京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『プラチナデータ』

2013-03-24 00:03:24 | 邦画

 

 

□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ
□監督 大友啓史
□原作 東野圭吾
□脚本 浜田秀哉
□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏

■鑑賞日 3月16日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  
珍しく東野圭吾がもともと映画化を前提にアイデアを考えたという小説だったという。
  当初、小説と映画のコラボレーション企画として始まったが、東野が映像化を意識するあまり、
  執筆に行き詰まり、一旦企画は消滅し、数年後に再びチャンレジしたという作品がこれ。

 ストーリーは、政府が水面下で収集した国民のDNAデータ「プラチナデータ」をもとに
 犯罪捜査が行われ、犯人を特定する最先端のDNA捜査が可能になり、検挙率100%、
 冤罪率0%の社会が訪れようとしていた2017年。 
 神楽龍平(二宮和也)は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する、天才科学者。
 いくつもの難事件を解決してきた彼は、DNA捜査の重要関係者が殺される連続殺人事件を
 担当することになる。 しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが導き出した犯人は、
 なんと、神楽自身だった。 身に覚えがない神楽は逃亡を決意。 神楽は“追う者”から一転
 “追われる者”に。 神楽を追うのは、警視庁捜査一課の辣腕刑事・浅間玲司(豊川悦司)。
 現場叩き上げとしてのプライドを持つ百戦錬磨の浅間は、逃げる神楽を追い詰めていく。

 いわゆる二重人格ものだが、以前、これに似たようなTVドラマもいくつかあった。
 原作は未読なので、主人公の人格のニュアンスはわからないが、二宮VS豊悦という組み合わせをが
 そういう意味では、今までにあったようなものの二番煎じにならなかったのは事実かもしれない。
 つまり、今までにあった東野作品とは少し違った“追う者と追われる者”を創出していたように思う。
 脇も、特殊解析研究所の所長・志賀孝志役を生瀬勝久、同じく臨時研修員を杏、天才数学者・
 蓼科早樹を水原希子が演じている。 そして原作では男性だった遺伝子学教授を
 鈴木保奈美が演じているが、正直、鈴木保奈美はミスキャストではなかっただろうか・・・。
 ある意味、もっと狡賢さを秘めた深みがある演技のできる女優を起用すべきではなかっただろうか?
 何故、原作に反し、女性に変えたのかは、過去のいくつかの例を利用したのかもしれないが、
 この映画での、キーパーソンの位置づけとしてはやや物足りなかった感は否めない。

 結構、近未来を表現する上で、DNA解析のための検査機器は実際に解析の現場で
 使われている本物を設置したそうで、なんと1台数億円規模の最先端の機器も持ち込まれたそうだ。
 実際に、その分野の専門家に出演してもらい、劇中で機械の操作も行ってもらったそうで、
 そのへんのリアリティーは十分活かされていたように思えた。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「夜明け前」・「APA AWARD20... | トップ | 「かに道楽」/川崎(2013春) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2013-03-31 11:05:11
いきなり二重人格をばらしちゃうもんだから
え、もうそれ言うの?ってのはありましたけど
じゃあ真犯人はというと、散々追っかけたわりには
え、その程度だったんかいというオチ・・・(^^;

やっぱ東野圭吾の映画化ってのは
ミステリよりもほかに比重おいたほうが
ええような気がするな〜・・・

DNA捜査の凄さも怖さも見せといて
ニノVSトヨエツもそれなりにもりあげといて
・・・あえて敵作る発言だけど
エンドロールに嵐のうたはいらね〜・・・。
この映画の宣伝でイメージソングとしてCMで流すなら
ハマるんだけどね。
Bleathless好きですよ、嵐嫌いじゃないよ、かっこいいよ
でもせっかくここまでみせて
それ1曲でアイドル映画になっちゃうのはちょっとね〜という暴言。
あり〜 (cyaz)
2013-04-01 08:31:30
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>じゃあ真犯人はというと、散々追っかけたわりには
え、その程度だったんかいというオチ・・・(^^;
ですよねぇ(笑) しかもそれが彼女だったなんて><

>ミステリよりもほかに比重おいたほうがええような気がするな〜・・・
同感。

>この映画の宣伝でイメージソングとしてCMで流すなら
ハマるんだけどね。
そうですね〜、本編では不要だったと僕も思います。

>それ1曲でアイドル映画になっちゃうのはちょっとね〜という暴言。
ま、暴言と言うより、それも“あり”って感じで(笑)
へえ〜 (sakurai)
2013-04-11 12:33:54
そういう経緯があったんですか。
にしちゃ、薄目な設定でしたね。
東野作品って、SFものになると、なんか妙な牽強付会があったりして、いまいちなのが多いと感じます。
作品が多いだけにたくさん映像化されてますが、一長一短があるなあと思いますわ。
今回のはなんかなあ〜でしたね。
牽強付会〜 (cyaz)
2013-04-11 17:22:50
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>そういう経緯があったんですか。にしちゃ、薄目な設定でしたね。
そうですね(笑)

>SFものになると、なんか妙な牽強付会があったりして、いまいちなのが多いと感じます。
そもそも想像の世界もあったりして、道理に合わないことも多々(笑)

>作品が多いだけにたくさん映像化されてますが、一長一短があるなあと思いますわ。今回のはなんかなあ〜でしたね。
おっしゃるとおりで(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

43 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『プラチナデータ』 2013年3月23日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『プラチナデータ』 を鑑賞しました。 やっぱり朝一番の映画は眠気が無い 今日は2時間越え3本見る予定なんですけど。。。 【ストーリー】  政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(え...
プラチナデータ (to Heart)
この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。 連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 製作年度 2012年 上映時間 134分 原作 東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎刊) 監督 大友啓史 音楽 澤野弘之 出演 二宮和也/豊川悦司/鈴木保奈美/生瀬勝久/...
映画『プラチナデータ』観てきたよ (よくばりアンテナ)
東野圭吾の同名小説の映画化作品。 原作がめっちゃ面白かったので期待して観に行きました。 原作はコチラ プラチナデータ (幻冬舎文庫)(2012/07/05)東野 圭吾商品詳細を見る 原作の感想はコチラ 原...
映画「プラチナデータ」を観ました!!(2013-06) (馬球1964)
映画「プラチナデータ」を観ました!!
プラチナデータ〜天才てんこ盛り (佐藤秀の徒然幻視録)
この美形さえも、DNAで決まるのか。 公式サイト。英題:Platinum Data。東野圭吾原作、大友啓史監督。二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村 ...
プラチナデータ ヾ(@^▽^@)ノ → o( ̄ー ̄;)ゞ → (_ _;)  (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=19 うち今年の試写会2】 完徹明けの昨夜、昼寝をせずに夜は20時にベッドに入ったら、なんと朝6時まで一度も起きること無く熟睡!俺もまだまだ若い!?  警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う....
プラチナデータ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
DNAの解読は標的を定めることで部分的に可能というのが現実だけど、人相や体格や性格まで解読するのは並大抵ではない。開発者の天才科学者は絶対の自信を持っているが、彼自身が犯人にされていまい陰謀に巻き込まれていく。有りがちな展開ではなく、予想外の展開でなかな...
映画『プラチナデータ』★二宮くんのファンはお待ちかねでしょう。 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158645/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     犯人の特定に、DNA鑑定が使われることがあります。 全国民のDNAを登録する“プラチナデータ”が...
プラチナデータ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月23日(金) 15:10〜 チネ4 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 トヨエツがでかいのか、ニノがちっちゃいのか、たぶん両方 『プラチナデータ』公式サイト 国民の情報を警察が抑えているという、どこの「ワイルド7」(映画の駄作のやつ...
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司 (カノンな日々)
東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...
プラチナデータ (2012) 134分 (極私的映画論+α)
 ニノの写真はアップ出来ません(笑)
プラチナデータ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック [CD]DNAデータによる管理社会で起きた殺人事件の謎を追う「プラチナデータ」。所詮、人間をデータ化することなど不可能なのかも ...
【プラチナデータ】DNAは人間の全てを語るのか (映画@見取り八段)
プラチナデータ    監督: 大友啓史    出演: 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人 公開: 2013年3月16日 2013年3月20日。劇場観賞。 原作は東野圭吾氏の同名小説、未読です。 え〜…あんまり高評...
プラチナデータ (Break Time)
今日は、気温も上がり・・・
プラチナデータ (いい加減社長の映画日記)
予告編が面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。 神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...
プラチナデータ (勝手に映画評)
東野圭吾の同名の小説が原作。元々、原作の小説は映画化を前提に作られており、今回、そのそもそもの目的が達成されたことになる。 原作は読んでいたんですが、結構前なので実はストーリーはうろ覚え。“プラチナデータ”の意味だけは覚えていましたが。うろ覚えでも、今...
プラチナデータ (単館系)
プラチナデータ ユナイテッド・シネマ浦和 3/16公開 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に 犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は 皆無となった...
プラチナデータ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 [Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報...
劇場鑑賞「プラチナデータ」 (日々“是”精進! ver.F)
自分自身の“意志”が、大事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303160003/ プラチナデータ (幻冬舎文庫)東野 圭吾 幻冬舎 2012-07-05売り上げランキング ...
「プラチナデータ」 クールさが立つ (はらやんの映画徒然草)
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒
プラチナデータ  ★★★ (パピとママ映画のblog)
全国民のDNAを元にした犯罪捜査システムが構築された近未来を舞台に、身に覚えのない殺人容疑で追われることとなった天才科学者を主人公にしたミステリー。出演は「GANTZ:PERFECT ANSWER」の二宮和也、「一枚のハガキ」の豊川悦司。監督は「るろうに剣心」の大友啓史。原...
プラチナデータ (とりあえず、コメントです)
東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思うような作品でした。
映画「プラチナデータ」 (FREE TIME)
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
感想が出るほど浸れなかった 「プラチナ・データ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
近未来、DNAを使ったシステムにより冤罪は皆無となった。そのシステムを作った科学捜査機関の神楽は、絶対の自信を持っていたが、ある殺人事件で神楽自身が犯人であるとの検索結果が出て……。 監督:大友啓史 出演:二宮和也、豊川悦司
映画「プラチナデータ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プラチナデータ」観に行ってきました。東野圭吾の同名小説を原作とし、男女逆転「大奥」1作目および「GANTZ」二部作で主演を担った二宮和也、および豊川悦司の2人を中...
プラチナデータ (花ごよみ)
東野圭吾の同名小説を実写映画化 監督は大友啓史 主演は二宮和也、 科学者の神楽龍平を演じます。 自ら作り出した DNA解析システムで分析した結果 神楽自身が容疑者になってしまい、 逃亡する羽目に 天才科学者から容疑者に。 そして神楽のもう一つの人格、 リュウ....
アナログ刑事と二人のニノ。〜「プラチナデータ」〜 (ペパーミントの魔術師)
ぐるナイでしかみてないんだけど 杏ちゃん、足長い。バイクで颯爽とくるとこカッコイイ ノルウェイの森でインパクト大だった水原希子ちゃんめっちゃ可愛い☆ トヨエツ渋かったです。キャストバッチシだね〜。 ・・・鈴木保奈美だけがな〜・・・・(わわわわわ) 演技...
プラチナデータ (愛猫レオンとシネマな毎日)
ミステリー作家、東野圭吾の同名小説を、「るろうに剣心」の 大友啓史監督が映画化。 初日の舞台挨拶が、全国のTOHOシネマズで、同時中継されました。 ワタシも、そのプラチナチケット?をGETして鑑賞。 見事に満席!二宮さんが登場すると歓声と拍手! ほとんど女子...
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味 (オールマイティにコメンテート)
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
プラチナ・データ  監督/大友啓史 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮和也  豊川悦司  鈴木保奈美  杏 【ストーリー】 政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平...
プラチナデータ (迷宮映画館)
うーんん、なんつか、、、普通。。。
『プラチナデータ』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『プラチナデータ』を観てきました。 2週目?ということもあり、満員ではないですがそこそこ混んでおりました。 ストーリーはコチラ(^^)/ プラチナデータ - 映画.com これって東野圭吾が原作なんですね。なんとなくその匂いを感じられました。 おもしろかったです(^^)...
■プラチナデータ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第303回「魅力的なプロットも効果的に使わなくては・・・」 何度もこのブログで言っているように、私はSF(サイエンス・フィクション)が大好きだ。現在の科学ではありえないことかも知れないが、もう少し未来や、もう1つ未開の技術が開発されたら?などと想像され....
プラチナデータ  (Said q winning)
監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 ストーリー:政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行わ れ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった近未来...
プラチナデータ (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター1 鑑賞日時:3月26日 評価:B 原題:プラチナデータ 製作:2013年 日本 監督:大友啓史 出演: 二宮和也 豊川悦司 鈴木保奈美 生瀬勝久 杏 水原希子 和田聰宏 映画生活  ※ネタバレを含む場合があります。 この映画は遺...
「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[プラチナデータ] ブログ村キーワード  東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也と豊川悦司の競演で魅せてくれます。  そう遠くない将来の...
プラチナデータ (だらだら無気力ブログ!)
二宮君ファンなら満足な一本かも。
プラチナデータ (ルナのシネマ缶)
東野圭吾の原作を読んだのは ちょっと前ですが、 あまり内容を覚えてなくて・・・。 それなりの作品だったみたいです。 ただなんとなく神楽は ニノのイメージではなかったような 気がします。 政府が極秘に収集した国民のDNA“プラチナデータ”を 利用した犯...
プラチナデータ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:大友啓史 出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 【解説】 さまざまな作品が映画化されている東野圭吾の小説を、『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化したサスペンス。DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、...
プラチナデータ (いやいやえん)
うーんいまひとつ微妙な作品でした。 二宮さんの存在、役回り、演技、キャラクターがあっていないんですよ。童顔というのもそうなのですが、天才科学者にはどうしてもみえない。脇が豊川さんだとか保奈美さんだとか杏さんだとか、存在感があるのと背の高い人ばかりと...
映画評「プラチナデータ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・大友啓史 ネタバレあり
プラチナデータ (のほほん便り)
二宮和也、豊川悦司というキャスティングだけで、大いに満足してしまった私です。厳しい意見もあったみたいですが、逃げるニノ、追うトヨエツと、私は、このおふたりを眺めて、嵐のかっこいいエンディング・テーマを聴けただけで充分だったのでしたSFサスペンスの設定と...
映画 プラチナデータ (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     出生時・学校の健康診断などで非合法にDNAデータを入手して   DNAデータバンクを作る政府。しかしシステム製作者が極秘裏に   システムをさらに改良して、何者かに殺害される。 ...