京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『父と暮らせば』

2004-08-14 22:29:33 | 邦画

■監督  黒木和雄(原作 井上ひさし)
■キャスト 宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信
■物語  
 「原爆」で自分だけが生き残り、幸せになることを否定しながら生きる娘を、
 亡くなった父があらゆる方法で娘の閉ざされた心を開いていく。

 おススメ度⇒★★★★★(5★満点、☆は0.5)

 この映画はあまり予備知識を入れずに観に行きました。 もちろん黒木監督の作品は
 好きで、『たそがれ清兵衛』でのりえちゃんの演技には感動し、この映画での彼女の
 演技にも期待はしていました。 「原爆」あるいは「戦争」という少し重いテーマでは
 あるのですが、そこに「幸せになることを否定して」生きる女性と彼女の心を読みきって、
 人生を、そして彼女の生き様を諭して行く父親の、シリアスかつコミカルな会話の中に、
 忘れてはいけないテーマを細かく織り込んでいく。
 登場人物の少なさは、より主人公たちの心に深く入り込んでいけるし、何よりも役者の
 持ち味を把握し、繊細に映画に描き込んでいく黒木監督の独特の感性と映像は本当に
 感動しました。 僕自身が一番特筆できるのは「おとったん」を演じる原田芳雄さんの
 演技でした。 テーマがテーマだけに彼のコミカルな演技が、さもすればこの映画を
 壊してしまう恐れもありながら、微妙にかつ細心にしかもナチュラルに演じてしまう。
 映画を観終わったとき、思わず「このおとったんは芳雄ちゃんしか演じることが出来ない!」
 と言ってしまいました(笑) 彼のような役者さんがもっともっとバイプレーヤーでなく
 評価をされることが、日本映画の発展につながるような気がします。
 今年もここまで70本以上映画を観て来ましたが、ここまでの中で僕の最優秀主演男優賞は
 まちがいなく原田芳雄ちゃんです^^  東京の方にはお分かりかと思いますが、
 この映画は岩波ホールで上映されています。 確かに今まで上質の映画を上映されて
 きたのですが、映画を観る環境を考えるとイマイチだと思います。 色んな事情はあるに
 せよ、上質の映画は上質な環境で観たいものです。

◆オフィシャルサイト
  父と暮らせば
  
たそがれ清兵衛                 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 2001年ベストシネマ15 »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (yocco)
2004-09-26 05:10:50
映画に関しては申し分ないのですが...

私の場合、隣の3人組の主婦のこと

3人のうち2人は寝ていました

それもよりによってすぐ隣に座った主婦は軽い寝息(本当はイビキと言いたい)まで立てて...

岩波ホールまで観に来る以上、寝ないで欲しい

淡々と静かに流れていく映画だけに腹立たしい 
おなじく(笑) (チャズ)
2004-09-26 16:16:36
yoccoさん、確かにそうですよねぇ^^

特にこの映画は無駄なSEを使わず、父娘の会話だけで展開していく物語だったので、軽い寝息でさえ気になりますよね(笑) ?確かに単館映画は本当にその映画を観たい人が楽しみに観に来ているものだと思います。全国公開のメジャー映画ではないので、寝るなら静かに寝て欲しいですね(笑) ?あと気になるのは老人人口が加速して増えていく中、茶の間でTVを観ているかのように、最初から最後までしゃべっている人たちはたまらないですよね?
Unknown (ビス子)
2004-10-06 13:51:02
確かに嫌ですね。

私が観に行ったときは、鼻をすする音が聞こえていましたよ。これは、仕方ない(笑



TB有難うございます! (mignon)
2004-10-07 03:56:17
パリからはじめまして。



TB有難うございました。

日本に滞在中1本だけしか

映画を観る時間はなくて、

どうしても観たかったのが

この映画でした。

よかったですよねえ。



blogでも書いたように

近年の宮沢りえの成長ぶりは

観ていて気持ちいいものです。

日本映画も日本人俳優も

いいものを持っているのだから

どんどん世界で活躍してほしい、

宮沢りえにもそう期待して

います。

岩波ホールの次回作は

なぜ日本で公開されないの?

と長い間思ってblogにも書いた

作品です。

高野さんの後、一つの映画館で

あまり取り上げない作品を

上映するのは、かなり大変な

ことなんでしょうか。。

Unknown (reika)
2004-10-08 19:49:06
TBしていただき、どうもありがとうございます。

原田芳雄さん、ほんとうに素晴らしかったですね。静かな中に、訴えかけてくる強さが滲み出ていて俳優のすごさを感じました。出演されている俳優の方が皆、無言の訴えかけができる力を抱えていらっしゃる方ばかりで素晴らしかったです。
おそくなりましてm(_ _)m (cyaz)
2004-10-14 18:25:41
ビス子さん、 mignonさん、reikaさん、コメントありがとうございました。

昨日からTVの新番組で、りえちゃんが久しぶりに登場しましたね。今度はどんな彼女を見せてくれるのでしょうか^^
トラックバックお礼 (あかん隊)
2004-12-21 16:09:08
トラックバックをありがとうございました。



自分は、トラックバックの方法が

わからなくて、やや時間ロスしていましたが、さすがにcyaz さんは素早いです。



この映画のDVDが出ないかな~、と思っています。最終日直前で、一度しか観られなかったので。
いえいえ~ (cyaz)
2004-12-21 17:09:45
あかん隊さん、コメントありがとうございますm(_ _)m



DVDはまだ先でしょうね(笑)?!

でも、DVDで芳雄ちゃんのセリフは

字幕がでないでしょうかねぇ(笑)

日本語(広島弁)のわかりにくいところがありましたので(笑)?!
原田芳雄さんだったら (あかん隊)
2004-12-22 01:13:43
確かに。広島弁をあんなに早口で言われてしまったら、とてもたちうちできませんです。



故郷にいる78歳になる母が、

彼を知らなかったらしく

「原田芳雄って、いい俳優さんだね」

と言って、感心していました。



「ニワトリはハダシだ」

これもとても良い演技でしたよ。
いい役者~ (cyaz)
2004-12-22 08:29:19
あかん隊さん、再びコメントありがとうございますm(_ _)m



芳雄ちゃんは昔から好きな役者さんです。

こういう“味”を持った人はなかなかいないですね^^



言葉は広島舞台ですから、仕方がないと思います。

DVDになったら、

お互い、しっかり勉強しましょう(笑)?!

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
父と暮らせば 6 (今日のエンドロール)
最近、映画のエンドロールは長い。エンディングテーマみたいなヤツがフルコーラス終わってもう1曲かかったりする。でもこの映画は違った。出てる役者がたったの4人。しかも一人はセリフなしの置物みたいな出演だから、1時間半を見せきった残り3人の熱演には拍手を送りたい
父と暮らせば (2アウト満塁!)
井上ひさし原作の映画「父と暮らせば」 を観ました 愛する父を原爆で亡くした娘と、その娘がある青年に好意を寄せている事を知り 亡霊となって現れ、なんとか幸せになって欲しいと応援する父 娘は戦火から父を救い出す事が出来ず見殺しにしてしまったと言う罪の意識から 自
『父と暮せば』 (あにょん。~Anyone~)
前から観たいと思っていた、『父と暮せば』を、 先日、岩波ホールに観に行ってきた。 ギンレイ以外で映画を観るのは久しぶりだ。 岩波ホールに来るのは、2回目。 『宗家の3姉妹』を観て以来。 そのとき誘ってくれた友人と音信不通になっている。 また、映画を観
父と暮らせば (Liblog)
LIBLOGでは、「父と暮らせば」の感想を書いたブログからのトラックバックを募集しています。是非ご参加ください♪
映画「父と暮せば」2005春再上映 (tamyレポート)
 2004年も残すところ1週間。あとは1年をふりかえる内容を多くしていきたい。
父と暮らせば (海を見ていた)
 凄いお芝居を見せて貰っちゃった。あんなに長いセリフと二人芝居でこんなに宮沢り
*Cinema* 父と暮らせば (猫と映画ときまぐれおんな)
THE FACE OF JIZO 監督:黒木和雄 出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 2004年 日本映画 99分 カラー (静岡サールナートホール) ★★★★☆  いい映画でした。この映画は広島に落とされた原爆について、その時、何があったのか、どういうことが起きたのか..
映画「父と暮せば」再上映、ありがとありました (tamyレポート)
 昨日3月5日、ブルーリボン賞を受賞した宮沢りえさんが主演した映画「父と暮せば」
映画鑑賞記 「父と暮せば」 (幻の湖)
注!ネタばれあります。未観の方はお気を付け下さい。父と暮せばTHE FACE OF JIZO│2004年 / 日本 / 35mmカラー / ヴィスタ / 99min│監督 黒木和雄原作 井上ひさし「父と暮せば」脚本 黒木和雄/池田眞也撮影監督 鈴木達夫美術監督 木村威夫音楽 松村禎三照明 三上日
父と暮せば (Cat Tail * cinema)
原作:井上ひさし 脚本:黒木和雄・池田眞也 監督:黒木和雄 出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 他 公式HP 2004年*日本*99分 レビュー 原爆投下から3年後の広島で、独り生き残った後ろめたさから自分の幸せを拒否し生きる娘・美津江と、幽霊となり彼女の
父と暮らせば (貴方の心に響いた台詞は?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ<<あなたのお気に入りのセリフ募集中!!>>)
この作品は・・・いまんとこ(05/3/14現在)今年のベスト1(といってもそんなに観てないが)だ。 「ローレライ」のようなハリボテ映画と違い(いや、むちゃくちゃ面白かったんだけど)、戦争と真摯に向き合っている。 「ローレライ」のように原爆を軽く扱っていない(いや、その軽い
「父と暮らせば」 (“カ・ノ・ン”)
監督:黒木和雄 出演:宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信 原作:井上ひさし 製作:2004年 鑑賞:2004年3月15日 <Story>  原爆が落ちて3年後の昭和23年、夏の広島の火曜日から金曜日までの物語である。 図書館に勤める福吉美津江(宮沢りえ)は愛するものたちを一瞬の閃
父と暮せば (NAM1978.cocolog)
岩波ホールでアンコール上映中との事で、観てきました。原爆投下後3年経った広島が舞
父と暮らせば (徒然と(美術と本と映画好き...))
戦争を扱った映画はあまり観ないのですが、昨年、野田秀樹の芝居 で観てから気になる女優・宮沢りえが出演しているので... 井上ひさしの戯曲の映画化です。思わず映画館の売店で文庫本を買 ってしまいました。余韻にひたりながら、井上ひさしの言葉を通読。 この映画の脚本
『父と暮らせば』 と無為な時間に耐えた宮沢りえさん (西のはてのひとりごと)
下高井戸シネマで『父と暮らせば』を見た。広島の原爆をめぐるある親子の物語。まず、なんといっても主役の娘役の宮沢りえさんの演技。ほんとにすごい。そして美しい。そこにいるのは被爆した一人の少女だ。少しおきゃんで、すらりと長い手足を持ち、娘らしい恥じらいがあっ
NO MORE HIROSHIMA…「父と暮らせば」 (chihana\'s room-BOOK,MOVIE and MORE)
ほろっときます。映画「父と暮らせば」。 い~でじ!!さんはこちら。 宮沢りえがかわいいです。
父と暮らせば (映画にKISS☆ (おはなとぱーこ))
父と暮らせば 監督/黒木和雄 脚本/黒木和雄 池田眞也 出演/宮沢りえ 原田芳雄 74点 (・・) ヒロシマ・長崎・終戦。 この8月に、このタイミングにこの映画を選んだのは言うまでもなく、わたしなりのメッセージです。 原作・井上ひさし「父と暮らせば」。
父と暮せば (2004) 99分 (極私的映画論+α)
 広島に原子爆弾が投下された、3年後。図書館に勤める美津江も、愛する人たちを原爆で失い、自分だけが生き残ったことに負い目を感じながらひっそりと暮していた。そんな彼女はある日、図書館で一人の青年、木下と出会う。2人は互いに惹かれるものを感じるが、美津江は“
映像と小説 (Mana)
ごきげんよう。 土曜日の首都圏を襲った地震、結構怖かったです。 わたしは、外出時
父と暮せば 今年の169本目 (猫姫じゃ)
父と暮せば   あたしは、宮沢りえ、好き。貫禄さえ漂わせる、大女優への道まっしぐら! ぁ、貴乃花は、嫌いね。   原爆被弾3年後の、娘と父のお話。 例によって、井上ひさし原作だとか、舞台があったとか、全然知りません。 しかし、なんにも知らずに見る
父と暮らせば(DVD)  (ひるめし。)
おとったん、ありがとうございました。 CAST:宮沢りえ/原田芳雄/浅野忠信    どうやら、原田芳雄は幽霊役らしい。一瞬ファンタジー!?って思ってしまった・・・。 そしてほとんど、というか全て宮沢りえと原田芳雄の二人芝居。 台詞の量がすごく多くてしかも広島弁。
CINEMA●STARR 「父と暮らせば」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 黒木和雄  脚本 黒木和雄、池田眞也 出演 宮沢りえ、原田芳雄、浅野忠信、他  原爆投下から3年、一人暮らしの女は、自ら生み出した父の幻影と暮らしている。それは女は過去を責めながらも、未来への希望との葛藤を、父との対話で送る物語。  物凄い邦画に.
伝え続けなければならないこと(映画「父と暮らせば」を観て) (とりあえず俺って何様?)
今さらながら、「父と暮らせば」を見た。 区の平和イベントで上映会があったので、いい機会だから子どもたちを連れて行ってきた。 *  *  *  *  *  *  * 井上ひさしの戯曲を、黒木和雄が映画化したものだ。 最初に結論をいえば、非常に素晴らしい作品だ
父と暮せば (ももママの心のblog)
2004年 日本 戦争、ヒューマンドラマ 2005年12月23日 VTR(WOWOW) 監督・脚本 黒木和雄 原作 井上ひさし 出演 宮沢りえ(阿修羅城の瞳、たそがれ清兵衛、華の愛/遊園驚夢)、原田芳雄、浅野忠信(座頭一) 1948年広島。図書館に勤める美津江(宮沢りえ)は、原爆に遭い
父と暮せば (いつか深夜特急に乗って)
「父と暮せば」★★★★★ (ルミエール2)2004年日本 
「父と暮らせば」 (あげまきBLOG)
監督/黒木和雄 原作/井上 ひさし 出演/宮沢りえ/原田芳雄/浅野忠信 2004年/99分 1945年8月6日午前8時15分。突如、頭上に2つめの太陽が出現した。その激しい光が広島の人々を襲った。3年後、1948年のある金曜日、広島にて。 亡霊なの ...
宮沢りえ「父と暮らせば」 (あしあと)
広島の原爆、宮沢りえの美しさ、けなげさ、親子の情愛に心揺さぶられるという映画です。
『父と暮せば』:軽さも軽い原田芳雄:DVDにて (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
若干鑑賞順序は前後しますが、『父と暮せば』をDVDで鑑賞しました。 以前、地域のNPOのホール上映会があって出かけたことがあったのですが、途中から映写状態がすこぶる悪く、自主的リタイア(座席で半睡状態)したので、最後まで観たのは今回が初めて。
【映画】父と暮せば (しづのをだまき)
2004年 日本
父と暮せば (Diarydiary! ver.2)
《父と暮せば》 2004年 日本映画 =Cast=美津江:宮沢りえ 竹蔵:原田芳雄 木下:浅野忠信 =Comment=殆どが、父と娘の二人芝居で、セリフのやりとりがメインとなってますが、それが感動をまた誘います。父の飄々としたしゃべりが時折笑を誘いました。心に残る作品とな...
TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本 (読書と映画とガーデニング)
「百円の恋」2014年 定職にもつかず家業の弁当屋を手伝うこともなく、毎日をダラダラと過ごす独身女性・いちこ(安藤サクラ)32歳一人のボクサーとの出会いをきっかけに自らもボ......