京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「小さいおうち」/中島京子

2013-06-05 00:06:05 | Book

「小さいおうち」/中島京子(文藝春秋)

 

この小説は、読み進むにつれ、まるで婆さんから昔話を聞いている
ような
擬似感覚におそわれた。 よく「お婆さんの智恵袋」的情報を
よく目にしたり耳にしたりするのだが、現在の核家族では、
そういったことも失われてしまっているのだろうか・・・。

ただ、この小説の主人公であるタキは、昭和初期、平井家という
中・上流階級の家に14歳から
女中奉公に出て、平井家には旦那様、
時子奥様、一人息子の恭一ぼっちゃん、平井家に出入りする

人たちの日常を、回想というかたちで綴られていく。

タキが東京に来て平井家に仕えるようになって一番の印象的なことは、
当時にしては、平井家は
赤い三角屋根のモダンな洋館であったことだ。
彼女の東京におけるランドマーク的存在になっていく。

実際には昭和初期の家庭内風景はわからないが、タキの言動を
通じてその様子が手に取るようにわかる。 
と同時に、タキが賢く、
尚且つ平井家の明暗や、そこに暮らす人々との触れ合いを通じて、

その当時の暮らしぶりや、背景にある忍び寄る戦争のこと、それに
まつわる疎開、またオリンピック不参加のこと等、歴史的な出来事と
合わせて綴られていく。 様々な社会的試練もありながら、

平井家の面々はどこか滑稽な部分や能天気な部分もあって面白い。

なんだか、縁側でひなたぼっこをしながら、お婆さんの話を聞いている
心地良い、心に陽だまりがあるという感じ。 タキと恭一ぼっちゃんの
距離感も面白いし、時々訪れる時子奥様と親友で職業婦人の
睦子さんとのやり取りも面白い。 ただ、終盤、時子奥様の夫の
部下・板倉との不倫の話も出てくるから一様ではない。

戦争が終わり、タキと平井家の係りも終わってしまう。 だけど離れて
いてもそれぞれの心の中に住み続けている。 そしてタキが胸を抉る
ような後悔。 ずっと抱えていた後悔の理由が最後に思わぬ展開が
準備されていた それをネタバレさすわけにはいかないが、
少なくとも込み上げてくるものが結末だったことは確かだ。

 

この物語は、山田洋次監督で来年1月映画公開されるようだ
主要キャストは松たか子、倍賞千恵子、吉岡秀隆、黒木華、
片岡孝太郎、妻夫木聡。

昭和パートと平成パートに分かれて撮られ、
昭和パートには橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、笹野高史、
ラサール石井、あき竹城、、松金よね子、螢雪次朗、林家正蔵が、

平成パートには小林稔侍、夏川結衣、木村文乃、米倉斉加年が
出演するらしい
。 楽しみですね

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『聖☆おにいさん』 | トップ | 「鷹流」/高田馬場 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (p1a)
2013-06-05 21:49:14
昭和初期の、それなり(女中を雇える身分)な方たちの日常って
こんなだったのか~!?と、ある意味 新鮮でした。
で、結末は、ちょっと感動的で・・・!?成程~!って感じでした~。
実際には~ (cyaz)
2013-06-05 22:44:22
p1aさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>昭和初期の、それなり(女中を雇える身分)な方たちの日常ってこんなだったのか~!?と、ある意味 新鮮でした。
そうですね^^ 実際には戦争を背景にもっとグレーな部分も多かったでしょうが・・・。

>で、結末は、ちょっと感動的で・・・!?成程~!って感じでした~。
この結末がなければ成り立たなかったような感じですね。
こんにちは。 (sannkeneko)
2014-03-27 16:48:40
映画は好評のようなのですが、私はどうもピンと来ないというか消化不良で、
遅ればせながら読みました。

当然と言うか大筋は知っているわけですが、
睦子がイワンとしていることがわかってからは鳥肌が立ちました。

京都は梅が見頃なのですね。
こちらは雪解けが進んではいますが、
表通りから一本入ると歩道は雪の山です。
原作と映画~ (cyaz)
2014-03-27 17:24:01
sannkenekoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画は好評のようなのですが、私はどうもピンと来ないというか消化不良で、遅ればせながら読みました。
なるほど^^ 
僕は原作が先でしたが、映画とは少し違和感を覚えました。

>睦子がイワンとしていることがわかってからは鳥肌が立ちました。
この辺は映画では少しアレンジされてましたね・・・。

>京都は梅が見頃なのですね。
たまたま実家に帰ったときがそうでした^^

>こちらは雪解けが進んではいますが、
表通りから一本入ると歩道は雪の山です。
今年は東京でも2週続けて大雪でしたが、
東京の交通機関はホント雪に弱いです><

コメントを投稿

Book」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
小さいおうち (PIAFUL♪)
初読な作家さんの作品って・・・ある意味 冒険!でもある。直木賞やら芥川賞やらの受賞作であっても、審査員の好み云々で!?共感できるとは限らないし。 惹かれるタイトルが付けられた作品が、超外れだったり・・・逆に、興味もそそられないタイトルの作品が大当たりだ....
『小さいおうち』 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
赤い三角屋根の家。 憧れ、思い出、秘密。 中島京子著『小さいおうち』
中島京子「小さいおうち」 (読書と映画とガーデニング)
文春文庫2012年12月 第1刷2014年1月 第10刷対談 中島京子×船曳由美340頁 昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕うだが平穏な日々にやがて密かに“恋愛事件”の気配が漂いだす一方、戦...