京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『必死剣鳥刺し』

2010-07-14 07:14:07 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し
□監督 平山秀幸
□脚本 伊藤秀裕、江良至
□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)
□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳

■鑑賞日 7月10日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 
 「必死剣鳥刺し」とは、究極の、さらに究極の剣。 それはたった一度しか使うことの出来ない秘剣・・・。
  
 一連の藤沢周平作品である「隠し剣」シリーズ。
 今回は平山秀幸監督が藤沢作品を撮るということで予告の段階から期待していた作品だ。
 縦割りで不条理の不条理を極めた世界。 この藤沢作品をどのようなテイストで撮るのかが楽しみの一つでもあった。
  
 海坂藩の近習頭取・兼見三佐エ門(豊川悦司)は何故自ら死を覚悟し、右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)を城中で刺し殺す。
 それは誰しもが連子の藩政に口を出すことを良しとせず、それは最終的に一番立場の弱い農民たちの反感を増幅させる。
 仲間内から連子に対する不平を聞いていて、誰も見て見ぬふり。
 そこで寡黙ながら、内々に湧き上がった正義感が一気に、三佐エ門に連子を討たせた。

 しかしながら、本来は極刑は免れない三左エ門なのだが、何故か
 藩主の寛大な処分によって一年の閉門後、再び藩主の傍らに仕えることになる。
 腑に落ちないままに、一度はその職の辞退を上申するも断られ、
 ただ身の回りで甲斐甲斐しく世話をしてくれる亡妻・睦江(戸田菜穂)のめい・里尾(池脇千鶴)と、
 ともに生活を送る中で三左エ門は徐々に前向きに生きていく力を取り戻していく。
 ここのところ、結構また露出してきた池脇千鶴は、大人になってもその幼児体型から、
 このひたむきな里尾役は合っていたかもしれない(笑)

 だが、三左エ門は中老・津田民部(岸部一徳)から三左エ門の腕を知ったうえで、
 その必殺剣「鳥刺し」を「お上のために役立てろ」と命令される。
 その相手は、直心流の達人であり、藩主家と対立しているご別家の帯屋隼人正(吉川晃司)だった・・・。

 見せ場はこの二人の大型(二人とも背が高いので)剣劇。
 「鳥刺し」すら使わずして帯屋隼人正を倒したものの、津田民部の描いた絵図にすっかりハマってしまったが、
 何故、必殺剣と言われ、三左エ門もかつて一回も使ったことが無いその秘密はここにあった。
 それは「鳥刺し」という必殺剣を振う前のある事象があってこその剣だということを。
 (これ、原作ではどのように描写しているのか気になるところだが・・・。)

 平山監督の無駄なところをすっかり排除した、人の心理描写に重きを置いた映像は、
 今までの藤沢作品とは一味違ったものとなっていた。
 ただ、少しだけ盛り上がりにかける部分は一体何だったのだろうか・・・。
 ほろりとさせるところがあまりなかったのは、今までの藤沢作品と差別化させるためだったのだろうか・・・。

 キャスティングで残念だったのは連子役の関めぐみだ。 決して彼女がヘタだというのではないが、
 やはりもっと目力のある凄味のある女優を使うべきではなかったか。 あれでは軽すぎる。
 例えば小池栄子のような(決して胸力ではないが)。

 毎日毎日、主の帰るのをいつまでも赤子と待っている里尾の姿が印象に残るラストシーンだった。

 それにしても、最初からずっと右京太夫(村上淳)の演技を観ていて、
 あの
消臭プラグのCM(今井朋彦)を思い出して、密かに笑っていたのは僕だけでしょうか(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (55)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トイ・ストーリー3(3D... | トップ | 「大哺乳類展 海のなかまたち... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (きぐるまん)
2010-07-17 14:07:36
>ただ、少しだけ盛り上がりにかける部分は一体何だったのだろうか・・・。

もしかするとそれが平山監督の作風なのかもしれません(笑)。
確信はないんですけど…
作風~ (cyaz)
2010-07-18 22:43:06
きぐるまんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>もしかするとそれが平山監督の作風なのかもしれません(笑)。確信はないんですけど…
他の平山作品はちょっと違っていたように感じたのですが(笑)
原作との違い (KUMA0504)
2010-07-29 08:28:01
原作と違う部分はほとんどないように思えました。ただし時系列は色々動かしていました。映画ではすっきりしていました。あまりにも短篇なので、じっくり丁寧に描いているのと、少し膨らませているのと、というところですね。最後の鳥刺しをするところ、映画では家臣が脈をとって「死んでいます」というのですが、そういうところは原作にはなかった。あの描写によって、この鳥刺しは決して死んだ後最初に近づいたものを刺すわけではなくちゃんと敵を見定めて刺す秘剣だということが分るので映画の方が優れています。
秘技~ (cyaz)
2010-07-29 08:36:31
KUMA0504さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作と違う部分はほとんどないように思えました。ただし時系列は色々動かしていました。なるほど^^

>あまりにも短篇なので、じっくり丁寧に描いているのと、少し膨らませているのと、というところですね。
そうですか、短編だったんですね~
そうすると脚本の力が大だったんでしょうね。

>あの描写によって、この鳥刺しは決して死んだ後最初に近づいたものを刺すわけではなくちゃんと敵を見定めて刺す秘剣だということが分るので映画の方が優れています。
あれは剣の凄さではなく、ある意味脈を止めることのできる秘技だと思ったのですが、無理な解釈だったでしょうか(汗)?
こんばんは~♪ (kira)
2010-08-18 18:50:42
本当に今年は暑いです~
それでも精力的にお出かけのcyazさんはスゴイです

私は消臭プラグは思い浮かべませんでしたが(笑)
関めぐみちゃんに関しては同感ですね~
まぁ、小池栄子さんだと一突きで仕留められたかちょっと疑問ですけど(笑)

今年は珍しくカキ氷に嵌りました~。
だって、もう氷じゃないとダメ~~って感じだったんですよ~
かき氷~ (cyaz)
2010-08-18 21:14:08
kiraさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>本当に今年は暑いです~
まったくもって(笑)?!

>それでも精力的にお出かけのcyazさんはスゴイです
じっとしていられない性質なので(笑)

>私は消臭プラグは思い浮かべませんでしたが(笑)関めぐみちゃんに関しては同感ですね~
そうでしたか^^
結構似てたとおもうんですが(笑)

>まぁ、小池栄子さんだと一突きで仕留められたかちょっと疑問ですけど(笑)
確かにねぇ(笑)

>今年は珍しくカキ氷に嵌りました~。
だって、もう氷じゃないとダメ~~って感じだったんですよ~
今年はかき氷、まだ食べてません(笑)
もっか、生七味に嵌まっております^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
*必死剣鳥刺し* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_332 width=500 height=332)]]        ***STORY***                     2010年  日本             時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三佐ェ門には、消そうにも消...
映画 「必死剣 鳥刺し」 (ようこそMr.G)
映画 「必死剣 鳥刺し」
映画「必死剣鳥刺し」 (今日の素敵さがし)
 こう見えても(どう見えてるか?ですけどね)、時々、「あー、ドキドキするよなチャンバラやってくれる時代劇みたーい!」と思う。
平山秀幸監督 「必死剣鳥刺し」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
読売新聞7月9日夕刊の映画評でベタ褒めしてたので、即観たくなっちゃいました(^。^:) 公式サイト⇒http://www.torisashi.com/ 【あらすじ】 舞台は東北、海坂藩。主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾で失政の元凶となっていた連...
映画「必死剣 鳥刺し」@東商ホール (masalaの辛口映画館)
 映画の主権はニッポン放送「栗奉行」さん。映画上映前に抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい、客年齢は異常に高い。    映画の話 江戸時代、海坂藩の近習頭取・兼見三...
『必死剣鳥刺し』を見た (ワノログ)
 昨日、藤沢周平原作・豊川悦司主演の映画『必死剣鳥刺し』の試写会に行ってきた。試
豊川悦司さんの似顔絵。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
豊川悦司さん主演で、藤沢周平さんの短編小説が原作の映画、 「必死剣鳥刺し」公開されましたね。 このところよく、この映画の予告編を観てたんですが、 鳥刺しって、どんな剣法のことなんでしょうね。 イメージしようとしても、居酒屋のメニューが邪魔します(笑) そ...
「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説
必死剣鳥刺し (うろうろ日記)
試写会で見ました。豊川さんと池脇さんが舞台挨拶にこられていましたが、二人とも、そ
必死剣 鳥刺し (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が...
「必死剣 鳥刺し」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読だけど、シリアスな時代劇はいいやね。武家の物腰など所作一つ一つに品があって、時代劇ならではの静謐さが実に心地よい。時代劇だけに色々なところでお約束なのだけど、”正義が勝つとは限らない”理不尽
「必死剣 鳥刺し」 殺陣が見もの (ももたろうサブライ)
監督 平山秀幸少しあらすじ海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の失政の元凶である愛妾(あいしょう)・連子(関めぐみ)を3年前に城中で刺...
必死剣鳥刺し (あーうぃ だにぇっと)
6月24日(木)@東商ホールで鑑賞。 開場17時半 開映18時15分と時間設定が少し前倒しになっていた。 そしたら、栗奉行が登場して(笑) 映画の若干の説明と抽選会があった。 抽選は、当選倍率100倍近い。 よって当るはずもなく、いつも通りの結果となっ...
『必死剣 鳥刺し』 (Mooovingな日々)
平山秀幸監督、豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳 東北は海坂藩の物頭、兼見三左ェ門は、藩主右京太夫の妾連子を城中で刺し殺した。最愛の妻を病で失った兼見は死に場所を求めていたが意外に寛大な処分でまた藩に仕える...
必死剣 鳥刺し (だらだら無気力ブログ)
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども ...
必死剣鳥刺し (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
組織と権力の悪意に、個人の正義が利用され踏み潰されるこの物語は、藤沢文学の中でも異色の苛烈さを持つ時代劇だ。江戸時代の海坂藩。兼見三左ェ門は藩主の失政の元凶である愛妾を城中で刺し殺す。死を覚悟したその行為には意外なほど寛大な処分が下り、再び藩主の傍に仕...
『必死剣 鳥刺し』 (ラムの大通り)
----また藤沢周平? ほんと人気だね。 「うん。でも、その理由は分かる気もするな。 原作こそ読んでいないけれど、 『たそがれ清兵衛』に始まり、 最近の『花のあと』に至るまで、映画化された作品を観る限り、 そこに貫かれていているのは“ある運命”。 それもその多く...
必死剣鳥刺し (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月5日(月) 19:30~ 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと...
「必死剣 鳥刺し」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「必死剣 鳥刺し」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳、他 *原作:藤沢周平 *監督:平山秀幸 *脚本:伊藤秀裕、江良至 感想・評価・批評 等、レビューを...
「必死剣 鳥刺し」 (俺の明日はどっちだ)
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と...
「必死剣 鳥刺し」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「必死剣 鳥刺し」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・藤沢周平 監督・平山秀幸 わたしも歳なのでしょう。こういう作品を観るといいな~・・!としみじみ思うようになりました。 本作は藤沢周平原作...
『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...
必殺剣 鳥刺し (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
死ぬことさえ許されない。ならば、運命を斬り開くまで。“秘剣”の全てが明らかになるラスト15分が、時代劇映画の歴史を変える。 物語:時は江戸。東北は海坂藩の近習頭取・兼見三佐ェ門には、消そうにも消せない過去があった。物頭をつとめていた三年前、藩主・右...
「必死剣 鳥刺し」を観た (RINRIN♪LIFE)
「必死剣 鳥刺し」を観て、今帰ってきました。
『必死剣鳥刺し』|豊川悦司の侠気、吉川晃司の狂気 (23:30の雑記帳)
映画館に入って驚いた。 年配の方の多いこと、多いこと。 マジで老人会の団体が入っているのかと思った。 最近DVDで観た平山秀幸監督の 「しゃべれどもしゃべれども」がとても よかったので、本作の公開を心待ちにしていた。 しかしその一方で、劇場予...
『必死剣鳥刺し』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『必死剣鳥刺し』に行ってきました。 いゃ~、最近は、暑いですね
『必死剣 鳥刺し』 ('10初鑑賞94・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:15の回を鑑賞。
『必死剣鳥刺し』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩...
「必死剣鳥刺し」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ...
映画『必死剣鳥刺し』 (健康への長い道)
今年20本目、43歳になって1本目(笑)は、故・藤沢周平氏原作の『必死剣鳥刺し』。いつも空いている梅田ブルク7も、さすがに日曜日はそこそこ混んでいます。 Story 江戸時代、東北の海坂藩で近習頭取を勤める兼見三左エ門(豊川悦司)には、消えることのない過去があっ...
「必死剣 鳥刺し」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ
必死剣 鳥刺し (シネマ大好き)
海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、能の見物のあと、藩主・右京太夫(村上淳)の側室・連子(関めぐみ)を衆目のなかで刺し殺す。斬首を覚悟していた彼に下った判決は、意外にも、役を解いた上の一年の閉門だった。妻を失くしていた彼は、妻の姪の里尾(池脇千...
必死剣鳥刺し (愛猫レオンとシネマな毎日)
藤沢周平原作の「隠し剣」シリーズの映画化になります。 舞台は、お馴染み、東北の海坂藩(うなさかはん) 「必死剣」とも「鳥刺し」とも言われる秘剣の持ち主である主人公、兼見。 その技を目にする時、遣い手、兼見は半ば死んでいるとされるのだが・・・ コレは、いい...
No.061 「必死剣 鳥刺」 (2010年 114分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 平山秀幸 出演 豊川悦司    池脇千鶴    吉川晃司 昨日の野球が雨で流れまさかの映画鑑賞でした 本日も野球のチケット買ってたので再び甲子園へ 大阪は揺るぎない薄曇り、これは野球あるね~と思ってたら淀川越えた辺りから雲行きが怪しくなり、甲子園...
「必死剣 鳥刺し」:新宿消防署バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここが百人町のアパートだ。 {/hiyo_en2/}百人町?おもしろい地名ね。 {/kaeru_en4/}このあたりに、かつて伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたらしい。 {/hiyo_en2/}海坂藩にも鉄砲隊があれば、一発で解決して、あんな刃傷沙汰は起こらなか...
必死剣 鳥刺し☆独り言 (黒猫のうたた寝)
トヨエツ主演の時代劇を試写会で鑑賞。主人公は、城主の側室を城中で刺殺しながらもなぜか中老・津田民部のとりなしで斬首をまぬがれしかも1年の閉門の後、城主の側用人に取り立てられる普通、そういうのってありえないでしょ?何か思惑がっと思うのは当たり前。案の定中...
必死剣 鳥刺し (ル・ポネ101)
藤沢周平の短編の映画化 「必死剣 鳥刺し」を先週観て来ました。 既に他の監督でも映画になっているらしいけど、 今回は平山秀幸監督デス。 「必死剣 鳥刺し」の「必死剣」という秘伝の剣技が主人公。 その主人公、兼見三左エ門を豊川悦司。 三左エ門の亡...
『必死剣鳥刺し』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩...
「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 (オールマイティにコメンテート)
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でも...
必死剣鳥刺し (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出され...
『必死剣 鳥刺し』 (beatitude)
寡黙で理解されずとも多くを語らず、己の信念を貫く男――ですかね。必勝の技の名が“鳥刺し”ってなんか…焼き鳥みたいw…とかくだらない事を思いながら観ちゃいましたが全体的に映像...
「必死剣鳥刺し」真の敵を見定めて (再出発日記)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳なんともやり切れない男の話である。冒頭から兼見三左ェ門に...
必死剣鳥刺し (美貌録(備忘録))
うーん良いね!この映画「必死剣鳥刺し」インパクトがある。 「ベネチア国際映画祭」に出せば良いのに勿体ないな、ヨーロッパの人なら この感覚は分ると思うよ。これをこのまま小ヒットの映画で終わらせるには勿体ない、時代劇の新世紀エヴァンゲリオン破?といった...
必死剣鳥刺し (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の時代小説「隠し剣」シリーズの同名短編を映画化した作品です。 時代劇はあまり観ないジャンルなのですけど、藤沢周平原作の作品はいくつか観ています。 今作も豊川悦司さんを主演にどんな作品をを紡ぎ出しているのか期待しながら観ていました。
【必死剣鳥刺し】 (日々のつぶやき)
監督:平山秀幸 出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳 死ぬことさえ、許されない。   ならば、運命を切り開くまで。 「海坂藩の頭取の兼見三佐エ門は、藩主の側室を城中にて殺めた。 政に口を挟み財政難で苦しみ喘
●『隠し剣 鳥刺し』 (Wonderful Everydays)
昨日公開になった『隠し剣 鳥刺し』、先日観ていました。 藤沢周平の「隠し剣」シリーズの中でも傑作と言われる作品を映画化した時代劇です。 監督は『愛を乞う人』や『しゃべれども しゃべれども』の平山秀幸監督。 キャストは豊川悦司、吉川晃司、池脇千鶴、岸部
必死剣 鳥刺し (to Heart)
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤...
[映画][2010年][名場面]必死剣 鳥刺し(平山秀幸) (タニプロダクション)
ユナイテッドシネマ としまえん 必死剣 鳥刺し 日本映画 監督:平山秀幸 脚本・製作:伊藤秀裕 脚本:江良至 出演:豊川悦司 池脇千鶴 吉川晃司 村上淳 関めぐみ 戸田菜穂 小日向文世 岸辺一徳他 撮影:石井浩一 音楽:EDISON プロデューサー:江原信也 ...
「必死剣 鳥刺し」 (2010年 東映) (事務職員へのこの1冊)
 鶴岡まちなかキネマで鑑賞。前売り券はずいぶん前に購入済み。なにしろ羽黒支所の人
必死剣鳥刺し (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
はじめてこのタイトルを聞いたとき、思わず焼き鳥を思い浮かべてしまいました。必死に鳥肉を串に刺している豊川悦司・・・7月19日の109シネマズ・デーにて1000円で鑑賞。祝日の割...
『必死剣鳥刺し』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
 決して誇張表現ではなく、久しぶりに映画を見て「」こんな顔になりました。近年映画化されている藤沢周平原作の映画『たそがれ清兵衛』『隠し剣鬼の爪』『蝉しぐれ』『武士の一分』を見ました。この中での一番のお気に入りは『たそがれ清兵衛』なのですが、これらとは違...
必死剣鳥刺し (いやいやえん)
藤沢周平の隠し剣シリーズの1編ですね。 それは、必死必勝の剣。その秘剣が抜かれる時、遣い手は、半ば死んでいるとされる。 要は子もなし妻も亡くした三左エ門が、家の取り潰し覚悟でわが身犠牲となって藩政のため藩主の愛妾を殺した、あまりにも寛大なお沙汰に赦さ...
映画 必死剣鳥刺し をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
必死剣鳥刺し [DVD]クリエーター情報なしポニーキャニオン この映画は藤沢周平さんの時代小説「隠し剣」シリーズの傑作として名高い「必死剣鳥刺し」を映像化した作品である。 みどころは藩主権力にもてあそばれる過酷な運命の剣豪・兼見三左ェ門(豊川悦司)とクライマッ...
◆ 映画徒然 『 必死剣 鳥刺し 』 ◆ (◇ 侘び助式 ◇)
□□□□ タイトル □□□□ 【 必死剣 鳥刺し - Wikipedia 】 ■■■■ 感想・・・思った事、感じた事(覚え書き) ■■■■  「たそがれ清兵衛」以降にバンバン量産されてる時代劇映画ですが、出来とは...
映画評「必死剣 鳥刺し」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・平山秀幸 重要なネタバレあり