京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『純喫茶磯辺』

2008-07-28 12:41:33 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「純喫茶磯辺
□監督・脚本 吉田恵輔
□キャスト 宮迫博之、仲里依紗、濱田マリ、麻生久美子、近藤春菜、和田聰宏、ミッキー・カーチス、斎藤洋介、ダンカン

■鑑賞日 7月19日(土)
■劇場 テアトル新宿
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 漫才で少々まとまった金が貯まったら、鬼嫁の反対を押し切ってこの映画のように宮迫が辿る人生を描いたようなのような、まさに主人公の磯辺に似ただる~い人生を生きるのではないだろうか(笑)

 人間、汗水垂らして働かないで、急にまとまった遺産を手にすると、こんなゆる~い感じになるのだろうか。 この映画の直前に観た『
ジャージの二人』とはまた違ったゆるさの映画だった。 なんだろうなぁ、例えると水道の栓を締めても締めても水玉が落ちるような感覚。 人間もパッキンを変えないとゆるゆる堕ちていくもの・・・。

 妻(濱田マリ)に逃げられ、今は水道工員として働き、高校生の一人娘咲子(仲里依紗)と暮らすの磯辺裕次郎(宮迫博之)。 たまたま父親が急死し、あろうことか多額の遺産を手にした。 こうなることを予期していた娘にマジメに仕事したらと言われ、思い立ったのがモテたいがために喫茶店を開くことに。 しかもベタな時代遅れの“純喫茶磯辺”。 しかも最初のウエイトレスは近藤春菜演じるデブ女。 そんあわけで開店からしばらく閑古鳥の鳴くダサダサの店。 しかしそのうちに美人ながらヒトクセある素子(麻生久美子)をアルバイトに雇ってから客足が増える。 そして客もクセモノばかりの常連客が集まってしまう。

 ひと昔前の場末にあるようなの純喫茶磯辺。 いい加減な店主が営むから、そんな店に集まってくるのはやはりどこか変わった客のようで。

 薄い人間関係のなか、夫と妻、夫と娘、妻と娘、夫とウエイトレス、娘と作家志望の客、純喫茶磯辺を中心にして様々な人間模様がゆるゆるで描かれている。

 なかでも磯辺と素子(麻生久美子)の関係が描かれる段になったら、なんとも男のいやらしさのみが鼻をつくような感じで臭い。
 
 救われたのは、いつの間にかこの映画の中心にいる娘の娘の咲子(仲里依紗)だった。 彼女の実年齢がいくつかは知らないが、彼女の目をフィルターとして描かれていくところは救いだったかもしれない。 言い方を変えれば、短い人生の彼女だけがこの「純喫茶磯辺」に集まる人間の中では一番まともだった。

 この咲子を演じる仲里依紗、あまり記憶にないのだが、漫才師の宮迫にしっかり演技上で正確なツッコミを入れているところが凄い(笑) 本職の近藤春菜なんて見た目だけで本質的な“笑い”が取れてない。 ダンカンなんて地で言った本当のスケベおやじ。 そのなかで彼女はある意味新鮮だった。 ダメおやじとのやり取りも面白いし、いやいや店を手伝いつつも、若いのに自分の立ち位置を把握しているという感じ。 別れた母親との会話の中で、ある意味、高校生でありながら女性であるところの感情と慈しみを自然な形で表現していた。 そして作家志望の男(和田聰宏)との件では、自立していると思いつつも世間知らずを知って愕然とする。 それも言わば社会勉強になって、短い夏休みの間で彼女は大きく成長(人生勉強を含め)するのである。 一生懸命ではないけれど、今の女子高校生には感じない鼻っ柱の強さや向こうっ気は強いけど、純粋で健気な存在は一種清涼飲料水のような感じであり、逆にこの映画の潤滑油のようでもあった。 そしてダラしないと思っていた素子も影でしっかり嫌なゴミだしを文句も言わずにやっていたことを知り、人間表面だけしか見ていない自分を反省するとともに、バカオヤジの恋愛にエールを贈るまでになっていた。 彼女のひと夏の成長がここにも見られた。 今後仲里依紗はチェックしていきたい

 出入業者や警官たちが、客であるミッキーカーチスをマスターだと思うくだりはなかなか面白かったですが(笑) 

 ゆるゆる感ならやはり『ジャージの二人』の方が良かったなぁ。 初日新宿で見たのだが、8/2から地元チネチッタで公開が決まった。 もう一回観てみょうかな~、“和小”


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑中見舞 | トップ | ガチャピンの南国メロン&ム... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実年齢 (谷)
2008-08-03 02:39:54
仲里依紗の実年齢ですか

http://www.amuse.co.jp/artist/naka_riisa/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%B2%E9%87%8C%E4%BE%9D%E7%B4%97

このあたりで。
TBありがとうございます。

時をかける少女はお勧めです。
五点満点で満点 (咲太郎)
2008-08-03 09:58:17
仲里依紗はアニメ版「時をかける少女」の主役の吹き替え、「ガチ☆ボーイ」の主人公の妹役、TVドラマ「ハチワンダイバー」でのヒロイン役と結構多方面で活躍中ですよ。
私も注目しています。
この映画、私は満点です!
ありがと~ (cyaz)
2008-08-03 22:51:41
谷さん、コメントと情報、ありがとうございますm(__)m

>時をかける少女はお勧めです。
彼女、クォーターなんですね^^
機会をみつけて観てみます!
満点~ (cyaz)
2008-08-03 22:53:11
咲太郎さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>仲里依紗はアニメ版「時をかける少女」の主役の吹き替え、「ガチ☆ボーイ」の主人公の妹役、TVドラマ「ハチワンダイバー」でのヒロイン役と結構多方面で活躍中ですよ。 私も注目しています。
満点とは凄いですね~
彼女はなかなか事前ナ演技がいいですね~
若手の注目株です!
こんにちは♪ (ミチ)
2008-10-09 16:17:01
今月こちらでも「ジャージの二人」が公開されるんですよ。
cyazさんが同じゆるゆる感なら「ジャージ~」っておっしゃっているので、期待しておきますね!
連帯感~ (cyaz)
2008-10-09 17:37:52
ミチさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今月こちらでも「ジャージの二人」が公開されるんですよ。 cyazさんが同じゆるゆる感なら「ジャージ~」っておっしゃっているので、期待しておきますね!
お~、それは是非楽しんで来て下さい!
ジャージ着て行くと臨場感が増すかも(笑) 連帯感かな(汗)
感想、待ってまーす^^
こんばんは~! (kazu)
2009-11-02 21:15:30
TBありがとうございました。

仲里依紗ちゃん、がんばっていますね。
大阪では今、パンドラの匣が
公開中なんです。
「ジャージの二人」も録画しています。
見るのが楽しみになってきました。
依紗チャン~ (cyaz)
2009-11-02 22:15:40
kazuさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>仲里依紗ちゃん、がんばっていますね。
いいですよねぇ、彼女のキャラは(笑)

>大阪では今、パンドラの匣が公開中なんです。
ほうほう。

>「ジャージの二人」も録画しています。
見るのが楽しみになってきました。
あそこでもなぜか同じような存在感でしたね(笑)
初めまして (こに)
2009-12-05 16:34:30
TBありがとうございました

仲里さんが良かったですよね
宮迫さんはこの頃がピークだった?ような気がします

cyazさんの映画情報参考にさせて頂きたいのでブックマークさせてください♪
宜しくお願いしますね
m(__)m
こちらこそ~ (cyaz)
2009-12-07 08:35:41
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>仲里さんが良かったですよね
活き活きしていましたね!

>宮迫さんはこの頃がピークだった?ような気がします
最近は少し鼻に付くようになって来ました(笑)

>cyazさんの映画情報参考にさせて頂きたいのでブックマークさせてください♪ 宜しくお願いしますね
ありがとうございます^^
こちらこそよろしくお願い致しますm(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
純喫茶 磯辺 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
公開する劇場が かなり少ない。 必然的に渋谷まで遠征する。 主役 仲 里依紗の青春を描くドラマ。 主役は、彼女ひとり。そして助演が芸達者。 面白いけどふざけてはいない。 その線引きがとても巧くできている。 渋東シネタワーが 花男 で沸くなかで 円山町では...
純喫茶磯辺 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。吉田恵輔監督。いい加減な父親磯辺裕次郎(宮迫博之)が開いた喫茶店といい加減なアルバイト女性素子(麻生久美子)に挟まれたしっかり者の娘の高校生咲子(仲里依紗)の1年間の成長物語。
『純喫茶磯辺』 (ラムの大通り)
※一部、見どころに触れています。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----邦画週間第2弾は、また変なタイトル…。 「そう。この“純喫茶”というのが なんとも古めかしい。 でも、いまでこそスターバックスとかドトールとかに押され...
純喫茶磯辺 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ダメ人間たちを描く悲喜劇だが、完全にツボが違ってしまい最後までノレなかった。思いつきで喫茶店を始めたぐうたら親父としっかり者の娘の日々を描く。個性的な客は一瞬芸的に描かれるだけで面白味を感じるまでには達していない。最近流行のカフェ映画の好感度の源は、な...
純喫茶磯辺 (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本・編集: 吉田恵輔 キャスト 磯辺裕次郎☆宮迫博之 磯辺咲子☆仲里依紗 素子☆麻生久美子 近藤春菜 ダンカン 和田聰宏 ミッキー・カーチス 斎藤洋介 他 【ストーリー】 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす水道工員の磯辺裕...
純喫茶磯辺 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  水道工のオヤジ磯辺裕次郎は、父親の財産を相続してからブラブラしていたが、ある日思いつきで未経験の喫茶店を開業してしまう。だが余りにもダサイ店のネームと雰囲気に、娘の咲子はガックリするが後の祭りだった。 当然店は流行らない。ところが素子という...
純喫茶磯辺 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
高校生の一人娘、咲子と暮らす磯辺裕次郎。父親の死により、相当な額の遺産を手にして以来、仕事を辞め、家でブラブラしていました。ところが、ある日、何の計画性もなく、準備もなく、「女にモテたい」という不純な動機で"純喫茶磯辺"をオープンしてしまいます...
【2008-167】純喫茶磯辺 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 喫茶店はじめたぐらいじゃ、 人生変わらないと思ってた・・・。
純喫茶磯辺 (映画初日鑑賞妻)
★★ つまんない中年男を宮迫が上手に演じ過ぎたのか、つまんなかった。 ほんとに映画までテキトーって感じ。 しかし、随所にこだわりが見られるダサレトロな店内。 いかがわしい客たちがイイじゃないか。 麻生久美子の、毎度ながら実にやる気ない感じもいいねー。
映画「純喫茶磯辺」 (club for strangers)
「純喫茶磯辺」 ミリオン座。名古屋初日。 予告編で見た麻生久美子のミニスカ衣装が
『純喫茶磯辺』 @テアトル新宿 (映画な日々。読書な日々。)
高校生のひとり娘・咲子と公団で暮らしている磯辺裕次郎。急死した父が遺した多額の遺産を手にした彼は仕事を辞め、何の計画性もなく「女にモテたいから」という不純な動機で“純喫茶磯辺”をオープン。咲子も夏休みの間、店を手伝う事になった。そんな時、バイト募集を見...
純喫茶磯辺☆独り言 (黒猫のうたた寝)
宮迫さん扮する父、濱田マリ扮する母・・・うーーん、どっちにしてもこのひょうひょうと我が道を行く親にして・・・この娘ありなんだ(笑)『純喫茶磯辺』観てきました。こーいう喫茶店・・・いまじゃカフェなんて小洒落たお店が増えていますけど・・・懐かしすぎる(笑)『僕...
【純喫茶磯辺】 (日々のつぶやき)
監督:吉田恵輔 出演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子、近藤春菜、ダンカン、濱田マリ 「両親の離婚以来父と二人暮しをしてきた高校生の磯辺咲子。それなりに仲良くやってきていたが、祖父の急死で遺産が入り父が仕事に行かなくなってしまった。 ある日入った喫茶
「純喫茶磯辺」 (みんなシネマいいのに!)
 「ねえ、お父さん、仕事しないの?」 「おいしいコーヒーがおいにいコーヒーになっ
中年だって、青春したい (CINECHANの映画感想)
196「純喫茶磯辺」(日本)  8年前に離婚し、高校生の一人娘・咲子と二人暮しの磯部裕次郎は、多額の遺産を手にしたことから何の計画もなく、女性にモテたい、というだけで、近所の商店街に喫茶店を開く。あきれる咲子だったが、渋々店の手伝いをすることに。案の定...
純喫茶磯辺 (単館系)
しょっぱなから軽快なBGMでノリノリなオープニングで観客をひきつける演出はうまいかな。 この親子、よくいそうな感じ。 素子もどこにでも...
この映画、アレなんですよ、何すか?~純喫茶磯辺を語る~ (炸熱~歌キチ、愛をうたう~)
6月20日(金)試写会で鑑賞。 愛すべき青春映画の秀作「机のなかみ」の吉田恵輔監督作品。 しみじみと、ほのぼの、何とも暖かい作品が誕生した。 「天然コケッコー」に通じる面白さがある。 これほど自分のツボにはまった映画も珍しい。 映
97●純喫茶磯辺 (レザボアCATs)
これは何か自分の好みそうな映画かな?と思って、ついつい見に行きました。雰囲気がマッタリしてて、宮迫のキャラも何かしらやってくれそうな、そして笑えそうな、ちょっとホロっときそうな、そういう映画じゃないかな、と。そこそこ楽しみにしてたんですね。
娘はつらいよ。~「純喫茶磯辺」~ (ペパーミントの魔術師)
喫茶店はじめたくらいじゃ人生変わらないと思ってた。 人生は変わらんかもしれん、オトンはあのままだろうし、 娘のオトンに対する態度もおそらくあのままだろう。 ただ、そこで店を営んでた僅かの間に 親子の距離はちょっと縮まったんじゃなかろうか? 前よりお互いを...
純喫茶磯辺 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ノスタルジックだけど新らしい。可笑しいのに、なぜか切ない。 一杯のコーヒーから何かが変わる、不器用な父娘のハートフル・Cafe・コメディ! 物語:今朝も無愛想な表情で、工事現場に現れた、水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。8年前、妻が家を出て以来、高...
純喫茶磯辺 (eclipse的な独り言)
 これ結構いけます。日曜の昼間に見るにはもってこいでした。(9月14日 静岡シネ
映画 【純喫茶磯辺】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「純喫茶磯辺」 吉田恵輔監督によるハートフルコメディ。 おはなし:妻と別れてから娘のの咲子(仲里依沙)と暮らす磯辺裕次郎(宮迫博之)。親の遺産を手にした彼は突如喫茶店経営を思いつき、“純喫茶磯辺”を開店させる。 純喫茶とは、酒類を扱わない純粋...
【映画】純喫茶磯辺 (新!やさぐれ日記)
▼動機 これは面白そうな予感 ▼感想 とても面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘・咲子(仲里依紗)と暮らす水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。父親が急死して多額の遺産を手にした彼は突如喫茶店...
純喫茶磯辺 (Memoirs_of_dai)
不純な動機で始めた純喫茶 【Story】 8年前に妻が家を出て以来、高校生の一人娘と暮らす水道工員の磯辺裕次郎(宮迫博之)。父親が急死して...
「純喫茶磯辺」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
最近“純喫茶”ってあんまりみないなぁ~・・
純喫茶磯辺 (キューピーヘアーのたらたら日記)
磯辺さん(宮迫博之)は妻(濱田マリ)と別れ、 高校生の娘:咲子(仲里依紗)と二人暮らし。 ある日父が亡くなり、相当額の遺産を相続した。 その遺産で「純喫茶磯辺」を新規オープンさせるのだが、 バイトの素子(麻生久美子)に入れあげたあげく…。 この映画は...
「純喫茶磯辺」 愛おしい不器用さ (はらやんの映画徒然草)
最近はお洒落なカフェが隆盛で、純喫茶と言っている店はめっきりと少なくなりました。
「純喫茶 磯辺」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
宮迫の軽薄なノリがいい味を出している。 誰しも一生に一度くらい考えたことはないだろうか、「喫茶店のマスターになりたい」「自分のスナックを持ちたい」・・。 私はある(笑)!喫茶店のマスターになりたかった。だからこの映画の磯辺裕次郎の気持ちが解る。やってみ...
純喫茶磯辺 (だらだら無気力ブログ)
モテたいという不純な動機で喫茶店をやり出したダメダメな父親と そんな父親にあきれながらも店を手伝うしっかりものの娘との奮闘を 描いたコメディ。妻が出ていってから、高校生の娘とともに暮らす配管工の磯辺裕次郎。 ある日、父親が死んでその遺産が入るとスパっと仕...
純喫茶磯辺 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はなんとなく期待の高かった雨上がり・宮迫主演「純喫茶磯辺」を観てみましちゃおう!  離婚して父娘で暮らしている宮迫と仲里依紗。  そんなある日、祖父の死で遺産の入った宮迫は会社を辞め、女にモテたさに喫茶店の経営に着手します。  ほのかに期待してい...
映画 「純喫茶磯辺」 (ようこそMr.G)
映画 「純喫茶磯辺」 を観ました。
純喫茶磯辺 (迷宮映画館)
ちょっといい感じ。
映画を観た~純喫茶磯辺~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『純喫茶磯辺』 (『映画な日々』 cinema-days)
純喫茶磯辺 祖父の遺産が転がり込んで 呑んべんだらりとしていたオッサンが 一念発起して喫茶店を始めた... 【個人評価:★★☆】 (自宅...
「純喫茶磯辺」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
全く期待しないで見たのですが、まあまあ楽しく見れました^^ 3つ★半
「純喫茶 磯辺」 (再出発日記)
コメディ映画だと思っていた。評判は聞いていたので、爆笑をするやつではなくて、小ネタを次々とかまして二時間の間くすくす笑いっぱなしで、終わった後「まあ面白かったね」と言って忘れ去る映画だと思っていた。【21%OFF!】純喫茶磯辺(DVD)監督:吉田惠輔出演:宮迫博....
mini review 09372「 純喫茶磯辺」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
モテたい一心で喫茶店経営を始めたダメ親父が、しっかり者の娘とともに奮闘するハートフル・コメディー。『机のなかみ』で注目を集めた吉田恵輔が監督を務め、不器用なダメ人間たちが繰り広げる悲喜劇をユーモラスに描き出す。主演は、お笑い芸人としてだけでなく、俳優と...
純喫茶磯部 (花ごよみ)
HDDに録画してあったのを見ました。 監督は吉田恵輔、 主演は、宮迫博之。 娘役に仲里依紗、 麻生久美子、近藤春菜、ダンカンなどが共演。 妻が8年前に家を出る。 それ以降は高校生の娘と、 二人で暮らす日々。 磯辺裕次郎(宮迫博之)は突如、 喫茶店経営を思いつ...
純喫茶磯辺 (お花と読書と散歩)
好みの映画でした 8年前妻にに家出されたダメオヤジに宮迫さん そんな父親に悪態をつきながらも放っておけない高校生の娘・咲子に仲里依紗さん 父親の遺産が転がり込んできて思いつきのように喫茶店を始めるオヤジ 夏休みで店を手伝う咲子 バイトの素子と父親の接近が...
映画評「純喫茶磯辺」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・吉田恵輔 ネタバレあり
純喫茶磯辺 (菫色映画)
純喫茶磯辺 [DVD]2008年 日本 監督:吉田恵輔 出演:宮迫博之    仲里依紗    麻生久美子    濱田マリ    和田聰宏by G-Tools オヤジが喫茶店を始めた。 ネタバレ有りです。 妻と離婚して高校生の一人娘の咲子と暮らす裕次郎。 彼は父親の遺...
純喫茶磯辺 (A Day In The Life)
ゆるゆる系の邦画 DVDにて観賞 いい加減なバツイチ父さんを宮迫博之が演じていた。 そういえば「蛇イチゴ」の宮迫もさい銭泥棒の駄目兄貴を演じていた。 その宮迫の演技とがしっかりした娘役の仲里依紗との掛け合いが おかしい。 不思議な魅力のタメ...