京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ふしぎな岬の物語』

2014-10-18 00:10:18 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「ふしぎな岬の物語
□監督 成島 出
□脚本 加藤正人、安倍照雄
□原作 森沢明夫
□キャスト 吉永小百合、阿部 寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史

■鑑賞日 10月11日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  原作の感想はこちら ⇒ 「虹の岬の喫茶店


  残念ながら、原作の独特の悦子の味わいを、表現し切れていなかった。
  それは幾つかの全てのストーリーを1本に詰め込もうとしたことに原因があるのだろう。

 海の向こうに富士山を臨むのどかな岬で、喫茶店「岬カフェ」を経営する
 柏木悦子(吉永小百合)。 お店には、彼女がいれる一杯のコーヒーを求めて
 里の住人たちが集まり、のどかな日常が続いていた。 そんなある日、常連客・
 徳三郎(笹野高史)の娘で、結婚して東京へ出ていたみどり(竹内結子)が
 数年ぶりに帰って来た。 更に、悦子と甥の浩司(阿部 寛)を長年見守り続けて
 きた不動産屋のタニさん(笑福亭鶴瓶)が大阪へ転勤しなければならなくなり、
 穏やかだった里の暮らしにも変化の風が吹き始める。

 冒頭でも触れたが原作は6話のストーリーからなる。
 若干のアレンジをしてはいるが、そもそも淡々と描かれるストーリーは悦子の
 独特の個性と語り口から成り立っている。
 全編を通して描かれるコミカルな流れは、決して原作にはないもの。
 それぞれがもう少し掘り下げて表現されているので、上っ面を舐めて通り過ぎた
 作品に思えてならない。
 サユリストには申し訳ないが、吉永小百合を上手い女優だと思ったことはない。
 少なくともこの悦子のイメージを作り上げるには、まだまだゆるい。
 逆に彼女に付いているイメージ(カラー)が逆に悦子を演じるには逆モードだった
 のかもしれない。
 過度の表現はいらないし、例えば2・3話に絞込み、それぞれの人間にもう少し
 スポットライトを当て、またそれに関わる悦子の人間模様と、説得ある温かい
 人生観を前面に出すべき作品だったのではなかろうか。
 阿部ちゃん演じる浩司も優しいがもっと寡黙であり、 鶴瓶演じるタニさんも、
 もっと人間的に渋みがあり、大人の男としてのわきまえた恋愛感を持っている。
 そう苦言を呈しながらも、別れでタニさんの乗る船に向って、千切れるほど手を
 振る悦子の姿にはホロッとさせられた。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ラムレーズン」/ハーゲンダ... | トップ | 「伊東昭義美術館」/目黒 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カキフライ♪ (mayumi)
2014-10-18 10:42:38
大戸屋のカキフライ定食、気になっています o(^_^)o
ひさしぶりに~ (cyaz)
2014-10-19 07:32:37
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>大戸屋のカキフライ定食、気になっています o(^_^)o
ここの料理はホント美味しいです^^
久しぶりに行ってみました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ふしぎな岬の物語 ★★★ (パピとママ映画のblog)
人気作家・森沢明夫の小説を基に、のどかな里で小さな喫茶店を営む女店主と、店に集う人々との心温まる交流を描いた人間ドラマ。日本映画界を代表する女優・吉永小百合が『八日目の蝉』などの成島出監督と共同で、映画人生で初めて企画に挑戦。主演の吉永とは初共演となる...
ふしぎな岬の物語~八月の鯨オマージュ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Cape Nostalgia。森沢明夫原作、成島出監督、吉永小百合企画・主演。阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦新、吉幾三、杉田二郎、 ...
『ふしぎな岬の物語』 2014年10月12日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ふしぎな岬の物語』 を鑑賞しました。 別にサユリストって訳ではありませんが、ここのところの吉永小百合の出演する作品は 鑑賞率が高い気がする... 【ストーリー】  海と花畑に囲まれた心休まる里、その岬の突端にあるカフェ「岬カフェ」には、店主の柏木悦子(吉...
[映画『ふしぎな岬の物語』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆最近、のんびりした作品を見るパワーがなかったのだけど、時間があって偶然見たこの作品、なかなか面白かった。 とある岬の喫茶店に集う人々のほのぼの人間模様の話だが、思ったよりも、その人々のサンプル数が多くて、楽しんだ。 私は、この舞台の岬がどこなのか、見...
『ふしぎな岬の物語』 (2014) (相木悟の映画評)
心を癒す、眩しき太陽の笑顔! 移りゆく時の流れと幸福の意味を考えさせられるハートフルなメルヘンものであった。 本作は、不滅の輝きを放つ大女優、吉永小百合の118本目(!)の出演作。今回は自ら惚れ込んだ原作をピックアップし、成島出監督と共に企画に名を連....
ふしぎな岬の物語 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
岬村にいる人たちは時間が止まっているようだ。そこに外から人間が帰ってくることで波乱が起きて、時計の針が進む。絵ではなく本物の虹が空に現れるとき未来に向かって歩き出すのだ。
映画『ふしぎな岬の物語』★遠くから見守るだけじゃ大丈夫じゃないから (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164265/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     海風を感じる、岬カフェ。 店主:悦子をめぐる人々の物語――     カフェが舞台、というのも...
ふしぎな岬の物語 (Akira's VOICE)
人生は焙煎である。  
映画「ふしぎな岬の物語 」を観ました!!(2014-07) (馬球1964)
映画「ふしぎな岬の物語」を観ました!!
『ふしぎな岬の物語』をトーホーシネマズ日本橋7で観て、不思議なバランスだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主役が映画のトーンで最も異質】   もう、皆さん、お分かりかと思うのだが、今、一番、難しいのは吉永小百合にピッタリな役を持つ映画を作る事だ。という ...
『ふしぎな岬の物語』 (こねたみっくす)
大丈夫、大丈夫。大事な人にだけ効く、心が温かくなる魔法の言葉。 これは人生初のプロデュースにも挑んだ吉永小百合さん主演でなければ成り立たない映画です。そしてこの年齢を ...
矢崎在美 「ぶたぶたの食卓」 (こみち)
JUGEMテーマ:読書感想文    ◆   ぶたぶたシリーズ    4つの短編からなる「ぶたぶたの食卓」。    お気に入りの話は、「嘘の効用」です。    ニートとなった独身男性が、何の因...
ふしぎな岬の物語/優しさあふれる人間ドラマ (MOVIE BOYS)
原作は森沢明夫の『虹の岬の喫茶店』。それを『孤高のメス』や『八日目の蝉』の監督・成島出と主演・吉永小百合の企画により映画化した人間ドラマだ。岬の村の住人を阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史といった実力派俳優が演じている。モチーフとなった喫茶店は実際...
ふしぎな岬の物語 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ふしぎな岬の物語』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)吉永小百合が出演した前作の『北のカナリア』はパスしたので、今回作ぐらいは見ようと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、岬に設けられているカフェから主人公の悦子(吉永小百合)が出てき...
「ふしぎな岬の物語」様々な人生を見届けた先にみた出逢った人たちへ託した想いとその後の事を託す人への想い (オールマイティにコメンテート)
「ふしぎな岬の物語」は岬が見えるカフェを営む女性が、さまざまな人との触れ合いを通じてそれぞれの人生を見ていくストーリーである。人生色々な出来事があるけれど、全て良い事 ...
ふしぎな岬の物語 (映画と本の『たんぽぽ館』)
リアルな生活とスピリチュアルのバランスがいい * * * * * * * * * * 吉永小百合さんが主演だけでなく企画にも関わっているということで話題の作品。 実のところ、いかにも「感動作」そうなのは、 チョッピリ天邪鬼な私はつい警戒してしまうのです...
「ふしぎな岬の物語」:ふしぎだなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『ふしぎな岬の物語』はふしぎな映画。何がふしぎって、なぜこの作品がモントリオ
ふしぎな岬の物語 (映画好きパパの鑑賞日記)
 吉永小百合が主演だけでなく、制作にも携わり、モントリオール映画祭で審査員特別賞グランプリなど2賞を受賞する、話題の作品。予告編をみて、心がほっこりする単純な話かとおもってましたが、結構、ブラックでわけの分からないところがあるまさに不思議な話でした。 ...
映画「ふしぎな岬の物語」 (FREE TIME)
映画「ふしぎな岬の物語」を鑑賞しました。
ふしぎな岬の物語 (のほほん便り)
原作は、森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」 でも、吉永小百合ありての、ハートウォーミング・ファンタジーに思われました。 阿部寛に、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、井浦 新、中原文雄、石橋蓮司、米倉斉加年と、豪華キャスティングが魅せてくれます...
映画評「ふしぎな岬の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり