京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『柘榴坂の仇討』

2014-09-27 00:09:27 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討
□監督 若松節朗
□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫
□原作 浅田次郎
□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏

■鑑賞日 9月20日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  それぞれの人生の、それぞれの“想い”は全く異なものにとして、
  たった一つの“御触れ”が、それまでの長い道程をノーサイドにしてしまうなんて・・・。

 幕末の安政7年、主君・井伊直弼(中村吉右衛門)の御駕籠回り近習役として
 仕えていた彦根藩士の志村金吾(中井貴一)は、桜田門外において目の前で
 井伊の殺害を許してしまう。 切腹も許されず、仇討ちを命じられた金吾は、時が
 明治へと移り変わってもなお、井伊を殺害した刺客を探し続ける。 やがて金吾は、
 井伊を討った水戸藩浪士の最後のひとりで、車引きの直吉と名を変えて生きていた
 佐橋十兵衛(阿部 寛)を見つけ出すが、その日、明治政府が「仇討禁止令」を発する。

 浅田次郎原作で中井貴一主演といえば、かつて泣けて泣けて仕方がなかったで 
 『壬生義士伝』がある。 佐藤浩市との共演が素晴らしかったという記憶がある。
 そして今回の共演は阿部 寛。 ただ、実際に二人が顔を合わせるのはラスト付近だが、
 直接対決を除いても互いの想いがひしひしと伝わってきた作品だ。
 そして金吾(中井貴一)の妻・セツを広末涼子が演じた。 物腰の柔らかい、いかにも
 利巧で、夫を支え、ひたすら本懐を遂げることを祈る姿に感動した。 そこに少し、
 あの『おくりびと』の美香も見え隠れして。  そして高嶋兄ちゃんもサイドからいい
 フォロー。 大老・井伊直弼を演じた中村吉右衛門の存在感もさすが。

  時代劇というカテゴリーを超えて、人の心に染み入る人間像を描き出していた。
  こういう上質な作品がこれからの老齢社会には必須アイテムになってくるのでは・・・。
  いや、ぜひきてほしいものだ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『バツイチは恋のはじまり』 | トップ | 『猿の惑星:新世紀(ライジング... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてくださってありがとうございます (みなりん)
2014-09-27 19:02:30
こんばんは。お久しぶりです。この映画、気になっていたので、今度見てみたいと思えました。
ありがとうございました!
秋も進み、行楽にいいでしょうが、ご両親のことも気になることでしょう。
いつも素敵なご紹介ありがとうございます。
みなりん拝
ぜひ~ (cyaz)
2014-09-27 21:45:14
みなりんさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この映画、気になっていたので、今度見てみたいと思えました。
ぜひぜひ^^

>秋も進み、行楽にいいでしょうが、ご両親のことも気になることでしょう。
そうですね。
ま、でもそう思ってもどうしようもないですから、
楽しみますよ^^
Unknown (Ageha)
2014-09-28 09:16:27
彦根城そばにある四番町スクエアで特別展やってたときにたまたま見れたんですよ。
彦根市役所に映画の衣装のまんまで
中井貴一がきたんですよ~ってめっちゃうれしそうに
語っていた担当のおばちゃんがおりました。(;´∀`)
刀にカバーなんかするからやられたんだとかもう
細かい説明と、(爆)撮影に使われた桜田門外の変のときの衣装とか、刀や槍とか展示されてて、ロケの写真なんかもみれて
・・・ってかあの熱弁と笑顔じゃ見たくなるってという
前フリがあったのでした。(^_^;)

最近しゅららぼんをも一回見てたんですが
「彦根を映画で盛り上げる会」ってのがあるようですね。
地元がロケになった映画はどこでも先行上映やってるようですが
映画が地域活性になるとともに
特にこの映画では「井伊直弼のイメージアップ」も兼ねていたようなんで、地元の有名人愛なんかも感じたのでありました・・・。
地元Love~ (cyaz)
2014-09-29 08:23:14
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画の衣装のまんまで中井貴一がきたんですよ~ってめっちゃうれしそうに語っていた担当のおばちゃんがおりました。(;´∀`)
なるほどね^^ ま、その世代には嬉しいかも(笑)
鎌倉の極楽寺駅には例のキョンキョンとの写真が
貼ってありますが(笑)

>・・・ってかあの熱弁と笑顔じゃ見たくなるってという
前フリがあったのでした。(^_^;)
回し者かいな、そのお方は(笑)

>「彦根を映画で盛り上げる会」ってのがあるようですね。
へぇ~、そうなん?

>「井伊直弼のイメージアップ」も兼ねていたようなんで、地元の有名人愛なんかも感じたのでありました・・・。
そうですか^^ 地元愛・・・大事ですもんねぇ^^
彦根 (NAO)
2014-10-12 16:22:57
実家が彦根なんで、やっぱり見逃せない映画でしたね^^
因みに↑の四番町スクエアのすぐ目の前が実家です(笑)

中村吉衛門さんの井伊大老は、風貌が良く似ていて
ほんとにびっくりしましたよ。
「ちゃかぽん」の言葉が出てくるのにも驚きました。
15男だったから、絶対跡目を継ぐわけがないと思ってたので
お茶や歌に元々興味があったので、深く傾倒していった直弼公だったんですが
お兄さんたちがみんな短命だったばかりに跡継ぎになっちゃって・・・。
だから、なおさら桜田門に出向かう際に発した台詞は
じーんときちゃいましたね。

↑の盛り上がる会、ありますあります^^
うちの知り合い実行委員やってますし^^

「るろ剣」も彦根で撮影ありましたし^^

直弼公~ (cyaz)
2014-10-12 19:53:58
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>因みに↑の四番町スクエアのすぐ目の前が実家です(笑)
そうですね^^ 前にもお聞きしました^^

>中村吉衛門さんの井伊大老は、風貌が良く似ていて
ほんとにびっくりしましたよ。
あの存在感も凄かったです!

>直弼公 お兄さんたちがみんな短命だったばかりに跡継ぎになっちゃって・・・。
そうでしたね。

>桜田門に出向かう際に発した台詞はじーんときちゃいましたね。
説はあらゆる角度から、映画にしても色んな表現がされていますね。

>↑の盛り上がる会、ありますあります^^
うちの知り合い実行委員やってますし^^
そうなんですか^^

>「るろ剣」も彦根で撮影ありましたし^^
これは記憶に新しいですよね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミサンガと椿の花。~「柘榴坂の仇討」~ (ペパーミントの魔術師)
「ポイント鑑賞」で「初日に見に行った」映画・・・って 自分の中でどんな位置づけだよ・・(^_^;) 先月、梅花藻を撮りに行った日に寄り道をした話をブログでアップしたのですが ⇒「彦根城へは行きませんでした」 この時の日記には書かなかったんですけど、実は四番町ス...
柘榴坂の仇討~そもそも仇討でない (佐藤秀の徒然幻視録)
時代劇から仇討取れば何が残るか問題 公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、 ...
「柘榴坂の仇討」仇を追い続けた先にみた誰も止められなかった追う追われる立場の苦しみ (オールマイティにコメンテート)
「柘榴坂の仇討」は桜田門の変で井伊直弼を守れなかった武士が仇を討てという命を受け明治維新になってからも仇を追い続けるストーリーである。時代は江戸から明治へ移る時を経て ...
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
柘榴坂の仇討 (あーうぃ だにぇっと)
柘榴坂の仇討@松竹試写室
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
柘榴坂の仇討 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
桜田門外の変で一人の武士が古い価値観仇討ちを遂げようと命をかける。江戸から明治に時代が移ってしまい、仇討ちが禁止される。古い常識を捨てて新しい変化に対応する勇気はなかなか持てない。新しい時代に生きる決心に至る過程が、迫真の演技で描き出されている。すばら...
柘榴坂の仇討 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
柘榴坂の仇討 (to Heart)
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 主君・井伊直弼の仇を追い....
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
映画『柘榴坂の仇討』★“伝説の仇討”~本懐の果て (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164638/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     幕末。桜田門外の変で、大老・井伊直弼が、暗殺された。 その護衛で、唯一、生き残った金吾( 中井貴一 さん...
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
『柘榴坂の仇討』 (soraの日常生活)
『柘榴坂の仇討』、観ました。 原作は浅田次郎さんの小説で、 桜田門外の変で討ち取られた大老井伊直弼に仕えた家臣と 敵側の水戸浪士役のその後を描いた作品。 家臣役は中井貴一さん、仇役に阿部寛さん。 私は妻役の人が苦手な女優さんだったけど内容的にはいい作....
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
『柘榴坂の仇討』 (soraの日常生活)
『柘榴坂の仇討』、観ました。 原作は浅田次郎さんの小説で、 桜田門外の変で討ち取られた大老井伊直弼に仕えた家臣と 敵側の水戸浪士役のその後を描いた作品。 家臣役は中井貴一さん、仇役に阿部寛さん。 私は妻役の人が苦手な女優さんだったけど内容的にはいい作....
「柘榴坂の仇討」:小説の方が良さそうで・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『柘榴坂の仇討』は、実に正統派の中品(大作と小品の間ぐらい)時代劇。浅田次郎
映画『柘榴坂の仇討』 (健康への長い道)
 15日、17日、本日20日と久々にハイペースで映画鑑賞です。今日は『柘榴坂の仇討』。歴史・時代小説も好きで良く読みますが、浅田次郎さんの作品は読んだことがなく、浅田文学が原作の映画も初めてです。元は短編だそうです。 Story 安政7年3月3日、江戸城桜田門外で大...
「柘榴坂の仇討」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/木下グループ=デスティニー 配給:松竹 監督:若松節朗 原作:浅田次郎 脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫 撮影:喜久村徳章 音楽:久石 譲 製作統括:木下直哉 企画:小滝祥平、
『柘榴坂の仇討』 桜田騒動 (美容師は見た…)
貴一ちゃん&阿部ちゃんですもんね~。期待通り魅せてくれました。二人が演じる”人の道”とは。。。泣けました(・・、)大沢たかお主演映画『桜田門外ノ変』の方も、合わせて観たくなりましたわぁ。長身短髪ローマ人顔の阿部ちゃんが、時代劇って言うのも違和感っちゃーテ...
「柘榴坂の仇討」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ひたむきに生きる~ 2014年   日本映画    (2014.09.20公開)配給:松竹        上映時間:1時間59分監督:若松節朗原作:浅田次郎 『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収)脚本:高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫美術:小川富美夫音楽...
映画:柘榴坂の仇討 予想外に! 当ブログのテーマ「変化」に合致。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
柘榴坂=ざくろざか 当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。 どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。 ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変。 この事件によって、重要課題を仰せつかっていた主人公。 この時代の大...
柘榴坂の仇討 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) すでにスルー作品と決めていたが、台風の影響でどこにも行けず
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
映画「柘榴坂の仇討」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/10/6、109シネマズ木場。 台風18号を避けて映画館に退避。 スクリーン5。 中央通路(席はないがE列に相当)の直後のF列を選択。 スクリーン5(シアター5)はスクリーンがシアターのやや右寄りに位置している。 スクリーン中央に正対したい場合、2...
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
柘榴坂の仇討 '14:日本 ◆監督:若松節朗「夜明けの街で」「沈まぬ太陽」 ◆出演:中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、二代目中村吉右衛門、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、藤竜也 ◆STORY◆安政七年三月三日、江戸城桜田門外で大老...
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...
映画評「柘榴坂の仇討」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・若松節朗 ネタバレあり