京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『トータル・リコール(2D字幕版)』

2012-08-17 00:08:17 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール

□監督 レン・ワイズマン
□脚本 カート・ウィマー
□原作 フィリップ・K・ディック
□キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、
       ブライアン・クランストン、ボキーム・ウッドバイン、イーサン・ホーク


■鑑賞日 8月11日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  やっぱりシュワちゃんよりも
コリン・ファレルのアクションの方がはるかに上だった(笑)

 仮想現実の世界って以前から描いたものもいくつかあったけど、
 どこからが自分で、どこからがじぶんでないのか・・・。
 その境界線の難しさと、棲み分けられた富裕層が暮らすブリテン連邦(UFB)と、
 労働者たちがひしめき合って暮らしているコロニー。
 そのコロニーはUFBの支配下にあり、住人たちは毎朝、地球の中心を貫くエレベーターの
 ような交通手段、通称「フォール」に乗ってUFBへと出勤、労働力を提供しているのだ。
 主人公工場労働者のダグラス・クエイド(コリン・ファレル)もその一人。

 生きる苦悩や葛藤や社会不信等々、沸々と湧き出してくるどこにもぶつけられない鬱憤。
 それは打破できるなら、違った世界を見てみたい欲求は湧いてくるもの。
 そこに記憶を売買するリコール社の存在があった。
 毎日の枠にはめられた単純で退屈な生活に嫌気がさし、クエイドは一時、
 別の世界を選択しようとするが、新しい記憶を植えつけられようとしたとき、
 突然、警官隊が襲来。 クエイドは思わぬ戦闘能力を発揮し、その場を逃げ切る。

 クエイドは、現在の自分が、記憶を上書きされてダグラス・クエイドという人物に
 なっているだけだということを知り、自分の記憶のどこまでが本物なのか、
 すべてを疑いながら戦いに巻き込まれていく。

 一時、天狗になっていてやや排除された感のあったコリン・ファレルだが、
 その甘いマスクとは別に今回は体当たりで頑張っている演技がいいし、
 妻役のケイト・ベッキンセールもいままでにない感じで良かった。
 内容についてはシュワチャンを超えたかというと、近未来を描いたその
 ビジュアルの凄さはやはり時代の流れで進歩しているので凄かったが、
 内容的にはシュワちゃんのときとあまり変わらず面白いものではなかった。
 これはCMの作り込みが良かったのかもしれないなぁ(笑)

 そうそうシュワちゃんのときは妻役をあのシャロン・ストーンが演じていたが、
 またケイトとは違った味を出していたような。 でもケイトの方が今回はアクティヴな
 アクションを加え、ストーリーにもその重要性も増していたようだ。
 そして謎の美女メリーナ役のジェシカ・ビールも魅惑的だった。
 そして笑えたのは、あのオッパイが3つある女性が出て来たのでこれはサービス・カット(笑)かな

  だけどコロニーって謎かどこでもアジアン・テイストに描かれているけれど、
  白人社会から見たら、ごった煮のようなアジアは低レベルに見えるのだろうか・・・?

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『桐島、部活やめるってよ』 | トップ | 「SCREENを飾った歴代のハリ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-08-17 13:56:55
TBありがとうございます。

アジアンテイストな場所は、なんだか猥雑というか
場末な感じになっちゃってますよね^^;

ではでは☆
シンプル (kira)
2012-08-17 19:49:26
こんばんは~☆

シュワちゃんのは曖昧模糊な描き方をとっていたのが、
このコリン版では、
あまり惑わされること無く愉しめたのも、
キャストもアイテムもなんとなく若返って、今っぽかったし(笑)
ケイトの鬼嫁っぷりが印象に残ってます
アジアン~ (cyaz)
2012-08-18 08:53:07
yutake☆イヴさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>アジアンテイストな場所は、なんだか猥雑というか
場末な感じになっちゃってますよね^^;
そうですよね(笑)
類似の映画もなんとなくアジサンなのが気になります。
新境地~ (cyaz)
2012-08-18 09:31:14
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>コリン版では、あまり惑わされること無く愉しめたのも、
キャストもアイテムもなんとなく若返って、今っぽかったし(笑)
ですよね~ 焦点がしっかりしていたような気もします^^

>ケイトの鬼嫁っぷりが印象に残ってます
彼女にしては珍しいタイプの役がらになりましたよね!
新境地でしょうか(笑)
仮装 (iina)
2012-08-21 09:19:08
パソコンの仮装メモリも分かり難いです。本体の容量は充分あるのに、記録ができなくなるなんてその主従
関係を理解してないとややこしい限りです。幸いに、window7にしたのでいまはトラぶりません。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/03d1384598c45ec2c8792df80b4b441b

仮想現実の境界線を描いてますが、もう少し苦悩すると善悪をどのように区分けしたかが分かりやすいかと
思いました。
シュワちゃん版は、結局夢だったと解釈する向きもあるようですが、そのことはiinaは余り理解していません。
仮想現実~ (cyaz)
2012-08-21 12:48:47
iinaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>仮想現実の境界線を描いてますが、もう少し苦悩すると善悪をどのように区分けしたかが分かりやすいかと
思いました。
確かにそうですね。
ただ富裕層が善という設定はいかがなものかと(笑)

>シュワちゃん版は、結局夢だったと解釈する向きもあるようですが、そのことはiinaは余り理解していません。
彼の頃はまだまだアナログでしたから、
コントロールされた夢と捉えていいかもしれません。
こんにちは。 (みぃみ)
2012-08-21 14:50:07
シャロン・ストーンも美人さんですよね。
エロも恐も両方できるので、好きな女優さんです。

おっぱい3つさんは、今作のが見目麗しいと思いました。
男性は、あれだと、手、3つ欲しくなるのでしょうか:謎。
私は、両手にのせてあふれてる感を楽しみたいです。爆。


ん?~ (cyaz)
2012-08-21 17:28:54
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>シャロン・ストーンも美人さんですよね。エロも恐も両方できるので、好きな女優さんです。
そうですね^^

>おっぱい3つさんは、今作のが見目麗しいと思いました。男性は、あれだと、手、3つ欲しくなるのでしょうか:謎。
えっと口も使えます(爆)?!

>私は、両手にのせてあふれてる感を楽しみたいです。爆。
ん?女性どうしで(笑)??

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レン・ワイズマン監督『トータル・リコール (2012)』(Total Recall) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作された『トー タル・リコール』の正統派リメイク。出演はコリン・ファレル、ケイト・
トータル・リコール SF映画としては上出来 (労組書記長社労士のブログ)
【=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコールがリメイクされたというので、隙間時間を利用して...
トータル・リコール/TOTAL RECALL (いい加減社長の映画日記)
シュワちゃんのは、観てないんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にユーロメリカとニューアジアの二つの地域で生活していた。 ある日、工場で働くダグラス(コリン...
「トータル・リコール」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Total Recall)映画の設定自体が噴飯物である。21世紀末の地球は戦争によってほとんど人が住めない状態になっており、わずかに上層階級中心のブリテン連邦と下層階級民ばかりの豪州のコロニーの2か所のみが居住地域として機能している。地球の真ん中を貫通....
トータル・リコール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
舞台が地球の裕福な人々が暮らす地域と搾取される地域に分けられて、主人公は体制維持の秘密を握っているという設定だ。記憶を操作できるようになった世の中では権力維持のために、他人のそれを操作する。主人公たちが繰り広げるアクションは洗練されていて、最新のサイエ...
映画『トータル・リコール』(2012)★ココゾの“フォール”の仕業に絶賛です! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画 『トータル・リコール』 と言えば シュワルツェネッカー主演の前作☆で ・頭が層状にスライスされたのや ・火星で目玉が飛び出そう><というのが 強烈な印象でした。   記憶を買える旅行体験のはずが と...
★トータル・リコール(2012)★ (Cinema Collection 2)
TOTAL RECALL なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 映時間 118分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 2012/08/10 【解説】 ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー...
■トータル・リコール [映画] (*Hello Nico World)
『トータル・リコール』(2012)アメリカ  監督:レン・ワイズマン 出演:コリ
トータル・リコール(2012) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
「トータル・リコール」みた。 (たいむのひとりごと)
火星が舞台でシュワちゃん主演の1990年版から、舞台を地球に移してコリン・ファレルでリメイク。ストーリーがほとんど変わっていないこともあり古いような新しいような感じだが、古き良きSF映画を再現しつつ、
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
トータル・リコール(2012) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
トータル・リコール (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Total Recall監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、・・・3つのおっぱいだけは記憶が甦った!
映画「トータル・リコール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。 当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の 規制があるということだった。 最も大きい10番スクリーンでの上映。 ついこの間は「ダークナイト・ライジング」をやっていたはずだが、 そちらは2番目に....
完全記憶能力 (Break Time)
今朝は、曇りがちで湿度が在り・・・・
トータル・リコール / Total Recall (勝手に映画評)
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された『トータル・リコール』のリメイク。1990年の作品では火星が舞台だったが、今作では地球が舞台になっています。 なるほど、そう来ましたか。地球が舞台に変わって、抑圧された人々の事をどう描くのかと思った...
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
映画「トータル・リコール」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トータル・リコール」観に行ってきました。 1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。 今作ではコリン・ファレルが主人公を担っています。 リメイク版「トータル・リコール」では、旧作のそれとは...
[映画『トータル・リコール(2012)』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、  いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新...
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) (ラムの大通り)
(原題:Total Recall) ----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。 観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。 「うん。 予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、 おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...
『トータル・リコール』 (beatitude)
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買い...
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
トータル・リコール (Memoirs_of_dai)
ミスリードはいいから顔を割って!! 【Story】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工...
トータル・リコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ
トータル・リコール (Total Recall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私も子供の頃のとある出来事を“記憶”してるんですが、...
『トータルリコール』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  近未来の地球の話です。 化学戦争で汚染されてしまった地球は 支配階級の住む「ブリテン連邦」とその支配下にある「コロニー」に分けられていた。 「コロニー」の住人は毎朝、地球の真ん中「コア」を通ってブリテンへ働きに行っていた。  そんなコロニー....
トータル・リコール (とりあえず、コメントです)
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近未来の世界は、かなり大変なことになっていました~
映画を観た~トータル・リコール 日本語吹替え版~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『トータル・リコール』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。 シュワちゃんが演じたダグラス・クエイドはコリン・ファレル、...
■トータル・リコール(2012) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第275回「原作は同じだが、テイストは違った作品に・・・」 SF作家の大御所「フィリップ・K・ディック」の短編「追憶売ります」をポール・バーホーベン監督により、主演アーノルド・シュワルツェネッガーで映像化された「トータル・リコール」が公開されたのは19...
トータル・リコール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど、大好きなオリジナルは、...
トータル・リコール (もののはじめblog)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演『トータル・リコール』のリコールでなくリメイク。 リコールなんて縁のない車が未来都市を飛びまわる。 舞台は火星ではなく地球。顔が割れた内にシュワちゃんが現れたり、埋め込まれた記憶を鼻から抜き取ったりはせず、ストーリーが...
「トータル・リコール」 (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
シュワちゃん版が好きだったので 予告を見る限りではハズレだと思いつつ そのハズレ加減を確かめに行ってきましたが、 はっきり言って、つまらなかったです。 「ブレードランナー」な街並みに 「フィフスエレメント」のような交通システムに 「スター・ウォーズ」の帝国....
映画:「トータル・リコール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール /...
『トータル・リコール』でもリコールされないこと (Healing )
トータル・リコール ★★★ “記憶”に頼らず なりたい自分になればいい そう言っちゃうと、元も子もないんですが、 いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による 1990年の伝説的なSF映画を コリン・ファレル主演、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイ...
トータル・リコール    評価★★★68点 (パピとママ映画のblog)
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」を映画化した『トータル・リコール』。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督版は、当時人気絶頂だったアーノルド・シュワルツェネッガーが主演し、大ヒットを記録した。そん....
『トータル・リコール』 (pure breath★マリーの映画館)
なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 『トータル・リコール』 監督・・・レン・ワイズマン 原作・・・フィリップ・K・ディック 出演・・・コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ビル・....
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
トータル・リコール (538ねん。)
オリジナルのシュワちゃんのを見たのは20数年前ですか 初海外旅行でのドイツ・ケルンのシネコンだった シネコンも初体験でして、ロビーで飲み物買うなんて知らなくて 更に英語なら三四割は理解出来るとたかくくっていたら なんとドイツ語吹き替え版、 シャロン・ストーン...
「トータルリコール」(2012) (INUNEKO)
コリン・ファレルがまたリメイクでやらかした、てな口調でけちょんけちょんに笑ってやるくらいのつもりで見に行ったのですが…。 SF好きのツレのおともだし。 現場があまりにもあまりにもマジメにやっているので、悪口を言いにくい感じに。 全体、まったくのクソなんです...
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみ...
「トータル・リコール」 (ゆっくり歩こ。)
これ、評価がそんなに高くないですよね 私は  でした 電子機器っつうんでしょーか、未来のいろんな道具・物(小さい物からデカい物まで)が も~観ていてわくわく で 女優さん2人がとってもよかったです アクションが2人とも ケイト・ベッキンセイル  好...
トータル・リコール@映画リメイク (徒然なるサムディ)
「スターウォーズ?」が公開されたのが1977年。 それから13年後の1990年に「トータルリコール」は制作された。 前者がSF映画の映像へ与えた影響が大きかっただけに、後者については 「10数年後となれば‥」と期待したが、残念ながら映像としては「スターウォーズ?」に及...
トータルリコール <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  8月20日(月)に観に行って来ました~  面白かったー こうゆうの好き、好きー   将来 こんな世界になったら おっとろしーわ  金持ちと労働者に分れた世界やで~   どっちみちなら 金持ちの方に入ってたいわ(笑)  &nbs...
トータル・リコール (映画原ひろし)
『トータル・リコール』 “TOTAL RECALL” (2012・アメリカ・1h58) 製作総指揮・監督 : レン・ワイズマン 出演 : コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセール、ビル・ナイ、ブライアン・クランストン 化学兵器により生物が生息でき...
トータル・リコール (Diarydiary! )
《トータル・リコール》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - TOTAL RE
「トータルリコール」 (Con Gas, Sin Hielo)
通過します。 旧作を観返したわけではないが、観ているうちに「そういえば・・・」と思い出すこと数度。 抱いた感覚の限りでは旧作と結構設定や話の筋が変わっていて、その度に「これは前の方がよかったんじゃないか」と思ってしまった。 と同時に、あのA.シュワルツ...
『トータル・リコール』(2012) F・K・ディック作品へのオマージュ!? (コナのシネマ・ホリデー)
SFX映画の到達点だったオリジナル版から22年。まさかのリメイク版が公開!映像の進化、女優のアクション・シーンの進化に驚く
「トータル・リコール」 (It's a wonderful cinema)
 2012年/アメリカ  監督/レイ・ワイズマン  出演/コリン・ファレル      ジェシカ・ビール      ケイト・ベッキンセール  シュワちゃんのオリジナルは何回も観ました。正直、「リメイクなんてする必要あるの?」と思ったけれど、公開されるとやっ...
「トータル・リコール」 (或る日の出来事)
未来文明の造形を生かした、カーチェイス、エレベーターチェイス等々、工夫があって、おもしろかった。
トータル・リコール (ルナのシネマ缶)
全盛期のシュワちゃんの 大ヒット作品のリメイク版。 舞台は、火星ではなく 近未来の地球のみですが ストーリーの本筋は、 それほど違いませんでした。 奥様役のケイト・ベッキンセイルの 鬼嫁ぶりが凄いです!!! 近未来、人類は世界規模の戦争後に支配層が住...
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
トータル・リコール (こんな映画見ました~)
『トータル・リコール』---TOTAL RECALL---2012年(アメリカ)監督: レン・ワイズマン出演: コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル 、ジェシカ・ビール ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で1990年に映画化され大ヒッ....
トータル・リコール (銀幕大帝α)
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) 監督:レン・ワイズマン 製作総指揮:レン・ワイズマン 原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』 出演: コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール...
映画評「トータル・リコール」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督レン・ワイズマン ネタバレあり
それは~ まぎれもなく~ ヤツさ~♪ (RISING STEEL)
何度聞いてもお洒落でカッコイイテーマソングです というわけで常々、漫画「コブラ」と出だしがそっくりだといわれるこの作品をレビュー。 トータル・リコール / TOTAL RECALL 2012年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督:レン・ワイズマン 製作:ニー...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...
映画 トータル・リコール 2012年版 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
CS無料放送期間中に放送されていたのを録画し、AT950Wにたまっていた映画、トータル・リコール。先日やっとPSVitaに転送して鑑賞しました。トータル・リコールというとアーノルド・シ ......