京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「勝ち逃げの女王」/垣根涼介

2014-11-14 00:11:14 | Book

「勝ち逃げの女王」/垣根涼介(新潮社)

  

シリーズ第三作、『張り込み姫 ―君たちに明日はない3―』を、
この本を読む前に復讐・・・もとい復習の意味で読んでおきました

このシリーズの描かれる主軸となるのは、
リストラ請負人(面接者)被面接者の攻防戦

 勝ち逃げの女王(会社更生法が適用された航空会社のCA)
 ノー・エクスキューズ(バブル崩壊の象徴となった大手証券会社の元社員)
 永遠のディーバ(一芸入社枠のある有名楽器メーカー)
 リヴ・フォー・トゥデイ(大手外食レストランチェーン)

面白いのは、単にバッサリとリストラを断行するのではなく、
対峙する被面接者のそこに至るまでの“成り”を描き、事務的な
やり取りで済ますのではなく、人間味を帯びたやり取りの
存在の中にこそ、この小説の味わいの深いところなのだ。

主人公・真介だけではなく、真介の彼女・陽子とのキャッチボール、
また、面接アシスタントの川田嬢のつかみどころのない会話が、
適度に緊張を解してくれる。

前作では「みんなの力」、本作では「永遠のディーバ」が良かった
好きな仕事を継続するための努力や、いいブレーンとのめぐり逢い、
一度は諦めた夢に向って再出発することの大切さ
リストラとは、本来の自分が向うべき道を、
改めて示唆してくれているのかもしれない。

明日は我が身かな(笑)

“ひとはだれもただひとり旅に出て 人は誰もふるさとを思い出す
何かを求めて振り返っても そこにはただ風が吹いているだけ”

なんちゃって・・・(笑)

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『美女と野獣』 | トップ | 「バニラクッキーラズベリー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読書 (サッチー)
2014-11-14 09:40:51
映画・音楽・読書・いろいろな分野で教養を深めて
いらっしゃるcyazさんは、読書でも深い想像力や思考力で
色々なことを考えておられますね。

読書することで、自分の考えや人様の考えを参考に
より豊かな人生を謳歌していらっしゃる。素晴らしい
好奇心~ (cyaz)
2014-11-14 12:27:14
サッチーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>読書でも深い想像力や思考力で色々なことを考えておられますね。
ただただ好奇心が強いだけで、身についているかどうかは疑問です(汗)

>より豊かな人生を謳歌
お金はないですが心だけは豊かにと(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今日の読書 勝ち逃げの女王/垣根涼介 (地下室で手記)
『君たちに明日はない』からはじまる、リストラ請負人シリーズの4作目になります。 シリーズものというものは、どうしてもシリーズと言う事が枷になってしまい、同じような話を繰り返すとマンネリ扱いをされてしまったり、方向性を変えるとこれは望んでいたものではな...
「勝ち逃げの女王」 垣根涼介を読みました。 (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4 垣根涼介 新潮社 発売日:2012-05-22 ブクログでレビューを見る»  *** 内容説明(Amazonより) ***  どんなに時代が悪くても、仕事のデキる奴はいる──大ヒット...
勝ち逃げの女王 君たちに明日はない4(垣根涼介) (Bookworm)
シリーズ4作目。連作短編集。