京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『誰も守ってくれない』

2009-01-29 11:16:21 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない
□監督・脚本 君塚良一   
□脚本  鈴木智  
□キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子

■鑑賞日 1月24日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 第32回モントリオール世界映画祭では、最優秀脚本賞を受賞したこの作品。
 その脚本家君塚良一がメガホンを取る。  

 ある日突然、殺人犯の妹になってしまった15歳の少女沙織(志田未来)と、心に深い傷を負いながら
 彼女を守ることを命じられた東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)。 そこには過熱するマスコミ報道と
 容疑者家族の保護、そして何より最も許せない面白半分に事件にカキコミという形で傷を広げ、
 誰彼なしに無言の傷を負わせるネット社会。 信じれるものは何なのか。 そこには、
 当然被害者の家族の苦しみ・憎しみと、容疑者家族の保護という、守られるべきものがどこにあるのか、
 今までになかった視点で問題を提起している。

 殺人犯の妹になった少女を保護しながら、手こづる勝浦は同じ年代である娘と、不協和音にあえぐ
 自分の家庭とをこの事件をキッカケに、心の中に家庭というものを再度掘り下げていく。
 かつての事件での傷も癒えぬままに。

 世間の目を欺くために、ホテルや自宅アパート、更にはカウンセラーのマンションと逃避行を始める。
 勝浦はコンビを組む後輩刑事(松田龍平)とギクシャクしながらもいい距離感で事件に立ち向かう。

 こういう刑事物で松田龍平を見ると、やはり松田優作を思い起こさずにはいられない。
 どこかに憂いに満ちたところと陰はやはり血の繋がりというものなのだろうか。
 二人の掛け合いを見ながら、かつて松田優作が中村雅俊と組んだTVドラマ「俺たちの勲章」を思い出していた。

 容疑者家族の保護という観点から、夫婦が一端離婚して、主人が奥さん旧籍に入り奥さんの
 旧姓を名乗らせわからなくしたりするくだりは本当に現実問題としてあり得るのか知りたいところだ。

 残念なことは新聞記者役の佐々木蔵之介の使い方があまりにも魅力ない形だったことに
 監督のふがいなさを感じた。

 相変わらずの緊張感と臨場感を出すための狙いとしてハンディカメラを多用しているが、
 本来の役者の意味をしっかり押さえていないで、無駄に揺らしてみても大きな効果がないことを
 最近の監督はわからないのだろうか? 


 映画公開当日にTVで「誰も守れない」を放映していた。 こちらも脚本は君塚良一。
 監督は杉山泰一だった。  もちろん観たのだが、むしろ映画のイントロに繋がる前段を描いたもの
 だったので、正直こちらの方が興味深かったし面白かった。 特に勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)
、そして精神科医の令子(木村佳乃)との関係が描かれていて惹かれた。  これを観てから劇場版を
 観た方が面白かったかもしれない。 途中でも書いたが、シャブ中にされた三島を演じる
 松田龍平の禁断症状状態のときの顔は、まさにキレていた頃の松田優作そのものだった。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日だったと言うのに・・・ | トップ | 『レボリューショナリー・ロ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね。 (rose_chocolat)
2009-01-29 19:07:51
3分くらいで離婚 → 再婚とか、成立させられるものなのかって。
公権力のもとにそれが可能だとしたらちょっと空恐ろしいですね。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-29 19:26:48
TBありがとうございました!

私は映画→ドラマという流れで鑑賞したのですが、映画で不思議に思っていた部分の謎がテレビドラマで明かされた感じがして、それはそれで楽しめる見方でした。
松田龍平や翔太を見ると、ついつい父親の面影を探してしまうようです。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-01-29 19:54:48
TBありがとうございます。

松田優作というと私は刑事や探偵のイメージが強いのですが、龍平は意外にも初めての刑事役だそうで。
かつてのお父さんを思い起こさせながらも、彼らしさもバッチリ出ていて妙にカッコよかったです~。
Unknown (ここ)
2009-01-29 20:02:51
映画でヒットしました。こんばんはw
もう一回観たい映画の一つです。
被害者にも加害者にもなりたくないけど、もしそうなったら・・と考えるとゾッとします。
行先不明~ (cyaz)
2009-01-29 21:59:33
rose_chocolatさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>3分くらいで離婚 → 再婚とか、成立させられるものなのかって。 公権力のもとにそれが可能だとしたらちょっと空恐ろしいですね。
でも凶悪犯罪ではマスコミが嗅ぎ付ける前に、その家族が行先不明になっているケースが結構ありますよね? あれってもしかしてって感じた映画でした。
血~ (cyaz)
2009-01-29 22:01:05
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>映画で不思議に思っていた部分の謎がテレビドラマで明かされた感じがして、それはそれで楽しめる見方でした。
なるほど^^ ま、僕も順序としてはおなじでしたけどね。
 
>松田龍平や翔太を見ると、ついつい父親の面影を探してしまうようです。
血はやはり濃いですから(笑)
キレた~ (cyaz)
2009-01-29 22:02:33
SOARさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>松田優作というと私は刑事や探偵のイメージが強いのですが、龍平は意外にも初めての刑事役だそうで。
へぇ~、そうだったんですか?

>かつてのお父さんを思い起こさせながらも、彼らしさもバッチリ出ていて妙にカッコよかったです~。
ですよね~ キレた優作のDNA背負ってますよね^^
保証~ (cyaz)
2009-01-29 22:04:24
ここさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>被害者にも加害者にもなりたくないけど、もしそうなったら・・と考えるとゾッとします。
そうですね^^
被害者にも加害者にもならない保証はどこにもないですからね?

どーもです! (sakurai)
2009-01-30 08:32:10
私も、TVの方が興味深かったです。
映画にしちゃ、安っぽかったですよね。
あのくらいで、同じようなものを2時間ドラマで収められるんなら、TVで十分だなと。
逆効果のような気もしました。

今回は龍平が秀逸でしたが、私は逆に親父を払拭して、自分らしさを出せた・・・と言う風に見えました。

遅ればせながら、お誕生日、おめでとうございます。
いくつになってもうれしいもんですよね。
足!!大変ですね。いい休養と思って、ご自愛ください。
男~ (cyaz)
2009-01-30 10:13:47
sakuraiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>TVの方が興味深かったです。 映画にしちゃ、安っぽかったですよね。
ですよね(笑)

>あのくらいで、同じようなものを2時間ドラマで収められるんなら、TVで十分だなと。 逆効果のような気もしました。
同意見でございます(笑)

>今回は龍平が秀逸でしたが、私は逆に親父を払拭して、自分らしさを出せた・・・と言う風に見えました。
なるほど、もしやsakuraiさんお好みの“男”に?

>遅ればせながら、お誕生日、おめでとうございます。いくつになってもうれしいもんですよね。
ありがとうございます^^

>足!!大変ですね。いい休養と思って、ご自愛ください。
sakuraiさんもご自愛下さいね~
Unknown (Nakaji)
2009-02-05 22:49:11
こんばんは♪
すいません、今年もTBの調子がわるくてすいません。
テレビドラマをみれなかったんです。。。
だから、セリフとか設定とかやっぱりわからないとこがあって。。。
残念でした

でも、考えさせられるいい映画でしたね
TVのほうが~ (cyaz)
2009-02-06 08:00:07
Nakajiさん、コメントありがとうございますm(__)m

>すいません、今年もTBの調子がわるくてすいません。
こちらこそ、お手数おかけしてすみませんm(__)m

>テレビドラマをみれなかったんです。。。だから、セリフとか設定とかやっぱりわからないとこがあって。。。残念でした
それは残念でしたね><
正直TVの方が興味深いものでしたよ^^
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2009-02-06 14:07:37
去年早々と完成披露試写会で鑑賞してから、
とても印象に残り、
様々な意味で引きずった作品です。
テレビドラマ「誰も守れない」を観て、
新たに分かったことも有り、
うまく映画と繋がっていて興味深かったです。
主題歌も心に迫りましたね。
TVが~ (cyaz)
2009-02-06 19:13:47
hyoutan2005さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>テレビドラマ「誰も守れない」を観て、新たに分かったことも有り、うまく映画と繋がっていて興味深かったです。
もしかしたら、TVが先立ったら映画はもっと面白かったかもしれませんね^^

>主題歌も心に迫りましたね。
ですね~
TB有難うございました。 (Hiro)
2009-02-11 23:42:23
佐藤浩市・柳葉敏郎世代は優作・龍平の中間に当たり、
芸歴が長い佐藤は別にしても、男優ならば少なからず
優作の影響を受けているんじゃないかな。
管理人は今回の浩市&龍平コンビから
萩原健一&水谷豊の傷天コンビを思い出しました。
あにきぃ~ (cyaz)
2009-02-12 12:37:27
Hiroさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>佐藤浩市・柳葉敏郎世代は優作・龍平の中間に当たり、芸歴が長い佐藤は別にしても、男優ならば少なからず優作の影響を受けているんじゃないかな。
そうかもしれませんね(笑)

>管理人は今回の浩市&龍平コンビから萩原健一&水谷豊の傷天コンビを思い出しました
なるほど、「傷だらけの天使」ですね! あにきぃ~♪
ドラマ (aiai)
2009-02-12 13:27:31
映画を観る前だったので、それほど興味もなく見逃しました ちょっと勿体無かったですかね。

映画にドラマをタイアップさせるという宣伝方法、
ちょっとえげつない気もしちゃったんで…。
とは言いつつ、踊る大捜査線なんかはドラマも観たし、映画にも行きましたけど(^^;)
リンク~ (cyaz)
2009-02-12 17:35:44
aiaiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画を観る前だったので、それほど興味もなく見逃しました ちょっと勿体無かったですかね。
そうかもしれませんね(笑)

>映画にドラマをタイアップさせるという宣伝方法、
ちょっとえげつない気もしちゃったんで…。 とは言いつつ、踊る大捜査線なんかはドラマも観たし、映画にも行きましたけど(^^;)
どうしてもTV会社が映画に携わると、こういうリンクは仕方がないですよねぇ。 実際スピンオフも多いですしね(汗)
ようやく (sacchimoni)
2009-03-09 07:28:56
cyazさん、おはようございます。
ようやくUPできました。
見に行ったのもギリギリになってしまったんですけど。
映画は映画で考えさせられましたけど・・・ドラマのほうがよかった・・かも。
なんて思ったとこも。
デキが~ (cyaz)
2009-03-09 08:34:17
sacchimoniさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画は映画で考えさせられましたけど・・・ドラマのほうがよかった・・かも。 なんて思ったとこも。
映画としての醍醐味に欠けていましたね?
TVドラマの方がより彼らの今を深く表現していました。 あの延長の映画としてはデキが不満足でした(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

86 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
誰も守ってくれない (Akira's VOICE)
声を聞こう。人の声を。  
試写会「誰も守ってくれない」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン...
誰も守ってくれない (映画鑑賞★日記・・・)
原題:Nobodytowatchoverme公開:2009/01/24製作国・年度:日本、2008年上映時間:118分鑑賞日:2009/01/24監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、津田寛治、木村佳乃、柳葉敏郎殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事...
誰も守ってくれない (だめ男のだめ日記)
「誰も守ってくれない」監督君塚良一出演*佐藤浩市(勝浦卓美)*志田未来(船村沙織)*松田龍平(三島省吾)*石田ゆり子(本庄久美子)*佐々木蔵之介(梅本孝治)*佐野史郎(坂本一郎)*津田寛治(稲垣浩一)*東貴博(佐山惇)*冨浦智嗣(園部達郎)*木村佳乃(尾上令子)...
映画「誰も守ってくれない」 (アンナdiary)
小学生の姉妹を殺害した殺人犯の妹を守る刑事のお話。何だか見てて腹が立ったり、考えさせられたり、涙出ちゃったり。一番こわかったのが、マスコミとネット。これが現実社会なんだよね~これ、感想難しいです。
「誰も守ってくれない」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・東宝/監督:君塚 良一) 「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一が、監督も手掛けた社会派サスペンス・エンタティンメントの力作。モントリオール世界映画祭最
誰も守ってくれない (めでぃあみっくす)
この映画は決して目を逸らしてはいけない秀作であり、残された加害者家族の現状について決して目を背けていない静かで力強い作品です。モントリオール国際映画祭で脚本賞を受賞しただけあって、とても重厚な物語に見終わった後、ふとケータイの電源を入れる自分の倫理観は...
誰も守ってくれない (LOVE Cinemas 調布)
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで...
誰も守ってくれない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。君塚良一監督、佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、木村佳乃。予告編では殺人容疑者の少年の妹沙織(志田未来)が喚き散らしていたので少し引いたけれど、実は喚くのはそのシーンだけだったので安堵した。しょっちゅう喚かれる...
「誰も守ってくれない」みた。 (たいむのひとりごと)
おそらく、TVスペシャル『誰も守れない』をじっくり見てから、映画本編を見た方が理解度が高まるだろうと公開初日を見送ったが、多分正解だったように思う。勝浦刑事のエピソードゼロ的『誰も守れない』であり、娘
誰も守ってくれない (映画君の毎日)
■ストーリー■平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の...
誰も守ってくれない  (花ごよみ)
1月24日、土曜の夜に、 映画の序章となるテレビドラマ、 微妙に異なるタイトルの、 「誰も守れない」が放映。 映画の4ヶ月前の事件を描いていました。 それを見ていたおかげで、 スムーズに映画に、 入っていくことが出来ました。 ドラマでは木村佳乃の父親が 傷害...
映画感想『誰も守ってくれない』 守ると言う事 (レベル999のマニアな講義)
内容明後日から休暇。離婚寸前の妻との関係を修復しようと娘・美菜が計画してくれた、知人のペンションへ向かう旅行。『もしかしたら。。。。』そんな期待を抱きながら、東豊島署の勝浦卓美刑事(佐藤浩市)は、同僚の三島省吾(松田龍平)を連れ、娘のためにプレゼントを...
『誰も守ってくれない』 (2009)/日本 (NiceOne!!)
原題:Nobodytowatchoverme監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避....
映画「誰も守ってくれない」試写会。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
12月3日、映画「誰も守ってくれない」試写会、行って参りました。 このところ、楽しみにしてた映画・舞台を鑑賞しても、 睡魔には勝てなかったという、疲れ果ててる僕ですが(笑)、 今回はまったく睡魔も訪れず、ラストまで食い入るように、 スクリーンに集中できまし...
『誰も守ってくれない』 (つれづれなるままに)
昨日は、 AIR-G’シネマプレビュー 『誰も守ってくれない』 の試写会に行って
「誰も守ってくれない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
敢えて露骨な商魂に乗ってみるのも悪くない。どうやら結構近所に住んでいるらしい志田未来ちゃん。一度くらいビナウォークで見かけてもおかしくないと思うのだが、いたらいたで好奇の目で見てしまうのは間違いなく、想像するだけで罰の悪い思いがする。TVドラマで数々の災...
*誰も守ってくれない* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを...
映画 【誰も守ってくれない】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護...
誰も守ってくれない (Diarydiary!)
《誰も守ってくれない》 2008年 日本映画 - 英題 - NOBODY TO
『誰も守ってくれない』・・・救いのない中から見えてくる希望 (SOARのパストラーレ♪)
事件の被害者ではなく加害者側、すなわち容疑者の家族を警察が守る場合があるという。警察は公に認めていないそうだが、その是非はともかくとしてこういう対応はあって当然な気がする。
誰も守ってくれない (毎日楽しいやん)
久しぶりに1人で映画館に行きました。 私の好きなタイプの映画です。   誰も守ってくれない   平凡に暮らす船村家の長男が 小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕された。 東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は 容疑者の妹・沙織(志田未来)...
【映画感想】誰も守ってくれない (掃き溜め日記~てれびな日々~)
『誰も守ってくれない』 見てきました!平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマ...
誰も守ってくれない (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
友人や彼氏に囲まれ、楽しい中学生活を送っていた船村沙織。けれど、幼い姉妹を刺し殺した事件で兄が逮捕され、彼女や両親の生活は一変します。自宅はマスコミに取り囲まれ、世間の厳しい目に晒され...。警察は、沙織の保護を刑事の勝浦に命じます。ホテル、刑事の自宅...
試写会「誰も守ってくれない」 (流れ流れて八丈島)
これから、一ツ橋ホールで試写会「誰も守ってくれない」を観ます。心に傷を抱えた刑事(佐藤浩市)が殺人犯の妹となった少女(志田未来)を守る。という「社会派ヒューマンエンターテイメント!!」だそうです。あまり予習してないので、ニュートラルな状態で映画を楽しみ...
映画「誰も守ってくれない」 (FREE TIME)
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。
「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気 (オールマイティにコメンテート)
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、...
「誰も守ってくれない」 (★ Shaberiba ★)
加害者家族を襲うマスコミとネットの恐怖に背筋が凍った~!!
映画『誰も守ってくれない』 (健康への長い道)
昨日前日譚『誰も守れない』をTV放映していた『誰も守って切れない』。ミント神戸にて鑑賞しました。監督は、『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一さん。 Story 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避け...
『誰も守ってくれない』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----最近、凶悪な事件が多いよね。 他の動物たちだったら、ありえないよね。 自分たち同士で殺しあうんだもの。 それも、飢えてどうしようもないからってワケじゃないよ。 フォーンにはよく分からないけど これ、欲望ってヤツらしい。 あっ、『ミーアキャット』も身内同...
【誰も守ってくれない】人の心の痛みが解る時 (映画@見取り八段)
誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎 公開: 2009年1月 第32回モントリ...
「誰も守ってくれない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「誰も守ってくれない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、津田寛治、東貴博、冨浦智嗣、木村佳乃、柳葉敏郎、他 *監督:君塚良一 感想・評価・批評 等、レビューを含...
『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世...
映画 『誰も守ってくれない』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上...
誰も守ってくれない(映画館) (ひるめし。)
俺に、人を守れるのか。あなただけは、信じてる。
「誰も守ってくれない」 守ること、守られること (はらやんの映画徒然草)
皆があたかもそう言っているかのように一方的に書くメディア。 他人の中傷ばかりをす
石田ゆり子 写真集関連 最新トピック (石田ゆり子 画像動画情報ブログ)
『誰も守ってくれない』□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚...
【レビュー】「誰も守ってくれない」(若干ネタバレ) (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
ドキュメンタリー風の「劇映画」としては 「闇の子どもたち」が現在も各地で再映されているが 果たしてこの作品や如何に?   あろうことか? この作品の宣伝番組を偶然観てしまったので (追記:ドラマは観てないです 監督出演のトーク番組を見ました) 画面づくりや脚...
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!(2009-3) (馬球1964)
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!2009年の第3作目です。
誰も守ってくれない☆独り言 (黒猫のうたた寝)
公開当日にTVで『誰も守れない』というSPドラマ放映うまいな・・・やっぱりフジテレビ(笑)とはいえ、TVドラマのほうは、吸引力ではいま一つな感じでしたが・・・それぞれのキャラ紹介としてはいい感じの効果を出していました。木村佳乃扮するメンタルクリニックの先生は...
誰も守ってくれない (ネタバレ映画館)
「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」
誰も守ってくれない (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  重苦しいテーマの映画である。だが観終わったあとに後味の悪さは残らず、むしろすがすがしい風が通り抜けてゆく気分だった。 いきなり未成年の青年が、殺人容疑で逮捕されるシーンから始まる。青年は中流のサラリーマンの家庭で育ったどこにでもいるような高...
誰も守ってくれない (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『誰も守ってくれない』  (2008) = ある日突然、未成年の長男が’小学生姉妹殺人事件’の容疑者として、逮捕されてしまった船村家。 両親と、15歳の妹・沙織(志田未来)は、状況も分からぬままに、マスコミの好奇の目に晒され、激しいバッシングに...
『誰も守ってくれない』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡...
何か物足りない。『誰も守ってくれない』 (水曜日のシネマ日記)
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。
ヘブンリーボイス(映画/試写会:誰も守ってくれない) (美味!な日々)
品川教会で行われた映画『誰も守ってくれない』の試写会に行って来ました。ヘヴンリーボイス試写会と銘打たれた試写会、上映前に
★誰も守ってくれない(2008)★ (CinemaCollection)
Nobodytowatchoverme<モントリオール映画祭・最優秀脚本賞受賞>殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる──。上映時間118分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/01/24ジャンルドラマ/サスペンス【解説】社会的に注目を集める殺人事件を巡...
【誰も守ってくれない】 (日々のつぶやき)
監督:君塚良一 出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎 「防犯課の刑事勝浦は、18歳の少年が二人の少女を殺害した罪で逮捕された船村家、容疑者家族の保護を命じられた。 担当させられたのは容疑者の15歳の妹沙織、マス
【誰も守ってくれない】 (+++ Candy Cinema +++)
【Nobody to watch over me】【監督】 君塚良一    【脚本】 君塚良一 、鈴木智   【公開日】 2009/01/24   【上映時間】 118分   【配...
映画『誰も守ってくれない』 (いんどあかめさん日記)
2009年、映画館で観る4作目はこちら。好きな俳優さんのひとりである、佐藤浩市さ
誰も守ってくれない (佐藤浩市さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆佐藤浩市さん(のつもり) 佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【映画】誰も守ってくれない (新!やさぐれ日記)
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を...
誰も守ってくれない (伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~)
 殺人事件で逮捕された少年の家族を追い回すマスコミとネットオタクから妹を守る役割を与えられた警察官の行動と思いを通じて、マスコミとネット社会の危うさを描く社会派映画「誰も守ってくれない」を見てきました。 このテーマ、昔から被疑者が逮捕された後、本人には...
「誰も守ってくれない」~家族が犯罪者に・・・ある日突然世界が変る。 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『誰も守ってくれない』 Nobody to watch over me (公開2009年・日本/118分) 公式サイト 32回モントリオール世界映画祭 ワールド・コンペティシ...
誰も守ってくれない (エリ好み★)
犯罪に“巻き込まれた”少女と、心に傷をもつ男の逃避行。なんだか『ユリイカ』を思い出しますが…
誰も守ってくれない (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:東宝 監 督:君塚良一 それまで
誰も守ってくれない (Thanksgiving Day)
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を受賞したという作品で、こんな内容です。 『幼...
誰も守ってくれない (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <有楽座> 監督:君塚良一 脚本:君塚良一 鈴木智 小学生姉妹殺人事件の容疑者が逮捕された。刑事の勝浦は、同僚の三島と共に、容疑者家族の保護という任務を命じられる。未成年の長男が逮捕された船村家では、両親と15歳の妹・沙織が、無神経なマスコ...
『誰も守ってくれない』 (『映画な日々』 cinema-days)
 殺人犯の妹となった少女と  彼女を守る刑事の逃避行が始まる。。。    個人評価 ★★★  
「誰も守ってくれない」:錦糸町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、ポカンとしてるの? {/kaeru_en4/}いや、この駅ビルでみんなと待ち合わせの約束をしてるんだけど、その約束、誰も守ってくれないんだよなあ。 {/hiyo_en2/}駅ビルのどこで? {/kaeru_en4/}いや、駅ビルで・・・。 {/hiyo_en2/}ずいぶん大雑把な場所指...
映画「誰も守ってくれない」 (徒然なるままに)
予告編を観たときから観賞希望。暗い映画とは思っていたが、加害者家族を扱うという今
誰も守ってくれない (オモヒノママニ)
殺人犯の妹と、彼女を保護する刑事の先が見えない逃避行を描いた作品です。 被害者の家族に対する異常なまでのマスコミ報道。 そしてネットによる誹謗中傷のかきこみの数々。 行き場のない二人を追い詰めていく様子が、 まるでドキュメンタリーでも見てるかのように ス...
映画『誰も守ってくれない』 (いつか どこかで)
映画『誰も守ってくれない』を見ました。
09-34「誰も守ってくれない」(日本) (CINECHANの映画感想)
私は悪くないのに  ある日突然、未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまった船村家。両親と15歳の妹・沙織は状況も分からぬままマスコミの好奇の目に晒され、激しいバッシングに追いつめられていく。  そんな中、刑事の勝浦は容疑者家族の保護...
誰も守ってくれない <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
試写会に当たったので お友達と観に行ってきましたが重い、実に重い内容ですこの映画は 容疑者の家族側の話になっているので 普段あまり知り得ないことや容疑者の家族が世間からどういう仕打ちを受けるのかというのがよくみえた被害者の家族を保護しないといけないのは...
「誰も守ってくれない」 (小さな街から)
ごく普通の4人家族だった船村家の、18才の長男が、ある日突然、小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまいました。 東豊島署の刑事である勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)は、容疑者の家族の保護を任命され、事情が飲み込めないまま、勝浦は、容疑者
「誰も守ってくれない」 (純愛シネマ)
「誰も守ってくれない」 監督   君塚良一 出演   佐藤浩市  志田未来  松田龍平
「誰も守ってくれない」 (またり、すばるくん。)
映画「誰も守ってくれない」を観に行きました。
「誰も守ってくれない」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                          「誰も守ってくれない」 う~ん・・。久しぶりに「重い」映画でしたねぇ・・・。 のっけから家宅捜索でしょ、逮捕でしょ、そのあと、豊島区役所の役人が離婚届と婚姻届を半強制的に署名捺印させるシーンは、余りに...
『誰も守ってくれない』 (四つ葉のクローバーを探して)
モントリオール世界映画祭で最終脚本賞を受賞した映画。 見に行ったのがかなり後半だったので、あちこちで評判とかは見たり、聞いたり。 でも・・・ 公開直前にTVでやったスペシャルドラマ・・・。 あのドラマのインパクトがあったので、映画に対してもちょっと期待...
誰も守ってくれない (にわうたぶろぐ)
 役者陣に惹かれて観に行ったことを告白します。  だって佐藤浩市に佐々木蔵之介ってドツボだよ…!  (志田未来ちゃんも可愛いし)
誰も守ってくれない (毎日が映画記念日)
誰も守ってくれない(OST)村松崇継 EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-01-21by G-Tools
誰も守ってくれない (杏の休日 ★ 別館 ~映画館~)
幼い姉妹が殺害され、未成年の容疑者が逮捕される。 やがてその家族はマスコミの過剰なバッシングや ネットでの誹謗中傷にさらされる。 警察の保護下に置かれた中学生の妹沙織は 刑事の勝浦とともにマスコミからの執拗な追跡を逃れ あちこちを転々とするが・・・ ...
誰も守ってくれない (単館系)
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎ...
「誰も守ってくれない」凄く引き込まれました・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
加害者の家族もある意味被害者だと言う刑事。加害者の家族も可哀想だ・・って風に見てしまいがちな映画だったけれど、そこに現在はペンショ...
mini review 09395「誰も守ってくれない」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上げた。兄の逮捕で世間...
誰も守ってくれない (シネマDVD・映画情報館)
殺人犯の家族を保護する刑事を通じて、歪んだまま暴走を続ける現代社会と人間の信頼と絆を描く社会派ドラマ。「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けた君塚良一にとって、「MAKOTO」「容疑者 室井慎次」に次ぐ監督作3本目となる。脚本は、君塚と「金融腐蝕列島[呪縛]...
誰も守ってくれない☆ (Happy-go-lucky!!)
映画の日が週末に重なると嬉しいねてことで「誰も守ってくれない」を見てきたよこれは、犯罪者の家族にスポットを当てた作品。警察はこういう対応をするんだ…とか知らなかったこともいっぱい描かれてて興味深かったわ。犯罪者の家族を守るという、今まで経験したことない...
映画評「誰も守ってくれない」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2005年日本映画 監督・君塚良一 ネタバレあり
誰も守ってくれない (2ちゃんねる映画ブログ)
【佐藤浩市】 誰も守ってくれない 【志田未来】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1226593847/ 1 :名無シネマ@上映中:2008/11/14(金) 01:30:47 ID:jG309hEq 2009年1月24日(土)より、お正月第2弾 全国東宝系ロードショー ...
映画「誰も守ってくれない」 (<花>の本と映画の感想)
誰も守ってくれない 監督: 君塚良一 出演: 佐藤浩市, 志田未来, 松田龍平, 石田ゆり子, 佐々木蔵之介 2008年 誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]/佐藤浩市,志田未来,松田龍平 ¥3,990 Amazon.co.jp
誰も守ってくれない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる─。』  コチラの「誰も守ってくれない」は、「踊る大捜査線 THE MOVIE」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」の脚本家の君塚良一が監督を務めたポリティカル・サスペンスです。主演は、佐藤浩市、志田未来。  幼...
映画『誰も守ってくれない~NobodyToWatchOverMe』... (KINTYRE’SDIARY)
9-6.誰も守ってくれない~NobodyToWatchOverMe■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月24日、シネフロント(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)□...
『誰も守ってくれない』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なしポニーキャニオン  『誰も守ってくれない』 2008年(日)監督:君塚良一 ●はたして本当に社会派ドラマか?  本作を鑑賞しても嫌な気分にはならないだろうが、酷く完成度の高い秀作とま...
『誰も守ってくれない』 (月のブログ)
誰も守ってくれない スタンダード・エディション [DVD] by G-Tools 殺人犯の家族がマスコミ等に叩かれるなか、刑事(佐藤浩市)が犯人の妹・沙織(志田未来)の保護をするというお話。 警察の不手際...
「誰も守ってくれない」 2009年 監 君塚良一 (トリ猫家族)
 見なきゃな~と思いつつ月日が流れ・・・BSプレミアムで放送してくれたのでやっと見ることができました。怖い映画でした。でも、ラストに確かな希望が残りました。 映画WEB SITE ...