京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ブロークン・フラワーズ』

2006-05-01 00:01:45 | 洋画

■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ 
■キャスト ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・ウィンストン、フランセス・コンロイ、ジュリー・デルピー

□オフィシャルサイト  『
ブロークン・フラワーズ
   
注)オフィシャルサイトは妙に重いので時間に余裕のある方のみどうぞ(笑)

 恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通のピンクの手紙が届いた。 封筒の中にはピンクの便せん。 そして赤い字で「あなたと別れて20年。 息子は19歳。 あなたの子です」と書かれていた。 差出人の名はナシ。 お節介な隣人ウィンストンの手はずで、かつてのモテ男、ドンはピンクの手紙の手がかりを求めて旅に出ることに。 果たしてドンの息子は実在するのか。 彼は当時付き合っていた恋人たちを訪ねていく。


 おススメ度 ⇒★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★


 ジム・ジャームッシュの6年ぶりの新作。 そのストーリーと予告編を観たとき、面白そうなので期待していた作品です 

 特にこの主人公であるトン・ジョンストン・・・ドン・ジョンソンよく間違われていたのだが、似ても似つかぬ中年おやじにビル・マーレイを抜擢したことは正解かもしれない(笑) かつてはプレイボーイだった主人公ドンを、お得意のポーカーフェイスでとぼけた雰囲気で演じるマーレイはなんとも味わい深い。 大きな笑いというより、小さい笑いが一杯で小ネタも仕組んであってなかなか楽しい作品だった。 ただ、ややオチがわかりづらい面もあったが、不思議な感覚の、しかもジャームッシュらしいロードムービーだった。 

 それにしてもこの主人公の元恋人たちには、シャロン・ストーンやジェシカ・ラング、そして久しぶりのジュリー・デルピー等、なかなかゴージャスだ やや峠を越えたところが何とも言えないいい塩梅である(笑)
 
 当初この映画、何故PG-12(12歳未満の鑑賞には不適切な表現が含まれるものには、成人保護者の同伴が適当。 性・暴力・残酷・麻薬描写・ホラー映画・小学生が真似をする可能性のある映画が審査の対象になる) なのかと思ったら、シャロン・ストーンの娘役の女の子がスッポンポンで出てくるからだ(笑) ヘアが丸見えなのである(笑) だけど中学生なら全く問題ないのかなぁ、今の時代では

 それにしても、元恋人たちは一目見て彼だとわからないのもなんとなく不思議な感じだった。
 ゆったりした流れでストーリーが進んでいくので、もし自分が今まで付き合った彼女たちの、その後の所在がわかっていて、彼のようにいきなり花束を持って会いに行ったとしたらどんな反応があるんだろうか(笑) ちょっとそんなことも考えながら観れた作品だった。
 先日、高校の時の同窓会で久しぶりに以前付き合っていた女性に会ったが、すぐにわかったけどなぁ(笑)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (52)   トラックバック (116)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ニュー・ワールド』 | トップ | 昭和記念公園③(06春) »
最近の画像もっと見る

52 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ゆうけい)
2006-05-01 13:00:44
 はじめまして、TBありがとうございました。こちらからもさせていただきました。ブログの雰囲気が良く似ているので(黒バックに緑文字)妙に親近感がありました。Niftyかと思ったらgooなんですね。



 私も予告編を見て観にいった口なのですが、結構楽しめました☆4つというところでしょうか。PG12を私もいぶかしく思っていたのですが、理由がわかった時は苦笑してしまいました。まあ、ジムのちょっとした遊び心なんでしょう、彼女の名前も含めて。
おはつです~ (cyaz)
2006-05-01 17:43:28
ゆうけいさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>ブログの雰囲気が良く似ているので(黒バックに緑文字)妙に親近感がありました。Niftyかと思ったらgooなんですね。

テンプレートまでそっくりなブログも先日あって、自分で自分にTBしているような気になりました(笑)?!



>理由がわかった時は苦笑してしまいました。まあ、ジムのちょっとした遊び心なんでしょう、彼女の名前も含めて。

ま、確かにそうですね(笑) まず12歳以下にこの映画は何も感じないと思いますけどね(笑)

でも12歳以上にはヘアーOKなんですかね???

シャロン (kazupon)
2006-05-01 19:55:44
cyazさん、シャロン・ストーンの家は

なんとも生生しくてすごかったですね。

死んだダンナの記念のもの(レーサー!)、

派手な携帯、ちょっとイカれた娘、チキンの夕食、

ガレージセール。。。アメリカ人なら笑える

感じなのかな?って思いました。

>以前付き合っていた女性に会った

あはは、タイムリーですねぇ(笑)

まぁ実際ああやってイキナリ家に来られたら

死ぬほど迷惑なんだと思いますけど(笑)
こんにちは。 (きらら)
2006-05-01 21:01:27
cyazさん、TBありがとうございました



わたし的にはやっぱりジム・ジャームッシュは合わないかなぁ~。

本当に睡魔との闘いでした(映画館が暑かったのもあるのですが。。。)



でもくすくす笑いをしちゃいそうなシーンがてんこ盛りで

それはそれで楽しめました



私のところにも20年後あたり、誰か訪ねてこないかなぁ~
Unknown (ちか)
2006-05-01 21:12:01
こんばんは。TBありがとうございます。



元恋人たちは、本当にゴージャスでしたね。

そして同時期に付き合ってたとは思えないほど、キャラが違っていて、いかに手広く(?)付き合っていたんだろうと、感嘆しました。



すぐに気付かなかったのは、見かけが違ったのか、20年の間に積み重ねてきたものが違いすぎるのか、色々想像してしまいました。
興味あり~ (cyaz)
2006-05-02 08:53:10
kazuponさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>派手な携帯、ちょっとイカれた娘、チキンの夕食、ガレージセール。。。アメリカ人なら笑える感じなのかな?って思いました。

まさにそうかもしれませんね(笑)

あの娘にはビックリ(笑)でしたが^^



>まぁ実際ああやってイキナリ家に来られたら死ぬほど迷惑なんだと思いますけど(笑)

ですよね(笑) でも少々興味ありますけどね^^



ローちゃん (まゆ)
2006-05-02 09:17:04
はじめまして。TBありがとうございます。

わたしはシャロンの娘のローがツボでした。

すっごくおばかな感じで可愛かったです。
本作品もJ.ジャームッシュ氏の持つ、独自の作風が健在でしたね (たろ)
2006-05-02 10:37:05
お早うございます。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、大きな笑いを誘う場面は少ないのですが、何気ない日常に隠れている意図しないユーモアを上手に浮かび上がらせた点に、ジム・ジャームッシュ氏の持つ独自の作風が健在である事を感じさせられました。

そして、ビル・マーレイさんが演じるかつてのプレイボーイ ドン・ジョンストンさんとジェフリー・ライトさんが演じる隣人であり友人 ウィンストンさん、ドン・ジョンストンさんと当時の恋人達との関係が良い味わいを醸し出していたと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



ですねぇ~ (cyaz)
2006-05-02 12:24:40
きららさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>本当に睡魔との闘いでした(映画館が暑かったのもあるのですが。。。)

あらら、単純なシーンの繰り返しでしたからね(笑)?!



>でもくすくす笑いをしちゃいそうなシーンがてんこ盛りでそれはそれで楽しめました

小ネタが結構多かったですね(笑)



>私のところにも20年後あたり、誰か訪ねてこないかなぁ~

思いを残した彼氏だといいですけどね~♪

どうも~ (cyaz)
2006-05-02 12:27:56
ちかさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>そして同時期に付き合ってたとは思えないほど、キャラが違っていて、いかに手広く(?)付き合っていたんだろうと、感嘆しました。

ビル・マーレーがプレイボーイとかけ離れてるところのギャップが面白かったですね(笑)?!



>20年の間に積み重ねてきたものが違いすぎるのか、色々想像してしまいました。

20年過ぎて、あのシャロン・ストーンのようだったら、また惚れてしまいそうですね~(笑) 息子のことは別にして(汗)
おはつです~ (cyaz)
2006-05-02 12:30:35
まゆさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>わたしはシャロンの娘のローがツボでした。すっごくおばかな感じで可愛かったです。

あれだけオープンな感じで堂々としていたら、こっちが赤面してしまいますよね(笑)?!
ほんとに~ (cyaz)
2006-05-02 12:38:46
たろさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>何気ない日常に隠れている意図しないユーモアを上手に浮かび上がらせた点に、ジム・ジャームッシュ氏の持つ独自の作風が健在である事を感じさせられました。

そうですね! ジャームッシュ特有のリズムでしょうかねぇ(笑)



>ウィンストンさん、ドン・ジョンストンさんと当時の恋人達との関係が良い味わいを醸し出していたと思います。

変な隣人関係ですよね(笑)?! 女性のおせっかいはあっても(失礼)、男性のおせっかいはどんなもんでしょうか(笑)?!

リフレイン~ (にゃんこ)
2006-05-02 19:04:29
公式サイトでも聴ける、あのドライブのBGMが

リフレインしています(笑)



花束貰うなら・・・あの、お墓に供えたのが好きだなぁ~

TBいただいていきますね~^^
まさに~ (cyaz)
2006-05-02 23:17:01
にゃんこさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>公式サイトでも聴ける、あのドライブのBGMが

リフレインしています(笑)

こぶしのない演歌ですかぁ(笑)?



>花束貰うなら・・・あの、お墓に供えたのが好きだなぁ~

姿形がないだけにある意味郷愁を覚えますね^^
こんにちは (朱雀門)
2006-05-03 07:00:46
面白い映画でした。

あの娘さん・・・目のやり場に困ってしまいました(笑)。

シャロン・ストーンの間抜けな寝顔も良かったです。



花束にたいする女性たちの反応に、それぞれ個性があって楽しめました。また、一度登場した女性がそれっきり出てこないところを見ると「ドンは割と後腐れのない別れ方をしていたのかな、それがプレイボーイたるゆえんなのかな?」と色々考えさせられました。
Buenas noches. サミィです☆ (Sammy)
2006-05-04 00:39:47
ゆったりまったりとして、とても気分のいぃ映画でした(´∀`)

ユーモアのセンスも良かったですね。

思わずくすくすにやにやしちゃいました(*´艸`)☆
峠を越えている(笑) (サトウノリコ)
2006-05-04 16:38:40
確かに登場する女優様方は、峠を越えてましたね(笑)

なかなか面白い作品でしたね。確かに失笑が多かったし、ビル・マーレイがすっとぼけてて良かったです!

TBさせて頂きますね。
ロリータ (カオリ)
2006-05-05 23:43:14
私の友人は、睡魔に襲われたが、ロリータの登場でびっくりして目が覚めたと言っていました。確かに・・・。TBさせていただきました。
モテモテ (kino)
2006-05-07 13:45:58
ジャームッシュ映画はちょっと苦手なんですが

ビル・マーレイの魅力で 最後まで楽しく(?)

観られました。

昔はあの 無愛想で意地悪なところがスキじゃなかったけど

最近、いいですねー。なんか気になる!

何か惹きつけるもんがあるんですよね(笑)
ジャームッシュ体験 (でんでん)
2006-05-07 20:41:42
cyazさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>不思議な感覚の、しかもジャームッシュらしいロードムービーだった



実はジャームッシュの映画って初めてだったんです。食わず嫌いというか、ただ今は自分の年齢のせいか楽しめました。そういえば濃口が苦手になってきているような気もします(苦笑)(^^ゞ
難しいかも~ (cyaz)
2006-05-07 21:57:24
朱雀門さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>面白い映画でした。あの娘さん・・・目のやり場に困ってしまいました(笑)

あっけらかんとあけっぴろげで逆に違和感なかったですよ(笑)



>「ドンは割と後腐れのない別れ方をしていたのかな、それがプレイボーイたるゆえんなのかな?」と色々考えさせられました

そうかもしれませんね! でもなかなか難しいものですよね、そういう“別れ方”は(笑)



小ネタ~ (cyaz)
2006-05-07 22:04:42
Sammyさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ゆったりまったりとして、とても気分のいぃ映画でした(´∀`) ユーモアのセンスも良かったですね。

そうですね(笑)?!



>思わずくすくすにやにやしちゃいました(*´艸`)☆

確かに小ネタがいっぱいでしたね^^

狙い~ (cyaz)
2006-05-07 22:11:19
サトウノリコさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>なかなか面白い作品でしたね。確かに失笑が多かったし、ビル・マーレイがすっとぼけてて良かったです!

彼の持ち味はそのすっとぼけたところですよね(笑)

そこが監督の狙いだったのかもしれませんが^^



目覚め~ (cyaz)
2006-05-07 22:13:08
カオリさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>私の友人は、睡魔に襲われたが、ロリータの登場でびっくりして目が覚めたと言っていました。確かに・・・。

なるほど(笑) 目覚めのサービスカットでしたよね^^
やっぱり~ (cyaz)
2006-05-07 22:22:20
kinoさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ビル・マーレイの魅力で 最後まで楽しく(?)

観られました

そうでしたね~♪



>昔はあの 無愛想で意地悪なところがスキじゃなかったけど最近、いいですねー。なんか気になる!

何か惹きつけるもんがあるんですよね(笑)

そこが彼の持ち味ですよねぇ~

好み~ (cyaz)
2006-05-07 22:36:01
でんでんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>実はジャームッシュの映画って初めてだったんです。

そうでしたか^^



>食わず嫌いというか、ただ今は自分の年齢のせいか楽しめました。そういえば濃口が苦手になってきているような気もします(苦笑)(^^ゞ

なるほど^^ 自分の角が取れてきて楽しめる映画や作風もありますよね(笑)

こんばんわ。 (minori)
2006-05-09 21:57:05
こんばんわー。

こちらにTBさせていただきますね。



んー。やっぱり突然花束もってこられても

イヤですよねぇ。どうリアクションして

いいのやら。しかも自分の彼だったり

だんなの前に現れたら…。

フクザツな感じです。



それではまた遊びにきますね。
ですね~ (cyaz)
2006-05-09 23:46:56
minoriさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>んー。やっぱり突然花束もってこられてもイヤですよねぇ。どうリアクションしていいのやら。しかも自分の彼だったりだんなの前に現れたら…。フクザツな感じです。

相手もカップルで来てたら対処もできるしょうけどね~(笑)

でもその後どうしているのか気になる人もいますけどね^^
おひさです (もじもじ猫)
2006-05-11 22:01:03
ジム・ジャームッシュらしくて、面白かったです。

が、ジャームッシュ作品て、以前は観る人が少なかったんですが、今回は多いなぁ。(私は9割劇場で観てます)なんででしょう?



20年前の恋人どころか、10年前でも顔とか忘れますけど、私の場合。っていうか、女性は引きずらない人の方が多いですよ。

おひさです~ (cyaz)
2006-05-12 08:39:25
もじもじ猫さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>ジャームッシュ作品て、以前は観る人が少なかったんですが、今回は多いなぁ。(私は9割劇場で観てます)なんででしょう?

多分万人にわかりやすくなってきたことと、今回のテーマじゃないですかねぇ^^



>20年前の恋人どころか、10年前でも顔とか忘れますけど、私の場合。っていうか、女性は引きずらない人の方が多いですよ。

男性の方がやっぱ引きずって生きる生き物なのですかね(笑)?!

こんにちは (chat1996)
2006-05-15 11:59:55
見ながらこれから年をとった時に昔の恋人が会いにきたら…と考えてしまいましたね(笑)

やっぱり男の人のほうがおセンチでロマンチストなのかもな~と思いました

いろんな楽しみ方が出来る映画ですよね
男の方が~ (cyaz)
2006-05-15 12:44:04
chat1996さん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>見ながらこれから年をとった時に昔の恋人が会いにきたら…と考えてしまいましたね(笑)

ほうほう、そんなに過去の恋人がいらっしゃるんですね^^



>やっぱり男の人のほうがおセンチでロマンチストなのかもな~と思いました

ですね(笑) 昔の想い出を引きずっているのは男の方でしょうね・・・><



>いろんな楽しみ方が出来る映画ですよね

そうですね! 僕はジャームッシュよりビル・マーレーのほうが興味あって観ましたよ(笑)

どうします? (ななな)
2006-05-26 20:42:48
cyazさん、こんばんわ。

シャロンの娘はびっくりでした。

まさかあんなに突然真っ裸で出てくるなんて想像もつきませんから・・・

でも笑わせてもらいましたけどね♪

その他にもいい感じの笑いがいっぱいで楽しい&ちょっぴり切なかったです。

もしこんな手紙が着たらcyazさんならどうします?(笑
やっぱ~ (cyaz)
2006-05-26 23:57:48
なななさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>シャロンの娘はびっくりでした。 まさかあんなに突然真っ裸で出てくるなんて想像もつきませんから・・・ でも笑わせてもらいましたけどね♪

男性にはサービスカットでしょうね(笑)



>その他にもいい感じの笑いがいっぱいで楽しい&ちょっぴり切なかったです。 もしこんな手紙が着たらcyazさんならどうします?(笑

やっぱ、探しちゃうでしょうか(笑) いまでも昔付き合った人で会いたい人はいますけどね^^
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ (とんちゃん)
2006-06-04 00:20:56
コメント&TB返し 感謝です♪



そういわれて見れば、ドンの元恋人は 直ぐにそうと 気づかなかったのかなぁ?



意外と 女は髪型や化粧などで 歳を若く見せることができるけど ドンの変わりっぷりが 凄かったとか(笑) 

シャロン・ストーンは 今回、綺麗でした。老けて見えなかったもん♪ しかし あの おませな娘~~♪ 私1人で 大笑いでしたよ。 隣の おば様(推定65歳ぐらい)とか だ~れも 笑ってなかったみたいです。^^
サービス~ (cyaz)
2006-06-04 00:26:46
とんちゃんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ドンの変わりっぷりが 凄かったとか(笑) 

そうかもしれませんね(笑) でも若くて気がフサフサだとしても、ブ男は変わらないと思うのですが><



>シャロン・ストーンは 今回、綺麗でした。老けて見えなかったもん♪

そうですね^^ 結構シェイプアップしてましたしね(笑)?



>しかし あの おませな娘~~♪ 私1人で 大笑いでしたよ。

おじさんにはとってもいいサービスカットでした~♪

中年って・・・ (rubicone)
2006-06-15 23:44:58
こんばんは!

物凄く期待して、気合も入れて観にいった私。くすくす笑いが随所に散りばめられ楽しめました。

が、しか~し!(笑)中年の悲哀と淋しさの方をより強く感じて、何とも微妙な気持ちになりました。ま、そこが狙いだったのかも・・・とも思いますが。

自分自身の年齢と重なり、中年ってほんっとに微妙なお年頃なのね、はあぁみたいな感じで、ついテンション下がり気味に・・・。
よく遊び~ (cyaz)
2006-06-16 12:52:57
rubiconeさん、TB&コメントありがとうございましたm( )m



>物凄く期待して、気合も入れて観にいった私。くすくす笑いが随所に散りばめられ楽しめました。

マーレーの“笑い”のツボがも彼独特のものですね^^



>自分自身の年齢と重なり、中年ってほんっとに微妙なお年頃なのね、はあぁみたいな感じで、ついテンション下がり気味に・・・。

あらま(笑) 中年は折り返しでこれからの世界をいかに楽しく“遊ぶ”かがテーマです^^ ボケ老人なんて嫌ですから日々遊びましょう~♪

こんにちは (めいぐると)
2006-06-19 22:40:58
TB&コメントどうもありがとうございます!!



個人的には二番目の女性宅で、

彼女の旦那を囲んで夕食を共にする時の

なんとも居辛そうな雰囲気がツボでしたね。



そしてお馴染み、ちょっと長めの暗転。



愛すべき良作でした。
間~ (cyaz)
2006-06-20 00:24:20
めいぐるとさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>個人的には二番目の女性宅で、彼女の旦那を囲んで夕食を共にする時のなんとも居辛そうな雰囲気がツボでしたね。

日本人にはありえないことですかね(笑)?ああいうシーンは^^

しかし、マーレーの“間”は独特ですよね^^
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-29 21:37:13
こんにちは♪

「コーヒー&シガレッツ」に続き、好みの作品でした。

ジャームッシュのフィーリングと合うのかもしれません(他の作品は未見・・・)

ビル・マーレイのなんともいえない味わいが好きです。

それにしても20年前に付き合っていた女性が5人・・・いままでに何人と付き合ってきたのか気になります。

cyazさんもピンクの封筒が届いたらお気をつけ遊ばせ~!
なるほど~ (cyaz)
2006-06-30 23:38:50
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ジャームッシュのフィーリングと合うのかもしれません(他の作品は未見・・・)

そうですか^^ 僕はイマイチ・・・ですね(笑)



>ビル・マーレイのなんともいえない味わいが好きです。

この日とは昔から大好きです。力は入ってないのに笑っちゃいます(笑)



>cyazさんもピンクの封筒が届いたらお気をつけ遊ばせ~!

はい、気をつけます(笑)

ま、そんなことはないでしょうけどね^^

TBありがとうございます (poyance)
2006-07-15 03:20:01
またまたありがとうございました。

久々のジャームッシュ作品、あいかわらずのオフビートな感じと、ピンクの色使いなど新しさもあって楽しく観ました。特にシャロン・ストーンとクロエ・セヴィニーが出てくるときのエピソードが好きです。

オフビート~ (cyaz)
2006-07-15 14:16:33
poyanceさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>久々のジャームッシュ作品、あいかわらずのオフビートな感じと、ピンクの色使いなど新しさもあって楽しく観ました。

そうでしたね^^ ビル・マーレーもなかなかジャームッシュの世界に合っていましたね!



>特にシャロン・ストーンとクロエ・セヴィニーが出てくるときのエピソードが好きです。

この映画のシャロン・ストーンはなかなか綺麗でしたね? 『氷の微笑3』ではどうなんでしょうね(笑)?!



TBありがとうございました! (Ken)
2006-08-29 23:38:43
こんばんは!

ジャームッシュ大好きなのですがこの作品はなぜかそれほど乗れなかったのです・・・。

うーむ、僕はまだ人生経験が足りないのかもしれません。

それにしても音楽の使い方は相変わらずニクイくらいカッチョよかったなあ。

ですよね~ (cyaz)
2006-08-29 23:43:31
Kenさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m



>ジャームッシュ大好きなのですがこの作品はなぜかそれほど乗れなかったのです・・・。

でも、その気持ちわかる気もします^^

ちょっと違ったアクがありましたから(笑)



>それにしても音楽の使い方は相変わらずニクイくらいカッチョよかったなあ。

ですよね^^



TBありがとうございました☆ (ageha)
2006-08-30 12:31:51
2個もTBしていただいてありがとうございましたたどってきてみたらめちゃくちゃコメント&TBがあってびっくりしましたまたきます&また来てくださいねでは
どうも~ (cyaz)
2006-08-30 12:56:33
agehaさん、コメントありがとうございますm( )m



>2個もTBしていただいてありがとうございましたたどってきてみたらめちゃくちゃコメント&TBがあってびっくりしましたまたきます&また来てくださいねでは

お手数おかけしました^^

たくさんの人のコメントってそれぞれの意見があって読んでいると楽しいですよね!
かわいい (ひめ)
2007-01-16 21:08:13
ビル・マーレイがすごくかわいく見えました^^
「嫌だ」と言いながらお隣さんの言う通りにしてるし、ジャージはとっても似合っちゃってるし(笑)
昔はどんな風にモテモテだったんでしょうね~。
独特~ (cyaz)
2007-01-16 22:43:10
ひめさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ビル・マーレイがすごくかわいく見えました^^
彼は独特の男の色気がありますからねぇ(笑)

>昔はどんな風にモテモテだったんでしょうね~。
そこなんですよね(笑)
でも、男は顔じゃないですから^^
コメントありがとうございました. (ほんやら堂)
2007-04-12 22:42:08
cyaz様
コメントありがとうございました.
ビル・マーレイの魅力は何でしょう?
どちらかといえば苦手な俳優さんです.きわめて動きの少ない俳優さんとの印象がありますが,その昔ダン・エイクロイドやジョン・ベルーシとお仲間でぶいぶいやっていたとは,信じられませんね.
渋さ~ (cyaz)
2007-04-12 22:59:34
ほんやら堂さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>きわめて動きの少ない俳優さんとの印象がありますが,その昔ダン・エイクロイドやジョン・ベルーシとお仲間でぶいぶいやっていたとは,信じられませんね.
そうですか(笑)? 昔のパワーが今衰えているとは思えませんねぇ。 年とともに渋さを増していると思いますけどね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

116 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ブロークン・フラワーズ』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:ジム・ジャームッシュ CAST:ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン他 2005年カンヌ映画祭審査員特別グランプリ受賞作品 多くの女性と恋愛をしてきたリッチな中年、ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)。若 ...
感想/ブロークン・フラワーズ(試写) (APRIL FOOLS )
ジム・ジャームッシュ監督最新作『ブロークン・フラワーズ』。『ロストイントランスレーション』のビル・マーレイ主演。もーね、なんかすっとぼけ作品です。キッチュな中年男のお話。4月29日公開。 『ブロークン・フラワーズ』            ひと財産 ...
「 ブロークン・フラワーズ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジム・ジャームッシュ 主演 : ビル・マーレー / ジェフリー・ライト /       公式HP:http://www.brokenflowers.jp/ 監督は、デビュー作 「 ストレンジャー・ザン・パラダイス 」のジム・ジャームッシュ。 主演は、短編集「 コーヒー ...
『ブロークン・フラワーズ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某ラジオ局のサイトで当選した 『ブロークン・フラワーズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
ブロークン・フラワーズ (ゆうけいの月夜のラプソディ)
 ジム・ジャームッシュ監督の新作「ブロークン・フラワーズ」を観てきました。実は
愛すべきダメな大人 「ブロークン・フラワーズ」 (平気の平左)
評価:70点 ブロークン・フラワーズ 雰囲気は大好きなのですが、ストーリー的には今一歩はまりませんでした。 ちょっと似た話なら、「アメリカ、家族のいる風景」の方が好きですね。 雰囲気は甲乙つけがたいですが。 笑えるだけこちらの方がいいかな? ビ ...
ジム・ジャームッシュ ブロークン・フラワーズ写真他 (ポコアポコヤ)
カンヌで、ジムジャームッシュが、パルムドールに次ぐ グランプリ(審査員特別大賞)を「ブロークン・フラワーズ」で 受賞したそうです! どんな映画か検索してみたのですが、日本の検索サイトでは あまりヒットしなかったので、フランスに飛んで探して来ました。 ...
ブロークン・フラワーズ (It\'s a Wonderful Life)
いや~好きです!これ。気に入りました。 結構かっこ悪い物語なのに悔しいけどかっこいい映画。。 ジャームッシュの映画って構図がクールだから映像に目がいってしまうんですけど、 見た目が美味そうなだけじゃなく、中身も美味しい映画監督だと改めて思い ...
映画~ブロークン・フラワーズ (きららのきらきら生活)
 「ブロークン・フラワーズ」公式サイト2005年度カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品一通のピンクの手紙によって19歳になる息子の存在を知った中年男のドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)が、まだ見ぬ息子とその母親を探し当てるための旅に出るロードムー ...
ブロークン・フラワーズ (まったりでいこう~)
若かりし頃、女たちと浮き名を流したプレイボーイも、年を取れば他の中年のオジサマたちとかわらない様になってしまうんですね。部屋でひとりでぼうっとテレビを見たり音楽聞いたりしているドン・ジョンストンの姿には哀愁とか悲哀というぴったりだったと思います ...
『ブロークン・フラワーズ』 (さくらホテル)
渋谷・シネマライズにて。 久しぶりに、思いっきりムナシイ映画を見てしまいました。 何度となく襲ってくる睡魔と冷房による冷え。 この見終わった後の虚脱感は、ある意味製作者の思うつぼ? う~ん。
ブロークン・フラワーズ【BROKEN FLOWERS】 (maimai\'s cinema land)
昨日に引き続き、ジム・ジャームッシュ最新作を鑑賞。去年のカンヌでグランプリ受賞、主演はビル・マーレイということですっごく楽しみにしていた本作。さすがジム・ジャームッシュ、期待を裏切らない、かなり私好みの映画でした!! 中年なのに結婚もせず ...
ブロークン・フラワーズ (BUNPITUノHIBI)
ジム・ジャームッシュ監督 ドンが「ドン・ファン」だったのは昔のこと。今や、お金持ちだがどこか疲れた中年男。将来や人生に向き合おうとしない彼の元から、同棲相手さえ去っていく。そんな彼の元に届いたピンク色の手紙。あなたの息子が19歳になります、と ...
【映画】 ブロークン・フラワーズ ★★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン・ジョンストン。 ドンのもとに、一通のピンクの手紙が届いた。 封筒の中にはピンクの便せん。 そして赤い字で「あなたと別れて20年。息子は19歳。あなたの子です」 と書かれていた。差出人の名はナシ。 お ...
ブロークン・フラワーズ (Kinetic Vision)
ドンファンのようなプレイボーイにとってにとって女性は複数なのか、一人なのか。多くの女性と関係を持つドンファンのような男性は、一人の女性の元にずっととどまっていることができ
ブロークン・フラワーズ (Big Screen)
○BROKEN FLOWERS ○ドラマ/コメディ[◆◆◆◆◆◇5/6] ○2005米国/106min/キネティック=東京テアトル/公開2006/04/29 ○イントロダクションかつてのプレイボーイが、自分の息子がいるという差出人不明の手紙(20年前に分かれた恋人から?)を手に、昔の ...
ブロークン・フラワーズ (色即是空日記+α)
人生は思いがけない驚きを運んでくる ダメな人生も愛おしい!  見る人とその時の気分を選ぶんだよなぁ。。この監督・・・でもジム・ジャームッシュ監督の作品ではこれが一番好きだな。点数つけるとしたら5点満点で 1点か5点(爆 (そのときの気分次第な点 ...
沁み入るおかしみ「ブロークン・フラワーズ」 (That\'s the Way Life Goes)
[:映画:] 「ブロークン・フラワーズ」 公開初日。 2回目の上映で、客の入りは7割くらいか。初回でなく2回目にしたのは席を事前に確保しておきたかったからで、その中で一番早く観れる回にしたのだ。 それぐらい待望の映画。 期待にそぐわぬ可笑しさ満載。  ...
ブロークン・フラワーズ/BROKEN FLOWERS (我想一個人映画美的女人blog)
2005年カンヌ国際映画祭グランプリ獲得! というと期待しちゃうけど、 ジョニーデップの「デッドマン」はじめ、今まで苦手なのが多かった ジム・ジャームッシュ監督の、長編としては6年振りの新作 というのもあって、超・満員のマスコミ試写室。。。 5月公開を前 ...
映画館「ブロークン・フラワーズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ~。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことないからねぇ~。 そんなわけで、近所のお節介さ ...
broken flowers (なんか21才は成長できそうな気がする。ブログ)
あの顔がなんともいえないおやじビル・マーレイ。 『ブロークン・フラワーズ』 ★★★☆☆ 昨日はオーストラリア帰りのともちゃんと一緒にみてきたよatシネマライズ すきすき、こーゆう失笑しちゃう感じの、ニヤッとしちゃう感じの、映画。 間が独特 ...
これは煙草じゃない・・・マリファナだよ! ~ ジム・ジャームッシュ 「 ブロークン・フラワーズ 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 一足早い夏の到来を思わせる程の暑さを感じる、晴れた月曜日です。 今日は、池袋の映画館で観た、ジム・ジャームッシュ氏の新作映画について。 『 ブロークン・フラワーズ ( BROKEN FLOWERS ) 』 ( ‘05年 アメリカ ) 経営するコ ...
ブロークン・フラワーズ (Pocket Warmer)
邦題:ブロークン・フラワーズ 原題:BROKEN FLOWERS 監督:ジム・
ブロークン・フラワーズ 評価額・800円 (Blog・キネマ文化論)
●ブロークン・フラワーズをユナイテッドシネマ豊橋にて鑑賞。 事業で成功し、独身貴
ブロークン・フラワーズ BROKEN FLOWERS (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
カンヌ国際映画祭2005 審査員特別グランプリ受賞 ビル・マーレイ、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、 ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン主演 ドン・ジョンソンはIT産業で成功し裕福な暮らしをしています 充分な貯えがあり 今はこれといっ ...
色の無い生活に届いた、ピンク色の手紙。『ブロークン・フラワーズ』 (水曜日のシネマ日記)
差出人不明の一通のピンク色の手紙を受け取った事が切っ掛けで、 20年前に別れた恋人たちに会いに行く事となった、 ひとりの独身中年男性の物語です。
ブロークン・フラワーズ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ジム・ジャームッシュ監督作品って、ちょっと苦手かも というか、どうしてもどこかで寝てしまうのよね^^;;; 映画の日の1本目は『ブロークン・フラワーズ』になりました。 今はさえない中年のドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)・・・ かつてはプレイボー ...
ブロークン・フラワーズ:このかったるさは、クセになる (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:ジム・ジャームッシュ(2005年 アメリカ作品) 京都シネマにて鑑賞。 公開初日(4月29日...
「ブロークン・フラワーズ」ジャームッシュ根強い人気? (映画コンサルタント日記)
シネマライズ他全国41スクリーンで公開の始まった「ブロークン・フラワーズ」。オ
映画「ブロークン・フラワーズ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Broken Flowers この映画、またまたビル・マーレイが、"ロスト・イン・トランスレーション"してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・。 差出人不明のピンクの手紙に綴られた、まだ知らぬ19歳の息子の ...
ブロークン・フラワーズ(映画館) (ひるめし。)
人生は思いがけない驚きを運んでくる CAST:ビル・マーレイ/ジェフリー・ライト/シャロン・ストーン/フランセス・コンロイ/ジェシカ・ラング 他 ■アメリカ産 106分 「ライフ・アクアティック」でも突然『実はあなたには息子がいます』と告げられたビル・マ ...
ブロークン・フラワーズ (映画通の部屋)
「ブロークン・フラワーズ」 BROKEN FLOWERS/製作:2005年、アメ
ブロークン・フラワーズ (カリスマ映画論)
                                              【映画的カリスマ指数】★★★★★  孤独に枯れた花・咲き誇る過去の花 
きょうゎ渋谷で (Samiano de Angelisの徒然なる日々)
映画三昧な一日でした (*´∇`*) なにせ1日で3本観ちゃいましたから(^ω^) 朝から晩まで映画漬けです。 用事がなければ、あともう1本観ようと思ってたんですが(ー∇ー;) まず朝イチで観てきたの
■BROKEN FLOWERS ブロークン・フラワーズ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■BROKEN FLOWERS 原題:ブロークン・フラワーズ ●さ、お待たせの、ファンは既にご承知!ジム・ジャームッシュがカンヌ国際映画祭でグランプリ受賞した映画「BROKEN FLOWERS」(原題:ブロークン・フラワーズ)。この題名、いい。このまま公開しておくれ、た、頼 ...
ブロークン・フラワーズ (やすぶろ)
フォーラムで「ブロークン・フラワーズ」を観ました。単純に楽しめる娯楽映画というよりは、インディーズ映画の趣が強いので一般向けではないけど、自分としては一瞬たりとも目が離せないとても満足度の高い映画でした。 ビル・マーレー演じる中年男が、差出し ...
ブロークン・フラワーズ (やすぶろ)
フォーラムで「ブロークン・フラワーズ」を観ました。単純に楽しめる娯楽映画というよりは、インディーズ映画の趣が強いので一般向けではないけど、自分としては一瞬たりとも目が離せないとても満足度の高い映画でした。 ビル・マーレー演じる中年男が、差出し ...
映画@ブロークン・フラワーズ/Broken Flowers (sattyの癒しのトビラ)
生活には困らないが、『家庭を持つこと』に興味がもてないドン 昔はバリバリのプレイボーイだったが今はどこか落ちぶれた感が。。 いわゆる中年オヤジだ そんな彼の元に届いた一通のピンク色の差出人不明の手紙 「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」 自分の ...
*ブロークン・フラワーズ* (Cartouche)
{{{    ***STORY***          2005年    アメリカ ドン・ジョンストンは独身をつらぬく中年男性。IT成金で金持ち、しかしすでに盛りは過ぎた女たらし一緒に暮らしていた恋人シェリーに去られたばかりだ。 そんな彼のもとに1通のピ ...
ブロークン・フラワーズ (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         ブロークン・フラワーズ(2006年、アメリカ、キネティック/東京テアトル) http://www.brokenflowers.jp/ ? 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、   ...
ブロークン・フラワーズ (秋日和のカロリー軒)
ジャームッシュ師匠  ティム・バートン監督の『チャーリーとチョコレート工場』の導入部は、オートメーションによって次々にチョコレートが出来上がってゆき、それらが配送されるまでの工程を、流れるような画面構成で示し、観客は一気に作品の世界に引き込ま ...
「ブロークン フラワーズ」 (てんびんthe LIFE)
「ブロークン フラワーズ」シャンテシネで鑑賞 レディースデーなので渋谷で2本と思っていましたが出遅れました。渋谷に別な用事があって時間を調整しようと思ったときには既に遅く、今日の渋谷行きはあきらめました。変更して日比谷へ。11:20からのこの ...
ブロークン・フラワーズ (映画評論家人生)
シネ・リーブル梅田 とても贅沢で、とても静かな、とても切ない作品を観た。若い頃、付き合った相手が、
桃 ~「ブロークン・フラワーズ」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ジム・ジャームッシュ監督作品、ビル・マーレイ主演の、 映画 「ブロークン・フラワーズ」を観た。 2005年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。 「19歳の息子がいる」という手紙を受け取ったドン(ビル・マーレイ)。 隣人の助けを受けながら、手紙の ...
ブロークン・フラワーズ(05・米) (no movie no life)
自分の意思で初めて見に行った映画を覚えてますか?私は「ゴースト・バスターズ」でした。(正確に言えば二本立てだったんで前座の「フット・ルース」が先でしたが)そんな意味で、また、こないだ「コーヒー&シガレッツ」のビル・マーレイ を見て、彼にはどこか ...
ブロークン・フラワーズ (俺の話を聴け~!)
ジム・ジャームッシュの撮る作品はかなり好きで、今回も楽しみにしていたが、期待を裏切らないというか、いい意味でいつもの安定したジム・ジャームッシュ作品だった。身近にありそうで、でもやっぱりないような、一種の寓話である。ちょっとした笑いとちょっと切 ...
「ブロークン・フラワーズ」「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観る(ちょっとネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 例年ならGWも出勤と来るところだが、今年は何も無く三連休となった。外はまずまず
ブロークン・フラワーズ-(映画:今年62本目)- (デコ親父はいつも減量中)
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ジェリー・デルピー 評価:93点 公式サイト (ネタバレあります) ジム・ジャームッシュ、ええわあ。 ビル・マーレイ、 ...
Broken Flowers(2005,U.S.) (The Final Frontier)
実家の近く(?)のシネコンへ,初めて行ってみました。両親には「大雨の中,わざわざ行かなくても…」と言われてしまいましたが(笑)。 ブロークン・フラワーズかつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストン(Bill Murray)は、中年と ...
ブロークン・フラワーズ ([踊]Dance!Dance!Dance!)
センチュリーシネマで鑑賞。 毎月1日の映画サービスデーなので何か見たいなと思っていろいろ探していたらブロークン・フラワーズが公開されたばかりだったので見てきた。ここの映画館はEdyが使えたのがよかった。最後の回だったけど結構入っていた。 さて、ジム ...
「ブロークン・フラワーズ」 ビル・マーレイ 風味まんてん! (目の中のリンゴ)
ジム・ジャームッシュの映画といえば、一昔前には ”映画ツウの好む映画”の最たるものでした。 「ストレンジャー・ザン・パラダイス」「ナイト・オン・ザ・プラネット」 などなど、話題になった映画も多く、ファンの多い監督さんですね。 でも私、実はたぶん、観 ...
ブロークン・フラワーズ (Diarydiary!)
《ブロークン・フラワーズ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - BROKE
★「ブロークン・フラワーズ」 (ひらりん的映画ブログ)
ビル・マーレイ主演。 このおっさん、間抜けな役が多いよね。 なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・ 本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・ 相乗効果で客の入りが、良いんだか悪いんだか・・・
ブロークンフラワーズ (とにかく、映画好きなもので。)
     ※注 多少、物語に関して核心に触れる部分に言及しています。  さかりを過ぎた、女ったらしのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通のピンクの手紙が届く。  封筒の中身の便箋には、赤い字で・・・  あなたと別 ...
これです。現在。それそれ。 (それも さるこ と ながら )
公演やらで忙しかったのでしばらく休んでましたが 再開しました、試写会応募祭り。 本年第1弾はやはりJ-WAVE様。というわけで 行ってまいりました、ブロークン・フラワーズ。 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ    ジェフリー・ライト   ...
ブロークン・フラワーズ (シャーロットの涙)
2005年カンヌ映画祭グランプリ作品{/kirakira/} ジム・ジャームッシュ監督 主人公は人気ドラマ「マイアミ・バイス」の刑事「ドン・ジョンソン」と一字違いの「ドン・ジョンストン」・・・名前をいちいち人に説明しなくてはならないところがまた可笑しい。本人にし ...
「ブロークン・フラワーズ」まったり親父一人旅 (小生の映画日記)
ストーリー: 多くの女性たちと気ままな恋を楽しんできた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、ある日、「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」と書かれた匿名の手紙を受け取る。困惑したドンは隣に住む親友のウィンストン(ジェフリー・ライト)に ...
『ブロークン・フラワーズ』 あれが息子か! (キマグレなヒトリゴト)
昔の男がある日突然花束を抱えて現れたら、いったいどんな 反応をするだろう。どうしても終始女性の視点で見ている自分が いました。 『アメリカ、家族のいる風景』(レビューはこちら)も 自分の人生に違うラインを見出した男の話だったが、これも 「もしかした ...
\"BROKEN FLOWERS\" (私の感想文)
ジム・ジャームッシュもビル・マーレイという名前も今回覚えました。\"コーヒー&シガレッツ\"の監督と俳優だったんだ。\"コーヒー&シガレッツ\"はいろいろな雑誌とかで紹介されてて観たいなあって思ってたけど結局映画館では観ずにDVDを借りてきて、途 ...
『ブロークン・フラワーズ』 (灯りをともそ~キャンドル屋の店長日記)
恋人に去られたばかりのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)のもとに、一通の手紙が届く。 そこには、20年前に彼と別れた後に産んだ、19歳になる息子がいる、と。 手紙の差出人は不明。昔、プレイボーイでならした彼には、心
ブロークン・フラワーズ (悠雅的生活)
 ひとりの男と、ピンクの花
ブロークン・フラワーズ (悠雅的生活)
 ひとりの男と、ピンクの花
ブロークン・フラワーズ (壺のある生活)
ブロークン・フラワーズ Broken Flowers (2005/アメリカ) 無表情コント 監督・脚本 ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch 出演 ビル・マーレイ Bill Murray (Don Johnston) ジェフリー・ライト J
『ブロークン・フラワーズ』 (映画館で観ましょ♪)
ジム・ジャームッシュ監督好きということで観に行った人も多いようですが、 私の場合はビル・マーレイがほうってはおけないので観に出かけました。 その昔、何度も見た「ゴーストバ
シネマ日記 ブロークン・フラワーズ (skywave blog)
「古池や蛙飛びこむ水の音」?? ジム・ジャームッシュ監督の特有の「間」を十分堪能してください。芭蕉の俳句を味わうように。 ビル・マーレイのペーソスあふれる風情がなんと
「DEAD MAN」NEIL YOUNG (君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮))
昨日、シネリーブルに 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を観に行き、 ポイントカードを提示した際、 「ポイントが貯まりましたので  次回は無料でご覧になれます」 と言われた。 それならばと、今日もシネリーブルに赴いたのだが、 同じ受付の人に ...
「ブロークン・フラワーズ」 (もじもじ猫日記)
ジム・ジャームッシュのファンなので。 すでに初老かと思われる男が、 TVで観ているのはドンファンの物語。 一緒に住んでいた彼女が今まさに家を出て行く時に、 届いたピンクの封筒。 「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」 途方に暮れた男は 仲の良い隣人に ...
「ブロークン・フラワーズ」78点。 (mountain77 D.Reverse side)
「ブロークン・フラワーズ」hp 常に動きが注目されるアメリカミニシアター系シネマの旗手!がジム・ジャームッシュ。 でも、↑の紹介文にあるようなテンションが高い作品じゃないわけだ。 この映画は間違いなくめっちゃ好みが分かれる。 俺みたいに基本的 ...
ブロークン・フラワーズ (Alice in the Theater)
久々にこの手の映画に魅了されました。淡々と過ぎ行く映画の中でしっかりと意志主張があってなんだか心に響いてくるような不思議な映画。このような映画を待っていたのかもしれないです。主役のビル・マーレのあののほほんとしたキャラが更にこの映画の味を深めて ...
ブロークン・フラワーズ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
さえない、やる気のなさそうなくたびれた感じの中年の男性、ドン・ジョンストン。何故かはわからないのですが、ドンはもてるのです。 ある日、ドンのところに届いたピンクの手紙に書かれていたのは、「あなたと別れて20年。あなたの息子は19歳になります。」と ...
ブロークン・フラワーズ (日々徒然ゆ~だけ)
 これ,ビル・マーレイで持ってる映画だね。実はかつての恋人達を訪ね歩く旅よりも,お節介で善良(?)な隣人・ウィンストンとの会話をずーっと聞いていたかった。
ブロークン・フラワーズ (猫が行方不明)
いい映画ってのは最初の数分、数秒でわかるもんだと思い出させてくれました 「ブロークン・フラワーズ 」監督:ジム・ジャームッシュ 4/29(土)~シネリーブル梅田 ピンクの封筒をポストに入れる謎の手が見え ...
『Broken Flowers』 (The Blue Knowhere)
会社帰りに、『Broken Flowers』を観て来ました。 ストーリーは・・・。 元プレイボーイのドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、中年となった現在も勝手気ままな独身生活を送っていた。 そんな彼に恋人のシェリーも愛想を尽かして出ていった。 そこへ、 ...
『ブロークン・フラワーズ』で再び迷子のビル・マーレイ (存在の耐えられない軽さ)
GWから立て続けに、何日も映画の残像に支配されるような、脳髄に響く映画ばかり観ていて、少し疲れていたので、昨日観たジム・ジャームッシュの新作『ブロークン・フラワーズ』は、とてもリラックスして観ることができた。 ところで、池袋のシネリーブルって、水 ...
「ブロークン・フラワーズ」まったり親父一人旅 (小生の映画日記)
ストーリー: 多くの女性たちと気ままな恋を楽しんできた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、ある日、「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」と書かれた匿名の手紙を受け取る。困惑したドンは隣に住む親友のウィンストン(ジェフリー・ライト)に ...
ブロークン・フラワーズ (No Cinema No Life)
見終わった後にじわじわ面白さが染み込んでくる感じ?すごく良かったです。 劇場予告を散々見て「おもしろそう~」と思って見に行っただけあって、大筋のストーリーは事前に知っていました。なのでのっけから「いったい誰が母親!?子供は!?」そんな事ばかり ...
ブロークン・フラワーズ  (花ごよみ)
  かつての恋人から手紙が…。 内容は〔息子がもうすぐ19歳になります。 あなたの子です。〕 息子の存在を知った中年男が、  息子とその母親を探しに旅に出るロードムービー。  主人公は『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイ。   カンヌ ...
「ブロークン・フラワーズ」 インリンのコメント (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ドン・ジョンソンっていまだに知名度がめちゃめちゃ高いんですね~。 この映画の主人公のおっさんドン・ジョンストンがブイブイいわしてたであろう20年前といえば「マイアミ・バイス」の全盛期だから、この名前ネタを女性との会話のつかみネタにしてたのは想像に ...
ブロークン・フラワーズ (future world)
「困った顔がなんとも、いい味出てるよね」と一緒に観た友の弁。 何か言いたそうで、物怖じしてる、言われるがまま、やられっぱなし・・・ こんなにも‘ユルユル’してるのに、嫌味も無くヘンな存在感~~ビル・マーレイってやっぱり「ヘンなオッサン」だ! ...
ブロークン・フラワーズ (future world)
「困った顔がなんとも、いい味出てるよね」と一緒に観た友の弁。 何か言いたそうで、物怖じしてる、言われるがまま、やられっぱなし・・・ こんなにも‘ユルユル’してるのに、嫌味も無くヘンな存在感~~ビル・マーレイってやっぱり「ヘンなオッサン」だ! ...
映画/ブロークンフラワーズ (  サ バ ペ)
映画「BROKEN FLOWERS」 ジムジャームッシュ監督 ビルマーレイ主演。 他 クロエセヴェニー、シャロンストーン ジェシカラング、ジュリーデルピー フランセスコンロイ、ジェフリーライト ティルダスウィントン...
bouquet de cinema (haljion_blog)
映画の花をやってみたいと思い始めたのは『東京日和』の 猪本典子さんの花あしらいを
ブロークン・フラワーズ (映画を観たよ)
何気に人気なのでしょうか? 夜のシャンテは満員でした。 何か不思議な雰囲気の映画でした。 でもこの雰囲気はすごく好き。 淡々としてるけど何かがあるような気がして少しわくわくするし笑いのおかげで何だかとっても楽しい時間を過ごした気がしました。 結局最 ...
ブロークン・フラワーズ (MIDDLE-EARTH)
2005年 アメリカ 106分 監督 ジム・ジャームッシュ 脚本 ジム・ジャー
【 ブロークン・フラワーズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
自分の息子がいるというピンク手紙を貰い、昔の恋人たちを訪ねる旅に出るロードムービー。主演はビル・マーレイ。 相変わらずのオフ・ビート感は変わらないねジム・ジャームッシュ監督。ビル・マーレイの何とも言えないとぼけた雰囲気、独特の間がこの作品を面 ...
「ブロークン・フラワーズ」 (るるる的雑記帳)
「ブロークン・フラワーズ」を観ました。 ドン・ファンの如く女にモテモテだったドン・ジョンストンもすっかりオヤジ。ある日ピンクの封筒に入った手紙が届く「私は20年前にあなたと別れた女です。あの後あなたの子供(男子)を産みました、19歳になります」 ...
ブロークン・フラワーズ (arudenteな米)
ジム・ジャームッシュ、ビル・マーレイのセンチメンタルグラフティ ブロークン・フラワーズ(BROKEN FLOWERS) http://www.brokenflowers.jp/ ≪ストーリー≫ かつては多くの女性と恋愛を楽しんだ元プレイボーイのドン・ジョンストンは、中年となった現在も勝手 ...
『ブロークン・フラワーズ』の曇天 (Days of Books, Films)
『ブロークン・フラワーズ』を見ていちばん記憶に残ったのは、われながら意外なことに
ブロークンフラワーズ (PLANET OF THE BLUE)
これ、ほとんど1ヶ月前に見たんですが・・・。^^; 今更ながら書かせていただきます。 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ     ジェシカ・ラング ティルダ・スウ ...
ブロークン・フラワーズ (とんとん亭)
「ブロークン・フラワース」 2006年 米 ★★☆☆ 期待はずれでした。 滅多に 映画館で寝ない私が 初っ端、物凄い睡魔に襲われ、字幕を追ってるうちに 余計眠くなり ウトウト(〃´`)~o○◯・・・ 字幕も見逃して、ついに5分ぐらい 爆睡した ...
FRED PERRYの上下です【ブロークン・フラワーズ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
ここ数年、いい具合に枯れてきたビル・マーレー。 以前はあの脂っこさに拒絶反応を
ブロークン フラワーズ (Casa de lapiz:鉛筆庵)
            *公式サイト 2005年/アメリカ/106分 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ/ジェフリー・ライト/シャロン・ストーン/ジェシカ・ラング/ティルダ・ウィンストン こんなにジャージが似合うとは!!とちょっと唖然とする ...
ブロークン・フラワーズ (knockin' on heaven's door)
そして旅はつづく。 Broken Flowers /Directed by Jim Jarmusch この作品を観るべきかどうか迷っていました。そもそも、ジム・ジャームッシュ作品とあまり私が相性良くないこともあり・・・ひぇぇー、ごめんね。確か高校生の頃だったと思うけど、『ストレン ...
ダーメダメダメダメ人間 (宇宙のめいぐると)
ジム・ジャームッシュがカンヌでグランプリを獲得した 最新作「ブロークン・フラワーズ」です。 ジャームッシュ作品は「ナイト・オン・ザ・プラネット」まで 欠かさず観てたのですが、 それ以降は何故だか一本も観てませんでした。 ベストはやっぱ「ストレンジャ ...
大切なものは見付かった? 「ブロークン・フラワーズ」 (固ゆで卵で行こう!)
プレイボーイで鳴らした初老の男ドンの元に届いた差出人不明の手紙。 それは20年前別れた女性からというもので、別れた直後に妊娠に気付き、ドンの息子を産んだという事。 そして19歳になる息子が父親を探して旅に出たという事が書かれていた。 隣人の勧め ...
ブロークン・フラワーズ (銅版画制作の日々)
突然記事が消えてしまいました私が間違って、消してしまったようです。再度投稿する事にしました。ビル・マーレイ主演、監督はジム・ジャームッシュ、お話は中年、独身、盛りを過ぎた女ったらしのドンの元に届けられた、差出人不明のピンク色の。このには彼の知ら ...
ブロークン・フラワーズ (champlechample.)
【ブロークン・フラワーズ 公式HP】 http://www.brokenflowers.jp/ お金も女性にも困らない。 結婚なんて一切興味のない中年男性。 そんな彼の元に名前を名乗らぬ1通の手紙が。 「19年前あなたの子を産みました・・・」 差出人を探すため過去の女 ...
ブロークン・フラワーズ (ムービームービー)
監督・脚本/ジム・ジャームッシュ 主演/ビル・マーレイ ★★☆☆☆ 2点 昔、プ
映画「ブロークン・フラワーズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ブロークン・フラワーズ」 19歳になる息子の存在を知った中年男が、まだ見ぬ息子とその母親を探し当てる旅に出るロードムービー。 先日見たばかりの『アメリカ、家族のいる風景』と少し被る部分がある。好きなことばかりしてきた男、一生家庭なんて ...
「ブロークン・フラワーズ」 BROKEN FLOWERS (俺の明日はどっちだ)
コンピュータ関係でひと財産を築いたビル・マーレイ扮するドン・ジョンソンならぬ“ t ”付きのドン・ジョンストン。 かつてはドン・ファンばりに女ったらしだった彼もいつしか人生の坂を下りつつある中、ある日突然『あなたには子供がいて、もうすぐ19歳になる』 ...
ブロークン・フラワーズ(ジム・ジャームッシュ、2005年、アメリカ) (extra ordinary)
公開中のジャームッシュ新作を観に行きました。映画館へ行ったのは実に去年のお正月以来。近くにできた新しいシネコンで観ましたが、100人ほど入る会場にいたのは我々を入れて10人足らずという寂しさ(連休だというのに)。そのかわりゆったりと観られてよかったで ...
『ブロークン・フラワーズ』 (・*・ etoile ・*・)
'06.06.28 Tと『ブロークンフラワーズ』@Q-AXシネマ ずっと見たくてやっと見れた。「お金にも女性にも不自由せず気ままな独身生活を送るドン。ある日"あなたの息子がいます"という手紙が届く。友人のススメで昔の恋人達を訪ねる旅に出るが…」という話。ジャ ...
【映画】ブロークン・フラワーズ (セルロイドの英雄)
"Broken Flowers"2005年アメリカ監督)ジム・ジャームッシュ出演)ビル・マーレイ ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ ジェシカ・ラング ティルダ・スウィントン マーク・ウェバー満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シ ...
ブロークン・フラワーズ (ぶっちゃけ…独り言?)
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、これは・・・ 一体何が言いたかったんでしょうか。 ジム・ジャームッシュ監督作品でカンヌ映画祭グランプリという事なので、 ちょっぴり・・・てか、結構不安を抱えながら観ました。 ま ...
ブロークン・フラワーズ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 106分 監督 ジム・ジャームッシュ 原作 - 脚本 ジム・ジャームッシュ 音楽 - 出演 ビル・マーレイ 、ジェフリー・ライト 、シャロン・ストーン (allcinema ONLINE) 解説: 19歳になる息子 ...
ブロークン・フラワーズ ジム・ジャームッシュ監督作品まとめ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ブロークン・フラワーズを、やっとこ見ました。 レンタル開始日に飛んで行って借りて来ました。ついでにジョニーデップ主演の「リバティーン」もねw
ブロークン・フラワーズ (Broken Flowers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジム・ジャームッシュ 主演 ビル・マーレイ 2005年 アメリカ映画 106分 ドラマ 採点★★★★ 昔の彼女から突然連絡が来ちゃうと、嬉しいっというよりは何となくサスペンスフルですよね。久しぶりの再会に何やら色々と再燃してくれればいいんですが、「ホント ...
ブロークン・フラワーズ (39☆SMASH)
『ブロークン・フラワーズ』 あらすじ 『かつては多くの女性たちとの恋愛を楽しんだ、元プレイボーイのドン・ジョンストン。中年となった現在も、ドンは気ままな独身生活を謳歌していた。そんなドンの態度に、恋人・シェリーはついに愛想を尽かし、ドン ...
映画 ブロークン・フラワーズ (よろず茶屋 )
DVDで鑑賞。予告でチェックしてすっごく観たかったロードムービー。 かなりインスパイアされた今回は、ネタバレ度が高いのでご承知を。  かつてのドン・ファンに届いた一通のピンクの手紙。  「あなたと別れて20 ...
ブロークン・フラワーズ (ひめの映画おぼえがき)
ブロークンフラワーズ 監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ、ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン、 ジュリー・デルピー... 「
「ブロークン・フラワーズ」 (映画鑑賞検定3級blog)
日頃なら私が見るタイプの映画ではないのだけれど、なんとな~~く面白そうに見えてきたので、今見ないといつ見るんだってわけで借りてみました。
「ブロークン・フラワーズ」 (シネマ・ワンダーランド)
「ストレンジャー・ザン・パラダイス」や「コーヒー&シガレッツ」などで知られる米国の才人、ジム・ジャームッシュ監督が2005年に撮ったヒューマン・ドラマ「ブロークン・フラワーズ」。中年男性がかつて愛した女性のもとを訪れるというロードムービーだ。
ブロークン・フラワーズ (琴線~心のメロディ)
【2006年4月29日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★ ストーリー・レベルがものすごく高くて面白かった! 上手い表現が見つからないけど、ビル・マーレイ演じるド...
独断的映画感想文:ブロークン・フラワーズ (なんか飲みたい)
日記:2007年は3月某日 映画「ブロークン・フラワーズ」を見る. 2005年.監督:ジム・ジャームッシュ. ビル・マーレイ,ジェフリー・ライト,シャロン・ストーン,フランセス・コンロイ,ジェシカ・ラ
ブロークン・フラワーズ (シネマライフ de Moriman.)
 あまりに非ロマンチックなロード・ムービー        多くの女性たちと気ままな恋を楽しんできた中年男ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、ある日、「あなたの息子がもうすぐ19歳になります」と書かれた匿名の手紙を受け取る。困惑したドンは隣に住む親友の...
ブロークン・フラワーズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は思いがけない驚きを運んでくる』  コチラの「ブロークン・フラワーズ」も「戦場のアリア」同様、4/29に公開になったばっかりなんですが、公開を楽しみにしていたので早速観て来ました~♪  テーマ・ソングのThe Greenhornesの「There Is An End」が流れる...