京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『大統領の執事の涙』

2014-02-23 00:02:23 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「大統領の執事の涙
□監督 リー・ダニエルズ
□脚本 ダニー・ストロング
□キャスト フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、
       ジェーン・フォンダ、
キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、
       レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、
デヴィッド・オイェロウォ、
       ヴァネッサ・レッドグローブ、アラン・リックマン、ロビン・ウィリアムズ

■鑑賞日 2月15日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  こういう映画を観ていると、やはりアメリカにおける白と黒の長い間の軋轢の歴史を、
  少しは勉強しておいた方がいいなぁといつも感じるのだが・・・。
  それにしても昨年からホワイトハウスが舞台の作品が多いなぁ(笑)

 この作品は実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。
 奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。
 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。
 ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜擢される。
 アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、
 キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の
 当たりにしてきたセシル。 その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との
 衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。

 黒人奴隷の話は史実とは異なる部分もあるかと思うが、『ジャンゴ』などでも描かれて
 いたとおり、昔から白人vs黒人の話は映画作品のテーマとして選ばれることが多かった。
 一昨年に観て感動した 『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー』もそうだった。

 言われるがままに無抵抗に。 幼い頃に見た不条理な光景。 しかしながら、反抗せず、
 抗うことなく無抵抗さをひたむきに白人に尽くすセシル。 身分の違いを認識し、自分を
 も殺し、世渡りが巧いと言ってしまえばそれまでだが、生き延びるための幼い頃からの
 知恵が、彼を黒人ながら紳士的で従順な、そして痒いところに手が届く的執事として
 認められ、学歴はないまでも、巧みな術を使い、誰しもが認める執事として歴代
 大統領に仕える。 たまには大統領から意見を求められることも。 彼のひたむきな
 人生はその後の黒人大統領を生み出す陰の原動力になったことは間違いないだろう。

 だけど、引退して一人の普通の人間に戻ったとき、現実から目を背けることは出来ず、
 不義理な息子の現状を顧みて、改めて自分の置かれた位置を再認識する。
 それはまさに同胞の暴動の中に身を置いたとき、改めて同じカラーの恐ろしさを
 現実問題として受け止めざるを得なかった。 むしろ一般人では絶対に触れられない
 世界のすぐそばに居て、安全無害な場所での生活が、もしかしたら自分の足元を
 見つめることを忘れていたのかもしれない。

 世界を動かすトップの人たちのそばで、世の中の移り変わりと様々な事件を間接的に
 触れること。 ただの人では出来ない人生を、何かを犠牲にしながらも築きあげて
 来たに違いない。

 フォレスト・ウィテカーは実に巧い。 ただ、さらに巧いと感じたのは母親役のオプラ・
 ウィンフリーだ その愛情の深さと芯の強さが、セシルをサポートしていたのだろう。
 そして、傍らのキューバ・グッディング・Jrの存在も大きかった。

 歴代の大統領、色々な俳優がやっていたが、僕はアラン・リックマンが演じた
 ロナルド・レーガンが、見る角度によって凄く似ていた気がした。 あの猫背姿も(笑)
 そしてナンシー・レーガンをジェーン・フォンダが演じていたのも良かったなぁ。
 マライア・キャリーもチョイ役で出てたしねぇ。 
 
   リチャード・ニクソン=ジョン・キューザック 
   ジョン・F・ケネディ=ジェームズ・マースデン
   ロナルド・レーガン=アラン・リックマン 
   リンドン・B・ジョンソン=リーヴ・シュレイバー
   ドワイト・アイゼンハワー=ロビン・ウィリアムズ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 | トップ | 「デパートへ行こう!」/真保裕一 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (サッチーー)
2014-02-23 10:36:13
アメリカらしい題材を上手に映画にした監督も偉いですね。
人種差別はどのようなものか?わかっているつもりでも
古い歴史に中で繰り返された色々な問題。
歴代の大統領に仕えた執事の心情と生きるための
知恵などこの映画で良くわかったのでしょうか。

cyazさんの解説で少し解ったような気がしますが、
奥深い所ではいまだに人種差別の場面が全く無いわけではありませんね。
困難な場面でもそれを支えた人々のことにもスポットが
当てられている事は素晴らしいですね。
知らなかった事実〜 (cyaz)
2014-02-23 17:47:33
サッチーさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>人種差別はどのようなものか?わかっているつもりでも古い歴史に中で繰り返された色々な問題。
そうですね^^
島国日本であっても、色々ありましたからね・・・。

>歴代の大統領に仕えた執事の心情と生きるための
知恵などこの映画で良くわかったのでしょうか。
自分であって自分でない空気のような存在でしたね!

>奥深い所ではいまだに人種差別の場面が全く無いわけではありませんね。
そうかもしれません。長い歴史の傷跡ですので。

>困難な場面でもそれを支えた人々のことにもスポットが当てられている事は素晴らしいですね。
あらゆる視点で描かれるべきでしょうが、
やはり長い歴史の中、それぞれの切り口となるのでしょうね!
でも、これは知らなかった事実でした。
昔っから (sakurai)
2014-03-16 20:39:32
こういう題材の映画は、作られますが、今につながる問題としているのか、過去を振り返るために作っているのか、たんび、考えさせられます。
リー監督ならではの視点ですよね。
目を背けちゃいけない。
オスカーの「それでも夜は明ける」同様、居住まい正して、見ねばと。
やっぱレーガン夫妻が秀逸でしたね。
Unknown (Nakaji)
2014-03-19 18:10:22
こんにちは♪

>それにしても昨年からホワイトハウスが舞台の作品が多いなぁ

たしかに。。。

そうそう、レーガン似てたね〜思い出しちゃいました。
視点〜 (cyaz)
2014-03-20 08:33:23
sakuraiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>今につながる問題としているのか、過去を振り返るために作っているのか
確かに仰るとおりだと思います。
日本人には肌感がないですよね・・・。

>リー監督ならではの視点ですよね。目を背けちゃいけない。
そうですね^^ 黒人監督ならではで。

>オスカーの「それでも夜は明ける」同様、居住まい正して、見ねばと。
やっぱレーガン夫妻が秀逸でしたね。
そうですね^^ どうして似るのか不思議でした(笑)
レーガン〜 (cyaz)
2014-03-20 08:55:25
Nakajiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そうそう、レーガン似てたね〜思い出しちゃいました。
骨格自体、似ていないはずなのに、
不思議に似てました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大統領の執事の涙 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「大統領の執事の涙」 よみうりホール(試写会) 綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズ(後にフォレスト・ウィテカー)は、見習いからホテルのボーイとなり、やがてホワ
劇場鑑賞「大統領の執事の涙」 (日々“是”精進! ver.F)
誇りと信念を持って… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402180001/ 【送料無料】大統領の執事の涙 [ ウィル・ヘイグッド ]価格:1,470円(税込、送料込) 【当店専用ポイント(楽天ポイントの3倍)+メール便送料無...
映画『大統領の執事の涙』観てきた〜ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン (よくばりアンテナ)
奴隷から大統領執事になった男の目を通して、 アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。 公式HPはコチラ 実在の人物がモデルだそうです。 綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、 ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。 家働きの下男となり、そ...
大統領の執事の涙 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大統領の執事の涙』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)本作は、アイゼンハワーからレーガンまで7人のアメリカ合衆国大統領に仕えた黒人執事の半生を描いた映画であり、アメリカで大ヒットしたということなので、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、主人公の...
大統領の執事の涙 (あーうぃ だにぇっと)
大統領の執事の涙@アスミック・エース試写室
十人十色。『大統領の執事の涙』 (水曜日のシネマ日記)
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の人生を描いた作品です。
映画:大統領の執事の涙 The Butler 黒人執事からみた、アメリカ現代史。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある....
大統領の執事の涙 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/ 実話を基に作られた作品。 予告を観て、主役のフォレスト・ウィテカーの顔が脳裏から離れなくなり鑑賞してきた。 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。 ホテル....
大統領の執事の涙/フォレスト・ウィテカー (カノンな日々)
ホワイトハウスに34年間勤め7人の大統領に仕えていたという実在の黒人執事ユージン・アレンをモデルに主人公と彼の家族の姿を綴ったヒューマンドラマです。主演はフォレスト・ウィ ...
大統領の執事の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
結局、全てはバラク・オバマのために 公式サイト。原題:The Butler。リー・ダニエルズ監督、フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ、マライア・キ ...
大統領の執事の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
大統領の執事の涙 / Lee Daniels' The Butler (勝手に映画評)
ユージン・アレンと言う8代の大統領に使えた実在の執事の人生を元に描いた、1950年代から1980年代のアメリカの戦後史。 物語の始まりは、1920年代のアメリカ南部から始まるのですが、まだまだ黒人差別が有る時代が描かれています。ネタバレになってしまいますが、いきな...
『大統領の執事の涙』 2014年2月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『大統領の執事の涙』 を試写会で鑑賞しました。 リー・ダニエルズ監督が来日していて急遽登壇いたしました。 陽気な監督でした。(ちなみに黒人です) 【ストーリー】  綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルの...
映画『大統領の執事の涙』★時代ととともに〜父の涙 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163357/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ホワイトハウスの執事として、アメリカ大統領数名に仕えた執事セシルを 大好きな ...
大統領の執事の涙 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生をモデルにしたドラマ。奴隷から大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男の波乱に満ちた軌跡を追う。主演を務める『ラストキング・オブ・スコットランド』などのフォレスト・ウィテカーを筆頭に、ジョン・キューザック、ジェーン....
大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
大統領の執事の涙 (映画と本の『たんぽぽ館』)
黒人からみたアメリカの歴史 * * * * * * * * * * 7人の米国大統領に仕えた黒人執事の実話を元にしています。 子供の頃ほとんど奴隷と変わらない状況で 南部の綿花畑で働いていたセシル・ゲインズは ワシントンへ出てホテルのボーイとなり、 や...
大統領の執事の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(AF) 人間いくつになっても学ぶことがあるな〜と改めて思い知る。
「大統領の執事の涙」 犬と狼 (はらやんの映画徒然草)
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
大統領の執事の涙 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。奴隷から大統領の執事に上り詰め、ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セシル・ゲインズと、その家族の人生を描くヒューマンドラマ。綿花畑の奴隷として生まれたセシルは、子供の頃父親を白人の主人に撃ち殺されてしまいますが、ハウスニガ...
『大統領の執事の涙』 (2013) (相木悟の映画評)
歴史を変えんと戦った勇士に捧ぐ人生ドラマ! アメリカ史における黒人社会の変転を学びながら、普遍的な家族ドラマが心に響く感動作であった。 本作は、ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた実在の執事ユージン・アレンさんをモデルに創作された伝記ドラマ。監督は、....
大統領の執事の涙 (心のままに映画の風景)
奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。 南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。 やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボー...
大統領の執事の涙・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その時、執事は見ていた。 「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。 ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、...
「大統領の執事の涙」 (prisoner's BLOG)
黒人が綿花畑での強制労働につかされ殺されても事件にもならない状態から、アメリカ初の黒人大統領誕生に至るまでを一気に駆け抜けるのだが、描かれていることの幅や厚みの割になんだかダイジェスト的でいまひとつ重量感がない。 ドラマとすると息子のうちひとりがベトナ....
「大統領の執事の涙」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜すぐ目の前で、世界が動いていた〜 2013年  アメリカ映画    (2014.02.15公開)配給:アスミック・エース     上映時間:2時間12分監督:リー・ダニエルズ原作:ウィル・ヘイグッド脚本:ダニー・ストロング音楽:ホドリゴ・レオン出演:フォレス...
映画「大統領の執事の涙」 (FREE TIME)
映画「大統領の執事の涙」を鑑賞しました。
「大統領の執事の涙」 (みんなシネマいいのに!)
 ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事の物語。 公民権運動やベトナム戦
大統領の執事の涙 (シネマ日記)
実在したホワイトハウスの黒人執事の人生を描いた作品。試写会に行って参りました。綿花畑の奴隷の子として生まれたセシルゲインズフォレストウィティカー。母マライヤキャリーは雇い主の白人アレックスペティファーに手籠めにされ、父は射殺された。そんなセシルに同情し...
大統領の執事の涙 (映画好きパパの鑑賞日記)
 アイゼンハワーからレーガンまで、7人の大統領に使えた黒人執事を通して、アメリカの黒人史を俯瞰した物語。執事としての仕事同様、一歩引いて全体を見るような作品なので、ちょっと長く感じる部分もありましたが、要所ではっとする場面があり、いろいろ考えさせられま...
映画『大統領の執事の涙』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-21.大統領の執事の涙■原題:The Butler■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:1,800円■観賞日:2月23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:リー・ダニエルズ◆フォレスト・ウィテカー◆オプラ・ウィンフリー◆...
大統領の執事の涙 (こんな映画見ました〜)
『大統領の執事の涙』---LEE DANIELS' THE BUTLER---2013年(アメリカ)監督:リー・ダニエルズ出演:フォレスト・ウィテカー 、オプラ・ウィンフリー 、ジョン・キューザック 、ジェーン・フォンダ 、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、...
『大統領の執事の涙』 悲しみの目 (Days of Books, Films )
Lee Daniel's The Butler(film review) 『大統
「大統領の執事の涙」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Butler」2013 USA セシル・ゲインズに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「バンテージ・ポイント/2008」のフォレスト・ウィテカー。 グロリア・ゲインズに「プレシャス/2009」のオプラ・ウィンフリー。 ルイス・ゲインズに「ペーパーボーイ 真夏...
『大統領の執事の涙』 人間の範囲はどこまでか? (映画のブログ)
 西洋で発明されたものはたくさんある。  映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして...
大統領の執事の涙 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年3月1日(土) 16:45〜 109シネマズ川崎2 料金:1000円(ファーストデイ) パンフレット:未確認 アミン大統領、アメリカ大統領に仕える 『大統領の執事の涙』公式サイト アミン大統領を演じたフォレスト・ウィテカーが、ホワイトハウスの大統領執事を演...
ガッチャマン (ダイターンクラッシュ!!)
2013年9月1日(日) 15:50〜 TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:未確認 「スピード・レーサー」のほうが百倍素晴らしい。 『ガッチャマン』公式サイト 役者は悪くないと思うのだよ。ゴーリキーさんも。五朗の南部...
「大統領の執事の涙」(2013) (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
非常に見応えのある映画でした。この主人公が仕えたケネディ以降の大統領たちは私も名前や顔を 覚えているので、そのホワイトハウスの歴史とアメリカの黒人たちが公民権を得る歴史、そして主人公の家族の物語として、とても興味深くまた感動の持てる作品ですね。公...
『大統領の執事の涙』:オプラに一票 (シネマ・クレシェンド)
前哨戦のいくつかで作品賞や演技賞にノミネートされた、リー・ダニエルズ監督による『大統領の執事の涙』を観ました。ホワイトハウスの執事として歴代7人の大統領に仕えたセシル・ ...
大統領の執事の涙 (迷宮映画館)
僅か50年で、アメリカはどう激動したか。。。見るべき作品です。
「大統領の執事の涙」 (Con Gas, Sin Hielo)
移ろいゆく歴史の評価の暫定版。 「フォレストガンプ」がそうだった。ある人物の一生を、時代の出来事を映しながら描いていく手法。 高齢の方や近現代史に関心がある人にとっておもしろいのは当然。一方で主題は家族愛を軸にしているから、これもほぼ鉄板。米国で受け....
大統領の執事の涙 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
大統領の執事の涙 '13:米 ◆原題:LEE DANIELS' THE BUTLER ◆監督:リー・ダニエルズ「ペーパーボーイ 真夏の引力」「プレシャス」 ◆主演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、テレンス・ハワード、レ...
アメリカ現代史〜『大統領の執事の涙』 (真紅のthinkingdays)
 The Butler  南部の白人家庭で、給仕などを担当する 「ハウスニガー」 として育ったセ シル(フォレスト・ウィテカー)は、大統領の執事に抜擢され、ホワイトハウスで 働くことになる。  1950年代から80年代にかけてのアメリカに実在した、7人...
『大統領の執事の涙』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『大統領の執事の涙』を観てきました。大統領の執事の涙 - 映画.com観たいと思っていたので少し風邪気味だけどグルグル巻にあったかくして即行ってきちゃった。 それにしても出演者の豪華なコト。。。まぁ歴代大統領を演じるわけですから、、、それなりの人じゃないとネ...
大統領の執事の涙 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:リー・ダニエルズ 出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、キューバ・グッディング・Jr、テレンス・ハワード、レニー・クラヴィッツ、ジェームズ・マースデン、デヴィッド・オイェロウォ、ヴァネッサ・レ...
大統領の執事の涙 (いやいやえん)
【概略】 ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。 ドラマ 非暴力による誇りと戦い。 早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の...
『大統領執事の涙』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
劇場公開時に何かで宣伝を目にして興味を持ちましたが、結局DVDにて鑑賞(最近、こんなのばかりですね〜)7人の大統領に仕えた黒人執事の物語ということで、執事視点の大統領の裏側の話かな?とも思いましたが・・・ちょっと思っていたものと(勝手に思っていた)違っていま....
映画評「大統領の執事の涙」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督リー・ダニエルズ ネタバレあり
『大統領の執事の涙』('15初鑑賞31・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 4月3日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。
「大統領の執事の涙」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
大統領の執事の人生と、アメリカにおける黒人の歴史・・を同時に描いた作品。3つ★半
映画・大統領の執事の涙 (読書と映画とガーデニング)
原題 THE BUTLER2013年 アメリカ アメリカ・ホワイトハウスでアイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン、フォード、カーター、レーガンの7人の大統領に仕えた黒人執事・セシル(フォレスト・ウィテカー)の物語 実話に基づいているそうです 1926年、....