京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」/東京都現代美術館

2010-08-02 08:53:55 | 美術・芸術・写真

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」
東京都現代美術館




公開中の『借りぐらしのアリエッティ』ですが、
それに合わせて現在
東京都現代美術館で開催されている
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」に行って来ました

夏休みなので、もしかしたら混んでいるかもしれないと思いながら、
早目に出かけたら、なんと待ち時間は“0”でした


 


この展覧会はやはり映画を観てからの方がこの世界観が体現できます
それはもしかしたら子供よりも大人の方が楽しめるかもしれません(笑)
まさに自分自身がダウンサイズして、そこから見上げる人間の世界と、
人間が住む家の下で生活するアリエッティたちの世界が、
スクリーンで観るよりはるかに近くに感じられます

残念ながら館内は撮影禁止のため詳細はHPを見て下さい。
唯一、記念写真を撮る場所としては右の写真の前あたりだけです。

もしかしたらこれを見てから映画を観てもそれはそれで楽しめるかも

合わせて種田陽平展も開催されています。
彼の映画に関わった仕事の履歴や、彼の仕事に対する姿勢は、
この展覧会を見ることでよく理解できると思います。
たかがアニメの世界や映画のセットという概念ではなく、
それは仮想現実の世界ではなく、あたかも実存する世界観を
映画に注入しているところにあると思います。
これ、映画の好きな方にはとても嬉しい展覧会ですよ
(『スワロウテイル』、『不夜城』、『キル・ビル』、『THE有頂天ホテル』、
『フラガール』、『ザ・マジックアワー』、『空気人形』、『ヴィヨンの妻』等々)
アリエッティの世界と合わせて上機嫌な企画でした〜

 




入口でもらった小冊子、500円玉と比較すると大きさがわかると思います。



ロッキング・マンモス(ヤノベ ケンジ作)

 

 

    

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 408mの東京スカイツリー | トップ | 膳処 片山/清澄白河 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニアミス!! (NAO)
2010-08-02 09:38:26
こんにちは〜cuazさん。
この記事読んで、驚きましたよ。
だって、私も同じ日に、この展覧会に行ってたんですもの。
私は、午10時半ぐらいに到着しましたが、待ち時間15分ぐらいでした。
きっと館内のどこかですれ違ってたんでしょうね〜。
いや、なんともビックリです。

この企画、確かに映画観てからのほうが絶対楽しめますよね。
自分があの世界の中に入り込んだ感じがしてすごく楽しかったです。
特にリビングとアリエッティの部屋は、思わず覗き込んだりしてしまいました。^^
おっとっと〜 (cyaz)
2010-08-02 12:23:16
NAOさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>だって、私も同じ日に、この展覧会に行ってたんですもの。
あらら、まさにニアミスでしたね(笑)?

>私は、午10時半ぐらいに到着しましたが、待ち時間15分ぐらいでした。
へぇ、そうだったんですか^^

>きっと館内のどこかですれ違ってたんでしょうね〜。いや、なんともビックリです。
えっと、僕らは多分1時間ほど後からでしたから、
もしかしたらニアミスは無かったかも(汗)

>この企画、確かに映画観てからのほうが絶対楽しめますよね。自分があの世界の中に入り込んだ感じがしてすごく楽しかったです。
そうですね!
映画好きには種田さんの作品もありましたからね!

>特にリビングとアリエッティの部屋は、思わず覗き込んだりしてしまいました。^^
逆にこの展覧会も観て、もう一度映画を観直してもいいかなぁなんて思いました(笑)
アリエッティ (うさみ)
2010-08-02 21:25:19
ジブリのここでやる展覧会は毎年すごい混雑なので、休日に見るのは無理かと諦め半分でしたが、早く行くガッツがあればいいんですね!
アリエッティの原作本を、子供の頃読んで好きだったんですが、ちょっと映画とはイメージが違うのかなと思って映画もまだ見ていませんが、この展覧会のポスターがよくて見てもいいかなーという気になってます。
早起きは〜 (cyaz)
2010-08-03 08:21:15
うさみさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ジブリのここでやる展覧会は毎年すごい混雑なので、休日に見るのは無理かと諦め半分でしたが、早く行くガッツがあればいいんですね!
そのとおり(笑)
早起きは三文の徳です^^

>アリエッティの原作本を、子供の頃読んで好きだったんですが、ちょっと映画とはイメージが違うのかなと思って映画もまだ見ていませんが、この展覧会のポスターがよくて見てもいいかなーという気になってます。
あまり期待なさらないで観る分には良いかもしれません。
できれば映画が先のほうが良いかと思いますが。
Unknown (いんち)
2010-08-03 22:32:51
 おぉ〜これですね。
ジブリ作品は、背景の書き方がとても好きです。自然や光の入り方…映画を凄く引き立てていますよね。油絵を以前習っていて色々絵も趣味で書いていたので、そーゆう所を見るのも好きです。一番最後の左端の写真…窓から見える
美学ですね!

背景〜 (cyaz)
2010-08-04 08:10:24
いんちさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ジブリ作品は、背景の書き方がとても好きです。自然や光の入り方…映画を凄く引き立てていますよね。
ホント、綺麗で丁寧ですよね!

>油絵を以前習っていて色々絵も趣味で書いていたので、そーゆう所を見るのも好きです。
色々ご趣味があるようで羨ましいです^^
今度、ご紹介下さい(笑)

>一番最後の左端の写真…窓から見える美学ですね!
なかなか好きなカットです。
陽光があればもう少し表情も違ったのですが(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東京都現代美術館/『借りぐらしのアリエッティ展』 (NAOのピアノレッスン日記)
1日(日)は、娘の美術課題の為に、東京都現代美術館で開催されている『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』へ行ってきました。 かなり混んでいるという情報を聞いていたので、行く前にコンビニで当日券を買って行きました。下町の中に、突如出てくる近代的建物にビ...
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『...
「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」 (弐代目・青い日記帳 )
東京都現代美術館で開催される 「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」プレスプレビューにお邪魔して来ました。 展覧会公式サイト 東京都現代美術館(MOT)とジブリがタッグを組み毎年夏に展覧会を開催するようになり、今年で7年目。初めの頃は子供だましも甚だ...
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
東京都現代美術館で「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」へ 行ってきました。 種田陽平さんは映画美術の仕事をしている方です。 「THE有頂天ホテル」「スワロウテイル」「キ
☆ 『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』に行って来ました (とりあえず、コメントです)
7月17日より東京都現代美術館で開始されている展示会です。 アリエッティの世界が体感できると聞いて、ちょっと気になっていました。 8月15日までは“ミニ本2”がもらえると知って、観て来よう!とチャレンジしてきました。
借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、東京都現代美術館で開催中のこの展示会に母と行ってきました。「借りぐらし・・」舞台を現実拡大セット化、小人目線になれる、等との事で、是非見てみたいと思っていて、10月3日までですが、行ける時に、というのと、最寄の地下鉄清澄白河駅でもこの展示会記念...
『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』 (【徒然なるままに・・・】)
東京都現代美術館にて開催中。 映画美術監督の種田陽平が、スタジオジブリの最新作『借りぐらしのアリエッティ』の世界を再現したパートと、『THE有頂天ホテル』、『スワロウテイル』、『キル・ビルVol.1』、『イノセンス』、『ザ・マジックアワー』などこれま...
「こどものにわ」と「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」 (beatitude)
暑さも和らいできたので、まだまだ夏休みの大学生である上の娘と東京都現代美術館に行ってきました。
’10年度美術鑑賞ベスト5 (Something Impressive(KYOKO?))
昨年行った美術展は、やはり物産展と同じ17展。これもベスト記事にしておきたいと思います。ブログ記事で確認したら、一昨年は、桜テーマ日本画展と、ルーヴル関連展2回の3回だけだったのが急増。 これは、そもそも母が4,5年前足の骨折で入院、手術後、杖をつく...