京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『リバティーン』

2006-04-10 23:14:22 | 洋画


17世紀末イギリス。閃光のように現れ、燃え尽きた美しい男

 



■監督 ローレンス・ダンモア
■キャスト ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク

□オフィシャルサイト  『
リバティーン

 17世紀、王政復古のイギリス。 追放されていたある男が、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた。 ジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)ことロチェスター伯爵である。 悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄った彼は、国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の親族を前に、性描写の入った政府批判の詩を詠んだ武勇伝を話してきかせた。 世間を騒がし続ける破天荒なジョンだが、その才能は国王も認めるところだった。ある日、劇場でひとりの女優エリザベス(サマンサ・モートン)を目にしたジョンは、演技指導を申し出るが…。

 
 おススメ度 ⇒★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★☆


――初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい。
男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれてどんどん私を嫌いになる。
淑女たちに警告。私はところ構わず女を抱ける。
紳士諸君も嘆くことなかれ。私はそっちもいけるから気をつけろ。
......私はジョン・ウィルモット、第二代ロチェスター伯爵。
どうか私を好きにならないでくれ・・・・


 脚本の冒頭3行を読んで出演を決めたというジョニー・デップ。 そして名優で舞台ではジョン・ウィルモットを演じたジョン・マルコヴィッチ。 そして大好きなサマンサ・モートン。 好きな俳優たちの名前に観ない理由はなかった

 しかし・・・。 R-15はなんとなく想像できた内容だったが、本来舞台劇なのかもしれないが、やたらセリフの多さに幻滅。 しかもデップとモートンの長セリフのやり取りにはメリハリもなく期待はずれ。

 重い雰囲気に客席もあちこちで寝息が聞こえる。 不覚にも僕も眠ってしまった デップは『ネバーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』と続き、この後あの大ヒット作(劇場もDVDも)『パイレーツ・オブ・カリビアン』の続編『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』が控えている。 結論からすると次回作に乞う、ご期待って感じだった

 印象に残ったのは、デップ演じるジョン・ウィルモットが梅毒を患って、鼻を金属で止めているところだ。 昔、よく知らずに冗談で「梅毒にかかると鼻が落ちる」って話していたものだが、これはその昔は当たり前の常識だったんだなぁと、この鼻止めみたいなものを見て確認できた(笑)

 ちょっと心惹かれたのは、ジョン・ウィルモットの妻役を演じていたロザムンド・パイクだ~ 彼女のプロフィールをオフィシャルサイトで見ると、学生のときに「じゃじゃ馬ならし」で日本での公演を果たしているそうだ 彼女、『007/ダイ・アナザー・デイ』でボンドの敵として出演してたり、キーラ・ナイトレイ主演の『プライドと偏見』(僕は未見ですが)では美しい長女役を演じていたそうですね。 何よりも親近感を持ったのは彼女、僕と誕生日が同じだったことです~ 今後の人気が出そうですが、なんとなく誕生日が同じだけで応援したいな(笑)



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『寝ずの番』 | トップ | 「雨のステイション」/荒井由実 »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
猫は寝子だからと思ってたけど (にゃんこ)
2006-04-11 06:32:26
おはよーございます。

あららcyazさんも意識が遠のきましたか^^;;;;

猫は当然のごとく(ぉ

まだ感想アップしてませんが、、、アップできるのかなぁ、、、

(って、どのくらい意識飛ばしてたんでしょう、、、)
やっぱ~ (cyaz)
2006-04-11 08:42:12
にゃんこさん、コメントありがとうございましたm( )m



>あららcyazさんも意識が遠のきましたか^^;;;;

猫は当然のごとく(ぉまだ感想アップしてませんが、、、アップできるのかなぁ、、、

つい隣りのオバサンの寝息に誘われてしまいました(笑)そのオバサン、完熟(睡)でした^^ しかも終わってからジョニデ主演だと気づいたようです・・・><

かなりの数の映画を観ていても、この作品はつらいですね(笑)
こんにちは♪ (ゆかりん)
2006-04-11 09:24:34
3行を読んで出演を決めたというのは納得しました。

でもコメントしづらい作品でした~

眠ってしまったというのはわかる気がします…



もっとエロエロだと思ってましたがそうでもなかったですね。
おはようございます♪ (ミチ)
2006-04-11 09:50:57
大好きな時代設定に美しい放蕩貴族と来ればノリノリで見られるはずでしたが・・・・・。

ジョニーはじめマルコビッチとサマンサの演技には脱帽するも、どことなく引いてしまう作品でした。

ロザムンドは先日「DOOM」で見たときはいまひとつでしたが、この作品ではとっても良かったと思います!
やっぱりツライ? (Ageha)
2006-04-11 10:45:54
「パイレーツオブカリビアン」ですっかり

ジョニデのファンになってしまった下の子が

「うちの友達でジョニーデップ大好きで

映画雑誌とか買ってる子がいるんやけど

これだけはやめときって言うてた~」と。

ま、まあ15歳にはちょっと刺激が強すぎるのでしょう・・・知らないけど。



寝ちゃいましたか・・・。

エロでも?(オイ)
ですね~ (cyaz)
2006-04-11 12:35:02
ゆかりんさん、コメントありがとうございましたm( )m



>でもコメントしづらい作品でした~ 眠ってしまったというのはわかる気がします…

ジョニデが好きな方はどうだったんでしょうね(笑)?

僕はサマンサ・モートンに期待していたんですが、『イン・アメリカ』ほどのキレがなくて残念でした><



>もっとエロエロだと思ってましたがそうでもなかったですね。

そうですね!でもジョニデの鼻には笑っちゃいました!

なるほど~ (cyaz)
2006-04-11 12:37:14
ミチさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>ジョニーはじめマルコビッチとサマンサの演技には脱帽するも、どことなく引いてしまう作品でした。

この映画のトーンは好き嫌いが出るところでしょうね^^



>ロザムンドは先日「DOOM」で見たときはいまひとつでしたが、この作品ではとっても良かったと思います!

なるほど、そうでしたか^^ ボンドの敵役をもう観直してみたい(笑)



イマドキ~ (cyaz)
2006-04-11 12:39:50
Agehaさん、コメントありがとうございましたm( )m



>これだけはやめときって言うてた~」と。ま、まあ15歳にはちょっと刺激が強すぎるのでしょう・・・知らないけど。

いやいやこの程度なら平気でしょ(笑) ただ通常のジョニデのイメージとは違うのでそこは前認識がいるでしょ^^



>寝ちゃいましたか・・・。エロでも?(オイ)

イマドキこの程度のエロなんてエロじゃない(笑)

ジョニーによろしく (マイニ)
2006-04-12 19:25:36
眠たくなるような、迷作なんですか

もっと、期待していたんですけどね。

(まだ、観てません。)
あらら~ (cyaz)
2006-04-12 21:30:44
マイニさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>眠たくなるような、迷作なんですか もっと、期待していたんですけどね

まだなんですか^^ 僕のレビューは参考になさらず観て来てくださいね^^
あらあら・・・ (talofa)
2006-04-13 00:17:33
 かなり強烈な個性のジョニデ様なので きっと

ひとクセもふたクセもある映画なのだろうとは思っていましたが・・・

 そうなんですね。

最近気になる映画がたくさんあるので では他のものを先に見て、余裕があれば これにも行こうかな、と思います。

 ところで、こちらを私のブログ内のブックマークに入れても良いでしょうか?
どうぞ~ (cyaz)
2006-04-13 08:45:50
talofaさん、コメントありがとうございましたm( )m



>最近気になる映画がたくさんあるので では他のものを先に見て、余裕があれば これにも行こうかな、と思います

ジョニデ熱烈ファンでなければ、そのほうがベターでしょう^^



>こちらを私のブログ内のブックマークに入れても良いでしょうか?

ありがとうございます^^

これからもよろしくお願いします! 

TBありがとうございました (ammma)
2006-04-13 19:48:13
こちらからもTBさせていただきました。



この映画は結構厳しい評価が多いですね。

キャスト陣が豪華だったので楽しみに

していたのですが…。



寝てしまいましたか^^
す、睡魔が~ (ルーピーQ)
2006-04-13 21:58:29
cyazさん、今晩は☆

思いっきり睡魔に襲われてしまいました(汗)

全体的に暗い画面だったので余計に…。

感想の書き難い映画だなぁ~と言うのが一番の感想です。^^:

鼻を金属で止めているのが謎だったんですが、cyazさんの記事を読んで合点がいきました。^^
こんばんわ☆ (orange)
2006-04-13 22:42:56
こんばんわ☆cyazさん!

何か不思議なまでの性描写に圧倒されましたが・・・

ジョニー・デップの演技の凄まじさに、感嘆してしまいました。

酒と女に溺れた哀れな詩人を、これでもかと演じていましたね。

この時代の不穏な空気を表したじめじめした暗い映像も、ロチェスターの心象と重なって中々でした♪
ついつい~ (cyaz)
2006-04-14 00:01:08
ammmaさん、はじめまして^^

TB&コメントありがとうございますm(__)m



>この映画は結構厳しい評価が多いですね。キャスト陣が豪華だったので楽しみにしていたのですが…。

ジョニデもサマンサ・モートンも大好きなんですが^^ もちろん、マルコビッチも(笑)



>寝てしまいましたか^^

あまりにも隣のオバサンが気持ちよさそうに寝ていたのでついついつられました(笑)
やっぱし~ (cyaz)
2006-04-14 00:11:59
ルーピーQさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>思いっきり睡魔に襲われてしまいました(汗) 全体的に暗い画面だったので余計に…。

あらら、同じですね(笑)?!



>鼻を金属で止めているのが謎だったんですが、cyazさんの記事を読んで合点がいきました。^^

昔、良くそう聞いていたんですが、マジネタだとは思いもしませんでした(笑)







なるほど~ (cyaz)
2006-04-14 00:14:51
orangeさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ジョニー・デップの演技の凄まじさに、感嘆してしまいました。酒と女に溺れた哀れな詩人を、これでもかと演じていましたね。

この作品の内容は別として、ジョニデは本当に役作りの上手な役者さんになりましたね^^



>この時代の不穏な空気を表したじめじめした暗い映像も、ロチェスターの心象と重なって中々でした♪

そう感じておられるorangeさんもなかなかの感性をお持ちのようで^^

TBとコメントありがとうございました (aiai)
2006-04-14 23:31:38
ロザムンド・パイクは私もチェックしました!

お芝居では彼女がエリザベスを演じてたらしいです。それも観てみたいですが、美人過ぎるかな?



ジョニデの鼻、落ちてましたよね?「梅毒って鼻にくるのね~」と思ってました。信じちゃいけなかった(^^;)!?
鼻落ち~ (cyaz)
2006-04-15 01:00:10
aiaiさん、コメントありがとうございますm(__)m



>お芝居では彼女がエリザベスを演じてたらしいです。それも観てみたいですが、美人過ぎるかな?

観てみたいですね! 次作が楽しみな女優さんですね~♪



>ジョニデの鼻、落ちてましたよね?「梅毒って鼻にくるのね~」と思ってました。信じちゃいけなかった(^^;)!?

昔はよく冗談で鼻が落ちるって言ってたんですけどね(笑)

cyazさん☆ (mig)
2006-04-16 01:40:38
こんにちはー。

観てきました☆

が、、、、

眠くなるような映画で、、、、

と思ったらやっぱり皆さんそうみたいなんですねー



うーん、な作品でした。



誕生日同じだと応援したくなる気持ち、わかります。

ワタシは尾崎豊と同じですけど

それだけで単純に親近感

(ずうずうしい 笑)
そうですか~ (cyaz)
2006-04-16 16:25:33
migさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>眠くなるような映画で、、、、と思ったらやっぱり皆さんそうみたいなんですねー

流石に僕も少し船を漕いでました(笑)



>誕生日同じだと応援したくなる気持ち、わかります。ワタシは尾崎豊と同じですけどそれだけで単純に親近感(ずうずうしい 笑)

そうですね^^ 11月生まれなんですね?

やっぱなんとなく同じ誕生日だと嬉しいですよね^^

Unknown (あっしゅ)
2006-04-17 19:45:49
こんばんはっ。あっしゅです。

どうでしたか?ボクは少し期待はずれでしたねぇ。

でもさすがデップ。迫真の演技には脱帽でした。
ですね~ (cyaz)
2006-04-18 00:14:04
あっしゅさん、コメントありがとうございますm(__)m



>ボクは少し期待はずれでしたねぇ

僕も少し期待しすぎていたかも(笑)



>でもさすがデップ。迫真の演技には脱帽でした

難しい役だと思いましたが、デップらしいかと聞かれるとそうでもないような・・・。

TBありがとうございました! (千太郎)
2006-05-31 16:15:27
昨日に引き続き、お邪魔致します。

あたしはジョニーファンなんですが、ファンのくせに公開終了ギリギリまでこの映画知らなかったんです



内容も分かんないまま行ったので期待ハズレとかは無かったんですが、

満腹感はいつものジョニーの映画に比べると、足りなかったかも…と、思います。



ただ迫真の演技には引き込まれましたよ。

ジョニー好きだからかも知れませんが。。。
どうも~ (cyaz)
2006-06-01 00:14:09
千太郎さん、コメントありがとうございますm(__)m



>内容も分かんないまま行ったので期待ハズレとかは無かったんですが、満腹感はいつものジョニーの映画に比べると、足りなかったかも…と、思います。

そうですね^^ 工夫のあとが観て取れない映画でしたね^^



>ただ迫真の演技には引き込まれましたよ。 ジョニー好きだからかも知れませんが。。。

なるほどその気持ちわかるような気がします

こんばんは♪ (miyukichi)
2006-12-19 00:00:51
 TBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 サマンサ・モートン、よかったですね。
 妻役の方は存じませんでしたが、
 やはりよかったです。
 とてもきれいな方でしたね。

 にしても、かなりエログロなのはまいりました^^;;
たしかに~ (cyaz)
2006-12-19 08:25:26
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>サマンサ・モートン、よかったですね。
彼女、デビュー当時から好きなんですよ^^

>妻役の方は存じませんでしたが、 やはりよかったです。 とてもきれいな方でしたね。
そうですね!

>かなりエログロなのはまいりました^^;;
ま、ストーリーからしてああいう表現方法は仕方がないところでしょうが、間違ってしまうとデップ・ファンに総スカン食ったかも(笑)
男性の意見も見たい^^ (とんちゃん)
2007-01-08 08:45:51
おはようございます★
お正月も過ぎ、いかがお過ごしですか^^

古い記事にTB&コメごめんなさい。
ほほ~~cyazさん手厳しい。男性からの視点も
気になる映画です。
ジョニーの上手さに唸りました。

奥さんの慈愛に満ちた大きな愛、いい加減な放蕩者だけど恵まれていましたネ~~
上手さ~ (cyaz)
2007-01-08 10:24:27
とんちゃんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>古い記事にTB&コメごめんなさい。
いえいえ、ノープロブレムですよ^^

>ほほ~~cyazさん手厳しい。男性からの視点も
気になる映画です。ジョニーの上手さに唸りました。
ジョニデ好きなので厳しいレビューになりましたが、ジョニデの上手さについては同意見です!

>奥さんの慈愛に満ちた大きな愛、いい加減な放蕩者だけど恵まれていましたネ~
時代背景と環境もあるんでしょうけどね(笑)
Unknown (ホーギー)
2008-04-20 17:26:43
はじめまして、ホーギーと申します。
この映画のジョニーの演技は素晴らしいですね。
特に梅毒と酒に侵された後半の演技には圧巻です。
そして、ストーリーも壮大なオペラのようで、
最後までテンションが高い、素晴らしい作品だと思いました。
また、共演のマルコビッチの国王も実にいい味を出していたし、
自分の意志を貫き通したサマンサ・モートン、
最後までジョンを愛し続けた妻役のロザムンド・パイクも
良かったですね。
ブログ歴2か月の初心者ですが、
これからも、どうぞよろしくお願いします。
なお、TBもお願いします。
おはつです~ (cyaz)
2008-04-20 21:00:12
ホーギーさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この映画のジョニーの演技は素晴らしいですね。
彼は映画ごとにその役回りに上手くハマりますよね^^

>また、共演のマルコビッチの国王も実にいい味を出していたし、自分の意志を貫き通したサマンサ・モートン、最後までジョンを愛し続けた妻役のロザムンド・パイクも良かったですね。
僕的には二人とももっと力量があるのになぁって感じでしたが(笑)

>ブログ歴2か月の初心者ですが、これからも、どうぞよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
ブログ続けて下さいね^^
Unknown (ホーギー)
2008-04-20 23:08:58
こんばんは、私のブログへのコメント&TBどうもありがとうございました。
仰るとおり、ジョニーはどの作品でも上手くハマり
かつ魅力的なキャラクターにしますよね。
だから、彼の作品は見逃せませんよね。
また、いろいろ映画についてお話させて
頂ければと思います。
よろしくお願いします。
姿勢~ (cyaz)
2008-04-21 08:26:09
ホーギーさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ジョニーはどの作品でも上手くハマりかつ魅力的なキャラクターにしますよね。だから、彼の作品は見逃せませんよね。
彼なりの役作りの姿勢をぼくは高く評価しています。
でも初心を忘れず、小さなサイズの映画も撮ってほしいなぁと思いつつ(笑)

>また、いろいろ映画についてお話させて頂ければと思います。よろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

71 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
リバティーン (ネタバレ映画館)
 「私を好きになることはあるまい」などと言われると、つい逆らってみたくなっちゃいます。
■リバティーン (シネマでお邪魔~♪(Johnny館))
行って来ました。オールナイト!! この日をどんなに待ち焦がれていたことか。 最初は、トークショーから始まりました。 ロバート・ハリスさんと司会のお姉さんのお話でこのリバティーンやジョニーの話題をあれこれと取りとめも無く話していました。 特別ジョニー
リバティーン (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/04/08(2006.04.08鑑賞)監督:ローレンス・ダンモア音楽:マイケル・ナイマン出演:ジョニー・デップ     サマンサ・モートン    ジョン・マルコヴィッチ    ロザムンド・パイク 1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族が居並ぶ大事な宴の
リバティーン (シャーロットの涙)
リバティーン…放蕩(ほうとう)者、 自由思想家… 17世紀(1660年代)に生きた、破天荒な放蕩詩人ジョン・ウィルモット、第二代ロチェスター伯爵の壮絶な生き様を描いた作品。 重点はあくまで、ロチェスター伯爵。 ストーリー展開や時代背景はあまりにも混沌としていて、結構
映画「リバティーン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リバティーン」★★☆ 17世紀の英国ものと聞いただけで私の好み。しかもジョニデが放蕩詩人の貴族の役をやるなんて超期待していた。 この時代背景を知ることがまず重要。1660年代は“王政復古”の時代で、科学技術や芸術が急速に発展し、性に対する考え方もと
★「リバティーン」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョニー・デップ主演。 今週は観たい劇場公開作が目白押しだったけど・・・ 時間の関係でジョニデの作品をナイトショウで・・・ 3~40人くらいは入ってたかなっ。
リバティーン (BLACK&WHITE)
【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ 公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバ
「リバティーン」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト シネマイクスピアリ、公開3日目3回目です。 シアター4(361席)、意外と入ってました。 普段3回目は行かないのですけど、カップルが多かったとです。 きっとジョニーファン
リバティーン (悠雅的生活)
17世紀のロンドン、伝説の放蕩詩人
『リバティーン』 (映像と音は言葉にできないけれど)
今日は下ネタ映画の日なのか『寝ずの番』に続いて隠語を躊躇いも無く字幕にぶつけています。しかし映画の中ではジョニー・デップ演じるロチェスターの才能を盾にした行動が恥じらいを超えてクールに表現されているので淫猥な不快感覚はありませんでした。
リバティーン(ネタばれ有) (洋画のススメ)
初日に見て参りました。 小さめの劇場でしたが満員でした。 普段は何とも思わずフラフラ入るだけですけど 今回は整理券を貰ったので何となくドキドキしてしまいました。 以下はネタばれするかもしれませんので、よろしい方の
リバティーン (色即是空日記+α)
『The Libertine』 2005年 イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ  サマンサ・モートン  ジョン・マルコヴィッチ 公式サイト   エロかっこいいジョニー・デップ。 R-15 上映館が少なくてびっくりしたwCMや.
リバティーン【映画】 (葉っぱと花と心地よい暮らし)
どうしてだか気になってしまうってことはたぶん、きっとファンなんだよね、私。ジョニー・デップの。『リバティーン』2006年4月8日公開の映画なのですが、主演がジョニー・デップなんというかちょっと癖のある役をやったら、むっちゃ面白い人なんだと思う。『シザーハンズ...
リバティーン (ユウヒイサナの順風満帆ブログ)
映画『リバティーン』が4月8日から公開されます。 ジョニー・デップ、ジョン・マルコヴィッチ、サマンサ・モートン、マイケル・ナイマン 17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、「ロチェスター伯爵」の壮絶な一生の記録。 ■ちなみに「ロチェスター伯爵」はこんな人■ 天才
どうか私を好きにならないでくれ (ついてない男 - unLuckyMAN -)
―はじめに断っておく  諸君は私を好きになるまい。  男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれてどんどん私を嫌いになる。  淑女達に警告。   私はところ構わず女を抱ける。  紳士諸君も嘆く事なかれ。  私はそっちもいけるから気をつけろ。 ……私は
リバティーン (エリ好み★)
「インタビュー・ウィズ・バンパイア」に出てくるドラキュラようなJ・デップ。不健康で妖艶なロチェースター伯爵が、最後は梅毒でボロボロになるところまで、なんともデップらしい怪演でした。腐臭が臭ってくるような演技って初めて観ましたよ~。
ジョニー・デップに喝采!!!「リバティーン」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
のりにのっている 演技派俳優ジョニー・デップの 「リバティーン」を観てきました。 17世紀のイギリスで 疾風のごとく駆け抜けた 詩人ジョン・ウィルモット (第2代チェスター伯爵)の 短くも(33年)壮絶な生涯。 作品は淡々と始まって生きます。 彼の生き方に対して
*4月公開・『リバティーン』* (*Naturalnote*)
**ivh**2006.03.31movieホエェ~なんともセクシーなお言葉・・・・このジョン・ウィルモット・ロチェスター伯爵とは、17世紀イギリスに実在した放蕩詩人。破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ、『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男のその壮絶な一...
だぁ―! キタ――(゜∀゜)――!! (*Rubbish heap*)
初めに断っておく 諸君は私を好きにはなるまい 男は嫉妬し、女は拒絶し、 物語が進むにつれてどんどんワタシが嫌いになる 淑女達に警告 私はところ構わず女を抱ける 紳士諸君も嘆くことなかれ 私はそっちもいけるから気をつけろ ・・・私はジョン・ウィルモット 第2代ロチ
映画 『リバティーン』 4月8日公開! (美人手帳)
テレビ愛知で毎週日曜夜12時から放送しているSHOWBIZ COUNTDOWNという、映画を紹介する番組をみていたんです。正確には、夫が見ていて、私は、ネットをしていたのですが、ちょっと、衝撃的な映画を紹介していました。これから放映される話題作の紹介コ.
映画『リバティーン』:ジョニーデップ (DESTINYCOMPLEX)
見てきました。。映画「リバティーン」昨日が公開初日だったわけですが、かなりバタバタした一日の中、鑑賞。鑑賞券自体は以前から買ってあったので、行くことは絶対だったんですwそれはもちろん、主演ジョニーデップだから・・・・リバティーン=インモラルな人生を送る...
ジョニーデップ イン 「リバティーン」 (旅はみちずれ、世はお酒)
脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐりあわない作品。...................ジョニー・デップ2006年4月8日公開予定17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生の記録。彗星のごとく現れ、美しく燃え尽きて...
映画情報 (今日が一番いい日)
「脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐりあわない
映画「リバティーン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年21本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。ローレンス・ダンモア監督デビュー作品。「素晴らしい才能を有しながらも、挑発的な言動を繰り返し、酒とセックス三昧の奔放な人生の果てに33歳の若さで亡くなった孤独な天才詩人の半生を描く。全体的に暗い雰囲気で...
リバティーン (MAしゃまとアナマリア☆の独り言)
1660年代のロンドン。国王チャールズ二世とも親しい第二代ロチェスター伯爵は、挑発的な言動で人々の注目を集め、民衆に与える影響も少なくない。彼の才能を評価する王の期待を敢えて欺くかのように、重要な客人の前で猥褻な詩を披露するなどして、王の怒りを買うことも日...
ジョニー・デップ 今度はモジャモジャ長髪頭・・・ (キニナル、ぁれ★)
なにやっても、かっこぇぇなぁ・・・ 映画『リバティーン』2006年4月8日公開決定 主演:ジョニー・デップ →映画『リバティーン』公式HPhttp://www.libertine.jp/ 共演は怪優、ジョン・マルコヴィッチ。 演技派との呼び声高いサマンサ・モートン。 音楽に
私を好きになんかならないで (And I Don\'t Want To Live This Life)
天才だけれども、女好き、酒好き、ポルノ作家としても有名だった、17世紀イギリスに
■リバティーン (ルーピーQの活動日記)
17世紀、王政復古のイギリス。追放されていたジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)が、恩赦を受けてロンドンへ戻ってきた。彼は悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄り、国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の親族に、性描写の入った
リバティーン (とにかく、映画好きなもので。)
   17世紀のイギリスにおいて国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の寵愛を受けたロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、露骨な性描写の政府批判の詩を詠んだ為、国王から追放されていたが、恩赦を受けロンドンへ戻ってきた。  その才能は誰も.
「リバティーン」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「リバティーン」   公式サイト 劇場鑑賞  ゆづの好き度  ☆    (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月8日公開  上映時間110分 正直なところ、 見終わった後、非常に具合が悪くなってしまいました。 多少ですが予習していたので、 ロ
リバティーン (Kinetic Vision)
モノクロームの映像の中でロチェスターが口上を述べる場面はすばらしい。低くささやくような官能的な声で挑発的な言葉を次々に繰り出して、観客に「私を好きになるな」と警告するジョ
「リバティーン」 THE LIBERTINE (俺の明日はどっちだ)
舞台は17世紀の王政復古のイギリス。ジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵は天賦の才能に恵まれながら、その破滅的な生き方ゆえ、彼を寵愛する国王(チャールズ二世)さえも敵に回す日々を送っていた。そんなある日、舞台上で観客からブーイングを浴びせられる新人女優
映画@リバティーン (sattyの癒しのトビラ)
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい 男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれて どんどん私を嫌いになる。 .....どうか私を好きにならないでくれ。 17世紀、イギリス 追放されていたある男が、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた ジョン・ウィルモットことロチ
「 リバティーン 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ローレンス・ダンモア 出演 : ジョニー・デップ / サマンサ・モートン /      公式HP:http://www.libertine.jp/ 「 脚本の三行で出演を即決した 」「 後にも先にも一度しかめぐりあわない作品 」ジョニー・デップにそう言わしめた作品。 映...
リバティーン (Black Pepper\'s Blog)
ジョニー・デップの新作「リバティーン」を観てきました。 17世紀のイギリスを舞台
ジョニー・デップ Johnny Depp  俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 June 1963,Owensboro, Kentucky, USA 本名 John Christopher Depp IIIThe Diving Bell and the Butterfly(2006) Shantaram (2007) The Rum Diary(2004) Pirates of the Caribbean 3 (2007) パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・
ジョン・マルコヴィッチ John Malkovich 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 December 1953,Christopher, Illinois, USA 本名 John Gavin MalkovichTexas Lullaby (2007) Savage Grace (2006) Drunkboat (2006) Beowulf (2007) エラゴン/遺志を継ぐ者 Eragon (2006) Klimt (2006) Art School Confidential (2
サマンサ・モートン Samantha Morton 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 May 1977,Nottingham, England, UKFree Jimmy (2006)(voice) Control (2005) Pride and Glory (2007) Expired (2006) Mister Lonely (2006) Lassie (2005) River Queen (2005) リバティーン The Libertine (2004) Jの悲劇 Enduri
リバティーン(先行上映) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  奔放がゆえの孤独、絢爛がゆえの闇  
リバティーン (シェイクで乾杯!)
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい どうか私を好きにならないでくれ・・・・・ 冒頭、美しい顔のジョニー・デップ演ずるロチェスター伯爵がこう語りかける。
【劇場映画】 リバティーン (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 17世紀、王政復古のイギリス。追放されていたある男が、恩赦を受けてロンドンへと戻ってきた。ジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵である。悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄った彼は、国王チャールズ二世の親族を前に、性描写の入った政府批判の詩
リバティーン/The Libertine (我想一個人映画美的女人blog)
「どうか私を好きにならないでくれ....。」 なんて言ちゃって、一体どんなナルシストなんだ~。 と観たいリストに入れてはいたものの、 きっと眠くなるような作品なんだろうなーと気合いをいれて、 でも、予想では☆5(普通)くらいかな?{/face_nika/}と思って 期待もしな
リバティーン(映画館) (ひるめし。)
17世紀ロンドン。天才詩人と舞台女優。二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。 CAST:ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/ロザムンド・パイク 他 ■イギリス産 110分 ”僕が女だったら、妊娠しますよコノ映画。” byオダギリジョー こ
リバティーン (future world)
「最初に断っておく・・・どうか私を好きにならないでくれ・・・」 ・・・ムリです、そんな熱い眼差しで語られたら。。。 この映画の始めと終わりに、麗しいジョニー・デップが懇々と語る~~ ある意味、ジョニーのこの役への思い入れも感じるし作品自体のインパクトに.
「リバティーン」 (てんびんthe LIFE)
「リバティーン」シネセゾン渋谷で鑑賞 いくらジョニー・デップが出ているからといっても「こんなの見るの?」とこの前高島屋でポストカード付きの前売り鑑賞券を買ったときに同行してくれた友人たちが言った一言。見終わったあとにズシっときます。これはジョニーのファ
リバティーン (メルブロ)
リバティーン 上映時間 1時間50分 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコビッチ ロザムンド・バイク 評価 5点(10点満点)  この2年半で外で映画を見る習慣がすっかり身についてしまったため、むしょうに映画
デップの『リバティーン』 (天下一無能会)
ジョニー・デップの『リバティーン』が2006年4月8日に公開されます。17世紀に実在したイギリスの詩人ロチェスター伯爵をジョニー・デップが演じます。この詩人かなり破天荒というか自由奔放な詩人らしいです。常識の枠に囚われず33歳の若さでなくなった天才詩人をデップが...
淋しい男の性。『リバティーン』 (水曜日のシネマ日記)
17世紀のイギリスを舞台に、破天荒な放蕩詩人の人生を描いた作品です。
リバティーン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
リバティーン(liberine)=「放蕩者」「道楽者」の意 ジョニー・ディップが「脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品。」と絶賛して出演した作品です。 舞台は17世紀、王政復古期のイギリス。国王チャールズ?世の寵愛を
リバティーン (Alice in Wonderland)
すごくつまらなかったらどうしようかなという不安もあったのですが、我らがジョニー出演作ということで心して観に行きました。感想としては内容はそれなりに興味をそそるものだったんだけど映画としての魅せ方が私には全くダメでした。しかし後半部分のジョニー・デップの...
リバティーン (ロッタのひなたぼっこ)
世界一色っぽい男、ジョニー・デップの新作『リバティーン』は、17世紀のイギリスが舞台となってます。 フランスとの諍いの続くチャールズ2世の時代に生きた、天才詩人ジョン・ウィルモットの短い生涯。 破天荒で、自由と女性を欲望のままに愛しながら、その気ままさが
17世紀の放蕩詩人「リバティーン」 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:]「リバティーン」 ちょっと新宿に用があって、水曜だし映画観るか…って感じで選んでしまったので、予備知識ナシ。 ジョニー・デップ主演の時代物で、彼が脚本を3行読んで出演を決めた、ということだけ。 もともと時代ものが苦手なので、ジョニー・デップは好き
★リバティーン@シネセゾン渋谷:4/21 Fri. (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
映画鑑賞が趣味になってまだ1年足らずだし、どんなに酷評してきたものでも、どれもそれなりに面白かったって思ってるけど、私はこの映画だけはダメでした。 だから、この映画ついて私が書いていいと思えることは何ひとつないです。 あるとしたら、最初は豪華な宮廷が舞台な
リバティーン (利用価値のない日々の雑学)
ジョニー・ディップというこのところ筆者にとって可也評価の高い男優と、彼を起用した歴史物という待望の作品化に、その内容の如何を問わず、年頭から高い期待度を持っていた。そもそもがこの作品の主役である、ジョン・ウィルモット(ロチェスター伯爵二世)という人物がど
リバティーン (No Cinema No Life)
デップが脚本の冒頭3行を読んで出演を決めた、という作品、しかも音楽は「マイケルナイマン」、この映画は間違いなくおもしろい、そう確信しどんな内容なのかも知ろうともせず楽しみに見に行ってきました。 蓋を開けてビックリ、とんだ放蕩詩人のお話でどにかく ...
リバティーン (Imagination From The Other Side)
17世紀に実在した英国の放蕩詩人ロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモットの半生を描いた歴史ドラマ。 主演は「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップ。 共演に「マイノリティ・リポート」「CODE46」のサマンサ・モートン、オリジ ...
リバティーン (映画通の部屋)
「リバティーン」 THE LIBERTINE/製作:2005年、イギリス 110
映画「リバティーン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Libertine 初めと最後の言葉、私が好きか?・・こんな私でも・・それでも私が好きなのか、どうか私を好きにならないでくれ・・自由奔放に生きた孤独な男の物語。 第二代ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、詩人にして舞台作家。新人のエリ ...
リバティーン (きぶんしだい)
今日は午前中は大学の授業 その後、Kンちゃんとトマオニにご飯を食べに行って(←私の祝☆トマオニデビュー)、梅田に私用があったので出かけて行きました。 んで、5時半くらいに用事を済ませて、LOFTを覗くと、地下のテアトル梅田で 『リバティーン』 ...
25 リバティーン (毎週水曜日にMOVIE!)
・・・お答えします。「きらいです」 チョコレート工場も好きだし、パイレーツも、ドンファンも好きでした。 でもこの映画は好きじゃありませんでした。 思惑どおりになって、結局は意図にはまっている気もしますけど・・ 耽美的。退廃的。エロティック。 ...
リバティーン (Blossom Blog)
リバティーン THE LIBERTINE 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン イギリス 2004
リバティーン (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「リバティーン」(ローレンス・ダンモア:監督)    舞台は、17世紀のイギリス。  ジョニー・デップ演じるロチェスター伯爵の  奔放で壮絶な人生が  おどろおどろしい雰囲気の中で、描かれます。  エログロな場面も、しばしば。。。{/face_a ...
リバティーン (とんとん亭)
「リバティーン」 2006年 英 ★★★★☆ 何となく暗そうで、DVD化になっても触手がのびなかった一本でしたが ジョニデ・ファンなら必見でしょう。 流石はジョニデ!! 特に彼の大ファンと言うほどでもない(普通にスキ^^)私でも彼の演技に ...
リバティーン (ひめの映画おぼえがき)
リバティーン 監督:ローレンス・ダンモア 出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク、トム・ホランダー、ジョニー・ヴェガス... 「17世紀イギリス。閃光のように現
リバティーン…鼻カバー見たのは魁男塾以来 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日{/kaeru_fine/}も予定がなく、ブログ更新に勤しむピロEKです{/face_ase2/} 多分お昼からはショッピングに行くと思いますが、そちらも未定。 この三連休は外で遊ぶことも、家の用事(ちらかったオモチャの整理とかね{/face_ase2/})もせず、ダラダラ過ごしてしまい...
『リバティーン』 (Sweet* Days)
リバティーン CAST:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコビッチ 他 STORY:1660年、性の自由に対する考えが変化していった頃の王政復古のイギリス。詩人のロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は国王チャールズ二...
149.リバティーン (レザボアCATs)
これを見て自分を好きになれるか?とカメラ目線で語りかけるジョニー・デップ。大ヒットシリーズの『パイレーツ・オブ・カリビアン~』のシリーズの1と2の間の公開作品がこれっていうのが、なんだかとってもジョニー・デップらしいというか、何と言うか。“役者ジョニ...
リバティーン / THE LIBERTINE (Sapphire)
2005 / イギリス 監督:ローレンス・ダンモア CAST:ジョニー・デップ / サマンサ・モートン / ジョン・マルコヴィッチ / ロザムンド・パイク / トム・ホランダー / ジョニー・ヴェガス / ケリー・ライリー / ジャック・ダヴェンポート 17世紀の英国。王(ジョン・...
詩と酒と女、放蕩と自由の極道は正直しんどい!?/『リバティーン』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●リバティーン(THE LIBERTINE)● ●監督;ローレンス・ダンモア ●脚本;スティーヴン・ジェフリーズ ●出演;ジョニー・デップ/サマンサ・モートン/ジョン・マルコヴィッチ/     ロザムンド・パイク/トム・ホランダー/ジョニー・ヴェガス 他 ●製作年度...
リバティーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『17世紀ロンドン。 天才詩人と舞台女優。 二つの魂が交わった時、悲劇が始まった・・・。』  コチラは4/8に公開されたんですが、ジョニー・デップが「脚本の冒頭3行を読んで、出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品さ。」とまで言っちゃ...
リバティーン (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『Do you like me now?』  【公   開】 2006年 【時   間】 110分 【製 作 国】 イギリス 【監   督...