京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『小川の辺』

2011-07-16 00:07:16 | 邦画

 

 

□作品オフィシャルサイト 「小川の辺
□監督 篠原哲雄
□脚本 長谷川康夫、飯田健三郎
□原作 藤沢周平
□キャスト 東山紀之、菊地凛子、片岡愛之助、勝地 涼、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤 竜也

■鑑賞日 7月10日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  東山紀之主演で篠原監督とくれば
山桜』を思い出すのだが、
  前の感動とは別の、今回は兄妹(弟)の愛の憎しみと幼き頃へのオマージュのような作品だった。

 一連の藤沢周平原作で映画化された作品のトーンはあくまで踏襲しながらも、
 少し視点を近親に落として、別な角度から描いた作品に仕上がっていた。
 しかしながら、前作は結構話題の二人だったのだが、今回は妹・田鶴役に菊地凛子がキャスティングされていたが、
 海外で注目された女優も、如何せん時代劇は不向きな感が否めない。
 強気な武士の妹ということで、彼女の向こう意気の強さと目力がキャスティングのセオリーになったのかもしれないが、
 ここで描かれる田鶴に必要なのは表面上の強さではなく、内面的な絞り出てくるようなる強さだったのではないかと考える。
 少なくとも武家の家の娘が、ああいう状況を生み出すとはとても思えないし、
 そういう意味からも少し引いてしまった感はあった。

 むしろ、田鶴に幼い頃から好意を寄せつつも、大人になり田鶴が佐久間森衛(片岡愛之助)のもとに嫁いで
 長年の愛を封印した新蔵を演じる勝地 涼の、微妙な心の動きを上手く表現していたことが際立った
 まして朔之助(東山紀之)に田鶴の夫・佐久間森衛を討つ様に藩命がおり、
 朔之助とともに田鶴と佐久間を探し、そして隠れ家を探し出し、
 まさに佐久間だけではなく、田鶴と朔之助の兄妹が討ち合いをすることになる。
 このシーンはなかなか見応えのあるところで、そこにも新蔵の究極の葛藤を勝地 涼が見事に演じていた。


  朔之助が最後に新蔵と田鶴にかけた言葉に、優しい涙がそっと流れた。
 
  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『サンザシの樹の下で』 | トップ | 「加藤文雄写真展」「世界報... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (koyuko)
2011-07-16 06:45:16
藤沢作品の映画は殆ど見てます。
勿論、「小川の辺」も見ました。
猛暑の中、映画館は涼しくて快適、格好の避暑地です。(笑)
私も、菊池凜子さんにちょっと違和感がありました。
難しい事は分かりませんが、時代劇にはそぐわないですね。
顔が~ (cyaz)
2011-07-16 08:42:15
koyukoさん、コメントありがとうございますm(__)m

>藤沢作品の映画は殆ど見てます。勿論、「小川の辺」も見ました。
そうですか^^
藤沢作品がお好きなのでしょうね!

>猛暑の中、映画館は涼しくて快適、格好の避暑地です。(笑)
確かに(笑)
あそこだけは節電なしですね^^

>私も、菊池凜子さんにちょっと違和感がありました。
難しい事は分かりませんが、時代劇にはそぐわないですね。
あの時代にいくらお転婆でも、
ああいう描き方はどうなのかと思いました。
彼女の顔があまりそぐわなかったのかも(笑)
こんにちは (kazu)
2011-07-16 14:42:35
菊地凛子、わがままで
勝ち気なイメージというので
選ばれたのかもしれないですが
藤沢周平原作のきりっとした時代劇の中では
たしかに違和感がありましたね。
なるほど (sakurai)
2011-07-16 19:37:30
>表面上の強さではなく、内面的な絞り出てくるようなる強さ
内に秘める強さを持つような女性。。
言われてみるとなるほどです。
いろいろ言われてて、ちょっとかわいそうと言う気になってまして、私なりに彼女で良かったんじゃないかなとも思っていたんですが、負けん気が全面に出てましたかね。
私的には、勝地君が◎でした。
うーん、 (narkejp)
2011-07-16 21:33:22
トラックバックをありがとうございました。田鶴役の菊地さんは評価が分かれているようですが、新蔵クンが美男子すぎるので、相対的に損をしているのかもしれないと思います。新蔵クンがもう少し地味な人だったら、案外よく釣り合ったのかも、などと思ってしまいます(^o^)/
こんばんは (KLY)
2011-07-16 22:39:54
菊地さんは私は芝居には文句ないのですが、如何せんカツラが似合わないかなと(笑)
でも東山さんも時代劇の最初の頃は違和感バリバリでしたから、年齢と共に似合ってくるのかもしれません。
最後の殺陣は両者共に演劇を主としているだけあって流石の立ち回りだったと思います^^
ゴツゴツしてんだもん (ふじき78)
2011-07-16 23:26:41
だって、ゴツゴツしてんだもん。
東がすっとしてるだけに目立ったのかなあ。

最近、西岡徳馬あんな役ばっかな気がするなあ
そぐわない (cyaz)
2011-07-17 10:45:52
kazuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>菊地凛子、わがままで勝ち気なイメージというので選ばれたのかもしれないですが
そこは合ってるとは思いましたが(笑)

>藤沢周平原作のきりっとした時代劇の中では
たしかに違和感がありましたね。
す、そこなんですよね~
あの時代背景を考えるとそぐわないような><
勝ち気~ (cyaz)
2011-07-17 10:48:06
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>内に秘める強さを持つような女性。。言われてみるとなるほどです。
ですよねぇ^^

>私なりに彼女で良かったんじゃないかなとも思っていたんですが、負けん気が全面に出てましたかね。
原作もそうらしいのですが、でも映像となれば彼女の勝ち気は過ぎてるかと(笑)

>私的には、勝地君が◎でした。
少しずつ彼も役者の階段を上っていますね!
気骨~ (cyaz)
2011-07-17 10:50:07
narkejpさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>田鶴役の菊地さんは評価が分かれているようですが、新蔵クンが美男子すぎるので、相対的に損をしているのかもしれないと思います。
なるほど、確かにそれは言えているかも^^

>新蔵クンがもう少し地味な人だったら、案外よく釣り合ったのかも、などと思ってしまいます(^o^)/
勝ち気と控えめとはちょっと違うようなので、
地味ながら気骨な女性が良かったかも。
殺陣~ (cyaz)
2011-07-17 10:52:05
KLYさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>菊地さんは私は芝居には文句ないのですが、如何せんカツラが似合わないかなと(笑)
イメージかもしれませんが、残念なところでした。

>でも東山さんも時代劇の最初の頃は違和感バリバリでしたから、年齢と共に似合ってくるのかもしれません。
そうですね^^
逆に彼はズラが似合っていると思いました(笑)

>最後の殺陣は両者共に演劇を主としているだけあって流石の立ち回りだったと思います^^
やはり同じ穴のむじなですから、そこは魅力的な殺陣でしたね!
立ち位置~ (cyaz)
2011-07-17 10:54:06
ふじき78さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>だって、ゴツゴツしてんだもん。東がすっとしてるだけに目立ったのかなあ。
そうですね^^
あまりにクッキリし過ぎて(笑)

>最近、西岡徳馬あんな役ばっかな気がするなあ
年齢を重ねて、ああいう立ち位置を演じる役者になりつつありますね(笑)
田鶴と言う女性。 (ほし★ママ。)
2011-07-18 11:24:33
菊池さんが演じた事が大きいのかも知れませんが
武家に育って、お母さんが松原さんで
5.6歳の子どもの頃とあまりキャラが変わっていないのが
ちょっと違和感があった気がします。
嫁ぐ前の日の行動にしても、もう少し風情が欲しかった…
キャラ~ (cyaz)
2011-07-18 22:02:06
ほし★ママ。さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>武家に育って、お母さんが松原さんで5.6歳の子どもの頃とあまりキャラが変わっていないのがちょっと違和感があった気がします。
確かにそうでしたね。
ベースはやあり武家の娘ですからね~

>嫁ぐ前の日の行動にしても、もう少し風情が欲しかった…
あれはちょっとでしたね(笑)
凛♪ (愛知女子)
2011-07-22 08:57:35
こんにちは!トラックバック賜りましてありがとうございます。
私は今回の武家育ちの怖い女の役、似合ってたと思いました♪
あまり堅苦しくなくて見やすかった気がします。目の肥えたcyazさんからご覧になると、田鶴役にはもっと内面から滲み出る凛とした強さが出て欲しかったのですね。
それはもう宝塚のトップ女優を持って来ないといけません(笑)

デカすぎて~ (cyaz)
2011-07-22 12:42:20
愛知女子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私は今回の武家育ちの怖い女の役、似合ってたと思いました♪
なるほど^^

>目の肥えたcyazさんからご覧になると、田鶴役にはもっと内面から滲み出る凛とした強さが出て欲しかったのですね。
いえいえ、目だけ出なくて他も(汗)

>それはもう宝塚のトップ女優を持って来ないといけません(笑)
あの方はデカ過ぎて(笑)
ズラもどうでしょうね(汗)?!
ヅラ ()
2013-03-02 10:49:12
TBありがとうございますm(__)m
凜子さんが。。。どうみてもしっくりこないんですよね。
あの菊地凛子が出る!という期待をとり払ってみても、やはり浮いちゃってる感じがしました。
かつらのせい…?あるかもですね。(^_^;)
日本人顔じゃない~ (cyaz)
2013-03-02 12:36:12
夏さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>凜子さんが。。。どうみてもしっくりこないんですよね。
でしたね~
メジャーデビューにかなりのインパクトがあったので、
時代劇むきではないかと(笑)

>あの菊地凛子が出る!という期待をとり払ってみても、やはり浮いちゃってる感じがしました。
かつらのせい…?あるかもですね。(^_^;)
日本人的な顔じゃないから仕方がないかもしれませんね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
小川の辺 (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平原作の短編小説を映画化。藩命で妹の夫、即ち義弟を討つことになった主人公が武士としての己の立場と、肉親の情の間で葛藤を抱える姿を描く。主演は『山桜』の東山紀之。共演に『シュアリー・サムデイ』の勝地涼、『ノルウェイの森』の菊地凛子、『築城せよ!』の...
小川の辺 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
海坂藩大全 上正しいことをした友を斬らねばならない無念。兄妹で戦わねばならない不条理。藤沢文学らしく、登場人物たちは運命を受け入れる、ひたむきな人々だ。海坂(うなさか) ...
小川の辺 (あーうぃ だにぇっと)
6月24日(金)@東商ホール。 戴き物の試写状だったので募集媒体はわからないがいつもと趣のちがう試写会だった。 圧倒的に年配者が多く、試写会ずれしていない感じ。 入り口で、パンフレットはないのか?と係りの人に聞いているおじいさんがいてずっこけた。(笑)...
小川の辺 (Akira's VOICE)
静謐で情感豊かなロードムービー。  
映画「小川の辺(おがわのほとり)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「小川の辺(おがわのほとり)」観に行ってきました。藤沢周平原作の短編集「闇の穴」に収録されている短編小説を映画化した作品。ストーリーは、架空の藩である海坂藩の藩士で...
「小川の辺」 (2011 東映) (事務職員へのこの1冊)
わたしが山形県民でよかったと思うのは、藤沢周平を早くから意識できたことだ。同郷の
小川の辺 (花ごよみ)
東山紀之が、主人公朔之助を演じます。 共演は勝地涼、菊地凛子、片岡愛之助、 尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤竜也 監督は篠原哲雄。 藤原周平作の短編が原作。 親友でもあり、 妹、田鶴(菊地凛子)の夫、 佐久間森衛(片岡愛之助)を討てよとの....
映画「小川の辺」@東商ホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権はテレビ朝日、NISHIKAWAさんだ、客入りは8割くらい。映画上映前に本間智恵アナによる前説とスポンサー様からのPRが行われた。今回も映画のあらすじが本間アナから語られる。
小川の辺(ほとり) (佐藤秀の徒然幻視録)
大義なき戦いと脱力感 公式サイト。藤沢周平原作、篠原哲雄監督、東山紀之、菊地凛子、勝地涼、片岡愛之助、尾野真千子、松原智恵子、笹野高史、西岡徳馬、藤竜也。海坂藩士・戌 ...
小川の辺/東山紀之、菊地凛子、勝地涼 (カノンな日々)
藤沢周平作品の『山桜』を映画化した篠原哲雄監督が再び東山紀之さんを主演に迎えて藤沢周平さんの短編小説「闇の穴」を映画化した作品です。とはいっても『山桜』はイマイチだっ ...
小川の辺 (迷宮映画館)
これは勝地君が主役だった!!
小川の辺 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人物の設定から結末がわかるのだが、わかっていても感動するほど演出がうまい。東山紀之と片岡愛之助は姿勢がいいので存在感があるし、尾野真千子がしとやかで、菊池凛子は思い切ったところがあった。東山が勝地涼と追いかけていく途中で、それまでのいきさつを導入して最...
藤沢周平原作の映画「小川の辺」を観る (電網郊外散歩道)
少し前に、藤沢周平原作の映画「小川の辺」の山形県先行上映を観ました。サクランボ作業が一段落した頃合いに、妻と二人で出かけてきたものです。先に原作『闇の穴』を読んでおり、感想というか、紹介も記事にしております(*1)し、前々から楽しみにしていた(*2)ものです。...
小川の辺 (がらくた新館)
節電のための平日休みに、109シネマズで6月から始まったポイント2000pで\1
『小川の辺』を109シネマズ木場5で観てゴツゴツやなあふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆いい映画だが只一つ妹萌えが全くなし】 とてもいい映画だと思う。 ただ一点、討たなければいけない友の妻=主人公の妹、 菊池凜子が果てしなくゴツゴツし ...
篠原哲雄監督 「小川の辺」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
「必死剣鳥刺し」以来の藤沢周平作品鑑賞 公式サイト⇒http://www.ogawa-no-hotori.com/index.html 【あらすじ】 海坂藩士、戌井朔之助(東山紀之)は直心流の使い手としての腕を買われて、家老の助川権之丞(笹野高史)から、ある藩命を受ける。それは、親友である佐久...
『小川の辺』('11初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 14:05の回を鑑賞。
小川の辺 (だらだら無気力ブログ)
『山桜』の篠原哲雄監督と東山紀之が再び手を組み、藤沢周平原作の短編 小説を映画化した感動作。 藩命で妹の夫を討つよう命じられた兄が、社会的立場と肉親の情の板挟みで 苦しむ様子をじっくりととらえる。心優しい主人公を東山紀之が務め、彼に 仕える若党を、『シュ...
映画『小川の辺』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
この日、私の住む街では最高気温が36.4℃になりました。 ひとときの「涼」を求めて、 『小川の辺』 (公式サイト)を、観
小川の辺 山形県総動員っ!(爆) (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート12本目、映画観ている最中に地震が来た!( ̄ー ̄; ヒヤリ 震度2くらいかなと、長く揺れたけど大丈夫だろうと、そのまま鑑賞していたが、考えてみたらそれで良かったのだろうか・・・。  卓越した剣の腕を持つ海坂藩士...
小川の辺 (くまさんの再出発日記)
監督 篠原哲雄 出演 東山紀之 (戌井朔之助) 菊地凛子 (田鶴) 勝地涼 (新蔵) 片岡愛之助 (佐久間愛之助) 尾野真千子 (幾久) 物語(gooより) 卓越した剣の腕を持つ海坂藩士...
「小川の辺」 (prisoner's BLOG)
配役序列が二番目な割りに菊池凜子の出番が少なすぎ。 もっぱらセリフの中で描かれて、クライマックスに至る前に東山紀之と妹の菊池が一緒に出てくる場面はなかったのではないか。 彼らと東山の従者の勝地涼とのいきさつは子役を使った回想として描かれるから、それに対応...
映画鑑賞【小川の辺 おがわのほとり】原作:藤沢周平 (愛知女子気侭日記)
毎度お馴染みの海坂藩(山形庄内がモデル)が舞台です。 原作:藤沢周平 「海坂藩大全」「闇の穴」 《あらすじ》 海坂藩士・戌井朔之介は脱藩した元藩士・佐久間森衛を討てとの藩命を受ける。その剣術...
古き良き日本の姿。『小川の辺』 (水曜日のシネマ日記)
藤沢周平原作の短編小説を実写版映画化した作品です。
藤沢周平・山形万歳。【映画】小川の辺 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】小川の辺 藤沢周平原作の短編小説を映画化。 【あらすじ】 ある日、朔之助(東山紀之)は藩から上意討ちの命を受けるが、その相手は何と妹・田鶴(菊地凛子)の夫である佐久間森衛(片岡愛之助)だった。朔之助は佐久間を狙う道中に、幼いころから自分や...
小川の辺 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「たそがれ清兵衛」、「必死剣鳥刺し」など、封建社会の現実に翻弄されながらも懸命に生きようとする人々を描いて人気の時代劇作家、藤沢周平の小説を「山桜」の篠原哲雄監督が映 ...
「小川の辺」、藤沢作品に東山紀之が登場 (カサキケイの映画大好き!)
映画化された藤沢作品で一番気に入っているのは 真田広之、宮沢りえ主演の「たそがれ清兵衛」。 どうしてもその作品と比較してしまうので、 評価は辛くなってしまうが、 決して悪い出来ではない、評価の厳しい友人も 良かったと言っていたぐらいだ。 ただ、胸に迫る...
「小川の辺」 藤沢作品、粗製濫造気味じゃないですか? (はらやんの映画徒然草)
山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」以来、映画化されることが多くなった藤沢周平作品。
小川の辺 (銀幕大帝α)
11年/日本/104分/時代劇ドラマ/劇場公開 監督:篠原哲雄 過去監督作:『昭和歌謡大全集』 原作:藤沢周平『小川の辺』 出演: ◆東山紀之…戊井朔之助 ◆菊地凛子…田鶴 過去出演作:『ノルウェイの森』 ◆勝地涼…新蔵 過去出演作:『戦慄迷宮 THE SHOCK LAB...
小川の辺 (いやいやえん)
原作は、奉公人・新蔵と田鶴の恋心と、二人は想いを寄せていたのではないかと回想する朔之助の図という作品でした。他にもいい作品がたくさんあるのになんでわざわざこの作品が映像化されたんだろう?三すくみの関係
小川の辺 (Rain Rain Drops)
暑さ極まってもうろうとする中、友人となんでもいいから映画でも観に行こうという話になり、「じゃ、アレ観ない? 時代劇で・・ヒガシの・・」と友人。なんでも良かったので、「何でもいいよ」と言ってみたものの、ヒガシ・・・?時代劇・・・・?コレって、私、あきらか...
映画評「小川の辺」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・篠原哲雄 ネタバレあり