京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ペンギン夫婦の作りかた』

2012-11-10 00:11:10 | 邦画

 

 
□作品オフィシャルサイト 「ペンギン夫婦の作りかた
□監督・脚本 平林克理
□脚本 アサダアツシ
□キャスト 小池栄子、ワン・チュアンイー、深水元基、山城智二、平良 進、吉田妙子

■鑑賞日 11月4日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  あの爆発的なブームを呼んだ「食べるラー油」。 その元祖ともいわれる「石垣島ラー油」。
  我が家の食卓にも欠かさず登場しているのが「食べるラー油」です(笑)
  最近は塩麹に
レギュラーを取られたようですが、それでも餃子等のときにはしっかり存在感をアピール。 
 
 この石垣島ラー油を生み出した夫婦が石垣島に移住し、夫の帰化とヒット商品である
 石垣島ラー油を生み出すまでの、島民とのふれ合いをを通じて夫婦の絆を描いていく。
 原案はこの石垣島ラー油の生みの親、辺銀愛理さんの自伝本「ペンギン夫婦がつくった
 石垣島ラー油のはなし」。

 フリーライターの歩美(小池栄子)は、中国で出会ったカメラマン(ワン・チュアンイー)と
 結婚したが、その夫の会社が倒産。 その気晴らしにと出かけた石垣島の美しい自然と
 島の人々の温かな人情、そしておいしい食材に魅了され、移住を決意した。 
 が、石垣島では何らコネクションもなく、二人は共通の趣味である“食”を活かし、
 地元の食材を用いた新しいラー油を作ろうとする。

 青い海と青い空。 白い雲と白い波。 沖縄って映像に映る様子は本当に絵に描いたような
 スローライフに憧れてしまう。 実際の沖縄には、最も失業率の高く、再就職し難い現実問題や
 米軍基地問題など累積された問題も多々あるのだが・・・。
 食で言えば『めがね』とか、音楽で言えば『天国からのエール』とか、沖縄をベースに
 描かれた映画も多い。 個人的には『深呼吸の必要』なんて映画が好きだが。
 もちろん「食べるラー油」は早いうちに入手してずっと重宝していた。
 その後、他社から類似品も多く出たので、最近は石垣島ラー油を口にしてはいないのだが、
 今は欠品せずにあるのだろうか(笑)

 この辺銀(ぺんぎん)夫婦の何気ない生活の中の会話を中心に、このラー油作りに
 惜しみなく協力してくれる周りの人たちの温かさが伝わってくる映画だった。
 大きな起伏や生活の変化がある訳ではないが、軸のブレない一定のトーンで進む映画だった。
 スケベなオジンや頑ななオジンや優しいオバンも出てきて、なにより二人を中心に
 和む映画だった。
 何故、苗字が辺銀(ぺんぎん)なのかは映画の中で知って欲しいところです。

 夫・ギョウコウを演じる台湾の俳優ワン・チュアンイーのことはあまりよく知らないが、
 映画出演は初めてのような。 ちょっと怪しい日本語が、逆に帰化を申請し、面接を受ける
 準備や、実際の面接シーンにリアル感を加えて良かったと思う。
 妻・歩美役の小池栄子はここのところ女優として活き活きとしている
 この映画でも実に自然体で、相変わらず大きな胸をユサユサ揺らしながら
 まるで彼女がご本人の辺銀愛理さんに見えてくるから不思議だ。
 (実際の写真を拝見すると、全く似ていないですが・・・
 彼女自身、、今まで割りにアウトローな役柄が多かったので、こういう役自体が
 嬉しかったのかな(オファーしてくれた監督がいることも)。
 沖縄という南国の、そして二人の夫婦と周りにいる良き理解者と応援者たちに守られた
 温かいハートフルな映画でした

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きらきらキティちゃん/SWAROVSKI | トップ | 『黄金を抱いて翔べ』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気持ちが優しくなる映画 (こに)
2012-11-10 15:18:42
モデルの辺銀夫妻の素晴らしさがあるからこその映画でしたね。
最近の小池栄子さんは同性から見ても変なイヤラシさが無く素敵な女優さんになられたと思います。
苗字の意味、とても素敵でしたね♪
人柄~ (cyaz)
2012-11-11 08:22:30
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>モデルの辺銀夫妻の素晴らしさがあるからこその映画でしたね。
そうですね^^ ご本人たちの人柄が反映していましたね!

>最近の小池栄子さんは同性から見ても変なイヤラシさが無く素敵な女優さんになられたと思います。
彼女、本当に良い女優さんになりました。
ここのところ、出演作も増えていますしね。

>苗字の意味、とても素敵でしたね♪
ほんと、そうでしたね!
チッタ (rose_chocolat)
2012-11-11 22:36:14
これ、チッタでやってるんですね。
都内しかチェックしてなかったので、チッタも見てみます!
上映時間が~ (cyaz)
2012-11-12 08:09:21
rose_chocolatさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>これ、チッタでやってるんですね。都内しかチェックしてなかったので、チッタも見てみます!
はい、やってますよ(笑)
ただ、上映時間が少ないのでご注意を!
Unknown (かいちくん)
2012-11-13 00:00:23
はじめまして。
多少鑑賞者を選ぶものの、綺麗な景色に人の温かさと、ほんわかした映画でしたね。
美味しそうな料理に、思わずお腹が減りました。

TBありがとうございました。
おはつです~ (cyaz)
2012-11-13 08:23:48
かいちくんさん(←ちょっと変ですか?)、コメント、ありがとうございますm(__)m

>多少鑑賞者を選ぶものの、綺麗な景色に人の温かさと、ほんわかした映画でしたね。
そうですね^^ やはり沖縄って和みますよね~

>美味しそうな料理に、思わずお腹が減りました。
確かに(笑)
グーグーいってましたよ、ボクも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画・ペンギン夫婦の作り方 (読書と映画とガーデニング)
2012年 日本 実在の人物、辺銀愛理、暁峰夫妻の実話に基づいた映画です 仕事を通じて知り合い結婚、東京で暮らす歩美(小池栄子)と中国人のギョウコウ(ワン・チュアンイー) ギョウコウの会社が倒産、気晴らしに石垣島に観光旅行に来た二人は素晴らしい...
ペンギン夫婦の作りかた (佐藤秀の徒然幻視録)
怪しげなペンギン夫婦の秘密 公式サイト。辺銀愛理原案、平林克理監督。小池栄子、ワン・チュアンイー、深水元基、山城智二、平良進、吉田妙子、田仲洋子、大田享、與那嶺望、松 ...
ペンギン夫婦の作りかた (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
([ひ]3-1)ペンギン夫婦の作りかた (ポプラ文庫 日本文学)クチコミを見る大ヒット商品“食べるラー油”を生み出した夫婦の実話を描く「ペンギン夫婦の作りかた」。グルメ映画というよ ...
「ペンギン夫婦の作りかた」見てきました&ビストロスマップコラボ商品 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
当初はそんな見るつもりはなかったんですが、チケットが 格安でゲットでき「ペンギン夫婦の作りかた」を見てきました。 「石垣島ラー油」をつくったご夫婦の話と言うことでしたが ラー油を完成するまでの過程は丁寧に描かれるものの、 メインは夫婦の絆のお話ですね....
ペンギン夫婦の作りかた (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://penguinfufu.jp/ 劇場でポスターを見かけたのは一年以上前だったと思う。 いわゆる『食べるラー油』の元祖のお話なんだけど、ブームが去った後での公開の吉凶は如何に? フリーライターの歩美(小池栄子)は、中国で出会ったカメラマン(ワン・...