京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『スタンドアップ』

2006-01-15 23:32:02 | 洋画

力もない。自信もない。味方もいない。
それでも、立ち上がってみようと思った。

 



■監督 ニキ・カーロ
■脚本 マイケル・サイツマン
■キャスト シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン、シシー・スペイセク、ミシェル・モナハン、リチャード・ジェンキンズ

□オフィシャルサイト  『
スタンドアップ

 子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。 鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。 そんな中、ジョージーは子供たちのために、自立を目指して、鉱山で働きだす。 だが職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていた。

 
 おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★★


 この物語は実話に基づくものである。 今は当たり前の言葉にもなった“セクシャル・ハラスメント”。 その第一歩の礎となったのがこの物語であり、ジョージーの勝ち取った誇りある生き様であり、ある意味時代を変えた史実である。

 シャーリーズ・セロン、彼女は優れた女優さんだ。 けれど彼女は彼女なりに出演する作品に対してのポリシーを持っている女優さんだと思う。 それは前作の『モンスター』を観た人にはわかってもらえると思う。
 たとえどんなに優れた女優さんがいても、あの役を無難にこなせる人はいないだろう。 それはあの実在の女性連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを見事に演じきったことで既に証明されている。 そして彼女は『モンスター』でアカデミー主演女優賞を獲得している。

 鉱山というはっきりとした男性の職場に、彼女は飛び込み、女性であるが故の虐待や嫌がらせを受け続け、また父親のわからない息子との上手くいかない仲に苦しみながら、それでも自分の主張が正しいと信じつつ、自分を奮い立たせ、一人でも小さな勇気を出し、立ち上がる。 コレだけでもストーリ-的には魅力あるし興味のあるところだが、彼女は女性として、そして母親として前向きに戦っていった。
 このジョージーの生き様をシャーリーズ・セロンは自分の戦いでもあるように演じ切っていた。 彼女も私生活で決して父親に対してよい思いを残していない(実際、彼女の父親は正当防衛で母親に射殺されている)。 男だけの職場で、女性の仕事仲間からも軽蔑され、同じ職場にいる父親からも冷たくされる。 そんな中で母親としても働く女性としても自立して行く姿、そして全米最初の“セクシャル・ハラスメント”訴訟に勝訴し、以降も働く女性に影響を与えるような社会を動かしたジョージー・エイムズを見事に演じている。

 この映画で彼女をサポートする役者たちは素晴らしい。

 目立った役ではない地味ではあるが彼女のことを見守る母親役には、僕の年代では忘れようとしても今だ脳裏から離れないあの『キャリー』を演じたシシー・スペイセク。
 父親役には燻し銀のようなリチャード・ジェンキンズ。 キャリアは十分の名脇役である。 心の底では娘を愛しているのだが、世間体を気にし、娘に冷たい寡黙な父親を演じている。 特に鉱山の組合員たちの集会で、矢面に立たされ、阻害されたジョージーを初めてフォローする姿には涙が止まらなかった。 ただ彼は『ディック&ジェーン』を観た方には分かるだろうが、その映画ではアル中の役員を演じているのも面白いところだった。

 そして最もこの映画で重要な役回りはフランシス・マクドーマンド ジョージーの旧友であり同じ鉱山で働く同僚であるグローリーを演じた。 ジョージーに鉱山で働くことを勧めたのも彼女だ。 彼女の存在感は既に色んな映画で目にしているので詳しく書くこともないが、では今回何故彼女がこの役に選ばれたのか、また彼女をキャスティングしたスタッフは多分、僕が思ったのと同じ印象で抜擢したのではないかと、この映画を観終わった後そう思った。 これから御覧になる人にはネタバレになるので反転させておくが、観終わった方はそっとあとで見て欲しい。

 彼女をこの映画でのポイントは 「まさに彼女の眼力である。 病気が発覚し、言葉を発せないようになって、最後の最後の裁判において、彼女の言葉のないあの目の表情が全てを物語り、また同じ鉱山に働く女性たちの目を覚まさせ、勝訴に導いた最大の目の演技、まさに“眼力”である。
 
 もうひとりはショーン・ビーンである 渋い役どころでありながら、妻を愛し、ジョージーを理解し、彼女の息子までも、まるで男として、父親代わりとして、ジョージーの息子を諭す姿や、体を壊した自分の代わりに鉱山で働くようになり、そのため妻も病気に陥ってしまったそんな役を渋い控えめな感じで演じている。
 ウディ・ハレルソン、なんだか久しぶりにスクリーンで観たような気がする。 僕にはどうしても『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のあのキレたカッコいいしかも度肝を抜かれたハレルソンの姿しか浮かばないのだが(笑) でもこの映画でもしかしたら彼は新境地を開くかもしれない。 そんな予感もした。

 監督はニキ・カーロ。 前作は『クジラの島の少女』を撮っている監督さんだ。 この映画、ブログを始める前に観ているのでレビューはないが、僕の2003年のベスト2にあげた映画である。 1作目といい、この2作目といい、2本の作品しか撮っていないけれど、何て素晴らしい監督さんなんだろう

     「
2003年ベストシネマ15

 残念だったのはジョージーの息子役だ。 ここにはもっと子役でもしっかり演技が出来る子役を使って欲しかった 難しい時期に反発するだけの役なら誰でも出来ると思う。 しかしここでは母親を憎むだけの少年から、観時間時間に一歩大人になり、母親を力づけるくらい大人の男の片鱗を見せる必要がある役まわりだ。 もう少し他の子役がいなかったのだろうか・・・。
 僕は観終わってブラッド・レンフロ(もちろん子役の頃の)のような子役が良かったなぁと勝手に思った。 そういえば彼はどこへ行ってしまったんだろうか(笑)

 シャーリーズ・セロンのバイオグラフィーを見て改めて驚いた。 彼女は1975年生まれ、まだ30歳なのだ。 端役でデビューしてまだ10年。 あまりにも存在感のある“性格俳優”に成長したとつくづく感心した
 ちょうど、この映画を観る前の予告で彼女の次回作『
イーオン・フラックス』を観れた。 その印象はマトリックス+キャット・ウーマンだった(笑)  オフィシャルサイトのトップページの彼女の写真、ゾクゾクしますよ~



≪追記≫
 シャーリーズ・セロンが、新作映画『ジ・アイス・アット・ザ・ボトム・オブ・ザ・ワールド』(原題)のプロデュースと主演を務めることが決まった。 これは、セロン自らがマーク・リチャードの短編小説の映画化権を獲得して数年前から映画化を進めていたもので、物語はチェサピーク湾を舞台に、健康問題からしぶしぶ引退した元海軍大尉とその家族の関係を描く人間ドラマだ。 セロンは元海軍大尉の娘で、ヘロイン中毒のシングルマザー役に扮する。(1/17、FLIX moviesiteより引用)



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (86)   トラックバック (155)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松蔵のスイートポテト~♪ | トップ | 映画占い~ »
最近の画像もっと見る

86 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウディ・ハレルソン (えい)
2006-01-15 23:53:55
こんばんは。



ぼくもウディ・ハレルソンが渋くなっているのに驚きでした。

イメージとしては『ハード・プレイ』が強いです。



とは言え2月公開の

『ダイヤモンド・イン・パラダイス』では

けっこうはじけてますが…。
こんばんわ (PINOKIO)
2006-01-16 00:00:55
TBありがとうございます。

私はこれを見てから『クジラの島の少女』を見たのですが

こちらもとてもステキな映画ですよね♪

なるほど~ (cyaz)
2006-01-16 00:09:23
えいさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>ぼくもウディ・ハレルソンが渋くなっているのに驚きでした

そうでしたか^^ 髪は少なくなっても演技は丸みを帯びてよかったですね!



>『ダイヤモンド・イン・パラダイス』ではけっこうはじけてますが…。

おっと、チェックしてみます~♪

情報ありがとうございます^^
前後して~ (cyaz)
2006-01-16 00:11:17
PINOKIOさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>私はこれを見てから『クジラの島の少女』を見たのですが

女性監督らしさがどちらの作品にも活かされていましたね!
良かったですよね! (mahito)
2006-01-16 10:26:31
cyazさんがご覧になったら是非感想拝見、と思い参りました!



 カイル&グローリー夫妻、ジョージーのご両親に泣かされました。フランシス・マクドーマンドはいつ見てもその存在感に圧倒されますが今回は彼女とショーン・ビーンにそうとう泣かされてしまいました。

 

 TBさせていただきます。
本気で怒って、泣かされました (駒吉)
2006-01-16 11:03:23
TBありがとうございます。

公開直前で行くかどうか迷ったのですが、行ってよかったです。

久々に映画を観ながら本気で怒って、お父さんには思いっきり泣かされました。。。

そしてシャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんで、

これからが楽しみになりました。
脇役~ (cyaz)
2006-01-16 12:50:58
mahitoさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



脇の素晴らしい役者さんたちに見事に泣かされた作品でした。シャーリーズ・セロンは本当に素晴らしい女優さんになりましたね!
なるほど~ (cyaz)
2006-01-16 12:53:57
駒吉さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>迷ったのですが、行ってよかったです

そうですね!素晴らしい映画でした^^



>シャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんで、これからが楽しみになりました

愛らしい顔なのにほんとガッツがありますね^^

スレンダーボディは次回作で十分楽しめそうですよ(笑)?!
パパ感動 (メビウス)
2006-01-16 14:39:52
こんばんわ♪TB有難うございました♪



ジョージーのパパ、どっかで観たことあるなと思ったんですが、『ディック&ジェーン』ですね♪最初はひっどい父親だと思ったんですが、集会シーンは自分も涙腺脆くなりました。
寡黙がいい~ (cyaz)
2006-01-16 17:52:09
メビウスさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>集会シーンは自分も涙腺脆くなりました

そうですね^^ ジョージーにここにいろとマイクの前に立ったときは、ジョージーの戸惑いの表情に涙腺破裂しました><

Unknown (みやび)
2006-01-16 19:05:27
TBありがとうございます。



フランシス・マクドーマンドの「眼力」に尽きるという言葉、激しく同感です!!

カイルとグローリーの夫婦でこの作品が締まっていたように思います。

ショーンファンの私は、悪役じゃなかった彼を見れてとても新鮮な気持ちです(笑)

TB返しさせていただきますね。

すごくよかったです (ルーシー)
2006-01-16 20:35:16
胸にジーンと・・・ではなく、腹にずず~んときました。

母親としての気持ち、娘としての気持ち、

自分自身がシャーリーズになりきってみてた様な気がします。

素晴らしい目をしていました。

グローリーとショーンの二人の関係も素晴らしかった。

もう一度見たい映画です。

Unknown (aq99)
2006-01-16 22:50:24
いい役者が揃ってましたね~。ショーン・ビーンもウッディ・ハレルソンも悪役イメージがついてただけに新鮮でした。エロ本の社長もやってましたよね~。
しぶい~ (cyaz)
2006-01-17 00:17:46
みやびさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>カイルとグローリーの夫婦でこの作品が締まっていたように思います

彼ら夫婦の存在があればこそ、この映画でも、そして実際のジョージーの勝訴の礎と大きな力になったんでしょうね!



最近のショーン・ビーン、男の僕から見ても渋いですねぇ~♪ ショーン・ビーン⇒シブーイ・ビーン^^
そうですねぇ~ (cyaz)
2006-01-17 00:22:06
ルーシーさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>自分自身がシャーリーズになりきってみてた様な気がします

心の中のどこかに沈んでいた“想い”を奮い立たせてくれるそんな映画でした!



>グローリーとショーンの二人の関係も素晴らしかった

そうですね! 重要なポジションであり、実際に彼らの力はジョージーを後押ししていたと思います。



>もう一度見たい映画です。

本当にそうですね! 正月早々、いい映画に出会えましたね^^

ですね~ (cyaz)
2006-01-17 00:24:30
aq99さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>ショーン・ビーンもウッディ・ハレルソンも悪役イメージがついてただけに新鮮でした

今までの役柄を払拭できる力を彼らは持っていたんですね! だからこんなに素晴らしい演技に繋がって、他の女優さんたちも力量を発揮することができたのだと思います^^
TBありがとうございました ( きらら)
2006-01-17 09:29:35
cyazさんのレビュー読ませていただき、なるほど~と改めて思いました。

特にジョージーの息子役、ブラッド・レンフロぴったり!!

あと、私もウディ・ハレルソンはナチュラル・ボーン・キラーズのイメージたっぷりなので、最初、バーでなかなかジョージーを誘えない姿とか新鮮でした。

シャーリーズ・セロンそんなに若いのですね。。。同じ年だ。考えられない。。。

私の旦那さまがモンスターの時とLuxのCMの時とどう見ても同じ人物に見えないみたいで、いつも首傾げています。それだけすごい女優さんなのですよね。



わたしもラストに向けて涙激しかったです。親子愛・夫婦愛とってもよかったです。



長々と失礼しました。。。
TBありがとうございます (ジャムリン)
2006-01-17 10:18:16
TBありがとうございます。



本当にいい映画でした。

映画を見ながら悔しい思いをしたり、裁判の時に味方が増えたときなどは うれしく思ったり・・・

かなり映画ののめりこんでました。

ガッツ~ (cyaz)
2006-01-17 12:34:13
きららさん、コメントありがとうございましたm( )m



>特にジョージーの息子役、ブラッド・レンフロぴったり

お~それは嬉しいですね^^ 少し彼の役には翳りがないといけませんね。 ああいう環境にいるのですから。ただ反発しながらも愛情を節々に感じさせないとダメだと思いました。 監督はその辺のところが指導できる人だと思って観ていたのですが・・・。



>私の旦那さまがモンスターの時とLuxのCMの時とどう見ても同じ人物に見えないみたいで

なるほどね^^ 『モンスター』の彼女は別名にしておいて、セールストークにシャーリーズ・セロンに似た女優としても面白かったかも(笑)

でも本当にガッツのある女優さんです!

個人的希望ですが、ヒラリー・スワンクと競演して欲しいです^^
TBありがとうございました。 (テクテク)
2006-01-17 12:46:57
はじめまして。

こちらからもTBを送らせて頂きました。

シャーリーズ・セロンはイイ女優さんですよね!

私も大好きな一人です♪
ですねぇ~ (cyaz)
2006-01-17 12:53:59
ジャムリンさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>かなり映画ののめりこんでました

ほんとに今年はじめにいい映画に出会いました!

もう一度時間があれば観たい映画ですね^^





自身を振り返る~ (cyaz)
2006-01-17 12:56:41
テクテクさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>シャーリーズ・セロンはイイ女優さんですよね!

若いしキャリアも浅いのに素晴らしい女優さんに成長しましたね^^ 彼女の映画に対するポリシーを強く感じた映画であると共に、彼女自身が経験したことへの鎮魂歌のようにも思えました。
トラックバックありがとうございます。 (ユッキ)
2006-01-17 13:24:00
シャーリーズ・セロンはもちろん、脇の役者さんたちもよかったです!見ごたえのある映画でしたね。

私も強くならなくっちゃと思いました。
こんにちわ (さわわ)
2006-01-17 16:59:21
TBありがとうございました

セロン自身とてもつらい体験をした女性だからなのか、

美貌を生かした華やかな役からモンスターやこの映画のような役も出きるすごい女優さんですよね

強い意志で~ (cyaz)
2006-01-17 17:51:15
ユッキさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>脇の役者さんたちもよかったです!見ごたえのある映画でしたね

こういうシリアスな映画は、やはり共演者の力量も不可欠な要素ですね!



>私も強くならなくっちゃと思いました

お~、強い意志で減量、頑張って下さいね^^
TBありがとうございます (いぇっさん)
2006-01-17 18:01:56
裁判の最中ずっと目の赤いセロンを見てもらい泣きしました

久々に感動する映画が出たと思いました
目が離せない~ (cyaz)
2006-01-17 23:28:05
ざわわさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>セロン自身とてもつらい体験をした女性だからなのか

そうですね、少なくからずそれは観ていても感じますね!



>華やかな役からモンスターやこの映画のような役も出きるすごい女優さん

意外に実年齢が若いので、これからが本当に注目の彼女ですね^^ 目が離せないです~♪
おはつです~ (cyaz)
2006-01-17 23:33:39
いぇっさんさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>裁判の最中ずっと目の赤いセロンを見てもらい泣きしました

彼女も自分の過去がオーバーラップしていたのかもしれませんね>< 

本当にいい映画でした!
はじめましてー♪ (satty)
2006-01-18 15:14:01
TBありがとうございました!

セロンも素晴らしい演技でしたが、

取り巻く方々もホント素晴らしかった!!

お父さんがマイクを持って話した時には、涙涙で。。

思い出すとまたウルウル来ちゃいます。。



私もTBさせて頂きまーす!!
登場人物みんなグーでした! (ココ)
2006-01-18 18:35:41
F・マクドーマンドの眼力>

その通りだと思います!

あの最後の場面で私も「そういうことだったのか!」と納得がいきましたよ~

いい女優さんですよね♪

そしてショーン様のこともお褒め頂いて、ありがとうございます~(笑)

いい役者さんでしょ?

元はシェークスピア俳優ですから~♪ふふん

そう言えばB・レンフロってば確かドラッグ更生施設に入ったりしてませんでした?

何年か前に復活か?って話題があった気がしたけど、気のせいかしら・・・かわいかったんだけどね

おはつです~ (cyaz)
2006-01-19 08:56:59
sattyさん、コメントありがとうございましたm( )m



>取り巻く方々もホント素晴らしかった!!

仰るとおりでしたね!



>お父さんがマイクを持って話した時には、涙涙で。。

やはり“家族”ですよね^^

母親役のシシー・スペイセクも地味ながらいい演技だったと思います。







やはり~ (cyaz)
2006-01-19 09:00:12
ココさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>そしてショーン様のこともお褒め頂いて、ありがとうございます~

やはりココさんにとっては“豆”でしょう^^



>いい役者さんでしょ?元はシェークスピア俳優ですから~♪ふふん

なるほど、そうだったんですか? 勉強になりますm( )m



>B・レンフロってば確かドラッグ更生施設に入ったりしてませんでした?

そんなことも聞いていましたね! その後どうしてるんでしょうねぇ・・・><



僕も“眼力”には自信があるのですが(謎)?!
涙が・・・ (はっち)
2006-01-19 09:10:38
お邪魔します~♪



組合の会合のシーンくらいから、ずっと涙が止まりませんでした。セロンちゃんも綺麗だったし、脇役陣の演技も満足!イイ映画でした~♪



ショーン・ビーンが出てきたときは、絶対悪役だと思ったんですが(^^ゞ 初めは、ジョージー家族を歓迎してないような発言してたし・・・
どうも~ (cyaz)
2006-01-19 12:52:26
はっちさん、コメントありがとうございましたm( )m



涙腺の栓を強めに締めてもダメでしたね(笑)

ショーン・ビーン、最近は悪役を払拭し、渋い役回りをしていますよね^^

男ですが、なかなか惚れてしまいそうな今作品の役回りでした!(その気はありませんので(笑))
反省と勇気 ()
2006-01-19 13:30:38
cyazさん、こんにちは。

TBありがとうございました(^^)

今までの自分の生き方を反省しつつ、

沢山の勇気をもらえた映画でした。

私も「立ち上がる」べき時のために、

もっと強くならなくっちゃ・・・!

ジョージーの息子役の子、ダメでしたか?

あまり気にしてなかったです(汗)

・・・ブラット・レンフロ、いいですね~!

同年代だったら、キーラ・カルキンが私は好きです。

彼らも、もう(マダ?)24歳になるんですね~!
お久しぶりです! (masu)
2006-01-19 14:23:52
コメント有り難うございました。かなりご無沙汰でしたね!



「クジラ島の少女」、主演女優賞でノミネートされてた時にこの作品は観たいなと思っていましたが、今の今迄観ていませんでした。同じ監督作品ということですし、今度観てみますね



今年も宜しくお願いします!
Tbありがと (Zero)
2006-01-19 16:47:48
Tbありがと。



シャーリーズ・セロンは、美人さんながらに汚れ役も潔く演じる骨太な役者さんですよね。これからの活躍に期待してます。



スタンド・アップは、男どもがいい味だしてると思いました。ジョジーの父さんが「私の名前は…」とはじめたあたりから、涙。泣かされました。
あとが~ (cyaz)
2006-01-19 17:51:50
空さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>沢山の勇気をもらえた映画でした

そうでしたねぇ^^ 特に女性の方はみなさんそうかもしれませんね!



>私も「立ち上がる」べき時のために、もっと強くならなくっちゃ・・・!

お~頑張って日本を変えてください^^



それにしても子役で成功すると後が続かないですね><

おひさです~ (cyaz)
2006-01-19 17:54:59
masuさん、コメントありがとうございましたm( )m



おひさしぶりです^^

>「クジラ島の少女」、この作品は観たいなと思っていました

是非、ご覧になってください! この作品とは180度違う作品かもしれませんが、監督の言いたいことは十分感じる作品ですよ^^
骨太~ (cyaz)
2006-01-19 22:58:33
Zeroさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>骨太な役者さんですよね。これからの活躍に期待してます

いい女優さんになりましたよね^^ まだまだこれからキャリアを重ねて素晴らしい女優さんになることを見ていたいですね!
TBありがとうございました (じゅん吉)
2006-01-20 20:55:08
集会所で娘をかばってくれたお父さん。

裁判所でエロ教師につかみかかったお父さん。

観ていて涙が止まりませんでした。



母親役は、キャリーの方だったのですね。

なんだか皆、いつもと違った感じでステキでした。

特にショーン・ビーン。

惚れそうになりました
こんばんは (黒猫のみわ)
2006-01-20 22:14:49
トラックバックありがとうございました。

ラストシーンにジワッと来ました。

こちらからもトラックバックさせていただきました。

また遊びに来てください。
豆~ (cyaz)
2006-01-20 23:48:19
じゅん吉さん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



ジョージーの両親といい、この家族の周りの人たちがいたからこそ、立ち上がった意味があったのだと思います。 最初に立ち上がるって勇気が要りますよね^^

最近のビーンは特にいいですね~♪
ですね~ (cyaz)
2006-01-20 23:52:10
黒猫のみわさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>ラストシーンにジワッと来ました

人間は一人では生きていけないけど、正しいことに向かって立ち上がったとき、自ずと助け舟を出してくれる人が出るものですね^^
プライド俳優祭り (heartstrings_movie)
2006-01-21 01:46:17
私もシャリーズ・セロンは変わったと思います。特にここ最近は、出演作にこだわりが感じられますよね。次回作の『イーオン・フラックス』は前2作と違う感じで、息抜きに丁度いいのでは?

一人、二人目立つ俳優さんがいる作品はたくさんありますが、これだけ一人ひとりの俳優さんがそれぞれの役を、それぞれの個性を持って、他人を消さずに、演じられている活きた作品は初めて観たような気がします。

最近は~ (cyaz)
2006-01-21 23:35:59
heartstrings_movieさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>特にここ最近は、出演作にこだわりが感じられますよね

テーマが実話だっただけにそれを強く感じたのだと思います!



>他人を消さずに、演じられている活きた作品は初めて観たような気がします

お互いにいい距離をもって演じることが派できたのだと思いますね!
こんにちは☆ (やちこ)
2006-01-22 14:03:46
cyazさん、いつもTB返しありがとうございます。

この映画は俳優さんたちの演技が素晴らしかったです。

個人的にはシャーリーズ・セロンに2度目のアカデミー賞を獲ってほしいんですけどノミネートされますかね?

ゴールデン・グローブ賞を逃してしまったからちょっと不安です。



では、またおじゃまします(^^)
獲ってほしい~ (cyaz)
2006-01-22 17:08:33
やちこさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



こちらこそいつもお世話になっています!

チッタできっとすれ違っているかもしれませんね(笑)

>シャーリーズ・セロンに2度目のアカデミー賞を獲ってほしいんですけどノミネートされますかね?

きっとノミネートされると思います!

GG賞を逃したから、逆にオスカーの可能性は高いと思います^^

すごいブログだ! (書記長社労士)
2006-01-22 22:05:50
このような凄いブログからTBしていただくなんて光栄です!
いえいえ~ (cyaz)
2006-01-23 00:04:00
書記長社労士さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



こちらこそ、これからもよろしくお願い致します^^
Unknown (yamabudou)
2006-01-23 14:23:49
TBありがとうございました。

書き込みに慣れなくてお礼が遅くなり申し訳ありません。

あまりの内容の深さに驚いてしまいました。また、拝見させて頂きますね。

はじめまして~ (cyaz)
2006-01-23 21:45:06
yamabudouさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>書き込みに慣れなくてお礼が遅くなり申し訳ありません

いえいえ、こちらこそありがとうございます^^



>あまりの内容の深さに驚いてしまいました

拙い文章なのに恐縮です



>また、拝見させて頂きますね

また遊びに来て下さいね~♪
Unknown (kino)
2006-01-24 15:41:56
TBとコメントありがとうございました!

すごくいい話で、俳優さんもみんなよかったんだけど

どうも手放しでホメられないのは、想像以上に

重かったせいかなぁ・・・。

でも、素直に観たら素直に感動できると思います。

ウディ・ハレルソン、私もキレた役のイメージが強い!
いえいえ~ (cyaz)
2006-01-24 17:40:25
kinoさん、コメントありがとうございましたm( )m



>想像以上に重かったせいかなぁ・・・

そうでしたか>< 



>でも、素直に観たら素直に感動できると思います

機会があればまた観直してみて下さいね^^



>ウディ・ハレルソン、私もキレた役のイメージが強い

ですよね(笑) 今回は彼なりの“大人”でしたね^^



セロンの魅力を超えて (京野菜)
2006-01-25 12:37:12
TBさせていただきました。確かにシャーリーズ・セロンという女優さんは、自身の辛い少女時代と重なる難しい役柄を熱演していましたね。僕はミーハーなので、「サイダーハウス・ルール」のころの彼女を思い浮かべながら、映画を観ていました。あのころ、今のような本格的な演技派女優になるとは想像できませんでした。不覚の至りです。
どうも~ (cyaz)
2006-01-25 17:52:56
京野菜さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>「サイダーハウス・ルール」のころの彼女を思い浮かべながら、映画を観ていました

なるほど! あの彼女の役柄はどうなんでしょうね? ウィンターボトム好みの演技だったのでしょうか?

>本格的な演技派女優になるとは想像できませんでした

『スイートノベンバー』以降、かなり変わってきて、彼女なりのポリシーで作品選択をするようになりましたね!
TBありがとうございます! (としちゃん)
2006-01-27 13:41:33
ほんといい映画でしたね。

私、彼女を見るの久しぶりで・・・。

映画を最後まで見ても、以前に見た彼女と名前がつながらんかった。随分、雰囲気が変わったなぁなんて思ったりして。

今回は、とっても芯の強さが顔に出ていて素敵でした。

周りの人達も、存在感たっぷり。涙、涙でした・・・



役とはいえ、最後の最後までむかついたのは、昔のボーイフレンド役の人ね。ヤツは全女性の敵やね。損な役回りやったなぁ。(笑)
ですね~ (cyaz)
2006-01-27 23:15:14
としちゃんさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>随分、雰囲気が変わったなぁなんて思ったりして。

とっても芯の強さが顔に出ていて素敵でした。

そうですね!『モンスター』といい、今回といい個性派女優と言ってもいいぐらいですね^^



>役とはいえ、最後の最後までむかついたのは、昔のボーイフレンド役の人ね

たしかにそうですね(笑) でも憎まれ役は必要ですしね! 特にこういう映画では(笑)



TBありがとうございました☆ (Ren)
2006-01-28 16:50:15
シャーリーズ・セロンはずいぶん巧くなりましたね。

急成長という感じがするのですが・・

今、一番気になる女優さんのひとりです。
いえいえ~ (cyaz)
2006-01-29 01:02:40
Renさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>シャーリーズ・セロンはずいぶん巧くなりましたね

本当にそう思います^^



>今、一番気になる女優さんのひとりです

僕も今一番会ってみたい女優さんの一人ですね^^
初めまして! (リュウセイ)
2006-01-29 20:33:55
トラックバックありがとうございます。

かなり内容の濃いブログですね~。すばらしい!

3月公開の「イーオン・フラックス」では、セクシーなシャーリーズ・セロンが見られそうで期待しています。
おはつです~ (cyaz)
2006-01-29 21:58:37
リュウセイさん、コメントありがとうございますm(_ _)m



>かなり内容の濃いブログですね~。すばらしい!

おそれいりますm(_ _)m



>3月公開の「イーオン・フラックス」では、セクシーなシャーリーズ・セロンが見られそうで期待しています

そうですね^^ 予告編を観たとき、アイマスクのないキャットウーマンかと思いました(笑)  楽しみですね^^



ノミネート (カオリ)
2006-02-04 02:27:10
シャリーズ・セロン、アカデミー賞にノミネートされましたね。注目したいと思います。

コメントありがとうございました!
ですね~ (cyaz)
2006-02-04 08:56:15
カオリさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>シャリーズ・セロン、アカデミー賞にノミネートされましたね。注目したいと思います

そうですね! フランシス・マクドーマンドも助演女優賞にノミネートされて嬉しいですよ^^
TBありがとうございました。 (mimia)
2006-02-04 09:02:10
こんにちは~



本当に芸達者な役者の競演で成功した映画です。

昨日のNHKBS-2の「ゴールデングローブ賞」の彼女も相変わらず綺麗でしたね。
残念~ (cyaz)
2006-02-04 09:12:59
mimiaさん、コメントありがとうございましたm( )m



>本当に芸達者な役者の競演で成功した映画です

そうですね! 監督も素晴らしい監督です^^



>昨日のNHKBS-2の「ゴールデングローブ賞」の彼女も相変わらず綺麗でしたね

う~、それは観れなかったですぅ~><
ノミーネート (ななな)
2006-02-04 15:22:16
シャーリーズ・セロンもフランシス・マクドーマンドもオスカーにノミネートされましたよね。

この二人はノミネートされるだけの素晴らしい演技だったと思います。

その他の俳優さんも同様に素晴らしい演技でした。

良かったですね~ (cyaz)
2006-02-04 17:03:48
なななさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>シャーリーズ・セロンもフランシス・マクドーマンドもオスカーにノミネートされましたよね

そうですね! とても嬉しいです^^



>この二人はノミネートされるだけの素晴らしい演技だったと思います。その他の俳優さんも同様に素晴らしい演技でした。

是非どちらもオスカー獲ってもらいたいですよね^^





はじめまして (yukari)
2006-02-06 18:06:07
TBありがとうございます。

こちらからもTBさせていただきますね。



良い映画でしたね。

フランシス・マクドーマンドも良かったです。

彼女は味がありますね~。



他の映画の感想もとても参考になります。

これから楽しみに読ませていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。
おはつです~ (cyaz)
2006-02-06 21:28:22
yukariさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>フランシス・マクドーマンドも良かったです。彼女は味がありますね~

そうですね^^ なかなか他の女優さんにはない味わいがありますよね!



>他の映画の感想もとても参考になります。これから楽しみに読ませていただきたいと思います。

そういって戴くと嬉しいです^^ 参考になれば幸いです!



こちらこそ、よろしくお願い致します^^

TBありがとうございました (Gachami)
2006-02-06 23:19:18
「モンスター」見たことないのだけど、是非見たくなりました。アカデミー賞、受賞するといいですね!
是非~ (cyaz)
2006-02-07 08:29:02
Gachamiさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>「モンスター」見たことないのだけど

そうですか、これを機会に是非観て下さいね^^



>アカデミー賞、受賞するといいですね!

ホント、獲って欲しいですよね^^
シャーリーズ・セロン (toe)
2006-02-08 01:49:35
こんにちは。



>あまりにも存在感のある“性格俳優”に成長した

↑私もそう思います。

出始めの頃は、まさかオスカー常連の女優さんになるとは想像もできなかったですよね

でも、最近の彼女は、次にどんな表情を見せてくれるのか楽しみな女優さんになっていますね。

アカデミー賞が楽しみです。
たのしみ~ (cyaz)
2006-02-08 09:33:26
toeさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>出始めの頃は、まさかオスカー常連の女優さんになるとは想像もできなかったですよね

確かにそうでしたね。 なんとなくどこかの女優さんに似ているなぁ・・・程度で(笑)



>次にどんな表情を見せてくれるのか楽しみな女優さんになっていますね

そうですね! 特にここ最近は女性として、女優として、いい表情になっていると思います^^



>アカデミー賞が楽しみです

この映画で受賞して欲しいですね!
はじめまして。 (ゆうゆう)
2006-02-09 10:42:14
TBありがとうございました。

シャーリーズ・セロンもよかったけれど、脇役がとてもすばらしく泣かされた映画でした。

cyazさんが言われていた、フランシス・マクドーマンドの●●、本当にそうですね☆納得です。
おはつです~ (cyaz)
2006-02-09 12:44:30
ゆうゆうさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>シャーリーズ・セロンもよかったけれど、脇役がとてもすばらしく泣かされた映画でした

そうですね! 脇がしっかりしているからセロンも映画も活きてきたんだと思います!



>cyazさんが言われていた、フランシス・マクドーマンドの●●、本当にそうですね☆納得です

ありがとうございます^^

彼女も助演女優賞にノミネートされているので、獲って欲しいですね!



オスカーいけますかね? (しいな)
2006-02-09 14:36:01
こんにちは!

私はF・マクドーマンドが獲るような気がしますね~どうでしょうか?



>ブラッド・レンフロ(もちろん子役の頃の)のような子役が良かったなぁ

そうですね!本当だ。確かにその通り。

そして彼は何処へ…

薬か何かで警察に捕まってたような気がするのですが、別の人とごっちゃになってるのでしょうか。

「17-セブンティーン-」とかいう映画が、私が彼を見た最後だったような。子役はやはり、色々難しいんでしょうかね。残念ですね。
そうですねぇ~ (cyaz)
2006-02-09 17:55:59
しいなさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>私はF・マクドーマンドが獲るような気がしますね~どうでしょうか?

それはいい“勘”ですね^^



>薬か何かで警察に捕まってたような気がするのですが、別の人とごっちゃになってるのでしょうか。

そんなことがありましたよね^^ みんな薬漬けになっちゃいますね><



>「17-セブンティーン-」とかいう映画が、私が彼を見た最後だったような。子役はやはり、色々難しいんでしょうかね。残念ですね。

そうですね。 ドリュー・バリモアのように再生する人はなかなかいないんでしょうけどね?

監督 (マダムクニコ)
2006-02-24 21:14:40
>何て素晴らしい監督さんなんだろう



コメントに感謝!

問題意識を持ち、社会派映画としての観客動員も期待できるすごい監督ですね。



裁判については、原作の本人は、永年にわたって家族ともども中傷や迫害を受け、かなり苦しんだようです。

集団訴訟にいたるプロセスも、9年もかかっているので、その辺りのことが分るといいなあと思ったのですが・・・。

なるほど~ (cyaz)
2006-02-25 00:21:38
マダムクニコさん、TB&コメントありがとうございますm(_ _)m



>集団訴訟にいたるプロセスも、9年もかかっているので、その辺りのことが分るといいなあと思ったのですが

そうですか^^ それなら裁判を中心に彼女の生い立ちからを辿る手法のほうが良かったかもしれませんね!

セロン (kimion20002000)
2006-07-17 02:38:37
TBありがとう。

まだ、若いですけどね。セロンは、次々と、意外な役どころに挑戦していますね。しばらく、目が離せませんね。
どうも~ (cyaz)
2006-07-17 17:07:41
kimion20002000さん、コメントありがとうございますm(__)m



>まだ、若いですけどね。セロンは、次々と、意外な役どころに挑戦していますね。しばらく、目が離せませんね。

本当に素晴らしい女優さんだと思います! 仰るとおりで俺からも期待ですね^^



ニキ・カーロ監督 (pachira)
2007-03-06 21:19:05
TB&コメントありがとうございました。

「クジラの島の少女」の監督さんだったんですね。「クジラの島の少女」は、静かながらも大地の力強さみたいなもの(海の力強さなのかもしれませんが、個人的には大地の力強さです)を感じる映画でしたね。

是非、いろんなジャンルの映画を撮っていってもらいたいです。
じっくり~ (cyaz)
2007-03-06 22:13:46
pachiraさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>「クジラの島の少女」は、静かながらも大地の力強さみたいなもの(海の力強さなのかもしれませんが、個人的には大地の力強さです)を感じる映画でしたね。
そうでしたね^^ じっくりと撮りたい作品をまた見せてほしい監督さんですね!
コメントありがとうございました (ほんやら堂)
2007-03-28 21:44:02
コメント有り難うございました.
この映画の前に「イーオン・フラックス」を見たんですが,これほど幅の広い女優とは思いませんでした.
ところでシャーリーズ・セロンが「サイダー・ハウス・ルール」のキャンディだったとは気付きませんでした.これを見たときの感想に,「アシュレイ・ジャッドとマリリン・モンローを足して2で割ったような可愛い娘」と書いていました.
なるほど~ (cyaz)
2007-03-29 08:24:20
ほんやら堂さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ところでシャーリーズ・セロンが「サイダー・ハウス・ルール」のキャンディだったとは気付きませんでした.これを見たときの感想に,「アシュレイ・ジャッドとマリリン・モンローを足して2で割ったような可愛い娘」と書いていました.
そうだったんですか(笑)? なるほど、アシュレイ・ジャッドには似ていますね!
結構彼女はハリウッドの女優の仲でもガッツのある女優さんですね! 『イーオン・フラックス』を除いて 出演作に彼女なりのポリシーを感じます^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

155 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スタンドアップ (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2006年1月14日 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン ほか 今月公開される洋画では一番楽しみにして作品♪意外と人が少なかったような気がしたけど・・・。立川.
スタンドアップ (色即是空日記+α)
原題 「North Country」   邦題 「スタンドアップ」  最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。でも最後にこれが効いてくる! 鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。   2人の子供を.
『スタンドアップ』 (ラムの大通り)
----「立て!」って、これまたスゴいタイトルだね。 「うん。でも正確には『立ち上がれ!』という意味。 この映画は一言で言えば、 鉱山という“男の社会”で働き始めた女性ジョージーが、 度を越えた嫌がらせや耐え難い屈辱の中、 ついに“立ち上がる”ことを決意するという
スタンドアップ (ネタバレ映画館)
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!  伏字がいっぱい必要なほど露骨なセクシャル・ハラスメント。ここまでくると、男どもに同情の余地はない。女性の多い試写会での鑑賞だったから、「
「 スタンドアップ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ニキ・カーロ主演 : シャーリーズ・セロン / ウディ・ハレルソン /原作 : 集団訴訟 (ClassAction)    公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ この映画は実際に起こったセクハラ訴訟を基に作られた作品です。 原作は2002年に出版され...
スタンドアップ NORTH COUNTRY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
シャーリーズ・セロン主演 ジョージ(シャーリーズ・セロン)は法廷で戦う この後、多くのセクハラ裁判で女性が勝つようになった実話だそうです ジョージは着のみ着のまま 北に向かいます NORTH COUNTRY 家庭内暴力から逃げミネソタ田舎町の両親の元へ帰って来ました
試写会 スタンドアップの感想だべ。 (ドナルドと一緒のばたあしテニス)
思わず、泣いてしまった!!シャーリーズ・セロンの「STAND UP」 ジェンダーやフェミニズムに興味があれが、楽しめる内容。 CMのナレーションでは、軽い感じがするが、ちゃんと社会的
「STAND UP」あなたが立ち上がる時はいつ? (田中陽子の映画ほめちぎり)
「STAND UP」―立ち上がれ! この映画のすべてあらわしている言葉だ。 あな
スタンドアップ  (花ごよみ)
        監督は女性監督のニキ・カーロ。     夫の暴力に耐えきれず離婚して    シングルマザーになったジョージー(シャーリズ・セロン)は    2人の子供を抱え、少しでも高い給料を得るために鉱山で働く。      そこは未だ閉鎖的な男社会の職場
ひとりでも立ち上がれ『スタンドアップ』 (再出発日記)
(まずは映画と関係ない話から)皆さんはご存知でしたか?正規もパートも突然の一方的解雇なんて出来ないことを。残業が出来るのは36協定を結んでいる場合だけだということを。しかもその場合は25%以上、22時以降の場合は50%以上の割増賃金を払わなくてはならな...
感動実話対決新年参戦!『スタンドアップ』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
「子供が仕事をもってきてくれる」…… 不思議なんだけど、実際よくある現象なんだよねえ。 子供がいない人には実感が湧かないだろうとは思うけど、 例えば『シンデレラマン』が、そうだったでしょ? 『ハリー・ポッター』の原作者J・K・ローリングスも、 生活保
スタンドアップ/NORTH COUNTRY (我想一個人映画美的女人blog)
社長のタコオヤジを後ろからハンマーで殴りたくなった。 もちろん、炭坑現場の幼稚で下品な男どもも、、、。 またまた2005年度アカデミー賞最有力作品の登場☆ そして、真実のドラマ。 最近のシャーリーズセロンは、ただのキレイなだけの役はやらず、 「モンスター」にして
イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描
『スタンドアップ』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/01           スタンドアップ   監 督 :
映画「スタンドアップ」 ゴールデングローブ賞ノミネート作品 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
ゴールデングローブ賞にノミネートされた 映画「スタンドアップ」の試写会に行ってきました。 佳境にもめげない強い女性の物語と 思いきや「セクハラ訴訟」の 始まりの話でした。 今の時代「セクハラ」という言葉に 慣れてしまい、簡単に口にする女性も多いですが 始まりは
スタンドアップ (Alice in Wonderland)
今年初の1日3本映画DAYです。一本目は最近のハリウッドでこの人以上の演技が出来る女優さんはいないのでは?というシャーリーズ・セロンの映画です。すごく期待している映画です。 夫からの暴力から逃れるため、帰郷したジャージー。彼女は、2人の子供を養うため...
スタンドアップ (年中夢中シネマレヴュー)
監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド ショーン・ビーン ウディ・ハレルソン ジェレミー・レナー リチャード・ジェンキンス シシー・スペイセク ミシェル・モナハン 他   公式サイトはこちらhttp://www.standup-movie.com  
スタンドアップ (tsublog@theatre)
NORTH COUNTRYどうしよう、涙が止まらない![:悲しい:] 悔しくて、悔しくて、寂しくて・・・ まず、この映画の原作「Class Action: The Story of Lois Jenson and the Landmark Case That Changed Sexual Harassment Law」(集団訴訟―セクハラと闘った女たち:和書)の
映画:スタンドアップ 試写会 (駒吉の日記)
映画:スタンドアップ 試写会@中野サンプラザ 「THE 有頂天ホテル 」が初笑いな作品ならこちらは初泣き(号泣に近いかも)作品でした。 シャーリーズ・セロン、モンスターでも「すごい!あの美人が!」でしたがこちらでも女優魂で魅せてくれ、ジョディ・フォスターの「
スタンド アップ NORTH COUNTRY (自然に生きる 映画に生きる)
シャーリーズ セロン、フランシス マクドーマンド(2005年) 年明けて初めての映画館での鑑賞でした。シャーズは自分の中でお気に入りの女優なので大好きです。この作品の事を知り、絶対観に行こうと決めていました。 暗かったけど、良い映画でした。泣いてしまいまし
スタンドアップ (I am invincible !)
夫の暴力から逃げて、2人の子供をつれて故郷に戻ったジョージー(シャーリーズ・セロン)。 しかし、炭鉱で働く父(リチャード・ジェンキンス)も母(シシー・スペイセク)も、彼女を全面的に味方してくれるような言葉はかけてはくれなかった。 旧友グローリー(フランシス.
もしかしたら『北の国から』だった?『スタンドアップ』 (映画はトモダチ)
向こうでは『North country』というタイトルだったのに、よくぞこの邦題を思いついてくれた!そう思いますね。 そんなことより、これはとんでもなくハードなセクハラ問題を描いた映画でした。 【作品紹介】 『スタンドアップ』 監督 : ニキ・カーロ 出演 : シャーリー.
『スタンド・アップ』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『スタンド・アップ』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;WB  上映時間;124分 R-15 監督;ニキ・カーロ 出演;シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン観賞劇場..
「スタンドアップ」 (てんびんthe LIFE)
「スタンドアップ」 ニッショーホールで鑑賞 はっきりいって始まって2/3が終わるまで気持ちが落ち着かなかった。ムカツキ!!イライラ。そしてその後は私にも目に涙がたまっていました。通路を隔てたところに座っていた女性は完全に鼻水をすすっていました。1980年
スタンドアップ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニキ・カーロ 【出演】シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーナンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 【公開日】2006/1.14 【製作】
スタンドアップ (試写会) (ネネ~くすくすDIARY~)
アカデミー賞女優であるシャーリズ・セロンの最新映画!! 私が号泣き大好きな映画『クジラ島の少女』監督ニキ・カーロ作品。
スタンドアップ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  あたしはうつむかない。一人でも立ち上がる。    
スタンドアップ (お熱いのがお好き)
映画鑑賞「スタンドアップ」 (花鳥風月)
原題「North Country」 【監督】ニキ・カーロン 【出演】シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド     ショーン・ビーン リチャード・ジェンキンズ ジェレミー・レナー
スタンドアップ (エリ好み★)
骨太の労働問題映画でした
さあ立ち上がろう!「スタンドアップ」 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
シャーリーズ・セロン、10キロも太らなくたって主演女優賞取れるじゃない、この演技なら!! なんといっても私が始めてシャーリーズを見たのは「ディアボロス」でのキアヌとの共演、この世にこんなに可愛らしい人がいるのか!!と驚嘆したものでした。 それからというも
『STAND UP』 勇気を持って! (金食う虫たち)
今日は試写で『STAND UP』を観て来ました 今回の試写は、女性限定の試写会ということで、 映画を観ていて こういう趣旨で女性限定なのね と納得させられました とにかく女性に対する迫害の数々… もう眼に余ります あれがほんの17~18年前の話とは思えません (こ
スタンドアップ (MIDDLE-EARTH)
2005年 アメリカ 124分 監督 ニキ・カーロ 作 クララ・ビンガム 、ロ
映画「スタンドアップ」 (Serendipity !)
 久し振りに洋画の試写会に出かけた。作品は「スタンドアップ」、子連れ離婚した女性
映画「スタンドアップ」 (いもロックフェスティバル)
まずストーリーとか感想とか言う前に、この作品の重大な欠点について書かせてもらう。
スタンドアップ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2006年最初の傑作。とにかくシャーリーズ・セロンに尽きる。彼女の恐ろしいほどの存在感と見事な演技力には誰もが胸を打たれるはず。
「スタンドアップ」 シャーリーズ・セロンの片親育児 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「我が谷は緑なりき」や「遠い空の向こうに」「天空の城 ラピュタ」にでてくるような炭鉱町のイイ男は一切でてきません! 主に英国方面でイイ話を紡いできた炭鉱町、実際はこんな話の方が多いんでしょうな~。 この映画のポスター、戦場に佇む女性の顔アップといった趣きで
スタンドアップ (鳥打さん家の美味しい日記)
逆境の中で、幸せをつかむチャンスは誰にでもある ?立ち上がる? ただそれだけの勇気が、彼女の人生をかえた。 ? このキャッチコピーは良かったんだけどねぇ、観てみるとこのキャッチコピーから想像した感じとは違ったんですよねぇ シャーリーズ・セロンの演じ
スタンドアップ・・・・シャーリーズ・セロン (ぷち てんてん)
昨日道路の氷の塊をシャベルとつるはしのような物(つるはしのようなごつい物ではないのだけど)で取り除きました。ガッツンガッツンと(笑)いや~、今日は筋肉痛です。腰が痛い~(T-T)ウルウルでも、天気が悪くならないうちに映画館に行きました。☆スタンドアップ☆(2...
スタンドアップ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“力のある者たちが弱き者を傷つけていたら、まず立ち上がれ。たとえたった一人であったとしても。” シャーリーズ・セロン主演の“スタンドアップ”を観てきました。 夫の執拗なDVから逃れ生まれ故郷に帰ってきたジョージーは、街の人々の冷たい視線の中、自分の力
スタンドアップ (SmallTalk)
1月14日公開作品の中で、一番見たいと思っていた『有頂天ホテル』が満席完売だったので、『スタンドアップ』(2005年/米国 原題:NorthCountry)を見た。以下、感想を箇条書きに。ただし、まだ公開間もないので、「ネタばれゼッタイしないで~!」って人は読まないほうが...
スタンドアップ (きょうのあしあと)
\\"I stand with josey!\\" http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、他 劇場:川崎チネチッタ 1989年、ミネソタ北部で起こった実話に
『スタンドアップ』 (自由人のひとりごと)
              全ての女性に捧ぐ、女の戦い。                  <ストーリー> 夫の暴力に耐えかね、子供を連れて家を飛び出したジョージー・エイムズ(シャーリーズ・セロン)は、実家の両親の世話になりながら、美容室のシャンプー
スタンドアップ (ジャムリン笑顔で懸賞)
昨日、名古屋の勤労会館で行われた スタンドアップ の試写会へ行きました。 力もない。自信もない。味方もいない。それでも立ち上がってみようと思った。 スタンドアップは、アメリカであった実話をもとに作られた映画です。 {/kaeru_cry/}Story{/kaeru_cry/} 夫の暴力
「スタンドアップ」試写会 (ミチミチ)
「スタンドアップ」 原題 NORTH COUNTRY 監督 ニキ・カーロ CAST シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディー・ハレルソン・・・story 暴力夫に悩まされていたジョージー。彼女はある日決心をして故郷に子供をつれて帰る。自立と自活をするために、.
男性は、どう思うのか?『スタンドアップ』 (水曜日のシネマ日記)
女性鉱山労働者になったシングルマザーの物語。 実話に基づいて描かれた作品です。
スタンドアップ (観想にっき。)
「スタンドアップ」2005年 アメリカ 「こんなの観そうだよね」と言われた通り、観てきた。(^^; 実話がベースです。 主演:シャーリーズ・セロン 目頭がちょっと熱くなりましたね。彼女達のような叫びがあって、今があるんだよね。。。
女性にオススメ★★★★★ 【映画・スタンドアップ】 (マイナス8キロ)
この間、友達に誘われて何気なく観た映画 「スタンドアップ」 徐々にストーリーに引き込まれて 最後には心にジーンと残りました。 職場のセクハラなど どうして女性ってこういう目にあってしまうんだろう。。。 とつくづく思ってしまう。共感する場面が数多くある 作
スタンドアップ (不良中年・天国と地獄)
1月16日新宿ミラノ座にて男女雇用機会均等法によって、職場における男女の差別はなくなりました。しかし、これは立前であって、実体は依然として、採用、昇進、給与、などに差別が存在します。人は法のもとに平等ですが、人種、性別、国籍、家柄、学歴など、さまざまな...
スタンドアップ (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 良かったです。本当に。 泣きましたよ~ わたし。今まぶた重いですから。眠いってのもありますが。 あらすじ 暴力夫から逃げ出し故郷に子ども2人と戻ってきた
スタンドアップ (シャーロットの涙)
立ち上がる・・・裁判を勝ち取る為というより、自分の中にあった男性への恐怖と偏見から立ち上がり再生していく物語 この物語は実話を元にしているだけあって非常に女性には共感しやすい作品かな。現在の男性でここまでセクハラすると、逆に立場が悪く肩身の狭い思いを強い
「スタンドアップ」 (blue world)
監督ニキ・カーロ 製作ニック・ウェクスラー 脚本マイケル・サイツマン 音楽グスターボ・サンタオラヤ 原作クララ・ビンガム ローラ・リーディー・ガンスラー 主演シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビ.
「スタンドアップ」素顔のままで (soramove)
「スタンドアップ」★★★☆ シャーリーズ・セロン主演 ニキ・カーロ監督、2005年アメリカ 炭鉱で働く 女性達の働く平等を 勝ち取るというテーマ。 映画はていねいに 主人公の心の内面に焦点をあて、 差別だけでない、 人間として生きることの苦難さも見せ、...
スタンドアップ (八ちゃんの日常空間)
イーオン・フラックスが控えているオスカー女優、シャーリーズ・セロン主演の感動ドラマ。世界中の企業にセクハラ問題の波紋を投げかけた実際にあった話の映画化。 テーマ自体は重いが「親子の物語」として観れば非常に心温まるストーリーに出来上がっている。
映画@スタンドアップ (sattyの癒しのトビラ)
逆境の中で、幸せを掴むチャンスは誰にでもある         “立ち上がる”       ただそれだけの勇気が、彼女の人生を変えた まさにこのキャッチそのもの、感動の実話なのだ! 子供を連れて故郷の鉱山の町に帰ってきたジョージー ジョージーは、父も働くこの
スタンド・アップ (Aloha Days)
やってくれましたね、ニキ・カーロ! 「クジラの島の少女」に続いてまた目が痛くなっちゃったよ この監督さんの作品は要注意です(笑) この作品、何が一番嬉しかったって・・・・・そりゃぁあーた! ショーン様を起用していただけたことでしょう! イギリス生まれ、生粋の
スタンドアップ (It\'s a Wonderful Life)
北米の炭鉱業がメインの街であった実話を基にした映画です。 前に炭鉱が出てくる映画って何となくタイプが似てると書きましたけど (「リトル・ダンサー」「遠い空の向こうに」「ブラス!」等など) どの作品も仕事がどんどん無くなっていくネガティブな炭鉱町の生...
スタンドアップ!シスター (めそのたわごと)
立て続けにふたつ試写会が当たりました{/choki/} しかもふたつとも観たかったやつです どちらも内容や描き方は全然違うけど \"生き方\"についていろいろ考えさせられました ひとつ目は昨日の博士の愛した数式 あらすじは  数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで
「スタンドアップ」 タイトル考 (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆☆ 原題を「North Country」といいます。なのに、日本題名は「スタンドアップ」。最近英語題名みたいな日本語題名が増えてきていて、この映画も苦肉の策でこんなタイトルにしたのか、と映画会社の
North Country/スタンドアップ(2005,U.S.) (The Final Frontier)
スタンドアップ 暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ(Charlize Theron)。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分1人の手で子どもた
映画のご紹介(83) スタンドアップ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(83) スタンドアップ 今年初めて映画館へ行った。 観た映画は、 「スタンドアップ」! 「スタンドアップ」は、アメリカ初のセクハラ訴訟を提起した女性の話だ。
テレビ・メディア (blolog〔ポジティブレビュー〕)
京の昼寝~♪様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
プライドと偏見 (HOYAHOYA Sympathy)
【今日の言葉】 男はプライドを捨てられない。 女は真実が目に入らない。 (2006年 映画『プライドと偏見』 チラシ抜粋) このキャッチコピー、 うちの両親の夫婦ゲンカにぴったり・・・。 げんなり。
スタンドアップ / シャーリーズ・セロン (シネマ パラダイス♪)
本日、レディースデーだと思い出し、 映画館へ飛び込んで、時間がちょうどよかった 「スタンドアップ」を観て来ました。 あのシャーリーズ・セロン主演。 「モンスター」とはほ
映画:「スタンドアップ」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: ニキ・カーロ 出演: シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク 原題: NORTH COUNTRY 制作
映画感想「スタンドアップ」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「スタンドアップ」 【評価】★★★★ 【笑い】★ 【エロ】★★ 【感動】★★★ 【役者】★★★ 【社会派】★★★ 【女性解放】★★★★ 良い映画でしたね。フェミニストは絶賛でしょう。 今現在の日本で流通している「フェミニズム」は「男女共生の論理.
スタンド アップ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「モンスター」で美貌以外のところでも十分に勝負できる女優であることを証明して見せたシャーリーズ・セロンの主演作です。 夫の暴力に耐えかねて離婚し、故郷の北ミネソタに帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)は、連れてきた2人の子どもとの生活のため、給料
「スタンドアップ」 (徒然雑草)
2006/01/12 東京中野「中野サンプラザ」で「スタンドアップ」の試写を観た。なぜこんな男と結婚してしまったのだろう?夫の暴力に耐えかね、二人の子供を連れて家を出たジョージー(シャーリーズ・セロン)は、…
「スタンドアップ」 (空の「一期一会」)
*ネタバレ注意 マダ観てない方は、読まないで下さいね。* ★夫の暴力から実家に戻
スタンドアップ (ZeroCinema)
 全米初のセクハラ勝訴事件をベースにした映画。どこからどこまでが事実で、作り物かは図りかねるが、骨太な映画ではある。  同じ女性として、ジョジーが受けた嫌がらせや浴びた言葉を許せない気持ちは共感できる。女だ、シングル・マザーだという理由で誹謗中傷を受け
【劇場映画】 スタンドアップ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子
大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと
「スタンドアップ」 North Country (俺の明日はどっちだ)
夫の家庭内暴力から逃れるため子供を連れて故郷に帰ってきた主人公ジョージー。鉱山の町である保守的な町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親の違う娘を連れて戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージー
スタンドアップ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『スタンドアップ』 (2005)NORTHCOUNTRY上映時間124分 製作国アメリカジャンルドラマ全米で最初にセクシャルハラスメント訴訟に勝った実在の女性をモデルに映画化した感動ドラマ。2人の子どもを持つシングルマザーが、鉱山労働者として“男の職場”で悪質な嫌がらせに...
スタンドアップ (N’s Talk)
オスカー女優シャーリーズ・セロンの最新作です。本格的社会派ムービーです。事実にもとずく映画らしいのですがシャーリーズ・セロン演じる主人公の訴求力はなかなかのもんです。実話にもとずく映画の主人公がほとんどそうであるようにその人を中心に描かれていますのである
優待で「スタンドアップ」 (楽しい株主優待生活)
東急レクの優待で観てきました。 女性の職場といえば、お局様のイジメが連想されますが、 男性の職場もいろいろあるのは同じな様です。 主人公の女性は暴力をふるう夫と別れ、子供達を連れて実家に戻ります。 自分の働いたお金で家を買い、子供達を育てていきたい。 そう考
【スタンドアップ】 (映画deブログ)
この作品は実話を元に作られてるのですね。 私も学生時代から軽いセクハラとは縁が切れなかったので・・・ 中盤からラストにかけては主役のジョージーに思いっきり感情移入してまし
スタンドアップ (HOT&COOL)
CNN English Expressに出ていた主演のシャーリーズ・セロンさんの
シャーリーズ・セロン Charlize Theron 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),7 August 1975,Benoni, South AfricaThe Ice at the Bottom of the World(2006) The Brazilian Job (2006) イーオン・フラックス Aeon Flux(2005) スタンドアップ North Country (2005) トリコロールに燃えて Head in the Clouds (2004)
ショーン・ビーン Sean Bean 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),17 April 1959,Sheffield, Yorkshire, England, UKDunsinane (2005) Silent Hill (2006) フライトプラン Flightplan (2005) スタンドアップ North Country (2005) アイランド The Island (2005) The Dark(2004) ナショナル・トレジャー Na
ミシェル・モナハン Michelle Monaghan 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),23 March 1977,Winthrop, Iowa, USAMission: Impossible III (2006) スタンドアップ North Country (2005) Mr.&Mrs. スミス Mr. and Mrs. Smith (2005) キス・キス・バン・バン Kiss, Kiss, Bang, Bang (2005) Constantine (2005) ボーン・
スタンドアップ (琴線~心のメロディ)
【2006年1月14日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:ワーナーマイカル・シネマズ広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ うーん( ̄_ ̄;) 期待したほどではなかったけれど。。。 実話を元にしているだけあって、内容的には申
意外や意外!「スタンドアップ」 (ココロにおいしいシネマ)
「ふんふん、女性の自立ものね~」程度の予備知識しかなく観にいった「スタンドアップ
スタンドアップ (メルブロ)
スタンドアップ 上映時間 2時間4分 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド ショーン・ビーン リチャード・ジェンキンス  女優陣にアカデミー賞受賞者が3人もいる。  実話が元になっているので女性、特に働く女性が見るべ
スタンド・アップ~早くも今年のベスト1? (Osaka-cinema-cafe)
細木数子さんによれば、大殺界にあたる時期なのか。 何をしても上手くいかない時がある。 たて続きに嫌な事が起こり、まったく思い通りに進まない。 そんな時は、ついつい何もかも投げ出したくなるが、 そんな時だからこそ、勇気を持って、現実問題に立ち向かおう! き
スタンドアップ(映画館) (ひるめし。)
私なんか、と何度も思った。お前なんかと、と何度も言われた。 それでも、立ち上がってみようと思った。 CAST:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 124分 いや~またシャーリ
映画 「スタンドアップ」 (After the Pleistocene)
 この映画は、単に「セク・ハラ」とわれわれが言っているものとは違う何か、重いものを投げかけてくる。それは軍隊における新兵いじめや、普段の生活の場での異人種の排斥などに見られる”弱いものいじめ”と根っこは同じなのか。”かわいそう”と思う気持と、”いじめてや
スタンドアップ 評価額・1200円 (Blog・キネマ文化論)
●スタンドアップをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 子供を連れて故郷に帰ってきたジョ
シネマ日記 スタンドアップ (skywave blog)
「North Country」、邦題が「スタンドアップ」。観終われば、なるほどと納得します。 [[’PARTICIPANT PRODUCTIONS’:http://www.participantproductions.com/]] アメリカのネット・オークション’イーベ
映画館「スタンドアップ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...
FUN … 『スタンドアップ』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「立ち上がる勇気、そして…」
骨太アメリカンムービー(2006年2本目) (ON THE ROAD)
私なんかと何度も思った。 おまえなんかと何度も言われた。 それでも立ち上がってみようと思った。 いかにもアメリカンムービーらしい愛と正義と友情の映画だ。 スタンドアップ({/arrow_l/}クリックすると公式HPへ) アメリカ北部の町の鉱山会社の女性作業員が職場のセ
「スタンドアップ」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
全く見る予定はなかったのですが、 フライトプランが先行オールナイトで夜しかやってないので、 そのつなぎのために見たのがこれ「スタンドアップ」。 サロンパスルーブルに初めて行ったけど、 予告編の前にサロンパスの宣伝ばっかり(笑) 公開2週目ですがかなり人は少なか
スタンドアップ (シネマ日記)
ネタバレ注意試写会に行ってまいりました。みなさん、この映画のテレビコマーシャルを見たことがありますか?あのコマーシャルから得る印象ってどんなんでしょう?ワタクシが受けた印象は「若い女性が主人公の爽やかなサクセスストーリー」って感じでした。けど、本当はこの
スタンドアップ (ぺぺ日記・おもに映画日記)
『スタンドアップ』を観てきました。 ここで女性差別問題についてうんぬん言うのはヤメておこうと思います。でも今そう言えるのは、ぺぺがこの映画に「楽しみどころ」みたいなものを見つけるコトが出来たからかなぁ。題材からして、どう考えても「面白い映画」ではないと
スタンドアップ (ハイジのシネマパラダイス)
スタンドアップ   NORTH COUNTRY 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビーン ストーリー 夫の暴力から、二人の子供をつれ、故郷に返ってきたジョージー。鉱
スタンドアップ (chaotic library)
いつもなら選ばないタイプの作品ではあるが 好きな役者が出ているので観に行った。 重いテーマではあるけれど、力づけられる作品だった。 …食わず嫌いはするもんじゃない。 暴力夫から逃れるため、2人の子どもを連れて 生まれ故郷に戻った女性が、鉱山で働き始める。 女が
No.007 「スタンドアップ」 (2005年 米 124分) (キングの映画の窓(劇場鑑賞版))
監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン     ウッディ・ハレルソン       ショーン・ビーン 「モンスター」で肉体改造で醜く変化させて見事アカデミー賞を取ったシャーリーズ・セロンの最新作はもとの美しいお顔に戻って・・・と思ったら今度は顔は真っ
映画「スタンドアップ」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
人をイジメたことはありますか? 人にイジメられたことはありますか? 映画の原題は「North Country」直訳すると「北国」 いつも映画のタイトルは日本語に訳して欲しい
5 スタンドアップ (毎週水曜日にMOVIE!)
14日からはじまった映画ラッシュ。「プライドと偏見」からすっかり更新できなかったのは・・娘が高熱で倒れていたからです。まいった。映画がたまってしまいました。本日より3本連続で観る予定です。 まず「スタントアップ」。 シングルマザーのジョージー(シャーリー
「スタンドアップ」で、シャーリーズ・セロンの魅力再確認 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 映画好きの人には笑われると思うが、僕は「サイダーハウス・ルール」(1999年、ラッセ・ハルストレム監督)でのシャーリーズ・セロン(30)しか知らない。当時、正統派のアメリカ美人女優が現れたな、と思ったものだ。その後、「モンスター」という作品で、13キロ.
『スタンドアップ』 (Aliiyブログ)
モンスター 通常版 『Aliiy』編集部のナオです。 お待たせしました! 『Aliiy』の人気コーナー"シネマdeキレイ"が本日更新しました。 今回は『スタンドアップ』をピックアップしています。 『モンスター』でアカデミー主演賞を獲得した、シャーリー
スタンド・アップ (きぶんしだい)
本日2本目の映画  始めに言います☆コレはほんっとによかったです。泣きました♪              シャーリーズ・セロン主演「スタンド・アップ」 ●あらすじ● 夫の暴力に苦しむジョージー(シャーリーズ・セロン)はとうとう2人の子供をつれて実家
スタンドアップ (any\'s cinediary)
私なんか、と何度も思った。お前なんか、と何度も言われた。 それでも、立ち上がっ
スタンドアップ 「モンスター」に続く大当たりのシャーリズ・セロン 新年からいい涙を流しました。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:スタンドアップ(原題:NORTH_COUNTRY) ジャンル:社会派ヒューマンドラマ/2005年/124分 映画館:MOVIX京都2(180席) 鑑賞日時:2006年1月15日(日),13:10~ 60人初日 私の満足度:80%(新年いきなり高得点)  オススメ度:80% この映画、予告編があまりによかっ
スタンドアップ(North Country) (わかりやすさとストーリー)
●人生を描く硬派作品●父と娘。母と息子。シングルマザーがけっしてめずらしくないコミュニティにあって、主人公ジョージーが10代でシングルマザーとして子供を産んで育てる決心した真の意味を知ったとき「感動」という波が押し寄せる。
[ スタンドアップ ]今、そこにある勇気 (アロハ坊主の日がな一日)
[ スタンドアップ ]@吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 10代でシングルマザーになった主人公ジョージーは、結婚 した夫には暴力を振るわれ、田舎に戻る。戻った先では、 周囲から冷たい視線。そして、父親からも信用されず、母 親は「夫とやり直すために辛抱しろ」とい
『スタンドアップ』 (flicks review blog II)
 80年代の半ば ミネソタ州の鉱山に採用された女性労働者たちが労働状況の改善を巡って会社を相手取り訴えを起こす物語。みてから読む?映画の原作さんによれば原作の「集団訴訟(Cl
スタンドアップ (としちゃんの暇な一日)
火曜日は、映画の『スタンドアップ』を観て来ました。 原題は『NORTH COUNTRY』やけど、邦題の『スタンドアップ』っていいねぇ。まさにこの映画のキーワード! 夫の暴力から子供をつれて逃げ出した主人公のジョージーが、故郷に戻り、父と同じ鉱山で働くことに。自分の力で
スタンドアップ (UkiUkiれいんぼーデイ)
      向かっていくものが大きな組織であればあるほど、それらを相手に裁判で闘うことはとてつもなく多くのエネルギーを必要とされる。 ましてや、女性が一人で・・・。 ジョージー(シャーリーズ・セロン)という人を見ていて、つくづく“不運な女(ひと)”だと
「スタンドアップ」■立ち上がるべきは? (映画と出会う・世界が変わる)
原題は「NORTH COUNTRY」。「ノーマ・レイ」が南部の物語であったが、これは北部の物語。この場合の「NORTH」には、別の意味があるのではないだろうか。法治国家と言われる国においても、未だに法の光が当たらないものが労働現場(=企業)ではなかろう...
スタンドアップ/試写会 (如意宝珠)
スタンドアップ  http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ ショーン・ビーン/シシー・スペイセク 2005年アメリカ映画/124分/日本語字幕 岸田恵子/ワーナー・ブラザース映画配給
「スタンドアップ」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト ワーナー・マイカル・シネマズ、公開3日目初回です。 うーーぬ、、初回と言えど、ワタシを含めて5人足らずとは・・・ それも全員男だし、、何故??
STAND UP!(映画) (川口みどりのページ)
                                 スタンドアップ 「スタンドアップ」という映画を見に、梅田ブルク7に行って来ました。アメリカの鉱山で働く女性の実話に基づいた物語。暴力を振るう夫の元を逃れ、ふたりの子どもを育てるために男社会の
スタンドアップ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
可愛くって明るい娘が自慢だった・・・それなのに彼女は俺を裏切った。 父親のわからない子供を生んだ娘・・・ 俺は娘に対する期待を捨ててしまった。。。 そんな娘が、俺と同じ仕事を選ぶ・・・彼女は生きるためだという・・・ 愛するものを自分で養いたいためだと言う
◆映画・スタンド・アップ (映画大好き☆)
スタンド・アップ 観てきました。どんなストーリーかあんまり知らなかったので宣伝だけで、仕事やっても上手くいかず、子供ともわかりあえず、ブリジットジョーンズの日記のもう少し、たくましい版かなぁ~?って思ってたのですが、全然違いますっ原作?
スタンドアップ (利用価値のない日々の雑学)
この作品のレビューに関して言えば、多分、男性と女性では随分感想や作品の見方が違う筈だと思う。予め申し上げておくが、もし何か女性方に失礼な表現があったとしたらお許しを願いたい。この作品に限って言えば、男性では全く気づかなかったり、普通に使ってしまう言葉で
『 スタンドアップ 』 (My Style)
ただ黙って、このまま耐え続ける? 味方なんていない。 それでも、彼女は立ち上がった。 執拗な嫌がらせから逃げることをやめ、 人としての誇り、家族の絆のために立ち上がる勇気。 それは、集団の中での孤立。 それでも、諦めなかった彼女。 本当の勇気と家族の絆に感動
『スタンドアップ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某テレビ局で当選した 『スタンドアップ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
スタンドアップ(05・米) (no movie no life)
暴力を振るう夫から息子サミーと娘カレンを連れて、久しぶりの故郷、そして実家に戻ってきたジョージー(シャリーズ・セロン)。経済的に自立し自分で子どもを育てたいと思うジョージーは、父の反対を押し切り、同じ鉱山で働くこととなる。いわば男社会のまっただ中に飛
スタンドアップ (映画を観たよ)
これって宣伝間違ってません? すっごい爽やかなCM流してますけど・・・ これを見た男性は少し肩身の狭い思いをしたんじゃないでしょうか? あれじゃ立場も何も無くて完全に女性目線で描かれていましたからね。 裁判シーンを所々に入れつつストーリーは進んでいくわけです。
スタンドアップ (まつさんの映画伝道師)
第337回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  かつてアメリカに「ピンクレディー」と呼ばれる女性たちがいた。  正確には今でもその「通称」を変えて存在するのだが、彼女たちは男女雇用機会均等法がもたらした歪のような存在.
『スタンドアップ』映画批評44 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  法廷映画として見るならば、かなり複雑な構成を持った作品です。裁判の進行と回想場面とが巧みに組み合わさって演出力のある作品に仕上がっています。あえて直接な描写を避けたり人の表情のみで想像させる場面など本当によくできている。ニキ・カーロ監
スタンドアップ (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)          助演女優賞(フランシス・マクドーマンド) ノミネート作品 アメリカではじめて行われたセクハラの集団訴訟を描いたこの映画は、シャーリーズ・セロンの熱演もあって、賞レースで話題になっている作品の
スタンド・アップ  ★★★★★ (Gachami の映画と日記のページ)
漠然と、カトリック信者らしい人生哲学を感じたのだけど、どうなんだろう?作者や制作者は、カトリック信者なのかな。確信はありません。 調べてみたら、舞台となったミネソタ州は、人口の6割近くがプロテスタントなのだそうだ。 でも、主人公が高校生の時、父親が誰だか分
スタンドアップ(2005米) (WAKOの日常)
「クジラの島の少女」の女性監督による、職場セクハラを題材にした女性の映画。シャーリーズ・セロン主演なので飛びついて観にいきました。 ジョージー(シャーリーズ・セロン)が法廷で証言としての回想から展開します。夫の暴力から逃れ、故郷で鉱山の仕事を始めるが
スタンドアップ (Take it Easy)
壮絶なセクハラシーンと対照的に、 ヒロインを取り巻くまわりの人たちの現実や、家族愛などが、 彼女が立ち上がり、戦っていく上で深く関わってくるあたり、 うまくバランスがとれていて、偏った思想の気持ち悪さは全くない。 よ~く考えたら「結局そういうことで問題解決する
『North Country』 (The Blue Knowhere)
『North Country』を観て来ました。 邦題は『STAND UP』なんだけど、久しぶりにいい邦題だと思う。 その理由は、映画の最後の最後で。 ストーリーは・・・。 夫の虐待に耐えかね、子供を連れ家を出たジョージー(シャーリーズ・セロン) 故郷に戻り、父親と同じ職...
立ち上がれ『スタンドアップ』 (今日はどこへ行きましょうか)
『スタンドアップ』試写会なり~ 守るものがあると人は強くなるんだな。 と言っても、私がもし同じ立場になった時、同じように行動できるかは疑問だ あいかわらず、内容をよく確認せずに行った私。 シングルマザーのお話と思っていたら、セクハラに立ち向かった女性...
スタンドアップ@東劇 (悠々自適)
シャーリーズ・セロン主演「スタンドアップ」観てきました。やー、めちゃめちゃ泣い
スタンドアップ/北への挑戦 (マダム・クニコの映画解体新書)
 原題は「 North Country 」。北の帝国(家父長制資本主義)に対する、南の国から来た移民(弱者=女性)の異議申し立てがテーマ。  原作はノンフィクションの「集団訴訟」。米国で1984年に訴えを起こし98年に結審、「セクシャル・ハラスメント法」制定のルーツとな
『スタンドアップ』の感想 (MASログ)
◇作品データ◇ 原題:『NORTH COUNTRY』 2005年/アメリカ/2時間4分(R-15) 原作:『Class Action:The Landmark Case That Changed Sexual Harassment Law』 主演 :シャーリーズ・セロン  字幕翻訳:岸田恵子 地元の試写会のキャッチフレーズ(うろ覚え):「
スタンドアップ (North Country) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニキ・カーロ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ キレイゴトの大嫌いなたおです。綺麗事ばかり言う人に限って、平気で嘘を付いて人を裏切るし。解決策が“臭いモノに蓋”で終了なんて、もってのほかで。でも、綺麗な人 ...
B3:スタンド・アップ (~勝手に映画評価~)
暴力夫から逃れるために2人の子供たちと共に実家に帰ってきたジョージーは、シングルマザーとして子供たちを養っていくために友人の紹介で鉱山で働くことにした。今よりも男女差別のひどかった時代であったために、鉱山で働く女性たちは性的迫害を何度もうけること ...
スタンドアップ (大発狂!外国映画DEナンボ?)
オスカー女優、シャーリーズ・セロンと『クジラの島の少女』(02)のニキ・カーロ監
スタンドアップ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ 正直、アドレナリンが出まくっててこーゆー言い方しか出来ません。 え~、ワタクシ今から汚い言葉を使いますのでお気を悪くされた方には 先に謝っておきますね。 申し訳御座いませ ...
スタンドアップ (Cinemermaid)
女性が主人公の社会派ドラマ 1980年後半頃のミネソタの鉱山を舞台に、そこで働く女性達の実話に基づいた作品だそうだ 大好きな女優、シャーリーズ・セロンが主演なので地味そうだけど観るのが楽しみだった♪
スタンドアップ (シェイクで乾杯!)
スタンドアップ 特別版2005年度・米・126分 NORH COUNTRY ■監督:ニキ・カーロ ■出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ショーン・ビーン ★R-15 今から約20年前、アメリカで実際に行われた「セクハラ訴訟」につ ...
『スタンドアップ』 (NOW☆MAY☆room~まいのシネマノート)
【sroty】 子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー(S.セロン)。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中 ...
NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) (サーカスな日々)
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、 ...
スタンドアップ (しーの映画たわごと)
シャーリーズ・セロン目当てで新しい作品を。原題はNORTH COUNTRY。なのになぜ邦題はスタンドアップなのか。それは後半で納得することになるのですが。炭坑で働く男性の中に女性の登用があるとどうなるか・・・序盤はそんな展開です。
『スタンドアップ』 (**Sweet Days**)
スタンドアップ 特別版 CAST:シャーリーズ・セロン、フランシス・マグドーマン、ショーン・ビーン 他 アカデミー主演女優賞、助演女優賞ノミネート 暴力を振るう夫に耐えかね、二人の子供を連れて故郷の北ミネソタに戻ってきたジョージー(シャーリー ...
スタンドアップ (シネ・ガラリーナ)
2005年/アメリカ 監督/ニキ・カーロ 弱者は弱者なりの生き方を探し出さねばならないのだろうか。ずる賢く、知恵を絞り、世渡り上手に生きていくことこそ、弱者の生きる道なのだろうか。ただ、牙をむいて立ち向かうことは、愚かなことだと? 私の答は、激 ...
スタンドアップ (cinema note+)
スタンドアップ 特別版NORTH COUNTRY 2005年 アメリカ 工場の女性達が数々の嫌がらせを受けてるの見ると、こっちまでムカムカしてしょうがなかった。 トイレごと倒すのなんか許せん所業だ。  「アリ-my l
『スタンドアップ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリーズ・セロン)は2人の子供を抱え、給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた・・・。感想全米で最初にセクシャ ...
スタンドアップ (試写会) (2006 映画観てきました♪)
今年1本目は試写会でした。 応募した事も忘れていたし 全然観るつもりなかった映画です。 でも、昨日サイトを見たら 興味沸いてきて 一人で出かけてきました。
スタンドアップ (Blossom Blog)
スタンドアップ NORTH COUNTRY 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド アメリカ 2005
「スタンドアップ」 (ひらりん的映画ブログ)
シャーリーズ・セロン主演。 どうも、炭鉱労働者の話らしく、寒いところで過酷な・・・みたい。
スタンドアップ (ひめの映画おぼえがき)
スタンドアップ 特別版 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、リチャード・ジェンキンス、ジェレミー・レナー、ミシェル・モナハン... 「私なんか、と何度
「スタンドアップ」 (金魚草)
初のセクハラ集団訴訟を起こした女性たちの実話を元にした映画です。 「スタンドアップ」  2005年 アメリカ 2時間6分 暴力を振るう夫と別れ、シングルマザーとなった主人公は、二人の子供を自分の力で育てていくために、給料のいい鉱山で働くことにします。 ところが...
スタンドアップ (Yuhiの読書日記+α)
 シャーリーズ・セロン主演の実話を元にした社会派ドラマ。 夫のDVに耐えかねて、子供2人を連れて家を飛び出したジョージーは、実家のあるミネソタに戻ってきたが、実は実家の父親と折り合いが悪く、なんとか子供達のために独り立ちしようと、旧友に紹介された給料の...
独断的映画感想文:スタンドアップ (なんか飲みたい)
日記:2007年3月某日 映画「スタンドアップ」を見る. 2005年.監督:ニキ・カーロ. シャーリーズ・セロン,フランシス・マクドーマンド,ショーン・ビーン,リチャード・ジェンキンス,シシー・スペイ
スタンドアップ (ゆるり鑑賞)
原題:NORTH COUNTRY(2005年/アメリカ) 【物語】 夫の暴力から逃れ、故郷に帰ってきたジャージーは、女性鉱山労働者として働くことに。 凄まじいセクシャル・ハラスメントを受けた主人公は、差別だらけの男性社
<スタンドアップ>  (楽蜻庵別館)
2005年 アメリカ 127分 原題 North Country 監督 ニキ・カーロ 脚本 マイケル・サイツマン 撮影 クリス・メンゲス 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ジョージー・エイムズ:シャーリズ・セロン    グローリー:フランシス・マクドーマンド    ...
スタンドアップ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 昨日も書いたように、3日連続試写会の中日です♪3連チャンなんだけど、それぞれジャンルも雰囲気も違いますし、コチラも楽しみにしていた映画なんです。  実を言うと昨日の「レジェンド・オブ・ゾロ」同様、コチラも計3通の試写状が届きました。  さらに、ゾロは...