京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『同窓会』

2008-08-24 10:20:31 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「同窓会
□監督・脚本 サタケミキオ
□キャスト 宅間孝行 、永作博美、鈴木砂羽、二階堂智、阿南敦子、飯島ぼぼぼ、尾高杏奈、兼子舜、渡辺大、西村清孝、北村一輝、佐藤めぐみ、伊藤高史、戸次重幸、片桐仁、渡辺いっけい、兵藤ゆき、中村獅童、笑福亭鶴瓶、うつみ宮土理

■鑑賞日 8月23日(土)
■劇場 シネマート新宿
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 先週、初日だったこの作品を観に新宿に出かけたが、すでに初回は1席しかなく、2回目は舞台挨拶で一人均一2,000円だとほざかれ観れなかった。 改めてリベンジして来た。

 高校生のころからずっとかっつこと南克之(宅間孝行)は雪(永作博美)のことが好きだった。 そして念願かなって結婚したものの現在は映画プロデューサーになり年下の新進女優、大崎めぐみとお気楽な不倫関係を楽しんでいた。

 ずっとかっつの心にしこりとしてあったのは高校時代から雪のことを好きだと思っていた男が実は○○だったということだ。 それは雪のために開いた東京での同窓会のこと。 地元の同級生でいまは東京の出版社で働く親友の「ひめ」こと石川えり(鈴木砂羽)に雪の余命が三ヶ月と言われ勝手な思い込みで死ぬ前に一度彼に会わせてやろうとその消息を探し回るが・・・。 そこには意外なオチが(笑)

 その雪を『
人のセックスを笑うな』で自由奔放な大人の女性を演じた、そして現在「四つの嘘」で摩訶不思議な女性を演じる永作博美が、そのイメージとはまったく別の優しく一途な妻を演じている。
 おそらく、そんな奔放な一癖も二癖もある永作の演技を期待するなら、この映画の彼女は直球なので少しはずすかもしれない。 それは、初日は満員だったのに、この日(朝の1回目)の入りは50%程度。 なんとなくそれが1週間経ったこの映画への評価に繋がっているバロメーターなのかも・・・。

 ただ映画自体は“同窓会”という言葉のニュアンスにそれぞれの青春の想い出を重ね合わせるには十分な趣きがあることは間違いない。 そこに自分を重ね、自分の高校生時代やその後を反映することは可能だろうし、またその時代の懐かしキャラやグッズも登場する。

 主人公たちと絡む利根川一(通称トネイチ)を演じた飯島ぼぼぼや和田政子(通称ワダマサ)を演じた阿南敦子が結構ツボとなる笑いを提供してくれるほか、チョイだが中村獅童もいい味を出し、ストーリーの上で当時話題となっていた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の1コーナーで普段告白できない想いを告白する番組でゆき姉(兵藤ゆき)を登場させたりして(笑)

 なかでも雪の同級生で親友石川えりを演じる鈴木砂羽がこの映画ではいい味を出していた。 普段あまりいい位置に居ない彼女にとっては納得のゆく演技だったのではないだろうか。

 懐かしグッズでハマったのはチェリオ。 この世代を過ごした人たちには懐かしい想いが去来しただろう。 実は僕も若い頃このチェリオを良く飲んだ。 それは単純で量が多くて安かったからだ(笑)

 高校生の頃の想い出が、この映画の主人公たちの想い出とフィードバックされて、より深い想いを感じることが出来た。

 ストーリー展開にサタケミキオの特別な面白さと変化は感じなかったけれど、それでも何か懐かしさと淡い想いが心に染みてきた。

 今秋、高校の同窓会が5年ぶりに開催される。 本人が覚えていないことを当時の友人たちと話すことによって甦ってくるものがある。 そこが大切なところだし、また小学校から好きだった彼女と会えることになる。 あれから何年も経って、今では不思議にメル友だ。 人生はわからないものだし、中にはもしかしたらこの映画のような○○というオチを絵に描いた男がいても不思議ではない。

 前にも書いたことがあるのだが、こういう映画を観ると必ず思い出す映画がある。 それは風吹ジュンと小林薫が共演した『コキーユ』(監督:中原 俊)だ

 それは決してハッピーエンドではなかったけれど、この映画はある意味ハッピーで終わったことが救われる。

 失くしたと思っていた万年筆は、ある人の悪戯から巡って雪へ。 まさか愛する人がその万年筆で離婚届けにサインをしたとは思ってもみなかったことだろう。 その回想シーンは結構鼻の奥がツーンとした。

 そうそう恥ずかしながら、映画後にサタケミキオ監督=主演宅間孝行さんだと知りました(恥)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ベガスの恋に勝つルール』  | トップ | 「名前だけ、座右の銘コーデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
同窓会 (だらだら無気力ブログ)
浮気した相手と再出発するために妻と別れた男が、別れた妻が三か月の 余命と知り、妻がずっと心の中で想っていた男性に合わせてやろうと 同窓会を企画し、実現に奔走する様子を描いたコメディドラマ。映画プロデューサーとして順調に仕事をこなす克之は、高校時代の初恋の...
悲劇は勘違いで喜劇になる (CINECHANの映画感想)
215「同窓会」(日本)  30代半ばを過ぎ、映画プロデューサーとして活躍する南克之(かっつ)は、年下の新進女優・大崎めぐみと浮気の末、高校時代の初恋の相手だった妻・雪に離婚を切り出す。雪はあっさりそれを承諾する。しかし、その報せを聞いた高校の同級生・...
【感想文】 「同窓会」 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
本文が感想文レベルの駄文である事を、先にお断りしておく。 神奈川県での上映がないので、 電車賃を使って県境を越えて観に行った。 まあ、その辺に伏線もあるのだが。 キャストは魅力的で、現在を演じる人々も、回想を演じる人々も 個々のキャラクターを演じ切ってい...
映画「同窓会」 (シアターリーグ | 演劇ニュース)
劇団「東京セレソンデラックス」を主宰、脚本家としても活躍する サタケミキオの初監...
同窓会 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
いい意味で裏切られるハートウォーミングなドラマだ。克之と雪は初恋を実らせて結婚したが、30代にして平和的離婚。だが雪が余命三ヶ月と知らされた克之は、彼女が思い続けていた同級生の男性と再会させるため同窓会を企画する。一見、お涙頂戴の難病ものに見えるが、実は...
『同窓会』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今日は仕事終わりにTOKYOFMホールに人気脚本家サタケミキオの初監督作『同窓会』の試写会に行ってきました。TOKYOFM開催の試写会って今回初めて行ったんだけど、ホール内に椅子を並べて作られた試写会会場。あそこが会場になる試写会はもう行かないことに決めました。2時....
映画 同窓会 (単館系)
シネマート新宿にて同窓会 映画プロデューサーの南克之(宅間孝行)は年下の新進女優、大崎めぐみ(佐藤めぐみ)とお気楽な不倫関係を楽し...
同窓会☆独り言 (黒猫のうたた寝)
完全にノーチェックではあったのですが予告でちょっとそそられました。サタケミキオ監督作品『同窓会』ちょうど公開2日目で監督と兵藤ゆきのトークショー付きちょっと、得した気分です。(1300円で鑑賞してますし(笑)初恋の同級生雪と結ばれたものの、結局離婚した克之(...
永作博美ブログ芸能ニュース (永作博美ブログ芸能ニュース)
永作 博美(ながさく ひろみ、1970年10月14日)は日本の女優・歌手。所属事務所は田辺エージェンシー。身長156cm 体重40kg。永作博美の人物像茨城県行方郡麻生町(現・行方市)出身。 茨城県立麻生高等学校卒業。 映画好きであり、休みの日は一人で映画を観に行くことがあ...
同窓会 (映画初日鑑賞妻)
★★ ラストが下北沢の小劇場「ザ・スズナリ」の味わい……と思ったら、それもそのはず、彼は劇団のヒト。 なるほどねぇ。 アタシも小劇場の雰囲気は好きなんだけど。 舞台のギャグだったらアハハって笑えるかもしれないんだ。 でも、結構シリアスな雰囲気でキメてたから...
同窓会 (映画君の毎日)
同窓会 デラックス版 ¥3,651 『花より男子』の脚本家サタケミキオ初監督作品。離婚をきっかけに大切なものを取り戻していく物語を描いた人間ドラマ。映画プロデューサーの南克之は30代も半ばを越え、映画人になる夢もかなえて仕事も絶好調だったが、高校時代の初恋を...
同窓会 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『離婚からすべてが始まった。 大切なものを取り戻す、 心すっきり自分リセット・ムービー』  コチラの「同窓会」は、脚本家のサタケミキオが映画監督デビューを果たしたウェルメイド・コメディです。主演は、監督の俳優名義である宅間孝行。共演は、永作博美、鈴...
「同窓会」 (日々のつぶやき)
監督:サタケミキオ 出演:宅間孝行、永作博美、鈴木砂羽、中村獅堂、渡辺大 「映画プロデューサーをしている南克之は、女優大崎めぐみと不倫し離婚をする。あっさり過ぎるくらい離婚に同意する妻の雪に拍子抜けしてしまう。 数ヵ月後、同級生の友人えりから妻の雪
試写会「同窓会」 (流れ流れて八丈島)
今日から夏休み第2弾、月曜日まで5連休です。上京中の三男と一緒に今晩の夜船に乗って八丈へ行きますが、その前に試写会でした。旅支度の荷物を抱えて、神保町の一ツ橋ホールで「同窓会」を観ました。笑いと涙とやさしさにみちあふれた、かなりお勧め映画です。とりわけ...
「同窓会」宅間孝行×永作博美 (コレ、いいかも☆)
映画プロデューサーの南克之は高校時代の初恋の相手・雪と結婚しながらも、年下の新進女優と不倫。雪に離婚を切り出すと、あっさり承諾される。しかし、それを聞いた地元・長崎の同級生たちにとっては一大事。やがて、新作のロケの手配で地元長崎へと帰郷した克之は、高校...
映画評「同窓会」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督サタケミキオ 重要なネタバレあり