京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブタがいた教室』

2008-11-07 08:11:07 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「ブタがいた教室
□監督 前田哲
□脚本 小林弘利
□キャスト 妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田美枝子、
       ピエール瀧、戸田菜穂、伊藤奈月、大和田結衣

■鑑賞日 11月1日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 動植物を育てさせ、過程を観察し、記録を録る。 こういったことは誰しも経験するところだと思う。
 問題は対象がブタかどうかではなく、育てることにより実体験として授業では学べない何かを得ることで、
 実際食べるかどうかについてを子供に結論付けさせることは、教育の一環であるとは思えない。

 実際に事実にどれほど基づいて描かれているのかはわからないが、少なくともこの映画で
 描かれていない食肉センターへ送り、捌いている家庭も見、そしてみんなで食べたという最終結論まで
 描き切っていないこの映画は、結局結論を観る側に任せているに過ぎない。 まして問題提起をしながら、
 当初から自分なりの結論を持たない教師は、生徒に与えるべきではないだろう。

 子供の頃に、ディスカッションをすることはとてもいいことだと思う。 その結論が二択だとしたら、
 子供たちの選択肢としては狭い視点と膨らまない会話のキャッチボールに終始していただろう。
 当時の現場の温度感がイマイチ伝わってこないのは何なんだろうか・・・。

 しかしながら、もし事実に忠実だとしたら、この校長先生の姿こそ、教育者としての人格を備え、
 先生側と生徒側との間で冷静な視線をおくれる人だと思う。 校長を演じた原田美枝子さんは
 人間は、動物や植物の命をいただいて生きているんだし、自分自身も命そのものなんだ。」ってことを
 ちゃんと子供たちに大人が伝え続けなければいけない。 そういう思いでこの役を演じていたそうです。

 大人の視点があるのかもしれないが、仔豚のときはもちろん食べてしまうことは残酷だと思うのだが、
 子供が束でかかってもコントロールのきかない大きさに育った豚を見てしまうと、残念ながら
 美味しそうに見えてしまう。

 やはりベイヴのようなハートウォーミングな映画がいいなぁ、アニマルものは(笑)

 余談になるが、大阪に大学時代の友人が居て、今中学の校長先生をやっている男がいる。
 この映画の実際の先生は知らないそうだが、教育の現場では、このことはあんまり話題にも
 上らなかったようだ。 つまり保守的な世界の中にたかが新米先生が一風を送り込んだとしても、
 子供たちを指導する側が冷めていたのでは何も変わらないと言うことだろうか。 常に問題が
 起きないように祈ることばかりで、教育そのものを蚊帳の外に置いている現場では、
 何も変革はできないような気もするが。 今、重松清氏の「青い鳥」を読んでいる。 村内先生の
 ような先生がいたとしたら、別な選択肢を用意できたのではないか、そんな気がしている。
 
 主演した妻夫木 聡がインタビューで「子どもたちと何か印象に残っている思い出はありますか?」
 との質問に、撮影の最初のシーンで、カットになってしまったんですが、子どもたちが食べ物で
 遊んでいて、それを僕が怒るシーンがあったんです。 本番以外の時間でも食べ物で遊んでしまう
 子がいたんで「命についてもっともっと考えなければいけない作品を作っている僕たちが、
 こんなことでどうするんだ!」ってガツンと怒鳴ってしまったんです。 そのときはシーンとなっちゃったんだけど、
 そのシーンの撮影が終わった後で、食べ物で遊んでいた子が僕のところに来て、「先生、さっきは
 本当にすいませんでした。 今後はちゃんとします」って言って謝りにきたんです。
 「わかればいいんだよ、次から頑張ろうな」って言ったんです。 あの瞬間はほんとに気持ちが良かった。
 僕と子どもたちの距離がぐっと縮まりましたね。
 そして撮影初日に彼はすでに子供たちの顔と名前を覚えていたそうです。

 映画を観た後でこの記事を読んだことで少し救われた気分になりました

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« でざあととまと | トップ | 『ハンサム★スーツ』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しいですね。。 (未来)
2008-11-15 00:13:31
冷静で暖かく見守る校長先生、原田さんは素晴らしかったです。
星先生と子供たちの関係、子どもたちの「自分の言葉」での討論は見ごたえもありました。
ただ「ペット飼い」と「食のための家畜」・・・
これはもっと先生がしっかりと指導すべきだと思いました。
あの飼育のやり方では私は食べれません。
子供たちにも辛すぎたんじゃないでしょうか。
今晩は☆彡 (mezzotint)
2008-11-15 01:30:55
cyazさん
今晩は☆★
いつもTBのみで失礼しております。
TBしましたが、何故か?はじかれます。
禁止ワードがあるのか?どうかは分かりません。
gooのブログなのにgooのブログはすべてはじかれるようで・・・。
今回はコメントさせて頂きます。
動物を飼いたい!と言っておきながら、世話をしないという子どもがほとんどです。出来ればそういう
子どもたちに観てほしい作品ですね。
ということで、こちらに記事のURLを貼らせて頂きます。宜しくです!
http://blog.goo.ne.jp/mezzotint_1955/e/f96d4e2fcf5f4d99d009ae1b54490e6d

原田校長~ (cyaz)
2008-11-15 08:52:08
未来さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>冷静で暖かく見守る校長先生、原田さんは素晴らしかったです。
先日、『半落ち』をCSで観たので、もっと近くに感じたものです。

>星先生と子供たちの関係、子どもたちの「自分の言葉」での討論は見ごたえもありました。
実際に子供たちに豚を育てさせたみたいでしたからね~

>あの飼育のやり方では私は食べれません。子供たちにも辛すぎたんじゃないでしょうか。
そうかもしれませんね・・・。
実践~ (cyaz)
2008-11-15 08:54:19
mezzotintさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつもTBのみで失礼しております。
いえいえ、こちらこそ(汗)

>gooのブログなのにgooのブログはすべてはじかれるようで・・・。
最近結構あるんですよね?
goo自体のせいだと思うのですが・・・。

>動物を飼いたい!と言っておきながら、世話をしないという子どもがほとんどです。出来ればそういう
子どもたちに観てほしい作品ですね。
そうですね~ 是非こういう形でなく子供たちに実践させたいですね!
cyazさんへ♪ (mezzotint)
2008-11-15 17:44:11
コメント並びにTB、ありがとうございました!
なるほど核心がつかれてない・・・。
私はこういうお話に弱いもので。単純な気持ちで
感動ものでした!何かじわっときちゃいました。
19日に京都へ戻られるのですね。残念ながら、
今は個展はやっていません。9月にグループ展を
しまして、いまはミニプリント展が来年3月に開催
されるため、出品する作品作りをしているところです。今度は2年先くらいでしょうか。今回のグループ
展をした、「平安画廊」がオーナーの死去で
今年末で閉廊するので、次回の場所を探すことに
なってます。ぜひそのときは、おいで下さい。
cyazさんの帰られる期間と上手く合えばいいですね。
ところで京都のどの辺にご実家はあるのでしょうか?
桂~ (cyaz)
2008-11-16 09:57:29
mezzotintさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私はこういうお話に弱いもので。単純な気持ちで
感動ものでした!何かじわっときちゃいました。
なるほどなるほど^^

>今度は2年先くらいでしょうか。今回のグループ
展をした、「平安画廊」がオーナーの死去で
今年末で閉廊するので、次回の場所を探すことに
なってます。ぜひそのときは、おいで下さい。
そうですか^^
僕は毎年5月と11月に京都に帰っています。

>ところで京都のどの辺にご実家はあるのでしょうか?
実家は阪急線の桂です^^
Unknown (CINECHAN)
2008-11-17 00:31:12
こんばんは。
TBありがとうございました。
こちらのこの作品の記事、何故かgooにはTBが反映されないようなので、こちらに残しておきます。

子供たちの議論はなかなか素の感情が表れていて良かったです。
確かにもうちょっとハートフルな作品の方が良かったかも。

http://cinechan.at.webry.info/200811/article_19.html
大人が~ (cyaz)
2008-11-17 08:52:07
CINECHANさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>こちらのこの作品の記事、何故かgooにはTBが反映されないようなので、こちらに残しておきます。
すみませんm(__)m お手数おかけしまして。

>子供たちの議論はなかなか素の感情が表れていて良かったです。 確かにもうちょっとハートフルな作品の方が良かったかも。
決してあのディスカッションが悪いという意味ではなく、本質を突き詰める深さがなかったような気がします。 大人がそこを指導してあげないと・・・。
良いエピソードを^^ (latifa)
2009-04-21 15:02:49
cyazさん、レンタルで今見たばかりです。
私的には、そもそも最初の提案からして、ちょっとマズかったのでは・・・?という気もしました。

でも、こちらで、ツマブキ君の食べ物を大事にしない子を怒った~~ってお話を聞けて、良かったです。。。
ツマブキ君、イイコだなぁ~と^^

青い鳥の先生だったら、どうしたでしょうか・・・?
う~ん、そもそも食べるかもしれない動物を飼うという、そういう授業はしないかもなあ・・・。
大切なこと~ (cyaz)
2009-04-21 17:25:00
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私的には、そもそも最初の提案からして、ちょっとマズかったのでは・・・?という気もしました。
そうですよね~ 実話だけにチョット・・・ですね><

>ツマブキ君の食べ物を大事にしない子を怒った~~ってお話を聞けて、良かったです。。。ツマブキ君、イイコだなぁ~と^^
これって大切なことですよね!

>青い鳥の先生だったら、どうしたでしょうか・・・? う~ん、そもそも食べるかもしれない動物を飼うという、そういう授業はしないかもなあ・・・。
そうかもしれませんね。 臨時だから見届ける時間は彼にはないのかも(笑)
先生 (kimion20002000)
2009-05-16 01:27:12
Tbありがとう。
僕は、あの先生みたいに、情熱に燃えている先生って、まあ学校に一人ぐらいいると思うんです。でも、あの原田先生みたいな校長は、まあ100校あって1校ぐらいじゃないでしょうか(笑)
確かに~ (cyaz)
2009-05-16 11:55:11
kimion20002000さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>僕は、あの先生みたいに、情熱に燃えている先生って、まあ学校に一人ぐらいいると思うんです。でも、あの原田先生みたいな校長は、まあ100校あって1校ぐらいじゃないでしょうか(笑)
確かにそうかもしれません。
僕の友人である校長は無関心でしたから(笑)
教育熱心な校長なんですけどねぇ・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ブタがいた教室」をyahoo!ムービーレビュアー試写会... (masalaの辛口映画館)
 14日「ブタがいた教室」@シネマート銀座試写室 今回はYahoo!ムービーレビュアーを招いた試写会で客席はほぼ満席だ。 映画の話 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案す...
映画 「ブタがいた教室」 (ようこそMr.G)
映画 「ブタがいた教室」 を観ました。
「ブタがいた教室」ある意味、今年1番の問題作。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ある小学校で行なわれた“実践教育”の実話をベースにした映画化。「ブタがいた教室」(日活)。う~ん、こんな映画やったンや。いやあ、こりゃあ色々考えさせられますな~。  4月。新任の星先生(妻夫木聡)は、担任になった6年2組の教室に、1匹の子豚を連れてく...
映画『ブタがいた教室』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、前田哲。脚本、小林弘利。原案、黒田恭史。2008年日本。人間ドラマ映画。出
「ブタがいた教室」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「6年2組で子ブタ飼って育てましょう。そして大きくなったら食べます。」星先生によって教室に連れてこられた子ブタは無垢でどこまでも愛くるしい。子供たちも無邪気に「面白そう!」と星先生の提案に賛同。クラス
ブタがいた教室 (to Heart)
“いのち”の長さは 誰が決めるの? 製作年度 2008年 上映時間 109分 原作 黒田恭史 『豚のPちゃんと32人の小学生』(ミネルヴァ書房刊) 監督 前田哲 音楽 吉岡聖治 出演 妻夫木聡/大杉漣/田畑智子/池田成志/ピエール瀧/大沢逸美/戸田菜穂/原田美枝子 1990年に大阪の...
『ブタがいた教室』 (めでぃあみっくす)
自分たちで飼育したブタを食べるか、食べないか。私はこの映画を見る前から「食べる」派でしたし、映画を見終わってもその意見がブレることは一切ありませんでした。なぜならかつて犬を飼っていた私には犬であろうとブタであろうと、一緒に楽しい時間を過ごしてきた家族を...
ブタがいた教室 (だらだら無気力ブログ)
大阪の小学校で実際に行われた実践教育の授業を映画化。 自分達で1年間育てたブタを自分達で食べるという実践教育を 取り入れた新任教師と26人の生徒たちの1年間を描く。6年2組の担任になった新任教師の星先生は、食べることを前提に 子ブタを飼うことを生徒達に提...
ブタがいた教室/妻夫木聡 (カノンな日々)
この映画は絶対観たいと思ってたんですよね。もう10年くらい前になるのかな?この映画のもとになった出来事、大阪の小学校であるクラスで行われた「豚を飼育して食べる」という実践教育の様子を取材したドキュメンタリーを私はとても強い関心を持って見続けていました。 ...
ブタがいた教室 (花ごよみ)
妻夫木聡が赴任先の小学校に、 ブタを連れてくる新任先生役。 許可を与える校長先生が原田美枝子。 他には大杉漣、田畑智子らが共演。 「卒業までの1年間ブタを飼って、 大きくなったら食べたいと思います」 新任の星先生の言葉。 その言葉に従って、 6年2組の生徒達...
ブタがいた教室 (Memoirs_of_dai)
無難にしめたラスト 【Story】 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラ...
ブタがいた教室 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
この映画最大の魅力は、6年2組の子供たちと星先生の懸命な思いだ。1年間大切に飼育したブタを食べるかどうかで大論争が巻き起こる。命の大切さ、食べ物と人間の関係など、本やTVで大反響を呼んだ実践教育は実話がもとだ。映画でも、白紙の脚本から導かれた子供たちの...
【映画感想】ブタがいた教室(妻夫木聡主演) (映画+小説+家族=MyLife)
【鑑賞映画】  ブタがいた教室
「ブタがいた教室」Pちゃんを飼って初めて知った全てに注がれている愛情を知る生きる授業 (オールマイティにコメンテート)
「ブタがいた教室」は1990年に実際に行われた小学生の授業でブタを飼うドキュメントを映画化した作品で小学6年生が1年間ブタを飼って最後には食べるという事で飼うが、次第に愛情が生まれブタを巡り激論を交わして最後に結論を出す事になるストーリーである。人間で...
ブタがいた教室 (5125年映画の旅)
小学校の新任教師・星は、授業の一環としてクラスで豚を飼い、卒業の時にその豚を食べようという企画を提案する。子供達は大喜びで豚を飼い始め、小屋の製作やエサの回収、フンの掃除など、動物の飼育に積極的に関わっていく。しかし、だんだん豚に愛着が湧いてきた子供...
ブタがいた教室(映画館) (ひるめし。)
本当に食べるの?
ブタがいた教室・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
究極の食育映画。 人間は、他の命を取り込んで生きている。 それは生命の必然であり、ある意味原罪なのだと思うが、嘗ては当たり前のように...
ブタがいた教室 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ブタがいた教室」の感想です
ブタがいた教室 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 監督:前田哲 脚本:小林弘利 出演:妻夫木聡×26人の子どもたち・大杉漣・田畑智子・池田成志・原田美枝子 「ブタを飼って大きくなったら食べる」という目的で ブタを飼い始めた6年生の卒業までの1年間を描いています。 ブタにPちゃんと名前を...
ブタがいた教室 (Thanksgiving Day)
映画「ブタがいた教室」を観てきました!! この映画は正直言って、ノーマークだったんですよ。 でもいろんなところで、なかなかいいって話しを聞いて、「これはぜひ観に行かなければ!」と思ったわけです。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『「卒業までの1年間でブ...
ブタがいた教室 (週末映画!)
期待値: 85% TVドキュメンタリーの映画化 出演:妻夫木 聡、大杉 漣、田畑智子、池田成志、原田
【映画】ブタがいた教室 (新!やさぐれ日記)
▼動機 絶対的使命感 ▼感想 お見事。参りました。 ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも...
ブタがいた教室 (悠雅的生活)
  「命」への責任。正解のない、Pちゃんと26人の1年間。
ブタがいた教室 (future world)
私なら、Pちゃんを食べれません。。。 1990年に大阪のある小学校で実際にあったお話を基に作られたらしい。 う~ん・・・やるよね、っていうかかなりチャレンジャーだよ、この先生は。。 「このブタをみんなで飼いたいと思います、そして最後はみんなで食べたいと...
「ブタがいた教室」 (みんなシネマいいのに!)
 っつうても、太った子供がクラスにいるというわけではない。 子ブタを自分たちで飼
『ブタがいた教室』 (いつか どこかで)
映画『ブタがいた教室』を見ました。
ブタがいた教室・・・・・ (チャピ日記)
11月1日に公開された映画『ブタがいた教室』小学6年生の子どもたちが、1年間かわ
『ブタがいた教室』@シネリーブル池袋 (映画な日々。読書な日々。)
(C)2008「ブタがいた教室」製作委員会 「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生の提案に6年2組は騒然となる。校庭の片隅に小屋を作り、掃除、エサやリなど生まれて初めての経験に戸惑いながらも、成長してゆくブタに愛着を...
ブタがいた教室■創造的な話し合いとはいかにして生まれるのか? (映画と出会う・世界が変わる)
何と大胆でかつ示唆に富んだ映画であることか!実際にある小学校で行なわれた授業、つまりクラスのみんなで豚を育て、それを最後に食べることが出来るのか?最初は実に活き活きと飼育に励み、幾多の困難を乗り越えてやがて卒業式が近くなるに従い、生徒たちには悩みの色が...
【ブタがいた教室】答えのない教室 (映画@見取り八段)
ブタがいた教室 監督: 前田哲 出演:  妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、戸田菜穂 公開: 2008年11月 泣いた。。。 何かに感...
映画「ブタがいた教室」 (FREE TIME)
先日、映画「ブタがいた教室」を鑑賞しました。
すごく正直で誠実な作品。『ブタがいた教室』 (水曜日のシネマ日記)
「食べる事」を前提に育ててきた「ブタ」を巡り、論争を巻き起こす物語です。
映画[ ブタがいた教室 ]生きた授業、生きた映画 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ ブタがいた教室 ]を新宿武蔵野館で鑑賞。 原作は『豚のPちゃんと32人の小学生』。大阪の小学校で実際に行われた“ブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べる”「いのちの授業」の映画化です。本作は今年の東京国際映画祭で、観客賞と審査員賞の2冠に輝い...
映画みて大興奮! 「ブタがいた教室」 (スクールソーシャルワーカーのぼちぼちいこか)
今、映画を見て帰ってきました。 もう大興奮してこのブログに書き込んでます。 前から見たいと思っていた「ブタ...
『ブタがいた教室』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
監督:前田哲脚本:小林弘利原案:黒田恭史出演:妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、池田成志、戸田菜穂公式サイトはこちら。<Story>「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食べたいと思います」─新任の星先生(妻夫木聡)の提案に6年2組は騒....
「ブタがいた教室」難しいね・・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「ブタがいた教室」レンタルになったので早速見てみました。情がうつったペットを食べるか?食べざるべきか?
mini review 09365「ブタがいた教室」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。1年間大切に育ててきたブタを食べるかどうかで大論争を巻き起こす子どもたちの、うそ偽りのない表情にカメラが肉迫する。『涙そうそう』の妻夫木聡が教...
ブタがいた教室 (映画君の毎日)
ブタがいた教室 ¥2,952 センセーショナルな内容で賛否両論を巻き起こした実話を映画化!6年2組のクラスを受け持った新任教師は、クラスでブタを飼い育て、卒業時に自分たちで食べるという驚くべき授業を始める。名前を付けられ、可愛がるブタに感情移入していく子供た...
ブタがいた教室 (mama)
2008年:日本 監督:前田哲 出演:妻夫木聡、原田美枝子、田畑智子、大杉漣、池田成志、ピエール瀧 1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業を映画化。6年2組の担任となった新米教師の星先生は、子ども達に生き物を食べるということに真剣に...
ブタがいた教室 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ブタがいた教室’08:日本 ◆監督: 前田哲「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ」「陽気なギャングが地球を回す」◆出演: 妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、池田成志、戸田菜穂 ◆STORY◆「卒業までの1年間でブタを飼育し、最後にはみんなで食...
映画評「ブタがいた教室」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・前田哲 ネタバレあり
『ブタがいた教室』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
ブタがいた教室 (通常版) [DVD]NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)このアイテムの詳細を見る  『ブタがいた教室』 2008年(日)監督:前田哲  6年2組。26人の小学生、一人の新米教師、一匹のブタ。 ブタを飼い、最後にはみんなで食べるという食育の授業を通して見...
『ブタがいた教室』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブタがいた教室 6年2組担任の新米教師がクラスで 1年間豚を飼育後、食用する試みを行う。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原...
「ブタがいた教室」 本物の涙 (ノルウェー暮らし・イン・London)
ずっと家にあったのに見ていなかった映画。 わーっっ!りょうたが6年生のうちに、一緒に見なくては!! 今週末に卒業式を控えたりょうた。 ブタを飼育した6年生の一年間を追った話は、今こそ見るべきだわ☆
《ブタがいた教室》 (日々のつぶやき)
監督:前田哲 出演:妻夫木聡、原田美枝子、大杉連 “いのち”の長さは誰が決めるの? 「6年2組に新任の星先生がブタを連れてやってきた。クラスで飼い、最後に食べるという授業をしたい、 生きているものを食べることで自分たちが生かされている、その意味を感
『ブタがいた教室』'08・日 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
食うべきか食わざるべきか もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日
ブタがいた教室 (Yuhiの読書日記+α)
ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。監督は前田哲、キャストは妻夫木聡、大杉漣、田畑智子他。 <あらすじ> 6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提....
TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本 (読書と映画とガーデニング)
「あん」2015年 日本、フランス、ドイツ 刑務所暮らしを経験し、今はドラ焼屋の雇われ店長をしている男性(永瀬正敏)そこへやってきたのは高齢で少しだけ手が不自由な女性(......