京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『8月の家族たち』

2014-05-07 00:05:07 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「8月の家族たち
□監督 ジョン・ウェルズ
□脚本・原作 トレイシー・レッツ
□キャスト メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、
      クリス・クーパー、 アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバッチ

■鑑賞日 4月27日(日)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 傍目に平穏そうな家族にも、その家族しかわからないこと、数十年一緒に生活して
 来ても隠し通された事実があるもの。 それが、ある8月の暑い日に父親が失踪し、
 その理由が自殺だったこと。 そこで滅多に顔を合わせない三姉妹がオクラホマの
 実家に集まる。 長女のバーバラ(ジュリア・ロバーツ)は反抗期の娘ジーン
 (アビゲイル・ブレスリン)に手を焼き、夫のビル(ユアン・マクレガー)との関係にも
 問題を抱えていた。 自由奔放な三女カレン(ジュリエット・ルイス)は怪しげな
 婚約者スティーブ(ダーモット・マローニー)を同伴し、ひとり地元に残る次女アイビー
 (ジュリアンヌ・ニコルソン)はいまだに独身のまま。 そんな娘たちを迎えた母
 バイオレット(メリル・ストリープ)はガンで闘病中ながら、相変わらずの歯に衣
 着せぬ毒舌ぶりで、いつしか家族の間に不穏な空気が。

 そもそも舞台(群像)劇だったようだが、それにしてもこれだけのメンツを揃えて
 結構期待感モリモリだったけど、朝8:55の回から観るにはちょっと重かったかな(笑)
 父親の失踪と死、癌の母親と娘たちの愛憎劇。 そこには長年秘密にされていた
 幾つかの夫婦間の出来事、不貞、また血族恋愛等々、ちょっとドロドロした匂いが
 スクリーン一杯に広がる。 誰しもがそれぞれに悩みを持ち、しかも大黒柱の父を
 失い、更に勝手で口達者な母は癌。 娘たちが尽くそうとしても薬漬けの状態で
 まともに受け答えも出来ない。 暑いオクラホマの土地で、気分転換をできない
 まま、異常な雰囲気は増幅する。

 個々の女優たちの演技は素晴らしいが、それが互いの腹に溜まったものの
 ぶつけ合いでは、やはり映画的ではない独特の色を持っていたようだ。
 ジュリエット・ルイスは久しぶりにスクリーンで観たが、少々老けたものの相変わらず
 身勝手な役柄がピッタシ。 軸にとなるメリル・ストリープのあのセリフの多さには
 正直オスカー女優の維持が見え隠れしていた。 ジュリア・ロバーツにしてもしかり。
 ベネディクト・カンバーバッチはここのところチョイ役であちこちでているが、最後で
 息子のために自らの長年の結婚生活にピリウドを打つべく、妻に引導を渡そうと
 するクリス・クーパーの迫力ある演技は凄い。
 ジュリア・ロバーツが出ているので、勝手に『マグノリアの花たち』的映画だと
 思っていたのが間違いだった。

  こんな家族の秘密があったらホント怖いなぁ・・・。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アメイジング・スパイダー... | トップ | 『テルマエ・ロマエⅡ』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
機能不全家族の罵倒合戦 (zebra)
2015-05-11 22:13:58
マジ うぜえ母親だった。まともなヤツなら 母親でも「てめえの面倒はてめえで見ろ!」といいますね。いくらガンでも抗がん剤や精神安定剤やら何やらで何種類もの薬を飲みまくるとは・・・

>ベネディクト・カンバーバッチはここのところチョイ役であちこちでているが、最後で
 息子のために自らの長年の結婚生活にピリウドを打つべく、妻に引導を渡そうと
 するクリス・クーパーの迫力ある演技は凄い。

  このおじさんが一番まともな人でした。
このおじさんには 個人的に敬意を表したい。
妻のことはべつとして 義理の姉ヴァイオレットとは絶縁を勧めたいです。 性格の悪さが 伝染病みたいにうつる前にね(笑)


バイオレットには、亡き夫が託した家政婦さんだけが残ったが・・・。
 これが最後の皮肉 ネイティブアメリカンを嫌ってたのに そのネイティブの血を引く家政婦がバイオレットとって最後の砦とは・・・

まるで ビリヤード台の手玉のごとく的球を次々と穴に落としていって とうとう長女までも穴に落としてしまった・・・

 もう ヴァイレット一族は自分しかいない今 この家政婦さんまで邪険にあつかって去られたら もう拠り所の”砦”はなくなるよ。 
たしかに~ (cyaz)
2015-05-12 08:11:05
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>いくらガンでも抗がん剤や精神安定剤やら何やらで何種類もの薬を飲みまくるとは・・・
日本ではあまりないですが、やはり向こうは薬や
サプリに頼る傾向がありますね。

>このおじさんには 個人的に敬意を表したい。
妻のことはべつとして 義理の姉ヴァイオレットとは絶縁を勧めたいです。 性格の悪さが 伝染病みたいにうつる前にね(笑)
たしかに(笑)

>そのネイティブの血を引く家政婦がバイオレットとって最後の砦とは・・・
仰る通りで(笑)

>とうとう長女までも穴に落としてしまった・・・
ああいう状況下におかれてない人間が言うのもなんですが、
でもある種、認知症の両親の世話をしていた自分には、
少しだけ理解できる部分もありました。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

8月の家族たち (映画的・絵画的・音楽的)
 『8月の家族たち』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)主演のメリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞、共演のジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされた作品だというので、見に行ってきました。  夏の酷い暑さの中、オクラホマ(注1)の家に家族・親類が集....
8月の家族たち (そーれりぽーと)
メリル・ストリープとジュリア・ロバーツがアカデミー賞主演女優と助演女優にノミネートされたのが気になっていた『8月の家族たち』を観てきました。 ★★★★ アカデミー賞Wノミネート以外の情報は知らずに観に行ったので、二人以外の豪華なキャスティングに観始めてか...
8月の家族たち (あーうぃ だにぇっと)
8月の家族たち@よみうりホール
8月の家族たち (風に吹かれて)
ムカつく女 公式サイト http://august.asmik-ace.co.jp 舞台劇の映画化 製作: ジョージ・クルーニー原作・脚本 トレイシー・レッツ監督: ジョン・ウェルズ  「カンパニー・
8月の家族たち (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) ハリウッド名女優らの迫力に圧倒されっぱなし(笑)
8月の家族たち/AUGUST OSAGE COUNTY (我想一個人映画美的女人blog)
アカデミー賞にて主演女優賞、助演女優賞Wノミネート 大好きな女優2人、メリル・ストリープ×ジュリア・ロバーツが口論対決 ということで今月いちばん楽しみにしていた家族モノ。試写にて。 大人が派手な喧嘩を繰り広げるというと、最近では「おとなの...
8月の家族たち (心のままに映画の風景)
8月のある暑い日。 父親ベバリー(サム・シェパード)が失踪し、3姉妹がオクラホマの実家に集まる。 長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)は、夫ビル(ユアン・マクレガー)の浮気と、娘ジーン(アビゲイル・ブレスリン)の反抗期に悩み、次女アイヴィー(ジュリアン...
『8月の家族たち』 (こねたみっくす)
映画よりも舞台向き。それ故に映画としての面白さに欠ける作品。 メリル・ストリープとジュリア・ロバーツがアカデミー主演女優賞・助演女優賞にそれぞれノミネートされたことで ...
「8月の家族たち」☆何もかもすっぴん (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
終盤からラストまで、もう口あんぐりである。 ほぼ最初から続く口げんかなんて、まだまだカワイイもんだったのだと、そのラストの衝撃の告白に激しく動揺しながら思うのだ。
8月の家族たち~インディアン嘘つかない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:August:Osage County。トレイシー・レッツ原作、ジョン・ウェルズ監督。メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル ...
8月の家族たち (こんな映画見ました~)
『8月の家族たち』---AUGUST: OSAGE COUNTY--- 2013年(アメリカ)監督: ジョン・ウェルズ 出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ 、ユアン・マクレガー、 クリス・クーパー、 アビゲイル・ブレスリン 、ベネディクト・カンバーバッチ、 ジュリエ....
8月の家族たち (映画と本の『たんぽぽ館』)
豪華キャストはダテじゃない * * * * * * * * * * メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、 ユアン・マクレガー、クリス・クーパーに、アビゲイル・ブレスリン、 そしてベネディクト・カンバーバッチ・・・! この盆と正月が一度に来たような豪....
8月の家族たち (悠雅的生活)
摂氏42℃。別の一面。何でもお見通し。  
8月の家族たち (シネマ日記)
この顔ぶれと原作がピュリッツァー賞、舞台化されてトニー賞を受賞した作品ということで見に来ました。オクラホマの田舎町。母バイオレットメリルストリープはガンに侵され、薬物依存に陥っていた。父ベバリーサムシェパードは大学の教授だがアルコール依存症。ある日、そ...
「8月の家族たち」 (ここなつ映画レビュー)
この作品のシチュエーションは、女系家族に生まれ育った人でなければ真に理解はできないだろうなぁ…と思った。逆に言うと、女系家族に生まれ育ったからこそ判る。フツーから見れば「嘘だろ~」的な設定も判る。特に、この私が一番温厚な子だったと認定されるような恐るべ...
「8月の家族たち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「August: Osage County」2013 USA バイオレットに「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のメリル・ストリープ。 バーバラに「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「食べて、祈って、恋を...
『8月の家族たち』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: August: Osage County 監督: ジョン・ウェルズ 出演: メリル・ストリープ 、ジュリア・ロバーツ 、ユアン・マクレガー 、クリス・クーパー 、アビゲイル・ブレスリン 、ベネディクト・カンバーバッチ 、ジュリエット・ルイス 、マーゴ・マーティンデ....
兄弟(姉妹)は他人の始まり~『8月の家族たち』 (真紅のthinkingdays)
 AUGUST: OSAGE COUNTY  8月。オクラホマ州オーセージ郡に住むウェストン家の長、ベバリー(サム・ シェパード)が失踪する。家には癌の治療中で薬物依存症の妻バイオレット (メリル・ストリープ)と、住み込みの家政婦でネイティブ・アメリカンの...
貫禄のメリル (たまごのなかみ)
アカデミー賞で、この人の顔を見ない年はないんじゃないかしらというくらい ノミネートの回数が多い(18回!!)メリル・ストリープ。演技だけでいうなら、一昨年 主演女優賞を獲った『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』より 寧ろ今作かも。 『八月の家族たち』(5/14...
8月の家族たち ★★★ (パピとママ映画のblog)
メリル・ストリープが病を患うも個性的な母親を演じ、一筋縄ではいかない家族の姿がつづられたヒューマンドラマ。 ピュリツァー賞とトニー賞を受賞した傑作舞台を基に、一家の主の失踪(しっそう)を機に数年ぶりに再会した家族が本音を明かし、秘密がつまびらかになる様....
映画『8月の家族たち』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-42.8月の家族たち■原題:August:Osage County■製作国、年:2013年、アメリカ■上映時間:120分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:5月11日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:ジョン・ウェルズ◆メリル・ストリープ◆ジュリア・ロバーツ◆サム...
8月の家族たち(2013)**AUGUST: OSAGE COUNTY (銅版画制作の日々)
 愛しいからこそ憎らしい 先日、MOVIX京都にて鑑賞。いやあこれはなかなか面白かったです。流石のメリルに私は目が釘つけに!!やっぱり凄いわあ~~!!!口腔癌に冒されているという母親という設定なんだけど、、、、。これがまた上手いんだよね。薬漬け、タバコ中毒....
映画・8月の家族たち (読書と映画とガーデニング)
2013年 アメリカ原題 August:Osage Country 名古屋市中区にある伏見ミリオン座の『おはよう!ミリオン座』で観賞一般1800円のところを1000円、コーヒー付話題になった1本を再上映8/11~15、早朝8:35~4月公開時に見逃したので、早起きして行ってきました ....
家族が集まれば・・・ (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「8月の家族たち」を鑑賞しました。 父親の死、葬式をきっかけに、病気で毎日薬漬けの毒舌家の母ヴァイオレットの下に3姉妹が集まる 長女バーバラは浮気した夫と反抗期の娘と、次女カレンは婚約者を連れて、三女アイヴィーもひそんな恋に夢中で・...
『 8月の家族たち 』異常な家 (映画@見取り八段)
8月の家族たち ~ AUGUST: OSAGE COUNTY ~      監督: ジョン・ウェルズ    キャスト: メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュリエット・ルイス、マー...
映画評「8月の家族たち」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジョン・ウェルズ ネタバレあり
「8月の家族たち」 (或る日の出来事)
すっごい濃かったねー、人間関係のドロドロ。