京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『チーム・バチスタの栄光』

2008-02-13 08:48:30 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタの栄光
□監督 中村義洋
□脚本 斉藤ひろし、蒔田光治
□原作 海堂尊
□キャスト 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 

■鑑賞日 2月9日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 手術室での密室の殺人。
難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」と厚生労働省から派遣された破天荒なキレモノ役人、白鳥との戦いが始まる。 
 
 原作は2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーの映画化。 すでに累計200万部のビッグヒット作品の映画化だ。

 原作は未読でその原作味わいが映画に反映されていたのかどうかはわからない。そこそこの曲者俳優でチームバチスタを結成しているが、それよりは白鳥を演じる阿部寛と心療内科医の田口を演じる竹内結子の二人のコミカルなやり取りが中心に据えられている。 しかしそれは犯人が誰かが容易にわかることを恐れ、先読みさせないような監督やスタッフの、観客の犯人への焦点をずらす意味合いが深かったようだ。

 それにしても阿部ちゃん。 彼の存在がこの映画に締める影響は大きい。 彼の存在(キャラ)がなければ単純な厚みのない、しかも緊迫感のない映画で終始したに違いない。 今回はパンチパーマ(『
自虐の詩』)じゃないけれど、十分個性は発揮されていた(笑) 

 ここのところ精力的に活動している竹内結子だが、イメージとしてはなんとなく今の月9の「薔薇のない部屋」のイメージが強いかなぁ・・・。 まあでも阿部ちゃんとのコンビはなかなかいいかも(笑)

 そしてそして、『
全然大丈夫』でも書いたが、ココリコ田中、ここでも美味しいところ持っていってるやないの(笑) どーなん、これ 続けて2本観ただけにココリコ田中、美味しい獲りやんか~

 ま、それにしても全体的なスケールからすると、やっぱりTVサイズの枠から出ていないのがちょっと残念だったなぁ。 映画的な要素と演出が欲しいところだ。 もう少しグローバルな表現は出来なかったのだろうか。

 手術前のあのヘタクソな歌を横目でチラ見していた吉川晃司、一発歌っても良かったんじゃ(笑) サービスカットで~ 最近無料タブロイド紙で「路地裏ダイアモンド」の記事でしかお目にかからないから(笑)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『全然大丈夫』 | トップ | 『テラビシアにかける橋』 »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラマ的 (AKIRA)
2008-02-13 12:34:54
こじんまりとしたミステリーでした。
終わり方がめっちゃ微妙。。

「レモンティー」と「モニカ」夢の競演,
見せてほしかったですね~^^;
ですね~ (cyaz)
2008-02-13 12:46:13
AKIRAさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>こじんまりとしたミステリーでした。終わり方がめっちゃ微妙。。
でしたね~ DVDか地上波で十分な感じでした(笑)

>「レモンティー」と「モニカ」夢の競演,見せてほしかったですね~^^;
お~モニカ~♪ Nobodyヴァージョンも実は好きです(謎笑)
こんにちは☆ (ゆかりん)
2008-02-13 14:33:29
阿部ちゃんのあってのこの作品、この人がいたから面白く観られました。
ぜひ吉川晃司にガツンと歌って欲しかったですねぇ(笑)
こんにちは~! (kazu)
2008-02-13 15:58:33
TBありがとうございました。

私もエンディングテーマは
吉川晃司に歌って欲しかったです。
その昔、(モニカ)買いましたよ(笑)
私も月9と重なりました (なぎさ)
2008-02-13 16:28:09
cyazさん TBありがとうございました♪

このホワ~ンとした感じの竹内サンは、月9の彼女とダブりますよね!

ココリコ田中サン『全然大丈夫』にも出てるんですかぁ。
この人ってヒョウヒョウとした感じですが、ほんっとに美味しいトコもってっちゃいますよねぇ。

「うどんをおかずに~」と「住んでる」以外では笑えなかったです。

本当に、これだったら2時間ドラマでも充分でしたよね。
クセ~ (cyaz)
2008-02-13 17:43:40
ゆかりんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>阿部ちゃんのあってのこの作品、この人がいたから面白く観られました。
デカい(存在も演技もキャラも)ですよね^^

>ぜひ吉川晃司にガツンと歌って欲しかったですねぇ(笑)
バクテン付きで(笑)
映画では瞬き多いクセ、出てなかったですよね(笑)
キャラ~ (cyaz)
2008-02-13 17:45:19
kazuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私もエンディングテーマは吉川晃司に歌って欲しかったです。その昔、(モニカ)買いましたよ(笑)
そうですよね^^
優秀な心臓医だけじゃキャラ不足ですよね(笑) ん、もしかしてギャラ不足かな(爆)
テンポ~ (cyaz)
2008-02-13 17:48:16
なぎささん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>このホワ~ンとした感じの竹内サンは、月9の彼女とダブりますよね!
タイムリーを狙ったのでしょうか(笑)?

>ココリコ田中サン『全然大丈夫』にも出てるんですかぁ。この人ってヒョウヒョウとした感じですが、ほんっとに美味しいトコもってっちゃいますよねぇ。
そうなんですよ^^ ヤツ、いいとこ獲りでしたよ(笑)

>「うどんをおかずに~」と「住んでる」以外では笑えなかったです。
うどんとそば、二色麺物流行るかも(笑)

>本当に、これだったら2時間ドラマでも充分でしたよね。
TVの方がテンプあっていいかもしれませんね^^
月9 (kira)
2008-02-13 19:44:27
TB,ありがとうございます~。
この竹内さんは、ヘアスタイルといい、その性格といい
白衣ものところも、
何年か前の月9「不機嫌なジーン」とそっくりで、
この田口役もやっぱり同じ、、ちょっと苦手。
メインの二人のキャラが魅力的じゃなかったので、余計に微妙でした
映画? (あかん隊)
2008-02-13 22:33:57
TBありがとうございます。
これは映画じゃないな~。テレビドラマですね。
つまらなくはないかもしれないけど、劇場で上映するほどのものでもない、と思いました。原作は、かなり違います。ミステリーの素材だけ引用した、という感じでした。(^^;)
こんばんわ~ (けい)
2008-02-13 23:36:08
ココリコ田中、かなりおいしい役でしたね~。
ラストは意外でした。。。
吉川晃司、確かに歌聞きたかったですね。
「レモンティー」が微妙に笑えなかったし・・・。
硬派~ (cyaz)
2008-02-14 08:22:56
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>何年か前の月9「不機嫌なジーン」とそっくりで、
この田口役もやっぱり同じ、、ちょっと苦手。
メインの二人のキャラが魅力的じゃなかったので、余計に微妙でした
そうでしたね^^
阿部ちゃんのキャラに勝る硬派医師がほしかったかも(笑)
深み~ (cyaz)
2008-02-14 08:26:33
あかん隊さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>これは映画じゃないな~。テレビドラマですね。
つまらなくはないかもしれないけど、劇場で上映するほどのものでもない、と思いました。
ごもっともです^^

>原作は、かなり違います。ミステリーの素材だけ引用した、という感じでした。(^^;)
原作未読なんですが、きっと深みがあるんでしょうね^^
特徴が~ (cyaz)
2008-02-14 08:27:08
けいさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ココリコ田中、かなりおいしい役でしたね~。ラストは意外でした。。。
特に特徴がないからいいんですかね(笑)?

>吉川晃司、確かに歌聞きたかったですね。 「レモンティー」が微妙に笑えなかったし・・・。
死に行く者へ、吉川が贈る歌でも良かったですね^^
こんばんわ。 (HIROMI)
2008-02-14 23:02:52
TBありがとうございました。
阿部寛、怪演でしたね。絶対当たり役。ココリコ田中も雰囲気出てました。
山口良一のゆる~いロックも、哀れな感じがあってよかったんじゃないかなあ。
イモ欽~ (cyaz)
2008-02-15 08:16:25
HIROMIさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>阿部寛、怪演でしたね。絶対当たり役。ココリコ田中も雰囲気出てました。
阿部ちゃんがいるだけでこうも違うかなぁって映画が多いですね^^

>山口良一のゆる~いロックも、哀れな感じがあってよかったんじゃないかなあ。
イモ欽トリオを彷彿(笑)?!
あ~やっぱり行こうかな? (翠雲)
2008-02-15 10:40:09
こんにちわ。
ちょっと気になる映画ですので迷ってました。

面白そうですね~やっぱり行こうかな、と思います。
人が良い、と言うと俄然いきたくなります……(笑)
もしかしたら・・・ (ルールー)
2008-02-15 17:38:19
やっぱり竹内結子があまり得意じゃないのかも。(^^;;;;;

いや~こんにちは!
最近昔に比べて竹内結子を認めつつあったというか、むしろ好きになりかけていたんですが、この役は上手く演じているとは思うもののあまり魅力的には感じられませんでした。
それは彼女が悪いんじゃなくて、原作から設定を変えたことでなんかしらキャラクターにひずみが出たような、そんな感じです。
あの抜けっぷり、医者の端くれなのにちょっとありえないような・・・
井川遥もちょっとねぇ・・・
と、文句書きましたが、医療ミステリー部分はまずまず楽しめたし、吉川晃司がカッコよくてよしとしてます。
まいどTBどうもでした (くまんちゅう)
2008-02-15 22:01:47
これはですね、原作読んで面白かったから
映画として普通に見られなかったです
吉川氏も竹内さんも良かったと思うけど
やっぱりちょっと違和感でした。
歌は勘弁して欲しかったです
手術シーンは結構良かったと思いますけど
チーム内の確執とか信頼関係とかが掘り下げられてなかったので薄っぺらに見えてしまいました。
TVドラマ風なのはそのせいかも
アクティブフェーズも全員やらなきゃいけませんです
おひさしぶり~ (cyaz)
2008-02-16 00:05:06
翠雲さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ちょっと気になる映画ですので迷ってました。 
面白そうですね~やっぱり行こうかな、と思います。
人が良い、と言うと俄然いきたくなります……(笑)
そうですよね(笑)
でも結構TVサイズなので、阿部ちゃんで笑って来て下さい^^
吉川~ (cyaz)
2008-02-16 00:10:14
ルールーさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>最近昔に比べて竹内結子を認めつつあったというか、むしろ好きになりかけていたんですが、この役は上手く演じているとは思うもののあまり魅力的には感じられませんでした。
そうですか^^
活きる役とそうでない役と様々ですからね~

>それは彼女が悪いんじゃなくて、原作から設定を変えたことでなんかしらキャラクターにひずみが出たような、そんな感じです。
確かに男性の役ですからね(笑)

>井川遥もちょっとねぇ・・・
あれはそうでしたね(笑)

>と、文句書きましたが、医療ミステリー部分はまずまず楽しめたし、吉川晃司がカッコよくてよしとしてます。
おっと、吉川好きですか(笑)?
同意見~ (cyaz)
2008-02-16 00:18:18
くまんちゅうさん、コメントありがとうございますm(__)m

>これはですね、原作読んで面白かったから映画として普通に見られなかったです
なるほど^^ 他のブロガーさんも同じような意見が多かったですね~

>吉川氏も竹内さんも良かったと思うけどやっぱりちょっと違和感でした。歌は勘弁して欲しかったです
原作にもあのシーンはあったんでしょうか?

>手術シーンは結構良かったと思いますけどチーム内の確執とか信頼関係とかが掘り下げられてなかったので薄っぺらに見えてしまいました。
それは原作を読んでいないですが感じましたね^^

>TVドラマ風なのはそのせいかもアクティブフェーズも全員やらなきゃいけませんです
大きなスクリーンでなくマネに展開が変われば面白いと思ったのですが。
こんにちは~ (hito)
2008-02-16 12:40:05
ミステリーとしてはちょっと迫力がなかった感がありますが、吉川晃司さん、クールな医者役似合っていましたね!

山口良一さんの歌とソフトの試合削ってもうちょっと人間関係深く掘り下げて欲しかったものです~
祈り~ (cyaz)
2008-02-18 12:23:31
hitoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ミステリーとしてはちょっと迫力がなかった感がありますが、吉川晃司さん、クールな医者役似合っていましたね!
そうですね^^ 吉川クンもだらしなく笑わなければいい男です(笑)

>山口良一さんの歌とソフトの試合削ってもうちょっと人間関係深く掘り下げて欲しかったものです~
死にゆくものの僅かな祈りですよね~
こんばんは (bobby101)
2008-02-20 22:49:17
 こんばんは。どれも楽しく読ませてもらってます。TBありがとうございました。竹内結子が出ていることから惹かれた映画ですが、クローズド・ノートの伊吹先生の時の印象が強く、今回は多少残念でした。でもソフトボールのピッチャーのシーンは良かったですが。
印象~ (cyaz)
2008-02-20 23:00:57
bobby101さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>竹内結子が出ていることから惹かれた映画ですが、クローズド・ノートの伊吹先生の時の印象が強く、今回は多少残念でした。でもソフトボールのピッチャーのシーンは良かったですが。
もともと原作では男性だったとか。その方が良かったかもしれませんねぇ。
例によって・・・(汗) (Ageha)
2008-02-22 10:33:13
TSUTAYAスタッフブログと2足のわらじスタートで
今月はパニックでおます。(笑)
更新が遅れてどうも。

原作はハンパない売り上げで
文庫ではぶっちぎり1位です!
・・・そろそろ読まなきゃと思ったら
売り切れた。(爆)
100冊以上頼んでるのに何日もつかなというくらい
すごいんですよ。(だから読めっていつも言われる)

いつもなら映画が始まると売り上げはとまるんですが
映画見てから原作読むひとが加わって
オチがわかってるのに勢いがとまらない。
それは原作自身に相当魅力があるということで
おそらくは映画がコメディへ針を振り切ったことで
肝心のとこどうなん?を原作で補完してるようです。

原作~ (cyaz)
2008-02-23 23:33:06
Agehaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>100冊以上頼んでるのに何日もつかなというくらい
すごいんですよ。(だから読めっていつも言われる)
そうなんですか^^ それは凄いですね!

>映画を見てから原作読むひとが加わってオチがわかってるのに勢いがとまらない。それは原作自身に相当魅力があるということでおそらくは映画がコメディへ針を振り切ったことで肝心のとこどうなん?を原作で補完してるようです。
なるほどね^^
ま、映画は阿部ちゃんのキャラでもった感じがありましたから、不可解な部分は原作で楽しみしかないですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

91 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
チームバチスタの栄光 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      チームバチスタの栄光(2008年、東宝) http://www.team-b.jp/index.html 監督:中村義洋  原作:海堂尊 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、佐野史郎、玉山鉄二、他          高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続...
『 チーム・バチスタの栄光 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 チーム・バチスタの栄光 』 [劇場鑑賞] 日本【2008年2月9日公開】[ 上映劇場 ] 監督:中村義洋 脚本:斉藤ひろし 蒔田光治 原作:海堂尊 【キャスト】 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二 井川遥 田口浩正 田中直樹...
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
原作者と,メディア, マスコミの絶賛に納得いかん!
チーム・バチスタの栄光 7点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
このバティスタの犬め! 公式サイト 現役医師が執筆した医療が題材の小説なる、わかりやすく興味を惹く話題性によりベストセラーとなった、海堂尊の同名小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』にて評価を受けた中村義洋監督により映画化。 のだが、『アヒル~』の...
チーム・バチスタの栄光 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・・...
チーム・バチスタの栄光 (2008) 120分 (極私的映画論+α)
 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。
2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいまし...
チーム・バチスタの栄光 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
医療という難しい世界をユーモラスに描いているが、出来栄えは底が浅いエンタメ・ミステリーという印象だ。エリート医師チームに起こる連続術中死を巡り、調査を任された女性医師と切れ者役人が事件を探る。最初は反発するが次第に絆を深めるのがにわか探偵コンビのお約束...
チーム・バチスタの栄光 (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はうちの労組の職場委員の学習会で1時間、講演しました。 うちの会社は現業は「一箇月単位の変形労働時間制」を導入していますので、難しくはないのですが煩雑な労働時間管理が必要です。 そのため現場管理者の労働時間管理を、組合役員として「管理」出来るだけの...
手口がずるすぎる/映画「チーム・バチスタの栄光」 (しー、こいこいこい・・・)
原作が「このミステリーがすごい!」大賞受賞。ということで、二転三転のスリリングな展開あるんだろう、面白そうだな、と期待を膨らませていたのですが…。 ずるい。の一言。 <あらすじ> とある大学病院の心臓外科の集団「チーム・バチスタ」は、心臓手術の難関...
チーム・バチスタの栄光 (映画鑑賞★日記・・・)
【チーム・バチスタの栄光】2008/02/09公開(02/10鑑賞)製作国:日本 監督:中村義洋原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊)出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼...
チーム・バチスタの栄光 (花ごよみ)
原作は海堂尊の同名小説。 監督は中村義洋。 心臓手術チームの不審な術中死を巡って、 調査を依頼された女性医師と、 厚生労働省役人のコンビが、 事件の解決をめざし調査をはじめる。 容疑者は7人のチーム・バチスタ。 主演は心療内科医師竹内結子、 厚生労働省役...
チーム・バチスタの栄光 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月9日 公開 「・・・・住んでる。」(・_・;)シラトリサン これはちょっと宣伝に踊らされてしまったなぁ~。 ・・・てか、これ『トリック』でしょ。 阿部ちゃん出てるし、脚本は『トリック』の蒔田光治さんですし。 原...
『チーム・バチスタの栄光』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
2008年/東宝/120分 【オフィシャルサイト】 監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、佐野史郎、玉山鉄二、田中直樹、田口浩正、井川遥
チーム・バチスタの栄光 (eclipse的な独り言)
 この記事にトラックバックする映画ブロガーはこの記事にコメント入れること。(嘘)
≪チーム・バチスタの栄光≫ (鳥飛兎走)
何年ぶりだろう・・公開2日目の映画を観に行くなんて・・・。両脇、前後あんな人がいっぱいいる作品観に行ったの久々。(笑)本当は。玉木君主演のKIDSを観たかったんだけど、この映画公開1週間にしてうちの近くの映画館ではヒドイ扱い。(笑)夕方遅い時間とレイト...
チーム・バチスタの栄光/竹内結子、阿部寛 (カノンな日々)
原作ファンの方々の前評判がすこぶる悪いので気になってたんだけど、新聞に載ってた中村義洋監監督のインタビューでなんとなくわかりました。主人公が男性から女性に変わっちゃてるんですね。要のキャラクターが変われば作風だけじゃなくて、物語そのものが違うものになり...
チーム・バチスタの栄光 (八ちゃんの日常空間)
田口、ちっとも役に立ってないじゃないか! 最後だけ役にたったけどね。
映画:チーム・バチスタの栄光 (駒吉の日記)
チーム・バチスタの栄光(シネマイクスピアリ) 「あなたを助けにきました」 原作 のよさや面白さが半分も生かされていない・・・ キャスティングの段階で「ロジカル・モンスター」「火喰い鳥」こと白鳥、ゴキブリのごとく忌み嫌われている変人と昼行灯のさえ...
チーム・バチスタの栄光 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
「L」より先に。。。(苦笑)観てきました 「チーム・バチスタの栄光」ですSTORY:難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3例続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとし...
チーム・バチスタの栄光 (ネタバレ映画館)
「田口さん!」と呼ぶ度に田口浩正を思い浮かべてしまう・・・
チーム・バチスタの栄光 (映画のメモ帳+α)
チーム・バチスタの栄光(2008 日本) 監督   中村義洋    原作   海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』 脚色   斉藤ひろし 蒔田光治 撮影   佐々木原保志 音楽   佐藤直紀 出演   竹内結子 阿部寛 吉川晃司       池内博之 玉山鉄二...
チーム・バチスタの栄光 (to Heart)
               犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーの映画化。 原作 海堂尊 上映時間 120分 監督 中村義洋 脚本 斉藤ひろし、蒔田光治 音楽 佐藤直...
[cinema]チーム・バチスタの栄光 (HARI INI ?)
試写会に行ってきました{/heart/} 先月ですね。。 チーム・バチスタの栄光 Staff:中村義洋 Cast:阿部寛 竹内結子 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二    井川遥 田口浩正 田中直樹 佐野史郎 現役医師である 海堂尊 氏の原作。 相変わらず原作本を読んでいない。...
チーム・バチスタの栄光 (Diarydiary!)
《チーム・バチスタの栄光》 2008年 日本映画 東城大学付属病院のバチスタチ
【チーム・バチスタの栄光】人の命を手にすると言うこと (映画@見取り八段)
もうだいぶ前から予告を見るたび楽しみで、 とりあえず「L」を蹴って、こっちを先に見てきました。 何だか思ったよりもアッサリしてる。...
チーム・バチスタの栄光 (Yuhiの読書日記+α)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・・...
チーム・バチスタの栄光 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化。出演は、外科は素人の心療内科医師・田口に、日本を代表する美しさが魅力の女優・竹内結子。 厚生労働省のキレモノ役人・白鳥に、常に独特の存在感で観客を魅了する俳優・阿部寛。また監督...
「チーム・バチスタの栄光」:大塚四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}花とらないで・・・。悲痛な叫びだな。 {/hiyo_en2/}ほんと、命をとらないで、ってことだもんね。 {/kaeru_en4/}しかも、命を救ってくれるはずの病院で命をとられちゃうこともある。 {/hiyo_en2/}ああ、「チーム・バチスタの栄光」のことね。バチスタ手術と...
「チーム・バチスタの栄光」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
公式HPはコチラ 以下、一応ネタバレ注意。 もちろん(笑)、原作未読。 キャッチコピーの「犯行現場は半径10?。この7人の中に、いる。」には その緊迫感に興奮させられ、 2月のどうしても観たい映画のひとつだったわけですが、 まーーーー、なんとも期待はずれ。 ミ...
チーム・バチスタの栄光 (cococo)
こういう脚色を歓迎してよいものか、どうか。判断に悩む。まずは、そう退屈しなかった
チーム・バチスタの栄光(2008年) (勝手に映画評)
原作は、第四回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品。現役医師による医療ミステリーだけに、素人がちょっと勉強しただけでは書けない臨場感を感じます。 ほぼ原作どおりの映画化ですが、原作では男性であった田口が、女性に変更になっているのが主な変更点。映像の...
チーム・バチスタの栄光 (高遠 夜日記)
チーム・バチスタの栄光 監督: 中村義洋 プロデューサー: 佐倉寛二郎         山内章弘 エグゼクティブプロデューサー: 間瀬泰宏 企画: 市川南 原作: 海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊) 脚本: 斉藤ひろし    蒔田光治 ...
「チーム・バチスタの栄光」人の心理を巧に突いた半径10cmの犯行現場 (オールマイティにコメンテート)
「チーム・バチスタの栄光」は2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化で心臓移植専門のバチスタチームが原因不明の3連続失敗で内部調査に乗り出し、そこに厚生省の役人も絡んで事件の真相を解明していくストーリーである。内容はバ...
チーム・バチスタの栄光 (Art- Mill  あーとみる)
チーム・バチスタの栄光HP http://www.team-b.jp/ この種の映画は、原作を読んだら、ネタバレで面白くない。本屋さんに文庫本ランキング1位として、山積みされているが、じっと我慢し
「 チーム・バチスタの栄光 」 (俺の明日はどっちだ)
ご存知、現役医師でもある海堂尊による『このミステリーがすごい!』大賞受賞の同名ベストセラーを映画化したこの作品、決して傑作だとか、怪作だとかといった具合に必要以上に持ち上げる気はさらさらないけれど、いささか消化不良気味である(と個人的には勝手に思ってい...
チーム・バチスタの栄光 (せるふぉん☆こだわりの日記)
観てきました~。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました
映画【チーム・バチスタの栄光】 (ぱんどらの本箱)
アメリカ帰りの優秀な心臓外科医・桐生恭一(吉川晃司)が執刀するバチスタ手術で起こった3件の術中死。 その調査を命じられたのは、心臓...
映画 「チーム・バチスタの栄光」 (ぶっかにっき)
今日は映画「チーム・バチスタの栄光」を観てきました。 中年の入り口のおじさんである田口役が竹内結子、火喰い鳥白鳥役が阿部寛と、原作から大きくイメージチェンジを図った映画版「チーム・バチスタの栄光」。主人公二人の人物像が原作とだいぶ離れているため、自分...
劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」 (日々“是”精進!)
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功さ...
メディカル”コメディ”サスペンス。~「チームバチスタの栄光」~ (ペパーミントの魔術師)
自分の担当ジャンルでただいま ものすごくスペースをもらって大々的に展開してるのが コレ。 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 3Amazonで詳しく見るby G-Tools ...
チームバチスタの栄光 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  朝田龍太郎を呼べ!  
チーム・バチスタの栄光 (C'est Joli)
チーム・バチスタの栄光’08:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演: 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ◆STORY◆ 東城大学付属病院でのバチスタ手術が3例続けて失敗する。内部調...
「チーム・バチスタの栄光」 プロ意識と傲慢さ (はらやんの映画徒然草)
命を預かる仕事をしている方々が日々感じているプレッシャーというのはたいへんなもの
チーム・バチスタの栄光☆独り言 (黒猫のうたた寝)
TVドラマの『医龍』にちょっとはまってました。まぁ、そういうことで観にいっちゃったのは『チーム・バチスタの栄光』予告で阿部ちゃんが大きな画面で胡散臭げ(笑)竹内結子は愚痴外来の心療内科医師田口チーム・バチスタでの手術が、ここ最近3回も術中死を出してしま...
映画を観た~チーム・バチスタの栄光~ (垂直落下式どうでもいい話)
『チーム・バチスタの栄光』を観ました。 犯行現場は、半径10cm。 犯人はこの7人の中に、いる。 ストーリー&解説:東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。とこ...
チーム・バチスタの栄光 (シネマ大好き)
試写会に誘って頂いて「チームバチスタの栄光」を観た。 成功率60%といわれる心臓の「バチスタ手術」に26連勝という成功記録をもつ専門集団に、3例続けて死亡事故が起きる。院長に調査を命じられたのは、手術経験のない心療内科医の田口(竹内結子)。問題を見つ...
チーム・バチスタの栄光 (<花>の本と映画の感想)
チーム・バチスタの栄光 海堂 尊  宝島社 2006年2月 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は...
「チーム・バチスタの栄光」竹内結子に救われる (ももたろうサブライ)
監督 中村義洋少しあらすじ(結末には触れていません) 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任されたのは不定愁訴外来の田口(竹内結子)。 しかし外科手術に関してはまったく素人....
映画『チームバチスタの栄光』 (ルールーのお気に入り)
いや~ここ数日バタバタしておりましたが、もろもろの合間にちろちろ映画も観ておりました。 とりあえず一番最近のからボチボチアップしていこうと思います。 まずは、「このミステリーがおもしろい」の第4回大賞作品である医療ミステリーの映画化、『チームバチスタの...
『チーム・バチスタの栄光』:東宝レーベルの面白さ、ってこと:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
その昔、「家族揃って東宝映画」と謳(うた)っていたことがある、わたしが生まれる前のことだけれど。 本作品は宝島社の「このミス大賞」受賞100万部を超えるベストセラーの映画化であるが、未読です。 多分、原作はかなりシビアな現実を土台にしたミステリィと想...
チーム・バチスタの栄光 を観ました。 (My Favorite Things)
ここ数年、米国をはじめ日本も医療モノは、結構人気ですね…。
【チーム・バチスタの栄光】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄ニ、井川遥、田中直樹、佐野史郎、田口浩正 「病院長に呼ばれた愚痴外来と言われる窓際医師の田口は、通常6割の成功と言われている難易度の高いバチスタ手術を100%成功させてきた桐生率いるチーム
チーム・バチスタの栄光 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
まず家電販売店を節電させろ!
映画『チーム・バチスタの栄光』 (頑張る!独身女!!)
これでいんだよね。
チーム・バチスタの栄光 [監督:中村義洋] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■□□□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) 昨年「アヒルと鴨のコインロッカー」で、新人監督を対象にした映画制作者協会の賞「新藤兼人賞」の金賞を受賞した中村義洋監督の作品・・・・ということで期待して観に行った。 推理ミステリーとか医療...
[映画]チーム・バチスタの栄光 (落とし穴には気をつけろ!)
「バチスタ手術」って、この映画で初めて知りました。最近の医学って凄いんだなあ。 優秀なバチスタ手術チームが急に3例続けて失敗したことから、不定愁訴外来の田口医師(竹内結子)と厚生労働省の白鳥(阿部寛)が内部調査をする話です。なかなか面白かったですよ 竹...
チーム・バチスタの栄光 (何書☆ねくすと)
 評価:○          危険な綱渡りと………度:48% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 ...
チーム・バチスタの栄光 (あきすとぜねこ)
    監督:中村義洋 原作:海堂尊 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼     ストーリー> 難易度の高いバチスタ手術(拡張型心筋症に対する術式)を100%成功させて...
事件は手術室で(映画/試写会:チーム・バチスタの栄光) (美味!な日々)
小説がなかなか面白かった&出演者が豪華なので見たいなぁとかねてから思っていた映画『チーム・バチスタの栄光』の試写会に行ってきました~。いやいや、小説に負けないくらい面白かったですわ。犯人がわかっていても楽しめました。
「チーム・バチスタの栄光」 (NAOのピアノレッスン日記)
~犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる~公開早々に行ってきました。2008年 東宝配給   (08.2.9 公開)[監督]中村義洋[原作]海堂尊[脚本]斉藤ひろし 蒔田光治[音楽]佐藤直紀[出演]竹内結子・・・・・・田口公子   (心療内科医・不定愁訴外来...
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!(2008-05) (馬球1964)
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!2008年の第5作目です
チーム・バチスタの栄光 (豪の気ままな日記)
評価☆☆☆ バチスタ手術というとビックコミックで連載されている医龍をまず思い出して、この作品も医龍のような純粋な医療ものの映画かと思っていたんだけど、実はバチスタという手術室の中で起きた密室殺人のトリックを暴いていく医療サスペンスもの。原作は現役の医...
やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』 (水曜日のシネマ日記)
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。
チーム・バチスタの栄光 (You got a movie)
 監督   中村義洋  キャスト 竹内結子       阿部 寛       吉川晃司       佐野史郎       田中直樹       井川 遥  外科医を経て今も現役の病理医である原作者 海堂 尊の200万部を越すベストセラーをクローズドノート、サ...
映画「チーム・バチスタの栄光」 (FREE TIME)
先日、映画「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞しました。
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
『チーム・バチスタの栄光』 (cinema days 『映画な日々』)
 第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作を  主人公・田口公平の設定を中年男性から  田口公子という若い女性に変更して映画化   個人評価 ★★★  『 映画雑感 』
チーム・バチスタの栄光 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日劇PLEX2> 監督:中村義洋 原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊) 脚本:斉藤ひろし 蒔田光治 バチスタ手術26連勝の東城大学病院のエリート集団“チーム・バチスタ”。ところがここ最近は、3例立て続けに失敗。院長とチーム...
『チーム・バチスタの栄光』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、海堂尊のベストセラー小説を映画化。成功確率の低いバチスタ手術を次々と成功させ、「チーム・バチスタの奇跡」「栄光の7人」と呼ばれている専門チーム。ところが最近になって立て続けに手術は失敗。それは医療事故な...
【映画】チーム・バチスタの栄光 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田...
チームバチスタの栄光 (月と雲)
バチスタ、というのは手術名。 拡張型心筋症(要は心臓が大きくなりすぎて正常に働けない状態になったこと)に対する手術で、一旦心臓を止め、人工心臓に任せて心臓の一部を切り取って縫い合わせ、政情に働くようにするというもの。 心臓の縫合が終わった時点で再び心.....
チームバチスタの栄光 (ダイターンクラッシュ!!)
2月24日(日) 16:10~ 日劇2 料金:1300円(交通会館のプレイガイドで前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『チームバチスタの栄光』公式サイト 医療ミステリー。宝島社の「このミステリーがすごい」大賞を受賞した。原作は読んでいない。 吉川晃司が、有...
「チーム・バチスタの栄光」 阿部キャラ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
この映画、毎日放送が製作に関わってて毎日放送のラジオCMでは、あのネタバレの王様浜村淳がペラペラ喋ってるから、そのCMが流れる度、耳をふさいでそのCMをやりすごしてたんですが、そんな必要なかったくらい、本格サスペンスじゃなくて、蒔田光治脚本の医療版『ト...
チームバチスタの栄光 (Sweetパラダイス)
ネットカフェからの投稿ですチームバチスタの栄光見て来ました小説は未読です。東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術【バチスタ手術】の専門集団【チームバチスタ】を作り100%の確立で成功をおさめていた。ところが最近、三例続けて術中死が発生している。...
チームバチスタの栄光 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  予告編をちらっと観たとき、この映画はマンガ『医龍』のパクリなのだろうか。そして主演の竹内結子はバチスタメンバーなのだろうと、勘違いしてしまった。 確かにバチスタチームを中心にしている点は『医龍』と同じだが、そもそも竹内結子はバチスタメンバーで...
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
チーム・バチスタの栄光 ~ コメディとシリアスのバランスが絶妙 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ コメディとシリアスのバランスが絶妙 ~ 現役医師である海藤尊が書き上げたミステリー小説を実写映画カしたこの作品『チーム・バチスタの栄光』(2008年/日本/ドラマ)。何でも「このミステリーがすごい大賞」というのにも選ばれたとか。 実際観てみると、ミス...
『チームバチスタの栄光』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? それとも故意の“殺人”なのか?? 心療内科医の田口は院...
チーム・バチスタの栄光を観て (★黄金郷(エルドラド)を求めて★ ça va?)
≦療の進歩に伴い、映像で外科手術を映すシーンが多くなった。 まさにこの映画ではカメラで手術シーンを写すことが中心なのでそっち系がダメな方にはしんどいかも。  吉川さんも本当に俳優として確立しましたね。でも、この映画は途中からポッと出てきた阿部寛の演技で決...
「チーム・バチスタの栄光」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
3月30日、ラジオ番組「伊集院光 日曜日の秘密基地」が終了した。好きで良く聴いていたこの番組。特に「心に引っ掛かっている謎、埋まらない記憶を募集し、リスナーからの情報を元に調査&解明して行く。」という「秘密キッチの穴 」なるコーナーが大好きだった。謎を...
『チーム・バチスタの栄光』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先厚生労働省の切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる・・・。感想このミステ...
チーム・バチスタの栄光 (Lemon Tea のマイブーム)
正直、先にドラマを観てしまったので 映画はなにか物足りなかった感じがします。 やっぱり2時間でまとめるのは難しいのか…。 キャスト的には映画の方が面白そう! って思ってたケド ドラマでは他のバチスタメンバーもフューチャーしてるだけあって それぞれの...
「チーム・バチスタの栄光」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
バチスタ手術失敗の陰に潜むのは事故か? それとも殺人か・・・?! 
チーム・バチスタの栄光 (めでぃあみっくす)
現役医師が書いたミステリー小説の映画化ということだけあって、医療現場の最前線にいた者にしか分からない緊迫感のある作品でした。医療ミスという社会問題をテーマにしておきながら、完全なる密室ミステリー要素で見せてくれる巧さは素晴らしかったのですが、ただ途中に...
チーム・バチスタの栄光 (悠雅的生活)
医療の現場で起こる殺人
チーム・バチスタの栄光 (Blue Blue Blue)
映画館に見に行こうと思ってたのに行けなくて、 いまさらながら見ました。 ケーブルテレビで。 やっぱりおもしろかった。 竹内結子がただ美人なだけじゃなく、 いい演技しています。 阿部寛ほか俳優陣も個性派揃い。 自分がいちばん気に入ったシーンは 山口良一のエレ...
映画『チーム・バチスタの栄光』 (闘争と逃走の道程)
 テレビ放映に合わせて、以前の記事に加筆してアップしました。続編『ジェネラル・ルージュの凱旋』が今週末に公開だけど、この映画を観た...
「チーム・バチスタの栄光」中村義洋監督 (雑板屋)
現役医師の海堂尊氏の原作は先日読破。 実は元々‘このミス’受賞作品を大して信用していないのだが、映画化ドラマ化が続く現実と、さらにはちゃっかりシリーズ化されている原作に少々興味を持ったのがきっかけ。 原作は、正直面白かった。 バチスタを題材にした漫画や...
チーム・バチスタの栄光 (mama)
2008年:日本 原作:海堂尊 監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、佐野史郎、池内博之、田中直樹、玉山鉄二、田口浩正、井川遥、野際陽子、平泉成、國村隼 東城大学病院では、成功率60%といわれる高難度のバチスタ手術を専門とする7人体制の「チー...
映画「チームバチスタの栄光」 (itchy1976の日記)
映画版チームバチスタの栄光を見に行った。原作本のハイライトシーンを見せ付けられたなという感じがした。2時間で原作をまとめた感じの映画だったかな。原作を知っているのでかえって楽しめなかったのかな。 チームバチスタによるバチスタ手術(心臓移植の代替手術)で...