...
しゃべれども しゃべれども(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  和(わ)の趣・話(わ)の優しさ  
しゃべれども しゃべれども (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1997年度の「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子の同名小説を映画化した人情劇。 今昔亭三つ葉=外山達也(国分太一)は師匠である今昔亭小三文(伊東四朗)の元に弟子入りし、現在は【二つ目】の身分に位置して...
しゃべれども しゃべれども (Good job M)
公開日 2007/5/26監督:平山秀幸 「愛を乞うひと」出演:国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 他【あらすじ】東京・下町。今昔亭三つ葉は、二つ目の落語家。普段から着物を纏い、落語は古典だけと決めている。同期の噺家たちは時代遅れだと笑うが、変え...
「しゃべれどもしゃべれども」試写会 (またり、すばるくん。)
はい、今年4本目の試写会当選でございます。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるよーです。
映画 【しゃべれどもしゃべれども】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴染めない関西弁の少年・村林(森永悠希)、毒舌の元野球選手...
映画「しゃべれどもしゃべれども」 (日々のつぶやき)
監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、伊東四朗、森永悠希、松重豊、八千草薫 佐藤多佳子さんの原作、大好きでした そして、太一くんも好き、香里奈ちゃんも好き~なのでこの映画とっても楽しみにしていました。 「今昔亭三つ葉がひょんなことから始めること
しゃべれども しゃべれども (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&青春&ロマンス  監督:平山秀幸  出演:国分太一      香里奈      森永悠希      松重豊 【物語】 東京の下町。二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、若手のくせに古典にしか 興味がなく、普段から着物で通すなど今どき珍しいタ...
『 しゃべれども しゃべれども 』 (やっぱり邦画好き…)
【平山秀幸監督作品集(No.14)】 映画 『  しゃべれども しゃべれども 』[試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年5月26日公開】[ 上映劇場  ] 監督:平山秀幸 脚本:奥寺佐渡子 原作:佐藤多佳子 【キャスト】 国分太一 香里奈 森永悠希 松重豊...
「しゃべれども しゃべれども」 (てんびんthe LIFE)
「しゃべれども しゃべれども」よみうりホール 俳優 国分太一 どうもイメージなかったので初めは入り込めませんでした。バラエティーのMCをやっているかTOKIOでキーボードたたいている姿しか知らないから。ドラマも出ていたの知らないし,映画も…。そんな太...
「しゃべれども しゃべれども」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「しゃべれども しゃべれども」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗、他 *監督:平山秀幸 *原作:佐藤多佳子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ...
【2007-71】しゃべれども しゃべれども (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手 しゃべれども しゃべれども ...
【2007-71】しゃべれども しゃべれども (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手 しゃべれども しゃべれども ...
『しゃべれどもしゃべれども』 (natural tribe)
人生はドラマではない。 どんなに一生懸命頑張っても、ここ一番の勝負で上手くいくとは限らない。どんなに一生懸命語りかけても、その気持ちが相手の心に通じるとは限らない。 ただ、後からふりかえれば、その時
しゃべれどもしゃべれども (SeCOND WALTZ)
しゃべれどもしゃべれども 少し時間があったのでたまには映画鑑賞。ここのところマイブームの落語。というわけで先に佐藤多佳子の原作を読んでしまったので映画を楽しめるか?と思ってたけど原作同様ほのぼのと楽しめた。僕はどちらかというと 制作費○○億円 とか...
「しゃべれどもしゃべれども」:新川一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この橋は? {/kaeru_en4/}日本橋川にかかる豊海橋。 {/hiyo_en2/}へえ、日本橋川なんていう名前の川があるんだ。 {/kaeru_en4/}日本橋川は、このすぐ右で隅田川に合流する。 {/hiyo_en2/}隅田川って、「しゃべれどもしゃべれども」の中で主人公の国分太一が...
しゃべれどもしゃべれども (思いたったら吉日)
TOKIOの国分太一クン主演の映画「しゃべれどもしゃべれども」を観てきました。 ストーリーはこちらで。しゃべれども しゃべれども - goo 映画 派手な映画じゃないです。お行儀のいい映画。正直最初は退屈。みんな変わり者だし、太一クン最初は落語下手だし着...
「しゃべれども しゃべれども」 (みんなシネマいいのに!)
 二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、古典落語への愛情は人一倍ながら、腕のほうは思
しゃべれども しゃべれども/佐藤多佳子 [Book] (miyukichin’mu*me*mo*)
 佐藤多佳子:著 『しゃべれども しゃべれども』  しゃべれどもしゃべれども新潮社このアイテムの詳細を見る  佐藤さんを読むのは、初めてです。  というか、るいさんのブログを見ていなかったら  いまだに名前すら知らなかったでしょう。  おもしろそう、って思...
しゃべれども しゃべれども  58点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
「じっと手を見る。汚れとるアルな」 公式サイト 古典落語を題材とした佐藤多佳子の同名小説を映画化。監督と脚本は『学校の怪談』シリーズでもコンビを組んでいた、平山秀幸と奥寺佐渡子。主演はTOKIOから長瀬智也に続いて落語家役を演じる事となる国分太一。 芸...
『しゃべれども しゃべれども』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座はある。10:35くらいに着いたけど、既に行列が(爆)10:45から整理番号を...
しゃべれども しゃべれども (エリ好み★)
ぽかぽか温かくて、幸せな気分になれました{%heart2_a%}「大切なのは、いかに不器用な自分を抱えて生きていけるか、ということなんじゃないかな」(by平山監督 しゃべりたくてもしゃべり出せない人たちに)
しゃべれどもしゃべれども (5125年映画の旅)
二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、なかなか落語が上達せずに悩んでいた。そんな時、祖母の茶道教室の教え子の女性から、彼女の甥の喋り方に関する相談を受ける。そこから始まった「喋り方教室」の先生を務める事になった三つ葉は、その中で自分自身も見つめ直していく...
しゃべれども (Feel my Mind)
しゃべれどもしゃべれども観ました。 実は疲れてたせいかちょっと寝てしまい、断片的に記憶がない箇所があったのですが{/hiyoko_cloud/} すごく面白かったです(言いきる) 流れる空気の心地よさ、浅草の情緒あふれる風景がなんとも良いです。 それでうとうとと・・・...
しゃべれども しゃべれども (迷宮映画館)
国分君って、本当にジャニーズですか?
『しゃべれども しゃべれども』・・・心温まる優しいお話 (★We were on a break★)
愛想って大事です。 香里奈さん、あんなに美人なのに いつもいつも仏頂面では完璧に台無し。 ジャニーズの国分太一や香里奈が出ているけど 派手だったり浮ついた感じはなかったり、 とっても素敵な作品でした。 見て良かった。 心の中で伝えたい事が沢山あふれているの...
しゃべれどもしゃべれども (もっとシネマコンプレックス!)
暫くいいお天気が続いてましたが今日は久しぶりの雨。 洗濯物を外に干すことができず、ちょっと気分がなゆずです。 こんにちは! そんなとき、にピッタリなのがこの映画。 しゃべれどもしゃべれども 観終わるとすっき
真・映画日記『しゃべれども しゃべれども』 (          )
5月29日(火)◆456日目◆ 終業後、「シネスイッチ銀座」で『しゃべれども しゃべれども』を見る。 うん、実にすがすがしい日本映画だ! 監督は平山秀幸。 主演はTOKIOの国分太一。 二つ目(落語で真打ちの下の階級)の落語家・今昔亭三つ葉がちょっとしたきっ...
映画「しゃべれども しゃべれども」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「しゃべれども しゃべれども」に関するトラックバックを募集しています。
「しゃべれども しゃべれども」 (じゃがバタ~ 映画メモ)
予告編で見てから、待っていた映画 単館系ながら、ご近所シネコンでも上映してくれて嬉しい限り ワタクシ ご幼少のみぎり笑点で育った落語好きでありました。 中学の時は扇子を持ち歩き「同好会とか出来ればいいのになぁ~」 などと、 自分では行動を起こせない...
しゃべれども しゃべれども/国分太一 (カノンな日々)
佐藤多佳子さんの原作は未読だけど「一瞬の風になれ」は読みました。「一瞬の風になれ」はめちゃめちゃ感動しましたヨ。申し訳ないけどあさのあつこさんの「バッテリー」の100倍以上は素晴らしいです。とにかく綿密な取材をしているのがよくわかるので心理描写にリアルな...
感想/しゃべれども しゃべれども(試写) (APRIL FOOLS)
国分さんて噺家役がえらく似合うわ~『しゃべれども しゃべれども』5月26日公開。外川は、古典落語が好きだけど伸び悩み中の二つ目。ひょんなことから落語教室を開くことになるが、集まったのは、不貞腐れ美女、関西から越してきたクソガキ、元プロ野球選手の偏屈おやじ...
しゃべれども しゃべれども (爆発メッセンジャー)
小島義雄の「そんなの関係ねぇ!」が結構ツボだった俺です{/cat_2/} {/arrow_l/}クリックお願いします{/atten/} 今日、映画『しゃべれども しゃべれども』を観てきました{/hiyo_en2/} 香里奈さんのファンなんで、同じくファンの友達と観てきました{/hiyo_en1/} 先...
しゃべれども しゃべれども (MOVIE-DIARY)
今日はしゃべれども しゃべれどもを観てきました♪ 東京・下町。 思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。 そんな彼の元に「落語を、話し方を習いたい」とワケありの3人が集まる──。 無愛想で口下手な美女・十...
オードリーが好き[82] しゃべれども しゃべれども 前編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} みなさんはご存知でしょうか?・・・「落語」を。 この5月26日から ちょっとちょっと風変わりなタイトルの映画が 全国公開されました。 『しゃべれども しゃべれども』 {/heart_pink/} みんな、何とかしたいって、思ってる 今のままじゃ、だめだから...
オードリーが好き[82] しゃべれども しゃべれども 後編 (赤毛のアンちゃん)
{/new_color/} 現代社会を生きる人間たちに欠如しがちなテーマとは 「想いを伝えることの大切さ」 “人と人とのコミュニケーション”の大切さを 大上段に構えることなく 「あたり前に生活している人たちの身の丈にあった映画」の中で 浮かび上がらせていることからも、...
しゃべれども しゃべれども (ネタバレ映画館)
・・・
しゃべれども しゃべれども (あたしの探し物)
今日は映画の日だったので映画を観てきました♪ 「しゃべれども しゃべれども」 ま
しゃべれどもしゃべれども。 (All or nothing)
映画「しゃべれどもしゃべれども」観てきました。 感想。 原作ファンとしての目で見るとある意味複雑。 原作はぐだぐだしてて焦点が絞られていないところが あるのですが、それが随分と改善されていましたから。 なんであれを割愛・改変しちゃったの?て部分も 多々ありま...
佐藤多佳子原作、映画『しゃべれどもしゃべれども』を見た (栄枯盛衰・前途洋洋)
先週から公開されている映画『しゃべれどもしゃべれども』を見に行った。原作は、同名の佐藤多佳子さんの小説。 主人公の今昔亭三つ葉にTOKIOの国分太一、三つ葉の話し方教室に通う無愛想な美女十河五月に香里奈、三つ葉の師匠今昔亭小三文に伊東四朗、三つ葉の祖母春子に...
「しゃべれども しゃべれども」おしゃべりは深い (ももたろうサブライ)
監督 平山秀幸 軽い笑いを期待していったのに泣きました。ちょっとあらすじ  思うように腕が上がらず悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼のもとに、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)、大阪から引っ越してきたもののクラスに馴染めない小...
しゃべれども しゃべれども (future world)
東京の下町を舞台に、二つ目の落語家を中心に展開する物語~~ 笑いあり、人情あり、恋あり、仄々とした風情を感じさせてくれる、とても‘やさしい映画’だった。 「古典落語」については殆んど知識も無くっていうか・・・ 始めから終わりまでちゃんと通して聞いたこ...
しゃべれども しゃべれども (ゆるり鑑賞)
佐藤 多佳子著の同名小説の映画化(原作は読んでません)。 梅田ガーデンシネマにて。すぐ隣のスクリーンで『初雪の恋』を 上映してたので、おばちゃん(私もおばちゃんですが)だらけでした。 【物語】 今昔亭三つ葉
「しゃべれどもしゃべれども」を観る (紫@試写会マニア)
久しぶりに何もかも気に入った邦画に出会いました。 きっと今の私のバイオリズムに「ぴたっ」と一致したのでしょう、とっても気分良く劇場を後に出来た、「しゃべれどもしゃべれども」を観てきました。 大体題名がいい。‘ひらがな’で二度繰り返す。念を押す様に二度...
「しゃべれども しゃべれども」 (電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-)
2007年 日本 Asmik Ace 監督:平山秀幸/原作:佐藤多佳子 出演:国
しゃべれども しゃべれども☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先日落語のライブを観たせいかいきなり急に観る気になったのは国分太一主演の『しゃべれども しゃべれども』真打になるには、まだ長い道のりがあるだろう今昔亭三つ葉・・・古典落語が大好きで噺家の道に入ったもののでも、彼には何かが足りない・・・本人はまだ気づいて...
『しゃべれども しゃべれども』 (カエルノセカイ)
古典落語ひと筋で、日々努力はしているけれど、今ひとつ伸び悩んでいる二つ目の噺家、今昔亭三つ葉(国分太一)。 そんな彼が、ひょんなことから素人相手に落語教室を始めることに。 生徒は、無愛想な美人・十河(香里奈)、クラスに馴染めない大阪弁少年・村林(森永悠希...
好きなものから逃げちゃダメだ。~「しゃべれどもしゃべれども」~ (ペパーミントの魔術師)
ハイ、エエ加減原作読みますから。(爆) しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 新潮社 2000-05売り上げランキング : 599おすすめ平均 自分を良いと言ってあげたい成長+恋愛ドラマ落語を隠れ蓑にした現代恋愛小説Amazonで詳しく見る by G-Tools 落語の世界というの...
『しゃべれども しゃべれども』監督インタビュー (百日紅!の独白       ~無我なる愛を求めて~)
発売中の、「ザ・リバティ」7月号。 今月号は「温暖化問題大特集」と銘打って、「地球を冷やせ──環境技術先進国ニッポンの使命」という、かなり大きな特集が組まれています。 環境問題に興味のある方は(って言って
しゃべれどもしゃべれども (はあどぼいるど・えっぐ)
「しゃべれどもしゃべれども」監督:平山秀幸  今昔亭三つ葉(国分太一)は、古典落語に打ち込む若者。他の若者のように新作を作らず、普段着も着物で通す頑固一徹の若者。しかし情熱のわりに目は出ず、寄席の最中に客に席を立たれるなど屈辱に満ちた日々を送っていた。...
映画 : しゃべれども しゃべれども (ライ腐)
映画館で何度も予告を打っていたので、なんとなく見てみたいなと思い鑑賞。 実は、江戸落語を生で聴いたことは一度もない。というか、かつて勉強の為に上方落語をずっと聴いていた時期があったので「八っつぁん熊さん」の世界にはなんとなく馴染めず、東京に住んでいた...
しゃべれどもしゃべれども (たーくん'sシネマカフェ)
え~、本日観た映画の話をひとつ。チケット購入で、だいぶ並んでまして。実際購入するときには「2分過ぎてしまい観られません」と。冒頭から観られないのは不本意ですが店側の手際が悪くて観られないのは野暮なもので、レイトショーでは次がないんです。結局観られるなら...
しゃべれども しゃべれども。 (シネマズJRA)
何とはなしに観た映画です。
■ しゃべれども しゃべれども/2回目も笑った。 (今日なにした?明日なにする?)
立ち見がでました! 早く観ておかないと終わっちゃう! 凄い! 立ち見~~{/hakushu/}  といっても133席・・・ 2回目は違うところでホロリ・・・{/face_naki/}  基 違うではなく 増えて ここでも{/face_kaze/}  {/hikari_pink/} 祖母: ほおずき買ってやん...
しゃべれども しゃべれども (Casa del lapiz:鉛筆庵)
            *公式サイト 2007年/日本/109分 監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗 思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の教室に、無愛想で口下...
わが暮らし落語にならざり (モヴィエ日記)
というわけで「しゃべれども しゃべれども」。 落語家が主人公の映画とくれば大いに期待もしようってもんで、 しかし僕は上方落語しか知らないんで、 江戸落語のお話じゃあなあ……とか思ったりもしてたけど、 しかし見てみるとこれが、上方落語にも配慮されてるというか...
しゃべれども しゃべれども (週末映画!)
期待値: 95%  小説が原作の映画。 国分太一 、香里奈 、森永悠希 、松重豊 、八千草薫 出演。
『しゃべれどもしゃべれども』 (深呼吸しよう♪)
昨今また落語が見直されていますね。 落語家の話でTOKIOといえば…テレビでやっていた長瀬智也の『タイガー&ドラゴン』が思い起こされますが、 今回観てきた『しゃべれどもしゃべれども』は、同じくTOKIOの国分太一が主演です。 同じような“コメディ色の強い人...
映画 「しゃべれども しゃべれども」 (SEA side)
 とても端正な作品だ。  何が端正かというと、結局は江戸以来ついしばらく前まで日本に息づいていた文化が、ということなのだろう。その文化のスタイル、生活のスタイルが映画のスタイル、すなわちカット割による画面のリズムや台詞回しとシンクロして、まれに見る心地...
5月26日 ケータイ復活,はしか休講?,映画『しゃべれどもしゃべれども』,『檸檬屋新宿』,毎日更新 (The collection of MARIBAR )
 昨日突如調子のおかしくなったケータイだが、朝電源を入れ直したら戻った。 なあんだ。ずーっと電源入れっぱなしだと異常動作が現われるのだろうか? 継ぎ足し充電は電池パックが消耗するとか、膨れるとかなら聞いたことがあるけれど。  出身大学が間もなく創立150周...
『しゃべれどもしゃべれども』 (分太郎の映画日記)
 TOKIOの国分太一主演の、落語を題材にした、無器用な人たちの物語。原作は、今年『一瞬の風になれ』が本屋大賞を受賞して話題の佐藤多佳子。 東京・池袋のシネ・リーブル池袋にて公開5日目に鑑賞。 『しゃべれどもしゃべれども』 評価:☆☆☆☆☆ 突っ込み所は結構...
「しゃべれども しゃべれども」 (俺の明日はどっちだ)
落語をテーマに適材適所のキャスティングと細かな演出で日本映画の豊かさを感じ取ることが出来る快作。 和服、風鈴、浴衣、ほおずき市、後ろ手で閉める玄関引き戸、路地裏の下町情緒などなど、とにかく映画全体に流れる「和」テイストがとても自然で心地よくて、すっかり...
「しゃべれども しゃべれども」 (NAOのピアノレッスン日記)
~想いに言葉は敵わない            でも好きという気持ちを伝えたい~予告編で気になってたので、ふらりと行ってきました。2007年 日本映画  アスミック・エース配給  (07・5・26公開)[監督] 平山秀幸[原作] 佐藤多佳子[脚本] 奥寺佐...
映画 『しゃべれども しゃべれども』 (Death & Live)
『しゃべれども しゃべれども』  2007年 原作 : 佐藤多佳子 監督 : 平山秀幸 以外なところに、気分を上がらせてくれる作品があった。 全然観るつもり無かったのですが、 チケットもらったので観ました。 みんな頑張ってるなぁ...そういう感じです。 落...
『しゃべれども しゃべれども』 (映画館で観ましょ♪)
わたしったら、今年は邦画、観てますね。 ワタシが思う落語家さんと国分太一くんに 誤差が無かった事が観たいと思った理由。 観ていても、観た後も、その思いは変わらなかった。 それらしく見えると言う事も大
『しゃべれども しゃべれども』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗公式サイトはこちら。<Story>東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛...
『しゃべれども しゃべれども』 (kuemama。のウェブリブログのへや)
2007年/アスミック・エース/109分 【オフィシャルサイト】 監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗
『しゃべれどもしゃべれども』 (山鶴正宗)
みんな、何とかしたいって思ってる 今のままじゃ、だめだから─ これ、映画のセリフなんですけど、すご~くいい言葉。 とっても心に響く言葉。 この言葉を予告編で見て、観ようと決めました。 『しゃべれどもしゃべれども』でございます。 個人的には寄席も行っ...
『しゃべれども しゃべれども』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『しゃべれども しゃべれども』(本館) 【監督】平山秀幸 【脚本】奥寺佐渡子 【原作】佐藤多佳子 『しゃべ...
しゃべれどもしゃべれども(映画) (漢方薬剤師の日々&映画)
佐藤多佳子の原作は、登場人物の一瞬のしぐさや表情がとても繊細にしかも「わかるわかる」って感じで表現されていたので、これを映像ではどんな演技で見せてくれるんだろうとやや期待しすぎたせいか、正直、前半はちょっとギクシャクしてたかなあ。 落語ってすごく難しい...
「しゃべれども しゃべれども」 ツンデレとは (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
桂南光曰く「枝雀師匠が憑依した」と評判の少年を見に行ってきました。 一応、宣伝的には「国分君の落語が~」ということですが、関西のラジオ番組にパーソナリティで出てる落語家たちは、この映画の話をするとだいたいこの少年のことを語ってました。 特に若手落語家は、...
自分を認めてもらえる喜び。『しゃべれども しゃべれども』 (水曜日のシネマ日記)
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。
【MOVIE】しゃべれども しゃべれども (思いつくままに)
■感想など 何しやがんでぇ、このまるたんぼう! 落語家の真打を目指す二つ目の今昔亭三つ葉(国分太一)が、ひょんなこと から一般人相手に話し方を教えることになります。 無愛想で口下手な美人、外川(香里奈)。関西から越してきて、みんなに関西弁を からかわれている村...
しゃばれども しゃべれども(日本) (映画でココロの筋トレ)
ぽっかり時間があいたので、「しゃべれども しゃべれども」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗 上映時間:109分  思うようにパッとせず、悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(...
しゃべれどもしゃべれども (ダイターンクラッシュ!!)
6月12日(火) 20:50~ チネ7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『しゃべれどもしゃべれども』公式サイト ネタバレあり 最近著名な佐藤多佳子の10年前の作品が原作。原作読んでいない。 落語家二つ目の国分太一が、おっかねー女香里奈、へぼ野球...
No268「しゃべれども しゃべれども」~小さな幸せ~ (パラパラ映画手帖)
自分の感じたこと、思ったことをきちんと人に伝えるのは難しい。 そもそも、「話す」こと自体が苦手だったりすれば、 なおさらだ。 話し方に自信のない三人。 落語をやれば、悩ましい現状、今の自分を変えられそうな気がして 小さな落語教室に通いはじめる。
・映画「しゃべれどもしゃべれども」をみる (肩の力を抜いて)
映画「しゃべれどもしゃべれども」をみに行った。「一瞬の風になれ」でブレイクした佐藤多佳子の小説の映画
しゃべれども しゃべれども [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「しゃべれども しゃべれども」     (平山秀幸:監督)  を観てきました♪  半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、  佐藤多佳子さんにハマるようになった  きっかけの本でもあります。  映画もなかなか評判よいようなので、  観たいと思ってた...
しゃべれども しゃべれども (Hanakoの私的映画談義)
 まず見終わって、寄席に行きたくなった。これ、夫婦共通の思い。(結構年季の入っ
『しゃべれどもしゃべれども』俺の話を… (キマグレなヒトリゴト)
落語、と言うとどうしてもお気に入りだったドラマ 『タイガー&ドラゴン』とどうしても比較しちゃうんだよね。 そして同じくTOKIOの長瀬君だったしね。 長瀬君が型破りだったのに対して、こっちは古典をこよなく 愛する頑固者。確かにちょっと違うけど それでも長瀬君ほど...
「しゃべれどもしゃべれども」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 東京の下町に祖母・春子(八千草薫さん)と二人暮ししている外山達也(国分太一氏)は、「今昔亭三つ葉」という名の卯建が上がらない二ツ目の噺家。若くして両親を亡くした彼は、落語好きの祖父の影響で古典落...
映画こわい「しゃべれども、しゃべれども」 (再出発日記)
個人的には「フラガール」よりはこっちのほうが好きだな。私、団体スポーツより、個人スポーツのほうが好きなんです。監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗びっしりと鉢植えが並んでいる路地の二階には鯉のぼりがはためい...
しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?! (銅版画制作の日々)
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役...
「しゃべれどもしゃべれども」 凄く良かった☆ 佐藤多佳子 (ポコアポコヤ)
凄く面白くて好きな小説でした♪4つ★半~5つ★でも良いくらい。4つ★半にしたのは、落語のことが私は全然解らないで読んでしまった惜しさで・・・。
しゃべれども しゃべれども (愛猫レオンとシネマな毎日)
1997年度「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子さんの小説の映画化。 なかなか、うだつの上がらない二つ目の落語家、三つ葉(国分太一)の下に 「上手くしゃべれるようになりたい」とワケありの3人が、落語を学ぶために 通いはじめます。 彼らを教...
映画『しゃべれどもしゃべれども』をぎりぎり映画館で観て (小さなことを喜ぼう!             ~女41歳の「ちょいハピ」な日々~)
観たい映画を、観損ねてしまうことがよくある。 「観たい、観たい」と思っているうちに、気がつけば上映期間が終わってしまっているのだ。 観たい映画なら、すぐに観に行けばいいのだが、「いや~、今週はちょっと……」とか思っているうちに、なんだかんだで上映期...
クラシック落語 (Akira's VOICE)
「敬愛なるベートーヴェン」 「しゃべれども,しゃべれども」
「しゃべれども しゃべれども」惜しい! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作はとても良い話で4.5~5つ☆つけており、映画版も健闘していたのだけれど、あと何か、もうちょっと!惜しい!という映画でした。3つ☆半。
「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ (はらやんの映画徒然草)
自分の想いを、口にするのは難しい。 たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の
しゃべれども しゃべれども [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「しゃべれども しゃべれども」     (平山秀幸:監督)  を観てきました♪  半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、  佐藤多佳子さんにハマるようになった  きっかけの本でもあります。  映画もなかなか評判よいようなので、  観たいと思ってた...
mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカ...
しゃべれども しゃべれども (銀の森のゴブリン)
2007年 日本 2007年5月公開 評価:★★★★ 監督:平山秀幸 原作:佐藤
しゃべれどもしゃべれども (いい加減社長の日記)
1週間以上前の6月1日映画サービスデーに鑑賞。 ちょっと、書くのをサボってました^^; テレビ朝日の「オーラの泉 」に香里奈さんがゲストで出演。 そのときに「しゃべれどもしゃべれども 」の話が出て、ちょっと面白そうだったので。 それまでは、パスしよう...
『しゃべれども しゃべれども』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林優(森永悠希)、いかつい面相の元野球選手湯河原太一(...
しゃべれども しゃべれども (Have a movie-break !)
クスクスと笑いホロリと泣けた後は、爽やかさを感じる…そんな映画。東京浅草を舞台に、不器用な人間たちの「今のままじゃいけないから、なんとかしたい」ともがく姿がいつの間にか愛おしくなる。 今昔亭小三文師匠(伊藤四郎)を敬愛しながらも、なかなか腕の上がらな...
しゃべれどもしゃべれども (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
たとえば「の・ようなもの」の志ん魚を思い出してみたが...。 しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)posted with amazlet on 07.11.24角...
独断的映画感想文:しゃべれどもしゃべれども (なんか飲みたい)
日記:2008年3月某日 映画「しゃべれどもしゃべれども」を見る. 2007年.監督:平山秀幸. 出演: 国分太一(今昔亭三つ葉(外山達也)),香里奈(十河五月),森永悠希(村林優),松重豊(湯河原太
『しゃべれども しゃべれども』 (cinema days 『映画な日々』)
しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組)posted with amazlet at 08.05.02角川エンタテインメント (2007-11-09)売り上げランキング: 1203Amazon.co.jp...
<しゃべれども しゃべれども>  (楽蜻庵別館)
2007年 日本 110分 監督 平山秀幸 原作 佐藤多佳子「しゃべれども しゃべれども」 脚本 奥寺佐渡子 撮影 藤澤順一 音楽 安川午朗 主題歌 ゆず「明日天気になぁれ」 出演 国分太一  香里奈  森永悠希  松重豊    八千草薫  伊東四朗  占部...
しゃべれども しゃべれども (のほほん便り)
昨年の公開時、じんわりと評判がよく、ついに、2007年キネマ旬報ベストテン 第3位にランクしたことから興味おぼえた作品… 「落語を扱っている」っことと、「国分太一、主演」以外、ほとんど予備知識なく、見た人の評をみると、中には、惜しみなく誉めてる方もいる傍ら...
しゃべれどもしゃべれども (BUNPITUノHIBI)
平山秀幸監督 今昔亭三つ葉は、まさに「二つ目」の落語家だ。いまいち芸がつかめていない。古典落語への情熱と、行き詰まりを感じる現実に悶々としている。そんな彼がなぜかとある三人の話し方教室の師匠となる。ひとりは愛想のない美人、ひとりは関西弁ゆえにクラスか...
しゃべれども しゃべれども (Blossom)
しゃべれども しゃべれども 監督 平山秀幸 出演 国分太一  香里奈 森永悠希 松重豊     八千草薫 伊東四朗 占部房子  日本...
しゃべれども しゃべれども (paseri部屋)
「しゃべれども しゃべれども」(2007)を観ました。監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗<内容>東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美...